最近は「コロナウィルス騒動」によってすっかり忘れ去られている感がありますが、先日の『市場ではあたかも韓国が「一人負け」の様相を呈する』や『雇用統計が堅調なのに、なぜか中韓通貨が下落』などで報告したとおり、不思議なことに、最近は週末ごとに中国や韓国の通貨が売られ、週初に買い戻される、といった展開が続いているようです。こうしたなか、先ほどの『経済は、ほんの些細なきっかけで突然死することもある』では、「永久債」「ハイブリッド債」などと呼ばれる債券のコールのスキップが経済危機の引き金を引く可能性は排除できないと申し上げたのですが、本稿ではもうひとつ、定期的に確認している「BISのCBS」をベースにした議論も展開しておきたいと思います。端的にいえば、今から3年以上前に紹介した「日韓スワップ500億ドル説」の正体を説明する有力な根拠が見つかった可能性がある、ということです。

【PR】スポンサーリンク・広告


※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

BISのCBS

国際与信統計とは?

最近の「コロナウィルス騒動」ですっかり遅れてしまったのですが、当ウェブサイトでは以前から国際決済銀行(Bank for International Settlements, BIS)が公表する『国際与信統計』(Consolidated Banking Statistics, CBS)などを使った外国の現状分析を行っています。

といっても、BISのデータは全世界のすべての国について網羅しているわけではなく、たとえば、個人的には非常に知りたい対象国である中国については、開示されているデータが非常に少なくてあまり使い物になりませんし、北朝鮮に至ってはデータそのものが存在していません。

このため、「外国の分析」をするにしても、どうしてもその対象国は限られてしまっているのです。

さて、日本銀行によれば、このCBSはBISが世界の主要31ヵ国・地域に本店を持つ銀行の国際的な与信状況をグローバルベースで取りまとめて公表しているもので、日本の場合、集計されているのは「日本に本店を持つ銀行、信金、信組、労金、農協などの金融機関」だそうです。

なぜ当ウェブサイトがこの『国際与信統計』を頻繁に引用しているのかといえば、この統計自体、「最終リスクベース」、つまり、「与信の最終的なリスクがどの国にあるのか」という基準の統計も存在しているため、非常に便利だからです。

ちなみに「所在地ベース」とは、「与信先の所在地により一律に国・地域別の分類をするもの」で、たとえば邦銀が米国の企業におカネを貸す際、相手先が日系企業(日本企業の子会社など)であろうが、米国企業であろうが、一律に「米国向け」と見るという考え方です。

これに対して「最終リスクベース」とは、「与信の最終的なリスクがどこに所在するのか」を基準に分類したもので、たとえば邦銀が英国の銀行のニューヨーク支店におカネを貸した場合、その与信は「米国向け」ではなく「英国向け」と見るという考え方です。

企業の生産活動がグローバル化・複雑化するなかで、どの国の銀行がどの国のリスクを負っているのかをザックリと把握するうえでは非常に役に立つ統計なのです。

ただし、この統計からわかることは、「ある国の企業、政府、公的セクターなどが、外国の金融機関からいくらおカネを借りているのか」という点であり、たとえば金融機関以外の企業などがその国に投資している金額などについてはわかりません。

国際与信統計に含まれる金額
  • 金融機関がその国に貸している貸出金、債券など→統計に含まれる
  • 金融機関がその国に投資している株式の金額→統計に含まれない
  • 一般企業がその国に投資している株式、工場など→統計に含まれない
  • 金融機関ではない国富ファンドなどの投資額→投資に含まれない

このため、この統計をもとに紹介する金額が「その国が外国から借りているおカネの全額」を意味しているわけではない、という点については十分にご注意ください。

先ほどの議論の続き

さて、先ほどの『経済は、ほんの些細なきっかけで突然死することもある』では、以前の『韓国企業が永久債のコールをスキップしたらどうなる?』の続編として、そもそも論としてのハイブリッド証券の性格と「コールがスキップされた場合」の市場での印象について議論しました。

