先日の『豪韓通貨スワップ増額更新、だが米ドル換算したら…?』で「ソフト・カレンシー同士の通貨スワップの危険性」について言及したところ、読者の方から「零細企業同士の債務保証」に例えたコメントを頂き、さらにツイッターでは「融通手形」という例えを頂きました。どちらも秀逸な例えだと思います。本稿ではこの「融通手形」といった視点も参考にしつつ、あらためてハード・カレンシー、ソフト・カレンシーの関係と日中韓のスワップの現状を整理しておきたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

通貨スワップは「融通手形」?

秀逸な読者コメント

数日前の『豪韓通貨スワップ増額更新、だが米ドル換算したら…?』に対し、「迷王星」と名乗るコメント主様から、こんな趣旨のコメントを頂きました。

ソフト・カレンシーの発行国同士の通貨スワップは、企業でいえば零細企業同士が互いに債務保証を行っているようなものであり、どちらかがこけたら連鎖倒産の危険性が高いというようなものだ」。

このコメント、まさに「わが意を得たり」、という思いがしますし、ウェブ評論サイトを運営する楽しみといえば、こういう鋭いご指摘を頂くことができるという点にあるのだと痛感します。

また、このことをツイッターにて発信したところ、「本音で語る@中道」というツイート主様からは、「融通手形を連想しました」というご返信を頂きました。

どちらも本当に秀逸なコメントだと思います。

「通貨スワップ」だの「為替スワップ」だの、あるいは英語で “bilateral currency swap agreement” だの “bilateral liquidity swap agreement” だのと言えば、何だか難しいものを意味していると思ってしまいます。

しかし、何のことはない、単なる「債務保証」や「融通手形」と同じようなものだと考えれば、じつにしっくりくるのです。

ハード・カレンシーとソフト・カレンシー

通貨スワップと為替スワップとは何なのかについては、ほんの数日前も『通貨スワップはロシアに対する「武器」となり得る』などで詳しく議論していますので、本稿では割愛します。

通貨スワップはロシアに対する「武器」となり得る

それよりも、議論の前提として、「通貨の実力」について理解しておく必要があります。

当ウェブサイトでよく引用する用語が「ハード・カレンシー」と「ソフト・カレンシー」であり、個人的にはこれについてそれぞれ

  • ハード・カレンシーとは:その通貨の発行国・発行地域に留まらず、国際的な商取引・資本取引等において広く利用されている通貨であり、為替取引等においても法的・時間的制約が少ないもの
  • ソフト・カレンシーとは:主にその通貨の発行国においてのみ利用されている通貨であり、決済機能面や通貨の安定性等の観点から国際的な商取引・資本取引には馴染まないもの

と定義しています(※これらの定義は拙著に掲載したものですが、どなたでも自由に使っていただいて構いません)。

この点、世界各国にはおよそ160~170の通貨が存在していると思われますが(※そもそも通貨の定義自体が曖昧であるため、通貨の数は定義によって変動します)、これらのの通貨のすべてが「全世界のどこでも交換できるハード・カレンシー」ではありません。

むしろ、『韓国企業が永久債のコールをスキップしたらどうなる?』でも紹介したとおり、そもそも「成熟した債券市場やデリバティブ市場」を兼ね備えている通貨は、事実上、5大通貨(米ドル、ユーロ、日本円、英ポンド、スイスフランなど)など、ごく一部に限られています。

韓国企業が永久債のコールをスキップしたらどうなる?

中国人民元(※オンショア)の場合は資本規制が非常に厳しいですし(『いったいなぜ、IMFは人民元をSDRに加えたのか』参照)、また、韓国ウォンなどの場合も債券市場やスワップ市場、フォワード市場が未成熟であり、いずれも「ハード・カレンシー」としての条件を満たしていません。

通貨スワップが機能するケースとは?

