韓国が中東のアラブ首長国連邦(UAE)とのあいだで通貨スワップを復活させたという話題については、昨日、『韓国とUAEが通貨スワップ協定が復活 「通貨危機遠のく」?』でお伝えしました。UAEはドルペッグ国でもありますが、外貨準備高は大きく増減している国でもあります。今回のUAE・韓国間通貨スワップに何か穴はないのでしょうか?また、なぜ通貨スワップなどという契約が必要なのか、よくわからないという方もいらっしゃるでしょう。そこで、本稿では「黒字倒産」という現象について簡単に説明するとともに、外貨に依存した国の悲哀について、考察してみたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

UAEとの通貨スワップ

昨日の『韓国とUAEが通貨スワップ協定が復活 「通貨危機遠のく」?』で速報的にお伝えしましたが、中東のアラブ首長国連邦(UAE)と韓国は土曜日、ローカル通貨建て通貨スワップ協定(期間3年)を締結しました。

韓国とUAEが通貨スワップ協定が復活 「通貨危機遠のく」?

といっても、両国間で通貨スワップ協定が締結されるのは、初めてのことではありません。じつは、過去にも両国間で通貨スワップ協定が存在していたのですが、2016年10月12日にいったん失効しているので、今回の協定は「再締結」と称したほうが妥当かもしれません。

(※ただし、前回、UAEとのスワップが失効した際、韓国のメディアや政府はしばらくの間、その事実を認めておらず、韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)に2017年3月時点で掲載されたインドネシアとのスワップの記事でも、「UAEとも通貨スワップが存在している」と報じていたほどです。)

韓国とインドネシア 通貨スワップを3年延長(2017.03.06 16:11付 聯合ニュース日本語版より)

それはさておき、今回あらたに成立した通貨スワップ協定の内容は、2年半前に失効したものと、ほぼ同じで、韓国側が200億ディルハム(約54.5億ドル)、UAE側が6.1兆ウォン(約53.7億ドル)を上限に条件に、それぞれ自国通貨を担保に相手国通貨を借り入れることができる、というものです。

なお、純粋に金融面で申し上げれば、今回のスワップ、UAEから見たメリットはおそらく皆無でしょう。というのも、UAEと韓国の貿易の決済通貨が韓国ウォンであるとは考えられないからです。

逆に、後述するとおり、UAEとの通貨スワップについては、韓国側に一定のメリットはありますので、今回のスワップは何らかの裏合意の存在を前提にした、UAEから韓国に対する約54.5億ドルの支援である、という見方ができるのではないでしょうか。

通貨スワップと韓国

なぜか「狂喜乱舞」しない韓国メディアの謎

ただし、1つだけ不自然な点があるとしたら、普段だと韓国の主要メディアが「新しいスワップだ!」「これで通貨ポジションの安定に寄与する!」などと狂喜乱舞して喜ぶはずが、このUAEとの通貨スワップについて、日曜日までの時点でほとんど触れているメディアがない点でしょうか。

というよりも、最近だと韓国メディアが通貨スワップについて積極的に取り上げなくなった気がします。

そういえば日本は今年2月にインドとの間で総額750億ドルという「メガ・スワップ」を締結しましたが(『日印通貨スワップ協定成立の意味と予想される某隣国の反応』参照)、私が知る限り、韓国の主要メディアはほとんどこの事実を報じていません。

日印通貨スワップ協定成立の意味と予想される某隣国の反応

もちろん、今回のUAEとのスワップについても、月曜日以降、関連する記事がちらほら出てくる可能性はあるのですが、スイスとの通貨スワップ協定が成立したときの狂喜乱舞ぶり(『スイスは韓国の通貨危機を望んでいるのか?』参照)と比べれば、扱いは抑制的な気がします。

何となく、「韓国が現在、諸外国と締結している通貨スワップだと、韓国の潜在的な外貨不足額と比べて危機の際にほとんど役に立たない」という実態が、韓国メディアにも知れ渡ってきた証拠といえるかもしれません(あるいは、通貨スワップに関する話題に力を割く精神的余力がないからでしょうか?)。

再掲で恐縮ですが、現在、韓国が諸外国との間で締結している通貨スワップ協定をまとめると、次の図表1のとおりです。

図表1 韓国銀行が外国通貨当局と締結している二国間通貨スワップ協定(自称も含む)
相手国相手通貨と米ドル換算額韓国ウォン
インドネシア115兆ルピア(81.6億ドル)10.7兆ウォン
マレーシア150億リンギット(36.5億ドル)5兆ウォン
スイス100億フラン(99.8億ドル)11.2兆ウォン
オーストラリア100億豪ドル(71.7億ドル)9兆ウォン
UAE200億ディルハム(54.5億ドル)6.1兆ウォン
中国3600億元(537億ドル)64兆ウォン
合計約881億米ドル相当額106兆ウォン

