韓国経済団体「ウォンには国際通貨となる資格が十分」

韓国紙で今朝、「韓国ウォンはIMFのSDRに指定される資格がある」とする報告書に関する話題が取り上げられています。ただ、いろいろ勘違いしている人も多いのですが、「SDR指定されたら国際通貨になる」わけではありません。話は逆で、通貨そのものが国際的に広く取引されるためには、その通貨そのものの使い勝手が改善しなければなりません。

「人民元は基軸通貨となるのか」

進まぬ人民元の国際化

先月発売された『月刊Hanada2022年3月号』に寄稿した『デジタル人民元脅威論者たちの罠』と題する拙稿では、中国の通貨当局が強力に推進している「デジタル人民元」を巡って、次のような仮説を提示しています。

  • 「デジタル人民元」が米ドル基軸通貨体制を揺るがしかねない脅威である、とする俗説は誤り。
  • 米ドル、あるいは世界の主要通貨と異なり、人民元自体、国際的な市場で自由に取引される通貨ではないし、債券市場、デリバティブ市場などが未成熟であるうえ、資本規制もあるため、機関投資家の目から見て魅力的な通貨ではない
  • ただし、中国が人民元ブロック経済圏を作ろうとしているフシがある、という点については要注意だろう

…。

【参考】『月刊Hanada2022年3月号

(【出所】アマゾンアフィリエイトリンク)

じつは、この「人民元が限定的に国際通貨化することはあるかもしれないが、米ドルなどに代替する『基軸通貨』となるかどうかについては、非常に疑問である」、とする議論については、当ウェブサイトではかなり以前からしばしば取り上げているものでもあります。

『月刊Hanada』でも報告したとおり、通貨というものは、私たち個人にとっての「使い勝手」と、企業や機関投資家など大口の資金をやり取りする市場にとっての「使い勝手」は、まったくの別物です。

ただし、その人民元が2016年10月、国際通貨基金(IMF)の「特別引出権(SDR)」の構成通貨に組み入れられた、という事実については、きちんと考察しておく必要はあるでしょう。

現在、IMFは米ドル、ユーロ、日本円、英ポンドの4通貨に加え、人民元をSDRの構成通貨に指定しています。このため、金融に疎い人は、この5つの通貨を「世界の基軸通貨・準基軸通貨である」、などと称したりします。

しかし、人民元は、米ドル、ユーロ、日本円、英ポンドという4通貨とはまったく性質が異なっています。

SWIFTが公表している統計や、後述する国際決済銀行(BIS)が公表する債務証券に関する統計などを眺めていると、確かに人民元は小口決済などにおいて、着実に国際化が進んでいることは間違いありませんが、資本市場における大口の需要にはほとんど対応できていません。

SDR組入れ側の論理

では、いったいなぜ、国際社会は人民元をSDRに組み入れたのでしょうか。

これについては以前の『いったいなぜ、IMFは人民元をSDRに加えたのか』でも議論したとおり、どうも当時の国際社会にとっては、「人民元をSDRに組み入れることで、中国が自主的に資本市場を改革する」ということへの期待があったようなのです。

すなわち、「人民元をSDRに組み込んであげれば、中国も自国の資本市場を世界に向かって開放するなど、通貨の使い勝手を改善するだろう」、という、まことに勝手な期待、というわけですね。

(※余談ですが、SDR自体が現在、国際的な取引などの決済手段としてはほとんど利用されておらず、これに人民元を組み込んだところで実害はない、などとIMFが判断した、という事情もあったのかもしれませんが…。)

しかし、こうしたIMF・国際社会の判断が、完全に間違っていた証拠のひとつが、現実の人民元の使い勝手に関する統計です。『数字で読む「人民元の国際化は2015年で止まった」』でも詳述したとおり、人民元(とくに債券市場)の国際化の動きは、2015年を境に、ピタリと止まっているのです。

とくに法制度面などで人民元の使い勝手が悪いことを考慮するならば、「人民元が米ドルを抑えて世界の基軸通貨に発展していく」という可能性はほとんどなく、今後も人民元は「ローカル通貨」、あるいはせいぜい「有力なローカル通貨」の地位に留まる、というのが著者自身の現在の見立てです。

