米メディアのウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の英語版に、パキスタンのIMF危機を契機にした新興市場(EM)諸国の不安という話題と、人民元の金利上昇という話題が掲載されていました。ただ、WSJ記事には少し議論が荒っぽい部分もあるので、本稿では金利と為替という観点から、少し論点を補足しつつ、米国の利上げとEM諸国の通貨危機の関係について考察してみたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

EM諸国に不安が広がる?

パキスタン不安とEM不安

米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)に、なかなか興味深い記事を発見しました。パキスタンが国際通貨基金(IMF)に対して支援を要請したことを受けて、新興国に不安が波及し始めている、というものです。

As Pakistan Starts Talks, Emerging Markets Look to Contain Damage(米国夏時間2018/10/08(月) 23:01付=日本時間2018/10/09(火) 12:01付 WSJより)

パキスタンの件については、日経やブルームバーグなど、日本語のメディアでもこれを取り上げているサイトはありますが、やはりWSJはダウジョーンズのグループ会社ということもあり、記事の切り口が独自なので、ときどき参考にしています。

といっても、WSJの記事は英語であり、かつ、有料契約をしていないと全文を読むことはできないため、私たち日本人がなかなか気軽に読めるメディアではありません。いちおう、WSJには日本語版のサイトもあるのですが、やはり英語版を読まなければ面白い記事にはたどり着けません。

なお、記事のタイトルにある「エマージング・マーケッツ」は、日本語では「新興国」と訳されることが多いのですが、正しく翻訳すれば「新興市場諸国」であり、英語では「EM」と略すことが一般的です。本稿では、一般に「新興国」と呼ぶものを、英字メディアに倣って「EM諸国」と称したいと思います。

WSJ主張の要点

ここでは、WSJ記事の要点をまとめてみましょう。

  • パキスタンの財務省によると、アサド・ウマル財相は今週、バリ島で開かれるIMFの会合で、国際的な支援に向けた交渉を開始する予定だ
  • パキスタンがIMFに支援要請を行うことを決定したことをうけ、EM諸国の通貨が下落するとともに、米国の金利が上昇している
  • 貿易赤字の増大や過大なインフラ投資といったパキスタン特有の事情もあるが、やはり米国の金利上昇がEM諸国の株安と資金流出をもたらしているという側面もある
  • 今年5月にはアルゼンチンがIMF支援要請を検討したと報じられてペソが急落し、8月初旬にはトルコ・リラも急落した
  • 幸いながら今のところ、米FRBは利上げを急激にではなく段階的に行うというスタンスを見せていることに加え、IMFも力強く支援する意向を示していることから、EM全体にパニックは波及していない
  • しかし、米国の金利上昇に伴い、メキシコ、インドネシア、インド、フィリピンなどのEM諸国もつられて金利が上昇しているが、パキスタンのIMF支援要請はEM危機が去っていないことを示した格好だ

WSJはほかにも、MSCIエマージングなどの指数が急落しているといったデータを示しているのですが、要するに、EM諸国から資金が出て行っている、というのが実情なのでしょう。

国際的な資金フロー

カネ余りの国、カネ不足の国

ただし、先ほど引用したWSJの記事には、少し議論が甘い部分があります。

それは、「米国で利上げが行われれば、自動的にEM諸国からおカネが出ていく」、という単純なものではない、という点です。これについて確認する前に、そもそもの国際的な資金フローの考え方を確認しておきましょう。

まず、世界には「おカネが足りない国」と、「おカネが余っている国」があります。

このうち、「おカネが足りない国」は、経済発展をするために積極的なインフラ投資を行っていたり、外国からたくさんのモノを買っていたりする国であり、前者の代表例はWSJの記事でも触れられているEM諸国、後者の代表例はギリシャやイタリアなどの南欧諸国です。

一方で、「おカネが余っている国」は、国内でおカネを使う場所がない国や、莫大な貿易黒字を計上している国であり、前者の代表格は日本とスイス、後者の代表例は産油国など、資源があり余っている国をイメージして頂ければ分かりやすいでしょう。

