毒まんじゅうを食らい、破綻に向け突っ走る韓国

昨日は『【速報】聯合ニュース・中韓スワップ延長報道の真偽』のなかで、韓国メディアが唐突に報じた「中韓スワップの再開」についての所感を提示しました。ただ、昨日も述べたとおり、やはりこの報道自体は非常に不自然でもあります。そこで、本日は「毒まんじゅう」というキーワードを使い、あらためて韓国が置かれている立場について、振り返っておきましょう。

韓国は中国から毒まんじゅうを貰った?

「中韓スワップ延長」報道そのものの真偽について

すでに当ウェブサイトでも「速報」として紹介しているとおり、昨日、韓国銀行は中韓スワップを3年間延長することで中国人民銀行と合意したと報じられています。

ただし、私はこの報道が、限りなく「デマ」に近いものではないかと考えています。その根拠は、報道発表を行ったシチュエーションが、あまりにも不自然だ、という点です。

理由はいくつかありますが、その最たるものは、現時点までに確認できている主な報道の情報源が、韓国側のものしか存在しない、という点にあります。肝心の中国人民銀行(PBoC)からは、そのような事実は確認できません。

次に、報道発表した状況自体が、極めて異例である、という点です。

ここで、韓国メディアの報道を抜粋しておきましょう。サンプルとして利用するのは、つぎの『中央日報』日本語版の記事です。

韓中、通貨スワップ協定延長に合意(2017年10月13日11時02分付 中央日報日本語版より)

リンク先の記事は2つの文章から構成される短いものです。

【文章1】「米ワシントンを訪問中の金東ヨン(キム・ドンヨン)副首相兼企画財政部長官と李柱烈(イ・ジュヨル)韓国銀行(韓銀)総裁が、韓国と中国が560億ドル規模の通貨スワップを3年延長することで合意したと13日(日本時間)明らかにした。

【文章2】「満期(3年)と規模(560億ドル)は従来の契約と同じ。韓中通貨スワップ協定は10日に満了となったが、両国はその間、延長するかどうかを公開していなかった。

まず文章1の方から検討していきましょう。

企画財政部長官(財相に相当)と中央銀行総裁が、わざわざ13日になって、訪問先のワシントンから「スワップを延長した」と述べること自体、異例です。

次に、文章2についても、不自然な箇所が残ります。「延長した」という表現を使うのであれば、10月10日までに合意されていなければなりません。それを、「両国はその間、延長するかどうかを公開していなかった」とありますが、これは10月10日までに延長の合意が形成されていなかったという証拠ではないでしょうか?

以上の2点から、「中韓スワップの延長で合意された」という報道が真実なのかどうかは、現時点で判断を「保留」とさせて頂きたいと思います。

欺瞞の塊の韓国メディア

ただし、百歩譲って、今回の報道が事実だったと仮定しましょう。そのうえで、せっかく先ほど『中央日報』日本語版の記事を紹介しましたので「文章1」の次の下りを読んでみます。

韓国と中国が560億ドル規模の通貨スワップを3年延長することで合意した

この点、よく注意する必要があります。「合意」したのは「中韓スワップ」であって、「米ドルの通貨交換」ではありません。また、「560億ドル規模」とあるのは、韓国ウォンの米ドル換算額と考えられますが、人民元を米ドル換算した場合はこの金額になりません。

最近は人民元の変動も大きく、WSJによれば米ドル・人民元(USD/CNY)の引け値(※米国時間)は10月9日時点で6.6255元/ドル、10月10日時点で6.5715元/ドルでした。このため、10月9日時点で換算すれば543億ドル、10月10日時点だと548億ドルですが、いずれの場合であっても3600億人民元のドル換算額は64兆ウォンのドル換算額(10月10日時点で564億ドル)を下回っているのです。

ということは、中央日報の報道が正しければ、韓国は市場相場と比べて不利なレートでスワップ契約を更新した計算となります(※もっとも、為替相場は常々変動しているので、一概に有利・不利は断定できませんが…)。

いずれにせよ重要な点は、「中韓スワップ」は米ドルと交換するものではない、という点です。

中国人民元の市場は限られており、中国本土の人民元(CNY)を米ドルに両替したければ、中国人民銀行の許可が必要です。また、人民元をオフショアに持ち出すことが許されたとしても、香港や東京などのオフショア市場では、3600億元は、市場の人民元の取引量と比べて大きすぎます。かりに3600億元をドルや日本円などに両替すると、オフショア人民元の価格が暴落してしまうことになるため、中国当局が韓国に対し、人民元のオフショアを通じた売却を認めるとは考えられません。

ということは、中韓スワップとは、「いざという時に使い物にならないスワップ」である、ということです。

報道が事実だったとして:スワップ延長とは「毒まんじゅう」?