ただ、そのついでに、韓国が現在、外国の金融機関からいくらのおカネを借りているのかについて、ざっくりとした最新数値の確認も行っておきたいと思います。

まず、BISは先月21日時点で、2019年9月末までの国際与信統計をアップデートしていますが、その状況を取りまとめると、次のとおりです(図表1)。

図表1 韓国が外国の金融機関から借りているおカネ
相手国金額比率
米国883.3億ドル26.78%
英国811.0億ドル24.59%
日本539.9億ドル16.37%
フランス270.9億ドル8.22%
ドイツ152.7億ドル4.63%
台湾103.6億ドル3.14%
豪州52.0億ドル1.58%
スペイン22.3億ドル0.68%
カナダ13.7億ドル0.42%
その他448.3億ドル13.59%
合計3297.6億ドル100.00%

(【出所】BISのCBSデータ『B4-S』より著者作成)

いかがでしょうか。

韓国が国全体として外国の金融機関から借りているおカネは、前四半期よりも少しだけ増えて3300億ドル弱、といったところでしょうか(ただし、その全額が外貨建てではなく、このうち外貨建ての部分は1847億ドルで、現地通貨建てが1449億ドルだそうです)。

さて、そのうちのトップを占めるのが米国で、2位が英国ですが、この2ヵ国だけで韓国に対する国際与信のちょうど過半であり、隣国である日本は韓国にとって3位に過ぎません。

この539.9億ドルという金額、1ドル≒110円だと仮定すれば6兆円近くにも達する金額ではありますが、これは日本の金融機関の外国に対する与信4.5兆ドル(つまり約500兆円)に対し、1%強を占めるに過ぎません。

「日本にとって韓国は重要な隣国だ」という言説を耳にすることも多いのですが、意外とそれほどでもないな、という印象を持たれる方が多いのではないでしょうか。

ヒストリカルに見るとだいたい3000億ドル前後

ただ、この「最終リスクベース与信統計」、過去にさかのぼって追いかけてみると、最近やや増えているという傾向が確認できるものの、だいたい3000億ドル前後で推移しているということが判明します(図表2)。

図表2 最終リスクベース与信の推移(2007年9月以降)

(【出所】BISのCBSデータ『B4-S』より著者作成)

つまり、BISの統計上、この10年あまり、韓国経済が年率数パーセントで成長しているとするわりには、韓国の外国金融機関からの与信が3000億ドル前後で安定しているのです。これについては非常に不思議な気がします。経済成長をすれば外国からの資金需要も増える気がするからです。

ヒストリカルで見て、韓国の外国金融機関からの与信が3000億ドル前後で安定している理由については、パッと思いつくだけでも、

  • ①「コーポレート・サウス・コリア」は、外貨への依存度を低めてきた
  • ②韓国は国を挙げてうまく自国通貨のウォンを国際化する戦略を取ってきた
  • ③韓国が発表する経済成長率がウソだった

などが考えられますが、実際のところはよくわかりません。

しかし、少なくともBISやIMF、SWIFTなどが発表する通貨の使用状況などに関する統計を読む限り、韓国ウォンの国際化が進んだという事実は確認できませんので、上記②の可能性は排除して良いでしょう。

すると結局のところ、①か③くらいしか考えられない、ということなのですが、真相究明については今後の課題でしょう。

問題は、短期債務

短期債務の金額は1000億ドル前後

一方、上記は「最終リスクベース統計」なのですが、もうひとつ、「所在地ベース統計」に興味深い調査項目があります。それは、「1年以内に償還を迎える債務(total international claims of which up to and including one year)」(※外貨建て)です。

これについても相手国別に分解しておくと、図表3のとおりです。

図表3 韓国が外国の金融機関に1年内に返さなければならない外貨
相手国金額比率
米国392.3億ドル40.02%
英国167.1億ドル17.05%
日本103.1億ドル10.52%
フランス69.3億ドル7.07%
その他248.4億ドル25.34%
合計980.3億ドル100.00%

(【出所】BISのCBSデータ『B4-S』より著者作成)

先ほど、「韓国が国を挙げて外国の金融機関から借りているおカネは3300億ドル弱だ」という話を紹介したのですが、そのうち「1年以内に満期が到来する債務」が約3割を占めている、ということがわかります(※ちなみにこの金額は全額が外貨建てだそうです)。