さて、ハード・カレンシー同士の場合、基本的に通貨スワップは必要ではありません。というのも、多くのハード・カレンシーの発行国は為替相場を政策目標に置いておらず、そもそも論として「自国通貨が暴騰/暴落した際に為替相場を防衛する」という必要はないからです。

というよりも、2011年以降、スイスが自国通貨高を防衛する目的で1ユーロ=1.20フランの「上限」を置き、無限に為替介入を行ったものの、2015年1月に突如としてその為替防衛政策が破綻したというのは、わりと有名な話でしょう(『「国際収支のトリレンマ」に逆らった国・スイスの末路』参照)。

つまり、通貨スワップには

  • ①ハード・カレンシーとハード・カレンシーの交換
  • ②ハード・カレンシーとソフト・カレンシーの交換
  • ③ソフト・カレンシーとソフト・カレンシーの交換

という3つのパターンがあり得るのですが、基本的に通貨スワップとして機能するのは、

②ハード・カレンシーとソフト・カレンシーの交換

というパターンではないかと思います。先ほどの「迷王星」様のことばを借りていえば、

体力のある大企業が体力のない中小企業に対して債務保証をする行為

に似ているかもしれません。

日中韓の実例

日本の通貨スワップ

実際、日本銀行が日本政府(※財務省)の代理人として外国の通貨当局とのあいだで締結している通貨スワップは現時点で5本存在しています(図表1)。

図表1 日本銀行が財務省の代理人として締結している通貨スワップ
契約相手と発効日交換上限交換条件
インド準備銀行(RBI)(2019/2/28)750億米ドルお互いの通貨を米ドルと交換する
インドネシア中央銀行(2018/10/14)227.6億米ドルインドネシア側がルピアを担保に日本からドルか円を借りる
タイ中央銀行(2017/5/5)30億米ドルお互いの通貨を米ドルと交換する(タイは円の引出も可能)
シンガポール通貨監督庁(MAS)(2018/5/21)シンガポールが30億米ドル、日本が10億米ドルお互いの通貨を米ドルと交換する(シンガポールは円の引出も可能)
フィリピン中央銀行(2017/10/6)フィリピンが120億米ドル、日本が5億米ドルお互いの通貨を米ドルと交換する(フィリピンは円の引出も可能)

(【出所】日銀『海外中銀との協力』のプレスリリース等より著者作成)

これら5本は、シンガポールドルを除けばいずれも相手国通貨はソフト・カレンシーばかりです(※といっても、厳密にはシンガポールドルを「ハード・カレンシー」と呼べるかどうかは微妙ですが、少なくともシンガポールドルを除く4つの通貨に関しては「ソフト・カレンシー」と呼んで間違いないでしょう)。

そして、日本側が提供する通貨は、インドとの通貨スワップを除けばいずれも「日本円か米ドル」、インドとの通貨スワップについては「米ドル」であり、どちらも世界に通用するハード・カレンシーです。

また、インドネシア以外との通貨スワップについては、いずれも「日本が困ったときには日本円を担保に相手国から米ドルを借りることができる」という条項が設けられていますが、世界第2位の外貨準備を有する日本が相手国から米ドルを借りるという事態は考え辛いものでもあります。

いずれにせよ、これら5本の通貨スワップは、いずれも日本が相手国を一方的に支援、信用補完するためのものであると考えて間違いないでしょう。

ハード・カレンシー同士なら為替スワップ

一方で、ハード・カレンシーの発行国であれば、基本的に通貨防衛を行う必要はないのですが、民間の金融機関が資金不足(専門用語で流動性不足)に陥るケースは考えられます。

実際に、2008年のリーマン・ブラザーズの経営破綻時には、全世界の銀行が米ドル不足に直面しました(※これは日本のメガバンク等も例外ではありませんでした)し、このような状況では米ドル資金をコール市場、レポ市場などから調達することが難しくなります。

このような事態に備えた仕組みが「為替スワップ」と呼ばれるものです。

実際、日銀が外国の通貨当局と締結している為替スワップについては、中国人民銀行とのスワップを除けば、いずれも国際的な金融市場で通用するハード・カレンシーばかりです(図表2)。

