ロイターの報道によれば、マレーシアのマハティール・ビン・ムハンマド首相が先月30日、日本経済新聞社が主催する会合で「アジア共通通貨」構想を提唱したのだそうです。ただ、報道だけではマハティール首相の真意はよくわかりませんが、正直に申し上げれば、「共通通貨」ではなく「円の国際化」の方が、東南アジア諸国の安定に資するのではないかと思います。ただ、円を国際化し、とくに東南アジア諸国で受け入れられるためには、私たち日本国民は「自分たちの税金負担で東南アジア諸国を救済する局面が来る」というリスクを受け入れる必要があるのかもしれません(私自身はその価値はあると思いますが…)。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/06/02 10:00追記

当初公表版では誤植や単語の欠落など、意味が通じない箇所が多々ありましたので、修正しております。

通貨の本質

紙切れを信頼する日本人?

唐突ですが、いま、あなたの財布の中に入っているおカネが明日にでも無価値になる、と信じている方はいらっしゃいますか?

正直、そんな人は、あまりいないと思います。

もちろん、ごく一部の「紫をトレードマークとする学者さん」や某企業のボンボン経営者のように、「日本破綻論」を真顔で信じ、公言しているというケースはありますが、そのような人はどちらかといえば例外でしょう(※ちなみに某企業のボンボン経営者の方は、先日解任されたそうです)。

しかし、圧倒的多数の日本人は、いま財布の中に入っているおカネ(あるいは金融機関の口座にあるおカネや額縁の裏に隠しているヘソクリのおカネ)が、明日、いきなり無価値になるといわれても、「そんなバカな」と笑い飛ばすでしょう。

それくらい、日本人はおカネに対して信頼を持っているのです。

では、どうして日本人はおカネに対して信頼を持っているのでしょうか?

考えてみれば、これは非常に不思議なことです。

世紀末的な大人気マンガを読んだことがある人であれば、核戦争直後の荒廃した大地でモヒカン刈りの男が叫んだ伝説の名セリフ

今じゃケツをふく紙にもなりゃしねってのによぉ!

を覚えている方もいらっしゃるかもしれませんが、おカネを発行している国が消滅すれば、それこそ紙幣などほぼ無価値になりますし、また、政府がその気になれば、すでに発行した紙幣を事実上、無価値にするという決定もできます。

歴史の教科書をひも解けばわかるとおり、日本円は過去に1度、先の大戦で敗戦後の混乱期に生じたハイパー・インフレへの対処として、「預金封鎖と新円切り替え」という、とんでもないことが行われていますが、これなどは旧円の流通を事実上、無効化した措置です。

こんなことを政府の手によってなされておきながら、なぜ日本国民は現在でもここまで現金を信頼しているのかについては、経済史の視点からはなかなか興味深い点ではないでしょうか。

それだけではありません。紙幣なんていうものは、しょせんは紙切れに金額を書き込んだだけの代物であり、原価たかだか20円から30円に過ぎません。1万円札の製造コストが30円だったとして、どうしてその30円で製造した紙切れに1万円という価値が生じているのか、不思議でならないと思う人もいるでしょう。

紙幣に信認を与えているものの正体

では、「なぜ紙切れに金額を書き込んだだけの代物を人々が珍重するのか」について、種明かしをしておきましょう。

その究極的な理由とは、「この紙切れは何とでも交換できる」と日本国民全員が信じていることです。

まず、日本の国内法で日銀券(紙幣)が法定通貨(法律でおカネと決められている存在)として無制限に通用することが、法律で担保されています。

日本銀行法 第46条第2項

前項の規定により日本銀行が発行する銀行券(以下「日本銀行券」という。)は、法貨として無制限に通用する。

(※なお、細かい話ですが、「無制限に通用する」のは日銀券の話であって、コイン(法律用語で「貨幣」)の場合は、法貨として通用するのは額面の20倍までに限定されています。)

通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律 第7条

貨幣は、額面価格の二十倍までを限り、法貨として通用する。

しかし、おカネが信頼されるためには、法律で「これは無制限に通用する法定通貨ですよ」と決めるだけでは不十分であり、やはり、国民生活のレベルで安心して紙幣を使用している(日銀券の受取りを拒絶された経験がない)という、日々の実績が必要です。

たとえば、おカネが簡単に偽造可能で、世の中でニセ札が大量に出回っていたら、私たちは安心して買い物などできませんし、治安が悪くてすぐにおカネを取られるという犯罪が頻発していたら、自衛策として人々はおカネを持ち歩かなくなるはずです。

この点、日本の場合だと、まず、ニセ札自体がほとんど流通していません。ATMから出てくる紙幣は本物ばかりですし(少なくとも私はそう信じています)、万が一、ニセ札が発見されれば大きなニュースになります。