そして、おカネは少しでも安全で少しでも利回りの高い所を目指して出て行きます。以前、『日本は財政危機ではない!数字で議論する日本経済と資金循環』でも議論しましたが、日本の場合は国内でおカネを使う場所がなく、金利も低いので、やむを得ず、国内の資金が外国に向かっています。

日本は財政危機ではない!数字で議論する日本経済と資金循環

日本が外国に「貸し越し」となっている金額は、純額で300兆円を超えていますが、言い換えれば、日本国内で少なくとも300兆円分の有効需要を作ってあげなければ、日本に資金は戻ってこないのです(※日本全体のバランスシートを知りたい方は、次のリンクをクリックしてダウンロードしてください)。

日本全体のバランスシート(PDFファイル形式)

日本全体のバランスシート(メディアファイル形式)※容量が大きいので注意!

これに対し、EM諸国の多くは、経済発展をするために、外国からおカネを借りています。この具体例として、当ウェブサイトではつい先日も、『次の「通貨危機予備軍」・インドネシア経済をレビューする』でインドネシアについてじっくりと眺めたばかりです。

次の「通貨危機予備軍」・インドネシア経済をレビューする

つまり、地球規模でも「誰かの金融資産は誰かの金融負債」であり、資本は自由に国境を越えてあちらこちらに出掛けて行くのだ、ということを抑えておきましょう。

先進国同士の為替相場は複雑!

そのうえで、重要な考え方が、「為替相場と金利差の議論」です。

分かりやすい説明としては、「余剰資金を運用している投資家がいて、米国の金利が上がれば、米ドルで運用しようとするニーズが高まるので、米ドルの価値が日本円に対して上昇する」、といったメカニズムが用いられますが、これは先進国通貨同士の場合に限定して言えば、まったく正しくありません。

これについては、「為替ヘッジ」の議論を理解する必要があります。

当たり前ですが、日本では日本円(JPY)、米国では米ドル(USD)、ユーロ圏ではユーロ(EUR)が用いられています。米国や欧州に出掛けて行っても日本円は使えませんし、米国人が日本や欧州に出掛けて行っても米ドルは使えません。

そこで、日本人が米国の資産を買う時には、為替市場で日本円を売り、米ドルを入手することが必要です。そして、現代の為替市場は「変動相場制」を採用しており、ドル・円などの為替相場は需給で決定されることが一般的です。

たとえば、「日本円が欲しい」と思う人と「米ドルが欲しい」と思う人の割合が同じくらいだったとしたら、ドル・円相場が大きく変動することはありません。しかし、「日本円が欲しい」と思う人と、「米ドルが欲しい」と思う人の割合が変われば、為替相場は変動してしまいます。

しかし、先進国通貨同士の場合だと、一般には為替市場には「直物外国為替市場」(スポット市場)と「先物外国為替市場」(フォワード市場)があります。

たとえば、現時点で1ドル=100円という直物為替相場(スポット相場)が成立していたとしましょう。そして、ドルの金利は年間10%、円の金利は年間1%だったとします。このとき、現時点の1ドルは1年後には1.1ドル、現時点の100円は1年後には101円になっているはずです。

  • スポット:1ドル=100円…①
  • 1年先:1.1ドル=101円…②
  • フォワード:1ドル≒91.82円…③=101円÷1.1ドル

そこで、同じ瞬間、受渡期間が1年後の先物為替相場(フォワード相場)は、1ドル≒91.82円(=101円÷1.1ドル)に決定されるのです。その意味で、外国為替市場においては、スポットとフォワードが両国の金利差でつながっているのです。

今の議論は「為替スワップ」の基礎的な論点ともつながって来るのですが(詳しくは『総論:通貨スワップと為替スワップとは?』参照)、もう少し厳密に申し上げれば、米国で金利が上昇すればドルが円に対して上昇する、という単純なものではありません。

