現役ビジネスマンがお送りする、本格的な独立系ビジネス評論サイト

最新記事一覧




2019/01/17 15:45
日米同盟軸にしたインド・太平洋戦略こそが、日本の活路だ (3)

先ほど『日米防衛相会談から「日米韓3ヵ国連携」が消えた意味とは?』で紹介した、日米防衛相会談について、別の情報源もあったので紹介しておきたいと思います。産経ニュースは日本側が韓国による「レーダー照射事件」について米国に説明したと報じているほか、米国防総省(ペンタゴン)のホームページには岩屋防衛相の訪米が大きく取り上げられており、日米同盟に対する米国側の強い期待を感じ取ることができます。いずれにせよ私は、日本が将来、「日米同盟を軸とした重層的な価値同盟」の中核に入ることこそが、日本が未来に向けて平和と繁栄を享受していく方法だと考えているのです。 (さらに…)

2019/01/17 11:45
日米防衛相会談から「日米韓3ヵ国連携」が消えた意味とは? (13)

日米韓3ヵ国連携、という表現があります。これは、これまでに日米両国が共有していた構想です。ところが、日本時間の本日、防衛省のホームページに公表された日米防衛相会談の要旨を眺めていると、この表現がすっぽりと抜けてしまっていることに気付きました。それどころか、「日米韓共同の防衛訓練」という構想も抜けてしまっており、明らかに日米同盟からの「韓国外し」が見て取れるのです。「米国を介した事実上の日米韓3ヵ国同盟」という枠組みは、実質的に崩壊したのでしょうか。それを見極めるにはもう少しだけ時間が必要と思いますが、いずれにせよ、私たち日本国民は時代が大きく変わっているという事実に向き合わねばならないでしょう。 (さらに…)

スポンサーリンク


2019/01/17 05:00
韓国政府の外交は素人集団と同じ 日韓関係崩壊は不可避に (30)

ここ最近、ほぼ毎日のように、韓国から非常識な話題が出てきます。昨日の夜も当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』では『空虚に響く、呆れた発言 韓国外相が「日韓悪化回避に努力」』と『【速報】韓国は非公開の約束破り、しかもウソの情報を公表?』という2本の記事を相次いで掲載しましたが、それだけ日韓関係が終焉に近づいているという証拠ではないかと思えてなりません。 (さらに…)

2019/01/16 22:00
【速報】韓国は非公開の約束破り、しかもウソの情報を公表? (24)

本日の速報です。日本の防衛省は14日にシンガポールで行われた日韓協議の内容を韓国側が勝手に公表し、しかもでたらめな内容まで含まれていたとして、韓国側に抗議し、撤回を求めたのだそうです。 (さらに…)



2019/01/16 20:30
空虚に響く、呆れた発言 韓国外相が「日韓悪化回避に努力」 (16)

韓国の康京和外交部長官(外相に相当)が16日に「年頭記者会見」を開き、日韓関係を巡って「悪化しないよう事案を管理し、経済、文化、人的交流面で関係を発展させていきたい」と述べたそうです。ただ、それと同時に国際社会で引き続き慰安婦問題を喧伝する方針だと述べるなど、この人物の言動はまったく信頼に値しません。一方、韓国側が破壊し続けている日韓関係を巡っては、私自身、東アジア情勢の大きな変動という観点から、トータルに再考すべき局面が生じているのではないかと思うのです。 (さらに…)

2019/01/16 11:30
日刊ゲンダイの「冒頭解散」説も、あながち荒唐無稽でない? (14)

私の持論は、「自分と異なる意見こそ重視すべきだ」、です。私自身、政治的には安倍政権の支持者ですが、このような立場にいるからこそ、「反安倍界隈」の人たちの意見を読むと、ある意味では知的好奇心を刺激される気がするのです。こうしたなか、『日刊ゲンダイ』というメディアに「1月28日冒頭解散説」なるものが紹介されています。インターネット上では何かと揶揄されることが多い同メディアですが、個人的には、「反安倍界隈」が「安倍政権の失政だ」と批判する内容もさることながら、彼ら自身の苦境を知ることができるという意味では非常に面白いと感じるのです。 (さらに…)

2019/01/16 05:00
大切なことは日韓関係崩壊の「回避」でなく「影響の最小化」 (26)

最近、すごい勢いで自分で自分のクビを絞めている国があります。当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』では、数ヵ月前から「日韓関係破綻」、「韓国崩壊」を話題として選ぶことが増えているのですが、現在の韓国の行動とは、冷静に考えてみれば、まさに日韓関係を破滅に追いやるとともに、自国を崩壊させかねないものでもあります。そこで、本稿では過去に紹介した考え方とともに、最新のニュースを眺めつつ、本当に重要なのは「日韓関係破綻を食い止めること」ではなく、「日韓関係破綻の影響を最小化すること」だという点を確認しておきましょう。 (さらに…)

