「日韓首脳会談見送り」とサイレント型制裁の関係を考察する

先ほどの『韓国とUAEが通貨スワップ協定が復活 「通貨危機遠のく」?』に加え、もう1つ、韓国関係の速報があります。共同通信は昨日、安倍晋三総理大臣が今年6月の大阪のG20サミットで、韓国大統領との日韓首脳会談を「見送る方向で検討に入った」と報じました。この報道が事実かどうかは現時点ではわかりません。しかし、「サイレント型制裁」として見るならば、必ずしも悪い話ではないように思えます。これをどう考えるべきなのでしょうか?

韓国の「政経分離論」「ツートラック論」

当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』は「韓国専門のサイト」ではありませんが、やはり昨年の秋口から、韓国の日本に対するさまざまな攻撃が激化したことを受けて、どうしても当ウェブサイトとしては「日本が韓国とどう付き合うべきか」について考えることが増えています。

こうしたなか、何といっても日韓関係を破壊する強いインパクトがあった事件といえば、徴用工訴訟問題、つまり韓国国内で、自称元徴用工らが相次いで日本企業を訴えている問題です。

とくに、新日鐵住金(現・日本製鉄)が昨年10月30日に大法院(※最高裁に相当)で敗訴したことを契機に、この問題は一気に日韓両国政府の政治問題と化しました。

よく韓国の政治家やマスコミは「どんなに両国の政治関係が悪化しても、経済面では良好な関係を維持しなければならない」などと主張して来ます(※残念なことに、一部の日本のメディアも似たようなことを主張しています)。

しかし、外交関係において、政治が悪化すれば経済も悪化するのは当然のことですし、ましてや本件は純粋な政治問題ではなく、日本企業が不当な不利益を被っているという意味で、「経済問題」でもあるのです。

いわば「加害者」である韓国が、「被害者」である日本に対して「政治面での被害を無視して経済面で仲良くしてくれ」などと、堂々と「ツートラック」を要求してくること自体、まことに厚かましい発想であると言わざるを得ません。

なぜ仲裁手続を申し入れなかったのか?

ただ、日本政府は韓国側から仕掛けられているさまざまな不法行為に対し、現在、明確な経済制裁に踏み切っていません。

いや、それどころか、『徴用工判決問題に対する仲裁手続移行の遅れ、なぜ?』でも触れたとおり、日韓請求権協定に基づく仲裁手続にすら踏み切っておらず、これはまことに不可思議というほかありません。

日韓請求権協定第3条第2項・第3項によれば、仲裁委員会の設置までに最大60~90日の時間が必要であり、この期間に韓国側が仲裁委員会の設置に協力しなければ、仲裁手続自体が成立しません。

しかし、逆に言えば、「韓国が仲裁委員会の設置に同意しなかった」という実績を作れば、そのこと自体が「韓国は国際法を守らない国だ」ということを、全世界に対して見せつけることができるわけであり、なぜ日本政府がそれをやらないのかが謎なのです。

日本政府が2月初旬に仲裁委員会の設置を申し入れていれば、ちょうど今ごろ、「韓国の日韓請求権協定破り」を確定させることができたはずです。そののちに、韓国に対する経済制裁をじっくりと検討する、という流れが理想的だったのではないでしょうか。

制裁にもいろいろありまして…

ただし、『実は対韓制裁、始まっていた?韓国メディアの気になる報道』などでも触れましたが、韓国に対する経済制裁には、日本が主体的に「今から経済制裁を実施する」と宣言するタイプのものには限られません。

実は対韓制裁、始まっていた?韓国メディアの気になる報道

ざっくりと分類すれば、

  • ①積極的経済制裁
  • ②サイレント型経済制裁
  • ③便乗型経済制裁
  • ④消極的経済制裁
  • ⑤セルフ経済制裁

などの類型が考えられます。

このうち、世間で「対韓経済制裁」あるいは「韓国への対抗措置・報復措置」などといわれているのは、①の「積極的経済制裁」です。

これは、「ヒト・モノ・カネの流れを制限する」などの制裁であり、いわば「伝家の宝刀」のようなものです。やりようによっては韓国経済に大きな打撃を与えることができますが、日本経済にとっては諸刃の剣でもありますし、なにより抜きどころを間違えると、結局、韓国に対して意図した打撃を与えることができません。

