先日私は『「AIIBにカナダが加盟」?だからどうした!』と題した小稿を掲載しましたが、本日はその補足として、AIIBと「ISDAマスター・アグリーメント」について議論してみたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

AIIB、世銀のカモに!?

ISDAマスター・アグリーメントとは?

中国が主導して北京に設立された国際開発銀行(MDB)である「アジアインフラ開発銀行」(AIIB)は今年2月、世界銀行(世銀)グループの国際金融公社(IFC)との間で、「ISDAマスター・アグリーメント」を締結したと発表しました。

AIIB and IFC Sign ISDA Master Agreement to Expand Infrastructure Investments in Asia(2017/02/09付 AIIBウェブサイトより)

ISDAとは「国際スワップ・デリバティブ協会」のことです。そして、「ISDAマスター・アグリーメント(以下「ISDAマスター」)」とは、ISDAが策定する、金融機関などが「店頭デリバティブ契約」を行うための契約書の標準雛形のことです。そして、この契約がなければ、事実上、銀行等の金融機関が金利スワップ(IRS)や通貨スワップ(CCS)などのデリバティブ取引を行うことはできません。

AIIBといえども銀行に準じた組織ですので、民間・公的な金融機関とデリバティブ取引を行うためには、「ISDAマスター」が必要です。AIIBはインフラ投資を行う銀行であるため、長期間にわたる融資を行う必要がありますが、AIIBの融資で使われている通貨は、いまのところ米ドルだけです。そして、米国で利上げ観測が生じている中、金利リスクのヘッジもなしに長期融資を行うことは莫大な金利リスクを負うことになるため、非常に危険です。

「銀行である以上金利リスクを負う」ことは、日本などの先進国の民間金融機関にとっては常識中の常識ですが、逆に、いままでAIIBが金利リスクをヘッジする手段を持っていなかったということの方が驚きです。

デリバティブの実務

ところで、デリバティブとは、「金融派生商品」の意味です。大きく分けて「先物・先渡取引」、「スワップ取引」、「オプション取引」があります(図表1)。

図表1 デリバティブの商品区分
区分概要具体例
先物・先渡将来の売買を現時点で契約する取引国債先物、日経平均先物、為替予約 等
スワップキャッシュ・フローを交換する取引金利スワップ(IRS)、通貨スワップ(CCS)、為替スワップ 等
オプション特定の商品を特定価格で売買する権利。売り付ける権利(プット・オプション)と買い付ける権利(コール・オプション)がある通貨オプション、選択権付債券売買取引(債券店頭オプション)、エクイティ・オプション 等

詳細は割愛しますが、これらのデリバティブ取引は、金融機関同士のリスク・ヘッジや投資戦略などに活用されています。

この中でも、銀行等の金融機関に活用されている取引は、「スワップ取引」(特に金利スワップ=IRS)です。たとえば、銀行等の金融機関が保有する資産には、「固定金利」(利払日ごとに、あらかじめ決められた金利を支払う契約)の利付金融商品が多く含まれています(図表2

図表2 固定利付債券のキャッシュ・フロー

IRSとは、「キャッシュ・フローの交換」のことですから、この銀行が「固定金利を支払い、変動金利を受け取る」IRS契約(図表3)を締結すれば、「合成キャッシュ・フロー」は「変動利付債券」と同じになります(図表4)。

図表3 IRSのキャッシュ・フロー

図表4 固定利付債券とIRSの合成キャッシュ・フロー

このような契約を締結することによって、銀行等金融機関は将来の金利上昇リスクに備えることができるのです。

また、スワップ取引には、金利スワップ(IRS)以外にも「ベーシス・スワップ(BSW)」や「通貨スワップ(CCS)」などの取引がありますが、細かい解説は割愛します。

担保契約書(CSA)の存在

ただ、こうしたデリバティブ取引は、便利である反面、時価が変動すると思わぬ損失が発生することがあります。これが「デリバティブのカウンターパーティ・リスク」です。

「カウンターパーティ」(counter-party)とは、「デリバティブ取引の相手先」のことです。そして、市場変動で時価が上昇している(つまり自分にとって儲かっている)状態になっているのに、契約相手方(カウンターパーティ)が倒産してしまえば、せっかく時価が上昇しても、その分を取りはぐれてしまいます。

