<用語集>外貨準備と通貨スワップの関係

外貨準備とは?

定義

外貨準備とは、中央政府や中央銀行が保有する、流動性(換金性)の高い外貨建資産のこと。

外貨準備の構成通貨

外貨準備の状況については、各国が国際通貨基金(IMF)に対して提出しているデータをもとに、IMFが「公式外貨準備統計(COFER)」の中で通貨別内訳を開示している(図表)。

図表 IMFのCOFER
通貨/区分金額Aに対する比率
米ドル4兆7598億ドル63.39%
ユーロ1兆5150億ドル20.18%
英ポンド3521億ドル4.69%
日本円3406億ドル4.54%
加ドル1490億ドル1.98%
豪ドル1430億ドル1.90%
スイス・フラン215億ドル0.29%
その他の通貨2281億ドル3.04%
小計(A)7兆5091億ドル100.00%
内訳不明分3兆4841億ドル
合計10兆9931億ドル

【出所】「世界公式外貨準備構成」(World Currency Compositions of Official Foreign Exchange Reserves, COFER)の2016年第Ⅱ四半期末の数値

このうち米ドルが占める比率が60%を超えており、この事実をもって「米ドルは世界の基軸通貨だ」と呼ばれることもあるが、他にもユーロ、英ポンド、日本円などが準備通貨として好まれている。また、政情が安定していることで知られるスイスの通貨「スイス・フラン」については、スイス自体のGDPの小ささなどもあり、わずか0.29%に留まる一方、加ドルや「資源国通貨」としても知られる豪ドルがそれぞれ2%近くに達している。なお、「その他の通貨」の内訳は不明。

外貨準備の要件

IMFが公表する「国際的準備金・外貨流動性データテンプレート・ガイドライン(INTERNATIONAL RESERVES AND FOREIGN CURRENCY LIQUIDITY GUIDELINES FOR A DATA TEMPLATE」P14には、各国がIMFに報告すべき資産の内訳が示されているが、「外貨準備」はこのI.A.部分に含まれる。

項目原文仮訳
I.A.official reserve assets公式準備資産
(1) Foreign currency reserves
(a) Securities
(b) Total currency and deposits
(1)外貨準備
(a) 有価証券
(b) 現金・預金合計
(2) IMF reserve positions(2)IMF準備資産
(3) SDRs(3)特別引出権
(4) Gold(4)金
(5) Other reserve assets(5)その他の準備資産
I.B.Other foreign currency assetsその他の外貨資産
II.~IV.(略)

このうち(1)(a)「有価証券」に含まれるものとしては、「上場株式・上場債券」などのうち、「高い流動性を持つもの」であって、「外国の主体が発行した外貨建ての証券」とされている。

79. Securities should include highly liquid, marketable equity and debt securities; liquid, marketable, long-term securities (such as 30-year U.S. Treasury bonds) are included. Securities not listed for public trading are, in principle, excluded unless such securities are deemed liquid enough to qualify as reserve assets.

第79項 証券には高い流動性と換金可能性がある株式や債務証券が含まれなければならない;流動性があり、換金可能な長期債(例えば米国30年債)はこれに含まれる。上場されていない証券は原則としてここから除かれるが、準備資産として適格であるとみなされるほど流動性がある場合にはこの限りではない。

80. Only foreign currency securities issued by nonresident entities should be included in this item of the Reserves Data Template. (…以下略)
第80項 非居住者である主体が発行した外貨建証券のみがこの「準備資産データテンプレート」に含まれる。(…以下略)

「非上場」であっても「高い流動性がある」とみなされる例としては、日本国債(JGB)がその典型例であろう(著者私見)。また、「レポ」により調達した債券も、外貨準備に含まれる。さらに、IMFリザーブ・ポジションやSDRなども外貨準備に含まれる。

SDRについて

特別引出権(Special Drawing Right, SDR)とは、IMFが1969年に創設した準備通貨の仕組みの一つ。詳しくは当ウェブサイトの過去記事「SDRとは?」を参照されたい。

通貨スワップ協定とは?