しかし、最近私が注目しているのは、②の「サイレント型の経済制裁」です。

これは、「経済制裁ですよ」と宣言するのではなく、あくまでも韓国を名指ししないタイプの制裁(あるいは嫌がらせ)のことです。これには、例えば、

  • 日常的な行政手続を厳しくする(韓国人が経営する企業への国税調査を頻繁に実施する、通関手続・送金手続などで書類をきっちりそろえるように要求する、就労ビザの発給審査を厳格化する、など)
  • 韓国をわざとスルーする(わざと韓国に見せつけるように、韓国が欲しがる通貨スワップ協定を韓国以外の国と締結する、韓国以外の諸国と頻繁に首脳会談を実施する、など)

などが考えられます。

たとえば、安倍晋三総理大臣は、今月下旬から3ヵ月連続して米国のドナルド・J・トランプ大統領との首脳会談を実施するそうですが、これも「たった2分の米韓首脳会談」という文在寅(ぶん・ざいいん)氏に見せつけるという意味では、サイレント型制裁と言えなくはありません。

「首脳会談見送り」報道、事実ならば歓迎したい

こうしたなか、「首脳会談」といえば、興味深い報道がありました。

首相、日韓首脳会談の見送り検討/6月の大阪G20会合で(2019/04/14 10:18付 共同通信より)

共同通信は「複数の政府関係者」の情報として、安倍総理は今年6月に大阪で行われるG20首脳会合の際、日韓首脳会談を「見送る方向で検討に入った」と報じています。

もちろん、最近の日韓関係を巡る共同通信や時事通信などの報道は、次のとおり、不正確な報道もかなり多いため、全面的に信頼するのは早計です。

ただ、並居るG20首脳のなかで、文在寅氏のみ無視するというのは、「サイレント型対韓制裁」としては地味に効く制裁です。

もう1年以上、首脳会談なし?

さて、安倍総理と文大統領の首脳会談といえば、ちょうど1年前、2018年5月9日に行われた「日中韓3ヵ国サミット」の場で行われましたが、それ以降、両者はまともに話をしていないように思えます。

厳密に言えば、9月の国連総会の際にニューヨークのホテルで日韓首脳会談が行われましたが、それ以降は11月のAPEC、ASEM、G20などの国際会議など首脳会談をする機会はあったにもかかわらず、せいぜい握手を交わして立ち話をした程度だったのではないでしょうか。

私の理解では、安倍晋三氏は、両国関係が困難なときほどお互いに胸襟を開いて話そうとする傾向があると思うのですが、その安倍総理がなぜ韓国大統領との会談を避けるのか、その意図については正直、私自身にもよくわかりません。

しかし、首脳会談を開かないということ自体が韓国に対する「サイレント型制裁」の1つでもあることは間違いありません。

安倍総理が「サイレント型制裁」(あるいは韓国に対する嫌がらせ)を意識しているのかどうかはわかりませんが、6月のG20会合でホスト国である日本の安倍総理が韓国大統領と会談をしないこと自体、日韓両国民と全世界に対しての重要なメッセージとなることも間違いないでしょう。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

もっとも、個人的には「サイレント型制裁」だけでなく、もっとキッチリとした何らかの経済制裁を行うことが、韓国に対する強いメッセージになるとも思うのですが、本件については引き続き当ウェブサイトとしても強い関心を払っていきたいと思います。

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    なぜ政府は何も対抗措置を進めないのか? それは自民党内に(あるいは政府内に)韓国に通じた あるいは韓国と共通の利益を有する勢力が多いということでしょう。日韓議員連盟が一番分かり易い団体ですね。我が国の政治家とはそういうものなのです。