リーマン危機の際には一気に500億ドル流出

そして、この金額について、過去からの推移をグラフ化したものが、図表4です。

図表4 1年内償還債務の推移(2004年9月以降)

(【出所】BISのCBSデータ『B4-S』より著者作成)

先ほどの図表2と比べればかなり古いデータが取れるのですが、ここでは便宜的に2004年9月以降の数値をグラフ化しています。

ここで、2008年3月末時点で韓国の短期債務(1年内償還債務)は1400億ドル以上に膨らんでいたのですが、これがリーマン・ブラザーズの経営破綻(2008年9月)を挟んで、2008年12月には一気に882億ドルにまで減少していたことが確認できます。

韓国の短期債務の推移(2007年12月~2009年3月)
  • 2007年12月…1106.1億ドル
  • 2008年3月…1406.2億ドル
  • 2008年6月…1364.5億ドル
  • 2008年9月…1297.5億ドル
  • 2008年12月…882.2億ドル
  • 2009年3月…985.7億ドル

(【出所】BISのCBSデータ『B4-S』より著者作成)

つまり、いわゆる「リーマンショック」の際には、わずか半年で、韓国から一気に500億ドル前後の資金が流出した(あるいはロールオーバーを拒絶された)ことが、データからはハッキリと確認できるのです。

外貨準備4000億超、スワップも1200億ドル超

さて、先週の『コベナンツで読み解く、韓国がウォン安を恐れる理由』では、こんな仮説を提示しました。

  • 韓国企業にとっては自国通貨・ウォンの価値が上がり過ぎると輸出競争力が損なわれる
  • しかし、ウォンの価値が下がり過ぎると「コベナンツ(財務制限条項)」に抵触する
  • このため、ウォンにとっての「ハビタブルゾーン」は1ドル=1100~1200ウォン前後と非常に狭い

だからこそ、韓国の通貨当局は1ドル=1100~1200ウォンに為替相場を誘導しようとして、いつも米国の財務省から「お前たちの国が為替操作をやっているのはお見通しなんだぞ」、「為替操作国に指定するぞ」と怒られているのだと思います。

ただ、韓国がことさらに外貨準備高を強調したり、(ときとしてカナダとの為替スワップを「通貨スワップです」などとウソをついてまで)通貨スワップ残高を強調したりするのは、やはり、1000億ドル前後の短期債務のロールオーバーを円滑に進めるためではないでしょうか。

さらには、『豪韓通貨スワップ増額更新、だが米ドル換算したら…?』でも「種明かし」したとおり、豪ドルの通貨スワップについては1.2倍に増額してもらったことを嬉々として報じているのも、やはり心の底で資金流出を恐れているからではないか、との邪推が働くのです。

個人的には、「外貨準備高が4000億ドルを超えているのなら、わざわざ外国とスワップを結ぶ必要などないじゃないか」と思ってしまうのですが…。

日韓通貨スワップの詭弁

さて、図表4では2008年9月のリーマン危機を挟んで、韓国からざっと500億ドル前後の資金が流出した、という話題を紹介しました。

この「500億ドル」でピンときた人は鋭いと思いますが、これは、今から3年以上前に当ウェブサイトに掲載した『日韓スワップ「500億ドル」の怪』の答えでもあるからです。

当時、朴槿恵(ぼく・きんけい)政権下の韓国は2016年8月、安倍政権下で副総理兼財相として入閣している麻生太郎総理に対し、日韓通貨スワップの再開を依頼し、麻生総理はこれに対し協議の再開に応じました。

その直後から、韓国国内では「日韓通貨スワップが再開することが決まった」と決めつける報道が蔓延し、酷いものになると、おそらく韓国政府が出どころと思しき「新しい韓日通貨スワップの規模は500億ドルだ」という珍説まで飛び出す始末でした。

つまり、この500億ドルとは、韓国の通貨当局者が「まずは韓国から資金流出が始まったときに、まっさきに資金が足りなくなる」という危機感を持っている額の目安、ということなのかもしれません。