そして、中韓スワップの延長が事実であったならば、今回の「延長」により、全く違う問題が生じる可能性があります。

それは、韓国が「毒まんじゅう」を食ったのではないか、という疑念です。

韓国が中韓スワップの延長に応じてもらう代償として、米韓同盟(あるいは朝鮮半島情勢)について、何らかの合意を結ばされている可能性は十分に考えられるからです。

もちろん、中韓スワップに関する韓国メディアの短い報道発表からは、詳細なスワップ契約の条件についてはわかりません。しかし、中国が韓国に対し、高高度ミサイル防衛システム(THAAD)の撤去を執拗に求めていることと照らし合わせるならば、たとえば、次のような「付帯条件」が加えられている可能性は高いでしょう。

中韓スワップの発動に際しては、大韓民国は、在韓米軍に配備されているTHAADミサイルを撤去していることをその条件とする。

もしそのような条件が付いているならば、韓国はこれから、全力でTHAADの撤去に動くはずです。ということは、ごく近い将来に生じるかもしれない朝鮮半島有事に際し、韓国の防衛は丸裸にされてしまう、ということです。

もちろん、こうした考察には、「中韓スワップの延長が事実であること」、「スワップ発動条件にTHAAD撤去が含まれていること」という2つの仮定が重なっていることを忘れてはなりません。しかし、中韓両国の関係性を見る限り、これらの仮定の可能性は非常に高いと言わざるを得ません。

事実上、使い物にならない中韓スワップの延長と引き換えに、国防を丸裸にしたのだ―とする私の仮説が正しければ、韓国政府は人類の歴史で見ても、有数の愚か者であることは間違いないでしょう。

日本から韓国への毒まんじゅう

日本に頼めない事情

では、なぜ使い物にならない中韓スワップを延長してもらうことに、韓国政府はこれほど一生懸命なのでしょうか?

普通に考えてみたら、世界の基軸通貨国である米国、準基軸通貨・ユーロの発行体である欧州中央銀行(ECB)、さらには世界最強の通貨を発行する日本に、頭を下げて頼み込むのが早いように思えるからです。

とくに、隣国・日本は、150兆円前後にも達する巨額の外貨準備(外為特会)を保有しており、日銀は米FRB、ECB、英BOEなどとの間で、期間、金額ともに無制限の為替スワップ・ラインを所持しています。日本はその気になれば、いくらでも米ドルを調達することができるのです。

さらに、日本の通貨・円は、外為市場において世界3番目の取引量を誇る通貨であり(※BIS統計によるデータであり、デリバティブ市場を含む)、また、「有事の円買い」と呼ばれるほど、世界でも信頼されている通貨でもあります。

日本はアジア4ヵ国との間で、米ドル建てスワップ協定や日本円建てスワップ協定を締結しており、同じスワップの条件を適用してもらえば、韓国にとってはこれ以上ない信用補完になるはずです。

では、なぜ韓国は、日本からのスワップを提供してもらうことができないのでしょうか?

実は、韓国自身も日本から「毒まんじゅう」を食わされたからです。それが、「日韓慰安婦合意」です。

慰安婦合意の真の意味

2015年12月28日、日韓両国は、「従軍慰安婦問題」の「最終的かつ不可逆的な解決」で合意しました。これがいわゆる「日韓合意」です。

私はこの「日韓合意」に対し、個人的にはいまでも批判的です。ただ、この合意は同時に、関係改善のために安倍政権から韓国に差しのべられた、「最後の手」でもあったのです。

安倍政権としては、韓国がこの「日韓合意」を履行するかどうか、慎重に見極め、そのうえで、(私の希望的観測によれば)もう韓国を「切る」心づもりを固めた可能性があります。

まず、日本政府は2016年8月末に、「日韓合意」に基づき10億円を韓国に送金。これにより、日本政府側が慰安婦問題を巡って、全ての義務を履行しました。あとは、韓国側が「日韓合意」の精神を守り、この合意を履行することが求められています。