そこで、時価変動に備えて、相手方から担保を入れさせる契約が必要です。これが「ISDA雛形に付随する担保契約書(Credit Support Annex, CSA)」です。

2011年11月に行われた「G20カンヌ・サミット」では、「清算集中されないデリバティブ取引」については証拠金の授受を義務付けることが合意されました。これは、リーマン・ショックの際に、巨額のデリバティブ・エクスポージャーが金融システム全体に脅威を与えかねないという反省に立ったものです。そして、最近の金融実務上は、ISDAマスターを締結していたとしても、「CSA」が存在していない場合はデリバティブ取引すらできません。さらに、国際的な取引において、格付がない銀行や信用力の低い銀行は、外国の銀行とISDAマスターを締結しようとしても、相手にされないのが一般的です。

なぜAIIBはこれを大々的に発表したのか?

ところで、AIIBが大々的に「IFCとISDAマスターを締結した」と公表しているのとは対照的に、IFCのウェブサイトには、「IFCがAIIBとISDAマスターを締結した」という報道発表がなされていません。IFCを含めた国際開発銀行(MDBs)にとって、他の金融機関とのISDAマスター締結など日常茶飯事だからでしょう。

考えてみれば、日本の民間銀行のホームページを見ても、「ISDAマスターを締結した」などとする報道発表を見かけることはありません。これは当たり前の話ですね。

AIIBが「ISDAマスターをIFCとの間で締結した」と嬉しそうに発表した理由は、おそらく、AIIB自身が無格付のため、民間金融機関から全く相手にされていないからでしょう。私自身の推測ですが、たとえば日本の銀行がAIIBとISDAマスターを結ぶと、あとで金融庁の当局検査で「カウンターパーティ・リスクの把握が不十分だ」として、指摘されてしまいます。そもそも無格付の相手方とデリバティブを行うには、かなりの無理があります。

リスク・ウェイト問題

日本の銀行がAIIBとの間で取引を行おうと思うと、いくつもの問題が出てきますが、その最たるものは「リスク・ウェイト」問題でしょう。

銀行等金融機関に対しては「自己資本比率規制」が適用されていますが、この規制は、銀行等の経営の健全性を確保するために、銀行等に対して一定水準以上の自己資本を備えることを求めるものです。日本の場合、国内基準行に対しては「信用リスク・アセット等」に対する「コア資本」の比率を4%以上、国際統一基準行に対しては「信用リスク・アセット等」に対する「総自己資本」の比率を8%以上とするルールが適用されています。

そして、AIIB以外のMDBに対する投資は、基本的に日本の銀行に対して「ゼロ%リスク・ウェイト」が適用されます。つまり、いくら投資したとしても、「信用リスク・アセット等の額」は増えないのです。しかし、AIIBの場合は「ゼロ%リスク・ウェイト」の指定を受けておらず、しかも無格付ですので、下手をすると「100%以上のリスク・ウェイト」が適用されてしまいます。

莫大な資金を持つ日本の銀行がAIIB債に投資できないのも当然すぎるでしょう。

相手にしてくれるのは世銀グループくらいなもの

いずれにせよ、AIIBがIFCとISDAマスターを締結したと、大々的に公表している理由は、AIIB自身が民間金融機関から相手にされていないという、苦しい実情があるのではないでしょうか?そして、世銀グループはこうしたAIIBの苦しい内情を見透かし、おそらくデリバティブ契約で儲けるつもりでしょう。実際、AIIBが仮に金利スワップ取引(IRS)を行おうと思った際、ISDAマスターの締結先がIFCしか存在しなければ、IFCとしては「独占商売」になるため、IRSの締結時点と解約(アンワインド)時点で、それぞれ1回ずつ、「さやを抜く」ことができます。

今回のISDAマスター締結は、「民間金融機関から相手にされないAIIB」と、そのAIIBの足元を見透かし、「さや抜きがしたいIFC」との利害関係の一致によるものと見るべきではないかとすら思えてしまうのです。

ただし、IFCがCSA抜きでISDAマスターを成立させるとは考え辛いものの、今回のISDAマスターにCSAが付随しているのかどうかについては、AIIBのウェブサイト上は定かではありません。

どうしてメディアは取り上げないのか?