図表2 日本銀行が締結する為替スワップ一覧
契約相手交換上限交換条件
FRBニューヨーク連銀無制限日本円と米ドルを交換
欧州中央銀行(ECB)無制限日本円とユーロを交換
イングランド銀行(BOE)無制限日本円と英ポンドを交換
スイス国民銀行(SNB)無制限日本円とスイスフランを交換
カナダ銀行(BOC)無制限日本円と加ドルを交換
豪州準備銀行(RBA)1.6兆円/200億豪ドル日本円と豪ドルを交換
中国人民銀行(PBOC)3.4兆円/2000億元日本円と人民元を交換
シンガポール通貨庁(MAS)1.1兆円/150億シンガポールドル日本円とシンガポールドルを交換

(【出所】日銀『海外中銀との協力』のプレスリリース等より著者作成)

また、豪ドル、人民元、シンガポールドルについてはそれぞれ交換上限が設けられていますが、「5大通貨」とカナダドルについては、お互いの通貨の発行主体がお互いの通貨を担保にして、上限額無制限で民間金融機関に対する流動性供給を行うことができます。

これが先進国間での「無制限為替スワップ」と呼ばれるものです(ただし、為替スワップで資金を調達した場合であっても、民間金融機関はその資金を借りるための金利を支払う必要があります)。

もっとも、この「6中銀間の無制限為替スワップ」は「銀行間短期資金市場などが凍りついたときに、例外的に発動される」というものに過ぎません。

実際、頻繁に発動されているのは「NY連銀・ECB間の米ドル・ユーロ為替スワップ」が中心であり、少なくとも私が知る限り、たとえば「日本円・加ドルの為替スワップ」「日本円・英ポンドの為替スワップ」などが発動されたケースはありません。

また、過去には英国の欧州連合(EU)離脱で「ユーロと英ポンドの為替スワップ」がアクティベイトされる、という事態も発生しましたが(『ブレグジットの混乱で日英為替スワップは発動されるのか?』参照)、これも為替スワップの発動が例外的なものであるという証拠でしょう。

中国人民元のスワップ

さて、ひるがえって通貨スワップを「武器」(?)として使っている典型例が、中国でしょう(図表3)。

図表3 人民元建てのスワップ
相手国と締結年月人民元の上限相手通貨の上限
モンゴル(2017年2月)150億元トゥグルク(上限不明)
ニュージーランド(2017年5月)250億元50億NZドル
香港(2017年11月)4000億元4700億香港ドル
タイ(2018年1月)700億元3700億バーツ
オーストラリア(2018年4月)2000億元400億豪ドル
ナイジェリア(2018年5月)150億元7200億ナイラ
パキスタン(2018年5月)200億元3510億Pルピー
マレーシア(2018年8月)1800億元1100億リンギット
日本(2018年10月)2000億元3.4兆円
英国(2018年11月)3500億元ポンド(上限不明)
スイス(2018年11月)1500億元210億スイスフラン
インドネシア(2018年11月)1000億元ルピア(上限不明)
アルゼンチン(2018年12月)1300億元ペソ(上限不明)
シンガポール(2019年5月)3000億元Sドル(上限不明)
欧州連合(2019年10月)3500億元450億ユーロ
マカオ(2019年12月)300億元350億パタカ

(【出所】著者調べ。リンクは図表内に表示。上記のうち日本とのスワップは「通貨スワップ」ではなく「為替スワップ」)

中国が外国通貨当局と締結しているスワップについては、図表3のとおり、現時点でも有効なものだけでも合計20本近く存在しています(※もっとも、香港やマカオとのスワップについては「外国とのスワップ」とは言えないかもしれませんが…)。

ただ、いずれのスワップも、3兆ドルを超えるとされる中国の外貨準備から「米ドルを受け取る」というものではなく、受け取る通貨はあくまでも人民元ですし、人民元は(とくに「オンショア人民元」の場合は)とうてい「ハード・カレンシー」とは呼べません。

パンダ債を発行した邦銀などを救済する効果が期待できる日本との為替スワップなどを除けば、いずれの通貨スワップも、その国が通貨危機に陥った際に役に立つとは思えないのですが、そればかりではありません。