    1. パーヨクのエ作員 より:

      匿名のコメント主様>なぜ政府は何も対抗措置を進めないのか? 
      それは自民党内に(あるいは政府内に)韓国に通じた あるいは韓国と共通の利益を有する勢力が多いということでしょう。

      韓国に通じた勢力というより対抗措置をしないことがアメリカの利益につながるからだと思いますよ(笑)

      日本政府とはアメリカの国益の為に存在するモノです。

      日本人の為にある物ではありません(笑)。

      1. 匿名 より:

        東レは、自民党への献金額2位ですが、元会長の榊原定征(崔定征)さんは、元朝鮮籍であると報道されていますね。
        https://www.nippon-num.com/society/ldp.html

        昨年末も、韓国から勲章をもらったり、朝鮮べったり企業。
        http://www.media-japan.info/?p=6164

  2. めたぼーん より:

    少なくとも、今時点で文氏と会話する理由は有りませんから、事実になって欲しいものです。
    面倒なことは無能な首相に丸投げし、その首相はかれこれ数ヶ月に亘る知恵出しのアウトプットが一切有りませんし、逃げと責任転嫁しか能力が無い文氏と合っても首相に任せているとか言われそうですしね。

  3. めがねのおやじ より:

    今日は更新多いですね(ボソッと独り言)。

    G20に韓国を呼ぶんですか(笑)?いやいや冗談ですよ。彼の国と違い、そんな卑劣な手を日本は使いません。文在寅は大阪に来ても、安部首相は会談しない。勿論安部首相はトランプ大統領はじめ友邦各国、中堅国とは会談するでしょう。

    文在寅は日本で在日韓国財界人や総連幹部と歓談してろ。あ、総連と余り仲良くすると、帰国後、愚民に叩かれますから、ほどほどに。

    サイレント制裁、他にもやるでしょうから、どこまで削げるか、楽しみ〜(笑)。

  4. 匿名 より:

    椅子の高さの心配する必要なくなってよかったじゃん

    1. りょうちん より:

      そういえば最近はタイムショックとかアップダウンクイズみたいな椅子を使った番組がなくなりましたね。
      ブルーバックにCGを流す疑似コースターとかヌルすぎ。

  5. 老害 より:

    目に見える効果的な「制裁」を実行して見せないと、自民党の強固な支持層が愛想を尽かしそうですが、菅さんのいつもの「遺憾砲」だけで参院選は大丈夫かなと。

    制裁実行前に、手の内をさらすことは愚かですが、「しっかりやっています」という姿勢を国民に知らせることとのバランスを考えないと、嫌韓派というか事実を知り始めた日本国民に選挙で支持されないことも心配すべきです。野党の顔ぶれを見て安心し過ぎなのかな。

    1. 匿名 より:

      保守層どころか 一番敏感な無党派層から愛想をつかされつつあります。こうゆう私も前回までは自民党に投票していましたが次は「お灸」をすえるつもりですから。

      1. ゲンじい より:

        11日の夜の米韓首脳会議で文大統領は仲裁者としての立場を否定され、翌日には北の金委員長から「プレーヤー」としての自覚がないと指摘されました。

        しかし、プレーヤーとしての自覚がないのは韓国政府だけではありません。立場は違いますが、日本政府もまったく同じだと思っています。

        これだけ何度も辱めを受けながら自国の尊厳も守ろうとせず「積極的放置」を決め込もうとしているのが今の日本政府です。

        韓国は国際法を守らない国だということを全世界に対して発信する努力もせず、今度は日本で開かれるG20での文大統領との会談も避けるとしたら、何を考えているのかまったく意味が分かりません。

        千載一隅のチャンスをわざわざ逃してしまう腰抜け政府と揶揄されても仕方がないと思います。

        財務省や外務省だけでなく、日本政府そのものが日本国民の敵になってしまったと言ったら言い過ぎでしょうか。

        1. ゲンじい より:

          ↑ 前記コメントの誤りを訂正します。

          × 「積極的放置」
          ○ 「戦略的放置」

        2. 保守太郎 より:

          そういいますが 結局大甘安倍さんのことですから 会談はすると思いますよ。
          でも会って何を話すんでしょうね?
          「お互い 何もしない同志だね あはは」くらいかな・・。

  6. 門外漢 より:

    G20での首脳会談がないかも?なんてリークすることに意味があるんですかね?
    当方の手の中を見せているのと同じで、夜郎自大の韓国の事ですから「韓国としては首脳会談の必要性は感じていない」なんて先に言うのが目に見えています。
    サイレント制裁と言うなら、リークでなく公式に発表してしまえば良いと思うのですが。

    1. 鞍馬天狗 より:

      門外漢さんへ

      コッチが公表する前に
      >「韓国としては首脳会談の必要性は感じていない」なんて先に言う
      なら、万々歳じゃね?
      日本側は、何もしてないんだから
      ドッカらも文句を言われる筋じゃないし

      1. 門外漢 より:

        彼の国に「ウリの方から断ってやったニダ」なんて精神的勝利されるのが嫌なんですがね・・・

        1. み〜の より:

          精神勝利で実利を見失うのが、かの国の得意技ですから、構わないと思います。
          会談なしを決定すれば、難癖を付けに来ますよ。検討中は、長くプレッシャーかけられるメリットがありませんかね?

        2. 鞍馬天狗 より:

          み〜のさんへ

          日本人は、”真綿で首を締め”が一番苦手
          直ぐに決着が付けたい

          でも、朝鮮人は無神経なので、
          平気みたいです

          実利の損得勘定も苦手みたいで
          蛙の面に〇〇です

          関わりたくない相手です
          出来れば引っ越したい

    2. 匿名 より:

       先日、韓国外務省の外務次官が日本のメディアに「文在寅が6月の大阪でのG20会合に出席するだろう、そうすれば日韓首脳会談ができる」「問題を首脳間で解決してくれる」「徴用工問題を解決するために、日本の外務省の秋葉事務次官に韓国に来るよう要求していると」と言ったんですよ。

       決まってもないことをマスコミにだだ漏れさせる外交的非礼無礼非常識。

       まずは、これに対するカウンターでしょう。「誰が会うと言ったんだよ、あぁん?」てとこかと(笑)。

      1. 門外漢 より:

        そう考えると精神的に安定しますねww

  7. 名無しA より:

    制裁以前に、単純に「意思疎通のできないコミュ障は来るな」
    ということを外交的修辞で表現しただけでは。それでも
    来そうですけど。

    米韓会談の顛末を見れば、みんな韓国とは話したくないでしょう。
    ちょっとでも話せば、後で何を妄想して発表されるかわからない
    ですから。北朝鮮すら警戒しているようです。

  8. 匿名 より:

    そもそも日韓首脳会談をする環境ではないし、会っても主張は平行線なんでしょ。無駄という以前の段階ですな。しかしどの面下げて来日するのかね。彼等の舞い上がった面を見るのは苛立つわな。信義も礼儀も無い面々には不愉快な感情しか湧いてこない。
    注目したいのは議連の面々がどのような発言をするかだ。期待してますよ。黙してばかりというのは卑怯だと思うよ。もう大人の対応という誤魔化しは国民には効かない。

  9. 名無Uさん より:

    参りましたね…
    どう言えばいいのか…

    『日米韓三ヶ国連携』という、クソったれな建前(失礼…)はどうやら伊達ではないようです。三国に向けては強力な縛りが掛かっているようです。
    アメリカが韓国に明確な制裁措置を出す、日本が韓国に明確な対抗措置を出す、それをすれば『日米韓の三ヶ国連携体制は瓦解した』と天下に明白になるでしょう。
    それならば、ほらこの通り瓦解したと、あっさり天下に明白にすればいいじゃないか、と誰しもが思うでしょう。
    それをさせないための強力な縛りが日本のみならず、アメリカにまで掛けられている可能性を想像してみて下さい。
    まさかと思われるなら、何故、米韓首脳会談の際にアメリカは会談決裂の体裁を取らなかったのでしょう?
    何故、トランプ大統領は、世界のメディアの目の前で、韓国の瀬取りという安保理決議違反の罪を問責せずに、ウィキリークスやマスターズなどの話題を持って来たのでしょう?
    何故、G20の時に、世界各国は韓国の安保理決議違反を吊し上げようとせずに、韓国との首脳会談拒否などという生優しい方法を採ろうというのでしょう?
    何故、最近の各国メディアは『トランプ大統領』と敬称をつけて報道するようになったのでしょう?最近まで『トランプ氏』と横並びで書いていたのに?ロシアゲートの疑惑が晴れたから?違いますね。
    自分からすれば、トランプはどこからかの(これを論ずれば陰謀論になる)ある縛りを受け入れることに同意した。そこでメディアが無理やり作りだしたロシアゲートの疑惑を晴らしてもらい、傲慢なメディアから『大統領』という当たり前の敬称をやっと付けてもらえた。トランプも今はメディアを『フェイクニュース』と煽ることは止めています。

    馬鹿馬鹿しい限りですが、北朝鮮はこの状況に気がついている節があります。そこで韓国を使って(悪名はすべて韓国に押しつける)、日米両国をひたすら煽り、挑発している状況でしょう。
    まあ、この調子ならば、韓国は開城工業団地や金剛山観光事業の再開強行をやってのけるかもしれません。もちろん、アメリカの断りはありません。
    そして、世界各国は韓国にセカンダリー・サンクションを科せるのかどうか、確信が持てなくなってきましたよ…

    1. 阿野煮鱒 より:

      陰謀論が大好物な私としては、是非ともお聞かせいただきたいものです、どこの何者がいかなる利害に基づいてトランプ「大統領」を縛ったのか。当たり外れを批判いたしません。よろしくお願いいたします。

      1. 名無Uさん より:

        阿野煮鱒さんへ

        ご冗談を…
        よくご存知でしょう。(笑)

        1. 阿野煮鱒 より:

          んじゃあ、遠慮なくユダヤ/国際金融資本の陰謀ということに「私の中で」させていただきます。w

    2. a4 より:

      トランプ大統領が縛りを受け入れることに同意したとしたら、アメリカファーストでは無くなってしまうのでは?
      暫くの間トランプ大統領と手を組むと言うのなら理解出来ます。

  10. 実行委員 より:

    サイレント型制裁もいいんですが、そろそろ目に見えるカウンターも見舞ってもらいたい気分です。今だったら冷めやすい日本人も嫌韓熱は、まだ冷めてません。今、カウンターパンチを打って、それを批判する日本人/団体があったら、こいつらこそ”親韓”という事で、親韓人/団体(マスコミ含む)のあぶりだしができます。時間が経ってからパンチを打っても、冷めやすい日本人/団体も批判に加わりそうです。それに日韓離反に役立つ文政権がつぶれてから(つぶれそうな時)だと、話が複雑になりますし、そもそも韓国人から「卑怯な日本」に見えるのでは?
    目に見える反撃は、「今でしょう」。

    1. 実行委員 より:

      反撃と言っても、喧嘩/殴り合いをするのを望んでいるのではありません。
      日本が怒っているという事を、態度で示すという事です。反撃すれば、必ず日本にも何らかの不利益が出るでしょう。しかし、損得勘定を越えた行動を起こさなければいけないことも、人間&国にはあるでしょう。その場しのぎの妥協の産物が現在の日韓関係です。今回、例えば安倍総理の再謝罪又は、元徴用工に対する一部補償で、何とか収まったとして、来年以降、再燃する可能性を、私たちは、危惧してるのです。もし、戦後から今まで韓国に対し、何も謝罪補償していなかったとしたら、それは、韓国の要求を聞くことも必要だと、私も思います。しかし、こう何回も「合意・再燃」をくりかえさせられては、信用ならないのです。
      犯罪実績のある詐欺師が、「〇〇万円出せば、□□円の配当が絶対あるから。今度こそ本当だから、嘘じゃないから。」と言ったとして、お金渡せますか?詐欺師から、「こいつには、もう通用しない。」と、思いこませるための”行動”が必要なのです。

