日本はインドとの間で通貨スワップ(BSA)を締結するもようです。金額は従来の1.5倍の750億ドル、日本円換算で8兆円少々の米ドル建てスワップです。中国との間で先日締結した3.4兆円の為替スワップ(BLA)と比べ、金額も2倍以上であり、しかも為替スワップではなく通貨スワップです。そこで、『【速報】やはり中国とのスワップは「為替スワップ」だった!』の続編として、あらためて通貨スワップと為替スワップを巡る最近の話題をまとめておきたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スワップあれこれ

当ウェブサイトが以前から力を入れて追いかけているテーマの1つが、スワップ協定です。

ただ、金融関係者が「スワップ」と聞けば、真っ先に想定するのが「金利スワップ」(Interest Rate Swap, IRS)であり、デリバティブに詳しければ「クレジット・デフォルト・スワップ」(Credit Default Swap, CDS)や「通貨スワップ」(Cross-Currency Swap, CCS)を想起されるかもしれません。

さらに、一部の事業会社や地銀などを中心に、通貨スワップに代わって活発に取引されているのが「為替スワップ」(直物為替取引と先物為替取引の組合せ、一般に “Buy-Sell” や “Sell-Buy” )と呼ばれる取引です(一般にISDA契約が不要であるため、使い勝手が良いようです)。

しかし、当ウェブサイトで「スワップ」と言及するときには、これらのIRS、CDS、CCS、Buy-Sell/Sell-Buyのことではなく、おもに国際金融協力の世界でいう「スワップ」のことを示しており、そのなかでもとくに重要なものは、通貨スワップと為替スワップです。

このうち通貨スワップとは、通貨当局どうしが通貨を融通し合う協定のことであり、英語の “Bilateral Currency Swap Agreement” という呼称から、日本の財務省あたりは「BSA」と略していますが、デリバティブの世界の通貨スワップ(CCS)とは似ても似つかぬ別物です。

また、為替スワップとは、通貨当局どうしが、相手国の民間金融機関に対して通貨を提供する協定のことで、英語の “Bilateral Liquidity Swap Agreement” という表記を、私自身は「BLA」と略していますが、これもデリバティブの世界の為替スワップとはまったく別のものです。

専門用語としてのスワップとその略称
  • IRS…金利スワップ
  • CDS…クレジット・デフォルト・スワップ
  • CCS…通貨スワップ(デリバティブの方)
  • BSA…通貨スワップ(国際金融協力の方)
  • Buy-Sell/Sell-Buy…為替スワップ(デリバティブの方)
  • BLA…為替スワップ(国際金融協力の方)

とくに通貨スワップと為替スワップには意味が2つあるというのも、実にややこしい話ですね。

とくに、CCSやBuy-Sell/Sell-Buyなどのデリバティブ取引、金商法と法人税法と金融商品会計上の取扱いなどについて興味がある方は、『総論:通貨スワップと為替スワップとは?』や『通貨スワップと為替スワップについて、改めて確認してみる』あたりを是非ご参照ください。

BSAとBLA

通貨スワップと為替スワップは別物です

どうして冒頭からこんなことを長々と申し上げたのかといえば、「為替スワップ」という用語を、マスコミがほとんど取り上げないからです。

たとえば、つい先日、安倍晋三総理大臣が中国を訪問したことを契機に、「日中為替スワップ」が締結されましたが、これについてさまざまな報道機関は「日中通貨スワップ」と誤報し続けています。

もちろん、報道機関がこうした誤報を続ける原因については、財務省自身にもあります。というのも、今年5月9日付の財務省の報道発表などでは、日中の通貨交換協定のことを、「為替スワップ」ではなく「通貨スワップ」と報じているからです。

5月9日の日中首脳会談で合意した日中金融協力
  • 中国は日本に対して2000億元(約3.4兆円)のRQFII(人民元適格外国機関投資家)枠を付与する
  • 日中双方は、人民元クリアリング銀行の設置、円‐元の通貨スワップ協定の締結のための作業を早期に完了させる
  • 中国は日系金融機関への債券業務ライセンスを早期に付与するとともに、日本の証券会社等の中国市場参入に関する認可申請を効率的に審査する

(【出所】財務省HP。ただし、下線部は引用者による加工)