オフショア債券市場では米ドルが圧倒的規模

こうしたなか、「ある通貨が国境を越えて取引されているかどうか」を把握するうえで、最も手っ取り早いのが、「オフショア債券市場」、すなわち「その通貨の発行国・地域を越えて、その通貨で債券がいくら発行されているか」に関する統計を眺めることです。

BISが公表している『債務証券統計』(Debt Securities Statisitcs)の最新版によれば、世界のオフショア債券市場では、米ドルの存在感が圧倒的に大きく、世界シェアは46.71%にも達しており、これにユーロ、英ポンド、日本円などが続いていることがわかります(図表)。

図表 オフショア債券市場の規模と世界シェア(2021年9月末)
通貨金額世界シェア
米ドル12兆9117億ドル46.71%
ユーロ10兆7250億ドル38.80%
英ポンド2兆1667億ドル7.84%
日本円4101億ドル1.48%
豪ドル2613億ドル0.95%
スイスフラン1929億ドル0.70%
加ドル1425億ドル0.52%
スウェーデンクローナ1414億ドル0.51%
中国人民元1201億ドル0.43%
香港ドル1155億ドル0.42%
その他の通貨4576億ドル1.66%
合計27兆6448億ドル100.00%

(【出所】 the Bank for International Settlements, Debt Securites Statsitcs より著者作成)

人民元の地位については、「上がったり、下がったり」を続けていますが、基本的には9位や10位を行き来するという状況であり、SDRの構成通貨ではないはずの豪ドル、スイスフラン、加ドル、さらには北欧通貨であるスウェーデンクローナなどと比べても、非常に低いのです。

いずれにせよ、ある通貨が「国際的に通用する」ためには、その国の経済力があるだけでなく、その国の資本市場(とくに債券市場やスワップ・デリバティブ市場)が洗練されていること、その国の通貨政策が透明であること(不透明な為替介入をしたりしていないこと)、などが必要です。

こうした点で、通貨当局が常態的に為替介入をしていることが「公然の秘密」となっている人民元が、国際的に通用する通貨となり得るとも考えられないのです。

韓国ウォンの国際化というパワーワード

「韓国ウォンは基軸通貨の資格十分」=韓国紙

さて、「その国の経済力」と、「その国の通貨が国際的に通用するかどうか」というのは、それぞれがまったく別の論点である、という点については、議論の余地はありません。

こうしたなか、「自国通貨の国際化」という視点では、もうひとつ、大変に興味深い記事を発見しました。韓国メディア『中央日報』(日本語版)などに今朝、こんな記事が掲載されていたのです。

韓国全経連「ウォン、基軸通貨の資格十分…編入時には113兆ウォンの経済効果」

―――2022.02.14 06:54付 中央日報日本語版より

(※なお、同じ話題の記事は、韓国メディア『ハンギョレ新聞』(日本語版)にも掲載されていましたが、ここでは中央日報のものを取り上げます。)

中央日報によると、韓国の「全国経済人連合会」が13日、「韓国ウォンはSDRの構成通貨となる資格を備えている」とする趣旨の報告書を公表したのだそうです。ちなみにウォンが基軸通貨となれば、長短経済効果は日本円換算で約11兆円に達し、89万人の雇用も創出できるのだとか。

これについて、どう見るべきでしょうか。

そもそも因果関係が逆

中央日報が述べる「基軸通貨」がどういう意味なのかはよくわかりませんが、「国際的に広く通用する通貨」という意味でそのような言葉を使っているのであれば、「SDRに指定されたら基軸通貨になる」、という主張は間違いです。

そもそも論ですが、SDRは「自由利用可能通貨」(a freely-usable currency)である必要があります(IMFウェブサイト『特別引出権』等参照)。SDRに指定されたら「自由利用可能通貨」となるのではありません。因果関係が逆です。

それに、実際に人民元も5年前にSDRに組み入れられましたが、現実に同通貨は国際的な資本市場ではほとんど通用していない、という事実についても、きちんと考えておく必要はあるでしょう。

こうした点もさることながら、中央日報の記述によると、「ウォンのSDR組入れ」という主張が出てきた理由としては、「▼韓国の経済的地位、▼IMF設立目的と合致、▼世界5大輸出大国、▼ウォンの国際取引の割合上昇、▼韓国政府のウォン国際化に向けた努力」などが挙げられているのだそうです。

