やっと中央日報が通貨スワップに言及 よほど都合が悪いのか

本記事は『通貨スワップと韓国経済の「黒字倒産」リスクについて考える』の「続報」です。先ほど、韓国メディア『中央日報』がUAEとの通貨スワップ協定に触れました。といっても、現時点で確認できる記事だと、扱いは非常に小さくて、今ひとつポイントがよくわかりません。中央日報の記事では韓国が保有する通貨スワップの金額や件数でさりげなくウソをついていますし、また、予想どおり通貨スワップを結んでくれない日本に対する「逆ギレ」的なコメントがあって、思わず微笑んでしまうのですが、ただ、外国との通貨スワップ協定に普段だと大騒ぎするはずの韓国メディアが、今回の通貨スワップなどについてほとんど沈黙を守っているのは不思議です。

やっと最初の記事が出てきた

よっぽど都合が悪いのでしょうか?

韓国とUAEが通貨スワップ協定が復活 「通貨危機遠のく」?』や『通貨スワップと韓国経済の「黒字倒産」リスクについて考える』で取り上げた、「UAEと韓国との通貨スワップ協定復活」という話題を、韓国メディアがさきほど、やっと記事に仕立てました。

通貨スワップと韓国経済の「黒字倒産」リスクについて考える

といっても、今のところ日本語版メディアで私が発見したのは、『中央日報』(日本語版)に掲載された、次の記事だけです。

韓国、UAEと54億ドル規模の通貨スワップ再契約(2019年04月15日10時52分付 中央日報日本語版より)

中央日報の記事は、前半がUAEとの通貨スワップに関する話題ですが、不思議なことに、記事本文では単に「54億ドル規模の通貨スワップ」としか書かれておらず、引出可能通貨の上限(上限200億ディルハム/6.1兆ウォン)については一切触れられていません。

通貨スワップについて議論するときの大きなポイントの1つは、「米ドルなどの国際的な基軸通貨やハード・カレンシーで引き出せるかどうか」という点にあるのですが、このあたりについては、韓国銀行にとっては「韓国国民に知られるとマズイ」という点なのかもしれませんね。

ちなみにディルハムは米ドルへのペッグ(固定)制度を採用しているため、200億ディルハムは約54.5億ドルに相当しますし、ペッグ制度が有効である限りは、事実上、UAEによる約54.5億ドルを上限とした対韓支援である、という言い方もできるかもしれません。

ただ、なぜ今回の協定が締結されたのか、その背景には何があるのか(たとえば原発輸出案件との関係)、といった「読者が知りたい点」について触れられているとは言い難いのが実情でしょう。

「1328億ドル」?いったい何の数字でしょうか?

さて、ツッコミがあるとしたら、次の記述でしょうか。

現在韓国銀行は総額1328億ドル相当の通貨スワップ契約を締結している。特に韓国は6大基軸通貨国のうちスイスとカナダの2カ国とも通貨スワップ協定を結んでいる。スイスとは106億ドル規模で、カナダとは事前限度だけでなく満期もない契約だ。

この短い記述の中に、いくつもの間違いが含まれているからです。

まず、この1328億ドルという金額については、おそらく、韓国が保持する通貨スワップの韓国ウォンの金額をドル換算したものがベースでしょうが、この点は適切ではありません。私が把握している限り、韓国が保有している次の7本の「通貨スワップ」協定を米ドル換算すると、約1265億ドルだからです。

図表 韓国が外国と締結している通貨スワップ協定
相手国相手通貨と米ドル換算額韓国ウォン
インドネシア115兆ルピア(81.6億ドル)10.7兆ウォン(94億ドル)
マレーシア150億リンギット(36.5億ドル)5兆ウォン(44億ドル)
スイス100億フラン(99.8億ドル)11.2兆ウォン(99億ドル)
オーストラリア100億豪ドル(71.7億ドル)9兆ウォン(79億ドル)
UAE200億ディルハム(54.5億ドル)6.1兆ウォン(54億ドル)
中国3600億元(537億ドル)64兆ウォン(564億ドル)
上記の小計約881億ドル106兆ウォン(934億ドル)
CMIM384億ドル
合計約1265億米ドル相当額約1318億ドル?