アジア諸国ではインドネシア(1000億元)、マレーシア(1800億元)のように、わりと巨額のスワップを中国との間で締結しているというケースが散見されるのが気になるところです。

(※なお、とくにマレーシアの場合は華人が多く、中国とマレーシアの間では送金が人民元建てという事例も増えて来ているのかもしれませんので、実需を伴っている限りにおいては、通貨スワップないし為替スワップの効果は認められるといえます。)

韓国ウォンのスワップ

さて、図表3で人民元建てのスワップを示しましたが、いちおう、韓国のスワップについてももう一度確認しておきましょう(図表4)。

図表4 韓国が外国と保有するスワップ一覧(韓国当局が「保有する」と自称するものを含む)
相手国と失効日金額とドル換算額韓国ウォンとドル換算額
インドネシア(2020/3/5)115兆ルピア(84.1億ドル)10.7兆ウォン(90.1億ドル)
中国(2020/10/13?)3600億元(515.8億ドル)64兆ウォン(539.1億ドル)
スイス(2021/2/20)100億フラン(102.6億ドル)11.2兆ウォン(94.3億ドル)
UAE(2022/4/13)200億ディルハム(54.4億ドル)6.1兆ウォン(51.4億ドル)
マレーシア(2023/2/2)150億リンギット(36.3億ドル)5兆ウォン(42.1億ドル)
オーストラリア(2023/2/22)120億豪ドル(80.6億ドル)9.6兆ウォン(80.9億ドル)
二国間スワップ(BSA)小計873.9億ドル106.6兆ウォン(897.9億ドル)
CMIM384.0億ドル
合計1,257.9億ドル
カナダ(期限なし)無制限無制限

(【出所】各種報道等より著者調べ。ただし、カナダとのスワップは通貨スワップではなく為替スワップ。また、為替相場は日本時間2月8日午前0時前後のもの)

韓国の場合はマレーシアとインドネシアの両国とのあいだで、「ソフト・カレンシー同士のスワップ」を締結しています(※中国との通貨スワップについては韓国政府が「存在する」と自称しているだけの代物であり、図表3にも登場しません)。

しかも、上記図表3のケースと異なり、韓国の場合、マレーシアやインドネシアとの国際送金でお互いの通貨を積極的に使用しているというデータなどは確認できませんので、まさに「融通手形」そのものではないかと思えてなりません。

(広告・スポンサーリンク)



もっとスワップを武器に!

さて、図表3を見る限りでは、「スワップ外交」では中国がかなり積極的に展開しているということがわかりますが、それと同時に、中国が締結しているスワップ(通貨スワップ、為替スワップ)については、日本との為替スワップを除けば象徴的なものが多く、相手国を支援する役割はないと考えられます。

これに対し、日本は世界最強クラスの日本円というハード・カレンシーを発行している国であり、かつ、世界で2番目の規模の外貨準備を保持している国ですので、中国が通貨スワップを締結している相手国も、本当は日本との通貨スワップを欲しがっているのかもしれません。

とくに、準先進国であり準ハード・カレンシー採用国でありながら国際的な市場で存在感が少ないニュージーランドに対して、日本は積極的に通貨スワップや為替スワップを締結しても良いのではないかと思う次第です。

(もっとも、中国が通貨スワップを締結している相手国を見ると、何度もデフォルトを発生させているアルゼンチンなどのように「触れてはならない国」もありますので、「日本が中国への対抗上、通貨スワップを展開する」というのは、それはそれで危険かもしれませんが…。)