AIIBが「うまく行っている」ことにしたい朝日新聞

ところで、AIIBについては、発足以来、参加国は57か国(署名ベース)から全く増えていませんでした。しかし、先日、実に2年ぶりに参加国が新規に加わり、現在の参加国(意思表明を含む)の数は70か国となっています。これについて、「慰安婦問題」を捏造したことでも知られる朝日新聞が先週、「AIIBの加盟国数がADBを上回る」とする記事を配信しています。

AIIB、13カ国・地域が新規加盟 ADB上回る(2017年3月23日19時24分付 朝日新聞デジタルより)

朝日新聞社としては、AIIBがいかにも「うまく行っている」ように装いたいのでしょう。ただ、『「AIIBにカナダが加盟」?だからどうした!』でも申し上げたとおり、その実態はお寒い限りです。というのも、AIIBの現在の案件は、その3分の2以上が世銀やアジア開発銀行(ADB)などとの協調融資案件だからであり、また、現在承認されている9案件に関しても、一件当たりの融資金額は2億ドルに満たないという状況にあります。

メディアの役割は終わった!

ただ、私はAIIBについて、朝日新聞社や日本経済新聞社などの記者がピント外れな記事ばかり配信していることについて、実は「チャンス」だと感じています。というのも、メディアが取り上げない記事にこそ、価値があるからです。

例えば、「学校法人森友学園に対し、大阪府豊中市の国有地を不当に安く払い下げていた」とされる問題についても、民進党の辻元清美議員の関与を示す証拠や調査・分析などが、インターネットで次々と出て来ているのがその好例でしょう。また、朝日新聞社による「慰安婦捏造報道事件」も、インターネットで全容が暴かれましたし、日々、国会中継を視聴するためにインターネットにアクセスする人も増えているに違いありません。

私は、既に新聞やテレビが情報発信を独占する時代は終わったと考えています。AIIBについても、明らかに経済・金融の素人と思しきメディア人らが、

「日本は早くAIIBに参加しなければ、世界から取り残される!」

などと煽っています。しかし、現代社会は民間に多くの専門家が居て、インターネットで情報を発信していますから、メディアらがこのような素人丸出しの不見識な報道を流せば流すほど、メディア自身が信頼を失っていくのだと思います。

