本日は「平成最後の平日」です。日本は明日以降、10連休というゴールデンウィークに突入しますが、その一方で日本以外の世界の金融市場は通常通り動いています。こうしたなか、ここ数日、アルゼンチンや韓国を含めた新興市場諸国(EM諸国)の通貨が下落する傾向が目立ってきました。これが一過性のものなのか、それとも何か不気味な危機の予兆なのかはわかりません(韓国の場合はGDP統計を嫌気した一過性のものだと思いますが…)。しかし、良い機会ですので、「どういう国に通貨危機が発生するか」について、簡単におさらいしておきたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ご連絡:GW中の記事更新

明日から「10連休のゴールデンウィーク」が始まります。

といっても、「10連休」となるのは、土日が休日で、かつ、祝日もこよみどおりに休みになる職種の人たちに限定されていると思います。経理マンや監査法人の人たち、あるいはサービス業や飲食・運輸・金融業などの方々の場合、ゴールデンウィークの10連休が休みにならないというケースもあるでしょう。

ちなみに、私が経営している会社は、明日から10連休に入ります。

当社の場合だと、私自身が経営者、かつ、事実上のワンオペ会社という事情もあり、どうしても「平日の有給休暇」というものは望めません。一般の勤め人の方と異なり、有給休暇が取れない分、土日祝はキッカリと休むことにしているのです。

また、普段、当ウェブサイトのアクセス数は休日より平日の方が多いのですが、その理由は、おそらく社会人の読者の方が通勤中のスマートフォンや勤め先のPCなどから当ウェブサイトを閲覧して下さっているからではないかと思います。

そして、例年、ゴールデンウィーク中は当ウェブサイトのアクセス数が大きく落ち込みますが、その理由も、ゴールデンウィークの前後には休暇を取って旅行に行かれる読者の方が多いからではないでしょうか。

いずれにせよ、私自身もゴールデンウィーク中には(近場ですが)家族を連れてどこかに出掛けようと思っているため、当ウェブサイトの更新頻度はかなり低下すると思います。あらかじめ、お含みおきください。

通貨危機は、突然に?

アルゼンチンでトリプル安!

さて、昨日の市場では、世界的にドル高となりました。

といっても、別に「ドル高になる要因」があった、というわけではありません。どちらかというと、ユーロ圏の鉱工業指数が悪かったことに加え、経営不振にあえぐ某大手銀行の経営再編を巡るドタバタなどが嫌気され、それによりマネーが米ドルに向かった、という側面が強かったのではないかと思います。

実際、ドル円に関していえば、むしろ日本円は米ドルに対して横ばいからやや上昇(円高)気味であり、下落したのはユーロや新興市場諸国通貨が中心だったようです。

こうしたなか、昨日は米メディア『ウォール・ストリート・ジャーナル』(WSJ)の『デイリー・ショット』というコラムを眺めていると、アルゼンチンからの資金逃避が懸念される状況にあります。

The Daily Shot: A Stronger Dollar Could Hinder the Market Rally(米国時間2019/04/25 04:21付=日本時間同日17:21付 WSJより)

アルゼンチン・ペソ(ARS)は、今から1年前の2018年5月時点では1ドル=20ペソ程度でしたが、日本時間の昨日夕方時点で、1ドル=44ペソにまで下落。いわば、1年間でペソの価値は半減した格好となっています。

また、同国のソブリンCDS(クレジット・デフォルト・スワップ、市場参加者が評価する「同国政府が債務不履行を発生させるリスク」を織り込んだプライス)が、なんと1242ベーシス・ポイント、つまり12.42%にまで急騰しているというのです。

さらに、同国の株価は前日比4%近く下落していて、いわば、「株式・債券・為替」という3つの主要指数が揃って売られた格好となっているのですが、これを俗に「トリプル安」と呼びます。

通貨危機とは?

さて、通貨危機とは、いったい何でしょうか?