(【出所】各国中央銀行等ウェブサイトを参考に著者作成。なお、UAE以外の各国通貨の米ドル換算額は金曜日時点のWSJの引け値を参照)

先ほどの記事にあった「1328億ドル」とは、106兆ウォンのドル換算額(約934億ドル)にCMIMの384億ドルを足し上げた金額(約1318億ドル)のことを指しているのだと思いますが、相手国通貨の為替換算額はこれよりも少ないという点を忘れてはならないのです。

ちなみに中央日報の記事本文にある「カナダとの通貨スワップ」という下りは間違いであり、カナダとのスワップは「通貨スワップ」ではなく「為替スワップ」です。

また、中国とのスワップ(3600億元)については2017年10月10日で失効済みであり、韓国の当局者が「延長に口頭で合意した」と「口頭で」述べただけであるため、韓国が通貨危機に陥った際に発動できるものであるとは思えません。

やっぱり日本とのスワップに言及

さて、中央日報といえば、お約束は「日本との通貨スワップに関する逆ギレ」でしょう。

一方、韓国と日本は2001年に初めて通貨スワップ契約を締結し、2011年には700億ドルまで規模を拡大したが、2012年8月に李明博(イ・ミョンバク)元大統領が独島(ドクト、日本名・竹島)を訪問したことで韓日関係が悪化し、2015年2月に完全に終了した。2016年末に韓日間で関連の協議があったが、2017年1月に釜山(プサン)日本領事館前に慰安婦少女像が設置されたことを受け、日本側が一方的に交渉を中断した」(※下線部は引用者による加工)

日韓通貨スワップ協定が復活しないことについては、まるで日本が悪いかのような言い草ですね。

外国公館前に変な銅像を設置していることが国際法違反である点について、何も言及がないのもアンフェアですし、さらには徴用工判決問題、レーダー照射問題、国会議長による天皇陛下侮辱問題などを起こしておきながら、日本からの通貨スワップを提供してもらえると思っていること自体が理解不能です。

いずれにせよ、どこかの国との通貨スワップや為替スワップが成立するたびに、中央日報などの「用日派メディア」が日本とのスワップに言及すること自体、韓国が本当は通貨ポジションで悩んでいるという証拠にほかならないと思います。

なぜか750億ドル日印スワップを無視する韓国メディア

それより、韓国メディアが今回の話題を含め、最近、通貨スワップについてほとんど言及しなくなったように思えるのは、気になる点でもあります。

今回のUAEとの通貨スワップ協定については、韓国メディアでは韓国語版や英語版でいくつかの記事が出ていたようですが、日本語版だと、私が見た限り、現段階では先ほど挙げた中央日報のものしか出て来ていません(これから東亜日報や朝鮮日報などが続報を出してくる可能性はありますが…)。

ただ、総額750億ドルというインドとの「メガ通貨スワップ」協定(『日印通貨スワップ協定成立の意味と予想される某隣国の反応』参照)については、私が知る限り、現段階までに韓国メディアが取り上げた形跡はありません。

現在の私だと、「なぜ最近の韓国メディアは通貨スワップの話題にほとんど言及しないのか」という点にまで深く洞察する力はありませんが、ただ、韓国メディアの通貨スワップに対する反応が極めて抑制的であるという事実については指摘しておく必要があると思います。

Follow me!

やっと中央日報が通貨スワップに言及 よほど都合が悪いのか” に対して17件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    通貨スワップに言及して欲しくないという当局の要請があるのかもしれない。いろいろなキーワードから類推して攻撃のターゲットになりかねないから。ところで7大基軸通貨とは大袈裟だな。そんなに基軸通貨があったら世の中大変だよ。北がミサイルを再び発車したら南の一切合切は売りなんだろうな。恨むなら北のデブを恨め、だよ。しかしまた偉くなったみたいだね。人生のピークを付けたという意味にも取れる。年末まで米国の態度を見るだなんて上から目線で言える分際じゃねーだろ。ったくな。ということで来年は米大統領選挙だから、もしかしたら何かあるかもね。おお怖。

    1. 鞍馬天狗 より:

      匿名さんへ

      基軸通貨は事実上、米ドルだけだと思うけど
      ユーロ、円、ポンド、スイスフラン、
      豪ドル、加ドルで、
      七大基軸通貨ってコトなんだろな

      1. 匿名 より:

        基軸通貨はたった一つに決まっているよ。多かったら決算がややこしくなるしな。

  2. 韓国在住日本人 より:

     この記事は朝鮮日報の韓国語版にもありました。

     http://biz.chosun.com/site/data/html_dir/2019/04/14/2019041401946.html
     http://biz.chosun.com/site/data/html_dir/2019/04/12/2019041202597.html

     内容は中央日報の記事とほとんど変わらず、非常に簡潔に書かれています。何かの理由があって詳しく書けないのか分かりませんが、いずれにしても韓国人の関心は低く、未だにコメント欄は空白です。

     また日本語版にあって韓国語版にないニュースが駐韓日本大使との山登り記事です。

     さらに本日最も人気のある記事が統一部が外交部の意見を無視して制裁緩和の嘆願書を米国に送ったことです。

     http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/04/14/2019041401824.html

     コメントを見ると読者はかなりお怒りのようです。

     駄文にて失礼します
     

    1. 鞍馬天狗 より:

      韓国在住日本人さんへ

      何時も、現地の情報をありがとうございます

      >統一部が外交部の意見を無視し
      wwwwwwwwwwwwww

  3. カズ より:

    韓国輸出入銀行はUAE原発事業に建設資金として100億ドルの融資(28年間で回収予定)→電気代での回収(ラオスダムと同じ?)