(※もっとも、一部のブログサイト等では、「ATMからニセ札が出てきた経験がある」「警察に被害届を出した」といった体験談を見つけることができますが、この点については正直、私自身には真偽を判定することはできません)。

また、わが国では総じて治安も良いため、人々は多額のおカネを持ち歩いていますし、その裏返しでしょうか、たいていの店で千円札だけでなく、5千円札や1万円札などの高額紙幣も、問題なく使用できます。

(※ついでに申し上げるならば、わが国では政府がキャッシュレス決済の音頭を取っているわりには、電子マネーやクレジットカードの普及はなかなか進みませんが、その最大の理由は、通貨に対する信認が大きく、現金が非常に便利だからではないかと思うのです。)

そんな日本は特殊な国

どうして唐突にこんなことを申し上げたのかといえば、こうした状況は全世界で共通ではないからです。

たとえば、中国の場合はATMから普通にニセ札が出てくるとされているほか、2年前にはインドでも「子供銀行券」がATMから出て来たという事件があったそうです。

中国では「偽札」がATMから出てくる! 日本ではそんなことあるのか?(2013/7/26 19:03付 J-CASTニュースより)
ATMから「子ども銀行」の偽札、現金補充担当の男逮捕 印(2017年2月24日付 AFPBBニュースより)

そういえば、中国や北朝鮮はニセ札のメッカらしく、とくに、偽造日本円紙幣は中国から密輸される、という話題もあります。

日本の偽札2億円分押収=「聖徳太子」、中国から密輸-台湾(2019年04月09日22時31分付 時事通信より)

こうした中国や北朝鮮のケースは論外としても、海外ではそもそも高額紙幣自体が使えないことも多々あります。実際、海外旅行で「高額紙幣が使えない」という経験をした人も多いでしょう。

たとえば米国本土では50ドル紙幣や100ドル紙幣を受け取ってもらえないという話もありますし、私自身はユーロ圏でATMから出てきた50ユーロ紙幣や100ユーロ紙幣を店で使おうとしたら拒絶された、という経験があります。

そして、欧米では高額の取引には紙幣よりもクレジットカードなどが好まれるという事情がありますし、これに加えて日常生活でもクレジットカード決済などが普及しているため、結果的に欧米社会では日本より「キャッシュレス」が進んでいるのでしょう。

通貨の価値がいきなりなくなる!?

日本国内だと日本円に全幅の信頼を置いている人は多いのですが、これについては日銀券の質が高いという点に加え、ニセ札もほとんど通用しておらず、また、日本の治安が良好である、という特殊事情があると思うのです。

私たちの住む国・日本の常識からすれば考え辛いことですが、世界には政治が驚くほど不安定な国がたくさんありますし、自分の国の通貨(おカネ)を信頼していない、という国もあります。

ハイパーインフレにより経済が崩壊したジンバブエなどはその典型例ですが、OECDに加盟するまでの経済大国に成り上がったお隣の国・韓国でも数日前に、「自国のおカネが信じられない」といった記事が出ていました。

「韓国のお金は信じられない」 NY・東京に家を買う100億ウォン台の韓国の金持ち(1)(2019年05月29日16時08分付 中央日報日本語版より)

韓国の場合は1997年と2008年に、それぞれ自国通貨が米ドルに対して暴落するという経験をしている国ですが、こうした「暴落」を経験すれば、国民は自国の通貨だけでなく、外貨(韓国の場合は米ドルや日本円の紙幣など)でタンス預金をするようになるようです。

また、私自身の経験で恐縮ですが、一部の発展途上国などを旅行したときには、彼らの多くは自国通貨そのものを信頼しておらず、外国人旅行客と見れば、自国通貨ではなくハード・カレンシー(米ドル、ユーロ、日本円など)での支払いを要求することもよくあります。

ユーロに加盟する前のギリシャでは日本の紙幣が普通に通用していましたし(実際、私自身、1996年に訪れたギリシャで牛皮のカバンを買うために日本の1万円紙幣を相手に渡したら4000円のお釣りを受け取った記憶があります)、南米のウルグアイでは普通に米ドルが流通していました。

結局、通貨とは国によってその信頼性がまったく異なる、ということであり、酷い場合には自国通貨よりも外国通貨の方が普通に通用しているような国もあるのです。

共通通貨論

マハティール首相の「共通通貨論」

さて、数日前にこんなニュースがありました。

マレーシア首相、東アジア共通通貨を提唱 金に連動(2019年5月30日 16:51付 ロイターより)

ロイターによると、マレーシアのマハティール・ビン・ムハンマド首相は30日、日本経済新聞社が主催した「アジアの未来」という国際交流会議で講演し、「東アジアの貿易決済のために、金価格に連動する共通通貨を創設すべきだ」と提唱したのだとか。