しかし、財務省ウェブサイトの『アジア諸国との二国間通貨スワップ取極』や日銀のウェブサイト『海外中銀との協力』のページなどを見ると、「通貨スワップ」と「為替スワップ」は明確に別物として位置付けられています(図表1図表2)。

図表1 現時点で日本が外国と締結している通貨スワップ
相手国日本から提供する通貨相手から受け取る通貨
インドネシア227.6億米ドルインドネシア・ルピア(金額不明)
フィリピン120億米ドル相当の米ドルか日本円フィリピン・ペソ(金額不明)
シンガポール30億米ドル相当の米ドルか日本円シンガポール・ドル(金額不明)
タイ30億米ドル相当の米ドルか日本円タイ・バーツ(金額不明)
合計407.6億米ドル

(【出所】財務省ウェブサイトより著者作成。なお、インドネシア以外の各国は相手国から日本が米ドルを受け取るという条項も含まれているが、記載を割愛している)

図表2 日本と外国との為替スワップ
相手上限交換する通貨
米国(FRB・NY連銀)無制限円と米ドル
欧州中央銀行(ECB)無制限円とユーロ
イングランド銀行(BOE)無制限円と英ポンド
スイス国立銀行(SNB)無制限円とスイスフラン
カナダ銀行(BOC)無制限円とカナダドル
豪州準備銀行(RBA)1.6兆円/200億豪ドル円と豪ドル
シンガポール通貨庁(MAS)1.1兆円/150億Sドル円とSドル
中国人民銀行(PBoC)3.4兆円/2000億元円と人民元

(【出所】日本銀行『海外中銀との協力』より著者作成。なお、「Sドル」とはシンガポールドルのこと)

いくつかのウェブサイト、ブログサイトなどを見ていると、「日本はアメリカと無制限の通貨スワップを締結している」などと述べている人もいるのですが、これは大間違いです。日銀が海外中銀と締結している「無制限のスワップ」は「為替スワップ」であり、「通貨スワップ」ではありません。

日本の通貨ポジションは世界最強!

また、図表1をみていただければわかりますが、日本が通貨スワップを締結している相手は4ヵ国であり、いずれも米ドル建での表記となっています(インドネシアを除く3ヵ国については円での引出も可能)。

これについて財務省は、協定の詳細情報(スワップ発動条件など)を開示していませんが、おそらくは相手国が米ドルでスワップの引出を希望した場合、日本の財務省は「外為特会」において管轄する外貨準備高(日本円換算で約140兆円)から米ドルを相手国に貸し付けるという仕組みだと思われます。

(※余談ですが、この140兆円の外為特会を処分すれば、約100兆円の短期割引国債を発行する必要がなくなるうえに、政府に40兆円の利益が発生します。財政再建を優先するならば、消費増税よりも先に外為法などを改正し、外為特会を日銀に譲渡すべきでしょう。)

これに加えて、日本は円を担保に、米ドル、ユーロ、英ポンド、スイスフラン、カナダドルの5つの通貨を無制限に調達することができますし(※ただし用途は民間金融機関への貸付などに限定されています)、そのまえに日本円自体が「有事の円買い」と言われるほど強い通貨であるという点を忘れてはなりません。

つまり、日本の通貨ポジションは、まさに世界最強クラスなのです。

もっといえば、その気になれば、日本は世界中からおカネをかき集めることができます。しかし、日本は現在、外国におカネを貸していますが、外国からほとんどおカネを借りていません(※といっても、外貨調達額がゼロである、という意味ではありませんが…)。

(広告・スポンサーリンク)



日印、日中の違い

日印通貨スワップ協定が復活へ

こうしたなか、「日本は世界最強の通貨ポジションをもっと活用すべきである」というのは私自身の以前からの持論でしたが、今回、インドのモディ首相が来日したことを契機に、遅まきながら、インドとの通貨スワップ協定が復活するようです。

インドとの間で総額750億ドルの二国間通貨スワップ取極の締結について基本合意に達しました(2018/10/29付 財務省HPより)

インドとの間では500億米ドルを上限とする通貨スワップ協定を締結していましたが、2015年に失効していました。しかし、財務省の報道発表によれば、新しいスワップの規模は総額750億米ドルで、さきほどの図表1で示したインドネシアとのスワップ(227.6億米ドル)を上回ります。