(【出所】各国中央銀行等ウェブサイトを参考に著者作成。なお、UAE以外の各国通貨の米ドル換算額は金曜日時点のWSJの引け値を参照。また、韓国はこの6ヵ国以外にも、カナダとの為替スワップ協定を保有している)

韓国が保持する通貨スワップの3つの問題点

図表1を改めて眺めて頂ければわかりますが、韓国が外国通貨当局と結ぶ6本の二国間通貨スワップ協定の金額は、米ドルに換算して約881億ドルと莫大なものです。

これに加え、韓国はチェンマイ・イニシアティブ・マルチ化協定(CMIM)と呼ばれる多国間通貨スワップを通じて384億ドルを引き出すことが可能です(※ただしIMFデリンク制限に引っかからない上限は115.2億ドル)。

つまり、韓国が保持する6本の二国間通貨スワップ、1本の多国間通貨スワップを使えば、理屈の上では合計最大1165億ドルもの外貨を外国から引っ張ってくることができるのです。

  • 二国間通貨スワップが6本(図表1の通貨スワップ)でトータル881億米ドル相当額
  • 多国間通貨スワップが1本(CMIM)で引出可能額は最大384億ドル

これだけを聞くと、確かに「凄い!」と思うかもしれません。

ただし、昨日の繰り返しですが、韓国が外国と締結するCMIM以外の6本の通貨スワップには、大きく3つの問題点があります。

1つ目の問題点は、米ドル建てのスワップがないことです。

まず、図表1に示した6本の二国間通貨スワップも「ローカル通貨スワップ」と呼ばれ、相手国の通貨としか交換できない契約です。つまり、韓国が喉から手が出るほど欲しい米ドルと交換できるタイプのスワップは皆無だ、ということです。

オーストラリアとの100億豪ドル(約71.7億ドル)、スイスとの100億フラン(約99.8億ドル)のスワップについては、相手国通貨自体が国際的に広く通用する「ハード・カレンシー」の一種ですので、いざとなれば米ドルに両替して(あるいはそのままで)通貨防衛などに使うことができなくもありません。

しかし、とくに中国、インドネシア、マレーシアとの通貨スワップについては、相手国通貨自体が「ソフト・カレンシー」、つまりどこの国でも自由に両替できる通貨ではないため、韓国が通貨危機になったときに、相手国から通貨を借りて通貨防衛に使う、といった使い方は難しいでしょう。

次に、2つ目の問題点としては、中国との通貨スワップについては実在が怪しいことです。

韓国が保持する6本の二国間通貨スワップの中で、最大の金額を占めるのが中国との通貨スワップで、全体の実に61%を占めていますが、これについては公式には2017年10月10日で失効済みであり、韓国当局側が一方的に「口頭で延長に合意した」と言い張っているに過ぎません。

そして、3つ目の問題点は、危機が波及する、ということ(つまり「共倒れ」リスク)です。

つまり、中国、インドネシア、マレーシアとの通貨スワップは、韓国が通貨危機になったときに相手国から外貨を借りるだけでなく、相手国が通貨危機になったときに韓国ウォンを貸さなければならないとうい性質のスワップでもあります。

とくに中国との通貨スワップは、韓国が必要なときに3600億元を引き出そうとしても中国当局から拒絶される可能性が高い一方、中国から要求があれば、64兆ウォンもの大金を中国に貸し出さなければならないということでもあります。

まったく正気の沙汰とは思えません。

韓国が抱える二国間通貨スワップの問題点
  • ①韓国が喉から手が出るほど欲しい米ドル建ての通貨スワップ協定が1本も存在しないこと
  • ②金額ベースで全体の6割を占める中国とのスワップは実在が怪しいこと
  • ③共倒れ(相手国を危機に巻き込む、相手国から危機に巻き込まれる)リスクがあること

ディルハムはハード・カレンシーと呼べないが…

ただし、昨日も紹介したUAEディルハムとのスワップについては、金額こそ50億ドル少々と僅少ですが、実は、韓国にとってはとても貴重な通貨スワップとなる可能性があります。というのも、UAEディルハムは米ドルとのペッグ制度を採用しているからです。

日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、1998年以降、1ドル当たり3.6725ディルハムに固定されているのだそうですが、これはディルハムのレートが切り下がりそうになれば通貨当局がディルハムを買い支え、ディルハムのレートが切り上がりそうになればディルハムを売却している、という意味でしょう。