    今回のスワップはUAEにしてみれば、「融資(債務)金額の半額程度を融通した」に、過ぎないのだと思います。
    *****

    UAE原発の長期整備契約は買い叩かれているみたいなんですけど、赤字契約であっても引き受けざるを得ない事情があるのでしょうね。

    例えば、原発設備に致命的な瑕疵が隠蔽されている可能性は否定できないですし、フランスの技術者に保守点検されてしまうと不具合が山のように白日の下に晒されてしまうからかもしれません。

    *どこかで「不具合の発生率は自国部品調達率に比例する」って韓国の分析もあった気がするんですよね。

  4. ななし より:

    中国の不良債権を米ハゲタカファンドが買い漁っているという記事をチラチラ目にする機会が増えてきました。 初歩的な質問で申し訳ないのですが、 不良債権を買う目的は何なのでしょうか?  帳簿上と時価との差額まではわかるのですが、回収できないかもしれない債権を安く買って その後どうするのでしょうか?

    1. 匿名 より:

       債務者に「債権額の△割」なら返済できるのかを確認し、それで債権者と話をつける(残りは債権放棄させる)からと、まず握る。

       次にその債権を持つ金融機関と「○割で損切りしない?お宅の業績なら今後の債権管理や回収コストを考えても悪くない話でしょ」と落とす。

       そしたら債務者のところに行って、債権は我が社が買い取ってきたから約束どおり△割返済で残額は債務免除する、いついつまでに返済してくれと合意を取り付ける。

       これで「△と○の差額」がハゲタカファンドの利ざやになる。

      1. 匿名 より:

        中国共産党の元で、それできるんですかね?それともグルでやって利ザヤ分け合うのかな?w

  5. ななし より:

    理解できました。 ありがとうございます。

  6. 匿名 より:

    崔碩栄
    ‏@Che_SYoung

    日韓は「背向けられぬ隣国」 韓国首相側近が大使と登山 https://www.sankei.com/world/news/190414/wor1904140012-n1.html

    この側近という人ただの側近ではないよ。記者出身で、親日派罵倒の急先鋒。
    30冊程の著書中に「親日」という言葉が入った本だけでも10冊くらい。
    最も日本と対話不可能な人だと思う。
    https://twitter.com/Che_SYoung/status/1117762478400659458

    1. 匿名 より:

      グッジョブ!

  7. 匿名 より:

    有本 香 Kaori Arimoto
    ‏@arimoto_kaori

    昨日「観桜会」別カット。2枚目右端は虎ノ門Nでもお馴染み萩生田光一自民党幹事長代行。「文化・芸能 特別招待エリア」には、総理の他、閣僚と自民党幹部だけがいらっしゃいました。

    百田さんが萩生田さんに、訪韓議員団の件、大阪の選挙戦の件等、自民党への苦言を思い切り大声で仰っていました(笑
    https://twitter.com/arimoto_kaori/status/1117229249721593856

    二階みたいな韓国に譲歩するばかりのアホ政治家をなんとかせな

  8. 名無しA より:

    本題とは直接関係ありませんが、面白い記事を見つけたのでご紹介します。

    『朝鮮半島を襲う「End Games」の結末』
    https://blogos.com/article/371006/?p=1

    著者は島田久仁彦さんという国連で紛争地域での交渉に携わってきた方です。
    この記事の中で、徴用工問題のある日本だけでなく、米国資本、どこにでも進出
    する中国資本まで韓国撤退の動きが進んでいることを指摘しています。
    「国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁委員会のあるメンバーの表現を借りれば、
    「対韓国の経済制裁」と言える」だそうです。

    そういえば韓国への直接投資が減少という下記の記事で、中国や米国の減少幅
    が、日本のそれよりはるかに大きかったな。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00000035-cnippou-kr

  9. めたぼーん より:

    日印スワップに言及しないのは、逃げと責任転嫁しか出来ない国ですので、都合の悪いことはスルーしているだけかと。

    1. 一日本人 より:

      相手国、通過単位、金額ともに韓国が喉から手が出るほどほしい日本とのスワップが、あっさりインドと締結した事の衝撃が大きすぎて国民に伝える事が出来ないのでは?

  10. 匿名 より:

    韓国語の方の記事を見ましたが最後の段落は結構違ってますね。
    当然、韓国国内向けなので記事全体としても要点が異なっていたんですが、日韓スワップに関しては過去それが結ばれていたこと自体書かれてませんでした。当然規模も。2016年からの協議(というかあちらからの要請)が慰安婦像設置で、ただ「中断した」とだけ。アメリカと結ばれていたスワップ(300億ドル規模)については触れていたのですが。中央日報の立ち位置も関係してるのかな…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。