欧米、共同声明で「ロシアのSWIFT排除」など発表

欧州委員会や米国、欧州主要国は日本時間の本日、ロシアの特定の銀行をSWIFT決済システムから除外するなどの追加措置を打ち出しました。ロシアの貿易の50%が米ドル建てである、などとされるなか、短期的にはロシア経済には大きな打撃が予想されます。ただし、こうした動きは同時に、ロシアと中国を中心とする「人民元経済圏」の発足につながる可能性もあります。

日本を除くG7の共同声明

ついに、ロシアの金融システムを、部分的にSWIFTから排除することで合意が取れたようです。

欧州委員会に加え、日本を除くG7諸国(フランス、ドイツ、イタリア、英国、カナダ、米国)は日本時間の今朝、共同声明を出し、ロシアに対する追加での経済制裁措置を発表しました(※この声明文に日本が含まれていない理由はよくわかりません)。

Joint Statement on further restrictive economic measures

―――2022/02/26付 欧州委員会HPより

これらの諸国は、「我々はロシアの侵略に抵抗するウクライナ政府・ウクライナ市民の側に立つ」としたうえで、ロシアの今回の戦争が「第二次世界大戦以後、形成されてきた国際的な法や規範への挑戦である」と非難したうえで、次のような追加措置を講じると述べています(抄訳)。

  1. 選択されたロシアの銀行をSWIFTの送金システムから除外すること。これによりこれらの銀行を国際的な金融システムから遮断し、グローバルに活動するうえでの制約を課す
  2. ロシアの中央銀行に対し、外貨準備を使って経済制裁を逃れようとする動きを制限する
  3. ロシアの富裕層のうち、ロシア政府関係者に対する「ゴールデン・パスポート」と俗称される市民権の販売を制限することで、ロシア政府関係者が我々の金融システムにアクセスすることを制限する
  4. 経済制裁対象の企業・個人を特定するための国際的なタスクフォースを立ち上げ、ロシア政府関係者やその家族に対し、資産を隠す動きを追及する
  5. 偽情報を含めたハイブリッド戦争に対する国際的協力を強化する

…。

このあたり、欧州連合(EU)内でもドイツがロシアのSWIFTからの排除に消極的でしたが、ようやく実効性のある措置を講じることができた、という格好です。

ルーブルは主要通貨ではない

なにより、ロシアにとっては主要銀行が米ドル決済から排除されると、非常に影響が大きいとも考えられます。というのも、ロシアの通貨・ルーブル自体は国際的な市場でほとんど通用する通貨ではないからです。

SWIFTが公表している『RMBトラッカー』というページでは、「顧客を送金人とする決済額および銀行間決済額(SWIFT上で交換されたメッセージ)」の上位20通貨の順位と割合が毎月公表されているのですが、ルーブルの地位は非常に低いのが実情です(図表)。

図表 主要国通貨とロシア・ルーブルの国際送金シェア(2021年12月)
ランクユーロ圏込みユーロ圏除外
1位USD(40.51%)USD(42.66%)
2位EUR(36.65%)EUR(38.16%)
3位GBP(5.89%)GBP(3.74%)
4位CNY(2.70%)JPY(3.21%)
5位JPY(2.58%)CAD(1.99%)
16位DKK(0.32%)RUB(0.32%)
20位RUB(0.21%)HUF(0.19%)

(【出所】SWIFT『RMBトラッカー』をもとに著者作成。なお、USDは米ドル、EURはユーロ、JPYは日本円、GBPは英ポンド、CNYは人民元、DKKはデンマーク・クローネ、CADは加ドル、HUFはハンガリー・フォリント。)

バイデン「ロシアの貿易の5割が米ドル建て」

そして、ロシアルーブルのような国際通用力が弱い通貨の場合、外為市場では、両替するためには米ドルなどの基軸通貨ないしハード・カレンシーを介入させることが一般的です。

たとえば、ロシア企業が韓国企業から製品を輸入する際には、ルーブルと韓国ウォンを直接交換することはできないため、いったんルーブルを米ドルに両替し、その米ドルを韓国ウォンに両替する、といった具合です。

ちなみに、ジョー・バイデン米大統領はロシア向け制裁の「第1弾」を発表した際に、ロシアの外為取引の80%、国際的な貿易の約50%が、米ドル建てである、と述べています。

Fact Sheet: United States Imposes First Tranche of Swift and Severe Costs on Russia

―――2022/02/22付 ホワイトハウスHPより

該当する記述は次のとおりです。

Over 80% of Russia’s daily foreign exchange transactions globally are in U.S. dollars and roughly half of Russia’s international trade is conducted in dollars. With this action,no Russian financial institution is safe from our measures, including the largest banks.

