本日は、「韓国の外貨準備がウソではないか」という私自身の疑問について考察したいと思います。私は自分のウェブサイトを立ち上げて以来、経済・金融に関して様々な統計を調べています。こうした中、基本的な統計の一つである「外貨準備」について、どうやら韓国がウソをついているのではないかという疑念を払拭することができません。そこで、本日は、今までに調べた統計の内容を振り返るとともに、なぜ私がこのような疑念を抱いているのかについて説明したいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

本文の前に:最新記事のお知らせ!

  • 2017/04/24 00:00 : 力作「なぜ韓国は中国についていくのか」を読む (韓国崩壊)
  • 2017/04/23 00:00 : 米外交専門誌「韓国を見捨てるべき」 (韓国崩壊)
  • 2017/04/22 00:00 : 保守について考える (政治その他)
  • 2017/04/21 06:00 : 今日の韓国NEWSダイジェスト!「日本は韓国を捨てる」? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/21 00:00 : 金融から見た中国の「3つの夢」 (RMB|金融)
  • 2017/04/20 07:00 : 緊張感を欠いた韓国メディア報道 (時事)
  • 2017/04/20 00:00 : 【再】日本人ビジネスマンの8割「韓国不要」ほか (マスメディア論)
  • 2017/04/19 15:00 : この期に及んで配慮を求める韓国メディアの愚 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/19 00:00 : 民主主義を信じる―9条の欺瞞に気付く日本国民 (政治その他)
  • 2017/04/18 09:45 : 【訃報】渡部昇一先生を悼む (時事)
  • 2017/04/18 00:00 : 「韓日両国は助け合わなければならない」の欺瞞 (外交)
  • 2017/04/17 00:00 : トランプ政権、独中韓3か国に「通商宣戦布告」か? (金融)
  • 2017/04/16 00:00 : またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意 (日韓スワップ|金融)
  • 2017/04/15 17:00 : 【予告編】米国の為替操作監視国レポートについて (時事|金融)
  • 2017/04/15 00:00 : 民進党の危機はメディアの危機 (マスメディア論)
  • 2017/04/14 16:00 : 日韓スワップ再開論 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/04/14 00:00 : 北朝鮮リスクと韓国の6つの未来 (韓国崩壊)
  • 2017/04/13 16:45 : 日本人の危機意識も捨てたものではない (時事)
  • 2017/04/13 08:00 : 韓国は友好国ではない (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/13 00:00 : 通名問題と金融規制 (金融)
  • 2017/04/12 00:00 : 「民進党ラーメン」、食べたいですか? (国内政治)
  • 2017/04/11 00:00 : シリア攻撃の振り返りとメディア雑感 (外交)
  • 2017/04/10 16:15 : 外務省の不作為はもはや犯罪級 (時事)
  • 2017/04/10 00:00 : フェイク・ニュース雑感 (マスメディア論)
  • 2017/04/09 00:00 : 不毛な米中首脳会談受け、北朝鮮攻撃のリスク高まる (外交)
  • 2017/04/08 00:00 : 歴史を見る目 (雑感オピニオン)
  • 2017/04/07 13:15 : 唐突なシリア攻撃の意味 (時事|外交)
  • 2017/04/07 00:00 : 資金循環統計を「きちんと」読む (金融)
  • 2017/04/06 10:45 : この期に及んで大使帰任の意味も理解できぬとは… (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/06 00:00 : 入国統計日韓比較―日本の入国管理は穴だらけ! (経済全般)
  • 当ウェブサイトでは現在、1日1~2回、記事を更新しており、「知的好奇心を刺激する最新記事」のサマリーをトップページにて常時30件、タイトルを常時100件、それぞれ表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

    ↓本文へ

    ここからが本文です。

    「次のアジア通貨危機」が生じるとしたら?

    以前から私は、「アジア通貨危機が再来するとしたら、どこが導火線になるのか?」という点に、大きな関心を抱いています。そして、過去の通貨危機について研究することは非常に大事だと考えています。

    アジアには外貨ポジションが脆弱な国がいくつかありますが、本日はこの中でも韓国を題材に取り上げ、同国の外貨準備について考察してみたいと思います。

    「通貨危機」とは?