では、ウォンという通貨自体がどこまで取引されているのでしょうか。

SWIFTデータでは韓国ウォンの名前自体出て来ない

ここで、SWIFTが公表している『RMBトラッカー』というページでは、「顧客を送金人とする決済額および銀行間決済額(SWIFT上で交換されたメッセージ)」の上位20通貨の順位と割合が毎月公表されているのですが、残念ながら韓国ウォンは少なくとも過去7年分のデータ上、上位20位に入ったことはありません。

また、先ほども引用したBISの債務証券統計でも、韓国ウォン建てのオフショア債券の発行残高は2021年9月末時点で24億ドルで、これは世界で31番目、世界シェアは0.01%であり、発行額は人民元の50分の1、日本円の169分の1に過ぎません。

なにより、韓国ウォンがSDRに指定されることで、世界経済にはどういうメリットがあるのか、この記事からはまったく見えてきません。

中央日報は「韓国の経済発展はIMFが追求する国際通貨協力と為替相場安定、経済成長という指向とも合致する」、などとしていますが、韓国が米財務省から「為替介入を常態化させている」と批判されている事実を忘れてはなりません(『米国財務省が「韓国は為替介入を行っている」と認める』等参照)。

透明な通貨政策が必要

いずれにせよ、万が一にでも韓国ウォンが国際通貨化を目指すならば、その前提として、「通貨当局が陰に陽に為替介入を行っている」という不透明な為替政策をやめるとともに、域外為替市場の創設も許可する必要があります。

韓国ウォンのSDR組入れという可能性は非常に低いというのが実情と考えて良いでしょう。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

なお、当ウェブサイトで昨年掲載した「中国の金融覇権」に関する一連の論考としては、次のようなものがありますので、ぜひともご参照ください。

読者コメント一覧

  1. sqsq より:

    またいつものウリナラ自慢。

  2. より:

    どういう種類の笑いを提供しようとしているのか意味不明
    庶民にもわかるように、もう少しわかりやすくボケてほしい。

    真面目に正当なツッコミをなされるブログ主様は心が広い

  3. タナカ珈琲 より:

    読者欄にもカキコしましたが、『蛇足です』が、此方にも。

    『夜郎自大』

    蛇足です。
    南国ではおホメの言葉です。

    1. だんな より:

      タナカ珈琲さま
      『誇大妄想』。

      1. タナカ珈琲 より:

        だんな様。

        ワタシのツタナイ駄文に返信ありがとうございます。

        『誇大妄想』は南国では褒め言葉です…(キッパリ)

        蛇足です。
        まだいつもの珈琲屋さんです。
        はよ帰って昼風呂に入ろっと。
        (朝風呂ではありません。ツッコミができない…。)

        1. だんな   より:

          タナカ珈琲さま
          昼風呂は、だんなを卒業して、御隠居になってからにします。

          1. タナカ珈琲。 より:

            だんな様。

            昼風呂終了です。
            45度、15分に設定です。

            蛇足です。
            早く年金生活者の世界に来てください。
            (辞表を書くだけです。簡単です。
            こちらは平穏な世界です。
            (多分ですが、)ノーストレスです。

  4. sqsq より:

    「韓国は長い間、中国・日本という二つの強大国の陰に隠れているうちにいつしか劣等感が生まれ、そのせいで(ショートトラックの)判定を中国びいきで韓国をバカにした不公正なものだと考えている」と主張した。(環球時報の国際評論関連のSNS)

    よく見てるね。こんなこと日本のメディアが言ったら大騒ぎ。でも中国には文句言えない。

    劣等感の裏返しで
    世界XX大大国、XXは世界首位圏、世界が注目するKナントカ。
    日本が注目を集めるようなものは癪に障るらしく
    世界遺産でイチャモン
    XXXは韓国が起源(例えばさくら、錦鯉、すし 挙げればきりがない)
    今度はSDRで、世界6大通貨の仲間入りですか。

    やってること、言ってること ミエミエなんだよ

  5. M1A2 より:

     通貨強国(笑)

  6. ホワイト国 より:

    北と南に民族が分断されている小国で
    将来、国として存在しているかどうかも危うい国の通貨を
    持ちたいという人はいないと思います。

  7. だんな より:

    >韓国ウォンがSDRに指定されることで、世界経済にはどういうメリットがあるのか、この記事からはまったく見えてきません。

    SDRに指定されれば、通貨危機を防げるとでも思って、「韓国にはメリット有るニダ」でしょう。
    「ワクチンスワップ」が、話に出て来たときと似てますが、現実性の観点から見れば、続報無しになるのではと思います。

  8. 徳名キボンヌ より:

    見ていて痛々しい立派な「痛貨」ですねぇ~、

  9. イーシャ より:

    ウォンは立派な鬼畜通貨ニダ。

  10. 世相マンボウ、 より:

    こうした鼻で笑われるような
    主張をしてしまっているのが
    「全国経済人連合会」なのだ
    そうですから、
    およそモロモロ韓流というものの
    気質と特異性を晒してもらって
    いるだけなのにと感じます。

  11. 伊江太 より:

    一昨日の「シンシアリーのブログ」に、アチラのネットで「韓国凄い」を主張するための偽ニュースが流行っている、というはなしが紹介されていました。例えば、「国連が韓国語を共用語に認定する案件を上程(記事によっては「採択された」)日本語は棄却された」とか。

    「グクポン(無条件で韓国凄い!とする人たち)」コンテンツとよばれるんだそうです。記事中には、この範疇のンテンツについて「マスコミはこういうのは絶対に報じない」のを指すと、定義らしき記載があるのですが、なんだか「韓国ウォンSDR入り」なんて与太記事も大同小異みたいな気がしますね。

    1. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

      最近の韓国はさらに退化しているの?

  12. ちょろんぼ より:

    今南国で流行しているらしい「地位が向上」したという幻想の
    貨幣版ですね。(という事は南国のバブルが弾ける一歩前?)
    隣の日本・中共がSDRに入っているから、「地位が向上」したと
    思い込んで、SDRに入らなければならないという話ですね。
    ところで南国が言っている「地位の向上」って、何かが解らないんですけど。
    万が一SDRに入ったとしても、金融危機は避けられないんですよね~。
    日本や中共みたいに自国でバブルを押さえ込めないんだから。
    (中共は自国内で片づけたいと思っているが、バブルの破裂弾を世界に
    バラ撒きしそうなんですよね。ー問題はどの国がそれを一番多く被るのか?)

  13. 愛知県東部在住 より:

    こういう妄想を暑苦しく騙らせたら、彼らの右に出る民族はいないかもしれません。(笑)

  14. 普段はROM男 より:

    世界を魅了したK通過
    タイムズスクエア広告効果でラブコール
    愛ウォン中と叫び失禁脱糞するファン急増

    からの

    世界を魅了したKドリンク「トンスル」が増産中
    日本の女子高生の間で大流行

    までを期待してまいますね!

  15. 匿名 より:

    だからイランはいらん事言わんとちょっと待ってればいいニダ

  16. 匿名 より:

    特別引出権!?引出権?スワップの心配しなくてよくなるニダか?
    ウリたちも、それひとつ貰えないニダか?

  17. 迷王星 より:

    >韓国の「全国経済人連合会」が13日、「韓国ウォンはSDRの構成通貨となる資格を備えている」とする趣旨の報告書を公表したのだそうです。ちなみにウォンが基軸通貨となれば、長短経済効果は日本円換算で約11兆円に達し、89万人の雇用も創出できるのだとか。

    経済効果や雇用創出効果も重要でしょうが,何より韓国の国格が上がるということが重要で,韓国の経済力(例えばGDPの規模や国民1人当たりのGDPなど)からすれば韓国ウォンはSDRに組み込まれる資格が十分にある,とその報告書は言いたいのでしょう.

    シンシアリーさんのブログ(や偶に楽韓さんでも)で韓国民の思考を支配するパターンとして何度も取り上げられていますが,儒教的な序列意識が非常に強いからか,彼ら韓国民は個人のみならず国に関しても「格」というものをやたらと気にするようで,やれ「国格が上がった」とか「国の格を下げる行為だ」といった議論が韓国ではなされるようです.