そういえば、戦前も、確たる経済の知識もない素人が「満州は日本の生命線!」などと煽ったメディアがありましたが、現代社会で明らかな経済の素人が朝日新聞などの媒体を通じ、「日本はAIIBに参加すべきだ」と煽っているのと重なる気がするのは、私だけではないでしょう。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/12/06 06:00 【韓国崩壊
    「日本は韓国に譲歩するべきである」論の盛大な勘違い (21コメント)
  • 2019/12/06 05:00 【マスメディア論
    不動産の稼ぎで「科学否定の硬派な新聞」発行しては? (10コメント)
  • 2019/12/05 16:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報「韓日首脳会談前に輸出規制解決策も?」 (23コメント)
  • 2019/12/05 12:12 【時事|経済全般
    フランス革命から230年目にして衝撃の真実が発覚? (24コメント)
  • 2019/12/05 10:00 【マスメディア論|時事
    元俳優で韓国籍の朴慶培被告の実名を報じない理由は? (25コメント)
  • 2019/12/05 06:00 【韓国崩壊
    「日韓ゼロサムゲーム」からの脱却には何が必要なのか (22コメント)
  • 2019/12/05 05:00 【数字で読む日本経済
    日韓往来の「一千万人時代」、あっけなく1年で終了へ (11コメント)
  • 2019/12/04 17:00 【時事|経済全般
    対馬・釜山航路乗客が95%減少 (25コメント)
  • 2019/12/04 13:15 【日韓スワップ|金融
    韓国の外貨準備高の増減の動向分析と「為替介入疑惑」 (7コメント)
  • 2019/12/04 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/12/04(水) (39コメント)
  • 2019/12/04 11:30 【マスメディア論|国内政治
    桜を見る会の「もりかけ問題」化にどう対抗するか (31コメント)
  • 2019/12/04 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で検証する、「対韓輸出規制が日本経済に打撃」説 (18コメント)
  • 2019/12/03 22:00 【時事|韓国崩壊
    USDKRWが再び1190ウォンの大台超過 (16コメント)
  • 2019/12/03 12:30 【時事|韓国崩壊
    順調にデフレ化する韓国経済 (32コメント)
  • 2019/12/03 10:00 【マスメディア論|時事
    流行語大賞と「表現の自由」と「批判の自由」 (23コメント)
  • 2019/12/03 06:00 【時事|韓国崩壊
    ネセサリーロスで読む 日経世論調査と日韓関係の未来 (14コメント)
  • 2019/12/03 05:00 【数字で読む日本経済
    貿易統計をじっくり読むと浮かぶ、日本経済の意外な姿 (18コメント)
  • 2019/12/02 12:30 【時事|韓国崩壊
    上皇陛下侮辱の国会議長が「ゴミ法案」を強行するわけ (32コメント)
  • 2019/12/02 10:45 【時事|金融
    韓国政府「人員の5割増」だけでは問題は解決されない (28コメント)
  • 2019/12/02 06:00 【マスメディア論
    社会が健全ならウソツキは淘汰される それだけのこと (16コメント)
  • 2019/12/02 05:00 【韓国崩壊
    中国向け輸出低迷 韓国の輸出が12ヵ月連続で不振に (5コメント)
  • 2019/12/01 08:00 【時事|韓国崩壊
    土曜日の「鈴置論考」と金融市場の急変の怖さ (31コメント)
  • 2019/12/01 05:00 【韓国崩壊|数字で読む日本経済
    いま話題の日韓関係、「数字」でじっくりと読んでみた (27コメント)
  • 2019/11/30 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/30(土) (117コメント)
  • 2019/11/30 08:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    スワップは信頼と友好の証 最も重要な隣国と締結を! (19コメント)
  • 2019/11/30 05:00 【韓国崩壊
    韓国が輸出規制と誤る限り、措置撤回は不可能 (47コメント)
  • 2019/11/29 16:30 【マスメディア論|時事
    朝日新聞社、単体の中間決算は営業赤字に転落 (17コメント)
  • 2019/11/29 12:10 【時事|韓国崩壊
    時事通信「文喜相案巡り日本政府内に期待」、本当に? (29コメント)
  • 2019/11/29 06:00 【時事|金融
    香港人権民主主義法の本質は「対中輸出管理の強化」? (33コメント)
  • 2019/11/29 05:00 【数字で読む日本経済
    日本経済を客観的な数字で読んでみた結果を総括します (14コメント)
  • 2019/11/28 17:30 【時事|韓国崩壊
    ついに対韓ビール輸出がゼロに!そのインパクトとは? (28コメント)
  • 2019/11/28 11:15 【時事|韓国崩壊
    文喜相氏の「解決策」を絶賛する中央日報社説 (39コメント)
  • 2019/11/28 06:00 【韓国崩壊
    硬派メディア、「安倍総理が文喜相氏の基金案に共感」 (21コメント)