    さて、「通貨危機」とは何でしょうか?

    「通貨危機」に明確な定義はありませんが、ここでは、仮に「国全体が信用を失って、外貨が流出すること」だと定義してみましょう。

    実際に、過去の「アジア通貨危機」や「リーマン・ショック」などの時には、韓国の通貨が売り込まれることで、韓国全体で外貨(とくに米ドル)が足りなくなる、という事態が発生しました。

    ここで、国際通貨基金(IMF)のウェブサイトから、当時の韓国の外貨準備データを眺めてみましょう(図表1図表2。ただし、ここでいう「外貨準備」は金地金を含まない。以下同様)。

    図表1 アジア通貨危機前後の韓国の外貨準備高(金額単位:百万ドル)

    20161203-t1

    図表2 リーマン・ショック前後の韓国の外貨準備高(金額単位:百万ドル)

    20161203-t2

    いずれのグラフで見ていただいても、韓国の外貨準備は危機の前後で急落していることがご確認いただけると思います。

    数値でも確認しておきましょう(図表3)。

    図表3 通貨危機時の外貨準備の減少額
    時期 時点 金額
    アジア通貨危機時 1997年10月 304億73百万ドル
    1997年12月 203億68百万ドル
    2か月間での増減 ▲101億05百万ドル
    リーマン・ショック時 2008年8月 2431億25百万ドル
    2008年12月 2004億28百万ドル
    4か月間での増減 ▲426億97百万ドル

    アジア通貨危機の際には、韓国の外貨準備は300億ドル少々だったものが、わずか2か月間で一気に200億ドルにまで減少。韓国はその後、IMFからの支援を余儀なくされました。

    また、リーマン・ショックの際には、4か月の間に427億ドルもの資金流出が発生。このときには、日韓通貨スワップ協定の金額を従来の130億ドルから一気に300億ドルにまで拡充することで、韓国は何とか難局を乗り切ったのです。

    なぜ外貨準備が急減するのか?

    では、なぜ通貨危機の際に外貨準備が急減するのでしょうか?

    その理由の一つは、自国通貨が「売り浴びせ」を受けた時に、それを「買い戻す」ために、外貨準備資産の中から外貨を売却しなければならないからです(いわゆる「為替介入」)。

    為替介入の基本的な操作は、自国通貨を買えば自国通貨が上昇し、売れば自国通貨が下落します(図表4)。

    図表4 為替介入の基本
    為替介入の目的 オペレーション 目標
    通貨防衛 自国通貨買い・外国通貨売り 自国通貨の下落の防止
    為替安誘導 自国通貨売り・外国通貨買い 自国通貨の上昇の防止

    ただ、この「為替介入」については、どちらも問題があります。

    まず、「通貨防衛」を目的とした為替介入の場合、保有している外貨準備の範囲内でしか介入ができません。

    図表1~3で見たとおり、韓国はアジア通貨危機、リーマン・ショックの際に、それぞれ、自国通貨の防衛を余儀なくされました。しかし、外貨準備が枯渇してしまえば、それ以上自国通貨を「防衛」することはできません。そして、最悪の場合には、自国通貨が「フリーフォール」状態となるかもしれません。

    そうなれば、国内の企業は外国からお金を借り換えることができなくなり、最悪の場合、大企業が相次いでバタバタと倒産してしまうかもしれません。実際にアジア通貨危機の際には、大手財閥がいくつか経営破綻しています(詳しくは日本銀行のレポートなどもご参照ください)。

    自国通貨売りも「無制限」にはできない

    一方、自国通貨を売る方の為替介入も、無制限にはできません。

    なぜなら、「自国通貨を売って外貨を購入する」という為替介入をすると、市場に自国通貨が溢れてしまうからです。自国通貨を市場にじゃぶじゃぶ供給することを、専門用語では「量的緩和」と呼びます。

