【速報】米「香港は中国からの高度な自治を喪失」認定

本日の「速報」です。米国が香港に対する「高度な自治」認定を取りやめたようです。

米国が香港に対するさまざまな優遇措置を取りやめるのではないかとする観測を巡っては、先日の『米国が「香港は金融センターの地位失う可能性」と警告』で触れました。

簡単に概要を振り返っておくと、米国は香港を中国とは独立した政体として取り扱っているのですが、その根拠となっているのが「1992年香港政策法」です。

この「1992年香港政策法」では、米国政府は毎年、香港が中国本土からの自治を保っているかどうか、検証して議会に報告する義務を負っており、香港が中国からの自治を維持している限りにおいて、米国は香港をあたかも中国から独立した国のように取り扱う、としています。

これに加えて昨年成立した「2019年香港人権・民主主義法」は、香港が中国から「高度な自治」を維持しているという前提条件が崩れた場合には、米国は香港に対するさまざまな優遇措置を撤廃し、あわせて制裁についても規定が設けられている、というものです。

そして、本日、その「続報」がありました。「香港は中国からの高度な自治を喪失した」と米国務省が認定したようです。ここでは、米メディアWSJに現地時間27日夜(日本時間の今朝)に掲載された、次の記事を確認してみましょう。

U.S. Officially Declares That Hong Kong Is No Longer Autonomous

‘It is now clear that China is modeling Hong Kong after itself,’ said Secretary of State Mike Pompeo<<…続きを読む>>
―――米国夏時間2020/05/27(水) 18:57付=日本時間2020/05/28(木) 07:57付 WSJより

(※リンク先記事は英文であることに加え、有料契約していないと読めないかもしれません。あらかじめ、ご了承ください。)

記事リード部分にある、マイク・ポンペオ米国務長官の発言の “model after” とは、「~を模範として形成する」という意味合いがあるようですので、意訳すれば「いまや香港の制度は中国が設計している」、といったニュアンスでしょうか。

WSJは米国務省が香港について「もう高度な自治を維持しているとは言い難い」と認定したとし、また、ポンペオ長官の発言は今後、米中関係をさらに不安定にするとともに、香港の国際金融センターとしての地位を不安定にするかもしれない、などと述べています。

では、なぜこの宣言が、香港の「国際金融センター」としての地位を脅かすのでしょうか。

米国は現在、香港に対してさまざまな優遇措置を与えているのですが、それらの主なものについてWSJ記事に紹介されているものを列挙すると、次のとおりです。

  • 輸出管理上の優遇措置:中国本土には許可されていない先端技術機器の輸出も香港に対しては許可されている
  • 国際機関への加盟の支持:国際機関(WTOやADBなど)に香港として加盟することを米国が支持する
  • 香港市民への優遇措置:香港居住者に対しては他の中国人と比べ、米国に対する入国管理上、優遇措置を受けている

WSJは、今回の国務省の決定によりただちに香港がこれらの特権を失うことはないとしつつも、現在のこうした取扱いが継続するかどうかは不透明だとしています。

さて、為替相場はこれにどう反応しているのでしょうか。

今朝の『【速報】人民元が急落~いまや、中韓通貨は一蓮托生?』で指摘したばかりですが、ここ数日、中国の通貨・人民元やASEAN通貨、韓国ウォンなどが下落基調にありますが、日本時間9時過ぎの時点ではほとんど動いていません。

たとえば、対米ドル相場では、オフショア人民元(USDCNH)は7.1811元、韓国ウォン(USDKRW)は1237.80ウォンで、人民元については前日比小幅の元安・ドル高となっていますが、韓国ウォンについてはほぼ前日比でむしろ小幅なドル安・ウォン高という状況です。

もっとも、株式指数ではハンセン先物が前日比2%以上下落しているのですが、これは米国の宣言を受けたものと見るべきなのか、それとも中国本土での国家安全法制定を嫌気したものと見るべきなのかは微妙でしょう。

いずれにせよ、米中対立がこれから本格化すると見られるなかで、その矛盾が米中対立点のひとつである香港に現れるであろうことは、想像に難くありません。

今後の動向については要注目、といったところでしょう。

読者コメント一覧

  1. りょうちん より:

    >輸出管理上の優遇措置:中国本土には許可されていない先端技術機器の輸出も香港に対しては許可されている

    米国の輸出管理がどうなっているのかは知りませんが、香港→深圳は直行ルートだと思うのですが、ザルだったのでしょうか。
    それでよく日本に厳正な輸出管理を要求できたものです。