実は、似たような為替ペッグ制度を取る国は意外と多く、日本に身近な国では香港が1米ドル=7.8香港ドル(※現実には上下0.05ドルのバンドを容認しているため、1米ドル=7.75~7.85香港ドル)という固定相場制度を採用していますし、北欧のデンマークもユーロとペッグしています。

また、UAEを含めた湾岸協力理事会(GCC)加盟国で見ると、UAE以外にもサウジアラビア、カタール、バーレーンなどが米ドルとペッグしていますし、クウェートも通貨バスケット制を採用しているため、広い意味ではペッグ制度の一種だといえます。

それはさておき、韓国が締結したUAEとの通貨スワップは、米ドル建てのものではありませんが、事実上、米ドルとのスワップに準じたものだという言い方ができなくもありません。

そして、IMFのデータによれば、UAEの外貨準備高は2018年末時点で995億ドルであり、仮にこの水準が続くのなら、韓国から50億ドル少々を引き出されたとしても、UAEのドルペッグが揺らぐという可能性はそこまで高くないでしょう。

ただし、UAEの外貨準備高は安定しておらず、2010年末の外貨準備高は328億ドルていどでしたし、わりと増減を繰り返しています。

このため、将来的な石油価格、湾岸諸国の政治動向次第では、UAEの外貨準備が激減し、先ほど述べた「共倒れリスク」が顕在化するかもしれません。

実際、1997年のアジア通貨危機の際には、香港がインターバンク・オーバーナイト金利を280%(!)にまで引き上げてまで米ドルとのペッグを守り切りましたが(財務省『「経済の発展・衰退・再生に関する研究会」報告書』P225参照)、これはドルペッグから外れる瀬戸際にあったとうい意味でもあります。

韓国との通貨スワップが、UAEがドルペッグから外れるきっかけとなる可能性だってあるかもしれません。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



国家だって破綻する

黒字倒産の恐怖!

ところで、「国家の崩壊」といわれてもピンとこない、という人も多いと思うのですが、これについては個人に例えてみればよくわかります。

たとえば、著名な小説の主人公であるロビンソン・クルーソーのような自給自足生活と異なり、私たちの多くは社会生活を営んでいます。農家でもない限りは、食品を自分たちで作り出すことはできませんので、モノを食べていくためにはどうしてもおカネが必要です。

おカネは食べ物を買うためだけに必要なものではありません。

個人で事業を営んでいる人(自営業者)や中小企業のなかには、金融機関からおカネを借りて飲食店などを経営している場合もあるでしょう。この場合、金融機関がおカネを返せと言ってきたら(いわゆる「貸し剥がし」)、即座に倒産してしまいますが、これが「資金繰り倒産」です。

また、「資金繰り倒産」が発生するのは、別に金融機関からおカネを貸し剥がされる場合に限られません。

たとえば、売掛金と買掛金のサイトがミスマッチを起こし、儲かっていたはずなのにおカネが足りなくなって銀行取引停止処分を喰らうこともあります(いわゆる「黒字倒産」)。

ここで、ある企業の例で、資金繰り倒産について考えてみましょう(※なお、議論を簡単にするため、人件費、経費、税金などについては考えないことにします)。

たとえば、ある企業が1月に起業し、毎月、9500万円で商品を仕入れ、1億円でそれを転売し続けたとすれば、この企業の月間利益は500万円です。しかし、金融機関の支払サイト(支払期間)が1ヵ月、売掛金の回収サイト(回収期間)が3ヵ月だったとすれば、この企業には何が発生するでしょうか?

この企業は1月に売上高1億円、仕入高9500万円、売掛金1億円、買掛金9500万円が計上されます。しかし2月に入ると1月の買掛金9500万円を支払わなければならないのに、1月の売掛金1億円は、まだ入って来ません。

3月に入ると、2月の買掛金9500万円を払わなければならず、売掛金については1月の1億円、2月の1億円、3月の1億円という、合計3億円が溜まったままとなってしまいます。4月になって、やっと1月の売掛金1億円が回収できますが、3月の買掛金9500万円を支払わなければなりません。

つまり、売上高については3ヵ月分、常に現金化されない金銭債権(売掛金)が残ってしまうのに対し、金銭債務(買掛金)については1ヵ月分しか残らないのです。この企業には、4月以降は常時、2億500万円の資金不足が生じる計算です(図表2)。

図表2 売掛金と買掛金のサイトの違いから発生する資金不足
売掛金残高(①)買掛金残高(②)①-②
1月1億円9500万円500万円
2月2億円9500万円1億500万円
3月3億円9500万円2億500万円
4月3億円9500万円2億500万円