    現在の日本のように、デフレからの脱却に悩んでいるという状況であれば、たとえば日本銀行が「円を刷って米国債を買う」などのオペレーションを行えば、結果的に「円売り・ドル買い介入」と「量的緩和政策」を両立させることができます(その意味で、なぜ日本銀行が外債オペレーションをやらないのか、私には不思議でなりませんが…)。

    しかし、アジア諸国の場合、通貨供給量をきちんとコントロールしないと、すぐにインフレ率が上がってしまいます。このため、自国通貨を売って外国通貨を買い入れる場合、たとえば日本ならば財務省が短期国債(TDB)を発行し、外為特会勘定で行っていますし、韓国の場合は中央銀行である韓国銀行が「通貨安定証券」なるものを発行して市場から資金を吸収しなければなりません。

    ちなみに、中国の外貨準備は世界最大といわれていますが、その大きな理由は、中国当局が為替相場をコントロールするために、外貨を買い入れて中国人民元を売却しているからです。しかし、どのみち、無制限に通貨供給量を増やすわけにはいきません。やり過ぎると、2012年1月のスイスのように、自国通貨買い介入は破綻を来します。

    外貨準備の「中身」の議論

    通貨危機について議論する時には、もう一つ、重要な論点があります。それは、「外貨準備の中身」です。

    主要国の「外貨準備」について眺めてみる

    「外貨準備」とは、平たく言えば、「困った時に国際市場でいつでも売れる資産」のことです(厳密な定義と要件については用語集『外貨準備と通貨スワップの関係』をご参照ください)。

    「外貨準備」は、その定義上、「世界中で通用する通貨」でなければなりません。これについて、IMFの外貨準備統計(COFER)によれば、世界の外貨準備の構成通貨は米ドルが約63%、ユーロが約20%、ポンド・円がそれぞれ約5%弱ずつとなっており、この4つの通貨で全体の9割超を占めています(図表5。ただし、内訳が判明する通貨のみの集計。詳しくは用語集『国際通貨・主要通貨とは?』をご参照ください)。

    図表5 IMFのCOFER
    通貨/区分 金額 Aに対する比率
    米ドル 4兆7598億ドル 63.39%
    ユーロ 1兆5150億ドル 20.18%
    英ポンド 3521億ドル 4.69%
    日本円 3406億ドル 4.54%
    加ドル 1490億ドル 1.98%
    豪ドル 1430億ドル 1.90%
    スイス・フラン 215億ドル 0.29%
    その他の通貨 2281億ドル 3.04%
    小計(A) 7兆5091億ドル 100.00%
    内訳不明分 3兆4841億ドル
    合計 10兆9931億ドル

    【出所】「世界公式外貨準備構成」(World Currency Compositions of Official Foreign Exchange Reserves, COFER)の2016年第Ⅱ四半期末の数値

    外貨準備の多くは米国債?

    つまり、世界の諸国の外貨準備高全体の6割は米ドルで占められており、多くの国は現金をそのまま持っておくのではなく、米国債で運用しています。

    それでは、実際に外貨準備の額と、各国が投資する米国債の額を比べてみましょう。ここでは、2016年8月時点の「対米証券投資統計(Treasury International Capital,TIC)」の数値の整合性を検証してみます(図表6)。

    図表6 外貨準備とTICの差額(2016年8月時点、単位:百万ドル)
    外貨準備 米国債 差額
    中国 3,205,213 1,185,100 2,020,113
    日本 1,223,783 1,144,000 79,793
    韓国 370,646 90,200 280,446
    ドイツ 62,094 103,700 ▲41,606
    スイス 644,021 237,900 406,121

    【出所】IMFと米国財務省“Treasury International Capital”アーカイブ

    このTICデータは、ある国から米国債を購入した金額の合計額を示しているため、その国の銀行等金融機関が米国債を購入している場合もあり、必ずしも外貨準備が米国債を買いに行っている金額と一致するわけではありません。