  2. 福岡在住者 より:

    これも追加してください。
    「米下院、ウイグル族弾圧巡る対中制裁法案を可決 大統領に送付へ」
    https://news.yahoo.co.jp/articles/dadd74f7ef99700fb77d83674aa6699a5a027d08

    インドとは国境線で小競合いしてるし、米国は台湾への戦闘機・戦車・地対空ミサイル等の武器輸出を許可するし、
    https://www.cnn.co.jp/world/35154209.html

    いよいよ中国共産党はピンチ? 最低でも習近平失脚くらいまでは行ってほしいですね。 そういえば、最近「法輪功」弾圧の話を聞かなくなりましたが、、、。

    来月のG7は「期待大」です。

    1. 心配性のおばさん より:

      福岡在住者様

      >最低でも習近平失脚くらいまでは行ってほしいですね。

      みみっちいこと、おっしゃらないで(笑)。

      攻める時は、ソ連に次ぐ、中共の瓦解ですわ。ウイグル、チベット、モンゴル、香港の独立まで行かなくては、逆にアメリカを筆頭とする陣営が危なくなります。

      そして、やってはいけない時に、やってはいけない事をする。習近平体制ならではのこれはプレゼントです。
      使わない手がありますか(笑)?

      1. 福岡在住者 より:

        心配性のおばさん 様

        コメント有難うございます。
        理想は100年前ですが(笑)、ウイグル・チベットくらいは可能性があるかもしれませんね。モンゴル自治区はよく分かりませんが 本国は結構親露らしいですよ。(日帝から救ってくれた、、、、みたいです)

        中国は8つ(?)に分裂するとか 日本ではいろいろ言われていましたが、当の本人達は「塊でいた方が有利」と考えているのではないでしょうか。

        ソ連の場合、バルト3国やトランスコーカサスの各共和国が 結構反ロシア(民族独立)だったので独立ドミノが発生したと思います。 中には利権目的で、ドサクサ紛れの独立もあったようですが、、、。

        「中共の瓦解」は是非実現してほしいですが、あのやかましい民族が各地で大声を出し始めると それはそれで面倒ですね。

        1. 心配性のおばさん より:

          福岡在住者様 

          >あのやかましい民族が各地で大声を出し始めると それはそれで面倒ですね。

          うーん。アフターのことを考えておりませんでした。ちなみに、中共指導の反日は指導部のスィッチON/OFFで切り替わります。その箍が外れた中国が半島国家とつるむとなると、それはそれで(マネっこです。笑)、厄介ですわね。

          対策を準備しておかなくてはなりませんわよね。確かに。

        2. 匿名 より:

          中共の瓦解は日本にとっての何のメリットもないということを理解していない人が多くて驚きます。保守系の人も覚醒してるようで覚醒してないんですよねー

        3. だんな より:

          福岡在住者さま
          バラバラになって、喧嘩し合うんじゃないかなぁ。
          中には自由民主主義の所も出てくることを、期待します。

    2. 団塊 より:

      文大統領と同じように優秀な集近閉こそ終世共産支那トップ!! これですよ。

  3. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    マイク・ポンペオ米国務長官の発言の「いまや香港の制度は中国が設計している」といったニュアンスなら、もう手厚い優遇は終わりです。香港から深センは筒抜けだったと思いますが、これも遮断ですね。

    米中経済戦争、これが全面的に火蓋を切る事になる。まさか軍事での報復や攻撃は無いだろうが、一歩手前の示威行動、東シナ海での作戦、日本海での軍事演習もありそう。

    日本は旭日旗翻してトップと後方兵站基地を担当。米国主力、豪、加、英国、台湾、NZ、シンガポール、タイが続く。米国士官「アレ?サウス・コリアがいない!どこ行った?」(爆笑)。釜山帰ったって(笑)。

    これで日中の行き来復活もずーっと遅れる。韓国もセットで当分無しな。

  4. ボーンズ より:

    今日の全人大での裁決後、アメリカ政府から正式に経済制裁の内容が発表されそうです。
    いよいよ、本格的な米中経済戦争の開始、G7後の習近平の訪日中止の決定となるかな。

  5. 阿野煮鱒 より:

    もう二十年以上前のことですが、当時中年にさしかかっていた私が、なぜか香港の若者達の観光案内をすることになりました。東京から京都に移動するなかびに、私の住む地方都市を見たいとのことで、東京の知り合いに頼まれたのです。

    彼等は二十代の社会人でしたが、いかにも頭が良さそうな言動で、もちろん英語も堪能でした。それでも彼等が言うには「本当に能力のある人たちやお金持ちは香港を脱出してしまった。私たちは能力もお金も無いから諦めている。いずれは香港は中国に組み込まれる。」と悲しそうに言っていたのが忘れられません。

    今や彼等もアラフィフのはずですが、どうしているのでしょうか。

  6. カズ より:

    香港は中国経済の固い扉を開く窓口だったはずなのに、「良いとこ取りを許す突破口」にされてしまっています。

    *内政の中国化に伴い「香港は役目を終えた」との判断は妥当なのだと思います。

  7. 老害 より:

    プーさんは焦っているのかな?