こうしたなか、ロシアのウラジミル・プーチン大統領にとって、SWIFT排除などの金融制裁が「織り込み済み」だったのかどうかは定かではありませんが、とりあえず短期的には、ロシアにとってはG7諸国に対する輸出だけでなく、さまざまな分野に非常に大きな影響が及ぶことが予想されます。

ロシアはウクライナ侵攻で思わず手間取っている、といった報道もありますし、これに加えて自国経済にさまざまな国際的圧力が加えられるという結果をもたらしたことは、ロシアの経済成長に大きな影響を与えるかもしれません。

中国のブロック経済圏?

もっとも、ロシアはいちおう資源国でもあるのに加え、最近は中国がブロック経済圏を作ろうとしているフシもあります。『ロシアは中国とのブロック経済圏形成で制裁を逃れる?』などでも述べたとおり、ロシアにとってはSWIFTから排除されたとしても、「人民元経済圏」に参加する、という可能性がないわけではありません。

つまり、先ほどのロシア・韓国の貿易の事例でいえば、「ルーブル→米ドル→韓国ウォン」、という取引において、米ドルの代わりに人民元を使用し、「ルーブル→人民元→韓国ウォン」、といった為替取引が広まるかどうかどうかについては、注目する価値がありそうです。

現実的には、現在の国際的な銀行送金システムにおいて、SWIFTが圧倒的なシェアを持っていると考えられる点から、人民元決済システム「CIPS」が今すぐに国際送金システムとしての地位を得るとも考え辛いのが実情でしょう。

ただ、中国とロシアが結託し、これに北朝鮮や韓国、パキスタンといった「友好国」が参加するブロック経済圏が成立すれば、これはこれで冷戦期が再現するのかもしれません。

読者コメント一覧

  1. イーシャ より:

    > 中国とロシアが結託し、これに北朝鮮や韓国、パキスタンといった「友好国」
    何の違和感もないのは何故?
    サプライチェーン再構築に、若干の影響があるかもしれませんね。

  2. 農家の三男坊 より:

    >(※この声明文に日本が含まれていない理由はよくわかりません)。

    ただ単に勇ましければよいというものでもなく、プラグティズムも否定はしないけれど、
    本当に、何なんでしょうね。
    外務省・財務省の無能か、岸田・林ラインの外交音痴か。

    この期に及んで、サハリン2が、平和交渉が、北方領土が、と言っているとしたら
    正に外交政治オンチでしょう。
    国の指導者としても事の軽重・優先順位の分からない無能者。

    笑いもののドイツも軌道修正してきたというのに。それ以下という事を晒してしまった。

    1. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

      アメリカは今回のことを指摘して
      ロシアや中国から日本が侵略されても助けない。核ミサイルが東京に落ちても知らんぷりする大義名分ができた

    2. 転勤族 より:

      日曜討論を見てました。
      SWIFTに対する日本の立場と聞かれても何を言ってるのか分からない。
      結局言及を避けたように見えました。
      この期に及んで外務大臣がこの有様。

      無能者なんでしょうね。

    3. みったぁ より:

      このSWIFT、加盟金融機関を会員とする協同組合の態らしいのですが、国が一部会員の資格停止を命じる法的規程があるのでしょうか。
      単に日本の金融庁に指揮命令出来る権限がなかったのではないかと。

      1. 世相マンボウ、 より:

        SWIFTは参加金融機関が出資する組合構成で、日本の参加金融機関の組織SWIFTジャパンは東京銀行協会内に事務局がありますがもちろんそんな決定に関与できる組織でありません。 他国は国家が有事に命令を出せますが日本はそんな法整備もないので参加しようがなかったのだろうと思います。