    ただ、この二つの数値が著しい不整合を示している場合には、何か「ウラ」があると見るべきでしょう。

    日本、ドイツは自然な数値

    まず、日本とドイツについては、外貨準備の額と米国債の額に大きな不整合はありません。

    日本の場合は外貨準備が約1.2兆ドル、保有する米国債が約1.1兆ドルであり、差額はほとんどありません。おそらく、日本の銀行等の金融機関が米国債をかなり保有しているはずですし、また、日本も外貨準備の全額を米ドルで投資しているわけではないと考えられることから、この程度の差額は十分に合理的な説明が付きます。

    また、ドイツの場合は外貨準備の額を米国債の額が上回っていますが、これは、ドイツの外貨準備自体が621億ドルと少なく、また、ドイツ国内の金融機関が米国債を購入していると考えられるため、特段の異常値ではありません。

    スイスも合理的に説明可能

    一方、中国、韓国、スイスについては、明らかに外貨準備の額と比べて、保有している米国債の額が少なすぎます。

    ただ、スイスの場合は、「対ユーロでの為替相場」をコントロールする金融政策を採用しており、スイスの外貨準備の大部分はユーロ建ての資産であるとと考えて良いでしょう。また、むしろスイスが保有する2379億ドルもの米国債は、大部分がスイス国内の金融機関が保有するものであると考えられます。

    そのように考えたら、スイスの外貨準備の額と米国債の額が全く異なる点については、自然に合理的な説明が可能です。

    中国と韓国は「異常値」

    しかし、中国と韓国の場合は、外貨準備の額と保有する米国債の額に著しい不整合があり、これについては説明できません。

    中国の場合、おそらく、外貨準備の中から「中国投資公社」(CIC)あたりに巨額の資金が流れているため、実質的には3兆ドル少々の外貨準備のうち、2兆ドル(!)が「すぐに使えない資金」となってしまっていると考えて良いでしょう。

    そして、韓国の場合も同様に、外貨準備が3706億ドルあると言いながら、保有している米国債の額はわずかに902億ドルに過ぎません。残りの2804億ドルは、いったいどこに行ってしまったのでしょうか?

    韓国の統計の「ウソ」

    さて、ここで以前の記事『韓国は統計をごまかしているのか?』の中で説明した、資金循環統計の「ごまかし」について、もう一度確認してみましょう。

    「その他の外国債権債務」の金額が大きすぎる!

    まず、韓国銀行のウェブサイトから取れる「資金循環統計」の中から、韓国と外国の資金授受の関係を再確認しておきます(図表7)。

    図表7 韓国と外国との資金授受
    区分 項目 金額(十億ウォン)
    韓国から外国への投資等 外貨建債券 120,327
    株式等 185,554
    対外直接投資 341,518
    その他外国債権債務 603,793
    上記以外 133,695
    合計(①) 1,384,887
    外国から韓国への投資等 対外直接投資 210,085
    国内債券 95,825
    外貨建債券 141,362
    株式等 421,897
    その他外国債権債務 165,873
    (上記以外) 82,746
    合計(②) 1,117,788
    対外純債権 ①-② 267,099

    ここで、ポイントは次の2点です。

    • 「韓国から外国に投資している金額」に含まれる「その他外国債権債務」という金額は604兆ウォン(約67兆円、約6000億ドル)で、韓国の外国に対する投資残高(1385兆ウォン、約154兆円、約1兆3840億ドル)の半額を占めており、また、対外純債権(267兆ウォン、約30兆円、約2670億ドル)と比べても非常に巨額であること。
    • 「外国から韓国に投資している金額」に含まれる「その他外国債権債務」という金額は166兆ウォン(約18兆円、約1660億ドル)で、韓国が外国から資金調達している金額(1118兆ウォン、約124兆円、約1兆1178億ドル)の15%程度と巨額であること。

    このうち、本日は「資産側の論点」だけについて触れてみます。

    資産側の「その他」の怪しさ

    資産側の「その他の外国債権債務」の金額(604兆ウォン)については、その6割以上が、韓国の中央銀行である「韓国銀行」に計上されています。ここで、韓国銀行のバランスシートを確認してみましょう(図表8)。