国家間の通貨スワップ協定とは、国際協定の一種であり、主に通貨危機などが発生した際に、自国通貨を差し出すことで、外貨の融通を受けるもの。スワップ協定には「二国間スワップ協定」と「多国間スワップ協定」がある。

二国間スワップ協定(BSA)

二国間スワップ協定(BSA)とは、当事国同士で完結するスワップ協定をいう。BSAの種類としては、次の2つがある。

  • 自国通貨同士の交換
  • 自国通貨と国際的に通用する通貨(例えば米ドル)との交換

先進国同士のBSA

代表的なものとしては、米欧日英加にスイスを加えた6つの中央銀行が締結しているものがある。

  • 米連邦準備制度(Federal Reserve, Fed)
  • カナダ銀行(Bank of Canada, BOC)
  • イングランド銀行(Bank of England, BOE)
  • 日本銀行(Bank of Japan, BOJ)
  • 欧州中央銀行(European Central Bank, ECB)
  • スイス国立銀行(Swiss National Bank, SNB)

これら6つの中央銀行は、自国通貨を担保に相手国通貨を借り入れることができる。つまり、自国通貨を「刷る」ことで、事実上、必要とする通貨を入手することが可能である。

現在、先進国同士のスワップ協定は「常設」とされており、これらの中央銀行が自らの判断でいずれの通貨によっても流動性を供給することを可能にするものである。ちなみにこの6つのうち、4つはIMFのSDRを構成する「自由利用可能通貨」である。

なお、実際の「ドルとのスワップ」の残高はニューヨーク連銀(NY Fed)のウェブサイト “Federal Reserve Foreign Exchange Swap Agreements” などで確認できるが、当記事執筆時点において最も多額のドルを借りている銀行は欧州中央銀行(ECB)である。

先進国と発展途上国のBSA

一方、先進国が発展途上国と締結するBSAは、一方的に発展途上国を「支援する」という側面が強い。

当記事執筆時点において、日本はインド、インドネシア、フィリピン、シンガポールの四カ国とスワップを締結しているが、このうちインドネシアについては「日本からの一方的支援」である。

相手国金額備考
日本⇔インド500億ドル自国通貨と米ドルの交換
インド⇒日本
日本⇒インドネシア227.6億ドル自国通貨と米ドルの交換
日本⇒フィリピン120億ドル自国通貨と米ドルの交換
フィリピン⇒日本5億ドル
日本⇒シンガポール30億ドル自国通貨と米ドルの交換
シンガポール⇒日本10億ドル

(【出所】財務省ウェブサイト「アジア諸国との二国間通貨スワップ取極」及び「日印スワップ」)

発展途上国同士のBSA

発展途上国同士、あるいは「ソフト・カレンシー国」同士がBSAを締結することもあるが、たとえば韓国の場合、次の5カ国とスワップを契約している。

当事国金額備考
中国⇔韓国3600億元/64兆ウォン自国通貨同士の交換
インドネシア⇔韓国115兆インドネシアルピア/10兆7000億ウォン自国通貨同士の交換
豪州⇔韓国50億豪ドル/5兆ウォン自国通貨同士の交換
UAE⇔韓国200億ディルハム/5兆8000億ウォン自国通貨同士の交換
マレーシア⇔韓国150億リンギット/5兆ウォン自国通貨同士の交換

しかし、韓国がスワップ契約を締結している相手は、豪州を除けばいずれも「ソフト・カレンシー国」ばかりであり、通貨危機時の通貨防衛に使える実効性のあるスワップではない。

多国間スワップ協定(MSA)

多国間スワップ協定(MSA)とは、多国間のスワップ協定であり、その代表的なものは「チェンマイ・イニシアティブのマルチ化協定」(CMIM)がある。

参加国拠出額引出可能額
日本768億ドル384億ドル
中国(※香港含む)768億ドル405億ドル
韓国384億ドル384億ドル
インドネシア、タイ、マレーシア、シンガポール、フィリピン各91.04億ドル各227.6億ドル
ベトナム20億ドル100億ドル
カンボジア2.4億ドル12億ドル
ミャンマー1.2億ドル6億ドル
ブルネイ、ラオス各0.6億ドル各3億ドル

(【出所】財務省・2014年7月17日付「別添2」)

これは、各国が応分の金額を拠出する代わりに、危機時にCMIM参加国から米ドルを引き出す権利を得る、という仕組みである。ただし、原則として、引出可能額の30%を超えて資金を引き出すと、IMFが介入してくる(いわゆるIMFデリンク・ルール)。

外貨準備と通貨スワップの関係

外貨準備とは、ダイレクトにその国が利用可能な外貨であり、たとえば自国通貨が売り浴びせられた時に、「通貨防衛」として市場から自国通貨を買い入れる際に外貨売り介入を行う原資となる。また、通貨スワップとは、通貨危機が発生し、外貨準備が足りなくなった場合などに備えて、自国通貨を担保に外貨を借り入れる契約である。その意味で、外貨準備も通貨スワップも、「通貨危機に備えて準備するもの」という性質があるという共通点がある。