私の言葉で言えば、「外貨が借りられなくなったことを契機に、国が破綻の危機に瀕すること」です。

商売をやっている方ならご存知だと思いますが、たった1円でも支払期日に遅れてしまうと、その人やその会社は信頼を失います。

国もこれとまったく同じで、外国からおカネ(ドルなど)を借りていて、返済期日までにそれを用立てることができなければ、その国は諸外国から「デフォルト」認定されてしまいます。

普通の企業だったら、その企業が倒産してお終いですが、中央政府や中央銀行、民間銀行などがデフォルトしてしまえば、大変なことになります。場合によってはその国自体が外国から「破綻した」と認定されてしまうからです。

日本の場合だと、普通の企業は米ドルやユーロなどの「外貨」を必要としていません。なぜなら、日本円自体、非常に強い通貨なので、日本円さえ持っていれば、その企業が必要な通貨は外為市場や通貨スワップ市場などで必要な外貨と自由に両替することができるからです。

日本企業が米ドル建ての社債などを発行するケースは、メーカーの在外子会社が発行する場合や、金融機関がTLACなどを発行する場合など、かなり特殊な場合に限定されています。

ところが、諸外国(とくに新興市場諸国、あるいはEM諸国)の場合は、そうとは限りません。

アジアの場合だと、ASEAN諸国や香港、韓国、台湾などには、米ドル、日本円、ユーロなどの国際的な通貨で債券を発行して事業活動を行っている企業や銀行がたくさん存在しています。

これらのケースだと、借りた通貨で期日までにおカネを準備することができなければ、債務不履行(デフォルト)を発生させてしまいますし、デフォルトを発生させた企業が銀行やその国を代表する大企業だった場合には、その国自体が国際資本市場から締め出しを喰らったりすることもあります。

意外と通貨危機は簡単に始まる?

もちろん、株式市場、債券市場、外為市場などのマーケット参加者には、短期的・投機的な投資家もいれば、中・長期的な投資家も存在します。このため、どこかの市場で株安になった、というだけの理由で、直ちにその国から資本逃避が発生する、という短絡的な考え方をすべきではありません。

ただ、それと同時に、過去の通貨危機の事例を眺めていると、通貨危機は意外に簡単に始まったりしています。

たとえば、1997年のアジア通貨危機の場合、それまで為替の対ドルペッグ制(固定相場制)を取っていたタイで、外貨準備が急減したことにより、7月2日に突如としてタイ・バーツがフロート制(変動相場制)に切り替わってしまったことがきっかけです。

それが、タイのペッグ制と無関係だったほかの東南アジア諸国、さらには香港や韓国、シンガポールや台湾などに飛び火し、実際にインドネシアと韓国が国際通貨基金(IMF)からの支援を余儀なくされた、というのがアジア通貨危機の真相です。

このため、アジア通貨危機の再来を防ぐために、日本が主導する形で2000年5月、タイ・チェンマイの「ASEAN+3」会合で成立した仕組みが、「チェンマイ・イニシアティブ(CMI)」です。

このCMIはその後、「CMIマルチ化協定」(CMIM、図表)の発効にともない、発展的に解消。当時、通貨危機に見舞われた東南アジア諸国を中心に、お互いに外貨を提供し合うという仕組みが整えられています。

図表 CMIM
拠出額引出可能額
日本768億ドル384億ドル
中国768億ドル405億ドル
 うち、香港84億ドル63ドル
韓国384億ドル384億ドル
インドネシア、タイ、マレーシア、シンガポール、フィリピン各 91.04億ドル各 227.6億ドル
ベトナム20億ドル100億ドル
カンボジア2.4億ドル12億ドル
ミャンマー1.2億ドル6億ドル
ブルネイ、ラオス各0.6億ドル各3億ドル
合計2400億ドル2400億ドル

(【出所】財務省『CMIM 貢献額、買入乗数、引出可能総額、投票権率』より著者作成。ただし、中国については香港との合算値。また、香港はIMFに加盟していないため、中国の引出可能額に占める「IMFデリンク」の額は他の国と異なる)

ただ、アジア通貨危機から20年以上が経過し、アジア諸国の経済発展にともない、各国の投資関係もよりいっそう複雑化しているため、本当に通貨危機が発生した場合には、この総額2400億ドルのCMIMだけで果たして足りるのでしょうか?