金利には大きく分けて「短期金利」、「中期金利」、「長期金利」がありますが(※本当はもっとたくさんありますが)、たとえば米国で長期金利が上昇したとしても、日本の投資家の多くは為替ヘッジを付けて米国債や米ドル建てTLAC債に投資をするため、スワップ市場のベーシスが拡大したり、短期金利が拡大したりすれば、ヘッジコストも上昇します。

このため、「日本が低金利のままで米国が利上げをした」からといって、すぐに「円安・ドル高になる」、というものではないのです。実際、米国が今年に入り、何度か利上げを行っているにもかかわらず、ドル円相場は年初来105円と115円のレンジを行ったり来たりしていることからも、このことは明らかでしょう。

EM諸国の場合は「どの通貨か」によって異なる

一方で、EM諸国の場合はまた違った理由で、金利と為替の関係を見る必要があります。

日本の場合は、国内にたくさんのおカネが余っていますから、外国からおカネを貸してもらう必要がありませんし、そもそも日本円という通貨自体が国際的に通用する「ハード・カレンシー」ですから、外貨でおカネを借りる必要がほとんどありません。

しかし、EM諸国の場合は、そもそも自国通貨に信頼がないため、外国からモノを買ってくるためには外貨が必要であり、だからこそ、外貨建てで債券を発行しています。そして、たとえば米国債の市場利回りが上がれば、ドル建てのEM債の市場利回りもそれにスライドして上昇する、という関係にあります。

ただし、一般にEM諸国に投資する人は、ドル建てEM債だけでなく、たとえばEM諸国の株式などにも投資しています。米国で金利が上昇すれば、調達金利(ファンディング)が上昇するため、期待リターン(必要な収益率)が上昇してしまいます。

このため、主要ファンディング通貨(米ドル、日本円、スイス・フランなど)で利上げが行われれば、リスクに見合ったリターンが得られない国の株式を「損切りする」という決定が下されやすくなります。従って、EM諸国の場合はその国の金利と為替に加え、株式市場の動向もとても重要です。

これに加えて、アルゼンチンのように過去に米ドル債などをデフォルトさせている国は、そもそも外国人投資家からの信用がなく、外貨でおカネを借りることができません。そうなると、外国人投資家から自国通貨建ての債券を買ってもらったり、自国通貨建ての預金を設定してもらったりする必要があります。

だからこそ、トルコやアルゼンチン、インドネシアのように、外国からおカネを借りるにも難儀している国は、自国通貨の金利を金利を数十パーセントというべらぼうな水準に設定しなければならないのです。

これに対して、たとえば韓国の場合は、隣にある日本という国の信用力の高い銀行が保証してくれているため、外貨での借入ができる状態にあります。このため、韓国の場合は政策金利を米国よりも低い水準に留めておくことができるのです。

しかし、韓国も外貨への依存度が高い経済でもあるため、何らかのショックでいったん外貨での再調達ができなくなれば、再び通貨危機に見舞われる可能性も十分にあるのです。

また、当ウェブサイトでも以前から何度も指摘しているとおり、韓国は外需依存度が極めて高く、しかも外国から外貨建てでかなりの借金をしているようです(外貨準備統計の正確性については『外貨準備統計巡る韓国のウソと通貨スワップ、そして通貨制裁』でも取り上げていますので、ご参照ください)。

外貨準備統計巡る韓国のウソと通貨スワップ、そして通貨制裁

つまり、韓国は今すぐ再び通貨不安に直面してもおかしくない状況が続いているのであり、経済運営は綱渡り状態でもあります。当然、いざという時に備えるのであれば、外貨準備高の不足を補う措置が必要なのでしょう。

(※といっても、日本は日韓通貨スワップの再開に応じる必要は全くないと思います。)

(広告・スポンサーリンク)



次は中国リスクが顕在化?