ところが、日韓慰安婦合意にも関わらず、韓国側はソウルの日本大使館前に違法設置された、日本人全てを侮辱する目的の「慰安婦像」を、現時点においていまだに撤去していません。それどころか、2016年12月末には、釜山の日本総領事館前にも「慰安婦像」が設置されてしまいました。

日本の安倍政権が、政治的リスクを賭けてまで締結した「日韓慰安婦合意」は、韓国側の合意違反行為により、もはや風前のともしびの状態にあります。

ただ、あくまでも私のうがった見方ですが、安倍政権としては、最初から「韓国は合意を破るであろう」と見ていた節があります。つまり、「日韓合意」は米国に対し、

そらみたことか、韓国は平気で約束を破る国だ!

と見せつける目的があったのではないでしょうか?

さっそく合意破棄に動く、愚かな韓国

その証拠に、「中韓スワップ騒動」で国が揺れている最中にも関わらず、韓国は愚かなことに、外交部長官(外相に相当)自身が、慰安婦合意を否定する動きに出ました。

韓国外交部長官「韓日慰安婦合意は国民が受け入れられない結果」 再確認(2017年10月12日14時27分付 中央日報日本語版より)

中央日報によれば、康京和(こう・きょうわ)外交部長官は12日の韓国国会で、日韓合意を巡り、「韓国国民が受け入れられない結果だ」と改めて表明したそうです。

要するに、韓国政府はこの日韓合意を巡り、韓国国民に受け入れられるために合意を破棄するか、日本政府に受け入れられるために合意を順守するか、2択を迫られているということです。

おそらく日本政府は、10月22日の衆院選が終われば、改めて韓国政府に対し、日韓合意の履行を要求するでしょう。そうなれば、それに対する反発として、早ければ年内にも、韓国政府が日韓合意の破棄を表明する可能性があります。

いずれにせよ、慰安婦問題に関する日韓合意すら満足に履行していない状態で、韓国が日本に対し、スワップを頼み込める状況にないことは間違いありません。

日本側で「スワップ待望論」が高まることを牽制する

ただし、日韓スワップを巡っては、日本側でも「スワップ待望論」があることは事実です。

私が見たところ、その議論は大きく4つに分かれるようです。

「日韓スワップは日本にもメリット」論

財務省や経団連を中心に聞かれるのが、「日韓スワップは日本にもメリットがある」とする詭弁です。

その一例として、2014年(平成26年)4月16日に行われた、当時の財務省国際局長だった山崎達雄氏の答弁を見ておきましょう。

日韓通貨スワップを初めとする地域の金融協力は、為替市場を含む金融市場の安定を通じまして、相手国、日韓の場合は韓国だけじゃなくて、日本にとってもメリットはあります。

というのも、日本と韓国との間の貿易・投資、あるいは日本企業も多数韓国に進出して活動しているわけでありまして、その国の経済の安定というのは双方にメリットがある面、それからまた通貨という面でいうと、むしろ通貨を安定させるという面、ウォンを安定させるという面もあるわけであります。

そういうことで、私どもとしては、当時、日韓通貨スワップを拡大したのは、むしろ、韓国のためだけというよりも、日本のため、地域の経済の安定のためということがあったということだけ申し上げたいと思います。

ちなみにこの山崎達雄なる人物、2015年7月7日に退官し、その後、同年11月24日にモルガン・スタンレーMUFG証券株式会社の顧問、同年12月1日にアムンディ・ジャパン株式会社の顧問として天下りを果たしています(上記事実は総務省が公表しています)。また、現在はマスコミや官庁からの「天下り先の御用達」として有名な国際医療福祉大学の「特任教授」も務めているようです。

財務省や経団連には、この「天下り売国官僚」のような考え方をする者が多数、生息していると思われます。私たち国民は、政府や経団連を、しっかりと監視しなければなりません。

「日韓スワップは円の地位を高める」論

次に、日韓スワップを巡っては、「韓国とスワップを締結すれば、日本円の国際的地位が高まる」とする議論です。

この議論は、おもに韓国メディアが好む論調ですが、これも詭弁です。なぜなら、韓国ごときと通貨スワップを締結しなくても、日本は十分に円の国際化を達成しているからです。それに、韓国が欲しがっているスワップは「円建てスワップ」ではなく「ドル建てスワップ」です。この「円の地位云々」の議論には、全く説得力がありません。