私には、単純に「これで大丈夫」とは言えないような気がしてなりません。

(広告・スポンサーリンク)



韓国の通貨安

GDP統計値を嫌気したものだったらしい

さて、当ウェブサイトで昨日、速報的に配信した記事が、『【ショートメモ】通貨KRWが下がり出したのか?』です。

なぜこれを配信したのかといえば、夕方、保育園に出掛ける直前の時間に、目の前のPC端末で眺めていたWSJのマーケット欄で、1つの異常値を発見したからです。それは、韓国の通貨・ウォン(KRW)の下落です。

といっても、「暴落」というほどのことはなく、前日は1ドル=1150ウォン台で取引を終えた同国通貨が、日本時間の夕方以降、いきなり1165ウォンにまで下落したからです(※ドル・ウォン為替相場の場合、数値が増える方が「通貨安」「下落」を意味しますのでご注意ください)。

韓国ウォンの推移
  • 4月19日(金)…1136.58(引け値)
  • 4月22日(月)…1140.99(引け値)
  • 4月23日(火)…1143.11(引け値)
  • 4月24日(水)…1156.05(引け値)
  • 4月25日(木)…1165.50(日本時間夕方5時半頃)

(【出所】WSJの “Historical Prices” )

韓国ウォンの場合は、「1ドル=1165ウォン」、などのように、やたらとケタが多いので分かりづらいのですが、ここで、「1ドル=XX円」などと表示されている場合(コンチネンタル・ターム)には、数字が増える方が通貨安・通貨下落を意味しています。

つまり、前週金曜日時点で1136.58ウォンだったのが、1165.50ウォンにまで数値が増えていれば、「ウォンの価値が米ドルに対して『下落』した」「ドル高・ウォン安だった」、という言い方をするのですが、まさに1週間で3%弱のウォン安となった計算です。

先ほど紹介したWSJの『デイリー・ショット』によれば、このウォン安の原因は、昨日公表された同国の2019年第1四半期(1-3月期)のGDP成長率が前期比マイナス0.3%だったことが嫌気されたものだと記載されていました(GDPについては次のBloomberg記事などをご参照ください)。

韓国1-3月GDPは0.3%減-過去10年で最大のマイナス成長(2019年4月25日 10:37 JST付 Bloombergより)

株安で経済が破綻することはない

さて、ここ数日、ウォン安基調が続いていたのは、単なる一過性のものなのか、それともウォン安トレンドに入っていたものなのか、その理由については正直よくわかりません。

というよりも、マーケットのことは理由を付けようとしてもうまく説明できないことの方が多く(外為市場における短期的な値動きに関しては特にそうです)、このことから、ちょっとウォン安になったからといって、すぐに同国経済が破綻する、という短絡的なものではないことは事実です。

この点、「株安そのもので経済が破綻することはない」という点については、以前『「韓国経済崩壊」論、本当の脅威は株価暴落ではなく外貨不足』で述べたとおりなのですが、一部の読者の方から因果関係と相関関係を混同したコメントも寄せられたので、あらためて説明しておきたいと思います。

「韓国経済崩壊」論、本当の脅威は株価暴落ではなく外貨不足

まず、「株式」は資本であって、負債ではありません。

株式が投げ売られ、株価が急落したとすれば、それは株主・投資家が損失を蒙るのであって、「株安」を理由として株式を発行した企業が倒産する、ということはあり得ません。

もちろん、その国の年金基金などはその国の株式を持っているかもしれませんし、過去の日本のように企業同士が「株式の持ち合い」をやっているような場合だと、株価が急落すれば、企業によっては含み損を抱えるケースも出てくるかもしれませんが、それは本質的なリスクではありません。

株安を「きっかけ」とすることはあり得る

ただし、「株安そのもの」で経済が破綻することはほとんどあり得ない話ですが、株安をきっかけにして、それが債券・金利市場や為替市場にまで波及した場合は、話が違ってきます。

先ほど、「企業は1円でも支払期日を遅れると信用を失いかねない」というたとえ話を持ち出しましたが、これは、国を挙げて外貨調達をしているようなケースだと、非常に深刻な事態になりかねないのです。

以前、『通貨スワップと為替スワップを混同した産経記事に反論する』のなかで、日本が昨年10月に中国と締結した「為替」スワップ協定は、パンダ債などを通じて中国本土で元資金を調達してしまった邦銀の救済にある、という説明をしたことがあります。

通貨スワップと為替スワップを混同した産経記事に反論する

こうした説明に対し、「数千円の手数料で日本から中国に送金できるから、そんなスワップなんて必要がない」、といった趣旨の、意味不明な読者コメントが寄せられたこともありました。