これだけを聞くと、「すわ、ユーロのアジア版か?」と警戒してしまうのですが、マハティール首相が提唱しているのは「貿易取引の決済に利用する共通通貨」であり、「国内取引には使用しない」ものなのだとか。

それならば別に共通通貨をわざわざ創設するのではなく、金そのもので良いではないか、と思ってしまうのですが、それでも1997年のアジア通貨危機の影響を大きく受けた東南アジアの一角を占めるマレーシアの首相の発言だけに、実感がこもっていることは事実でしょう。

世界の決済の多くは米ドル、ユーロ、円

実際、世界の国際的な金融取引や投資、貿易などの多くは米ドルで決済されており、これにユーロ、円などが続いています。

国際決済銀行(BIS)が3年に1回公表する銀行間外国為替取引のデータ(図表1)によると、2016年における世界の外為取引(OTCベース)は1日当たり約10兆ドルで、そのうち40%以上が米ドルと関わる取引です。

図表1 世界の外為取引(1日当たり、2016年公表分)
通貨取引額(十億ドル)シェア
1位:米ドル4,43843.79%
2位:ユーロ1,59115.70%
3位:日本円1,09610.82%
4位:英ポンド6496.40%
5位:豪ドル3483.43%
6位:加ドル2602.57%
7位:スイスフラン2432.40%
8位:中国人民元2021.99%
9位:スウェーデンクローナ1121.11%
10位:ニュージーランドドル1041.03%
その他1,09110.77%
合計10,134100.00%

(【出所】Triennial Survey of foreign exchange and OTC derivatives tradingより著者作成)

(※余談ですが、この図表のオリジナル・データは「通貨ペア」を集計対象としており、「シェア」欄はこの2倍で表示され、「合計」欄も200%になっています。そこで、当ウェブサイトでは分かりやすくするために、元データを加工し、シェアを2分の1表示にすることで、合計欄を100%にしています。)

また、通貨ペアの片方が米ドル(USD)、ユーロ(EUR)、日本円(JPY)のいずれかであるような取引が、世界の為替市場のざっくり7割を占めていることがわかります。

同様に、国際的な「金融メッセージ業」を営むSWIFT社が公表する『RMBトラッカー』によれば、国際的な取引決済に占める通貨のシェアは米ドルが4割弱を占めており(図表2)、ユーロ圏を除外した場合、日本円は3位に浮上します(図表3)。

図表2 SWIFTが公表する国際的な取引における決済シェア(2019年2月時点)
ランク通貨シェア
1位USD(米ドル)39.07%
2位EUR(ユーロ)34.99%
3位GBP(英ポンド)7.34%
4位JPY(日本円)3.51%
5位CNY(人民元)1.85%
6位CAD(カナダドル)1.75%
7位AUD(豪ドル)1.49%
8位HKD(香港ドル)1.37%
9位SGD(シンガポールドル)0.98%
10位THB(タイバーツ)0.97%

(【出所】『RMBトラッカー』より著者作成)

図表3 SWIFT社が公表する国際的な取引における決済シェア(ユーロ圏除外、2019年2月時点)
ランク通貨シェア
1位USD(米ドル)43.40%
2位EUR(ユーロ)35.68%
3位JPY(日本円)4.35%
4位GBP(英ポンド)4.24%
5位CAD(カナダドル)2.18%
6位AUD(豪ドル)1.45%
7位CHF(スイスフラン)1.31%
8位CNY(人民元)1.15%
9位HKD(香港ドル)0.86%
10位SEK(スウェーデンクローネ)0.71%

(【出所】『RMBトラッカー』より著者作成)

当然、マハティール氏の認識には、東南アジアにおける米ドルの比重を引き下げたい(だが日本円は使い勝手がイマイチだし、人民元決済は困る)、という本音が見て取れるのです。

共通通貨の前提は「将来的な財政統合」

ただ、いくらマハティール氏の提唱だからといって、「アジア共通通貨」構想には、どうにも賛同できません。

共通通貨といえば、真っ先に思い浮かぶのはユーロですが、そもそもユーロがなぜ迷走しているのかといえば、通貨だけを統合して財政の統合をしなかったからです。

少し専門的な話になりますが、金融政策と財政政策は「車の両輪」のようなものです。金融政策が自動車の左のタイヤだとすれば、財政政策は右のタイヤだと考えると分かりやすいでしょう。

日本の場合、金融政策を担うのは日本銀行であり、財政政策を担うのは日本政府で、両者は協調しながら政策を推進していくことが求められます(※現在の日本の場合、日本銀行が金融緩和、財務省が緊縮財政と、あきらかにチグハグですが、これはこれで大きな問題です)。