    図表8 韓国銀行のバランスシート(金額単位:十億ウォン、2016年6月時点)
    区分 科目 金額
    資産 その他の外国債権債務 374,232
    その他の資産 57,299
    資産合計 431,461
    負債 マネタリーベース 232,321
    債券 185,677
    その他 13,463
    負債資本合計 431,461

    つまり、韓国銀行のバランスシートを眺めると、資産側に計上されている「その他の外国債権債務」の金額は374兆ウォン(約42兆円、約3742億ドル)にも達しており、これだけで韓国銀行の総資産の、実に87%を占めています。

    一方、負債側には(なぜか)債券が186兆ウォン(約21兆円)計上されていますが、中央銀行が債券を発行するのは非常に異例です。これは、自国通貨を市場で売った時に、マネタリーベースが増大するのを防ぐために、中央銀行自身が発行した「通貨安定証券」と呼ばれるものであり、韓国銀行としても相当に無理をして為替介入を行っていることがわかります。

    外貨準備の正体は「その他の外国債権債務」?

    中央銀行のバランスシートの特徴を踏まえると、この韓国の中央銀行に計上されている「その他の外国債権債務」374兆ウォンこそが、韓国の「外貨準備」であると考えて良いでしょう。

    ただ、通常、外貨準備に含められる資産は、「その他の外国債権債務」ではなく、「現金・SDR」や「債券」の勘定に計上されます。韓国の中央銀行が、なぜこの「その他の外国債権債務」勘定を使っているのかは、よくわかりません。

    一つの仮説ですが、おそらく、「その他の外国債権債務」(ドル換算で約3742億ドル)のうち、本当に資産性があるのは、米国債(2016年8月末で902億ドル、6月末で821億ドル)に過ぎません。そして、残りの2921億ドルは、おそらく、流動性が低い資産(場合によっては不良資産?)でしょう。

    韓国の実質的な外貨準備は75%がウソ!?

    というわけで、本日の結論です。

    韓国が公表する外貨準備高は、米ドル換算で、だいたい4000億ドル弱(円換算で約30~35兆円程度)です。しかし、他の様々な統計と突合してみると、本来ならば外貨準備の多くを占めるはずの米国債の金額が800~900億ドル(外貨準備全体の25%前後)に過ぎず、残り75%の内訳は不明です。