(【出所】著者作成)

この資金不足のことを、一般に「運転資金」と呼びます。

厳密には、従業員に対する給与資金、消費税などの納税資金なども必要ですので、計算式はもう少し複雑ですが、要するにこの企業は、帳簿上は毎月500万円ずつ儲かっているはずなのに、4月以降は常に2億500万円の資金不足を抱えているのです。

このとき、事業主は銀行などの金融機関からおカネを借りたり、自己資本を充てたりして、この資金不足を解消しようとするのですが、事業を拡大するときや、自然災害・不況などの一時要因により、資金不足が拡大することもあります。

だからこそ、中小企業経営は難しいのです。

(※余談ですが、この「資金繰り倒産」の恐怖は、消費税の増税を画策する財務省の官僚らには想像がつかないかもしれません。財務官僚は特権階級だからこそ、弱者に厳しい税である消費税の引き上げという発想が思いつくのではないでしょうか?)

通貨危機とは外貨不足

実は、この資金繰り不安というのは、国単位でも生じるものです。

いや、厳密にいえば、外貨に依存している国が、国家レベルでの外貨不足に見舞われることだと言い換えれば良いでしょうか。これを一般に「通貨危機」と呼びます。

この通貨危機はいかなるメカニズムで発生するのか、どうやったら防げるのかについては、「金融規制の専門家」である私自身だけでなく、多くの人が頭を悩ませている問題点です。しかも、通貨危機が厄介なのは、いったん発生すれば、国が滅亡するほどのダメージを与えることもある、という点にあります。

国が潰れるなんてあり得ない」。

そう思う人は多いかもしれませんが、実は、その発想は間違っています。歴史書をひも解いてみれば分かりますが、古今東西、地球上にはさまざまな国が栄え、滅んでいきました。そして、これは現代社会であっても例外ではありません。

国が滅亡する原因は、「外国に攻め込まれる」、「革命で政府が倒される」だけではありません。おカネがなくなり、外国から生活物資を買ってくることができなくなれば、その国で国民生活が成り立たなくなって、国民がその国から逃亡しはじめるかもしれません。

その典型例は、南米のベネズエラです。

ベネズエラは産油国であり、普通に経済運営をしていれば、国民を十分に食べさせていけるだけの外貨収入が得られるはずです。

しかし、ウゴ・チャベス前大統領(2013年3月に死去)が進めた石油産業の国有化や極端な反米政策などにより、ベネズエラは国際的孤立を深め、後継者のニコラス・マドゥーロ政権下でインフレ率は今年1月に268万パーセントを記録するなど、経済は事実上、崩壊状態にあります。

ベネズエラ、1月のインフレ率が268万%に(2019/2/8 6:24付 日本経済新聞電子版より)

日経によると、米国が今年1月に課したベネズエラに対する軽質油の禁輸措置などがてきめんに効いており、同国ではガソリン、軽油などの不足などに直面しているそうですが、産油国でありながらガソリン不足というのもなかなか不思議な現象ですね。

外貨依存している国の弱み

もっとも、日本の場合、日本円という通貨自体が広く外国で通用する「国際的なハード・カレンシー」である、という事情もありますが、国を挙げて外貨をそれほどたくさん調達していないため、ここで挙げた「通貨危機論」についてはほとんど当てはまりません。

というよりも、日本は民間金融機関などが外国に対して巨額のカネを貸している状態にありますし(『カリブ海の小国に63兆円を貸し付ける最強の日本の金融機関』参照)、それ以外にも外貨準備や対外直接投資などの形で、巨額の金銭債権や対外資産を保有している国でもあります。

カリブ海の小国に63兆円を貸し付ける最強の日本の金融機関

いちおう、私が把握している「日本の対外資産」の数値を列挙しておきましょう(図表3)。

図表3 日本のおもな「対外資産」
区分金額(百万ドル)情報源
①金融機関の最終リスクベース与信4,121,350日銀『BIS統計日本公表分』
②日本の外貨準備高1,270,466IMF
③対外直接投資残高1,550,808JETRO『直接投資統計』
合計6,942,624

(【出所】上記図表「情報源」欄より著者作成。ただし、数値①②については2018年12月末、数値③については2017年12月末のもの)

日本の「対外資産」はこの①~③だけに限られるものではありませんし、データの集計範囲なども異なるため、財務省などが公表する『本邦対外資産負債残高』などのデータと整合するものではありませんが、ざっくりと日本がどれだけ世界に存在感を示しているかというイメージは掴んでいただけると思います。