  • 2019/11/28 05:00 【数字で読む日本経済
    貿易統計に見る「意外と貿易依存度が低い日本」の現状 (8コメント)
  • 2019/11/27 18:30 【時事|国内政治
    立民、桜を見る会に対抗しシュレッダーを見る会を開催 (40コメント)
  • 2019/11/27 14:00 【時事|韓国崩壊
    輸出管理の本質は「政策対話から3年半逃げる韓国」 (35コメント)
  • 2019/11/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/27(水) (80コメント)
  • 2019/11/27 10:15 【時事|韓国崩壊
    韓国国会議長による自称元徴用工問題「解決」策が判明 (27コメント)
  • 2019/11/27 05:00 【韓国崩壊
    オプション理論から見る米韓関係 (36コメント)
  • 2019/11/26 17:40 【時事|韓国崩壊
    鈴置氏「GSOMIA後の米韓関係」に関する最新論考 (23コメント)
  • 2019/11/26 13:15 【数字で読む日本経済
    「消費税20%」で日本をぶっ壊す!悪の組織・財務省 (22コメント)
  • 2019/11/26 10:45 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「感情対立煽るな、韓日お互い自制せよ」 (49コメント)
  • 2019/11/26 05:00 【韓国崩壊
    韓国「日本が輸出規制を1ヵ月で撤回すると言った!」 (49コメント)
  • 2019/11/26 05:00 【雑感オピニオン
    お詫び:「数字で読む日本経済」シリーズについて (3コメント)
  • 2019/11/25 12:36 【時事|韓国崩壊
    菅官房長官、「政府として韓国に謝罪した事実はない」 (43コメント)
  • 2019/11/25 10:30 【時事|韓国崩壊
    月曜の韓国メディアの反応と「ウソツキ国家への対応」 (50コメント)
  • 2019/11/25 06:00 【韓国崩壊
    GSOMIA後の文在寅氏は「水に落ちた犬」なのか? (26コメント)
  • 2019/11/25 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で見る、「在留外国人数」とわが国のグローバル化 (6コメント)
  • 2019/11/24 21:45 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、「安倍は良心の呵責はないのか!」と逆ギレ (49コメント)
  • 2019/11/24 13:15 【マスメディア論|時事
    朝日出身者「支持率下がらないのは国民の側にも問題」 (64コメント)
  • 2019/11/24 05:00 【韓国崩壊
    土曜日の鈴置論考とGSOMIA騒動の「本当の教訓」 (75コメント)
  • 2019/11/23 16:00 【読者投稿
    【読者投稿】GSOMIA[事実上の延長」の真否 (45コメント)
  • 2019/11/23 14:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見た、韓国の教育の実態 (28コメント)
  • 2019/11/23 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/23(土) (75コメント)
  • 2019/11/23 10:10 【時事|韓国崩壊
    さっそくGSOMIA問題を曲解報道する韓国メディア (55コメント)
  • 2019/11/23 05:00 【韓国崩壊
    韓国の「GSOMIA瀬戸際外交」は日本の勝利だが… (42コメント)
  • 2019/11/22 22:41 【時事|韓国崩壊
    【資料】GSOMIA等を巡る日韓両国政府の発表内容 (40コメント)
  • 2019/11/22 18:38 【時事|韓国崩壊
    韓国政府の「GSOMIA条件付き延長」をどう見るか (84コメント)
  • 2019/11/22 17:15 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、GSOMIA破棄を「条件付き撤回通告」? (49コメント)
  • 2019/11/22 16:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国「GSOMIAパッケージディール」提案 (18コメント)
  • 2019/11/22 14:30 【時事|韓国崩壊
    GSOMIA特集 「困ったら逆ギレ」の黄金パターン (22コメント)
  • 2019/11/22 11:22 【時事|韓国崩壊
    中央日報「韓日両国首脳が目を覚ますことを望む」 (28コメント)
  • 2019/11/22 09:45 【時事|韓国崩壊
    米国防総省、「朝鮮日報は米軍一部撤収報道の撤回を」 (20コメント)
  • 2019/11/22 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で見る、「日本人はどこの国に居住しているのか」 (10コメント)
  • 2019/11/21 17:40 【時事|韓国崩壊
    GSOMIA終了前提?聯合ニュース、続々記事配信中 (35コメント)
  • 2019/11/21 12:00 【時事|韓国崩壊|金融
    「GSOMIA後」、大量格下げと金融不安も焦点に (41コメント)