「日韓関係に配慮」論

最近でこそ見掛けなくなりましたが、日韓スワップを巡っては、過去には「日韓関係に配慮すべきだ」とする議論もありました。

いわく、「日本はむかし、韓国に悪いことをしたから、そのお詫びも兼ねて日韓スワップを締結すべきだ」。

いわく、「日韓は一衣帯水の特別な関係にあるから、困った時にはお互い様、日本が真っ先に手を差し伸べるべきだ」。

韓国が「日韓はお互い助け合うべきだ」と主張する時は、たいていの場合、韓国が一方的に恩恵を受ける立場にあります。日本は過去に何度も何度も、韓国の詭弁により、煮え湯を飲まされてきたことを忘れてはなりません。

私に言わせれば、日韓関係は「特別な関係」などではありません。朝鮮半島は常に日本の妨害をしてきましたし、日本にとって朝鮮半島は兄弟でも親戚でもありません。赤の他人であり、むしろ迷惑な隣人でしかありません。

「日韓関係に配慮」論が、いまさら日本国内で支持を集めるとも思えないのですが、念のため、騙されないようにしましょう。

「日米韓3ヵ国連携」論

最後に、今後出てくる可能性が高いのが、「日米韓3ヵ国連携論」です。

これは、朝鮮半島有事に際し、日米韓3ヵ国で北朝鮮リスクに対処することが重要だとする議論の延長上に出てくるもので、戦略的理由により、韓国を経済・金融面で日本がバックアップする、という構想です。

ただし、この「日米韓3ヵ国連携論」については、それほど懸念する必要はありません。

それは、当のアメリカ合衆国自身が、すでに韓国に「見切り」を付け始めているからです。

毒まんじゅうは米国からも喰らった

NBO鈴置編集委員のシャープな指摘

このことを確認するうえで、わが国でいちばん優れた「朝鮮半島問題専門家」の論考を見てみましょう。

「14年前のムーディーズ」に再び怯える文在寅/韓国の左派政権を「通貨」で脅す米国(2017/10/12付 日経ビジネスオンラインより)
怒るトランプは「米韓FTA破棄」を命じた/対北人道支援が米国を逆なで(2017/10/7付 日経ビジネスオンラインより)

日本経済新聞社の鈴置高史編集委員による日経ビジネスオンライン(NBO)の大人気コラム『早読み深読み朝鮮半島』シリーズ、最近は更新頻度が上がり、しかも、毎回のようにシャープで優れた論考が提供されます。

当ウェブサイトをご覧になる読者の皆様であれば、鈴置編集委員の論考の優秀さについては、いまさら指摘するまでもないでしょう。

ただ、直近2回のコラムは、いずれも米韓関係に焦点を当てているという点には注意が必要です。

タイトルにもある通り、「米韓FTA」「ムーディーズの格下げ」「通貨支援」などのキーワードが、米韓関係の潮目の変化を読み解くうえで、非常に大事です。

考えてみれば、韓国は前任の朴槿恵(ぼく・きんけい)政権時代から、米韓同盟を維持しながら、中国への猛烈な擦り寄りによる「米中二股外交」を繰り広げていました。今年5月に発足した文在寅(ぶん・ざいいん)政権は、「中国への擦り寄り」姿勢を改めたものの、今度はよりにもよって、北朝鮮への接近を試みています。

そんな「煮え切らない韓国」に対し、米国が激怒するのも当たり前でしょう。

表向き、ドナルド・トランプ米大統領は安倍晋三総理大臣とともに、「北朝鮮問題を巡っては日米韓3ヵ国連携により対処する」と述べていますが、トランプ氏は本心で、韓国に対してはらわたが煮えくり返るような怒りを感じているのです。

李明博政権の「功績」だった米韓FTA

では、ここでいう「米国からの毒まんじゅう」とは、具体的には何なのでしょうか?