        1. 農家の三男坊 より:

          世相マンボウ 様

           細かいことは知りませんが、普通に、外為法を使って送金禁止を命令すればよいと思います。

  3. どみそ より:

    イラン制裁に乗じて 原油購入代金を踏み倒そうとしている韓国は、 ロシア金融制裁でも 一儲け企んでいるかもしれません。
    人の不幸を お祝いする国ですから。

  4. はにわファクトリー より:

    Cold War 2.0 との単語も流布が始まっているそうですし。
    中国が心から恐れているのは 1980 年代に引き戻されることでしょうから、これはパワーワードになりそうな。

  5. 陰謀論者 より:

     10年位前は、中露が裏で密約を交わしているに違いないなんて発言しても、ただの陰謀論扱いでしたが、状況がこんなだと事前に綿密に「計画」をしていたと思わざるを得ないですね。
     西側は中露両方と共には相手にできないので、ここで中国に動きがあれば止めようがありません。冬季パラリンピックが終わるまでは「自制」するかもしれませんがそのあとは事前に決めておいた「中露紳士協定」の通りに中国も動き出すでしょう。中国が今動かない利点が何かありますか?

    1. 農家の三男坊 より:

      陰謀論者 様

       動く可能性は否定できませんが、現状、人民解放軍の準備状況が出てこないところを見ると、あっても一か月以上先ではないでしょうか?

      それまでの間に弾薬・ミサイルの備蓄が間に合うと良いのですが。

      1. 農家の三男坊 より:

        なんとなく
        ロシア ⇒ ナチス・ドイツ
        中共  ⇒ 大日本帝国
        に、見えてきました。

  6. 元ジェネラリスト より:

    細かい情報がまだないのでよくわからないですが、

    >選択されたロシアの銀行を

    ここに抜け穴があるという指摘もあるようです。
    米国は、SWIFT排除は象徴で、中銀への制裁が実だ謳っているようです。
    「手加減」のメッセージとならなければいいですが。
    今後の推移もよくみておきたいです。

    そもそも、ドイツがロシアから買っている燃料を代替する方法って、物理的にあるんでしょうかね。少なくとも短期的には厳しいでしょうが。
    各国からそこへの担保が無い限りは、抜け道は無くせない気がします。この短期間でその調整ができたとも思えません。

    歴史の一場面で、各国はどういう判断をするのでしょうね。

    1. 農家の三男坊 より:

      元ジェネラリスト 様

      >各国からそこへの担保が無い限りは、抜け道は無くせない気がします。この短期間でその調整ができたとも思えません。

      仰る通りと思います。

      ただ、細部を詰めて時間を浪費するより、このタイミングでメッセージを発することを優先したのだと思います。また、(合意した)抜け道は用意しているでしょうが、こっそりそれ以外のことをしない様に、お互いの情報機関は監視しているでしょうね。

      1. 元ジェネラリスト より:

        こんな記事がありました。

        https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB264SI0W2A220C2000000/
        米高官はロシアとエネルギーを取引する国への影響を少なくするため「どの銀行を通じてエネルギー関連の取引が行われているかを知っており、そうしたところを選ばないこともできる」と述べた。

        まさに、そのためにやったと言ってるような。(笑)

  7. だんな より:

    早速ロシアにウォン建の取引を持ち掛けるニダ。

  8. とある福岡市民 より:

    物足りない……
     SWIFTが何物なのか、排除でどのくらいの影響があるかをもう少し掘り下げて欲しかったですね。

     とりあえず、アメリカはロシアの銀行の資産の半分を占めるズベルバンク(ロシア連邦貯蓄銀行)、VTB銀行に制裁してUSsドルの取引を制限(禁止ではなく)するようですね。
     しかし他の銀行、特にロシア連邦中央銀行は対象外ですし、米ドル以外の決済も塞がれた訳でもないし、ソ連時代から行われている天然資源とのバーター取引だって可能です。
     果たしてどこまで効果があるのでしょうか。
     そして岸田政権の動きがなぜこんなに遅いのでしょうか。北方領土返還交渉が望みならロシアを会談へ「引きずり出す」べく、今は強気で締め上げなければならないのに。