もちろん、実際に韓国で通貨危機が始まれば、通貨不足額は500億ドルどころか1000億ドルを超えるといった試算もあるようですし(『韓国紙「韓国の外貨不足額は1200億ドル」』等参照)、実際のところ、影響がどこまで及ぶのかについてはよくわかりません。

(※余談ですが、麻生総理は現在は副総理として安倍総理を支えていますが、リーマン危機の際には首相として陣頭指揮を執った人物でもあり、韓国に対して金融支援を決めても感謝してもらえなかったという事実を覚えているであろうことは想像に難くありません。)

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

唐突ですが、もうひとつ、忘れてはならない論点を紹介しておきましょう。

日本にはかつて、「日韓間は貿易、投資のつながりが深く、韓国経済が安定すれば日本にとってもメリットがある」という詭弁を唱えていた人物たちがいました。その典型例が、財務省で国際局長を務めていた山崎達雄氏でしょう。

彼は2014年4月16日の衆議院財政金融委員会で参考人として答弁に立ち、日韓通貨スワップの必要性について、次のように述べました。

日韓通貨スワップを初めとする地域の金融協力は、為替市場を含む金融市場の安定を通じまして、相手国、日韓の場合は韓国だけじゃなくて、日本にとってもメリットはあります。というのも、日本と韓国との間の貿易・投資、あるいは日本企業も多数韓国に進出して活動しているわけでありまして、その国の経済の安定というのは双方にメリットがある面、それからまた通貨という面でいうと、むしろ通貨を安定させるという面、ウォンを安定させるという面もあるわけであります。そういうことで、私どもとしては、当時、日韓通貨スワップを拡大したのは、むしろ、韓国のためだけというよりも、日本のため、地域の経済の安定のためということがあったということだけ申し上げたいと思います。

端的にいえば詭弁です。

正直、日本の金融機関の韓国に対する与信残高は国際与信全体の1%少々に過ぎませんし(※ケイマンなどのオフショアを通じて迂回融資が行われている可能性は否定しませんが…)、正直、目に見える統計上は、日韓間でさほど活発な貿易、投資、与信が行われているという裏付けはないのです。

もっとも、現実には日韓通貨スワップの再開交渉については2017年1月6日に入り、突如として打ち切られ、現在に至っています。

いずれにせよ、通貨スワップは最終的に私たち日本国民の共有財産である外貨準備なり、日本円という信用なりを相手国に貸し出すという性質の国際協定であり、それを実行するかどうかについては、客観的な統計データなどをもとに正しく判断するという思考態度を大事にすべきではないでしょうか。

※本文は以上です。

【おしらせ】人生で9冊目の出版をしました!

当ウェブサイトからのお知らせです。昨年、当ウェブサイトに掲載した『数字で読む日本経済』シリーズを書籍化しました。株式会社ビジネス社より『数字でみる「強い」日本経済 』が刊行されました。詳細につきましては『【宣伝】いよいよ『数字でみる「強い」日本経済』発売』などもご参照ください。また、もし当ウェブサイトを通じてすでに本書をアマゾンなどでご注文いただいたという方がいらっしゃれば、ぜひ、レビューを執筆して下さると助かります(高評価をつけていただく必要はありませんが、忌憚のない意見、ご感想などを寄せて下さる方がありがたいです)。