たしかに、平時であれば、個人や一般事業会社が通常の銀行決済システムを使って、それほど高くない手数料で数十万円~数千万円というおカネを中国本土に送金することができます。

しかし、中国のように閉鎖的な資本市場で、リーマン・ショック級の市場のパニックが発生したときには、たとえ邦銀であっても中国国内で人民元を調達することができないケースも考えられます(※余談ですが、それに備えるのが日中為替スワップなのです)。

EM諸国の場合もこれと同じで、外国から巨額のカネを借りていて(とくに短期資金でロールしていて)、ある日突然、外銀がおカネを貸してくれなくなった場合には、その国の経済が「突然死」してしまうこともあるのです。

これが、通貨危機の怖いところの1つなのです。

消極的制裁発動のチャンス?

さて、以前から当ウェブサイトでは、徴用工訴訟問題などを巡り、なぜか日本政府が韓国に対して断固たる措置を講じていないことを、やや批判的に取り上げて来ました。

もちろん、日本政府が韓国に対する経済制裁などの措置を講じていないのには、ちゃんとした理由があるからに違いない、と信じたいところではあります。

ただ、それと同時に、日本が徴用工判決問題や北朝鮮核武装問題などを巡って、韓国に対して何らかの制裁措置を講じるのだとすれば、べつに日本が主体的・積極的に「今から韓国に経済制裁をします」と宣言する必要はありません。

セルフ経済制裁の恐怖:「脱コリア」の流れは続くのか?』などで述べたとおり、韓国に対する制裁としては、「積極的経済制裁」だけでなく、「消極的経済制裁」「協調型経済制裁」「サイレント型経済制裁」「セルフ経済経済制裁」などの方法があります。

セルフ経済制裁の恐怖:「脱コリア」の流れは続くのか?

敢えて日本政府の姿勢を忖度(そんたく)して、日本政府が「積極的経済制裁」に乗り出さない理由をこじつけるならば、日本政府は「消極的制裁」「サイレント制裁」「セルフ制裁」を狙っているからではないでしょうか?

昨日の韓国ウォンの相場変動については、おそらくはレンジ内の動きであり、ただちに韓国から資金流出が発生する兆候だ、と見るのは短絡的です。

ただし、『韓国とUAEが通貨スワップ協定が復活 「通貨危機遠のく」?』や『通貨スワップと韓国経済の「黒字倒産」リスクについて考える』などでも申し上げたとおり、韓国は何かと外貨資金繰りが厳しい国でもありますので、「突然死」リスクが皆無ではないこともまた事実です。