  9. 認知症進行老人 より:

    外国からの侵略を防ぐとの意識や『備え』が、万全とはいえない日本にとって、
    今回の問題について毅然とした態度、実行を採ることが不可欠なのに
    岸田内閣の態度は、大好きな『緊密に』『連携し』・・とのこと言葉を使い、
    『慎重に』『熟慮し』、そのうえで決断をしない傾向が顕著です。

    こうした言動、態度は、日本が危機にさらされる事態、状況になった際に
    果敢な実行ができず、
    周囲からも信頼を得られず、不安になる

  10. ちょろんぼ より:

    SWIFTの価値(仕組みは解ります―早い話手形小切手決済所のようなもの)が
    あまり解りませんが、他の記事では
    SWIFTから露を除外しても意味が無いとしているのもありました。
    露を除外した場合のSWIFTの強み・弱みを記載していないので、何が意味が無いのかが
    わかりませんでした。効き目があるなら、やればよろしいでしょ?
    私は露は悪の組織だから、手形等を使用せず、現金決済だから効き目は少ないと
    思っています。(キャリーバッグの中に金・ユーロ・米ドル・ウォン札・核燃料等)
    これは日本マスコミの特徴であり、もし効き目がないのなら
    何か別の案(いわゆる代案)を提示すべきです。
    代案なしにこれはダメ・あれもダメじゃ社会(世界)は動きません。
    事態が過ぎ去ってから後手後手というのは、ダメです。(コロナで聴き飽きました)
    それでは立憲共産党と同じです。 いや立憲共産党のブレーンはマスコミだから
    そうなってしまうのか? 

    1. 農家の三男坊 より:

      ちょろんぼ 様

      >私は露は悪の組織だから、手形等を使用せず、現金決済だから効き目は少ないと
      思っています。(キャリーバッグの中に金・ユーロ・米ドル・ウォン札・核燃料等)

      これは、ロシアを見くびりすぎです。
      あの金一味が支配する領域ですら、貿易決済できず難儀したと聞きます。

      10円、20円は抜け道を通ることが出来ますが、何十億、何百億ドルを物理的に運ぶのは現実的ではありません。

      中国が提供する国際的な人民元決済システム「CIPS」を使う可能性もありますが、制裁破りとして米国はその国を締め上げるでしょう。

      バーターするにしても、欲しいものは禁輸となっていて、救急車やマスクをロシアが欲しがるとは思えません。

      全てのロシア銀行を対象にしていないので、これから交渉しながら、ゆっくり締め上げようとしていると思いますが、窮鼠猫を噛むでICBMが飛ばないことを祈ります。

      多分、韓国はイランと同様に騙そうと近づくかもしれませんが、米ロ双方の逆鱗に触れて国が無くなることになるでしょう。

  11. 匿名 より:

    不勉強でよくわからないのですがNord stream1は稼働し続け、支払いはするんですよね?札束を運ぶんでしょうか。。誰か教えてください。

  12. 迷王星 より:

    金融庁には,
     1.金融機関に対する検査や
     2.検査で重要な不備が発見された際の業務改善命令を出したり
     3.更には重大違反等に対して業務停止命令を出したり
    する権限はありますが,
     A.省令や政令で特定国家や特定銀行に対する決済業務の停止を命じたり,
     B.それを無視して決済を行った場合に業務停止(あるいは改善)命令を出したり
    する為の根拠法は現時点で存在しない可能性が確かにありますね.

    この辺は金融庁の業務に関する法令に詳しい方がいらっしゃって解説して下さると幸いなのですが.

    もしも現時点で日本の法令でも対ロSWIFT遮断が実行可能なのであれば,今回の米&EUによる対ロSWIFT遮断に同調を見送った岸田ー林コンビの大失点なのは確かですが.

    はてさて今回のSWIFT遮断不参加は,現在の我が国の法律の欠陥か,それとも現内閣の欠陥か.