スポンサーリンク


2019/01/15 22:00
【速報】時事「韓国が回答期限拒否」、ただし大勢に影響なし (8)

速報です。昨日、『徴用工判決問題の節目は4月12日か 日本政府の狙いとは?』のなかで、日本政府が韓国政府に対し、いわゆる「徴用工判決」を巡る日韓請求権協定に基づく協議を申し入れた際、「30日の回答期限を設けた」とする話題を紹介しました。ところが、本日の時事通信によると、韓国政府側はこの回答期限を「拒否する」と述べたのだとか。 (さらに…)

2019/01/15 15:30
韓国「日本と価値共有せず」 「日本は無礼で非紳士的」とも (34)

先ほど『レーダー照射巡り、そろそろ日韓二国間協議を打ち切る局面か』で申し上げた議論の続きで、韓国メディアなどにいくつか気になる報道が出ていたのを紹介しておきたいと思います。端的に申し上げるなら、日韓関係や米韓関係の悪化は、私たちの想像を超えるスピードで水面下で進展しており、いつ日韓関係や米韓関係が崩壊しても不思議ではない、ということではないでしょうか? (さらに…)

2019/01/15 12:30
レーダー照射巡り、そろそろ日韓二国間協議を打ち切る局面か (17)

昨年12月20日に発生したとされる「レーダー照射事件」を巡り、昨日、シンガポールで日韓双方の協議が行われたという話題は、今朝方の『レーダー照射事件巡る日韓協議と「日米英仏豪加連合」の成立』で紹介しました。その後、日韓のメディアに関連する続報が出ていますので、これらについて簡単に紹介するとともに、昨日の『徴用工判決問題の節目は4月12日か 日本政府の狙いとは?』とあわせて、改めて「日韓関係において第三国を絡ませることの重要さ」について、考えてみたいと思います。 (さらに…)

2019/01/15 10:45
「世界よ、これが中国だ」 中国、ロシアとどう付き合うか (6)

当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』の主催者である私は、別に外交官でも政治家でもありませんし、国際政治学者でもありません。ただのビジネスマンです。しかし、国が人間の集合体である以上、外交というものは人間関係の延長で理解できるというのが私の持論であり、その意味からすれば、むしろ一般のビジネスマンとしての感覚こそ、外交を議論するうえで役に立つのではないかと考えています。本稿では昨日の『外交とは、人間関係の延長 「価値」と「利益」で理解すべき』の具体例として、日本の周辺にある無法国家2つを例に挙げてみたいと思います。 (さらに…)

2019/01/15 05:00
レーダー照射事件巡る日韓協議と「日米英仏豪加連合」の成立 (19)

昨日、シンガポールで日韓両国の防衛当局者がレーダー照射事件を巡る協議を行ったのだそうです。ただ、これまでの韓国側の誠意を欠いた無責任な態度を見ていると、わざわざシンガポールに出掛けて、いったい何を協議するのか、という気がしてなりません。その一方、私の現在の関心事は、①今週以降、防衛省が韓国に対して再々反論を行うのかどうか、という点と、②日米英仏豪加連合が南北朝鮮と対決する、という構図が出来上がりつつある、という点に移って行っているのです。 (さらに…)

2019/01/14 22:15
徴用工判決問題の節目は4月12日か 日本政府の狙いとは? (8)

本日中にぜひとも紹介しておきたい報道があります。韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)の報道によると、昨年10月30日の「徴用工判決」問題を巡って、日本政府が先週9日(水)に「日韓請求権協定」に基づく協議を申し入れた際、韓国政府に対して「30日以内に回答せよ」と期日を切ったそうです。これが事実なら、日本政府が「第3条措置」を順番に適用して行った場合、ICJへの提訴は最速で4月12日です。つまり、現在の膠着状態が、少なくとも約3ヵ月間は継続する可能性があるということですが、もしそうだとしたら、その狙いはいったいどこにあるのでしょうか? (さらに…)

2019/01/14 08:00
外交とは、人間関係の延長 「価値」と「利益」で理解すべき (22)

最近、当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』を訪問して下さる方が増えています。当ウェブサイトではここ数日、某特定国の話題が続いていましたが、なかには「ただの会計士がなぜ外交や国際関係なんかを偉そうに議論しているのか?」と疑問に思う方もいらっしゃると思います。ただ、外交・国際関係を議論するのは外交官や学者の特権ではありません。なぜなら、国というのも結局は人間の集合体であり、外交も「人間関係の延長」で議論するのが妥当だからであり、その意味では、むしろビジネスマンという感覚は外交を議論するのに役立つと思うからです。 (さらに…)

2019/01/14 05:00
日本国内から日本の足を引っ張る奇妙な人たち (35)