それは、ずばり、米韓軍事同盟と、李明博(り・めいはく)政権下で成立した米韓FTAのことです。

トランプ大統領にいわせれば、米韓FTAは韓国の対米輸出を押し上げるという恩恵を韓国にもたらしました(※もっとも、その事実は数値の上からは実証できませんが…)。そして、この米韓FTAは、米韓間の結びつきの強さを示すものであり、軍事的な米韓同盟と並び、米韓の「蜜月」を示す象徴的な存在です。

ところが、文在寅政権下で、この米韓FTA自体が、韓国の行動を縛っているのです。

これを韓国から見れば、米国から脅される材料が、米韓同盟だけでなく米韓FTAもある、という状態にあります。米国としては、韓国が言うことを聞かなければ、まずは「米韓FTAを切るぞ」と脅せばよいのです。

さすがに今すぐ米韓軍事同盟を切断するわけにはいきませんが、韓国に揺さぶりを掛けるには、この米韓FTAはちょうど良い材料でもあるのです。

一方的に頼むだけの国に訪れた悲劇

韓国といえば、私たち日本人の目から見れば、いつも日本に対して何かを要求しているというイメージがあるという方も多いでしょう。

ただ、それは日本に対する関係だけでなく、米国や中国との関係でも、全く同じだったのです。

中国からいじめられるきっかけを作ったTHAADにしても、北朝鮮リスクの高まりを受けて、米国との間で配備に合意したものであり、その配備を断れば、韓国は米国から見捨てられる可能性があったのです。

また、韓国国内を大きく騒がせている「日韓慰安婦合意」にしても、米韓同盟、日米同盟という文脈に位置付けられるものです。いままでであれば、韓国は日本に対して高飛車に「歴史問題」を持ち出しては譲歩を引き出していたのですが、2015年12月の慰安婦合意は、安倍政権として韓国に差しのべた最後の一手という位置付けにあり、従来の日韓関係から明らかに抜け出したものです。

さらに、中国に対しては中韓スワップを頼み込んでおきながら、中国が嫌がるTHAADを配備したということであり、これも中国としてはメンツを潰されたのと同じです。

いずれにせよ、現在の韓国が日米中とい3大国を激怒させながら、北朝鮮に擦り寄るという、どうしようもない状態に陥っています。最悪なタイミングで最悪な選択をするのが韓国という国ですが、来年のいまごろ、韓国という国自体が存続しているのかどうかすら怪しい気がしてきました。

ただし、この韓国の苦境は、韓国自身が招いたものであり、すべては自業自得です。私は韓国に対して同情の余地など一片たりとも存在しないと考えます。

そして、日本は日本で、自国の安全と経済的発展を優先する義務があります。もはや、韓国の事に構っていられません。

その意味で私の役割とは、日本国内で「日韓スワップ待望論」が高まらないように予防線を張ることと、そうした議論が出てきたときに、容赦なくそれらの議論を叩き潰すことにあるのだと考えています。

最近は実名で行っているビジネスが忙しくなってはいますが、可能な限り、当ウェブサイトの更新を続けたいと思います。当ウェブサイトのコンテンツには、どうか引き続き、ご期待ください。

読者コメント一覧

  1. 右派 より:

    更新お疲れ様です。

    ムンジェインに私が望むのは、権勢が落ちる前にイミョンバクを高く吊るすことだけです。2012年に吐いた侮辱の言葉は決して忘れません。当人は復讐する気満々のようですが、早くもメッキが剥げてきた様子なので心配しています。最低限の仕事として、それくらいは果たして貰いたいものです。

    さて、昨年の弾劾騒ぎと、これこそ正に民主主義だと騒ぐ人達を見ていて、どうも違和感ばかり覚えていましたが、最近ようやくその違和感の正体を他人に話せるようになりました。

    簡単な話で、あれは民主主義以前に、非理法権天という原則に反しているのです。
    非道は道理に劣位し、道理は法理に劣位し、法理は権威に劣位し、権威は天意に劣位する。即ち非理法権天と言うものですが、かの国では一般大衆の思い描く道理が、法理も権威も凌駕するようです。

    曖昧模糊とした一般大衆が法理も権威もひっくり返すなら、外国は交渉先が見つかりません。法は法として機能せず、権威は一日でその権威を失う。外国は大統領や首相と交渉し合意に至っても、民衆の思い描く曖昧で風に揺れやすい道理に反すればたちまちそれを反故にされる……

    彼の国は、つまりそう言う国なのだと思います。売女像に関して、国としては知ったことではないから民間団体と日本政府が直接交渉せよと恥ずかしげもなく言ったのはそれを的確に表現しています。あの国の大統領に権威はなく、あの国の法律はその日の気分で変わります。

    曖昧模糊とした道理が全てに優越するあの国は近代国家ではありません。中世国家です。日本で言えば鎌倉や室町と変わりません。

    交渉相手としては最悪の部類でしょう。

  2. 南海男児 より:

    日本人は相手に謝れば、相手も「もういいよ。これまでのことは水に流そう」と考える、と思う。それが日本においての人間関係の根底にあるものかもしれない。中国や韓国では、こちらが謝れば謝るほど、どんどん弱みにつけ入ってくる。それが文化の根っこにあるものなのだろう。それは何千年もの間に培われてきたもの。韓国は歴史上、何百回も侵略されたそうである。ところが、日本は元寇と第二次大戦の時ぐらいしかない。中国や韓国ではたとえ嘘をついてでも相手を倒すのが正しい道である。ところが日本では嘘は許されない。この文化の違いを、日本人もよく知っておく必要があると思う。

    1. 団塊 より:

      >南海男児さん
      我が国は、モンゴルが支配する元軍に侵略などされていませんよ。一度目は日本軍の恐ろしさに一夜にして逃げ帰った元二度目の元寇は、待ち構えていた日本軍が撃してきた元軍を殲滅した、侵略しようと襲ってきた世界最強モンゴルが支配する元軍を殲滅した。

      我が国を侵略しようとするも毎日毎日戦闘に負けては海上の船に逃げ帰る。夜は夜で日本軍に船を夜襲されボロボロになっても元逃げに帰ることができず長いこと日本海に浮かんだまま。そりゃあ台風がやってくる。台風に生き残った元軍を日本軍が追撃して殲滅した。

      1. 愛国保守 より:

        日本は歴史的に見て、非常に強い国です。敗戦し
        て国の本土が陥落したのは1945年の対米敗戦だけ
        であり、中国、南北朝鮮は日本を追い出しただけ
        で日本本土に攻め込めていませんし、ソ連は樺太
        と千島を占領したものの、北海道には攻め込めま
        せんでした。(南朝鮮が竹島を不法占拠している
        点は敢えて無視します。)モンゴル軍が攻めてき
        たときも、日本軍が勇猛果敢すぎて、夜間は船に
        戻るということを繰り返していたために、台風シ
        ーズンに持ち込まれて船が沈んだというのが実情
        であり、その意味でもモンゴルを撃退したのは間
        違いなく日本の実力です。ただしアメリカとの戦
        いは無謀過ぎました。日本は個々人の士気は高い
        のですが上に行けば行くほど無能になります。戦
        前の日本陸軍、戦後の国鉄、平成の日本の大企業
        (東芝、神戸製鋼など)は、皆全て上に立つもの
        が無能すぎるからです。ディーラム開発したのは
        東芝の社員でしたが、東芝はディーラムの製品化
        をしませんでした。その東芝出身の西室泰三氏が
        郵便局の経営者に就任しましたけど、オーストラ
        リアの会社を買って大失敗してますよね。最近、
        日本スゲーって番組が多くて嫌になりますが、日
        本が凄いのは下々の一般人であって、日本の上に
        立つ連中にはろくなのがいない。

  3. ポルコ より:

    いつも楽しく拝見しています。
    私はスワップ合意、ありえると思っています。
    毒饅頭はサードではなく、韓中間の貿易の決済を人民元で行う、ということだと愚考しています。中国は利に聡い国ですから、サードにこだわらず、最大限の利益を確保しますよ。

    中国にとって韓国との貿易はドルが出て行く方ですので、ドル流出の防衛と人民元の国際化、一挙両得です。

    正式な記者会見ではなく、雑談的に話が出ている、ということは、まだ確定ではなく最終調整中くらいのところでのリークかと。
    (中国の条件をお月様が飲むのを待ってる、というところでは?スワップの実績が欲しい韓国銀行が世論を煽るためにリークしたとか)

    韓国の新聞は危機を煽りすぎて、何が何でもスワップを結ばねば、っと中国のペースに乗せられる原因を作ったのでは?
    北朝鮮問題では日本のマスコミが煽りすぎと騒いでいたけど、本当に国益を損なう報道しかしないな〜

    私の予想が当たっていたら、韓国はサード撤退以上の毒饅頭を食らうでしょうね。

  4. 左翼 より:

    日韓関係が悪化した原因、申し訳ないですが日本にもかなりあります。日本で(左派政党)と思われている政党や(左派メディア)と思われている新聞、テレビは、韓国との関係を損ねるなの一点張りですから、(韓国に配慮しろ)と主張すること自体が韓国に対して誤ったメッセージを与えてきました。ただ日本のリベラルとは本質的には共産主義者であり反社会的活動家ですから、日本の立場を悪くすることであれば何でもするような連中です。そう言う邪悪な意図を持って意図的に情報を流している勢力が、今日の日韓関係の悪化を予測しなかったはずなどありませんし、意図的にそうやっていることは間違いないです。