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2020/03/31 07:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    韓銀、米韓為替スワップのうち120億ドル分を実行へ (11コメント)
  • 2020/03/31 06:00 【時事|国内政治
    コロナで経済非常事態 遅過ぎ・ショボ過ぎ許されない (7コメント)
  • 2020/03/31 05:00 【RMB|金融
    【資料】リーマンショック時に実行された為替スワップ (2コメント)
  • 2020/03/30 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/03/30(月) (86コメント)
  • 2020/03/30 09:30 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    中央日報が日韓通貨スワップ巡る麻生発言に「逆ギレ」 (91コメント)
  • 2020/03/30 06:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    駐韓公使、「韓国から日韓スワップ要請なし」と明かす (24コメント)
  • 2020/03/30 05:00 【金融
    米国との為替スワップが存在しても為替は安定しない? (12コメント)
  • 2020/03/29 12:00 【時事|金融
    米国は史上最大級の財政出動、日本は消費税法凍結を! (50コメント)
  • 2020/03/29 05:00 【数字で読む日本経済|金融
    資金循環統計:ついに家計の現金が1000兆円を超過 (24コメント)
  • 2020/03/28 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/03/28(土) (262コメント)
  • 2020/03/28 10:00 【外交
    コロナ、制裁、国境封鎖 北朝鮮に「トリプルパンチ」 (47コメント)
  • 2020/03/28 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    気がつけば韓国に対する「意図せざる経済制裁」の数々 (31コメント)
  • 2020/03/28 00:15 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    【速報】韓国首相、日韓通貨スワップ再開が必要と主張 (35コメント)
  • 2020/03/27 12:00 【読者投稿
    【読者投稿】コロナ狂想曲の続報と「韓国のいま」 (43コメント)
  • 2020/03/27 10:30 【経済全般
    感染者数で米中逆転?我々も「3つの条件」避けるべき (43コメント)
  • 2020/03/27 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    日韓スワップ、あえて「日本のメリット」を考えてみる (53コメント)
  • 2020/03/26 12:00 【時事|国内政治
    「オーバーシュート重大局面」でも買占めは控えるべき (80コメント)
  • 2020/03/26 08:00 【金融
    インドネシアとの通貨スワップ発動の可能性に注目か? (26コメント)
  • 2020/03/26 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    【資料】2014年4月16日の日韓スワップの議事録 (39コメント)
  • 2020/03/25 15:20 【日韓スワップ|韓国崩壊
    韓銀が巨額のドル資金を借りること自体がメッセージに (27コメント)
  • 2020/03/25 12:12 【時事|国内政治
    東京五輪1年延期の決定、「災い転じて福となす」に? (53コメント)
  • 2020/03/25 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/03/25(水) (201コメント)
  • 2020/03/25 06:00 【時事|韓国崩壊
    「輸出規制対応法」への対処は「丁寧な無視」に尽きる (33コメント)
  • 2020/03/25 05:00 【雑感オピニオン
    ウェブ評論の流儀は「議論のトレーサビリティの確保」 (14コメント)
  • 2020/03/24 16:15 【日韓スワップ|韓国崩壊
    朝鮮日報「韓日通貨スワップ復活は政治に阻まれて」… (55コメント)
  • 2020/03/24 11:45 【時事|国内政治
    森友学園「問題」を蒸し返す!自滅の道を行く特定野党 (28コメント)
  • 2020/03/24 06:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    韓国メディア「五輪延期なら日本も韓日スワップ必要」 (56コメント)
  • 2020/03/24 05:00 【マスメディア論
    テレビ業界の苦境の本格化は、むしろこれから (11コメント)
  • 2020/03/23 17:35 【日韓スワップ|韓国崩壊
    韓国でまた「トリプル安」が発生 (41コメント)
  • 2020/03/23 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/03/23(月) (140コメント)
  • 2020/03/23 11:15 【読者投稿
    【読者投稿】武漢肺炎、なぜ日本で感染爆発しないのか (175コメント)
  • 2020/03/23 06:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    韓銀、為替スワップを通貨スワップと意図的に誤記か? (51コメント)
  • 2020/03/23 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    【総論】4種類のスワップと為替スワップの威力・限界 (16コメント)