【PR】スポンサーリンク・広告

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2020/08/10 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/08/10(月) (46コメント)
  • 2020/08/10 09:00 【時事|国内政治
    立憲民主党の提案、果たして「譲歩」といえるのか? (15コメント)
  • 2020/08/10 05:00 【時事|韓国崩壊
    やはり韓国の「キャッチオール規制」は機能不全? (45コメント)
  • 2020/08/09 05:00 【時事|金融
    AFP「韓国からの硝酸アンモニウムをインドが押収」 (44コメント)
  • 2020/08/08 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/08/08(土) (102コメント)
  • 2020/08/08 08:08 【金融
    深刻化する「ビアフロ」問題 どうして収束しないのか (25コメント)
  • 2020/08/08 05:00 【韓国崩壊
    日韓関係の包括的解決は「トマホーク」でも達成できる (90コメント)
  • 2020/08/07 14:00 【時事|韓国崩壊
    日本製鉄の即時抗告、本当の狙いは「引き伸ばし」? (27コメント)
  • 2020/08/07 10:45 【時事|韓国崩壊
    WTO韓国人候補、「韓日協力」強調し日本の支持要求 (47コメント)
  • 2020/08/07 06:00 【時事|国内政治
    「なぜ中国からの防衛で中国の理解が必要なのか」 (86コメント)
  • 2020/08/07 05:00 【金融
    武漢コロナ禍でまたぞろ「増税カルト信者」が出現 (39コメント)
  • 2020/08/06 16:00 【時事|韓国崩壊
    数字で読む:日本の対韓輸出減少の「本当の原因」 (17コメント)
  • 2020/08/06 11:00 【時事|外交
    価値と利益を共有する英国は日本にとって重要な相手国 (14コメント)
  • 2020/08/06 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    日韓通貨スワップが韓国への経済制裁の手段になる理由 (38コメント)
  • 2020/08/05 15:30 【時事|韓国崩壊
    韓国外交部報道官「GSOMIAはいつでも終了可能」 (53コメント)
  • 2020/08/05 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/08/05(水) (156コメント)
  • 2020/08/05 11:50 【マスメディア論|時事
    日テレのスポットCM37%減~コロナ第2波にも注目 (17コメント)
  • 2020/08/05 06:00 【時事|韓国崩壊
    自称元徴用工問題で日韓両国が相互入国制限の可能性も (38コメント)
  • 2020/08/05 05:00 【RMB|金融
    「時流を読み誤りAIIBに乗り遅れた日本」の末路 (30コメント)
  • 2020/08/04 13:15 【金融
    【総論】経済制裁「7つの類型」と「5つの発動名目」 (31コメント)
  • 2020/08/04 11:00 【時事|韓国崩壊
    1発だけなら誤射かも~韓国の経済焦土化に備えるべき (49コメント)
  • 2020/08/04 06:00 【時事|韓国崩壊
    公示送達の期日が到来:注目される日本政府の対応 (27コメント)
  • 2020/08/04 05:00 【政治
    輸出「規制」を巡り、米国がWTOと韓国に強く警告か (37コメント)
  • 2020/08/03 17:17 【時事|韓国崩壊
    【資料編】7月29日に開催されたWTO会合の議事録 (19コメント)
  • 2020/08/03 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/08/03(月) (72コメント)
  • 2020/08/03 11:30 【時事|韓国崩壊
    語るに落ちる:韓国側の狙いは「資産売却」ではない! (68コメント)
  • 2020/08/03 06:00 【時事|韓国崩壊
    「現金化で韓日関係悪化必至」と韓国メディアが警戒 (22コメント)
  • 2020/08/03 05:00 【外交
    中国共産党が恐れる「シックスアイズ」こそ日本の進路 (42コメント)
  • 2020/08/02 13:00 【時事|韓国崩壊
    日韓GSOMIA破棄と撤回は新たな風物詩になるのか (31コメント)
  • 2020/08/02 10:00 【時事|外交
    トランプ「10月サプライズ」は北朝鮮攻撃? (26コメント)
  • 2020/08/02 05:00 【韓国崩壊
    8月4日が到来しても、恐らく「現金化」は実現しない (62コメント)
  • 2020/08/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/08/01(土) (104コメント)
  • 2020/08/01 09:00 【マスメディア論
    ウェブ評論家が新聞・雑誌に進出する時代が到来した (19コメント)
  • 2020/08/01 05:00 【韓国崩壊