韓国側から日韓関係を破壊しかねない「メガトン級爆弾」が次々と投下されている局面にありますが、不思議なことに、日本の方からそれを「擁護」する発言をする人がいます。なかには「東アジア連合体」なる、まさに「正気の沙汰とは思えない構想」を提示する人物もいるようですし、おそろしいことに、そのような人物が日本の元首相だったりもします。何より、「無能、無責任を極めた人物」が5年連続して国家元首を務めれば、その国がどうなってしまうかは自明の理でしょう。 (さらに…)

2019/01/13 12:00
まとめサイトの社会的役割、『もえるあじあ』の興味深い記事 (15)

以前、『「あじあにゅーす2ちゃんねる」が長尾敬議員の主張を歪曲』のなかで、あまりにも酷いウソタイトルを掲載していた「まとめサイト」を批判したことがあります。ただ、私自身、あとになってこの記事を読み返してみると、名前が似ている『もえるあじあ』というサイトを批判しているかのように読めてしまうということに気付き、『もえるあじあ』に対して若干の申し訳なさを感じていました。私は別に『もえるあじあ』に対して「良い」、「悪い」という感情は持っていませんが、せっかくの機会なので、「まとめサイト」の社会的役割と、『もえるあじあ』に掲載された興味深い記事について紹介しておきたいと思います。 (さらに…)

2019/01/13 08:00
資金循環分析:6月の「消費税増税法廃案」解散に期待したい (36)

ここ最近、どうしても特定の話題に持っていかれていて、私の「ライフワーク」である「日本全体の資金分析」がおざなりになってしまっていました。ただ、最近になって当ウェブサイトを新たに読み始めて下さっている方も大勢いらっしゃるので、やはり、「財務省が掲げる財政危機説の大ウソ」について、今いちど、きちんと触れておきたいと思います。そして、「財政再建論」といえば、必ず意識しなければならないのは「国民の敵」という議論でもあります。消費増税の凍結などを争点に、安倍政権には是非、「6月の衆議院解散」に踏み切って欲しいと思います。 (さらに…)

2019/01/13 05:00
いまや「日本が考える韓国の位置付け」は北朝鮮、中国と同じ? (19)

私たちの隣国・韓国から、日韓関係を破壊するような言動が相次いでいることについては、当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』でも以前から随分取り上げ続けていたのですが、私自身、何だか疲れてしまいました。実際、私と同じように感じている人は多いのではないかと思います。その証拠に、昨日も韓国の首相が日本に対して暴言を吐いたようですが(笑)、これ自体、ほとんど話題になっている形跡すらないからです。 (さらに…)

2019/01/12 15:30
朝鮮日報「日本で反韓世論拡散」 皮肉ながら韓国に感謝します (25)

本日の韓国メディア『朝鮮日報』の記事によると、日本のメディアや政治家らが「反韓世論」を拡散しているのだそうです。こうした言説が出てくること自体、韓国側にとっては、ここ数ヵ月、日本で韓国に対する反発が急激に膨らんでいることの理由が理解できていない証拠ですが、ただ、それと同時に、単純な「嫌韓論」と「韓国ヘイト」に基づく議論には注意が必要でしょう。私自身、こうした一見すると感情的に激高してしまいがちな問題ほど、「熱い気持ちと冷静な頭脳」により対処することが必要だと考えていますし、また、皮肉を1つだけ言うならば、現在の韓国の姿勢は日本国憲法によって平和ボケした日本国民の横っ面をはたくという効果もあるのだと思います。 (さらに…)

2019/01/12 09:00
【ブログ講座】第2回:独自サイトか、大手ブログか? (4)

先週、当ウェブサイトでは『【ブログ講座】第1回:「人生」と「使命」について考えてみる』というコンテンツを掲載しました。ただ、正直に申し上げると、私自身が「ブログを通じた情報発信」について、偉そうに高説を垂れる立場にあるのか、よくわかりません。しかし、最近になって当ウェブサイトへのアクセスが増えていることなどを考えるならば、自分自身が有頂天になり、傲慢になることを自戒するために、初心に戻って「何のために自分はウェブ評論サイトを運営しているのか?」という点を意識することも必要だと考えたのです。そこで、第2回目は、柄にもなく、少し技術的な点をお伝えしたいと思います。 (さらに…)

2019/01/12 05:00
日米英などの海洋同盟が成立しても、そこに韓国の姿はない (12)

昨日の『協議申入は日本政府の「時間稼ぎ」?そしてその真の狙いとは』の「続報」です。日韓関係は日増しに悪化している気がしてならないのですが、こうしたなか、昨日は韓国側から「韓日議連」の代表者らが来日し、「韓日両国が知恵を絞るべきだ」などと言い放ったのだそうですが、これと同じタイミングで、「あの」朝日新聞も社説で「日韓両国で克服する努力を」などと主張したのだとか。本当に分かりやすい人たちだと思います。こうしたなか、英国が日本の同盟国として復活するかもしれませんが、「日米英同盟」に韓国の姿はありません。 (さらに…)