    今回の韓国ウォンのSDR組み入れという話も,以前のG7に韓国が(ゲスト国として単発で招待されるのでなく)レギュラーメンバー国として追加されてG8とかG10に拡大されるといった妄想と同じ類で,要するに「経済大国となった現在の韓国の国格に相応しい待遇を世界から受けるべきだ」という韓国ならではの自意識過剰・自己評価過大の1つの具体的事例として,今回の韓国の経済団体の報告書は理解されるべきでしょう.

  18. より:

    まあ、韓国の外側では「nice joke!」とすら言ってもらえないでしょうね。
    笑いすら取れないようなボケは痛々しい限り……ということにも気づかない民族なんでしょう。

    1. より:

      龍様

      なるほど、寒い時期に寒さを楽しむためのボケだったのですね。

    2. ダージリン より:

      こういう事を、一千年以上続けているのでしょうね。ある意味、精神的にタフな民族だと思います。

  19. ヒカル源次 より:

    自己愛性パーソナリティー障害国家が呟く妄想や願望に一々真面目に付き合っていたら私みたいにオデコが後頭部まで拡大してしまいますよ。

  20. カズ より:

    信頼の構築があってこその通貨スワップ締結なのに、
    通貨スワップ締結で信頼が構築されるってのと同じ。
    因果関係が理解できてないいつも通りの主張ですね。

    >韓国経済団体『ウ○ン○○国際通貨となる資格が十分』
    ↑しかしちょっと待って欲しい。韓国の主張には危険なにおいがする・・。

    最近、目の調子が・・。

  21. ダージリン より:

    毎年、ノーベル賞の発表前に、韓国人候補者を無理やり出してきてあたかも受賞したかのように大騒ぎで報道し、結果、受賞なし。あとは何事もなかったかのように忘れる。同じようなパターンでしょうか。呆れますが、自己評価の高さ、メンタルの強さ、面の皮の厚さなどは、少しはみならってもいいかもしれません。

    1. より:

      朝鮮史を概観してみると、なぜそのようなメンタリティーが構築されるに至ったのか、ある程度見えてくるようになりますよ。
      一つの大きなポイントは、朝鮮半島が隔絶された小宇宙であり続け、外部との接点は対中華帝国だけであり、しかもその関係性は一方的に収奪され続けるものでしかなかったという点にあります。日本だって、極東の島国ですから、外部との接点は限られましたし、外部での情勢変化の影響も少ない方でしたが、その比ではありませんでした。さらに、中華帝国との関係性においても、文化的に大きな影響を蒙った点では同じですが、日頃の関係は最低限の交易以上のものではなく、日々顔色を窺わねばならないとか、かき集めてでも毎年貢物を送らねばならないとかいうものではなく、ある意味呑気なものでした。
      しかし、朝鮮はその隔絶された小宇宙の中だけでの食い合いをずっと続けてきたのです。おまけに、朝鮮半島自体けして生産力の高い地域ではなく、限られた経済力の中での食い合いだったので、生き残るためには手段を選んでる余裕はありませんでした。こうして、誰よりも強く自己主張し、手段を択ばずライバルを貶めるというメンタリティーだけが発達したのでしょう。少しでも弱みを見せれば、たちまち食われてしまうからです。
      そんなところに、朝鮮式朱子学は、自己正当化のための理論的根拠を与えました。経過はどうあれ、「勝ったものは正しい。それは道徳性に勝っていたからだ」という言い訳が可能になり、どれほど後ろ暗い手段でライバルを貶めても自己正当化が可能になったのです。そんな社会が500年以上も続けば、そのような民族的メンタリティーとして構築されても不思議ではありません。

      以上は、あくまでも朝鮮史を踏まえた一つのストーリーでしかありません。なので、どこまで正しいか断言しかねますし、おそらくは全く異なるストーリーも作り得ると思います。でも、上記ストーリーが「真実」の一端を捉えているとしたら、あまり見習いたくはないですね。惨めさを覆い隠すために居丈高になるというのは真っ平です。

      1. ダージリン より:

        龍さま
        >惨めさを覆い隠すために居丈高になる
        このあたり、大変考えさせられます。

        声が大きく強く見えても、いわゆる真・善・美のような価値観に裏付けされた強さでないと、自民族や周囲を、トラブルや不幸に巻き込むだけなのかもしれませんね。ありがとうございます。

  22. 匿名 より:

    人類は犬を超食わないよ

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。