ただし、通貨スワップについては、米国や日本、英国などのようなハード・カレンシー国(かつ双方向での通貨スワップ契約を締結している国)にとっては協調的な市場調節機能として使われるが、発展途上国・新興市場諸国のように外貨ポジションが脆弱な国の場合、一方的な金融支援としての側面が強くなる点には注意が必要であろう。

関連記事

人民元、日韓スワップ等に関する関連記事

  • 2020/12/18 11:11: もしも中国がドル決済圏から除外されたら…?
  • 2020/12/17 11:00: 韓国メディア「韓日通貨スワップは再開もできず」
  • 2020/12/10 07:00: 数字で読む「人民元の国際化は2015年で止まった」
  • 2020/12/09 07:00: 中国当局には人民元の国際化を容認する覚悟はあるのか
  • 2020/12/05 13:00: 人民元決済の現状:人民元国際化は幻想か、それとも?
  • 2020/11/18 07:00: データで読む、「人民元の日本への挑戦」のお寒い現状
  • 2020/11/17 05:00: あらためて読み返す、「中国との通貨統合」の非現実性
  • 2020/10/24 05:00: 中韓通貨スワップ、金額では日中為替スワップの2倍に
  • 2020/10/22 16:10: 中韓通貨スワップを5年・4000億元に拡大=韓銀
  • 2020/10/13 05:00: 国際的な債券市場と人民元:2015年を境に成長停止
  • 2020/10/05 12:00: 中国の通貨外交:「人民元建通貨スワップ」の現状整理
  • 2020/09/23 05:00: 債券市場からみた、「人民元が米ドルに勝てない理由」
  • 2020/09/08 05:00: 中国は人民元スワップで韓国を支配しようとするのか?
  • 2020/08/05 05:00: 「時流を読み誤りAIIBに乗り遅れた日本」の末路
  • 2020/07/18 05:00: 「発売記念」あらためてスワップについてまとめてみる
  • 2020/07/15 11:11: 香港ドルペッグ問題と「人民元の国際化」という空論
  • 2020/07/06 08:00: 中国は香港「金融セルフ経済制裁」で自滅に向かうのか
  • 2020/06/30 05:00: 「減税」が結果として中国に対する経済制裁となる理由
  • 2020/05/28 09:30: 【速報】米「香港は中国からの高度な自治を喪失」認定
  • 2020/05/26 05:00: 米国が「香港は金融センターの地位失う可能性」と警告
  • 2020/05/15 05:00: 中国は「使えない中韓通貨スワップ」で韓国を支配へ?
  • 2020/04/20 17:00: 金融大国でもない韓国が多額のスワップ借入を実行する
  • 2020/04/19 12:00: 日中は通貨スワップを通じて今後、陣地争いをするのか
  • 2020/04/17 05:00: IMFから垣間見る、ポストコロナ時代の米中通貨戦争
  • 2020/04/14 06:00: 日本にできることは、「友好国とのスワップ網の拡充」
  • 2020/04/05 05:00: 「為替スワップ」対「医療支援」:米中覇権争いと日本
  • 2020/03/31 05:00: 【資料】リーマンショック時に実行された為替スワップ
  • 2020/03/23 05:00: 【総論】4種類のスワップと為替スワップの威力・限界
  • 2020/03/22 05:00: 米FRB為替スワップの解説と「中国へのメッセージ」
  • 2020/03/12 11:00: WSJ「FRBは外国中央銀行と為替スワップ拡張を」
  • 2020/02/20 17:00: 中国向けに調査するなら与信より「パンダ債」では?
  • 2020/02/09 10:00: 弱小通貨同士の通貨スワップの「融通手形」説
  • 2020/01/25 10:00: 国際通貨の円、ローカル通貨の人民元と韓国ウォン
  • 2020/01/24 10:30: 日本がAIIBに参加する「機は熟した」、本当?
  • 2020/01/24 08:00: いったいなぜ、IMFは人民元をSDRに加えたのか
  • 2020/01/22 06:00: 通貨スワップの季節が到来?日本をチラ見する中央日報
  • 2020/01/16 05:00: 人民元の台頭の本当のリスクは米国の金融制裁の無効化
  • 2019/12/18 05:00: 行き詰る人民元国際化 中国の通貨スワップ戦略の限界
  • 2019/12/15 10:00: 怪しい通貨・人民元と「北朝鮮制裁の実効性」の関連性
  • 2019/12/11 06:00: デジタル人民元と犯罪資金、そして最新BIS統計
  • 2019/11/30 08:00: スワップは信頼と友好の証 最も重要な隣国と締結を!