しかし、ユーロ圏の場合、金融政策を担うのは欧州中央銀行(ECB)ですが、財政政策を担うべき「ユーロ圏共通財務省」は存在しません。ドイツ、フランス、イタリアなどの各国政府が、てんでバラバラに財政政策を遂行しているのです。

左右のタイヤは独立して動くのですが、日本の場合、左のタイヤ(つまり金融政策)がアクセルを踏み込んでいるのに、右のタイヤ(つまり国民の敵・財務省)はブレーキを踏み込んでいるため、このままでは日本経済はいずれ失速しますが、財務省を除去すれば日本経済は正常に回り始めます。

しかし、ユーロ圏の場合は、右のタイヤがたくさんついていて、それぞれのタイヤがてんでバラバラに動いている状態だと考えると分かりやすいでしょう。あるいは小学校の運動会で出てきた「ムカデ競争」のようなものでしょうか。

つまり、ユーロ圏がいま必要としているのは、「財政政策」のタイヤを一本化すること(ユーロ圏共通財務省の創設)なのですが、アンゲラ・メルケル独首相を初めとするドイツ勢力が頑として「ユーロ圏共通財務省」構想の実現を妨げているため、ユーロ圏はいずれ崩壊する以外に道が残されていません。

ただし、万が一、ユーロ圏がメルケル独首相を排除することに成功し、ユーロ圏共通財務省の創設で合意したならば、その先にあるのは「ユーロ圏共通政府」、つまり「統一国家(欧州合衆国)」です。

バラバラすぎる東南アジア

ユーロ圏の皆さんに、「将来的な合衆国の創設」という覚悟があるのかどうかはよくわかりませんが、それでも現在に至るまでにそれが実現していないということは、やはり、政治を統合することがいかに難しいかという証拠でしょう。

そして、ユーロ圏のように宗教や経済水準などが似ていてもうまくいっていないのですから、宗教も社会体制も経済水準もまったく異なる東アジアが同じ通貨を導入してうまくいくとも思えません。思いつくまま列挙しても、

  • インドネシア:人口の9割弱がイスラム教徒で共和制(大統領制)を採用
  • フィリピン:人口の9割以上がキリスト教徒で共和制(大統領制)を採用
  • タイ:人口の9割以上が仏教徒で立憲君主制を採用
  • マレーシア:マレー系、中華系、インド系などの民族が混在し、立憲君主制を採用
  • ベトナム:共産主義国
  • ラオス:人民民主共和制
  • シンガポール:人種のるつぼで共和制を採用、金融立国
  • ブルネイ:人口の8割がイスラム教徒で産油国・スルタン制

といった具合で、共和制(大統領制)もあれば君主国(タイは立憲君主制に基づく国王、マレーシアは立憲君主制に基づく選挙君主、ブルネイはスルタン)もあり、共産主義国家もあります。

自然に考えて、「統一財務省」を作ることは著しく困難です。

(広告・スポンサーリンク)



円の国際化+スワップが現実的

まずは通貨の使い勝手改善を!

このように考えていくと、やはり、アジアを無理に共通通貨で統合するよりも、地域を安定化させるためには「円の国際化」と「スワップラインの拡充」がもっとも現実的です。

このうち「円の国際化」とは、文字どおり、わが国の通貨・日本円を、広く国際的に使われる通貨にする、というものです。現在、日本円という通貨は、世界で広く通用するとはいえ、それでも米ドルと比べれば、まだまだ通用度が低いのが実情でしょう。

今から2年前に NIKKEI ASIAN REVIEW というメディアに掲載された、次の記事によれば、日本政府などは円の国際化を強力に推進していることがすでに2年前の時点で現れています(ちなみに執筆したのは日本経済新聞社編集委員の滝田洋一氏です)。

ASEAN pushing for direct yen trading / Japan eagerly responds in hope of globalizing its currency(2017/06/23 10:47付 NIKKEI ASIAN REVIEWより)

しかし、この記事から2年が経過しても、依然として円の国際化が進んでいるという事実はありません。

円の通用度が低い理由はいくつかあるのですが、私自身、その決定的な理由は、『新紙幣と電子決済、そして次世代通貨「ブロックチェーン円」』でも触れたとおり、紙幣の金額単位が大きすぎるからではないかと考えています。

新紙幣と電子決済、そして次世代通貨「ブロックチェーン円」

一般に通貨が国境を越えると、コイン(補助貨幣)は使えず、もっぱら紙幣が通用しますが、「最低額面の紙幣」という点で、円、ユーロ、ドル、人民元を比べれば、人民元がもっとも低いのが実情です(図表4)。

図表4 円、ユーロ、ドル、人民元の「最低額面紙幣」の価値
通貨円換算額最低額面紙幣
日本円1000円1000円紙幣
ユーロ625円5ユーロ紙幣
米ドル110円1ドル紙幣
人民元17円1人民元紙幣

(【出所】著者作成。なお、1ユーロ=125円、1ドル=110円、1人民元=17円で換算している)

これだと、物価水準の低い東南アジア諸国で日本円よりも人民元の方が使用されるのも当然の話です。

そこで、円を使い勝手の良い通貨にするためには、「物価水準の低い国々でも使ってもらえること」が必要であり、たとえば

  • 100円札や500円札などの小額紙幣を発行する
  • 日銀がブロックチェーン通貨や電子通貨を開発する

といった対策が必要でしょう。

CMIMにローカル通貨協定を含ませるのは?