    経産相発言から読む:韓国のWTO提訴は悪手中の悪手 (35コメント)
  • 2020/07/31 16:45 【マスメディア論|時事
    公共放送論とNHKが公共放送騙れるかどうかは別問題 (28コメント)
  • 2020/07/31 10:00 【時事|韓国崩壊
    日本の国民感情を積極的に傷つけることで墓穴掘る韓国 (89コメント)
  • 2020/07/31 05:00 【数字で読む日本経済
    「国の借金・財政破綻」論は天動説と同じトンデモ論だ (39コメント)
  • 2020/07/30 12:30 【時事|韓国崩壊
    韓国のWTO提訴は成績不良な学生の裁判のようなもの (38コメント)
  • 2020/07/30 10:10 【時事|金融
    米FRBが9中銀との為替スワップを来年3月まで延長 (11コメント)
  • 2020/07/30 06:00 【時事|韓国崩壊
    裏目に出るか?WTOがパネル設置=対韓輸出「規制」 (42コメント)
  • 2020/07/30 05:00 【数字で読む日本経済
    3要件で見る、「日本国債は絶対にデフォルトしない」 (39コメント)
  • 2020/07/29 22:22 【雑感オピニオン
    ビジネス社様、正論編集部様、ありがとうございました (3コメント)
  • 2020/07/29 13:45 【時事|韓国崩壊
    日本の対韓輸出「規制」、本日にもWTOパネル設置か (26コメント)
  • 2020/07/29 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/29(水) (152コメント)
  • 2020/07/29 10:45 【時事|経済全般
    消費税減税こそ、衆院選の争点として相応しい (59コメント)
  • 2020/07/29 05:00 【韓国崩壊
    鈴置論考が示唆する「日韓関係破綻」の在り方 (51コメント)
  • 2020/07/28 14:14 【時事|韓国崩壊
    安倍総理謝罪像巡り官房長官「日韓関係に決定的影響」 (82コメント)
  • 2020/07/28 10:30 【時事|国内政治
    旧民主党系の政治家に政権担当能力なし=アエラドット (33コメント)
  • 2020/07/28 05:00 【韓国崩壊
    Q&Aで読む、「韓日は対話で破局を避けよ」の間違い (36コメント)
  • 2020/07/27 17:00 【時事|外交
    「我々はG11やG12を必要としていない」=独外相 (24コメント)
  • 2020/07/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/27(月) (96コメント)
  • 2020/07/27 11:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報「日本が対韓金融制裁カードを検討」 (26コメント)
  • 2020/07/27 07:00 【韓国崩壊|国内政治
    政党名大喜利~韓国編~ (29コメント)
  • 2020/07/27 05:00 【マスメディア論
    イメージダウンするのは被告企業ではなく新聞社では? (18コメント)
  • 2020/07/26 05:00 【韓国崩壊
    韓国に対する経済制裁?共同通信の「ビザ厳格化」報道 (71コメント)
  • 2020/07/25 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】「政府が韓国のビザ厳格化を検討」=共同通信 (11コメント)
  • 2020/07/25 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/25(土) (103コメント)
  • 2020/07/25 09:00 【時事|韓国崩壊
    三菱重工で新たな訴訟…感情に訴えるのは理がない証拠 (55コメント)
  • 2020/07/25 05:00 【外交
    食い逃げ、ウソツキ…中国もしょせんインチキ外交の国 (81コメント)
  • 2020/07/24 05:00 【マスメディア論
    「大物司会者のテレビ降板」はCM激減と関係あるのか (30コメント)
  • 2020/07/23 12:00 【時事|金融
    韓国シンクタンク「通貨スワップ資金を証券会社にも」 (20コメント)
  • 2020/07/23 05:00 【読者投稿
    【読者投稿】あまりに不自然な東京都のPCR検査結果 (84コメント)
  • 2020/07/23 00:00 【雑感オピニオン
    コロナ関連読者投稿一覧 2020/07/23版 (2コメント)
  • 2020/07/22 15:00 【時事|韓国崩壊
    改めて思い出したい「韓国のベネズエラ化」という議論 (42コメント)
  • 2020/07/22 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/22(水) (95コメント)
  • 2020/07/22 11:30 【時事|国内政治
    「政策は後回し、さっさと合流を」=立憲民主・福山氏 (12コメント)
  • 2020/07/22 07:00 【時事|金融
    デタラメ判決出す国が金融センター?冗談もほどほどに (20コメント)
  • 2020/07/22 05:00 【雑感オピニオン