    1. 迷王星 より:

      自己フォローです.

      上で省令等で特定国家・銀行との決済業務の停止を命じ違反金融機関に業務停止を命じる根拠法が無いかも?という趣旨を書きましたが,良く考えると,今朝5時のエントリ「経済制裁の一環としてのロシアに対する輸出管理厳格化」でブログ主様が解説して下さっている通り,外為法16条1項は特定国への支払いを禁じる根拠法として使える筈ですね.

      とすると,やはり今回のG7諸国による対ロSWIFT遮断に日本が不参加になってしまったのは,我が国の法律の不備が原因ではなく,(対ロ投資等を心配する経済界などからの要望があったのかも知れませんが)岸田ー林外交の大失策以外の何物でもないと判断して間違いないでしょう.

      ということで,国のリーダーとしての岸田さんの無能さの実例がまた1件.

  13. ミナミ より:

    >(※この声明文に日本が含まれていない理由はよくわかりません)

    私も同じ事を感じました。
    おそらく日本も追随はするでしょうが。
    こんな時世に岸田とリン・ホーセイ(林芳正)じゃ、辛いですね

    参院選関連の記事も出されてますが、優先度で言うと下から、
    3、立憲・共産が世論に見捨てられ惨敗、更には立憲分裂も。
    2、立憲に代わり、維新が改憲派で、対論を出す野党第一党に。
    1、自民はある程度の敗北をし、財務省一家、増税派、外交も上手くない岸田下ろしが始まる

    もちろん、1が最も重要です
    増税 → 景気悪化 → 国民生活も国力も低下 → 防衛力低下、外交関係も悪化 ですから

    でも、そんなに上手くは行かないんでしょうね・・・
    まあ民草の私はやれる事をやるだけですが

  14. 元ジェネラリスト より:

    ロイターにちょうどいい記事がありました。
    SWIFTのことです。

    情報BOX:ロシアのSWIFT排除、その威力と世界への影響
    https://jp.reuters.com/article/ukraine-crisis-sanctions-swift-idJPKBN2KV14A
    <SWIFTは経済制裁に拘束されるのか>
    SWIFTはベルギーと欧州連合の規則に拘束される。

    ということです。
    この記事にはありませんが、過去に米国がSWIFT排除を要請したものの、「米国は関係ねー」と断られたので、米国はSWIFTに制裁できる法律を作ったそうで、それからは米国の言うことも聞くようにはなったという経緯があったようです。

    日本の政府とか法令は、関係ないと思います。
    ただ今回の共同声明はロシアへの制裁を各国一致で発表した体裁なので、そこに日本が入っていないってのは格好がつかないとも思います。
    中国の事があったときには、彼らのお世話になるかもしれませんしね。

    1. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

      だから
      日本が中国やロシアと何かあった時でも、欧米は日本を絶対に助けないし経済制裁にも参加しない、というわかりやすい意思表示なのだよ

      1. 元ジェネラリスト より:

        違うでしょ
        そんな単純な話じゃない

        1. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

          なるほど
          制裁に参加が遅れたことを理由に
          日本に経済制裁するという複雑な戦略だね
          日本からの輸入禁止とか日本企業の資産没収とかをするということか

          1. 匿名 より:

            あなたには、欧米のことをそんな理由で日本に経済制裁する国々だと見えているのか。
            例えば、韓国に力で言う事をきかせようとしてきた中国みたいな?
            本当に各国がそんな国なら、最初から日本としても価値観を共有出来ないし、お付き合いすべき相手じゃないと思うのだけど。

          2. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

            制裁に参加しない国や、あからさまに制裁参加が遅れる国も普通に欧米からの制裁対象とする大義名分が立つのでは?
            だからこそ、このスレでも岸田が批判されているわけだし

      2. 匿名 より:

        地政学的に日本は重要なのでアメリカは放っとけないのですよ。

        1. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

          日本列島は地政学的に重要だけど
          日本人や日本政府が大事なわけではない

          1. 匿名 より:

            中国、ロシアと戦って日本政府が降参しまーすってなったら日本列島(あるいは一部分)取られますよね?
            そうなると中国、ロシアは有利になり、アジア地域を力で制御しやすくなりますよね?
            そうなるとアメリカはとても困ってしまいますね。

