「G20スワップ構想」に含まれる韓国側の「ホンネ」

先月から、韓国側ではメディア、政治家を問わず、日韓通貨スワップへの期待が、やたらと出て来ています。ただ、昨今の日韓関係の悪化に加え、日本側からは「日韓通貨スワップ構想など聞いていない」といった発言も出ています(『韓国の無礼な態度により麻生総理が席を立ったのは当然』等参照)。こうしたなか、「韓日通貨スワップ」について言い出し辛いのか、日韓通貨スワップ論と並んで最近よく見かけるのが「G20スワップ構想」です。

韓国経済副首相「G20スワップ」構想

先ほどの『FIMAレポは「為替スワップと並ぶ安全弁」なのか?』とも話題が重なるのですが、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に本日、通貨スワップを巡って、こんな報道もありました。

韓国経済副首相、G20会議で中央銀行間の通貨スワップ拡大を提案(2020.04.01 10:22付 中央日報日本語版より)

これは、昨日夜8時から2時間にわたって開催された「G20財相・中銀総裁テレビ会議」で、韓国の洪楠基(こう・なんき)経済副首相兼企画財政部長官が「各国中央銀行間の通貨スワップ拡大を積極的に検討すべき」と述べた、とする話題です。

これに加え、洪楠基氏は国際通貨基金(IMF)の機能拡充が必要としたうえで、特別引出権(SDR)の配分などについても言及したそうですが、やはり中央日報の取り上げ方などを見ていると、感心の中心は通貨スワップにあることは間違いなさそうです。

G20スワップの非現実性

ただ、この「G20通貨スワップ構想」は、先月頃から韓国のメディアや政治家などから出てきたものでもありますが(※詳しくは次の各リンクもご参照ください)、「G20各国がお互いに通貨スワップを締結する」という構想も、なにやらよくわかりません

G20といっても、その内情は、G7のような先進国もあれば、いわゆる「BRICS」(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)、あるいはそれ以外でもメキシコ、トルコ、インドネシアなどのように、地域大国ではある者の「先進国ではない」という国も含まれています。

そして、「G20」というだけのくくりで通貨スワップを締結するというのも、思慮に欠いた考え方です。というのも、G20諸国の中には、その国の通貨が国際的なハード・カレンシーではないというケースもありますし、メキシコ、ブラジルのように、コロナショックで通貨が急落している国もあるからです。

弱小通貨同士のスワップは危険

いや、もっと踏み込んで申し上げれば、『韓国経済に「弱者連合スワップ」で一息つく余裕はない』などでも論じたとおり、「弱い通貨」同士の通貨スワップは、金融危機への対処にならないばかりか、むしろ有害でもあります。

韓国経済に「弱者連合スワップ」で一息つく余裕はない

たとえば、インドネシアは日本、中国、韓国の3ヵ国とのあいだでの二国間通貨スワップ(BSA)を保有しているほか、アジアにおける多国間通貨スワップである「チェンマイ・イニシアティブ・マルチ化協定」(CMIM)に参加しています(図表)。

図表 インドネシアが日中韓3ヵ国と締結する通貨スワップ協定
区分インドネシアの引出上限インドネシアが提供するルピア
日本227.6億ドル分の米ドルまたは日本円不明
中国1000億元(約141.1億ドル)の人民元不明
韓国10.7兆ウォン(約87.7億ドル)の韓国ウォン115兆ルピア(約81.5億ドル)
CMIM227.6億ドル不明
上記小計約684.0億ドル相当額

(【出所】各国中央銀行ウェブサイト等より著者作成。為替換算は本日正午過ぎのWSJのマーケット欄を参照)

しかし、中尼通貨スワップや尼韓通貨スワップの場合、理屈のうえでは、中国や韓国が通貨危機に陥った際にインドネシアルピアを引き出され、それを外為市場で米ドルに両替されることで、インドネシアルピアの価値が暴落する、という展開も、「絶対にあり得ない話」ではありません。

また、インドネシアはCMIMからドル資金の引出が可能ですが、逆に、CMIMに参加しているその他の国(中国や韓国、あるいはほかのASEAN諸国など)がCMIMスワップを引き出した場合、インドネシアも一定額の外貨を拠出しなければなりません。