2019/01/11 14:00
協議申入は日本政府の「時間稼ぎ」?そしてその真の狙いとは (89)

昨日の文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領の記者会見から1日が過ぎましたが、さまざまなメディアの報道や「ツイッター」などの反応などを眺めていると、やはり、「普通の日本人」が韓国に対して強い怒り、憤りを抱いているように見受けられます。しかし、日本政府は相変わらず、韓国に対抗措置を講じるかどうかを巡っては「手の内を明かすわけにはいかない」とする姿勢を崩しておらず、むしろ日韓請求権協定に基づく協議を打ち出したことは、却って「日本政府が時間稼ぎをしている」ようにすら見えます。ただ、解釈の仕方によっては、この「時間稼ぎ」には「真の狙い」があるように思えてならないのです。 (さらに…)

2019/01/11 11:11
基礎資料「日本全体の資金循環(2018年9月末)」の公表 (10)

当ウェブサイトでは以前からときどき、日銀が公表する「資金循環統計」に基づく「日本全体の資金循環」という資料を公表してます。これは、資金循環統計の速報値をベースにして、日本の家計、企業、政府、海外などの経済主体と、間を取り持つ金融仲介機能の金融資産・負債バランスを図示したものです。 (さらに…)

2019/01/11 10:15
「関係悪化は双方に原因」の無責任 日韓の本当の「正常化」 (28)

ここ数日、当ウェブサイトへのアクセス数がかなり増えています。その背景としては、韓国側から日韓関係を破壊しかねない動きが相次いでいるという事情もありますが、どうも一般の日本国民に蔓延する「韓国の動きに対する不安感」に答えるような記事を、日本の大手メディアがあまり提示していないのも原因ではないかと思うようになりました。こうしたなか、この期に及んで無責任な発言を行う学者を発見したのですが、これを紹介がてら、「日韓関係の本当の正常化」について、意味を考えてみたいと思います。 (さらに…)

2019/01/11 05:00
読者様のコメントより:「韓国の迂回貿易」について考える (23)

当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』では、昨年11月に、日本政府が「外為法」に基づき、フッ酸などの物資を韓国に輸出することを規制しているのではないか、という議論を提示しました(『フッ酸輸出制限はおそらく事実 ではそれが意味するものは?』参照)。本日はおよそ2ヵ月ぶりに、その「続報」を取り上げてみたいと思います。というのも、当ウェブサイトのコメント欄に、「貿易従事者」と名乗るコメント主様から、「貿易の世界では昨年10月以降、韓国が日本からの輸入品目について、仕向地をわざと上海などにし、そこから迂回して韓国に輸出するという現象が見られる」、というコメントを頂いたからです。 (さらに…)

2019/01/10 22:00
【速報】韓国首相「日本の指導者が政治目的で反韓感情利用」 (16)

本日は韓国の文在寅(ぶん・ざいいん)大統領が「年頭記者会見」で、日本に対して「謙虚な姿勢を持て」などと発言したほか、米国に対しても北朝鮮核放棄にあたっての「努力」を促すなど、なかなか信じられない態度を示しました(『正気の沙汰とは思えない、韓国大統領の「年頭会見」』参照)。ただ、韓国政府関係者の「暴言」は、文在寅大統領本人に限られません。本日夕方、李洛淵(り・らくえん)首相も、「日本の指導者が反韓感情を政治利用している」などと言い放ったのだとか。 (さらに…)

2019/01/10 13:30
正気の沙汰とは思えない、韓国大統領の「年頭会見」 (54)

先ほどから多くのニュースサイトに取り上げられているとおり、本日、韓国の文在寅(ぶん・ざいいん)大統領が年頭の記者会見を行ったそうです。各メディアによれば、文在寅氏は北朝鮮との共同事業の再開を「歓迎する」と言ってみたり、北朝鮮の非核化には「米国の努力も必要だ」と言ってみたり、日本に対しては「謙虚になれ」と言ってみたり、と、本当に救いようがないという思いを新たにします。ただ、ここまで来てしまった以上、文在寅氏が排除されれば、日韓関係が正常軌道に戻り、韓国崩壊も避けられる、などという単純なものではないことだけは間違いありません。 (さらに…)

2019/01/10 11:00
日韓請求権協定の手続と「韓国社会の崩壊」という嫌な予感 (21)

昨日の『【速報】日本政府、請求権協定に基づき韓国に協議申し入れへ』で紹介した論点について、関連する報道、発表などが揃ってきました。本稿ではあらためて日韓請求権協定の手続の流れについて確認するとともに、最近になって私が感じ始めている「嫌な予感」――もっといえば、文在寅政権の崩壊と韓国社会の大混乱――について、現時点の私の考察を、仮説も交えながらまとめてみたいと思います。 (さらに…)

2019/01/10 05:00
「国益」と「愛国者」、そして「国民の敵」について考える (13)