    中国の場合は外貨準備の金額がSWF(国富ファンド)などに流用されていると考えられますが、韓国の場合はこの金額が全く「内訳不明」になってしまっています。

    いずれにせよ、韓国が公表する外貨準備の金額のうち、75%くらいは「外貨準備として本当に使えるのかどうかがよくわからない金額」であるというのが私の見立てです。

    本当にこの国は大丈夫なのでしょうか?他国のことながら、返す返すも不安なのです…。

    関連記事

    日韓スワップや人民元、ハード・カレンシーなどの過去の記事や「用語集」などについては、次のリンクもご参照ください。

    日韓スワップ等に関する関連記事

  • 2017/04/16: またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意
  • 2017/04/14: 日韓スワップ再開論
  • 2017/04/04: 北朝鮮情勢の緊迫化:「森友」どころではない!
  • 2017/03/07: スワップに苦しむ韓国のメディア報道
  • 2017/03/07: インドネシアとのスワップに喜ぶ韓国
  • 2017/02/28: 韓国を待ち受ける「ギリシャ型破綻」
  • 2017/02/27: 韓国は為替操作国だ―外貨不足の末に…
  • 2017/02/20: インドネシアとの通貨スワップはどうなった?
  • 2017/02/09: 豪ドル・スワップは「焼け石に水」
  • 2017/02/08: 【速報】韓国、オーストラリアとのスワップを倍増
  • 2017/01/28: スワップ協定全般アップデート
  • 2017/01/19: 日韓スワップ再開は潰えた
  • 2017/01/18: そろそろ韓国経済破綻への備えが必要だ
  • 2017/01/08: 韓国経済、あと1年が勝負?
  • 2017/01/07: 慰安婦問題を巡る本当の闘いは始まったばかりだ!
  • 2017/01/06: 【速報】中途半端ながらも対韓制裁が実現
  • 2017/01/02: 新春ネタ「三つの経済爆弾抱える韓国」
  • 2016/12/22: あれほど「為替介入と量的緩和は違う」と…
  • 2016/12/13: 「約束を破る国」の通貨は信用されない
  • 2016/12/12: 日韓スワップ再開はペンディング?
  • 2016/12/07: 日韓スワップ巡る「麻生発言」と韓国の反応
  • 2016/12/04: 韓国の外貨準備の75%はウソ?
  • 2016/12/02: 速報【産経報道】日韓スワップ交渉、長期停滞か?・ほか
  • 2016/11/29: 深刻化する韓国経済危機と安易な日韓スワップ再開論
  • 2016/11/16: 片山さつき氏の日韓スワップ論に思う
  • 2016/11/13: 老獪な菅官房長官の「日韓スワップ」発言
  • 2016/11/11: 「韓国経済崩壊論」と韓国の不良資産疑惑
  • 2016/10/27: 専門家が見る、韓国が「日本との」通貨スワップを欲しがるわけ
  • 2016/10/13: 韓国から見た日韓スワップの必要性
  • 2016/10/12: SDRとは?
  • 2016/10/07: 「日韓通貨スワップ協定」深掘り解説
  • 2016/09/30: 日韓スワップ「500億ドル」の怪
  • 2016/09/17: 専門知識解説:「日韓通貨スワップ協定」
  • 2016/09/14: <保存版>ハード・カレンシーとは?
  • 2016/08/29: 日韓通貨スワップ協定巡る不信感
  • 2016/08/27: 日韓通貨スワップと安倍政権の説明責任
  • 人民元等に関する関連記事