こうしたなか、昨日のWSJには、もう1つ、こんな記事も出ていました。

Yuan Lending Rate Surges as China Struggles to Stem Currency’s Slide(米国夏時間2018/10/09(火) 04:22付=日本時間2018/10/09(火) 17:22付 WSJより)

これは、中国の通貨・人民元が急落する中で、中国が通貨防衛のために金利を引き上げざるを得ない状況に追い込まれているとする記事です。

もちろん、中国は外資の撤退が容易ではないため、危機がすぐに顕在化することはありません。また、中国政府は外国から外貨建てでカネをほとんど借りていないため、アルゼンチンのような形で経済が行き詰るということは考えられません。

実は、中国は外貨で債券を発行するよりも、外国資本に直接、自国に投資してもらうという形式(つまり対外直接投資という形式)で、資金を調達して来ました。とくに、金融危機の直後には「熱銭」と呼ばれるホットマネーの流入とインフレに悩まされていたことも事実です。

しかし、米中貿易戦争の煽りを受けて、現在、こうした「対外直接投資」形式での外資導入が仇になっているかっこうです。なぜなら、米国が中国の輸出品に対して高額の関税を掛けることを宣言しているため、世界の大企業の間では中国をサプライチェーンから外す動きが徐々に出ているからです。

そうなってくると、今後はまず中国への直接投資に急ブレーキがかかることが想定されますし、外国資本の流入が止まれば、投資に依存して経済成長をしてきたことのツケが一気に表面化するかもしれません。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

今月以降、日中両国は3兆円規模の日中通貨スワップ協定を締結するのではないかとの観測もあるようですが、もし中国を通貨危機が襲えば、3兆円くらいだと何の役にも立ちません。このあたり、韓国が日韓通貨スワップ協定を必要としているのと比べ、事情はまったく異なります。