そんな日本に暮らしていると、「外貨がなくなる」ことの怖さに実感がないのは当然かもしれませんが、ただ、日本のような国は世界の中では例外的であり、世界の多くの国は外貨(あるいは外資)に依存しているのです。

このように考えていくと、さしずめ世界の外貨ポジションのリスク国といえば、新興国の代表例であるトルコがその典型例ですが(『トルコショック再び?怖いのは局地的ショックではなく波及効果』参照)、インドやASEAN諸国などからいきなり火が付く可能性もあります。

余談ですが、私などはユーロ圏のギリシャあたりがユーロ圏債務危機を再々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々燃させるのではないかと見ていますし、ギリシャがドイツに対して「第二次世界大戦の賠償が済んでいない」、「日本は韓国に賠償しているではないか」とばかりに損害賠償要求を蒸し返すという展開があっても不思議ではないでしょう。

スワップ使った消極的制裁

さて、韓国は貿易黒字国であり、一見すると経済成長率も堅調です。

しかし、どんな儲かっている会社であっても、売掛金の回収サイトが長く、買掛金の支払サイトが短ければ、資金繰りのミスマッチから倒産する可能性がありますし(いわゆる黒字倒産)、外貨に依存している国家の場合も、外貨が詰まった瞬間、国家破綻する可能性があります。

別に韓国がそうだと申し上げません。

あくまでも一般論で、そう申し上げているだけのことです。

また、韓国の外貨準備高については、同国中央銀行が主張する4000億ドル少々ではなく、事実上は米ドル建て以外の資産の比率がかなり高く、また、その一部は運用の失敗によって消失している可能性も否定できません。

本稿を読んで下さっている企業経営者の方がいらっしゃれば、「韓国の国家破綻」とは、「黒字倒産」のことだと考えて頂ければわかりやすいと思いますし、韓国企業と取引をするならば、相手先の与信管理にカントリーリスクの考え方を併せて検討して頂けると良いと思います。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

さて、日本は世界でほぼ最強クラスの通貨ポジションを保有している国です。日本円という通貨自体はハード・カレンシーですし、また、保有する外貨準備高も、事実上、世界最大規模です。

昨日、『「日韓首脳会談見送り」とサイレント型制裁の関係を考察する』で触れましたが、徴用工判決問題を筆頭に、韓国がさまざまな不法行為を日本に対して仕掛けて来ている点について、日本から取り得る対抗措置にはいくつかの種類があります。

「日韓首脳会談見送り」とサイレント型制裁の関係を考察する

これらのなかには、「韓国が危機に陥ったときにわざと助けないこと」という消極的経済制裁や、「韓国が日本に対する不法行為を仕掛けた結果、外国企業が勝手に『コリア・リスク』を嫌って韓国を忌避する」というセルフ経済制裁などもあるのですが、私が現在イチオシでお勧めしたいのは、通貨スワップです。

要するに、韓国以外の国と、これ見よがしに通貨スワップ協定を推進していくのです。

そういえば、今から2年前の2017年5月、日本はマレーシアとの間で通貨スワップ協定(30億ドル相当額)を推進すると基本合意したはずですが、いったいどうなったのでしょうか?

またしてもゴールデンウィーク前後に、マレーシアとの間で通貨スワップが成立すれば、韓国自身を含めた全世界に対して、「日本が面倒を見る『アジア諸国』には韓国は含まれていない」という、意味深なメッセージにはなるでしょう。

また、ベトナム、台湾、モンゴルなどとの通貨スワップ、ニュージーランド、デンマークなどとの為替スワップがあっても良いかもしれませんし、シンガポールとの通貨スワップと為替スワップについてそれぞれ金額を拡大しても良いと思います。