ここ数日、どうしても当ウェブサイトでは特定の外国の話題にかなりの分量を割いて来ましたし、こうした状況は当面続くことになりそうです。ただ、その一方で、私が本来、昨年から今年にかけての年末年始のタイミングで当ウェブサイトに投稿しようと思っていた内容があります。そのテーマとは、「愛国と国益、そして国民の敵」です。そのうえで、最近になって当ウェブサイトを訪問して下さる方も増えたようなので、あらためて当ウェブサイトの基本スタンス「知的好奇心を刺激すること」について説明しておきたいと思います。 (さらに…)

2019/01/09 17:30
【速報】日本政府、請求権協定に基づき韓国に協議申し入れへ (19)

先ほど首相官邸ホームページに公表された、本日午前中の菅義偉官房長官の記者会見によれば、日本政府は近日中に、日韓請求権協定に基づく仲裁手続の要請を行う方針なのだそうです。韓国が国際法を破る国だからという理由で、日本が同じように国際法を破って良い、という話ではありません。それに、今回の日本政府の方針については、「日韓が紛争状態にある」と日本政府が公式に認め、アクションを起こした、という意味でもあるため、全面的に歓迎したいと思います。ただ、それと同時に、仲裁手続が進行中に、日本が韓国に対する一切の対抗措置を講じてはならない、という話にはなりません。 (さらに…)

2019/01/09 11:45
自由貿易と「ウィン・ウィン」を否定するかの韓国経済新聞 (12)

年初来、当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』には韓国の話題ばかり掲載している気がするのですが、韓国が日韓関係を破壊しようとする行動を相次いで仕掛けていることを考えると、これも仕方がない気がします。こうした中、同じ「韓国ネタ」であっても、「レーダー照射事件」と「徴用工判決」から少し離れ、「経済・金融評論家」としての本分である貿易と為替相場に関する話題を取り上げておきたいと思います。「経済新聞」を名乗っておきながら経済の基本を理解していない記事を発見したからです。 (さらに…)

2019/01/09 05:00
株式差押えは「日本企業に実損出ていない」の屁理屈のため? (28)

この期に及んで日本政府は「日本企業には実損害は生じていない」と言い張るつもりでしょうか?昨日、韓国の裁判所関係者が新日鐵住金の在韓資産の1つである合弁会社の株式の差押えに踏み切ったと明らかにしたそうですが、ただ、それと同時に今回の手続はあくまでも「差押え」であって「換金処分」ではない、としています。これは、「日本企業の資産を差し押さえただけで日本企業には実損害が生じていないから良いでしょ?」という屁理屈のためにしか見えません。しかし、もういちど繰り返しますが、すでに日本企業には実損害が生じています。日本政府の英断を期待したいと思います。 (さらに…)

2019/01/08 21:45
【速報】新日鐵住金の在韓資産差押えを韓国地裁が認める (6)

本日の「速報」です。『徴用工「差押え」の不思議 非上場株の換金処分は著しく困難』の続報ですが、韓国の地裁が新日鐵住金の在韓資産の差し押さえを承認してしまったようです。 (さらに…)

2019/01/08 14:30
日韓の「情報戦」が開戦したなら戦力の逐次投入はタブー (33)

インターネット上では、最近、連日のように韓国駆逐艦による「レーダー照射事件」に関する仮説が掲載されています。こうしたなか、「JBプレス」というウェブサイトに、「韓国海軍の軍艦などは北朝鮮に対する国連制裁決議に違反し、北朝鮮船舶に燃料を提供していたのではないか」、という仮説が掲載されています。こうした仮説が正しいかどうかは別として、韓国が日本の友好国であり続けたいと思うなら、韓国はレーダー照射事件を巡って日本に謝罪しなければなりませんし、それを拒絶するというのならば、日本は韓国を「仮想敵国」に位置付けるべきでしょう。 (さらに…)

2019/01/08 10:30
あまりに惜しい鈴置説の「最終回」 鈴置先生に感謝します (23)

かねてから日経ビジネスオンラインに連載されていた、日本経済新聞社の元編集委員でもある鈴置高史氏が執筆していた『早読み深読み朝鮮半島』シリーズが、本日の記事をもって終了するそうです。鈴置氏は日本を代表する「コリア・ウォッチャー」であるとともに、いわば「日本の宝」のような人材ですが、願わくば鈴置説をどこかほかのプラットフォームで読み続けたいものです。 (さらに…)

2019/01/08 05:00
すぐれたウェブ評論サイトが新聞、テレビを駆逐する! (29)

ウェブ評論の重要性がますます高まっています。私自身、ウェブ評論家の1人として、当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』を執筆していますが、ほかのウェブサイトを眺めてみると、非常に優れたサイト、ブログなどが存在しています。個人的には『楽韓Web』というサイトが非常に好きですが、ほかにも、『パチンコ屋の倒産を応援するブログ』など、優れたサイトは意外とたくさんあります。既得権メディアによらず、楽しく役立つ情報を集めるためには、やはり各人が優れたウェブサイトを見つけていくのがいちばん手っ取り早いのではないでしょうか? (さらに…)