一方、ASEAN諸国と日中韓が参加する通貨協定が「チェンマイ・イニシアティブ・マルチ化協定(CMIM)」です。

これについては以前、『「CMIMローカル通貨化で人民元が基軸通貨化」報道の怪』などでも紹介したとおり、現在はドル建てのCMIMに各国のローカル通貨での引出を可能とする条項を付与する、という改革が進められています。

「CMIMローカル通貨化で人民元が基軸通貨化」報道の怪

これについて4月の日経電子版に、こんな記事が掲載されています。

通貨スワップ、日本にも恩恵 貿易決済に安心感(2019/4/25 22:53付 日本経済新聞電子版より)

日経は

米ドル以外の通貨もアジア域内で融通しあう体制を整備することは、日本にとってもプラスだ/日本円も通貨スワップの対象に加わることで、貿易決済で一段と使われても供給できるようになれば、日本企業の経済活動の安定につながる

と述べていて、この下りについては珍しく私自身も賛同します。

というのも、報道されている「CMIMのローカル通貨化」は、既存のCMIMに円通貨を供給する機能を付与する、というものであり、べつに新しいスワップを創設するという話ではないからです。

日経によると、現在、日本からアジアへの輸出のうち45%が円建ての決済だそうですが、CMIMに円建てでの引出機能を付与すれば、そのこと自体が円取引の促進要因となり、日本企業にとっては為替リスクの消滅、アジアにとってはドル依存の低減につながります。

ただし、「通貨スワップは日本にも恩恵がある」というのはそのとおりかもしれませんが、裏では「コスト」を負担しているという事実を忘れてはなりません。具体的には、日本が通貨スワップ協定を増強することは国民の税金負担で東南アジア諸国を救済するリスクを高めることにもつながりかねないことです。

本来、カントリーリスクの評価は個別の民間企業が行うべき筋合いのものですし、通貨スワップには、ともすれば「その国に進出した民間企業を国民全体のコストで助ける」という側面があることは否定できません。その意味では、無節操にスワップを拡大することには反対です。

とくに、個別名を挙げませんが、某反日国の場合だと、通貨スワップを提供しても逆恨みされるのが関の山でしょう。

「韓国が厳しい時、日本が最も遅く外貨融通」(2009年07月07日08時07分付 中央日報日本語版)

しかし、東南アジア諸国は日本にとって「いざというときに味方になってくれる」可能性がある地域でもありますし、東南アジア諸国であれば「救済するためのコスト負担が発生するリスク」を取るだけの価値は十分にあると思うのです(※もちろん、金額にもよりますが…)。

逆に言えば、「国民の税金負担で相手国を救済する」という性質の通貨スワップ協定を締結する価値があるのは、それだけの見返りが期待できる相手国(例:ASEAN諸国や台湾など)に限られる、ということです。

オマケ:日本単独でやった方が早い

ここから先は、余談です。

ASEANは日中韓3ヵ国とのあいだで、さまざまな分野で定期的な会合を持っていますが、金融分野もその1つです。

ただ、CMIMについては、本来はアジア通貨危機の再来を防ぐための仕組みであるはずですが、現在だと、むしろ中韓両国を助けるための仕組みとして機能してしまうリスクがあります。

これに加えて、アジア諸国の通貨スワップ網を眺めると、たとえばインドネシアが中国や韓国と通貨スワップを結んでいることによって、間接的に、日本にもリスクが及んでいる、という言い方もできます(図表5)。

図表5 東南アジア諸国が日中韓と締結する二国間スワップ
契約当事国日中韓の提供通貨ASEANの提供通貨
日本/インドネシア227.6億ドルの米ドルか円ルピア(金額不明)
日本/フィリピン120億ドルの米ドルか円ペソ(金額不明)
日本/タイ30億ドルの米ドルか円バーツ(金額不明)
日本/シンガポール(※1)30億ドルの米ドルか円シンガポールドル(金額不明)
日本/シンガポール(※2)1.1兆円150億シンガポールドル
中国/マレーシア1800億元(約267億ドル)1100億リンギット(約266億ドル)
中国/インドネシア1000億元(約148億ドル)ルピア(金額不明)
中国/タイ700億元(約104億ドル)3700億バーツ(約116億ドル)
中国/シンガポール(※3)3000億元(約445億ドル)シンガポールドル(金額不明)
韓国/インドネシア11兆ウォン(約94億ドル)115兆ルピア(約81億ドル)
韓国/マレーシア5兆ウォン(約43億ドル)150億リンギット(約36億ドル)