  • 2020/03/22 08:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    韓国、米韓為替スワップに続き日韓通貨スワップに期待 (73コメント)
  • 2020/03/22 05:00 【RMB|金融
    米FRB為替スワップの解説と「中国へのメッセージ」 (23コメント)
  • 2020/03/21 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/03/21(土) (222コメント)
  • 2020/03/21 10:00 【経済全般
    数字ありきの訪日観光客目標、コロナで実績ガタガタに (45コメント)
  • 2020/03/21 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    韓国経済の弱点は外貨短期債務~「突然死」リスクも! (26コメント)
  • 2020/03/20 08:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事~本日限定の「市場ウォッチ編」~ (76コメント)
  • 2020/03/20 04:00 【日韓スワップ|金融
    日本主導で(特定国除く)アジア通貨安全網の確立を! (21コメント)
  • 2020/03/20 00:30 【時事|金融
    速報:米FRBが9つの中央銀行と為替スワップを締結 (94コメント)
  • 2020/03/19 18:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    3年前の中央日報、やたら好戦的な日韓スワップ否定論 (56コメント)
  • 2020/03/19 10:45 【日韓スワップ|韓国崩壊
    1ドル=1270ウォンの大台の一方、「ドルの方舟」 (77コメント)
  • 2020/03/19 06:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    ウォン安の韓国 なぜ日本とのスワップにこだわるのか (50コメント)
  • 2020/03/19 05:00 【国内政治
    給付金、「120万円以上」の間違いではないですか? (30コメント)
  • 2020/03/18 17:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    【速報】USDKRWが1250の大台を突破 (107コメント)
  • 2020/03/18 13:15 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    なぜ韓国は突然「G20スワップ」と言い出したのか? (35コメント)
  • 2020/03/18 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/03/18(水) (208コメント)
  • 2020/03/18 11:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    「韓国が銀行の先物外為限度額拡大」→え?それだけ? (19コメント)
  • 2020/03/18 06:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    韓経も日韓スワップ待望論の一方、副首相が軽率な発言 (35コメント)
  • 2020/03/18 05:00 【韓国崩壊
    「株安」と「資本逃避」は必ずしもイコールと限らない (5コメント)
  • 2020/03/17 16:45 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    KRW売られる一方で朝鮮日報は「米日とスワップを」 (52コメント)
  • 2020/03/17 15:30 【時事|国内政治
    「内閣支持率49%」に納得がいかない人たちの逆ギレ (77コメント)
  • 2020/03/17 11:15 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    韓国メディアがまた「G20と通貨スワップ締結を」 (31コメント)
  • 2020/03/17 05:00 【金融
    日銀への失望は当然 必要なのは金融政策より財政政策 (37コメント)
  • 2020/03/16 13:05 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    G7緊急会議とドル為替スワップを韓国が強く意識か? (43コメント)
  • 2020/03/16 12:10 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報、「韓国外交にコロナ以後はないのか」と批判 (21コメント)
  • 2020/03/16 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/03/16(月) (167コメント)
  • 2020/03/16 07:00 【時事|金融
    「1兆円もの日本国債が市場にあふれるぞ!」(爆笑) (13コメント)
  • 2020/03/16 05:00 【マスメディア論|時事
    本当に「日本は韓国手本に検査増やせ」と言ったのか? (56コメント)
  • 2020/03/15 10:00 【マスメディア論|時事
    米国の「専門家」が日本に「韓国手本に検査を増やせ」 (94コメント)
  • 2020/03/15 05:00 【読者投稿
    【読者投稿】専門家と素人、そして有害な自称専門家 (102コメント)
  • 2020/03/14 14:00 【お知らせ|雑感オピニオン|ご案内
    【予告編】読者投稿につきまして (9コメント)
  • 2020/03/14 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/03/14(土) (174コメント)