しかも、1ドル=110円で換算すれば、新スワップの規模は8.25兆円であり、これは先日締結された日中「為替」スワップ(3.4兆円)の倍以上の金額に達します。

中国人民銀行との為替スワップ取極締結について(2018/10/26付 日本銀行HPより)

今のところ財務省は、これから締結する日印通貨スワップ協定の詳細(締結予定日、期間など)を明らかにしていませんが、比較しておくと、図表3のとおりです。

図表3 インドと中国の違い
区分インド中国
スワップの種類通貨スワップ為替スワップ
金額750億米ドル(約8.25兆円)3.4兆円と2000億元
交換する通貨インド・ルピーと米ドル?円と人民元
期限2021年10月25日
目的金融市場の安定邦銀の救済

(【出所】著者作成)

麻生総理、「日中と日印スワップは性質違う」

ところで、「中国とのスワップは通貨スワップではなく為替スワップである」という主張は、ほかのメディアの報道などを見ても、はっきり指摘しているサイトはほとんど見当たりません。主要メディアはいずれも「日中通貨スワップ」と報じています。

しかし、日銀のウェブサイトを見ていただければわかるとおり、中国とのスワップは「為替」スワップであり、「通貨」スワップではありません。これについて、昨日のロイターに、麻生太郎副総理兼財相のこんな発言が掲載されていました。

日中と日印通貨スワップは性質違う、日印は危機対応=麻生財務相(2018年10月30日 10:31付 ロイターより)

ロイターの報道をベースに、私の文責において、麻生総理の発言を要約しておきます(ただし、ロイターの原文には「為替スワップ」という言葉は出てこないので、私の文責において「日中通貨スワップ」を「日中為替スワップ」と書き換えています)。

  • 日中為替スワップは日本企業の活動を支える目的がある一方、日印通貨スワップは有事に米ドルとインド・ルピアを交換する危機対応策であり、両者は性質が異なる
  • 日中為替スワップは人民元が不足する場合に中国で活動している邦銀に日銀が人民元を供給するものであり、米ドルとの通貨スワップではない

何と!麻生総理の発言は、私が以前から当ウェブサイトで申し上げてきた内容(たとえば『【速報】やはり中国とのスワップは「為替スワップ」だった!』など)と、まったく同じです(当たり前ですけれどもね)。いや、報道に携わるマスコミの皆さんはどれだけ不勉強なのでしょうか?心の底から呆れます。

BSAといえば韓国?

脆弱な韓国の通貨ポジション

さて、この「通貨スワップ(BSA)」について言及すると、日本外交にとってのもう1つの「頭痛のタネ」にも言及せざるを得ません。「スワップ」と検索すれば、すぐに出てくるのが「日韓通貨スワップ協定」です。当ウェブサイトは「韓国専門サイト」ではありませんが、備忘録的にこの論点についても記載しておきます。

以前から韓国では、日本との通貨スワップ協定の復活に対して強い期待が寄せられているのですが(『「日韓スワップ再開の可能性が高まった」?不思議な思考回路』等をご参照ください)、その理由は、韓国の通貨ポジションが非常に脆弱だからです。

「日韓スワップ再開の可能性が高まった」?不思議な思考回路

たとえば、『外貨準備統計巡る韓国のウソと通貨スワップ、そして通貨制裁』で議論したとおり、どうも韓国の当局が発表する外貨準備高には色々とウソが混じっているように思えてなりません。

外貨準備統計巡る韓国のウソと通貨スワップ、そして通貨制裁

さまざまな状況証拠から、韓国の外貨準備高は(当局発表の)4000億ドルではなく、多くて2000億ドル、下手すると500~1000億ドルではないかと考えられます。これだと、実質的な外貨建債務(2600億ドル)には到底足りませんし、いつ通貨危機が発生しても不思議ではありません。

実際、今年3月に韓国メディア『中央日報』(日本語版)に掲載された次の記事によると、韓国が通貨危機に陥った場合、外貨保有額が約1200億ドル不足する、という試算があるそうです。

韓国、米利上げ時に通貨危機の可能性…日米との通貨スワップ必要(2018年03月19日13時47分付 中央日報日本語版より)

この1200億ドルの論拠については、記事だけではよくわかりません。しかし、韓国の外貨建ての対外債務が2600億ドルで、外貨準備が1400億ドルしかないと仮定すれば、韓国の外貨不足額は1200億ドルであり、この記事の「1200億ドル」という数字と、ドンピシャリと一致します。