(【出所】日銀および各国中央銀行ウェブサイト等を参考に著者作成。なお、※1は通貨スワップ、※2は為替スワップ。※3については『じつは中星為替スワップが失効?事実なら、「大ニュース」だ』で触れたとおり、失効済みの可能性あり)

東南アジア諸国との通貨スワップ拡充には、「間接的に中韓の破綻リスク」に巻き込まれる可能性が内在している点にも注意する必要はあるでしょう。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/12/13 15:45 【時事|外交
    大陸を捨て海洋を選んだ英国 (15コメント)
  • 2019/12/13 12:30 【時事|韓国崩壊
    もともと少なかったものが、「関係改善の兆し」? (8コメント)
  • 2019/12/13 09:22 【時事|金融
    【速報】BREXIT確定?保守党が過半数も (11コメント)
  • 2019/12/13 06:00 【時事|国内政治
    「韓国金融制裁」どころでない、とてつもない麻生発言 (19コメント)
  • 2019/12/13 05:00 【マスメディア論
    経済原理に反するオールドメディアの真っ暗な未来 (8コメント)
  • 2019/12/12 12:12 【時事|韓国崩壊
    「今こそ韓日関係改善が必要だ」の本当の意味を考える (25コメント)
  • 2019/12/12 11:30 【時事|国内政治
    「謝蓮舫ブーメラン」は健在 特定野党は衰退と消滅へ (29コメント)
  • 2019/12/12 06:00 【時事|韓国崩壊
    「関係悪化で日本が苦境」 韓国メディアの虚報が酷い (19コメント)
  • 2019/12/12 05:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞社の新聞事業は想定以上に深刻だった (19コメント)
  • 2019/12/11 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/12/11(水) (69コメント)
  • 2019/12/11 11:55 【時事|韓国崩壊
    北朝鮮攻撃が先か、それとも米韓同盟の終了が先か (28コメント)
  • 2019/12/11 10:30 【時事|国内政治
    もりかけの教訓と「桜を見る会」巡るメディアの焦り (23コメント)
  • 2019/12/11 06:00 【RMB|金融
    デジタル人民元と犯罪資金、そして最新BIS統計 (8コメント)
  • 2019/12/11 05:00 【韓国崩壊
    朝鮮半島8つのシナリオと「韓国の軍事クーデター説」 (37コメント)
  • 2019/12/10 13:00 【金融
    麻生総理が「対韓金融制裁」に言及したことの意味 (29コメント)
  • 2019/12/10 12:00 【国内政治
    麻生太郎総理、「憲法改正なら4選覚悟せよ」 (28コメント)
  • 2019/12/10 06:00 【韓国崩壊|金融
    対韓輸出管理、今後さらに厳格化される可能性を考える (31コメント)
  • 2019/12/10 05:00 【マスメディア論
    御礼 いつの間にかツイッターフォロワー2000人に (8コメント)
  • 2019/12/09 10:45 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    日韓通貨スワップ待望論は韓国経済「危険水域」の証拠 (26コメント)
  • 2019/12/09 06:00 【外交
    「非核化交渉離脱宣言」は北朝鮮自身が困っている証拠 (28コメント)
  • 2019/12/09 05:00 【時事|韓国崩壊
    梶山弘志経産相「輸出管理が議題になることはない」 (21コメント)
  • 2019/12/08 14:45 【マスメディア論|時事
    テレ朝は朝生を終了し、田原総一郎氏を降板させるべき (31コメント)
  • 2019/12/08 05:00 【韓国崩壊
    外国に支配される韓国市場 鈴置氏の警告をどう読むか (44コメント)
  • 2019/12/07 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/12/07(土) (158コメント)
  • 2019/12/07 10:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見たGSOMIA騒動既視感 (51コメント)
  • 2019/12/07 05:00 【数字で読む日本経済
    韓国「ノージャパン運動」の日本経済への影響は限定的 (11コメント)
  • 2019/12/06 15:15 【時事
    韓国メディアの「逆ギレ」と北朝鮮の突然の体制崩壊 (36コメント)
  • 2019/12/06 11:40 【時事|外交
    米政府が中東への兵力増派を示唆 (6コメント)
  • 2019/12/06 06:00 【韓国崩壊
    「日本は韓国に譲歩するべきである」論の盛大な勘違い (59コメント)
  • 2019/12/06 05:00 【マスメディア論
    不動産の稼ぎで「科学否定の硬派な新聞」発行しては? (26コメント)
  • 2019/12/05 16:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報「韓日首脳会談前に輸出規制解決策も?」 (25コメント)
  • 2019/12/05 12:12 【時事|経済全般
    フランス革命から230年目にして衝撃の真実が発覚? (28コメント)
  • 2019/12/05 10:00 【マスメディア論|時事