通貨スワップと韓国経済の「黒字倒産」リスクについて考える

日本が韓国に対する「消極的経済制裁」という形の対抗措置を取るチャンスは、案外近いうちに訪れるのかもしれませんね。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/11/15 06:00 【韓国崩壊
    読売「日韓亀裂リスク顕在」、むしろ焦点は日中関係だ (7コメント)
  • 2019/11/15 05:00 【数字で読む日本経済
    金融機関を苦しめているのはマイナス金利政策なのか? (1コメント)
  • 2019/11/14 17:00 【時事|韓国崩壊
    果たして日本にとって韓国は「信頼できる友邦」なのか (38コメント)
  • 2019/11/14 15:00 【時事|国内政治
    森裕子氏の個人情報漏洩事件と国会議員の「見える化」 (12コメント)
  • 2019/11/14 10:15 【時事|韓国崩壊
    中央日報、「韓国は永遠の歴史的債権者で優位に立て」 (41コメント)
  • 2019/11/14 06:00 【韓国崩壊
    米韓同盟消滅が実現した場合に懸念される日本への実害 (41コメント)
  • 2019/11/14 05:00 【数字で読む日本経済
    金融機関が「リスクマネー」の供給主体になり辛い理由 (16コメント)
  • 2019/11/13 14:45 【時事|韓国崩壊
    朝鮮半島の核武装は全力で阻止しなければならない (35コメント)
  • 2019/11/13 13:15 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「米国民は在韓米軍の必要性に疑問」 (30コメント)
  • 2019/11/13 12:00 【時事|国内政治
    カツカレー、パンケーキと来て、今度は桜で政権追及! (38コメント)
  • 2019/11/13 06:00 【韓国崩壊
    GSOMIA破棄、いよいよ米韓同盟が崩壊の瀬戸際に (42コメント)
  • 2019/11/13 05:00 【数字で読む日本経済
    日本の家計はおカネ持ち 金融資産だけで1860兆円 (25コメント)
  • 2019/11/12 15:10 【時事|国内政治
    文藝春秋「失敗が安倍晋三を育てた」に見るリーダー論 (24コメント)
  • 2019/11/12 11:00 【時事|韓国崩壊
    セルフ経済制裁?「韓国航空業界が輸出規制で危機に」 (28コメント)
  • 2019/11/12 06:00 【時事|韓国崩壊
    「民族の核」に関する鈴置論考と「米韓同盟消滅」 (55コメント)
  • 2019/11/12 05:00 【数字で読む日本経済
    通貨と国債 「国の信用」という意味で究極的に同一物 (24コメント)
  • 2019/11/11 14:30 【時事|韓国崩壊
    売却するなよ、売却するなよ、絶対に売却するなよ~! (40コメント)
  • 2019/11/11 11:11 【時事|金融
    【速報】「いらすとや」から見えるカップヌードル問題 (19コメント)
  • 2019/11/11 10:00 【時事|韓国崩壊
    茂木敏充外相が「日韓交渉に含み」?断じてありません (16コメント)
  • 2019/11/11 06:00 【韓国崩壊
    GSOMIA破棄 韓国は本当に「苦悩」しているのか (32コメント)
  • 2019/11/11 05:00 【数字で読む日本経済
    国債を圧縮する王道とは、インフレと経済成長の達成だ (20コメント)
  • 2019/11/10 12:00 【金融
    米著名投資家「日本人は自動小銃で武装せよ」 (36コメント)
  • 2019/11/10 07:00 【時事|韓国崩壊
    もしも日本で鳩山政権が5年続いていたら…? (89コメント)
  • 2019/11/10 05:00 【数字で読む日本経済
    国の借金を問題視するわりに、なぜ資産を無視するのか (17コメント)
  • 2019/11/09 14:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見る「韓国人の日本観」 (29コメント)
  • 2019/11/09 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年11月9日版) (207コメント)
  • 2019/11/09 07:30 【時事|外交
    韓国メディア報道から見える「これからの日本の役割」 (25コメント)
  • 2019/11/09 05:00 【数字で読む日本経済
    新シリーズ「数字で読む日本経済」と「国の借金」理論 (27コメント)
  • 2019/11/08 17:30 【時事|韓国崩壊
    アメリカファーストと米韓同盟から見るGSOMIA (35コメント)
  • 2019/11/08 12:25 【マスメディア論|時事
    ネットがあっても新聞が必要と思う人に欠けている視点 (77コメント)
  • 2019/11/08 10:30 【時事|韓国崩壊
    突如浮上の「GSOMIA延長」は米国にとっても悪手 (52コメント)
  • 2019/11/08 07:00 【韓国崩壊
    韓国保守系メディアの危機感と「GSOMIA延長論」 (33コメント)
  • 2019/11/08 05:00 【数字で読む日本経済
    増税から1ヵ月 数字で読む「財政再建論の大間違い」 (15コメント)