韓国とスワップ協定

こうした外貨不足額を埋めるのが通貨スワップですが、韓国が外国と締結している通貨スワップ協定のうち、使い物になるのは、せいぜいオーストラリアやスイスとの約170億ドル相当の通貨スワップだけです(図表4)。

図表4 韓国が外国と締結している4つの通貨スワップ
相手国韓国が受け取る通貨韓国が引き渡す通貨
オーストラリア100億豪ドル(約71億米ドル)9.0兆ウォン
マレーシア150億リンギット(約36米億ドル)5.0兆ウォン
インドネシア115兆ルピア(約76億米ドル)11.0兆ウォン
スイス100億スイスフラン(約100億米ドル)11.2兆ウォン
合計約282億米ドル相当額36.2兆ウォン

(【出所】著者調べ。なお、米ドル換算額はWSJ表示の米国時間2018/10/22終値などを参照)

また、韓国は昨年10月10日に失効した中国との通貨スワップ協定(3600億元相当額)について、「口頭で延長することに合意した」と述べていますが、通常、国際金融協力に関する協定が口頭で済まされることなどあり得ません。おそらく「中国との口頭の合意」という説明は、限りなく虚偽に近いでしょう。

また、韓国は「チェンマイ・イニシアティブ・マルチ化協定」で384億ドルを引き出す権利を持っていますが、このうちIMFに介入されない限度額は30%、115.2億ドルに過ぎません。

さらに、カナダとは昨年11月にスワップを締結していますが、これはあくまでも「為替スワップ」であり、「通貨スワップ」ではありません。

鈴置氏が「為替スワップ」に言及!

以上、日印通貨スワップ協定の再開を契機に、改めて通貨スワップと為替スワップについて確認してみたのですが、私が当ウェブサイトでずっと言い続けてきたことが、少しずつ世の中に浸透し始めたことは、非常に嬉しい話でもあります。

ところで、マスコミ報道が通貨スワップと為替スワップを意図的に混同しているなかで、私が「さすがだ」と思ったのが、次の記事です。

新日鉄住金が敗訴、韓国で戦時中の徴用工裁判/日韓関係は「無法」状態に(2018/10/30付 日経ビジネスオンラインより)

これは、日本経済新聞社の元編集委員で「韓国観察者」を名乗る鈴置高史氏が昨日、日経ビジネスオンラインに寄稿した記事です。

「戦時中の徴用工裁判」とあるのは、当ウェブサイトでも昨日『越えてはならない一線越えた韓国司法、日韓関係への影響必至』で触れた、自称「元戦時徴用工」に対する損害賠償を命じた判決のことであり、記事自体、非常に面白くてためになりますので、是非、読んでみてください。

(ただし、リンク先記事を読むためには条件がありますが、その条件については日経ビジネスオンラインでご確認ください。)

私が「さすが鈴置氏だ」と感心したのは、この記事の4ページ目の末尾にある、「韓国の通貨スワップ(2018年10月29日現在)」という図表です。

この図表には、カナダとの為替スワップが含まれているのですが、注記欄に、次のような記載があります。

<注2>カナダと結んだのは「為替スワップ(bilateral liquidity swap)」で市中銀行に外貨を貸すのが目的。中央銀行に対し市場介入用の外貨を貸す「通貨スワップ(bilateral swap)」ではない。

この<注2>という記述に、「カナダとのスワップは通貨スワップではなく為替スワップである」と明確に記載されているのですが、私が知る限り、大手メディアで「為替スワップ」という用語をBLAという意味で使ったのは、鈴置氏が初めてだと思います。

鈴置氏の文章を読んでいると、こういう本当に細かいところまで気配りがなされており、「これが本当のジャーナリストの仕事だ」と思わず舌を巻きます。

私自身も「ウェブ評論家」を名乗る以上は、鈴置氏のような「冷静かつ丁寧な文章」を書けるようになるのが理想なのですが、まだまだその道は遠そうです(笑)