    元俳優で韓国籍の朴慶培被告の実名を報じない理由は? (26コメント)
  • 2019/12/05 06:00 【韓国崩壊
    「日韓ゼロサムゲーム」からの脱却には何が必要なのか (24コメント)
  • 2019/12/05 05:00 【数字で読む日本経済
    日韓往来の「一千万人時代」、あっけなく1年で終了へ (13コメント)
  • 2019/12/04 17:00 【時事|経済全般
    対馬・釜山航路乗客が95%減少 (25コメント)
  • 2019/12/04 13:15 【日韓スワップ|金融
    韓国の外貨準備高の増減の動向分析と「為替介入疑惑」 (7コメント)
  • 2019/12/04 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/12/04(水) (49コメント)
  • 2019/12/04 11:30 【マスメディア論|国内政治
    桜を見る会の「もりかけ問題」化にどう対抗するか (38コメント)
  • 2019/12/04 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で検証する、「対韓輸出規制が日本経済に打撃」説 (18コメント)
  • 2019/12/03 22:00 【時事|韓国崩壊
    USDKRWが再び1190ウォンの大台超過 (16コメント)
  • 2019/12/03 12:30 【時事|韓国崩壊
    順調にデフレ化する韓国経済 (32コメント)
  • 2019/12/03 10:00 【マスメディア論|時事
    流行語大賞と「表現の自由」と「批判の自由」 (23コメント)
  • 2019/12/03 06:00 【時事|韓国崩壊
    ネセサリーロスで読む 日経世論調査と日韓関係の未来 (14コメント)
  • 2019/12/03 05:00 【数字で読む日本経済
    貿易統計をじっくり読むと浮かぶ、日本経済の意外な姿 (18コメント)
  • 2019/12/02 12:30 【時事|韓国崩壊
    上皇陛下侮辱の国会議長が「ゴミ法案」を強行するわけ (32コメント)
  • 2019/12/02 10:45 【時事|金融
    韓国政府「人員の5割増」だけでは問題は解決されない (28コメント)
  • 2019/12/02 06:00 【マスメディア論
    社会が健全ならウソツキは淘汰される それだけのこと (16コメント)
  • 2019/12/02 05:00 【韓国崩壊
    中国向け輸出低迷 韓国の輸出が12ヵ月連続で不振に (5コメント)
  • 2019/12/01 08:00 【時事|韓国崩壊
    土曜日の「鈴置論考」と金融市場の急変の怖さ (31コメント)
  • 2019/12/01 05:00 【韓国崩壊|数字で読む日本経済
    いま話題の日韓関係、「数字」でじっくりと読んでみた (28コメント)
  • 2019/11/30 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/30(土) (118コメント)
  • 2019/11/30 08:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    スワップは信頼と友好の証 最も重要な隣国と締結を! (19コメント)
  • 2019/11/30 05:00 【韓国崩壊
    韓国が輸出規制と誤る限り、措置撤回は不可能 (47コメント)
  • 2019/11/29 16:30 【マスメディア論|時事
    朝日新聞社、単体の中間決算は営業赤字に転落 (17コメント)
  • 2019/11/29 12:10 【時事|韓国崩壊
    時事通信「文喜相案巡り日本政府内に期待」、本当に? (29コメント)
  • 2019/11/29 06:00 【時事|金融
    香港人権民主主義法の本質は「対中輸出管理の強化」? (33コメント)
  • 2019/11/29 05:00 【数字で読む日本経済
    日本経済を客観的な数字で読んでみた結果を総括します (14コメント)
  • 2019/11/28 17:30 【時事|韓国崩壊
    ついに対韓ビール輸出がゼロに!そのインパクトとは? (28コメント)
  • 2019/11/28 11:15 【時事|韓国崩壊
    文喜相氏の「解決策」を絶賛する中央日報社説 (39コメント)
  • 2019/11/28 06:00 【韓国崩壊
    硬派メディア、「安倍総理が文喜相氏の基金案に共感」 (21コメント)
  • 2019/11/28 05:00 【数字で読む日本経済
    貿易統計に見る「意外と貿易依存度が低い日本」の現状 (8コメント)
  • 2019/11/27 18:30 【時事|国内政治
    立民、桜を見る会に対抗しシュレッダーを見る会を開催 (40コメント)
  • 2019/11/27 14:00 【時事|韓国崩壊
    輸出管理の本質は「政策対話から3年半逃げる韓国」 (35コメント)
  • 2019/11/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/27(水) (80コメント)
  • 2019/11/27 10:15 【時事|韓国崩壊
    韓国国会議長による自称元徴用工問題「解決」策が判明 (27コメント)
  • 2019/11/27 05:00 【韓国崩壊
    オプション理論から見る米韓関係 (36コメント)
  • 2019/11/26 17:40 【時事|韓国崩壊
    鈴置氏「GSOMIA後の米韓関係」に関する最新論考 (23コメント)
  • 2019/11/26 13:15 【数字で読む日本経済