以前、弱小通貨諸国同士のスワップについて、読者コメント欄で「融通手形」に例えた方がいらっしゃいましたが、イメージとしては言い得て妙だと思います。

ホンネは日韓通貨スワップ

もっとも、おそらく韓国側のホンネは、日韓通貨スワップにあるのでしょう。

というのも、米国外で米ドル建ての通貨スワップを提供することができる国といえば、事実上、日本しかないからです。

昨日の『【速報】韓国がさっそく為替スワップの流動性枠を使用』などでも取り上げたとおり、韓国は極度額600億ドルの米韓為替スワップを巡って、昨日、さっそくその20%に相当する120億ドル分の枠を使った流動性供給入札を実施しています。

米ドルは世界の基軸通貨でもあるため、多くの国で大なり小なりドル不足が生じていることは事実ですが、金融大国でもない韓国が数百億単位で米ドル建ての短期資金を必要としているというのも、何やら不思議な話です。

というよりも、ここ数日の韓国銀行の行動、韓国政府当局者の言動は、「韓国は短期で資金を回している」(『【資料】2014年4月16日の日韓スワップの議事録』参照)という麻生総理の発言の正しさを裏付けているように思えてなりません。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

ただし、あくまでも個人的な感想ですが、4月15日の総選挙を控え、文在寅(ぶん・ざいいん)政権としては現在、日韓通貨スワップを言い出し辛い状況にあるのではないでしょうか。「日本に屈する」というイメージを有権者に与えたくないからです。

しかし、それと同時に韓国の場合、毎年4月に経常収支が極端に悪化することでも知られています(昨年4月の経常収支に関しては『「韓国の経常収支が7年ぶりに赤字」の意味を考えてみる』等をご参照ください)。

「韓国の経常収支が7年ぶりに赤字」の意味を考えてみる

今年はコロナショックによる国際的な資金フローの脆弱さが続く中、配当金支払いによる外貨流出(あるいはウォン売り・ドル買い)のフローがこれから本格化すると想定されますが、引き続き、同国の外貨資金繰りを巡っては気になる展開が続きそうです。

Follow me!

「G20スワップ構想」に含まれる韓国側の「ホンネ」” に対して30件のコメントがあります。

  1. ポプラン より:

    2024年と言わずに早く一万円札を渋沢栄一に変えてしまって
    ドルは日本も色々大変なのでお貸しできませんが
    「渋沢さんを貸してください。」
    と言えたら貸してあげます。
    「確かお国ではこの肖像画を使用されていた時代がおあり
     だそうですね紙幣に渋沢栄一を世界で初めて使用した国
     ではありませんか。」
    と言っても借りに来るのかなあ?

  2. オブ より:

    なんとも韓国らしい見え透いたことをするものですが、皆が困っている有事だからですね。全体の勢いで傾くとちょっと厄介だなと思います。どさくさでそんなことを狙っているんでしょうね。

  3. 迷王星 より:

    G20通貨スワップに賛同するG20諸国が非常に多くなれば、日本としても無条件に拒否するのは残念ながら外交的には実際上不可能になります。そして、G20諸国の大半はソフトカレンシー発行国であり、その多くが現在の武漢コロナパンデミックによる世界的な経済乱気流の中で通貨が大幅に下落しているので、G7諸国の懐を当てにして韓国の目論見通りG20通貨スワップ賛成の大合唱を始める可能性はかなり大きい。

    従って、日本としてはG20通貨スワップそのものは正しく運用できる保証があれば受け入れるに吝かではないが、同時に韓国の求める日韓通貨スワップのような韓国(だけでなく日本にとっての仮想敵国だけにとって)虫の良い話は実質的に拒否できる方策を打ち出してG20の議論を誘導する必要があります。

    日本の打ち出すべき方策として具体的に述べれば、例えば「残念ながら、外貨準備の実態が額面とはかけ離れるといったルール無視の国も世界には少なからず存在するという話も耳にする。そういった国々の通貨を適切なペナルティなしに無条件で助けることは寧ろ本来ならば1つの国のモラルの問題を世界的な問題へと拡大悪化させるに等しい。従って、G20通貨スワップはアジア通貨危機の反省からASEAN諸国等で結ばれたCMIに倣いG20諸国全てによる共同出資の形の多国間通貨スワップの形態にし、各国に与えられた引出枠の20%以上の引き出しはIMF管理下のみで認める、という条件をG20通貨スワップには課すべきだ。この条件が認められないのであれば、日本としてはG20通貨スワップ構想は断固として拒否し出資には決して応じない」です。