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/12/13 15:45 【時事|外交
    大陸を捨て海洋を選んだ英国 (15コメント)
  • 2019/12/13 12:30 【時事|韓国崩壊
    もともと少なかったものが、「関係改善の兆し」? (8コメント)
  • 2019/12/13 09:22 【時事|金融
    【速報】BREXIT確定?保守党が過半数も (11コメント)
  • 2019/12/13 06:00 【時事|国内政治
    「韓国金融制裁」どころでない、とてつもない麻生発言 (19コメント)
  • 2019/12/13 05:00 【マスメディア論
    経済原理に反するオールドメディアの真っ暗な未来 (8コメント)
  • 2019/12/12 12:12 【時事|韓国崩壊
    「今こそ韓日関係改善が必要だ」の本当の意味を考える (25コメント)
  • 2019/12/12 11:30 【時事|国内政治
    「謝蓮舫ブーメラン」は健在 特定野党は衰退と消滅へ (29コメント)
  • 2019/12/12 06:00 【時事|韓国崩壊
    「関係悪化で日本が苦境」 韓国メディアの虚報が酷い (19コメント)
  • 2019/12/12 05:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞社の新聞事業は想定以上に深刻だった (19コメント)
  • 2019/12/11 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/12/11(水) (69コメント)
  • 2019/12/11 11:55 【時事|韓国崩壊
    北朝鮮攻撃が先か、それとも米韓同盟の終了が先か (28コメント)
  • 2019/12/11 10:30 【時事|国内政治
    もりかけの教訓と「桜を見る会」巡るメディアの焦り (23コメント)
  • 2019/12/11 06:00 【RMB|金融
    デジタル人民元と犯罪資金、そして最新BIS統計 (8コメント)
  • 2019/12/11 05:00 【韓国崩壊
    朝鮮半島8つのシナリオと「韓国の軍事クーデター説」 (37コメント)
  • 2019/12/10 13:00 【金融
    麻生総理が「対韓金融制裁」に言及したことの意味 (29コメント)
  • 2019/12/10 12:00 【国内政治
    麻生太郎総理、「憲法改正なら4選覚悟せよ」 (28コメント)
  • 2019/12/10 06:00 【韓国崩壊|金融
    対韓輸出管理、今後さらに厳格化される可能性を考える (31コメント)
  • 2019/12/10 05:00 【マスメディア論
    御礼 いつの間にかツイッターフォロワー2000人に (8コメント)
  • 2019/12/09 10:45 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    日韓通貨スワップ待望論は韓国経済「危険水域」の証拠 (26コメント)
  • 2019/12/09 06:00 【外交
    「非核化交渉離脱宣言」は北朝鮮自身が困っている証拠 (28コメント)
  • 2019/12/09 05:00 【時事|韓国崩壊
    梶山弘志経産相「輸出管理が議題になることはない」 (21コメント)
  • 2019/12/08 14:45 【マスメディア論|時事
    テレ朝は朝生を終了し、田原総一郎氏を降板させるべき (31コメント)
  • 2019/12/08 05:00 【韓国崩壊
    外国に支配される韓国市場 鈴置氏の警告をどう読むか (44コメント)
  • 2019/12/07 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/12/07(土) (158コメント)
  • 2019/12/07 10:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見たGSOMIA騒動既視感 (51コメント)
  • 2019/12/07 05:00 【数字で読む日本経済
    韓国「ノージャパン運動」の日本経済への影響は限定的 (11コメント)
  • 2019/12/06 15:15 【時事
    韓国メディアの「逆ギレ」と北朝鮮の突然の体制崩壊 (36コメント)
  • 2019/12/06 11:40 【時事|外交
    米政府が中東への兵力増派を示唆 (6コメント)
  • 2019/12/06 06:00 【韓国崩壊
    「日本は韓国に譲歩するべきである」論の盛大な勘違い (59コメント)
  • 2019/12/06 05:00 【マスメディア論
    不動産の稼ぎで「科学否定の硬派な新聞」発行しては? (26コメント)
  • 2019/12/05 16:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報「韓日首脳会談前に輸出規制解決策も?」 (25コメント)
  • 2019/12/05 12:12 【時事|経済全般
    フランス革命から230年目にして衝撃の真実が発覚? (28コメント)
  • 2019/12/05 10:00 【マスメディア論|時事
    元俳優で韓国籍の朴慶培被告の実名を報じない理由は? (26コメント)
  • 2019/12/05 06:00 【韓国崩壊
    「日韓ゼロサムゲーム」からの脱却には何が必要なのか (24コメント)