2019/01/07 11:30
韓国メディアの「喧嘩両成敗」的な主張はもう聞き飽きた (56)

当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』が最近、あたかも「韓国専門サイト」のように成り果てていますが、レーダー照射事件や徴用工判決などを巡り、新春早々、日本政府による「対抗措置」が出て来るのかどうかには注目したいと思います。こうしたなか、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に本日掲載された社説を読むと、いろいろと思うところが多々あります。以前からの当ウェブサイトの主張である「密室道徳外交」からの脱却が正しいという点を、われながら、改めて痛感せざるを得ません。 (さらに…)

価値あるビジネス評論をお楽しみください

日韓スワップ特集

日韓スワップ特集日韓スワップ特集
  • 総論:外貨準備の虚実 ...
  • 「中国・カナダと通貨ス...
  • ABMIと日韓スワップ...
  • 河野太郎外相の個人ブロ...
  • 利上げも利下げもできな...
  • 総論:国債のデフォルト...
  • 日中スワップと日印スワ...
  • 「日韓スワップ再開の可...
  • 通貨スワップと為替スワ...
  • 韓銀総裁が日韓スワップ...
  • 韓国発の通貨危機?米財...
  • 文在寅フランス訪問は大...
  • 米国の利上げと新興国不...
  • 今日も韓国メディアに「...
  • 韓国とアルゼンチン、隣...
  • 米利上げと「日中3兆円...
  • 日中通貨スワップをうら...
  • トルコ・ショックはアル...
  • 北朝鮮石炭輸入問題、米...
  • 北朝鮮石炭輸入問題受け...
  • 数字で見る外貨準備 韓...
  • 韓国メディアの報道は通...
  • 文在寅さん、支持率10...
  • 韓国の銀行に対しセカン...
  • 【夕刊】韓国が絶対に呑...
  • 韓国側の日韓スワップ待...
  • 「韓国のジレンマ」:ウ...
  • 「利上げしても地獄、利...
  • 日韓スワップ論に関する...
  • 【夕刊】韓国の外貨準備...
  • 【夕刊】アフリカ諸国「...
  • 【準保存版】韓国の外貨...
  • 日本のスワップ問題を振...
  • 【昼刊】それって「通貨...
  • 往生際の悪い韓国メディ...
  • 【昼刊】日中スワップと...
  • まったく予想通りの日中...
  • 【昼刊】中央日報で辿る...
  • (追記あり)【夕刊】呆...
  • 【昼刊】「外貨準備高最...
  • 通貨スワップ(BSA)...
  • 韓国で猛威を振るった「...
  • 韓国紙「韓国の外貨不足...
  • 日韓スワップ:スイスで...
  • スイスは韓国の通貨危機...
  • 「外交カード」で見る日...
  • 中国の対韓サラミスライ...
  • もう日本とのスワップは...
  • 【速報】カナダ・韓国間...
  • 人民元 狂喜乱舞も落ち...
  • 毒まんじゅうを食らい、...
  • 【速報】聯合ニュース・...
  • また一歩、自滅に近付い...
  • まぁ多分ウソでしょうね...
  • 中韓スワップ延長報道の...
  • 中韓スワップ失効前夜、...
  • そんなスワップ延長して...
  • 財務省の日韓スワップロ...
  • 業務資料集:日韓スワッ...
  • 中韓スワップの本当のと...
  • ウォンの急落は、突然に...
  • 為替介入についての基礎...
  • 久しぶりに読む韓国統計...
  • 韓国経済は外貨不足で自...
  • 金融リーダーシップを狙...
  • AIIBと通貨スワップ...
  • またぞろ復活!日韓スワ...
  • 日韓スワップ再開論
  • 北朝鮮情勢の緊迫化:「...
  • スワップに苦しむ韓国の...
  • インドネシアとのスワッ...
  • 韓国を待ち受ける「ギリ...
  • 韓国は為替操作国だ―外...
  • インドネシアとの通貨ス...
  • 豪ドル・スワップは「焼...
  • 【速報】韓国、オースト...
  • スワップ協定全般アップ...
  • 日韓スワップ再開は潰え...
  • そろそろ韓国経済破綻へ...
  • 韓国経済、あと1年が勝...
  • 慰安婦問題を巡る本当の...
  • 【速報】中途半端ながら...
  • 新春ネタ「三つの経済爆...
  • あれほど「為替介入と量...
  • 「約束を破る国」の通貨...
  • 日韓スワップ再開はペン...
  • 日韓スワップ巡る「麻生...
  • 韓国の外貨準備の75%...
  • 速報【産経報道】日韓ス...
  • 深刻化する韓国経済危機...
  • 片山さつき氏の日韓スワ...
  • 老獪な菅官房長官の「日...
  • 「韓国経済崩壊論」と韓...
  • 専門家が見る、韓国が「...
  • 韓国から見た日韓スワッ...
  • SDRとは?
  • 「日韓通貨スワップ協定...
  • 日韓スワップ「500億...
  • 専門知識解説:「日韓通...
  • <保存版>ハード・カレ...
  • 日韓通貨スワップ協定巡...
  • 日韓通貨スワップと安倍...
  • 人民元国際化特集