    早いもので、ウェブ評論を始めて10年が経過しました (41コメント)
  • 2020/07/21 16:30 【時事|韓国崩壊
    日本企業撤退と日韓関係崩壊は韓国経済崩壊への道 (40コメント)
  • 2020/07/21 10:30 【時事|国内政治
    買い物10%アップ署名運動で商店街は再生するのか? (30コメント)
  • 2020/07/21 07:00 【時事|外交
    全方位にケンカを売る中国の外交 (48コメント)
  • 2020/07/21 05:00 【韓国崩壊
    イラン外務省が韓国に対して「約束を守れ」と要求 (29コメント)
  • 2020/07/20 17:30 【時事|韓国崩壊
    敵基地攻撃議論を「爪を見せ始めた」と批判=中央日報 (30コメント)
  • 2020/07/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/20(月) (80コメント)
  • 2020/07/20 11:30 【時事|外交
    製造業の脱中国が加速しても日韓関係は深まらないのか (25コメント)
  • 2020/07/20 07:00 【マスメディア論|時事
    亡くなった方の実家に押し掛けるから「マスゴミ」 (20コメント)
  • 2020/07/20 05:00 【金融
    非上場株式の売却、「法治国家では」とても難しい (28コメント)
  • 2020/07/19 12:00 【マスメディア論|時事
    毒水流すインフラ屋、法で裁けずとも社会的制裁は可能 (32コメント)
  • 2020/07/19 05:00 【外交
    入国拒否:日本育ちでも「帰化していなければ外国人」 (48コメント)
  • 2020/07/18 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/18(土) (95コメント)
  • 2020/07/18 08:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    韓国が人民元経済圏に入れば日韓通貨スワップは不要に (21コメント)
  • 2020/07/18 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    「発売記念」あらためてスワップについてまとめてみる (7コメント)
  • 2020/07/17 17:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    細かいミス目立つデイリー新潮「韓国とスワップ」論考 (8コメント)
  • 2020/07/17 11:00 【時事|韓国崩壊
    WTO事務局長選で韓国人候補が日本の支持確保に自信 (46コメント)
  • 2020/07/17 07:00 【政治
    韓経「日本の輸出規制で今月末にWTOパネル設置へ」 (26コメント)
  • 2020/07/17 05:00 【時事|国内政治
    「速やかに回答せよ」立憲民主党の高圧的で無礼な提案 (43コメント)
  • 2020/07/16 11:30 【時事|外交
    出版しただけなのにキャンキャン吠える中朝韓 (30コメント)
  • 2020/07/16 11:00 【マスメディア論|時事
    もりかけ問題で倒れるのは、安倍政権でなく新聞業界か (12コメント)
  • 2020/07/16 07:00 【時事|国内政治
    民主党復活?立憲民主党が「両党解散・新党結成」提案 (24コメント)
  • 2020/07/16 05:00 【韓国崩壊
    韓国メディア「日韓の戦略的利害はもはや一致しない」 (38コメント)
  • 2020/07/15 17:00 【読者投稿
    【緊急速報】読者投稿特別編 ネコの動画を観るネコ (23コメント)
  • 2020/07/15 15:15 【時事|韓国崩壊
    【二股外交】中央日報「懸案ごとに米中を選択すべし」 (24コメント)
  • 2020/07/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/15(水) (127コメント)
  • 2020/07/15 11:11 【RMB|時事|金融
    香港ドルペッグ問題と「人民元の国際化」という空論 (11コメント)
  • 2020/07/15 07:00 【マスメディア論
    新聞と新聞紙は別物:「インクなし新聞紙」の衝撃 (30コメント)
  • 2020/07/15 05:00 【数字で読む日本経済
    【宣伝】いよいよ『数字でみる「強い」日本経済』発売 (14コメント)
  • 2020/07/14 15:30 【時事|外交
    防衛白書、「韓国との防衛協力と連携」をバッサリ削除 (41コメント)
  • 2020/07/14 11:00 【時事|韓国崩壊
    「徴用工は韓国政府が補償すべき」の真意をどう読むか (58コメント)
  • 2020/07/14 08:00 【マスメディア論
    朝日新聞ですらメディア部門が営業赤字に転落する時代 (20コメント)
  • 2020/07/14 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    「為替スワップは長期支援に不適」と今さら気付く韓国 (6コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。