    2. みったぁ より:

      SWIFTはベルギーに法人格があるのでベルギーとEUの規則に拘束されるのは理ですね。
      つまりSWIFTに言い聞かせることが出来る国(EU&アメリカとG7のAND)で協議し(SWIFTに命令し)たのであれば、日本が関与する余地がないかと。
      関与するにはアメリカに倣ってSWIFTに制裁可能な法律を施行しないと。

      1. 元ジェネラリスト より:

        私もその筋に詳しいわけではないですけど、今回発表された制裁一覧のうちのSWIFT排除に対しては賛意を示す程度のことしかできないんじゃないかと思います。
        他の制裁については日本もできることがあるかもしれませんが。
        日経の別の記事によると、ロシア中銀の円建ての外貨準備に関与できそう、的なことが書いてありました。

        日本が欧州の組織に制裁を食らわすような法律を作っても、実効性が・・・と思います。ちなみにアメリカのことに関してはうろ覚えです。すみません。

  15. より:

     日本もswiftからのロシア排除に加わるようですね。
     でも参加が半日遅い。
     岸田総理に喧嘩は無理なんでしょうかね。
     湾岸戦争から何を学んだのか。
     この辺のセンスは小泉総理は優れていた。

    1. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

      岸田はとことん無能だよね

  16. 匿名 より:

    半日遅れだろうと、日本もSWIFT排除を決断したのは良かったと思う。
    ただ、何故半日遅れたのかは気になります。発表のタイミングとか、連携されなかったんですかね? 政府関係者の意見調整が難航していたとか?
    あるいは、エスニックジョークの沈没豪華客船ネタよろしく、「みんな飛び込んでますよ」という形を作れば追随してくれるだろと各国から思われていたとか?

  17. 匿名 より:

    日本が共同声明に含まれていない理由は
    “岸田を下ろせ”
    あるいは
    “もっと制裁に積極的になれ”
    というメッセージのどちらかであると予想。

    1. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

      日本は韓国と大同小異の蝙蝠岳と欧米からは評価されているからね

      1. 匿名 より:

        日本は韓国と大同小異の蝙蝠岳と欧米からは評価されているからね >
         
        なにを仰りたいのか、意味がわかりません。

        すくなとも日本が自国用に確保したLNGの一部をを欧州に融通したとき、EU各国からは感謝の声が上がっていたと記憶しています。そうした事実も無視してのご発言でしょうか?

        まぁ、ご自分の見たいだけの事、聞きたいだけのこと、言いたいだけのことを仰って幸せな気分に浸りたいなら、それはそれでそれで一向に構いませんが。

        1. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

          日本は実際に制裁破りした実績がいくつもあるけど
          歴史知らない人?

          1. 匿名 より:

            日本は韓国と大同小異の蝙蝠岳と欧米からは評価されているからね >

            まずは今回の事態についての、このソースを提示してからのはなしだと思うんですよ、「歴史知らない人?」などと言う前に。

          2. チャーリー(仮) より:

            菌だけに、自家中毒が酷くなってきた?

          3. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

            中国に天皇派遣して制裁解除したのは有名な話じゃん
            この前のミャンマーの時も制裁渋っていたし

  18. YT より:

    NATOの共同声明とG7の共同声明を区別しましょう。日本はNATOの一員ではありません。G7の共同声明は今夜の外相会談で出るはずです。

    一部の保守系評論家が曲解で政権批判を重ねています。私は昨年末から気づいていましたが、ツイッター上でも気づく人が増えてきました。曲解情報を拡散する目的は推測できますが、低レベルな動機なのでここでは触れません。

    みんな必ず政府発表か大手マスコミの情報ソースを読みましょう。

    1. 匿名 より:

      政府発表か大手マスコミの情報ソースを読みましょう >

      ありがたや ありがたや~!