  • 2019/11/07 17:00 【時事|外交
    韓国首相、日韓首脳「歓談」を無視する日本に不快感? (40コメント)
  • 2019/11/07 16:30 【時事|韓国崩壊
    やっぱりウソだった?文喜相国会議長「お詫びの手紙」 (35コメント)
  • 2019/11/07 12:30 【マスメディア論|時事
    相変わらず恣意的な流行語大賞の正しい楽しみ方とは? (44コメント)
  • 2019/11/07 11:15 【時事|韓国崩壊
    「安倍・文ソファ歓談写真」は「ウソツキ外交」の象徴 (16コメント)
  • 2019/11/07 07:00 【時事|韓国崩壊
    GSOMIAからTHAADへ?米韓「ドミノ倒し」論 (54コメント)
  • 2019/11/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    まるで幼児のような国 どう付き合っていくのが正解? (35コメント)
  • 2019/11/06 16:15 【時事|金融
    正社員不足は経営者の自業自得 デフレの原因は財務省 (39コメント)
  • 2019/11/06 11:00 【時事
    GSOMIA巡る米韓の激しい葛藤から距離を置く日本 (45コメント)
  • 2019/11/06 07:00 【マスメディア論
    19歳の読者の方からいただいた「見識あるコメント」 (32コメント)
  • 2019/11/06 05:00 【時事|韓国崩壊
    日韓議連会長さん、今すぐ韓国に抗議しないのですか? (33コメント)
  • 2019/11/05 17:00 【マスメディア論|時事
    「27時間テレビ」から漂う、テレビ業界自体の問題点 (25コメント)
  • 2019/11/05 12:00 【時事|韓国崩壊
    菅官房長官、食い違い理由は「韓国側に聞いてほしい」 (50コメント)
  • 2019/11/05 06:00 【時事|韓国崩壊
    今のところ「なかったこと」にされる日韓首脳「歓談」 (29コメント)
  • 2019/11/05 05:00 【韓国崩壊
    牧野氏の論考に見る、「韓国に譲歩しようとする勢力」 (25コメント)
  • 2019/11/04 15:30 【時事|外交
    【速報】日韓首脳が「歓談」 (31コメント)
  • 2019/11/04 13:45 【時事|韓国崩壊
    上皇陛下侮辱のあの韓国国会議長が「基金案」を提唱? (58コメント)
  • 2019/11/04 11:40 【時事|外交
    【速報】ASEAN+3と無関係に、本当に困ったゾウ (18コメント)
  • 2019/11/04 05:00 【韓国崩壊
    「不信の連鎖を断ち切れ」、突き詰めたら「日韓断交」 (52コメント)
  • 2019/11/03 08:00 【韓国崩壊
    「日本よ、無視するな!」 韓国保守系メディアが悲鳴 (60コメント)
  • 2019/11/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    やっぱり逃げた?「韓国国会議長が会議をドタキャン」 (42コメント)
  • 2019/11/02 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年11月2日版) (174コメント)
  • 2019/11/02 05:00 【韓国崩壊
    GSOMIA破棄で「反米」の正体を現した文在寅政権 (51コメント)
  • 2019/11/01 22:22 【時事|韓国崩壊
    安倍総理、韓日議連の表敬受けず (51コメント)
  • 2019/11/01 15:30 【時事|韓国崩壊|経済全般
    韓国の輸出不振は対中依存度を強めた結果の自業自得だ (17コメント)
  • 2019/11/01 12:00 【時事|韓国崩壊
    米戦略家が韓国に「日韓同盟」を提唱 なんと迷惑な… (45コメント)
  • 2019/11/01 07:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    ついに「あの韓国企業」が通貨危機への警戒を始めた? (31コメント)
  • 2019/11/01 05:00 【経済全般
    寝屋川の中学給食問題に見る「科学的な議論」の大切さ (56コメント)
  • 2019/10/31 17:30 【時事|韓国崩壊|短評
    雑感「加害者は被害者が納得するまで謝罪すべき」 (55コメント)
  • 2019/10/31 14:45 【時事|韓国崩壊
    韓国国会議長に容赦ない選択を突き付ける山東参院議長 (37コメント)
  • 2019/10/31 12:00 【時事|韓国崩壊
    反日により感覚がマヒ?今度は釜山に「抗日通り」出現 (18コメント)
  • 2019/10/31 10:00 【時事|国内政治
    閣僚辞任でも安倍政権の支持率が落ちない理由とは? (25コメント)
  • 2019/10/31 05:00 【韓国崩壊
    またしても「輸出規制は韓国に影響なく日本に打撃」論 (35コメント)
  • 2019/10/31 05:00 【経済全般
    未来なき新聞と経営者が語る「ウェブ広告の威力」 (23コメント)
  • 2019/10/30 17:25 【時事|韓国崩壊
    自称元徴用工:朝日が報じた「同額報復」構想の現実性 (28コメント)