    朝日新聞が慰安婦語法事件を起こしたあとも、日本は国を挙げて韓国には間違ったメッセージを与え続けました。言っておきますがこの件に関しては右派も責任重大ですよ。間違った談話を出した河野洋平は自民党の総裁を務めたほどですからね。韓国に慰安婦問題という嘘で付け上がらせたこと自体は、右翼も左翼もなく、日本人全体が反省すべき筋合いのものです。

    前置き長くなりましたが本日のブログの記事の主題であるスワップ、私は金融、経済の素人なのでよくわかりませんが、やっぱり日本が韓国を助けるという代物ですよね?ただ、私は経済は素人ですが政治的に見れば、何らかの恩恵をニンジンとして与えて相手国を言うなりにさせるのは外交の鉄則です。特に中国からすれば、地政学的に見て朝鮮半島は喉元に刺さったトゲであり、その先端をアメリカ軍が占領している状況は不愉快そのものです。

    ブログ主さんは中韓スワップ延長は韓国側のニセリークじゃないかと疑っていらっしゃるようですが、私は必ずしもそうとは限らないと思います。というのも、中間スワップの代償として中韓間で密約が成立していて、米韓同盟を事実上破棄させるような毒薬条項が盛り込まれている可能性は十分に考えられるからです。そう考えれば、中国は(使い物にならないスワップ)を使って韓国を支配下に置いたということであり、中々老獪な国だと思いますよ、中国は。

    1. むるむる より:

      個人的には自分もニンジンぶら下げて中国と同じ様にやるのは良いかと思うのですが韓国の右派、左派てか国民全員が反日一色になっているので救う事自体にはかなりのリスクがあると思うのです。
      韓国人にはてか朝鮮人には国家運営など無理なのでしょうから朝鮮半島自体なんらかの形で何処かの国々が直接・間接支配しなければいけないのでしょうが小中華思想、儒教に染まったあの国の支配はリスクがあります。事実大日本帝国は思想レベルまで正常に戻す事は出来ませんでした。唯一朝鮮半島を支配できる国は経験が非常に長い中国でしょう。
      そこで私は逆に韓国の政治的混乱をより助長させ朝鮮半島に複数の国を作る事を提案します。
      地域差別が非常に強い韓国です、複数の国々に分裂させて安全保障のみNATOの様な形にすれば我々にも扱い易い国になるのでは無いでしょうか?複数の国に分かれているのであれば人参をぶら下げると勝手に非難合戦をして朝鮮人同士憎しみ合い我々には非難が向かい難いはずです。

      あと右派さん良くそんな言葉見つけて来ましたね脱帽です。

    2. tomibi より:

       単なる子供の落書きなので、ご寛容の程を。

      >中々老獪な国だと思いますよ、中国
      という点には、賛成します。

      1パラ、2パラ部分は??って感じです。
      日本のリベラルって、純粋というか大いなる平等主義者(?)、
      人道主義者、博愛主義者であり、意図的云々というレベルでない
      ような気がします。

       問題があるかもしれませんが、帰化系の政治家・官僚と
      理想主義者、そして、一億総懺悔世代の甘やかしとそれに対する
      彼国の付け上がりが限界点に達したことが日韓関係の悪化の原因だと
      単純に考えます。
       河野洋平氏も新自由クラブ時代を考えれば、大いなる博愛主義者
      ですし(その叔父の田川誠一氏は『最後の井戸塀政治家』とも言われて
      いますし・・・)

       ただ、良くわからないのが、野中広務氏と亀井静香氏。
      このお二方、国内政治ではかなりえげつないことをなさったのに、
      半島関連では博愛主義的主張を声高になされています。
      (野中氏は出自の関係?亀井氏は本当に不明)

       無駄に書きましたが、要は陰謀論的なハナシじゃなく、単純に

      『自己利益のための援助派と崇高な博愛主義者』の『援助賛成・継続論』
      VS
      『心情的嫌韓者と現実主義者』による『援助消極・逓減論』

      の綱引きなのではないかと思います。

       この図式がSWAPの最締結論にもそのまま当てはまり、
      財界でも韓国に足場のある企業は、飴玉にするために再締結を
      陰で後押しているのでは?