    人民元/日韓スワップ人民元/日韓スワップ特集
  • 河野太郎外相の個人ブロ...
  • 総論:国債のデフォルト...
  • 通貨スワップと為替スワ...
  • 日中スワップと日印スワ...
  • 【速報】やはり中国との...
  • 通貨スワップと為替スワ...
  • パンダ債と日中スワップ...
  • 怪しい通貨・人民元の下...
  • 米国の利上げと新興国不...
  • 日中スワップの「不都合...
  • 日中通貨スワップを必要...
  • ラオスのダム決壊、遅ま...
  • 【朝刊】米中貿易戦争は...
  • 【夕刊】AIIBと中国...
  • 【夕刊】アフリカ諸国「...
  • 【昼刊】日中スワップと...
  • まったく予想通りの日中...
  • 危険なパンダ債と「日中...
  • 成果に乏しい日中金融対...
  • AIIBの現状整理・2...
  • 金融庁よ、AIIBにゼ...
  • 為替介入についての基礎...
  • AIIB格付問題と銀行...
  • 華々しいAIIB、実態...
  • 日本は通貨スワップでA...
  • 【逆説】日本がAIIB...
  • ドイツと中国の意外な類...
  • 今週の振り返り:朝日捏...
  • 成果に乏しい一帯一路フ...
  • AIIB巡る時事通信の...
  • AIIB「参加意思表明...
  • 【速報】AIIB加盟論...
  • 専門家が見る、中国金融...
  • ADBとAIIBの「役...
  • AIIBと通貨スワップ...
  • 人民元のお寒い現状
  • 金融から見た中国の「3...
  • AIIBとISDAマス...
  • 「AIIBにカナダが加...
  • AIIBと人民元―失敗...
  • 中国の外貨準備統計は信...
  • 鳴物入りのAIIB、ど...
  • 「人民元、カナダドルに...
  • AIIBの参加国は約6...
  • 人民元やAIIB巡るダ...
  • オフショア人民元市場で...
  • インドネシア高速鉄道案...
  • 中国人民網から見える「...
  • 日本はAIIBに参加す...
  • AIIBの現状整理
  • 銀行経理的に見た中国の...
  • SDRとは?
  • SDRと人民元と「国際...
  • 人民元「主要通貨」報道...
  • <保存版>ハード・カレ...
  • 人民元のハード・カレン...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加    

    評論記事30件表示(※スクロールします)