  • 2019/10/30 15:45 【時事|国内政治
    毎日新聞「野党に活気、安倍政権終わりつつある」 (41コメント)
  • 2019/10/30 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「韓国人観光客減で日本観光地がため息」 (42コメント)
  • 2019/10/30 05:00 【韓国崩壊
    自称元徴用工判決から1年 破綻に向かう日韓関係 (33コメント)
  • 2019/10/29 12:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「もうすぐ判決から1年 日本が譲歩せよ」 (33コメント)
  • 2019/10/29 10:10 【時事|韓国崩壊
    改めて「日韓共同経済基金案構想」について考えてみる (38コメント)
  • 2019/10/29 07:00 【マスメディア論
    「7割弱が日韓改善必要なし」?世論調査をどう使うか (25コメント)
  • 2019/10/29 05:00 【国内政治
    女性天皇と女系天皇を混同させるオールドメディアの罪 (48コメント)
  • 2019/10/29 00:35 【時事|韓国崩壊
    共同通信「日韓両政府が元徴用工問題で経済基金案検討」 (33コメント)
  • 2019/10/28 14:00 【時事|国内政治
    自分がやったら表現の自由、他人がやれば差別とヘイト (53コメント)
  • 2019/10/28 10:00 【時事|韓国崩壊
    米国が「韓国に対して」GSOMIA破棄の再考を促す (37コメント)
  • 2019/10/28 06:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    最新のBIS統計から読む、「カネの流れと日韓関係」 (17コメント)
  • 2019/10/28 05:00 【時事|国内政治
    立花孝志氏の落選は想定内?N国党の本当の狙いとは? (11コメント)
  • 2019/10/27 13:30 【時事|韓国崩壊
    「日本はGSOMIA終了後なら首脳会談に応じます」 (27コメント)
  • 2019/10/27 08:00 【時事|韓国崩壊
    韓国政府高官「GSOMIA復帰条件は輸出規制撤回」 (34コメント)
  • 2019/10/27 05:00 【マスメディア論
    沖縄タイムス「天皇の写真焼いても侮辱行為ではない」 (57コメント)
  • 2019/10/26 14:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見た韓国の住宅「ここが変」 (24コメント)
  • 2019/10/26 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年10月26日版) (189コメント)
  • 2019/10/26 08:00 【韓国崩壊
    自称元徴用工巡り、中央日報が「日韓が基金案を検討」 (47コメント)
  • 2019/10/26 05:00 【金融
    日本の金融機関、500兆円近いカネを外国に貸す (12コメント)
  • 2019/10/25 17:00 【時事|韓国崩壊
    よりにもよって韓国がWA加盟国に対し告げ口外交実施 (40コメント)
  • 2019/10/25 14:00 【時事|国内政治
    菅原経産相の辞任で「鬼の首」取ったかのような大騒ぎ (30コメント)
  • 2019/10/25 10:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報「安倍総理は心を込めた謝罪と反省の決断を」 (39コメント)
  • 2019/10/25 05:00 【韓国崩壊
    日経「日韓に残された時間は少ない、双方が歩み寄れ」 (48コメント)
  • 2019/10/24 16:30 【時事|雑感オピニオン
    日韓会談サプライズなし、一方でリスの銅像問題急浮上 (48コメント)
  • 2019/10/24 11:00 【時事|韓国崩壊
    李洛淵首相「これまで韓国は協定を尊重し守ってきた」 (44コメント)
  • 2019/10/24 10:00 【時事|国内政治
    通告遅れと名誉棄損 森裕子議員こそ辞職に値する (17コメント)
  • 2019/10/24 08:00 【時事|外交
    【メモ】安倍総理、昨日も20人の外国要人と会談 (4コメント)
  • 2019/10/24 05:00 【韓国崩壊
    韓国の研究院「輸出規制と韓日葛藤は日本の判定負け」 (35コメント)
  • 2019/10/23 15:00 【時事|韓国崩壊
    手ぶら来日の李洛淵氏「対話促進の雰囲気づくり目的」 (38コメント)
  • 2019/10/23 12:00 【時事|韓国崩壊
    なぜ韓国はロシアに火器管制レーダーを照射しないのか (16コメント)
  • 2019/10/23 10:45 【時事|金融
    ジェトロ調査:香港で本邦企業の4割弱「デモの影響」 (5コメント)
  • 2019/10/23 05:00 【マスメディア論
    朝日新聞「事実に基づかない嫌韓論」記事と新聞の未来 (31コメント)
  • 2019/10/22 22:22 【時事|国内政治
    令和時代を象徴する吉祥 (16コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。