  • 2019/11/21 10:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「安倍総理が徴用工財団案評価」、本当? (27コメント)
  • 2019/11/21 06:00 【経済全般
    訪日旅客減少はむしろ観光客の中韓依存を是正する好機 (21コメント)
  • 2019/11/21 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で見る、「中韓は日本経済にとって不可欠」の真相 (8コメント)
  • 2019/11/20 12:22 【時事|国内政治
    「裏取りを軽視」?ここまで来ると怪文書の類いでは? (28コメント)
  • 2019/11/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/20(水) (97コメント)
  • 2019/11/20 10:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅氏「GSOMIA巡り最後の瞬間まで努力する」 (48コメント)
  • 2019/11/20 06:00 【韓国崩壊
    土曜日以降の焦点はGSOMIA破棄より米韓同盟消滅 (41コメント)
  • 2019/11/20 05:00 【数字で読む日本経済
    外貨準備と通貨スワップ 通貨危機を防ぐための仕組み (13コメント)
  • 2019/11/19 18:30 【時事|外交
    安倍総理を「度量が狭い」と決めつける人物が知日派? (42コメント)
  • 2019/11/19 14:00 【時事|国内政治
    史上最長の安倍政権、次なる焦点は「来年8月24日」 (22コメント)
  • 2019/11/19 11:45 【時事|韓国崩壊
    韓国「韓日が水面下で協議」、「米国が対日圧力」 (28コメント)
  • 2019/11/19 05:00 【韓国崩壊
    米韓同盟消滅、「大きく変わるときはあっけないもの」 (50コメント)
  • 2019/11/19 05:00 【数字で読む日本経済
    「国際収支のトリレンマ」に逆らった国・スイスの末路 (13コメント)
  • 2019/11/18 15:30 【マスメディア論|時事
    NHKの肥大化を巡る東洋経済の特集記事に対する雑感 (25コメント)
  • 2019/11/18 12:00 【時事|韓国崩壊
    GSOMIA終了まであと4日半:ご都合主義的な主張 (41コメント)
  • 2019/11/18 06:00 【韓国崩壊
    GSOMIA消滅目前で韓国メディアから悲鳴が上がる (52コメント)
  • 2019/11/18 05:00 【数字で読む日本経済
    欠陥通貨・ユーロとギリシャ問題を日本に当てはめるな (15コメント)
  • 2019/11/17 13:45 【時事|国内政治
    「アベの陰謀、許すまじ!」 著名人逮捕もアベのせい (46コメント)
  • 2019/11/17 06:00 【韓国崩壊|国内政治
    GSOMIA問題は「省益の抑え込み」に成功した好例 (46コメント)
  • 2019/11/17 05:00 【数字で読む日本経済
    通貨の機能と外貨準備統計から見た日本円の実力とは? (4コメント)
  • 2019/11/16 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/16(土) (135コメント)
  • 2019/11/16 06:00 【時事|韓国崩壊
    そもそもなぜ、米国は「韓国にだけ」圧力を掛けたのか (99コメント)
  • 2019/11/16 05:00 【数字で読む日本経済
    日本は世界最大の債権国だが、手放しに喜べない理由も (13コメント)
  • 2019/11/15 17:15 【時事|外交
    マイケル・グリーン氏、「日本が譲歩すべき」の無責任 (38コメント)
  • 2019/11/15 14:15 【時事|国内政治
    五千円で国会を潰す野党とオールドメディアは国民の敵 (66コメント)
  • 2019/11/15 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国紙「自称元徴用工側が2+2基金を初提案へ」 (22コメント)
  • 2019/11/15 06:00 【韓国崩壊
    読売「日韓亀裂リスク顕在」、むしろ焦点は日中関係だ (33コメント)
  • 2019/11/15 05:00 【数字で読む日本経済
    金融機関を苦しめているのはマイナス金利政策なのか? (10コメント)
  • 2019/11/14 17:00 【時事|韓国崩壊
    果たして日本にとって韓国は「信頼できる友邦」なのか (42コメント)
  • 2019/11/14 15:00 【時事|国内政治
    森裕子氏の個人情報漏洩事件と国会議員の「見える化」 (14コメント)
  • 2019/11/14 10:15 【時事|韓国崩壊
    中央日報、「韓国は永遠の歴史的債権者で優位に立て」 (43コメント)
  • 2019/11/14 06:00 【韓国崩壊
    米韓同盟消滅が実現した場合に懸念される日本への実害 (45コメント)
  • 2019/11/14 05:00 【数字で読む日本経済
    金融機関が「リスクマネー」の供給主体になり辛い理由 (16コメント)
  • 2019/11/13 14:45 【時事|韓国崩壊
    朝鮮半島の核武装は全力で阻止しなければならない (35コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。