いずれにせよ、日本政府が当面、韓国に対する積極的制裁をやるつもりがないのであれば、是非、消極的制裁を拡大して欲しいところです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/06/16 05:00 【時事|雑感オピニオン
    大学で何を学ぶか、どこで何を学ぶか 結局は自分次第 (3コメント)
  • 2019/06/15 17:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅氏が日本の若者と直接会えば、いったい何が起きる? (31コメント)
  • 2019/06/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年6月15日版) (10コメント)
  • 2019/06/15 05:00 【時事|外交
    安倍総理のイラン訪問は成功?失敗? 長い目で見ることが必要 (22コメント)
  • 2019/06/14 12:00 【時事|韓国崩壊
    好きの反対は無関心 言論NPO調査に見る日本人の意識変化 (28コメント)
  • 2019/06/14 10:40 【時事|韓国崩壊|金融
    直接投資:そもそも日本にとって、韓国の重要性はとても低い (7コメント)
  • 2019/06/14 05:00 【マスメディア論
    ツイッターフォロワー1000人御礼と「議論拒否」の人たち (57コメント)
  • 2019/06/13 16:30 【時事|外交
    海外主要メディア、「イランと北朝鮮の関係」に触れず (28コメント)
  • 2019/06/13 14:30 【時事|韓国崩壊
    韓国の政治家、経営者に、もっと積極的に訪米して欲しい理由 (8コメント)
  • 2019/06/13 08:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国政府は仲裁手続に応じない方針」、これをどう読むか (35コメント)
  • 2019/06/13 05:00 【時事
    安倍総理のイラン訪問:真の政治リスクとは「消費税」? (11コメント)
  • 2019/06/12 12:30 【時事|韓国崩壊
    韓国にとっては「資産」でも日本にとっては「負債」です (46コメント)
  • 2019/06/12 09:30 【時事|韓国崩壊
    手遅れと思うが、あえて韓国に「耳の痛い忠告」をしてみたい (27コメント)
  • 2019/06/12 05:00 【時事|外交
    鈴置高史氏の重要な指摘 イランと北朝鮮、点が線でつながる (21コメント)
  • 2019/06/11 15:00 【時事|韓国崩壊
    二股外交する国のメディアに「日本は二股外交だ」と言われる (47コメント)
  • 2019/06/11 11:00 【時事|国内政治
    ふるさと納税悪用したアマゾンギフトの泉佐野市の自業自得 (21コメント)
  • 2019/06/11 08:30 【日韓スワップ|韓国崩壊
    「G19」と日韓スワップ待望論 過去と戦い自滅する韓国 (27コメント)
  • 2019/06/11 05:00 【時事|外交
    香港で今、何が起きているのか (14コメント)
  • 2019/06/10 14:30 【時事|韓国崩壊
    自称元徴用工の支援団体、三菱重工の株主総会でピケ張りか? (34コメント)
  • 2019/06/10 11:00 【時事|韓国崩壊
    慰安婦問題の解決責任は100%、韓国政府のみにある (11コメント)
  • 2019/06/10 05:00 【時事|外交
    米国防総省がやっと台湾を国と認めた!今こそ台韓交換が必要 (70コメント)
  • 2019/06/09 11:30 【時事|韓国崩壊
    わが目を疑う文在寅の行動 G20を前に「平和宣言」とは? (30コメント)
  • 2019/06/09 05:00 【時事|外交|金融
    米中貿易戦争と日米同盟、そして日本が果たすべき役割 (32コメント)
  • 2019/06/08 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年6月8日版) (105コメント)
  • 2019/06/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    放っておけば勝手に自滅 自称元徴用工代理人のホンネとは? (36コメント)
  • 2019/06/07 22:00 【時事|韓国崩壊
    鈴置氏「米国が北朝鮮を先行攻撃できる体制は整った」 (38コメント)
  • 2019/06/07 11:11 【時事|韓国崩壊
    日本の安全保障に対する本当の脅威は「韓国のコウモリ外交」 (67コメント)
  • 2019/06/07 05:00 【時事|国内政治
    朝日新聞が日韓首脳会談を要求したこと自体が答えになっている (51コメント)
  • 2019/06/06 11:30 【時事|韓国崩壊
    「日韓協力」「日韓首脳会談」 日本の世論が許さない状況に (54コメント)
  • 2019/06/06 10:00 【時事|韓国崩壊
    「習近平訪韓」報道は正しいのか、そして事実ならその狙いは? (37コメント)
  • 2019/06/06 05:00 【時事|韓国崩壊
    経常赤字の衝撃 韓国の「貿易危機」は続くのか (10コメント)
  • 2019/06/05 16:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国の経常収支が7年ぶりに赤字」の意味を考えてみる (7コメント)
  • 2019/06/05 13:45 【時事|韓国崩壊|金融