    経済・金融に関する用語集

    どうか引き続き、当ウェブサイトをご愛読ください。

    ※本文は以上です。

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 2017/04/24 00:00 : 力作「なぜ韓国は中国についていくのか」を読む (韓国崩壊)
  • 2017/04/23 00:00 : 米外交専門誌「韓国を見捨てるべき」 (韓国崩壊)
  • 2017/04/22 00:00 : 保守について考える (政治その他)
  • 2017/04/21 06:00 : 今日の韓国NEWSダイジェスト!「日本は韓国を捨てる」? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/21 00:00 : 金融から見た中国の「3つの夢」 (RMB|金融)
  • 2017/04/20 07:00 : 緊張感を欠いた韓国メディア報道 (時事)
  • 2017/04/20 00:00 : 【再】日本人ビジネスマンの8割「韓国不要」ほか (マスメディア論)
  • 2017/04/19 15:00 : この期に及んで配慮を求める韓国メディアの愚 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/19 00:00 : 民主主義を信じる―9条の欺瞞に気付く日本国民 (政治その他)
  • 2017/04/18 09:45 : 【訃報】渡部昇一先生を悼む (時事)
  • 2017/04/18 00:00 : 「韓日両国は助け合わなければならない」の欺瞞 (外交)
  • 2017/04/17 00:00 : トランプ政権、独中韓3か国に「通商宣戦布告」か? (金融)
  • 2017/04/16 00:00 : またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意 (日韓スワップ|金融)
  • 2017/04/15 17:00 : 【予告編】米国の為替操作監視国レポートについて (時事|金融)
  • 2017/04/15 00:00 : 民進党の危機はメディアの危機 (マスメディア論)
  • 2017/04/14 16:00 : 日韓スワップ再開論 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/04/14 00:00 : 北朝鮮リスクと韓国の6つの未来 (韓国崩壊)
  • 2017/04/13 16:45 : 日本人の危機意識も捨てたものではない (時事)
  • 2017/04/13 08:00 : 韓国は友好国ではない (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/13 00:00 : 通名問題と金融規制 (金融)
  • 2017/04/12 00:00 : 「民進党ラーメン」、食べたいですか? (国内政治)
  • 2017/04/11 00:00 : シリア攻撃の振り返りとメディア雑感 (外交)
  • 2017/04/10 16:15 : 外務省の不作為はもはや犯罪級 (時事)
  • 2017/04/10 00:00 : フェイク・ニュース雑感 (マスメディア論)
  • 2017/04/09 00:00 : 不毛な米中首脳会談受け、北朝鮮攻撃のリスク高まる (外交)
  • 2017/04/08 00:00 : 歴史を見る目 (雑感オピニオン)
  • 2017/04/07 13:15 : 唐突なシリア攻撃の意味 (時事|外交)
  • 2017/04/07 00:00 : 資金循環統計を「きちんと」読む (金融)
  • 2017/04/06 10:45 : この期に及んで大使帰任の意味も理解できぬとは… (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/06 00:00 : 入国統計日韓比較―日本の入国管理は穴だらけ! (経済全般)
  • 2017/04/05 00:00 : 北朝鮮危機:日本も「踏み出す」勇気を! (韓国崩壊)
  • 2017/04/04 15:00 : 【過去コンテンツ再録】「似た者同士群れる」・ほか (過去ブログ)
  • 2017/04/04 08:45 : 北朝鮮情勢の緊迫化:「森友」どころではない! (日韓スワップ|時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/04 00:00 : 長嶺大使帰任と米中首脳会談 (韓国崩壊)
  • 2017/04/03 16:45 : 【速報】唐突な長嶺大使帰任は北朝鮮情勢への備え? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/03 00:00 : 北朝鮮危機は日本にとってのチャンス (外交)
  • 2017/04/02 00:00 : 慰安婦合意破棄後の日韓関係 (韓国崩壊|外交)
  • 2017/04/01 00:00 : 室谷克実さんの韓国論が面白い! (韓国崩壊)
  • 2017/03/31 08:13 : 【速報】韓国社会転覆を象徴する朴槿恵氏逮捕 (政治)
  • 2017/03/31 00:00 : AIIBとISDAマスター・アグリーメント (RMB|金融)
  • 2017/03/30 09:45 : 森友問題はマスゴミと野党の問題だ (時事|国内政治)
  • 2017/03/30 00:00 : 犯罪国家韓国と日本人への苦言 (国内政治)
  • 2017/03/29 21:34 : 【速報】辻元議員、職権を利用して土地価格水増しに関与か? (時事)
  • 2017/03/29 18:30 : 脱力系韓国NEWS「常に相手が悪い」 (時事)
  • 2017/03/29 00:00 : 歴史に沈む韓国 (韓国崩壊)
  • 2017/03/28 18:00 : グレンデール・慰安婦像敗訴は天が日本に与えた試練 (時事|外交)
  • 2017/03/28 00:00 : 粉飾も国家がやれば無問題? (金融)
  • 2017/03/27 18:36 : 森友問題は辻元問題? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 08:30 : 森友疑惑は「辻元清美」に飛び火? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 00:00 : 自業自得のインドネシアを見透かす日本外交 (金融)
  • 2017/03/26 00:00 : 「AIIBにカナダが加盟」?だからどうした!(追記あり) (RMB|金融)