  • 2019/12/05 05:00 【数字で読む日本経済
    日韓往来の「一千万人時代」、あっけなく1年で終了へ (13コメント)
  • 2019/12/04 17:00 【時事|経済全般
    対馬・釜山航路乗客が95%減少 (25コメント)
  • 2019/12/04 13:15 【日韓スワップ|金融
    韓国の外貨準備高の増減の動向分析と「為替介入疑惑」 (7コメント)
  • 2019/12/04 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/12/04(水) (49コメント)
  • 2019/12/04 11:30 【マスメディア論|国内政治
    桜を見る会の「もりかけ問題」化にどう対抗するか (38コメント)
  • 2019/12/04 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で検証する、「対韓輸出規制が日本経済に打撃」説 (18コメント)
  • 2019/12/03 22:00 【時事|韓国崩壊
    USDKRWが再び1190ウォンの大台超過 (16コメント)
  • 2019/12/03 12:30 【時事|韓国崩壊
    順調にデフレ化する韓国経済 (32コメント)
  • 2019/12/03 10:00 【マスメディア論|時事
    流行語大賞と「表現の自由」と「批判の自由」 (23コメント)
  • 2019/12/03 06:00 【時事|韓国崩壊
    ネセサリーロスで読む 日経世論調査と日韓関係の未来 (14コメント)
  • 2019/12/03 05:00 【数字で読む日本経済
    貿易統計をじっくり読むと浮かぶ、日本経済の意外な姿 (18コメント)
  • 2019/12/02 12:30 【時事|韓国崩壊
    上皇陛下侮辱の国会議長が「ゴミ法案」を強行するわけ (32コメント)
  • 2019/12/02 10:45 【時事|金融
    韓国政府「人員の5割増」だけでは問題は解決されない (28コメント)
  • 2019/12/02 06:00 【マスメディア論
    社会が健全ならウソツキは淘汰される それだけのこと (16コメント)
  • 2019/12/02 05:00 【韓国崩壊
    中国向け輸出低迷 韓国の輸出が12ヵ月連続で不振に (5コメント)
  • 2019/12/01 08:00 【時事|韓国崩壊
    土曜日の「鈴置論考」と金融市場の急変の怖さ (31コメント)
  • 2019/12/01 05:00 【韓国崩壊|数字で読む日本経済
    いま話題の日韓関係、「数字」でじっくりと読んでみた (28コメント)
  • 2019/11/30 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/30(土) (118コメント)
  • 2019/11/30 08:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    スワップは信頼と友好の証 最も重要な隣国と締結を! (19コメント)
  • 2019/11/30 05:00 【韓国崩壊
    韓国が輸出規制と誤る限り、措置撤回は不可能 (47コメント)
  • 2019/11/29 16:30 【マスメディア論|時事
    朝日新聞社、単体の中間決算は営業赤字に転落 (17コメント)
  • 2019/11/29 12:10 【時事|韓国崩壊
    時事通信「文喜相案巡り日本政府内に期待」、本当に? (29コメント)
  • 2019/11/29 06:00 【時事|金融
    香港人権民主主義法の本質は「対中輸出管理の強化」? (33コメント)
  • 2019/11/29 05:00 【数字で読む日本経済
    日本経済を客観的な数字で読んでみた結果を総括します (14コメント)
  • 2019/11/28 17:30 【時事|韓国崩壊
    ついに対韓ビール輸出がゼロに!そのインパクトとは? (28コメント)
  • 2019/11/28 11:15 【時事|韓国崩壊
    文喜相氏の「解決策」を絶賛する中央日報社説 (39コメント)
  • 2019/11/28 06:00 【韓国崩壊
    硬派メディア、「安倍総理が文喜相氏の基金案に共感」 (21コメント)
  • 2019/11/28 05:00 【数字で読む日本経済
    貿易統計に見る「意外と貿易依存度が低い日本」の現状 (8コメント)
  • 2019/11/27 18:30 【時事|国内政治
    立民、桜を見る会に対抗しシュレッダーを見る会を開催 (40コメント)
  • 2019/11/27 14:00 【時事|韓国崩壊
    輸出管理の本質は「政策対話から3年半逃げる韓国」 (35コメント)
  • 2019/11/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/27(水) (80コメント)
  • 2019/11/27 10:15 【時事|韓国崩壊
    韓国国会議長による自称元徴用工問題「解決」策が判明 (27コメント)
  • 2019/11/27 05:00 【韓国崩壊
    オプション理論から見る米韓関係 (36コメント)
  • 2019/11/26 17:40 【時事|韓国崩壊
    鈴置氏「GSOMIA後の米韓関係」に関する最新論考 (23コメント)
  • 2019/11/26 13:15 【数字で読む日本経済
    「消費税20%」で日本をぶっ壊す!悪の組織・財務省 (22コメント)