    「為替変動」だけでは説明がつかない、韓国の外貨準備の減少 (9コメント)
  • 2019/06/05 12:00 【マスメディア論|時事
    マスコミが叩かれるのは「不寛容」のためではなく自業自得 (20コメント)
  • 2019/06/05 11:15 【時事|国内政治
    安倍晋三氏の総理大臣在任日数が歴代3位に (9コメント)
  • 2019/06/05 05:00 【時事|金融
    欧州発の金融危機?インチキ会計基準IFRSと欠陥通貨ユーロ (18コメント)
  • 2019/06/04 16:45 【時事|経済全般
    霞ヶ関はスーパーブラック企業もびっくりのブラック職場? (34コメント)
  • 2019/06/04 12:00 【時事|韓国崩壊
    米韓未来連合司令部の創設と「米韓同盟消滅」の足音 (24コメント)
  • 2019/06/04 06:00 【時事|韓国崩壊
    「ネットの岩屋叩き」、日韓首脳会談見送り要因の1つに? (69コメント)
  • 2019/06/04 05:00 【韓国崩壊
    経済制裁論は経済戦争なのか 何より大事なのは日本の国益 (22コメント)
  • 2019/06/03 16:45 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    USDKRWの攻防続く?一時1180割れも再び売られる (18コメント)
  • 2019/06/03 15:00 【時事|金融
    髙橋洋一氏と朝日新聞論説委員の討論は「大人と子供の勝負」 (12コメント)
  • 2019/06/03 12:00 【時事|外交
    北朝鮮の強がりは想定内 相手を弱らせるのが敵対外交の鉄則 (10コメント)
  • 2019/06/03 06:00 【時事|国内政治
    ネット「無能な岩屋はさっさと辞めろ」 常軌逸した岩屋叩き (98コメント)
  • 2019/06/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    週末の韓国メディア 何かと理解の範疇を超える記事の数々 (17コメント)
  • 2019/06/02 12:00 【時事|韓国崩壊|外交
    岩屋氏、シャングリラ会合で「開かれたインド太平洋」を強調 (45コメント)
  • 2019/06/02 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    東アジア共通通貨に対抗し得る円の国際化と通貨スワップ拡大 (13コメント)
  • 2019/06/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年6月1日版) (231コメント)
  • 2019/06/01 07:00 【時事|外交
    安倍総理のイラン訪問の「真の狙い」を考察する (33コメント)
  • 2019/06/01 05:00 【雑感オピニオン
    明らかに不合理な言語・英語 学習するなら目的に応じて (47コメント)
  • 2019/05/31 14:15 【時事|外交
    中国漁船?南シナ海で豪州ヘリに漁船がレーザー照射か (24コメント)
  • 2019/05/31 10:00 【時事|韓国崩壊
    LAの学校の壁画が修正へ 被害者でなく加害者としての韓国 (87コメント)
  • 2019/05/31 05:00 【韓国崩壊
    韓国への対抗手段は経済制裁ではなく、経済焦土化作戦なのか (45コメント)
  • 2019/05/30 12:45 【時事|韓国崩壊
    遅まきながら韓国産水産物の検査強化、ほかの分野にも及ぶのか (37コメント)
  • 2019/05/30 10:30 【時事|韓国崩壊
    中国が「一帯一路」で韓国に揺さぶり?自業自得の韓国外交 (35コメント)
  • 2019/05/30 06:00 【時事|外交
    外相・防衛相2+2会談の相手国が増えるのは良いことだが… (14コメント)
  • 2019/05/30 05:00 【マスメディア論|時事
    なぜ「マスゴミ」と呼ばれるのか その取材手法の腐敗ぶり (15コメント)
  • 2019/05/29 15:30 【時事|韓国崩壊
    韓国の重鎮議員を迎えたのは「ワタミ」さん1人だったが… (42コメント)
  • 2019/05/29 12:15 【時事|韓国崩壊
    ラオスのダム事故は人災 そして責任を全力否定する韓国企業 (33コメント)
  • 2019/05/29 10:45 【RMB|時事|金融
    米国の為替監視レポート詳細 中国とドイツを問題視する米国 (7コメント)
  • 2019/05/29 05:00 【外交
    朝日新聞と韓国の共通点は「日米首脳会談の成功を妬むこと」 (26コメント)
  • 2019/05/28 22:15 【時事|外交
    アジア要人が続々来日:スピード感のある仕事をする安倍政権 (10コメント)
  • 2019/05/28 12:15 【時事|韓国崩壊
    日韓防衛相会談見送り報道とマスコミ関係者の「思い込み」 (41コメント)
  • 2019/05/28 11:11 【時事|外交
    トランプ訪日成功に慢心するな 次の一手は日台通貨スワップ? (24コメント)
  • 2019/05/28 05:00 【韓国崩壊
    「別に日韓関係改善を望んでいない」というのは日本も同じ? (44コメント)
  • 2019/05/27 17:30 【時事|韓国崩壊
    外務省が旭日旗説明資料を掲載したことの本質的な意味とは? (33コメント)
  • 2019/05/27 14:25 【時事|外交
    「あの国」のメディアが天皇陛下会見と緊密な日米関係を詳報 (30コメント)