  • 2019/09/27 09:00: 韓国問題は日本問題 まずは経済の復活が大事
  • 2019/09/04 05:00: 米国は中国と韓国を「通貨安」でどう追い込むのか?
  • 2019/08/06 10:00: 米財務省、中国を為替操作国に認定
  • 2019/06/02 05:00: 東アジア共通通貨に対抗し得る円の国際化と通貨スワップ拡大
  • 2019/05/29 10:45: 米国の為替監視レポート詳細 中国とドイツを問題視する米国
  • 2019/05/21 12:00: AIIBの総裁来日と債券発行 いったい何に使うのですか?
  • 2019/05/19 05:00: 中韓通貨は「大台」目指す?「通貨暴落」の意味を考える
  • 2019/05/17 05:00: 朝鮮半島統一費用は1兆ドル?AIIBさん、出番ですよ!
  • 2019/05/09 05:00: AIIBの現状と人民元 日本が「バスに乗らなかった」結果
  • 2019/05/05 12:30: 麻生総理、中国念頭に「借り手卒業」を促す 当然すぎる発言
  • 2019/05/04 05:00: 「CMIMローカル通貨化で人民元が基軸通貨化」報道の怪
  • 2019/04/25 05:00: 中国の国際金融戦略の現状は鳴かず飛ばずだが、警戒は必要だ
  • 2019/04/10 05:00: 日中関係の重要性は意外と低かった!中国の有効な使い方とは?
  • 2019/04/07 07:00: じつは中星為替スワップが失効?事実なら、「大ニュース」だ
  • 2019/04/06 07:00: ASEAN「ローカル通貨」スワップ構想の続報と検討課題
  • 2019/04/05 14:45: 毎日新聞英語版「日中韓とASEANが新たなスワップ検討」
  • 2019/04/04 05:00: 通貨・為替スワップに関する雑学:人民元建てスワップの伸長
  • 2019/03/25 05:00: 通貨スワップのメッセージは「誰と結ばないか」がむしろ重要
  • 2019/03/11 11:11: 語るに落ちる中国人民銀行総裁発言 資本自由化できない中国
  • 2019/03/08 05:00: 「バスに乗り遅れた日本」と鳴かず飛ばずのAIIBの現状
  • 2019/03/01 05:00: 日印通貨スワップ協定成立の意味と予想される某隣国の反応
  • 2019/02/28 21:40: 【速報】インドとの750億ドル規模のスワップを締結
  • 2019/01/28 05:00: 日韓スワップ「持ち上げて、落とす」のも立派な「経済制裁」
  • 2018/11/29 08:00: 河野太郎外相の個人ブログの「為替スワップ」、行間を読む
  • 2018/11/14 08:00: 総論:国債のデフォルトと通貨の関係について考えてみる
  • 2018/11/04 08:00: 通貨スワップと為替スワップを混同した産経記事に反論する
  • 2018/10/31 05:00: 日中スワップと日印スワップ、性質も目的もまったくの別物
  • 2018/10/26 21:30: 【速報】やはり中国とのスワップは「為替スワップ」だった!
  • 2018/10/24 05:00: 通貨スワップと為替スワップについて、改めて確認してみる
  • 2018/10/21 05:00: パンダ債と日中スワップ、そしてとても残念な読者コメント
  • 2018/10/13 05:00: 怪しい通貨・人民元の下落が意味するもの:窮地に陥る中国
  • 2018/10/10 08:00: 米国の利上げと新興国不安 中国と韓国に危機は波及するのか?
  • 2018/08/29 12:15: 日中スワップの「不都合な事実」、要点は「円・元」の交換
  • 2018/08/23 05:00: 日中通貨スワップを必要としているのは、残念ながら日本の側
  • 2018/08/06 14:00: ラオスのダム決壊、遅まきながら事故調査委が立ち上がるか?
  • 2018/07/11 07:00: 【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌
  • 2018/06/28 16:00: 【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか?
  • 2018/06/03 12:00: 【夕刊】アフリカ諸国「人民元が基軸通貨」?どうぞご勝手に。
  • 2018/05/10 09:00: 【昼刊】日中スワップとQFIIと利権の匂い
  • 2018/05/10 00:00: まったく予想通りの日中韓会談と「最善のお付き合い」(追記あり)
  • 2018/05/07 00:00: 危険なパンダ債と「日中為替スワップ構想」
  • 2018/04/18 09:00: 成果に乏しい日中金融対話