ただし、この論点を理解するためには、少し専門的な知識も必要となってくるため、近日中に機会があれば、稿を改めて説明したいと思います。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/11/22 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で見る、「日本人はどこの国に居住しているのか」 (3コメント)
  • 2019/11/21 17:40 【時事|韓国崩壊
    GSOMIA終了前提?聯合ニュース、続々記事配信中 (26コメント)
  • 2019/11/21 12:00 【時事|韓国崩壊|金融
    「GSOMIA後」、大量格下げと金融不安も焦点に (37コメント)
  • 2019/11/21 10:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「安倍総理が徴用工財団案評価」、本当? (27コメント)
  • 2019/11/21 06:00 【経済全般
    訪日旅客減少はむしろ観光客の中韓依存を是正する好機 (20コメント)
  • 2019/11/21 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で見る、「中韓は日本経済にとって不可欠」の真相 (8コメント)
  • 2019/11/20 12:22 【時事|国内政治
    「裏取りを軽視」?ここまで来ると怪文書の類いでは? (28コメント)
  • 2019/11/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/20(水) (79コメント)
  • 2019/11/20 10:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅氏「GSOMIA巡り最後の瞬間まで努力する」 (48コメント)
  • 2019/11/20 06:00 【韓国崩壊
    土曜日以降の焦点はGSOMIA破棄より米韓同盟消滅 (41コメント)
  • 2019/11/20 05:00 【数字で読む日本経済
    外貨準備と通貨スワップ 通貨危機を防ぐための仕組み (13コメント)
  • 2019/11/19 18:30 【時事|外交
    安倍総理を「度量が狭い」と決めつける人物が知日派? (42コメント)
  • 2019/11/19 14:00 【時事|国内政治
    史上最長の安倍政権、次なる焦点は「来年8月24日」 (22コメント)
  • 2019/11/19 11:45 【時事|韓国崩壊
    韓国「韓日が水面下で協議」、「米国が対日圧力」 (28コメント)
  • 2019/11/19 05:00 【韓国崩壊
    米韓同盟消滅、「大きく変わるときはあっけないもの」 (50コメント)
  • 2019/11/19 05:00 【数字で読む日本経済
    「国際収支のトリレンマ」に逆らった国・スイスの末路 (13コメント)
  • 2019/11/18 15:30 【マスメディア論|時事
    NHKの肥大化を巡る東洋経済の特集記事に対する雑感 (25コメント)
  • 2019/11/18 12:00 【時事|韓国崩壊
    GSOMIA終了まであと4日半:ご都合主義的な主張 (41コメント)
  • 2019/11/18 06:00 【韓国崩壊
    GSOMIA消滅目前で韓国メディアから悲鳴が上がる (52コメント)
  • 2019/11/18 05:00 【数字で読む日本経済
    欠陥通貨・ユーロとギリシャ問題を日本に当てはめるな (14コメント)
  • 2019/11/17 13:45 【時事|国内政治
    「アベの陰謀、許すまじ!」 著名人逮捕もアベのせい (46コメント)
  • 2019/11/17 06:00 【韓国崩壊|国内政治
    GSOMIA問題は「省益の抑え込み」に成功した好例 (46コメント)
  • 2019/11/17 05:00 【数字で読む日本経済
    通貨の機能と外貨準備統計から見た日本円の実力とは? (4コメント)
  • 2019/11/16 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/16(土) (135コメント)
  • 2019/11/16 06:00 【時事|韓国崩壊
    そもそもなぜ、米国は「韓国にだけ」圧力を掛けたのか (99コメント)
  • 2019/11/16 05:00 【数字で読む日本経済
    日本は世界最大の債権国だが、手放しに喜べない理由も (13コメント)
  • 2019/11/15 17:15 【時事|外交
    マイケル・グリーン氏、「日本が譲歩すべき」の無責任 (38コメント)
  • 2019/11/15 14:15 【時事|国内政治
    五千円で国会を潰す野党とオールドメディアは国民の敵 (66コメント)
  • 2019/11/15 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国紙「自称元徴用工側が2+2基金を初提案へ」 (22コメント)
  • 2019/11/15 06:00 【韓国崩壊
    読売「日韓亀裂リスク顕在」、むしろ焦点は日中関係だ (33コメント)
  • 2019/11/15 05:00 【数字で読む日本経済
    金融機関を苦しめているのはマイナス金利政策なのか? (10コメント)
  • 2019/11/14 17:00 【時事|韓国崩壊