      とうとうこういう御仁が現れましたね~。

      その結果が、自称慰安婦であったり自称強制徴用工の粗製濫造の大量製造だったのです。

      嗤っちゃいましたよ、ホントに。

      1. YT より:

        いや、動画サイトの虎ノ門ニュースや文化人放送局よりは信用できます。

        1. 匿名 より:

          > いや、動画サイトの虎ノ門ニュースや文化人放送局よりは信用できます。

          とあるサイトで見つけた言葉です。

          われわれが生きている世界は複雑だ。従って、現実を因果関係で単純明快に説明することはできないのである。教養を身につけ、複雑な状況を構造的にとらえることが重要になる。

          https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56215?page=2

          ご参考までに。

          1. 匿名 より:

            「その結果」とやらが政府発表か大手マスコミによるものだという、単純明快な理屈で理解しているような発言していることについては、ブーメランだと思わないのかと。
            そもそも、自分なりの根拠も示さずにいきなり他人を揶揄するような御仁に、どれほどの教養があるものかと。
            たとえ知識があったとしても、そこに教養はありませんね。教養とは、心の豊かさも伴っていることを示す言葉ですから。

    2. 匿名 より:

      大手マスコミでも情報を都合よく選別していることはよくあるので、そこは注意が必要だと思います。
      そして、評論家の意見は意見として参考にとどめ、得た情報を元に各の頭で判断するのは大切でしょうね。
      その際、政府発表というソースは、政府の見解を知る上で余計な手が入っていないので、そういう意味で参考価値は高いと、自分も考えています。

    3. 匿名 より:

      今回のSWIFTからロシア締め出そうという共同声明は、EU + 日本以外のG7なのでNATOの共同声明ではありません。
      なので、あれれ日本ハブられてね?しっかりしろよ岸田。と、批判の矛先が政権に向かうのは自然なのでは?

      1. YT より:

        「対ロ制裁でSWIFT活用を、英首相がNATOに呼び掛け」
        まず、このニュースを読みましょう。
        厳密にはNATOに含まれるG7ですが、別に日本外しの意図はありません。
        それと、「岸田政権がハブられている」のソースは?
        まさか一次ソースが虎ノ門ニュースとか文化人放送局とかいわないでくださいよ。

        日刊ゲンダイとか夕刊フジとかも、執筆者を見たら、この二つの動画チャンネルの関係者だったりします。

        1. 匿名 より:

          あのう、すみません。
          文章を理解してください。

          1. YT より:

            日本がハブられているという一次ソースを提示してください。誰がソースか興味あります。

        2. 爺7 より:

          :厳密にはNATOに含まれるG7
          の意味がわかりません。

          嫌味でもなんでもなく、何を厳密にするとそうなるのでしょうか?
          どなたでも構いませんので、お教えいただければ幸いです。

          1. YT より:

            言葉足らずでした。
            NATOとG7の両方に所属する諸国です。
            日本はこれに含まれません。

        3. 匿名 より:

          事実と感想の区別を付けて下さい。
          感想に一次ソースも何もないでしょう?

    4. 匿名 より:

      財務官僚()のふみおたんには荷が重い議題だとは思いますが、それはそれとして安直な政権批判にはワイも感心しませんね。
      少なくとも、半日同調が遅れたら助けてもらえない国なんて、何をどうがんばっても絶対助けてもらえないんだからそこは安心していいw
      逆に、日本がウクライナに自衛隊を派遣しようがプーチンを暗殺しようが、台湾・日本が侵略を受けた時に西欧から得られる支援は変わらないでしょう。
      お気持ちを暴走させすぎて支離滅裂になってる人が多いと感じます。

      それはそれとして、情報ソースはでかけりゃ正確というわけでもないので、甘いの辛いの取り混ぜるのをおすすめしますw
      あと、戦争ネタはデマがはびこるから媒体に関わらず数日寝かせろってばっちゃが言ってた。

  19. 匿名 より:

    オホーツク海で日本の漁船を銃撃する仕事が始まるお

  20. 匿名 より:

    このブログにも岸田信者が増えて来たな。

    1. より:

      岸田信者が何を意味するのか分からんが、
      期待できないという確信を持つ者も、すでにある意味信者ではないかと

      そういう意味では中共信者、南朝信者も多いだろうなぁ

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。