  • 2019/01/17 15:45 【時事|外交
    日米同盟軸にしたインド・太平洋戦略こそが、日本の活路だ (3コメント)
  • 2019/01/17 11:45 【時事|韓国崩壊
    日米防衛相会談から「日米韓3ヵ国連携」が消えた意味とは? (13コメント)
  • 2019/01/17 05:00 【韓国崩壊
    韓国政府の外交は素人集団と同じ 日韓関係崩壊は不可避に (30コメント)
  • 2019/01/16 22:00 【時事
    【速報】韓国は非公開の約束破り、しかもウソの情報を公表? (24コメント)
  • 2019/01/16 20:30 【時事|韓国崩壊
    空虚に響く、呆れた発言 韓国外相が「日韓悪化回避に努力」 (16コメント)
  • 2019/01/16 11:30 【時事|国内政治
    日刊ゲンダイの「冒頭解散」説も、あながち荒唐無稽でない? (14コメント)
  • 2019/01/16 05:00 【韓国崩壊
    大切なことは日韓関係崩壊の「回避」でなく「影響の最小化」 (26コメント)
  • 2019/01/15 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】時事「韓国が回答期限拒否」、ただし大勢に影響なし (8コメント)
  • 2019/01/15 15:30 【時事|韓国崩壊
    韓国「日本と価値共有せず」 「日本は無礼で非紳士的」とも (34コメント)
  • 2019/01/15 12:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射巡り、そろそろ日韓二国間協議を打ち切る局面か (17コメント)
  • 2019/01/15 10:45 【時事|外交
    「世界よ、これが中国だ」 中国、ロシアとどう付き合うか (6コメント)
  • 2019/01/15 05:00 【韓国崩壊
    レーダー照射事件巡る日韓協議と「日米英仏豪加連合」の成立 (19コメント)
  • 2019/01/14 22:15 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決問題の節目は4月12日か 日本政府の狙いとは? (8コメント)
  • 2019/01/14 08:00 【外交
    外交とは、人間関係の延長 「価値」と「利益」で理解すべき (22コメント)
  • 2019/01/14 05:00 【韓国崩壊
    日本国内から日本の足を引っ張る奇妙な人たち (35コメント)
  • 2019/01/13 12:00 【マスメディア論|時事
    まとめサイトの社会的役割、『もえるあじあ』の興味深い記事 (15コメント)
  • 2019/01/13 08:00 【金融
    資金循環分析:6月の「消費税増税法廃案」解散に期待したい (36コメント)
  • 2019/01/13 05:00 【時事|韓国崩壊
    いまや「日本が考える韓国の位置付け」は北朝鮮、中国と同じ? (19コメント)
  • 2019/01/12 15:30 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「日本で反韓世論拡散」 皮肉ながら韓国に感謝します (25コメント)
  • 2019/01/12 09:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第2回:独自サイトか、大手ブログか? (4コメント)
  • 2019/01/12 05:00 【時事|韓国崩壊
    日米英などの海洋同盟が成立しても、そこに韓国の姿はない (12コメント)
  • 2019/01/11 14:00 【時事|韓国崩壊
    協議申入は日本政府の「時間稼ぎ」?そしてその真の狙いとは (89コメント)
  • 2019/01/11 11:11 【金融
    基礎資料「日本全体の資金循環(2018年9月末)」の公表 (10コメント)
  • 2019/01/11 10:15 【韓国崩壊
    「関係悪化は双方に原因」の無責任 日韓の本当の「正常化」 (28コメント)
  • 2019/01/11 05:00 【韓国崩壊
    読者様のコメントより:「韓国の迂回貿易」について考える (23コメント)
  • 2019/01/10 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国首相「日本の指導者が政治目的で反韓感情利用」 (16コメント)
  • 2019/01/10 13:30 【時事|韓国崩壊
    正気の沙汰とは思えない、韓国大統領の「年頭会見」 (54コメント)
  • 2019/01/10 11:00 【韓国崩壊
    日韓請求権協定の手続と「韓国社会の崩壊」という嫌な予感 (21コメント)
  • 2019/01/10 05:00 【マスメディア論
    「国益」と「愛国者」、そして「国民の敵」について考える (13コメント)
  • 2019/01/09 17:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】日本政府、請求権協定に基づき韓国に協議申し入れへ (19コメント)
  • 当ウェブサイトについて

    知的好奇心を刺激する独立系ビジネス評論メディア

    「新宿会計士の政治経済評論」とは、金融専門の公認会計士である「新宿会計士」とが、金融、国内政治、経済、外交などについての評論を掲載するビジネス評論メディアです。毎日1~2回、更新しています。

    当ウェブサイトの引用・転載について

    当ウェブサイトの内容は引用も転載も自由であり、事前許可は必要ありません。ただし、引用・転載に際しては、内容が曲解されないように、必ずリンク元を明示してください。

    当ウェブサイトからのお知らせ

    著者とのコンタクト

    コンタクトにつきましてはメールにて受け付けております。
    info@shinjukuacc.com
    なお、当ウェブサイトのコンテンツを他のウェブサイトへ引用・転載等することは自由であり、特段、著者の許諾を取る必要はありませんが、印刷物に転用するなど、商業利用される場合には事前にご連絡をください。

    スポンサーリンク

    • Facebook
    • Hatena
    • twitter
    • Google+

    スポンサーリンク・広告




    著者略歴等

    <資格・職歴等>

    • 都内の4年制私大出身
    • 国家Ⅰ種(経済職)合格
    • 2004年公認会計士開業登録
    • 監査法人で約6年勤務
    • 金融機関で約9年勤務
    • 2015年10月:都内で起業、現在に至る
    • 2016年7月:専門評論ウェブサイト「新宿会計士の政治経済評論」を開設
    • 2018年11月:月間PV数100万件達成か?

    <専門分野と主著>

    • 【専門】金融商品会計・金融規制
    • 【著書】単著4冊/共著3冊(いずれも金融商品会計基準や金融規制などの専門書籍)
    • 【活動】経理専門誌、金融業界紙に記事を執筆中

    <知的好奇心の宝庫>

    ウェブサイトのコンセプトは「知的好奇心を刺激する、無料で読めるクオリティ評論」です。どうかご愛読をお願い申し上げます。
    著者近影
    詳しくは『
    このサイトについて』のページもご参照ください。

    当ウェブサイトについて

    当ウェブサイトは独立系ビジネス評論サイトです。コメント、引用、転載は自由です(詳しくはこちら)。

    スポンサーリンク・広告

    外部リンク

    最近のコメント

    スポンサーリンク・広告




    過去に更新していた「ブログ」

  • 「新宿会計士のブログ(アメブロ側)」
  • 「新宿会計士のブログ(楽天ブログ側)」
  • ログイン