    果たして日本にとって韓国は「信頼できる友邦」なのか (42コメント)
  • 2019/11/14 15:00 【時事|国内政治
    森裕子氏の個人情報漏洩事件と国会議員の「見える化」 (14コメント)
  • 2019/11/14 10:15 【時事|韓国崩壊
    中央日報、「韓国は永遠の歴史的債権者で優位に立て」 (43コメント)
  • 2019/11/14 06:00 【韓国崩壊
    米韓同盟消滅が実現した場合に懸念される日本への実害 (45コメント)
  • 2019/11/14 05:00 【数字で読む日本経済
    金融機関が「リスクマネー」の供給主体になり辛い理由 (16コメント)
  • 2019/11/13 14:45 【時事|韓国崩壊
    朝鮮半島の核武装は全力で阻止しなければならない (35コメント)
  • 2019/11/13 13:15 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「米国民は在韓米軍の必要性に疑問」 (30コメント)
  • 2019/11/13 12:00 【時事|国内政治
    カツカレー、パンケーキと来て、今度は桜で政権追及! (39コメント)
  • 2019/11/13 06:00 【韓国崩壊
    GSOMIA破棄、いよいよ米韓同盟が崩壊の瀬戸際に (42コメント)
  • 2019/11/13 05:00 【数字で読む日本経済
    日本の家計はおカネ持ち 金融資産だけで1860兆円 (25コメント)
  • 2019/11/12 15:10 【時事|国内政治
    文藝春秋「失敗が安倍晋三を育てた」に見るリーダー論 (24コメント)
  • 2019/11/12 11:00 【時事|韓国崩壊
    セルフ経済制裁?「韓国航空業界が輸出規制で危機に」 (28コメント)
  • 2019/11/12 06:00 【時事|韓国崩壊
    「民族の核」に関する鈴置論考と「米韓同盟消滅」 (55コメント)
  • 2019/11/12 05:00 【数字で読む日本経済
    通貨と国債 「国の信用」という意味で究極的に同一物 (24コメント)
  • 2019/11/11 14:30 【時事|韓国崩壊
    売却するなよ、売却するなよ、絶対に売却するなよ~! (40コメント)
  • 2019/11/11 11:11 【時事|金融
    【速報】「いらすとや」から見えるカップヌードル問題 (19コメント)
  • 2019/11/11 10:00 【時事|韓国崩壊
    茂木敏充外相が「日韓交渉に含み」?断じてありません (16コメント)
  • 2019/11/11 06:00 【韓国崩壊
    GSOMIA破棄 韓国は本当に「苦悩」しているのか (32コメント)
  • 2019/11/11 05:00 【数字で読む日本経済
    国債を圧縮する王道とは、インフレと経済成長の達成だ (20コメント)
  • 2019/11/10 12:00 【金融
    米著名投資家「日本人は自動小銃で武装せよ」 (36コメント)
  • 2019/11/10 07:00 【時事|韓国崩壊
    もしも日本で鳩山政権が5年続いていたら…? (89コメント)
  • 2019/11/10 05:00 【数字で読む日本経済
    国の借金を問題視するわりに、なぜ資産を無視するのか (17コメント)
  • 2019/11/09 14:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見る「韓国人の日本観」 (29コメント)
  • 2019/11/09 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年11月9日版) (226コメント)
  • 2019/11/09 07:30 【時事|外交
    韓国メディア報道から見える「これからの日本の役割」 (25コメント)
  • 2019/11/09 05:00 【数字で読む日本経済
    新シリーズ「数字で読む日本経済」と「国の借金」理論 (27コメント)
  • 2019/11/08 17:30 【時事|韓国崩壊
    アメリカファーストと米韓同盟から見るGSOMIA (35コメント)
  • 2019/11/08 12:25 【マスメディア論|時事
    ネットがあっても新聞が必要と思う人に欠けている視点 (77コメント)
  • 2019/11/08 10:30 【時事|韓国崩壊
    突如浮上の「GSOMIA延長」は米国にとっても悪手 (52コメント)
  • 2019/11/08 07:00 【韓国崩壊
    韓国保守系メディアの危機感と「GSOMIA延長論」 (33コメント)
  • 2019/11/08 05:00 【数字で読む日本経済
    増税から1ヵ月 数字で読む「財政再建論の大間違い」 (15コメント)
  • 2019/11/07 17:00 【時事|外交
    韓国首相、日韓首脳「歓談」を無視する日本に不快感? (40コメント)
  • 2019/11/07 16:30 【時事|韓国崩壊
    やっぱりウソだった?文喜相国会議長「お詫びの手紙」 (35コメント)
  • 2019/11/07 12:30 【マスメディア論|時事
    相変わらず恣意的な流行語大賞の正しい楽しみ方とは? (44コメント)
  • 2019/11/07 11:15 【時事|韓国崩壊
    「安倍・文ソファ歓談写真」は「ウソツキ外交」の象徴 (16コメント)
  • 2019/11/07 07:00 【時事|韓国崩壊
    GSOMIAからTHAADへ?米韓「ドミノ倒し」論 (54コメント)