  • 2019/11/26 10:45 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「感情対立煽るな、韓日お互い自制せよ」 (49コメント)
  • 2019/11/26 05:00 【韓国崩壊
    韓国「日本が輸出規制を1ヵ月で撤回すると言った!」 (49コメント)
  • 2019/11/26 05:00 【雑感オピニオン
    お詫び:「数字で読む日本経済」シリーズについて (3コメント)
  • 2019/11/25 12:36 【時事|韓国崩壊
    菅官房長官、「政府として韓国に謝罪した事実はない」 (43コメント)
  • 2019/11/25 10:30 【時事|韓国崩壊
    月曜の韓国メディアの反応と「ウソツキ国家への対応」 (50コメント)
  • 2019/11/25 06:00 【韓国崩壊
    GSOMIA後の文在寅氏は「水に落ちた犬」なのか? (26コメント)
  • 2019/11/25 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で見る、「在留外国人数」とわが国のグローバル化 (6コメント)
  • 2019/11/24 21:45 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、「安倍は良心の呵責はないのか!」と逆ギレ (49コメント)
  • 2019/11/24 13:15 【マスメディア論|時事
    朝日出身者「支持率下がらないのは国民の側にも問題」 (64コメント)
  • 2019/11/24 05:00 【韓国崩壊
    土曜日の鈴置論考とGSOMIA騒動の「本当の教訓」 (75コメント)
  • 2019/11/23 16:00 【読者投稿
    【読者投稿】GSOMIA[事実上の延長」の真否 (45コメント)
  • 2019/11/23 14:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見た、韓国の教育の実態 (28コメント)
  • 2019/11/23 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/23(土) (75コメント)
  • 2019/11/23 10:10 【時事|韓国崩壊
    さっそくGSOMIA問題を曲解報道する韓国メディア (55コメント)
  • 2019/11/23 05:00 【韓国崩壊
    韓国の「GSOMIA瀬戸際外交」は日本の勝利だが… (42コメント)
  • 2019/11/22 22:41 【時事|韓国崩壊
    【資料】GSOMIA等を巡る日韓両国政府の発表内容 (40コメント)
  • 2019/11/22 18:38 【時事|韓国崩壊
    韓国政府の「GSOMIA条件付き延長」をどう見るか (84コメント)
  • 2019/11/22 17:15 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、GSOMIA破棄を「条件付き撤回通告」? (49コメント)
  • 2019/11/22 16:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国「GSOMIAパッケージディール」提案 (18コメント)
  • 2019/11/22 14:30 【時事|韓国崩壊
    GSOMIA特集 「困ったら逆ギレ」の黄金パターン (22コメント)
  • 2019/11/22 11:22 【時事|韓国崩壊
    中央日報「韓日両国首脳が目を覚ますことを望む」 (28コメント)
  • 2019/11/22 09:45 【時事|韓国崩壊
    米国防総省、「朝鮮日報は米軍一部撤収報道の撤回を」 (20コメント)
  • 2019/11/22 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で見る、「日本人はどこの国に居住しているのか」 (10コメント)
  • 2019/11/21 17:40 【時事|韓国崩壊
    GSOMIA終了前提?聯合ニュース、続々記事配信中 (35コメント)
  • 2019/11/21 12:00 【時事|韓国崩壊|金融
    「GSOMIA後」、大量格下げと金融不安も焦点に (41コメント)
  • 2019/11/21 10:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「安倍総理が徴用工財団案評価」、本当? (27コメント)
  • 2019/11/21 06:00 【経済全般
    訪日旅客減少はむしろ観光客の中韓依存を是正する好機 (21コメント)
  • 2019/11/21 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で見る、「中韓は日本経済にとって不可欠」の真相 (8コメント)
  • 2019/11/20 12:22 【時事|国内政治
    「裏取りを軽視」?ここまで来ると怪文書の類いでは? (28コメント)
  • 2019/11/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/20(水) (97コメント)
  • 2019/11/20 10:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅氏「GSOMIA巡り最後の瞬間まで努力する」 (48コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。