  • 2020/03/14 10:00 【日韓スワップ|金融
    米国が為替スワップを「締結しないこと」もメッセージ (26コメント)
  • 2020/03/14 05:00 【金融
    日本で「トリプル安」発生、ヘッジファンド返り討ちも (18コメント)
  • 2020/03/13 18:30 【日韓スワップ|韓国崩壊
    中央日報「米韓通貨スワップ待望論」に見る事実の歪曲 (40コメント)
  • 2020/03/13 12:30 【時事|金融
    【速報】韓国でトリプル安が発生 (48コメント)
  • 2020/03/13 12:15 【時事|金融
    日米ともに株価が急落 下落率では「米国>日本」 (21コメント)
  • 2020/03/13 08:00 【時事|韓国崩壊
    トリプル安でなくても油断して良いということではない (34コメント)
  • 2020/03/13 05:00 【マスメディア論
    埼玉県民様から:「日本の広告費2019」を読む (27コメント)
  • 2020/03/12 13:15 【時事|経済全般
    米国が欧州からの入国を禁止 世界経済に甚大な打撃へ (114コメント)
  • 2020/03/12 11:00 【RMB|日韓スワップ|韓国崩壊
    WSJ「FRBは外国中央銀行と為替スワップ拡張を」 (15コメント)
  • 2020/03/12 08:00 【時事|韓国崩壊
    韓国首相の発言、「思わず呆れたい人」は読んで下さい (64コメント)
  • 2020/03/12 05:00 【時事|金融
    コロナショックへの対応は消費税の減税が手っ取り早い (76コメント)
  • 2020/03/11 13:15 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「韓国経済の信管は家計債務と航空会社」 (33コメント)
  • 2020/03/11 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/03/11(水) (220コメント)
  • 2020/03/11 11:55 【時事|国内政治
    大震災から9年 旧民主党と大手メディアは反省しない (27コメント)
  • 2020/03/11 05:00 【韓国崩壊
    相変わらず「輸出規制を巡る議論」と誤報する中央日報 (30コメント)
  • 2020/03/10 16:45 【時事|経済全般
    マスク転売に懲役刑も!日曜日に政令が施行へ (45コメント)
  • 2020/03/10 12:00 【時事|経済全般
    コロナウィルスが欧州で猛威ふるう EUの教訓とは? (93コメント)
  • 2020/03/10 08:00 【韓国崩壊
    自分でサプライチェーンを切断 斬新なセルフ経済制裁 (37コメント)
  • 2020/03/10 05:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国トリプル安」報道:キャピタルフライトとは何か (11コメント)
  • 2020/03/09 14:30 【時事|韓国崩壊
    語るに落ちる韓国政府 防疫に「対抗措置」持ち出す愚 (40コメント)
  • 2020/03/09 13:45 【時事|金融
    レバノンのデフォルトと「国債デフォルトの3条件」 (7コメント)
  • 2020/03/09 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/03/09(月) (143コメント)
  • 2020/03/09 11:55 【時事|金融
    総理、「リーマン級のショック」は生じていますよ! (32コメント)
  • 2020/03/09 05:00 【韓国崩壊
    韓国政府の軽率な行動により、ビザ免除復活が困難に? (59コメント)
  • 2020/03/08 10:00 【韓国崩壊
    数字で見た、「日韓は切っても切れない関係」論のウソ (55コメント)
  • 2020/03/08 05:00 【経済全般
    日本が8位に後退の一方、シェンゲン圏でコロナ蔓延? (95コメント)
  • 2020/03/07 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/03/07(土) (258コメント)
  • 2020/03/07 10:00 【韓国崩壊
    瀬戸際外交が通じず、ついに泣き落とし外交に入る韓国 (48コメント)
  • 2020/03/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    セルフ経済制裁?韓国が日本人向け入国ビザ免除停止へ (86コメント)
  • 2020/03/06 12:10 【時事|経済全般
    経済効果から見た入国拒否:「対抗措置」はあるのか? (102コメント)
  • 2020/03/06 10:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    韓国経済に「弱者連合スワップ」で一息つく余裕はない (25コメント)
  • 2020/03/06 08:00 【時事|経済全般
    人間の合理的な行動から考える「買占めをどう防ぐか」 (38コメント)
  • 2020/03/06 05:00 【日韓スワップ|金融
    インドネシアと韓国のスワップ、リスクは「危機伝播」 (14コメント)
  • 2020/03/05 18:00 【時事|国内政治
    【速報】習近平主席訪日延期と中韓人「入国拒否」報道 (73コメント)
  • 2020/03/05 16:00 【時事
    【速報】「プリンセス」姉妹船、米国でも集団感染か? (81コメント)
  • 2020/03/05 15:00 【マスメディア論|時事
    厚労省がテレ朝番組を名指ししてツイッターで反論 (23コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。