    勿論、この方針を予めG7諸国に根回ししてG7として意思統一しておかねばならないのは言うまでもありません。

    G20と言っても通貨スワップとなれば実質的にはG7がほぼ全ての出資を担うのですから、G7が一致団結して「(韓国のような)ルール無視の国は甘やかさない」という強い意思を示せば、G20通貨スワップが仮に現実になるとしても、そのルール・運用はG7側の思い通りに設定可能なはずです(G7側が一致団結して出資条件として突き付ければ)。

    IMFに関しては、出資比率・投票権比率ではアメリカがトップですが、実際にはEUの代弁者のようなもの(IMFの専務理事はかなり以前からEU諸国の財務・金融専門家から選ばれているケースが圧倒的に多いことに注意)ので、G20通貨スワップからの大幅引き出しにはIMF管理を前提とするという提案は実質的な出資側となるG7諸国からの賛同を得やすいと予測できます。

    1. りょうちん より:

      >G20通貨スワップに賛同するG20諸国が非常に多くなれば、日本としても無条件に拒否するのは残念ながら外交的には実際上不可能になります。

      日本一国がノーと言えば成立しない枠組みに現実性を見るのは難しいのでは。
      仮に万が一成立するなら

      「”G7″各国が拠出する金額を明らかにせよ」
      「出資比率に準じた運営権限をよこせ」

      これだけで済む話です。

      1. 迷王星 より:

        直接の日韓通貨スワップならば日本がノーと言えばOKですが、G20のような多国間でとなれば、一種の奉加帳みたいなものですから話は簡単でない。特にアメリカや欧州諸国にG20スワップ賛成に回られたら日本にとっては悪夢です。それでも日本一国が出資を拒否することは原理的には可能だろうが、拒否すれば国際外交で孤立するだけで、その後の外交面でのマイナスのほうが遥かに大きい。

        外交のポイントは常に勝つ側に回ることです。外交においては正義なら勝てる訳でも正論なら勝てる訳でもありません。外交で勝つためには予め勝てる味方を固めておくことです。だからアメリカと欧州諸国つまりG7というキープレイヤー達を先に味方として固めておくのが不可欠なのです。

    2. ぷー より:

      よし、分かった、G7はこれだけのことをしてあげよう、で、君はG7以外の国に何をしてあげる覚悟があるから言ってるんだい?と私なら言いたいけどなー。だって先進国でしょ。G20の、ソフトカレンシーチームの代弁者じゃないのかな、きっと。もっとカラダ張らないと誰もついてこないよ。

    3. G より:

      そもそもスワップというスキームに過剰な妄想を描いてる国が韓国1国ですから、他国の協調が得られる可能性などありません。

      スワップに韓国が妄想するだけの力があったとして、そのスワップによって表面的に繕って個別の国の通貨危機を救ってしまうと、その国の金融運営の病巣が温存されてしまいます。それでいて他国もまとめて泥の中に落ちてしまいます。世界金融にとってスワップは最悪の処方箋であることは、誰だってわかる話です。

      問題のある国は、パージして隔離して集中治療しなければいけません。スワップは害でしかないですね。

      そもそもG20なんて枠組みは、個別国の事情があまりにも違いすぎて、何か他国に強制力を伴うような決定ができるような会議体じゃないのです。それぞれの首脳がかっこいい事言って、拍手してもらって、「いい事言った。素晴らしいね。はい次の方」 そんな会ですよ。

      まあ、G20の中から韓国の賛同国を見つけて、まとめて日本との交渉をしようって魂胆かも知れません。最恐最悪の連合軍ができるかもw

  4. だんな より:

    G20スワップなんて、都合の良い話は、無いと思います。
    G7は.西側のエリート国の集まりですが、G20は
    そういう集まりでは、有りません。
    「寝言は、寝て言え」ですね。

    1. ハゲ親父🐧 より:

      だんな様
      嘘つきの札付き者が、生死を分ける程重い「生活習慣病」を患い、医療費が払えないから医療保険に入ろうと画策しているだけニダ。🐧
      それを、世間では「保険金詐欺」と言うニダ。🐧