  • 2017/03/25 00:00 : 犯罪正当化!日経ビジネスの非常識 (経済全般)
  • 2017/03/24 16:00 : 「籠池問題」補足:問題の本質は野党とマスゴミ (政治)
  • 2017/03/24 00:00 : 政局政治:野党とマスゴミに懲罰を! (マスメディア論|国内政治)
  • 2017/03/23 12:06 : 【速報】籠池氏、逃げる? (時事|国内政治)
  • 2017/03/23 09:45 : 補足論点:破綻する米韓関係と日韓スワップ (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/23 00:00 : 5月9日が「日本にとっても重要な日」である理由 (韓国崩壊)
  • 2017/03/22 00:00 : 月間10万PV御礼とウェブメディア雑感 (マスメディア論|雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 21:04 : 【緊急】コメント返信ができていないことに関するお詫びについて (雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 09:00 : 石原元知事への「人民裁判」と小池劇場を批判する (時事|政治その他)
  • 2017/03/21 00:00 : 明らかに潮目が変わったG20 (金融)
  • 2017/03/20 14:30 : 日米中から捨てられる韓国 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/20 00:00 : 相変わらず「国の借金」と報じる日経 (政治)
  • 2017/03/19 13:15 : 「森友事件」は日本社会の変化の象徴 (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/19 00:00 : 減税こそ日本に必要 (金融)
  • 2017/03/18 18:00 : 孤立する韓国―日米外相会談レビュー (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/18 00:00 : 野党とマスゴミに責任を取らせろ! (マスメディア論)
  • 2017/03/17 12:45 : 日米外相、韓国を華麗にスルー ほか (時事)
  • 2017/03/17 00:00 : FRBの利上げと国際政治 (金融)
  • 2017/03/16 00:00 : 国の滅亡と国家のデフォルト (金融)
  • 2017/03/15 09:00 : 「ウソつき稲田は辞めろ~」(?) (時事)
  • 2017/03/15 00:00 : 『ニュース女子』問題 (マスメディア論)
  • 2017/03/14 16:15 : 5カ国協議と「ゴミ捨て場の韓国」 (時事)
  • 2017/03/14 08:00 : マス「ゴミ」と呼ばれるゆえん (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/14 00:00 : 雑感アラカルト「備えあれば憂いなし」ほか (雑感オピニオン)
  • 2017/03/13 20:45 : 慰安婦問題の完全解決には韓国滅亡が必要? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/13 17:00 : 中東の雄・サウジアラビアとインフラ金融大国の日本 (時事|金融)
  • 2017/03/13 00:00 : 国費を無駄にする低レベルな野党質疑 (国内政治)
  • 2017/03/12 20:58 : コメント・引用・転載は自由です! (お知らせ|雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 16:45 : 同情する気になれない朴槿恵氏の哀愁 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 14:15 : 東日本大震災直後の「ブログ記事」再録 (過去ブログ)
  • 2017/03/12 00:00 : 自壊する韓国への対応 (韓国崩壊)
  • 2017/03/11 00:00 : 反日国が自壊する、またとないチャンスが到来した! (韓国崩壊)
  • 2017/03/10 11:30 : 【速報】韓国大統領、失職へ (時事)
  • 2017/03/10 00:00 : 大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (韓国崩壊)
  • 2017/03/09 21:00 : 韓国社会に関する雑感 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/09 12:15 : 【予告編】大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (時事)
  • 2017/03/09 00:00 : 続・中国による「小出しの対韓制裁」の意味 (外交)
  • 2017/03/08 18:30 : 呆れて物も言えない徴用工像設置計画 (時事)
  • 2017/03/08 12:45 : 韓国、近日中に大統領弾劾が成立か? (時事|政治)
  • 2017/03/08 00:00 : 不当に市場ボラティリティを抑制する中韓両国 (金融)
  • 2017/03/07 18:30 : スワップに苦しむ韓国のメディア報道 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/03/07 08:00 : インドネシアとのスワップに喜ぶ韓国 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/03/07 00:00 : 偽ニュースメディアが偽ニュースという (マスメディア論)
  • 2017/03/06 12:00 : 安倍政権は「歴代最長政権」を目指す? (時事|国内政治)
  • 2017/03/06 00:00 : 世界情勢から読む朝鮮半島 (韓国崩壊|外交)
  • 2017/03/05 00:00 : 6%と20%―日韓経済比較 (韓国崩壊|経済全般)
  • 2017/03/04 00:00 : AIIBと人民元―失敗しつつある中国の金融戦略 (RMB|金融)
  • 2017/03/03 13:15 : 違法民泊の実態調査 (経済全般)
  • 2017/03/03 00:00 : 自由競争に晒されるテレビ局 (マスメディア論)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告