    >香港を犠牲にして、習近平が国内外の責任追及を逃れようとするのは、中国で言うところの「臭棋」、囲碁の悪手もいいところだ。

    香港「国家安全法」の衝撃、習近平が暴挙に出た理由(福島 香織)
    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/60714

    1. りょうちん より:

      >中国は法治国家ではないのだから、本当は無理して法律など作る必要はないはずである。

      福島香織さんのこういうところが好きw

    2. 心配性のおばさん より:

      福島香織さんのコラム大好きなので、早速拝見しました。ありがとうございます。

      >その香港をつぶすということは、中国は西側社会との決別を決心したということではないか。

      ええ、ごくあたりまえに考えて、これは習近平氏が中国を道連れに、西側社会(主にアメリカ)に行った宣戦布告ですわね。共産国中国に味方はおりません。要は中共はともかく、中国の人々が習近平氏に従うかだと思います。

      福島氏はこれを、コロナ賠償を迫られた習近平氏の悪足掻きとしています。こんな人間の道連れになる中国の人々って…。

    3. 老害 より:

      りょうちん さま
      心配性のおばさん さま

      コメントありがとうございます。
      随分と物騒な記事が増えてきましたね。世のため人のため、中共は早めに潰したい。

      独り核軍拡を進める中国、ついに米国が動く
      https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/60709

      中国空母と米軍原潜、対決の場になる南シナ海
      https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/60670

  8. 匿名希望の平民 より:

    二階堂ドットコムよりの情報

    http://www.nikaidou.com/archives/127153

    香港ドルを国際決済から外すという話が出ている。ご注意されたし。
    必要のないFX取引は手仕舞いされたし。

    香港は、いよいよ、やばいことになってきましたね。
    中共は、本気で、香港の統制に出てきました。
    香港のあと、中共の標的は、当然、台湾となります。
    もし、中共が、本気で台湾を攻めるのであれば、
    日本の「尖閣諸島」も、セットで、占領するそうです。

    日本も、決して、他人事ではすまないことになります。

    1. かばさん より:

      中国漁民の救援を理由に中国海警の尖閣上陸などありそうですね。
      このような事態が起きた場合の対応策を海上保安庁、自衛隊は既に検討しているのでしょうか?
      想定外では済まされないと思うのですが。

      1. 現状を憂うる者 より:

        前にも述べましたが、まずは武力を使わずに誰かを上陸させるのでは?と私も考えています。
        例えば、嵐が過ぎたあとになぜか漁民?のテントが張ってある、といった感じです。
        さらに、「遭難した自国民保護」などを掲げて、大小の海警が巡視船をブロックし、そのうちには島上の人数が増え、小屋が立っていく・・・

        この場合、あくまで武力を使わずに実効支配を日本から奪い取るのが目的であり、手段です。むろん、背後からの「武力でもいつでも取れるよ」との恫喝もセットです。同時に日本国内では、「戦争反対」の大合唱が起きているでしょう。

    2. 心配性のおばさん より:

      匿名希望の平民様

      >日本の「尖閣諸島」も、セットで、占領するそうです。

      セットは沖縄にも及びそうです。翁長氏以降、沖縄県知事は中共に朝貢しておりますので、中共からしたら確信的なんとやらとなるのかもです。

      離島警備、奪還については、日米でプログラムしているとのことですが、アメリカはあくまで友軍に過ぎません。自国は自国で守るのが当たり前です。が守るべき自国の一部が中共に尻尾を振っているようでは、自衛隊の皆さんに申し訳なさすぎます。

  9. たい より:

    北部仏印進駐あたりに来ているのか、それとも既に南部仏印進駐まで来ているのか。

    1. りょうちん より:

      印の字で思い出しましたが、インドとの紛争が起きそうでwktk。

      発端は国境警備部隊同士の「殴り合い」らしいですw。
      まだ機関銃を撃ち込みあう方が文明的な・・・。

      1. たい より:

        そういえばインドとも色々ありましたね。
        尖閣、台湾、南沙、インドetc…
        どこから始まるでしょうか?