  • 2018/04/11 00:00: AIIBの現状整理・2018年4月版
  • 2017/10/12 00:00: 金融庁よ、AIIBにゼロ%リスク・ウェイトを適用するな!
  • 2017/08/06 00:00: 為替介入についての基礎知識
  • 2017/07/01 00:00: AIIB格付問題と銀行規制を考える
  • 2017/06/19 00:00: 華々しいAIIB、実態は「鳴かず飛ばず」
  • 2017/06/04 00:00: 日本は通貨スワップでAIIBに対抗せよ!
  • 2017/05/29 00:00: 【逆説】日本がAIIBに入る「目的」とは?
  • 2017/05/24 00:00: ドイツと中国の意外な類似性
  • 2017/05/20 00:00: 今週の振り返り:朝日捏造、慰安婦、AIIB
  • 2017/05/17 00:00: 成果に乏しい一帯一路フォーラムとメディアの「虚報」
  • 2017/05/16 06:00: AIIB巡る時事通信の「虚報」?
  • 2017/05/14 13:30: AIIB「参加意思表明国」増加の真相
  • 2017/05/13 07:15: 【速報】AIIB加盟論「再浮上」報道を検証する
  • 2017/05/12 00:00: 専門家が見る、中国金融覇権の「無謀」
  • 2017/05/07 00:00: ADBとAIIBの「役割分担」の時代
  • 2017/05/06 17:30: AIIBと通貨スワップ・最新版
  • 2017/05/06 00:00: 人民元のお寒い現状
  • 2017/04/21 00:00: 金融から見た中国の「3つの夢」
  • 2017/03/31 00:00: AIIBとISDAマスター・アグリーメント
  • 2017/03/26 00:00: 「AIIBにカナダが加盟」?だからどうした!(追記あり)
  • 2017/03/04 00:00: AIIBと人民元―失敗しつつある中国の金融戦略
  • 2017/02/10 00:00: 中国の外貨準備統計は信頼に値するか
  • 2017/02/07 00:00: 鳴物入りのAIIB、どうなった?
  • 2017/02/04 17:00: 「人民元、カナダドルに追い抜かれる」産経報道の真相
  • 2017/02/03 17:45: AIIBの参加国は約60か国のままで全く増えていない!
  • 2017/02/03 00:00: 人民元やAIIB巡るダイヤモンド記事への反論
  • 2017/02/01 00:00: オフショア人民元市場でいま何が起きているのか?
  • 2017/01/26 00:00: インドネシア高速鉄道案件とAIIBの現状
  • 2016/12/26 00:00: 中国人民網から見える「ホンネ」
  • 2016/11/25 00:00: 日本はAIIBに参加すべきか?
  • 2016/11/21 00:00: AIIBの現状整理
  • 2016/10/24 00:00: 銀行経理的に見た中国の外貨準備の問題点
  • 2016/10/12 17:00: SDRとは?
  • 2016/10/09 00:00: SDRと人民元と「国際通貨」
  • 2016/10/02 00:00: 人民元「主要通貨」報道のウソ
  • 2016/09/14 00:00: <保存版>ハード・カレンシーとは?
  • 2016/09/07 00:00: 人民元のハード・カレンシー化という誤解
  • 経済・金融に関する用語集

     

    読者コメント一覧

    1. Tombi より:

       またしても、韓国の外貨準備高が増えているという
      Wonderなことが発表されているのですが、一体
      どういうことなんでしょうか?

       ここ2年ばかり、マクロ経済の勉教のため
      韓国経済を追ってきましたが、理解不能なことばかりです。

       1ヶ月前には現代の車が最高の車に選出と報道されたのに、
      昨日は、現代、大宇、経営危機

       お手間でしょうが、解説をお願いできませんでしょうか?

      1. マロンP より:

        韓国の外貨準備高は、ドル安になると増えるようです。
        これは、ドル以外(ユーロ、円、?)の金融資産が多い事を示しているように思われます。
        日本は圧倒的にドル資産が多い点と比較すると、かなり異常ですね。
        ブログ主がコメントされているように、換金性がないドル以外の金融資産を多数保有しているのかもしれません(不良債権?)。

    ※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

    やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。