    「消費税20%」で日本をぶっ壊す!悪の組織・財務省 (22コメント)
  • 2019/11/26 10:45 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「感情対立煽るな、韓日お互い自制せよ」 (49コメント)
  • 2019/11/26 05:00 【韓国崩壊
    韓国「日本が輸出規制を1ヵ月で撤回すると言った!」 (49コメント)
  • 2019/11/26 05:00 【雑感オピニオン
    お詫び:「数字で読む日本経済」シリーズについて (3コメント)
  • 2019/11/25 12:36 【時事|韓国崩壊
    菅官房長官、「政府として韓国に謝罪した事実はない」 (43コメント)
  • 2019/11/25 10:30 【時事|韓国崩壊
    月曜の韓国メディアの反応と「ウソツキ国家への対応」 (50コメント)
  • 2019/11/25 06:00 【韓国崩壊
    GSOMIA後の文在寅氏は「水に落ちた犬」なのか? (26コメント)
  • 2019/11/25 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で見る、「在留外国人数」とわが国のグローバル化 (6コメント)
  • 2019/11/24 21:45 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、「安倍は良心の呵責はないのか!」と逆ギレ (49コメント)
  • 2019/11/24 13:15 【マスメディア論|時事
    朝日出身者「支持率下がらないのは国民の側にも問題」 (64コメント)
  • 2019/11/24 05:00 【韓国崩壊
    土曜日の鈴置論考とGSOMIA騒動の「本当の教訓」 (75コメント)
  • 2019/11/23 16:00 【読者投稿
    【読者投稿】GSOMIA[事実上の延長」の真否 (45コメント)
  • 2019/11/23 14:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見た、韓国の教育の実態 (28コメント)
  • 2019/11/23 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/23(土) (75コメント)
  • 2019/11/23 10:10 【時事|韓国崩壊
    さっそくGSOMIA問題を曲解報道する韓国メディア (55コメント)
  • 2019/11/23 05:00 【韓国崩壊
    韓国の「GSOMIA瀬戸際外交」は日本の勝利だが… (42コメント)
  • 2019/11/22 22:41 【時事|韓国崩壊
    【資料】GSOMIA等を巡る日韓両国政府の発表内容 (40コメント)
  • 2019/11/22 18:38 【時事|韓国崩壊
    韓国政府の「GSOMIA条件付き延長」をどう見るか (84コメント)
  • 2019/11/22 17:15 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、GSOMIA破棄を「条件付き撤回通告」? (49コメント)
  • 2019/11/22 16:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国「GSOMIAパッケージディール」提案 (18コメント)
  • 2019/11/22 14:30 【時事|韓国崩壊
    GSOMIA特集 「困ったら逆ギレ」の黄金パターン (22コメント)
  • 2019/11/22 11:22 【時事|韓国崩壊
    中央日報「韓日両国首脳が目を覚ますことを望む」 (28コメント)
  • 2019/11/22 09:45 【時事|韓国崩壊
    米国防総省、「朝鮮日報は米軍一部撤収報道の撤回を」 (20コメント)
  • 2019/11/22 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で見る、「日本人はどこの国に居住しているのか」 (10コメント)
  • 2019/11/21 17:40 【時事|韓国崩壊
    GSOMIA終了前提?聯合ニュース、続々記事配信中 (35コメント)
  • 2019/11/21 12:00 【時事|韓国崩壊|金融
    「GSOMIA後」、大量格下げと金融不安も焦点に (41コメント)
  • 2019/11/21 10:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「安倍総理が徴用工財団案評価」、本当? (27コメント)
  • 2019/11/21 06:00 【経済全般
    訪日旅客減少はむしろ観光客の中韓依存を是正する好機 (21コメント)
  • 2019/11/21 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で見る、「中韓は日本経済にとって不可欠」の真相 (8コメント)
  • 2019/11/20 12:22 【時事|国内政治
    「裏取りを軽視」?ここまで来ると怪文書の類いでは? (28コメント)
  • 2019/11/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/20(水) (97コメント)
  • 2019/11/20 10:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅氏「GSOMIA巡り最後の瞬間まで努力する」 (48コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。