      勿論、世界一優秀な✕✕人はそんな事をしないはずニダ。🐧

      「散る桜
        のこる桜も
           散る桜」

      の変え詩を考えたニダ。🐧
      「朽ちる木槿
         残る木槿も
           朽ちる木槿」

      死💀月ニダ。🐧 

      1. だんな より:

        ハゲ親父さま
        死月が、お気に入りですね。
        国を挙げての詐欺国家ですから、保険金詐欺はしたいでしょうね。
        「韓国や ドルが不足で ちりいそぐ」(一茶のパクリです)。
        3月の現金化は無かったニダ。腑抜けニダ。

        1. イーシャ より:

          だんな 様

          GSOMIA 破棄もなかったニダ。腰抜けニダ。

    2. 伊江太 より:

      だんな様

      >G7は.西側のエリート国の集まりです

      に加えて、いまG7国の中で困った国を助けてやる金融余力があるとしたら、日本だけというのも、加えておくべきかも知れません。アメリカの対9カ国中銀向けの為替スワップなんて、相手を助けるどころか、自国企業の債権の取りはぐれを少しでも減らすための、カンフル注射くらいにしか見えませんものね。

      「馬鹿だから」のカノ国も、そういうそろばん勘定にかけては抜け目がないと思います。

  5. 恋ダウド より:

    タイと結んでいるように個別に対応しますでいいんじゃないでしょうか
    勿論韓国は先進国?なので除外ですが

  6. カズ より:

    G20スワップ?

    実現しないと思うんですけど、仮に実現するのだとすれば拠出割合は?

    GDP割り? 外貨準備高割り? そして、米ドル建て? 現地通貨建て? 

    実力以上の誇大な自己評価をしてるところは、負担が厳しくなりそうな気がします。

    IMF管理につながる引出枠が設定されてしまうと、却って外貨流動性が制限されてしまうところもあるのだと思うんですけどね。

    GDP割りだと米中日が貢献国、独英仏が構成国、その他が受恵国ってことになるのでしょうか?

    何となくですが、人民元の影響力を高めたい中国が、G20スワップの設立を韓国に言わせたような気がしてきました。

  7. イーシャ より:

    本音を見透かされてウォンが売られてるニダ。

    1. 愛読者 より:

      今日の14:20くらいからの話でしょ。ウオンとKOSPIだけじゃなくて,日経平均もその時刻から急落してしまいました。外国人に売り込まれたのでしょう。韓国より日本の被害のほうが大きかったので,あまり喜ばないで下さい。

      1. イーシャ より:

        実体経済が動かないなかでの目先の株式相場には興味がないのであしからず。
        長期的には、この機に寄生虫を駆除できれば日本の利益につながると思っています。

  8. H より:

    プリンセスG7号はもう出港したんじゃなかったニカ?
    反日感染国は乗せられないニダ

  9. 怒阿呆 より:

    まず言い出しっぺがドル(拠出金)を積め。

    話はそれからだ。

    1. 阿野煮鱒 より:

      まさしく。韓国は、普段は先進国面しながら、いざとなると助けて貰う発想しかできない二流国家です。G20における対韓交渉はインドネシアに一任すればいいんじゃないですかね。両国が話し合った結果「日本が全額拠出するべし」という結論が出たなら、それはそれで分かりやすい乞食発言ですから、日本は「だが断る」でお終いです。

  10. 匿名 より:

    韓国は4000億ドルと言う十分な外貨準備があるので除外する。

    でいいのでは?

  11. 匿名 より:

     韓国は、中国AIIBがあればスワップなんていらないといっていたでは
    ないでしょうか? 中国様のあてははずれてしまったのかな?

     米国は、日本にアジアの金融市場の安定を求めてくることでしょう。

    ならば日本は、ずる賢い南朝鮮の先手を打って、韓国と中国以外の
    アジア主要国と国別にスワップ協定を結び、アジアの金融市場を
    守りましょう。韓国抜きで。

    韓国は、中国様に助けてもらえばよい。
    なんたって、中国AIIBの加盟国ではありませんか。
    しっかり、中国様が面倒をみることでしょう。

  12. ハゲ親父🐧 より:

    ブンブンブン 邦が飛ぶ
    り地域の周りに スワップが咲いたよ
    ブンブンブン 邦が飛ぶ♪

    ブンブンブン ドルが飛ぶ♪

    ブンブンブン ドルが飛ぶ
    スワップきらきら
    ウォンが揺れるよ
    ブンブンブン ドルが飛ぶ♫🐧

    RefRain

    1. パーヨクのエ作員 より:

      志村けんがレギュラーだった「八時だよ全員集合!」のエンディングフレーズでお楽しみ下さい。

      ブブンが文ブンブン
      あー、Viva? Non non!
      ブブンが文ブンブン
      は?Viva? Non non!※

      ※Refrain

      缶Cokeはーぁ破産!
      缶Cokeは破産!