  • 2019/11/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    まるで幼児のような国 どう付き合っていくのが正解? (35コメント)
  • 2019/11/06 16:15 【時事|金融
    正社員不足は経営者の自業自得 デフレの原因は財務省 (39コメント)
  • 2019/11/06 11:00 【時事
    GSOMIA巡る米韓の激しい葛藤から距離を置く日本 (45コメント)
  • 2019/11/06 07:00 【マスメディア論
    19歳の読者の方からいただいた「見識あるコメント」 (32コメント)
  • 2019/11/06 05:00 【時事|韓国崩壊
    日韓議連会長さん、今すぐ韓国に抗議しないのですか? (33コメント)
  • 2019/11/05 17:00 【マスメディア論|時事
    「27時間テレビ」から漂う、テレビ業界自体の問題点 (25コメント)
  • 2019/11/05 12:00 【時事|韓国崩壊
    菅官房長官、食い違い理由は「韓国側に聞いてほしい」 (50コメント)
  • 2019/11/05 06:00 【時事|韓国崩壊
    今のところ「なかったこと」にされる日韓首脳「歓談」 (29コメント)
  • 2019/11/05 05:00 【韓国崩壊
    牧野氏の論考に見る、「韓国に譲歩しようとする勢力」 (25コメント)
  • 2019/11/04 15:30 【時事|外交
    【速報】日韓首脳が「歓談」 (31コメント)
  • 2019/11/04 13:45 【時事|韓国崩壊
    上皇陛下侮辱のあの韓国国会議長が「基金案」を提唱? (58コメント)
  • 2019/11/04 11:40 【時事|外交
    【速報】ASEAN+3と無関係に、本当に困ったゾウ (18コメント)
  • 2019/11/04 05:00 【韓国崩壊
    「不信の連鎖を断ち切れ」、突き詰めたら「日韓断交」 (52コメント)
  • 2019/11/03 08:00 【韓国崩壊
    「日本よ、無視するな!」 韓国保守系メディアが悲鳴 (60コメント)
  • 2019/11/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    やっぱり逃げた?「韓国国会議長が会議をドタキャン」 (42コメント)
  • 2019/11/02 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年11月2日版) (174コメント)
  • 2019/11/02 05:00 【韓国崩壊
    GSOMIA破棄で「反米」の正体を現した文在寅政権 (51コメント)
  • 2019/11/01 22:22 【時事|韓国崩壊
    安倍総理、韓日議連の表敬受けず (51コメント)
  • 2019/11/01 15:30 【時事|韓国崩壊|経済全般
    韓国の輸出不振は対中依存度を強めた結果の自業自得だ (17コメント)
  • 2019/11/01 12:00 【時事|韓国崩壊
    米戦略家が韓国に「日韓同盟」を提唱 なんと迷惑な… (45コメント)
  • 2019/11/01 07:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    ついに「あの韓国企業」が通貨危機への警戒を始めた? (31コメント)
  • 2019/11/01 05:00 【経済全般
    寝屋川の中学給食問題に見る「科学的な議論」の大切さ (56コメント)
  • 2019/10/31 17:30 【時事|韓国崩壊|短評
    雑感「加害者は被害者が納得するまで謝罪すべき」 (55コメント)
  • 2019/10/31 14:45 【時事|韓国崩壊
    韓国国会議長に容赦ない選択を突き付ける山東参院議長 (37コメント)
  • 2019/10/31 12:00 【時事|韓国崩壊
    反日により感覚がマヒ?今度は釜山に「抗日通り」出現 (18コメント)
  • 2019/10/31 10:00 【時事|国内政治
    閣僚辞任でも安倍政権の支持率が落ちない理由とは? (25コメント)
  • 2019/10/31 05:00 【韓国崩壊
    またしても「輸出規制は韓国に影響なく日本に打撃」論 (35コメント)
  • 2019/10/31 05:00 【経済全般
    未来なき新聞と経営者が語る「ウェブ広告の威力」 (23コメント)
  • 2019/10/30 17:25 【時事|韓国崩壊
    自称元徴用工:朝日が報じた「同額報復」構想の現実性 (28コメント)
  • 2019/10/30 15:45 【時事|国内政治
    毎日新聞「野党に活気、安倍政権終わりつつある」 (41コメント)
  • 2019/10/30 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「韓国人観光客減で日本観光地がため息」 (42コメント)
  • 2019/10/30 05:00 【韓国崩壊
    自称元徴用工判決から1年 破綻に向かう日韓関係 (33コメント)
  • 2019/10/29 12:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「もうすぐ判決から1年 日本が譲歩せよ」 (33コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。