       落書きし過ぎたようです。

      1. 左翼 より:

        お返事ありがとうございます。1パラ、2パラについて少し補足しておきますね。私は自分で(左翼)と名乗っていますが、世間的な左翼と違って日本のことは好きです。というか、新聞とかテレビを見てて、リベラルという単語の使い方がおかしくないですか、って思います。リベラルって元々は自由主義者という意味ですよ?朝日新聞あたりが主張するリベラル勢力って、立件民主党とか、社民党とかのことでしょ?要するにマル経にハマった連中のことを、日本の新聞やテレビは(リベラル)って名付けているんです。もっと思想史を勉強しろよと言いたいですが、日本のマスコミは勉強不足ですからね。この点については私はブログ主さんと全く同じ見解です。

        それから慰安婦誤報事件は朝日新聞社が全面的に悪いのであり、騙された日本人も被害者のようなものですが、だからといって日本人は反省しないでいいということではありません。河野談話を発表した河野洋平は官房長官を辞めた後で自民党の総裁になりました。この事実が大事です。河野洋平は自民党の例外的な人物だという反論が来るかもしれませんが、それじゃ聞きますが、例外的な人物を総裁に選出しますか?河野洋平は典型的な反日リベラル主義者ですが、それが自民党の党首を努めたのですよ?そう考えたら、慰安婦報道をもともとねつ造した朝日新聞社が一番悪いことは当然としても、それを積極的に広まるのに加担したのは自民党だという言い方もできるでしょう。

        安倍首相は河野談話を結局取り消してません。それは、安倍首相自身が自民党総裁だからであり、過去に自民党総裁を勤めた人物が出した談話を取り消すのは難しという事情があるからじゃないですか?ここのブログ主は慰安婦問題は日本人が全面的な被害者だという主張ですが、そんなことはないと思います。日本にも悪いところは確実にあったのです。

        ただ、私自身が左翼と名乗っていながらこんなことを言うのは恐縮ですが、この際、右翼、左翼というカテゴリー分けは、あまり意味がありません。何故なら私たちは同じ日本人であり、この日本丸という船をどう言う方向にもっていくかは、それぞれが持っている知恵を持ち寄り、最適解を求めるべきだからです。たとえばここのブログ主と私は憲法改正や原発などで意見が違いますが、消費税は凍結すべしという点では一致してるみたいですし、民主主義が大事だ、選挙には絶対に行くべきだという点でも一致していますし、法治主義、法による支配の重要性という点でもまったく一致しています。

        2chとかによくいる勇ましいネトウヨは現実のソリューションを考えていない書き込みも多くみられますが、ここのブログ主は右翼的性向を持っている一方で自分に反論する意見を排除しませんし、議論が大事だという主張に私は共感しています。理想を見据えつつも知恵を結集して現実に即した解決を考える姿勢こそが日本を良くするのだと思います。

        1. tomibi より:

          左翼 さま

          無意味なコメントへの返答ありがとうございました。

          私自身は右・左、保守・革新、リベラル・?のラベル貼りの
          時代は終わっていると思っていますので、その点は誤解なきよう。

          左翼さまの前置部分にこだわってしまったことを後悔はしているの
          ですが、ただ、日韓スワップ再締結問題の底はそんなに深い話じゃ
          ないのではないかと思っただけです。

          日頃、左翼さまの論稿も読ませて頂いており、左翼さまの左翼という
          意味も足りない頭なりに理解しておりますので、上の私のコメントを
          左翼様への批判コメントと考えないで頂ければ幸甚です。

  5. 団塊 より:

    支那は外交ができない、極めて下手。
    あれだけなついてきた朴クネ大統領のラブコール(ホットライン)を完全に無視して米国へ走らせたのは、外交の「が」の字もない。
    支那はインドと戦争中、ベトナムともフィリピンとも紛争中、支那はイスラム勢力の標的(or標的になりつつある)そして日本の領海から赤珊瑚泥棒、尖閣諸島を侵略中と日本を完全に敵に回した。.
    ….支那は外交下手どころか外交をやっていない。それどころか国際法に逆らって本性を露にし全白人国家に嫌われ軽蔑されている。
    ….このままいくと支那はアメリカに経済制裁され世界の貿易から弾き出される。かほどに外交下手だ。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。