      ウォンのレートがポタリと墜ち~て
      このままじゃぁ破産!
      冷てーな日本!

      ここは地~獄。閻魔様の湯!

      閻魔様の湯では血でなくて閻魔大王に抜かれた舌がお湯替わりで地獄の池を満たしそうですね(笑)
      缶CokeのVivaにはNonでのスルー一択ですかね。

      1. 匿名 より:

        『ドリフ大爆笑』のエンディングテーマですね

      2. イーシャ より:

        パーヨクのエ作員 様

        パチパチパチ。

        > このままじゃぁ破産!
        > 冷てーな日本!

        紅茶を吹きそうになりました。

  13. G より:

    まあ、外貨準備のうちドル国債はアメリカに睨まれて売ってドル売り介入とかには使えないということなんだな。それを担保にドルを借りて売るしかない。
    韓国の外貨準備が減らない理由はそこにあるのでは?ドル借り入れて介入すれば、短期債務は増えても外貨準備は減らない。
    事実上外貨準備マイナス短期債務で評価しなきゃいけないのでは?

  14. 酒が弱い九州男児 より:

    私もG20でのスワップは実現性は低いと思います。日本はともかく、アメリカのトランプさんが一方的な利益供与を諾とするか。

    彼は政治家ってより、ビジネスマン的要素が強いので、自分とこの利益以外は興味がないように思う。

  15. 心配性のおばさん より:

    日韓スワップについては、論外です。それは、どれだけ親韓ボケしている○○氏であろうと文在寅政権下の韓国とそれができるとは考えていないと思いたいです。コロナ禍の恩恵?のダメ押しで、日韓双方向で入国制限すら掛け合っているので、あちらから議員団が押し寄せることもありません(嬉しい)。完全とはとても言えませんが、ご縁を切るための第一歩かしら。G20スワップ?同じことですわ。

    それにね。スワップスワップと煩いですが、文在寅政権にとって、韓国経済は選挙のためのものじゃありませんかしら?

    今月、韓国の選挙で鈴置氏の読み通り、文在寅政権が勝利すれば、保守派虐殺が始まり、左派独裁国家が誕生します。文在寅さんは、検察の怖さも、民意の怖さも、よく理解していると思いますよ。だから、封じます。

    そのまま、やりたいように、米韓同盟解消に進み、国連決議に縛られない独自の北朝鮮政策に舵を切ると思います。そこに、韓国経済の位置するところがありますかしら?

  16. [ファクトチェック]「韓米通貨スワップ」を「通貨スワップ」と偽りの広報?
    https://www.mk.co.kr/news/economy/view/2020/03/330357/

    >企画財政部の関係者は、「今回のスワップ合意の場合ムン氏の主張のように、韓国銀行が国内民間銀行の要請を受けて、米FRBのドル供給を要請することなるか」という質問に、「そうではない」とし「韓国銀行と米FRBの間の直接契約に基づいてスワップをするのであって、民間の需要を調査して提出したりすることはない」と述べた。

    >この関係者は、「外国為替スワップ取引には「FX(foreign exchange)スワップ」と「通貨間の金利スワップ」の2種類があり、両通貨の金利の変動を反映する方式が異なり、取引の有効期間(FXスワップの方が相対的に簡潔)に差があるだけ本質は同じだ」とし「今回の韓米通貨スワップは、後者に近い」と述べた。

    https://www.shiruporuto.jp/public/data/encyclopedia/deriv/deriv401.html
    クーポンスワップ/元本交換をしない通貨スワップのことです。
    将来にわたって異なる通貨の金利のみを交換します。

    金利スワップ(きんりすわっぷ、英: Interest Rate Swap)は、取引当事者が一定の想定元本、期間、利息交換日およびその機関を決定し、変動利率と固定利率の支払義務を相互に交換(スワップ)する取引をさす。 デリバティブ取引の一種。

    金利スワップ – Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。