      1. 鞍馬天狗 より:

        実行委員さんへ

        コレが、一般社会なら
        個人でドウコウするんじゃなくて
        警察に通報、が一番良いんですが、

        国際社会には警察が無いもんね
        ぶん殴るしかない

  11. 陰謀論者 より:

    どうも世界では、「南北朝鮮は取るに足らない世界の果ての未開の小国」程度の認識しかないらしく、北の挑発行為もイランやトルコの90度の敵対行動(180度の敵対行動ではない)で、嫌がらせや腹いせ程度に思われているのではないかと疑ってしまいます。日本が南北朝鮮に真正面から必要最低限かつ適切な行動をとったとしても、世界からはただの弱い者いじめに見えてしまうかもしれません。日本人自体が日本を正しく評価してないことにも原因がありますが、世界からは中国が東南アジアの国々をいじめているのと同じにしか見えないかもしれないと気をつけておくべきです。(私はWTO敗訴には判官びいきもあると考えています。)
     正男の暗殺事件もマレーシアが北と南を区別できず、間違って南に通報したから発覚したという冗談のような本当の話があります。日本人が島根と鳥取の区別がつかないという話なら笑い話ですが、東南アジアの国境警備の人員レベルでもこのぐらいの認識しかないのです。南北朝鮮は本人たちが思っているより世界での存在感は小さく、日本は日本人が思っているより世界での存在感はだいぶ大きいのです。(それが例えイメージやブランド力のような純粋な国力の反映ではないとしてもです。)世界から大人が小学生相手に本気で喧嘩しているように見えたら損をするのは日本です。さてだからこそ大人同士の話し合いや連携が必要だと思うのです。南北朝鮮をどうするかではなく、そのために周辺国とどう付き合うかです。実社会でも理不尽な要求をしてくる取引先の担当者がいたら、その担当者をどうこうするのではなくその上司と話をつけるし、子供同士が喧嘩していたらまず先に親同士で話をつけるように、ルーピーのように無害化するのが一番です。

  12. 匿名 より:

    会談を設けても意味ないから会わない。
    ホントにそれだけなんでしょうね。

  13. 阿野煮鱒 より:

    自民党の得票力が衰えつつある兆候は、今月の統一地方選挙で現れています。

    県議選 二階氏お膝元で敗北 自民、過半数も3減 /和歌山
    https://mainichi.jp/articles/20190408/ddl/k30/010/308000c
    共産は前回選より1増の4議席を獲得。

    自由民主党幹事長である二階俊博という親韓派のお膝元で起こったこと。
    共産党が議席を増やしたこと。

    これをもって、かねがね私が懸念したように、コアな自民党支持層がお灸を据えたとか、浮遊層の自民離れによって相対的に左翼政党の得票率があがったとか断定はできないのですが、私の中では「ほれ見ろ、俺の言った通りだろう」ということになっています。この見立てが「私の中」だけであることを切に祈ります。

    桜田義孝五輪相と塚田一郎国土交通副大臣の辞任も、自民党の奢りと気の緩みの表れと解釈できます。

    日韓首脳会談見送りは、果たして報復措置なのでしょうか。ただのやる気のなさと勘ぐられないためには、何かしらのストーリーに沿った動きだと見えなければなりません。

    昨年秋以来の韓国事案に対し、何もしないならしないでいいから、真実でなくてもいいから、どうしても言えないなら言えないでもいいから、せめて「昨年来の韓国との軋轢に対して政府がいかなる対処をする方針か、今は事情があって明らかにすることはでませんが、皆様のご心痛は政府として深く理解しております。政府は必ず国民の利益と名誉を守る所存でありますので、忍耐とご理解をお願いいたします」とでも言ってくれれば、政権支持率は上がると思うのです。