        1. 匿名 より:

          ≫尖閣、台湾、南沙、インドetc…

          まるで大日本帝国のようだ。
          多方面へ進軍なんてしようものならまさに、という感じ。
          序盤は連合国同士が連携取れずに勝利を多く取れるが、連合国の連携が取れるようになったが最後、兵力分散、補給線が伸びた事で敗戦。

      2. 福岡在住者 より:

        りょうちん 様

        中国・インド・イラン・トルコ等のユーラシアの「大国?」では 数十人レベルの死者は小競合いなのでしょうね。 その辺はガス抜きで見逃してるのでしょうか?  辺境地では 大昔の海賊・山賊レベルでそこを納めたら「よきに計らえ~」的自由主義が存在しているのでは?と思っています。(宗教込みですが)

        今はまだ「余裕の寸止め」状態と思いますが、不測の大惨事を期待してます。 でも、大国(多民族国家)はやりませんよね。

  10. 団塊 より:

     習金平が大切なことは、政局でありチャイナゼブンのトップでいること。
     チャイナゼブンに大切なことは政局であり、経済は政局の付属物。

    いうことは、習金平は香港などどうなってもかまわない。金融都市が消滅しようが、政局に勝たねばならない。
     香港という便利な存在が消えて、共産支那の半分(七億の人民)が飢え死にしても気にもしない、まだ七億の人民がいるのだから。それが、China。となりますね。

    なお、香港は江沢民の縄張り。とのことです。

  11. はにわファクトリー より:

    匿名希望の平民さま

    >香港のあと、中共の標的は、当然、台湾となり

    立場あいまいに逃げ回る韓国が中国によって蹂躙される危険がいよいよ高まってきたと判断しています。韓国と台湾が世界から見てそれぞれどう目に映るか。対照的な両国のふるまいがより強く浮かび上がってくることでしょう。巻き添えも何もあったものではありませんが、自国の窮地を「日韓共闘で解決する」なんて筋違いな(すり寄り|日本恫喝)も発生するやも知れません。ありそうな話です。先の対中首相声明は機を逃さず先手を打ったという点で秀逸だったと思います。

    1. 心配性のおばさん より:

      はにわファクトリー様 

      先だってのWSJピーター・ランダース東京支局長との質疑応答、あまりにみごとで、ひょっとしたら打ち合わせなのではと勘繰りたくなったほどです。下種のなんとやらですかしら(笑)。

      質疑を受けたからとの態で、あらためて日本が西側陣営の国であること、コロナ騒ぎが武漢から起こっているとの認識であることの表明。これを聞いた習近平氏がどう国賓来日を切り出すか見たい気もします(笑)。

  12. だんな より:

    米中の攻防は、収まる気配が有りませんので、まだまだエキサイトすると思います。

  13. ヘラクレス より:

    中共の崩壊はずいぶん昔から予想?されていました。

    いわく、北京オリンピックが終わったら・・・、上海万博が終わったら・・・。結局現在も生き延びています。

    もし中共の崩壊が起こるとしても、ソ連崩壊後のプーチン(秘密警察出身だったか?)の様に軍部が実権を握るのではないでしょうか。

    その軍事大国の新C国は、今のC国よりもっと危険で厄介な国になるのではないかと悪い予想をしています。
    まあ、チベット、ウイグル、内モンゴルあたりは独立できるかもしれませんが。

    この辺の事情に詳しい方がおられましたら、ご教授お願いします。

    ヘラクレス@心配性のおじさん、より

    1. 心配性のおばさん より:

      ヘラクレス様

      >もし中共の崩壊が起こるとしても、ソ連崩壊後のプーチンの様に軍部が実権を握るのではないでしょうか。

      ロシアのプーチン氏はソ連崩壊後の混乱を乗り切って、かつてのソ連再びを狙っているダークサイドとはいえある意味傑出した政治家です。中共にそのような政治家が残っているのかしら?習近平氏が皆粛清してしまったのではないかしら。

      ただ、中国は核を保有しております。ソ連崩壊の際もその管理が危うくなり、北朝鮮にそれが流出したとの報道もありました。核保有国の瓦解は慎重にコントロールしなくては、パンドラの箱になってしまう危険もありますね。そういえば、中国知識人も民主化はしたいが、混乱が恐ろしいと言っているとの報道がありました。

      このまま中共の膨張を放置するというのは、私たちの生命安全上ありえない選択です。しかし、やりかたを間違えると、より悲惨な結果となるやも知れませんね。

      1. ヘラクレス より:

        心配性のおばさん様 コメントありがとうございます。

        中共にそのような傑出した政治家が残るのか、といえば残らないと思います。
        軍部がクーデターを起こすか、はたまた現体制が崩れた後、権力闘争の末に軍出身の誰かが実権を握るのではないでしょうか。

        民主主義の国にはならないと思います。確たる根拠があるわけではありませんが、ソ連=>ロシアの変化を見ていると中共もそうなるような気がします。(もっと危険な国に)

        ただ、民主主義にはならなくても多少はネゴシエートが効きそうになるのではないか、金持ちの国民が増えれば資本主義の原理は浸透していくのではないか、そして少しずつ価値観は日米欧に似てくるのではないかと思っているのですが。楽観も油断もしてはいけませんけれど。

  14. だんな より:

    香港の国家安全法が、全人代で反対1票で成立しました。
    日本は、茂木外相が、憂慮するコメントを出しました。
    香港人は、国外に脱出する人や、香港独立運動を進めるなど、当然ながら敏感に反応しています。
    K見えないニダ、K聞こえないニダの国は、ダンマリを決め込むようです。
    朝鮮日報の記事です。
    香港保安法に何も言えない韓国
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b16e42b76f18a210c4905e2b1ab5d2b3a02eb8fc
    以下引用します。

    何かあるとすぐ「キャンドル革命」を強調する韓国政府は「沈黙」を選択したのだ。外交関係者の間では「文在寅(ムン・ジェイン)政権は香港保安法推進に事実上顔を背けている」との指摘も出ている。
    ソウルの中国大使館の関係者はこの日「22日に香港保安法立法内容について韓国外交部(省に相当)と共有した」「香港保安法の必要性を詳しく説明した」と明らかにした。これに先立ちソウル駐在の邢海明・中国大使は24日、中国国営中央テレビ(CCTV)とのインタビューで「中韓は友好的な隣国として核心問題に対する互いの立場を尊重してきた。香港問題も例外ではない」「韓国側の理解と支持が得られると信じている」と述べた。これに対して韓国政府関係者は「中国の立場を十分に聞いたが、支持するかどうかは明確にしていない」と伝えた。

    引用ここまで。
    事前に中国から「韓国は中国を支持するアル」と言われていて、その上中国大使に釘を刺されるという、とても中国らしいやり方で、韓国は口を開く事が出来ません。
    韓国人にとつては、井戸の外の出来事で、直接被害は無いので、このままでスルーされると思います。
    韓国の、自由、人権、正義は、こういう物だと理解した方が、良いと思います。
    既に「韓国は中国の属国だ」という認識を、するようにしましょう。

    文大統領「何の事ニカ?」、「ウリは人権弁護士出身ニダ」。

    1. 老害 より:

      だんな さま

      >文大統領「何の事ニカ?」、「ウリは人権弁護士出身ニダ」。

      ハハハ、思わず笑ってしまいました。
      半島で「人権」とはね。「人権」の概念に関連する人は、一人もいないんでしょうね。

    2. はにわファクトリー より:

      「K見えない」「K聞こえない」

      米韓日軍事連携の破れ具合いを確かめるために中露が共同で機微空域に爆撃機を飛ばす陽動作戦があると予測します。

    3. だんな より:

      中央日報から続報出ましたので、自己レスです。
      香港に「国家安全法」導入方針を採択…韓国「影響は制限的」 日本「深く憂慮」
      https://news.yahoo.co.jp/articles/a0dcbc75e0d157f672f4b5ecd3e2f8ee408ba831
      日本政府は、中国大使を呼びつけて、憂慮を表明しました。また菅官房長官も同様のコメントを発表し、日本としての姿勢を明確に示しました。
      良いことだと思います。
      韓国外交部は、「影響は制限的」と明らかにしたとのことで、中国のいわれた通りにしているようです。
      有る意味わかりやすいです。

  15. ボーンズ より:

    予想通り、来ましたね。

    米、香港の特別優遇廃止へ WHO脱退を宣言、中国など制裁
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0d58dcbdcdac6017af4edaf6f8189af48e5349be

    2つまとめてパンチです。

    1. はにわファクトリー より:

      ボーンズさま

      >予想通り、来ましたね

      シビレます。この際ぞんぶんに暴れてもらいましょう。
      考えてもみてください。ムバラク・オバマ政権だったら、ヒラリー・クリントン政権だったら、ジョー・バイデン政権だったら … 果たして世界はマシだったでしょうか。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。