  • 2019/05/27 12:11 【時事
    天皇・皇后両陛下がトランプ大統領夫妻と面会 (3コメント)
  • 2019/05/27 11:30 【時事|韓国崩壊
    ついに韓国メディアが「コウモリ外交の破綻」を認めてしまう (23コメント)
  • 2019/05/27 05:00 【韓国崩壊|金融
    韓国への経済制裁あれこれ、そして日本が持つべき覚悟とは? (55コメント)
  • 2019/05/26 16:45 【時事|韓国崩壊
    韓国の伝統:やっぱり政争に外国勢力を招き入れて来たのか? (17コメント)
  • 2019/05/26 11:45 【時事|韓国崩壊
    「日本も困っているはず」?なぜ韓国メディアは読み誤るのか (38コメント)
  • 2019/05/26 05:00 【マスメディア論
    「朝日新聞社が165万円の賃下げ」という報道のインパクト (49コメント)
  • 2019/05/25 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年5月25日版) (103コメント)
  • 2019/05/25 05:00 【時事|外交
    トランプ大統領訪日を契機に、「希望の同盟」について考えた (65コメント)
  • 2019/05/24 16:45 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア 根本的な認識がおかしいから、結論を間違える (49コメント)
  • 2019/05/24 11:30 【時事|韓国崩壊
    「文在寅氏は日韓首脳会談を望んでいる」、本当ですか? (20コメント)
  • 2019/05/24 05:00 【時事|政治その他
    シンゾー・アベじゃなく、アベ・シンゾーと呼んでください (65コメント)
  • 2019/05/23 23:45 【時事|韓国崩壊
    建設的議論が期待できない日韓外相会談でも必要な理由とは? (28コメント)
  • 2019/05/23 11:00 【時事|韓国崩壊
    彼女がフィリピンに渡ったとき、日本軍はいませんでしたよ? (38コメント)
  • 2019/05/23 09:45 【マスメディア論|時事|国内政治
    野党の謎の風頼み、正体は「マスコミ頼み」でしょう (14コメント)
  • 2019/05/23 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    「スワップを結ばないこと」が韓国への意図せざる経済制裁に (51コメント)
  • 2019/05/22 13:45 【時事|金融
    対中輸出に急ブレーキ それでも増税を強行するつもりですか? (15コメント)
  • 2019/05/22 11:00 【時事|韓国崩壊
    真の親日派とは、文在寅氏その人だ (26コメント)
  • 2019/05/22 05:00 【韓国崩壊
    徴用工と慰安婦の共通点:本質はウソツキ韓国と事なかれ日本 (29コメント)
  • 2019/05/21 17:15 【時事|韓国崩壊
    ウォンの防衛ラインは1195?「ウォン安なら株高」説の怪 (29コメント)
  • 2019/05/21 12:00 【RMB|時事|金融
    AIIBの総裁来日と債券発行 いったい何に使うのですか? (14コメント)
  • 2019/05/21 11:00 【時事|韓国崩壊
    仲裁手続について、韓国メディアの報道をいくつか眺めてみた (7コメント)
  • 2019/05/21 05:00 【時事|韓国崩壊
    対韓仲裁手続付託通告 タイミングと狙いについて考えてみる (53コメント)
  • 2019/05/20 22:15 【時事|外交
    どうなった「蚊帳の外」論 今、安倍総理が金正恩と会う理由 (8コメント)
  • 2019/05/20 16:00 【時事|韓国崩壊
    日本が仲裁手続の付託決定:国際的ルールで韓国を裁く第一歩 (42コメント)
  • 2019/05/20 11:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    ウォン安は続く?スワップ欠く日韓関係、企業はリスク管理を (19コメント)
  • 2019/05/20 05:00 【韓国崩壊
    数値で見る日韓関係:ヒト・モノ・カネの交流状況とは? (12コメント)
  • 2019/05/19 12:45 【時事|韓国崩壊
    あまりにも予想どおり!自称元徴用工らが「基金構想」提示へ (61コメント)
  • 2019/05/19 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    中韓通貨は「大台」目指す?「通貨暴落」の意味を考える (27コメント)
  • 2019/05/18 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年5月18日版) (172コメント)
  • 2019/05/18 05:00 【マスメディア論
    罪深いテレビ業界の腐敗ぶりと新しいネットメディアの可能性 (56コメント)
  • 2019/05/17 18:45 【時事|国内政治
    不信任案は衆院解散総選挙の「大義」になる?当たり前です (14コメント)
  • 2019/05/17 11:00 【韓国崩壊
    徴用工と瀬戸際外交:放置すれば日本の選択肢が増えるのも事実 (52コメント)
  • 2019/05/17 05:00 【RMB|金融
    朝鮮半島統一費用は1兆ドル?AIIBさん、出番ですよ! (35コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。