    夏の参議院選挙が心配でなりません。

  14. 匿名 より:

    (朝鮮日報日本語版) 韓米首脳会談:非核化巡り異なる発表、立場の差を再確認する形に

    韓国大統領府は非核化の対象を、北朝鮮の主張と同様に「韓半島」としたが、米国側は「北朝鮮」と明示したのだ。
    韓国の元北朝鮮担当外交官は「『韓半島の非核化』とは、米国が韓国に提供する戦略資産と核の傘の撤収も含む概念であり『朝鮮半島の非核化』を主張する北朝鮮の立場を代弁するものだ」と指摘した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190414-00080031-chosun-kr

    やっばり北の首席報道官w

  15. 匿名 より:

    GWに韓国を訪れる日本人が激増!韓国ネットもびっくり「嫌韓はうそ?」「日本にまた韓流ブーム」

    2019年4月10日、韓国メディア・ツアーコリアは、ゴールデンウィークに韓国旅行を楽しむ日本人の数が361%増加したと報じた。
    記事によると、トリップドットコムがゴールデンウィーク期間(4月27日~5月6日)の日本人旅行客の韓国行き旅行の予約率を調査したところ、韓国に到着する航空券の予約率は昨年同期比で361%増加した。韓国のホテルの予約率も昨年同期比341%増加したという。
    https://www.recordchina.co.jp/b702335-s0-c30-d0058.html

    韓国へ行こうかという連中の気持ちがわからん
    政府が強い制裁加えると意識も変わってくるんでしょうが

    1. 阿野煮鱒 より:

      それで韓国に優しい日本政府への支持率も急上昇してくれればいいんですけどね。

    2. 猫はおかかが好き より:

      去年のカレンダー見返してみた。5月1日、2日が平日だが、そういえば10連休取ったつわものもいた(うちの女子数名)。それに比べたら今年は大っぴらに多くの人が10連休だから、宿泊の旅行需要は増える(当家ですら久々の旅行予定)。
      その記事ではホテルの予約率も増加してるというから、単なるトランジットではないわけだ。ただ、%表記なので実数が不明。航空券の実数とホテルの実数の差異もわからない。極端な話、この旅行サイトで扱った件数が去年10件で今年36件なら360%とも言えるし、増加数の計算なら46-10=36 で今年は46件入ったのかもしれない。ただ、ネタのソースがレコチャイで、なおかつ

      観光庁、トリップドットコム(Trip.com)のホテル客室の架空販売事件を受けて利用上の注意を喚起
      https://airstair.jp/kankocho-tripcom/

      という怪しい旅行サイト。第一に数字は本当か、第二になぜ%表記なのか、第三になぜこのタイミングでレコチャイが印象操作のような記事を書くのか?う~ん、わかりません(笑)

  16. なんちゃん より:

    日韓首脳会談にからめて、中国ネタではありますが、

    河野氏、習氏を国賓待遇とせず…G20来日予定(読売)
    https://www.yomiuri.co.jp/politics/20190415-OYT1T50085/

    まあ、当たり前と言えば当たり前ですが、G20でやってくる習近平は国賓待遇にしない方向だそうです。
    他にも多くの首脳がやってくるのに、中国だけ国賓にするわけにはいかん、という理屈は通りますな。
    というか、どう考えてもできないとしか思えないところに、「国賓待遇しない」と敢えて報道するところに読売の底意があるのかないのか。

    G20とは別にもう一回やってくる、トランプは国賓待遇かつ、新天皇初見の外国首脳。

    日韓は首脳会談すら行わない、現状を素直に反映していて、いいですね。
    なんの違和感もなし。

    1. りょうちん より:

      みんな大好き天木直人のブログです。

      http://kenpo9.com/archives/4713
      安倍首相は習近平主席の天皇陛下謁見の要望を握りつぶすつもりか!

      副主席の時謁見したんだからもういいじゃん・・・・。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。