韓国の無礼な態度により麻生総理が席を立ったのは当然

ここ数日、当ウェブサイトで精力的に追いかけているテーマのひとつが日韓通貨スワップです。3月19日に米韓為替スワップを復活してもらったにも関わらず、韓国側ではいまだに「日韓通貨スワップ待望論」が根強いのですが(『韓国、米韓為替スワップに続き日韓通貨スワップに期待』等参照)、これについて麻生太郎総理は昨日、参院・財政金融委員会で日本維新の会の音喜多議員の質問に対し、日韓通貨スワップが失効する前に韓国側が「『そっちが借りてくれと言えば借りてやらないこともない』とぬかした」と述べた、と明らかにしました。こんな無礼な態度を取られれば、交渉の席を立つのも、当然でしょう。

2020/04/01 08:50付 追記

記事のURLがおかしかったので、修正しております。

麻生総理の答弁

3月31日に参議院・財政金融委員会で、「日本維新の会」所属の音喜多駿議員が日韓通貨スワップについて質問を行い、これに対する麻生太郎総理(※副総理・財相ですが、本稿では「麻生総理」と呼称します)の答弁が、なかなかおもしろいです。

(※動画の視聴方法は、参議院のウェブサイト『インターネット審議中継』にアクセスして『2020年3月31日・財政金融委員会』を選び、さらにポップアップが表示されたら「音喜多駿(日本維新の会)」を選択していただくのが早いと思います。)

麻生総理の発言については少し長いのですが、独特の歯切れの良さもあるので、そのまま紹介したいと思います。

なが~い話ですので…、え~(場内に笑いが起こる)。

そうですねぇ、外務大臣の頃からですから、もう十数年、何百億ドルもありましたかね、通貨スワップは。だんだん減ってきて、随分減って来たんだと思っておりましたが、民主党政権の時代にさらにガタっと減っていますわな。そして、安倍内閣が再スタートしたときに、確か音喜多先生、150ぐらい残っていたと思うんですね。日銀で50、財務省で100ぐらい残っていたと記憶しておりますけれども。

ま、日銀の50がなくなって、最後の財務省の100になったときに、向こうの財務大臣に「大丈夫か」と、「カネ廻んなくなるだろうが」って言ったら、「いや、大丈夫だ」。「あぁそう?」とほっといたら困ったような顔になって来たんですけど、もう1回だけ「大丈夫か」と言ったら、「そっちが借りてくれと言えば借りてやらないこともない」とぬかしたもんですから、「ふざけるな」と思ってそのまま席立って「はいさようなら」。それが最後。

それから今日まで、韓国の場合はウォンと元のスワップをしておられると思いますが、元とウォンとの間のスワップはもう1回やってからドルに替わりますんで、コストは上がるということで、ずいぶんと割を食っておられるんだと思いますが、その後再開というお話がありましたんで、あの、「元はといえばそっちが断ってきた話だろうが。こっちが言ったのにそっちが断ってきた話なのに、なにをいまさら頼みに来るんだよ。ちゃんとそれ、然るべき仁義は踏んでもらおう」という話ですよね。日本的に言えば。

ちゃんとやってもらおうと言ったらいきなり例の銅像ができちゃうって話ですよね。全然話になりません。いまのところ向こうが言っておられるという話は噂には聞いておりますけれども、私ども財務省としてこの話を直接聞いたことはありません。

日韓通貨スワップ史

事実関係を確認する

麻生総理の発言は、いつ聞いても興味深いですね。

とくに日韓通貨スワップに関する6年前の発言については先日の『【資料】2014年4月16日の日韓スワップの議事録』でも紹介したところですが、今回の発言は、さらに踏み込んでなされていることがわかります。

もっとも、この「麻生発言」には多少の事実誤認もあるので、まずは「日韓通貨スワップ史」を時系列で振り返っておきましょう(図表1。なお、CMIとは「チェンマイ・イニシアティブ」のことを意味します。また、「内訳」欄で円建てとドル建ての内訳を示しています)。

図表1 日韓通貨スワップの上限の変遷
時点上限額内訳
2001/07/04:CMIに基づきドル建ての日韓通貨スワップ開始20億ドル20億ドルの全額がドル建て
2005/05/27:円建て通貨スワップ開始50億ドル(円)30億+(ドル)20億
2006/02/24:CMIスワップの増額130億ドル(円)30億+(ドル)100億
2008/12/12:リーマン・ショック後のスワップ増額300億ドル(円)200億+(ドル)100億
2010/04/30:リーマン増額措置終了130億ドル(円)30億+(ドル)100億
2011/10/19:「野田佳彦スワップ」開始700億ドル(円)300億+(ドル)400億
2012/10/31:「野田佳彦スワップ」終了130億ドル(円)30億+(ドル)100億
2013/07/03:円建て通貨スワップ終了100億ドル円建てスワップが失効したので、ドル建てのみが残る
2015/02/16:CMIスワップが失効0億ドルドル建てスワップについても失効

(【出所】日銀、財務省、国立国会図書館アーカイブ等を参考に著者作成。なお、日銀、財務省が一部過去データを抹消しており、国立国会図書館アーカイブも不完全であるため、誤っている可能性もある)

ただし、この図表1については、やや不正確な部分があるかもしれません。日本銀行や財務省が過去の資料を削除しているほか、アーカイブのURLも各所に散乱しているためです(※もっとも、20年も経過すれば、一般に資料収集は困難になりますが…)。

スワップが開設されて失効するまで

さて、図表1をベースに、日韓通貨スワップを振り返っておくと、最も古いものがCMIに基づき締結された20億ドルの通貨スワップで、これは「一方向」、つまり、日本が一方的に韓国を救済・支援するためのスワップでした。

このCMIスワップは2006年に100億ドルに増額され、欧州債務危機の影響で2011年10月には当時の野田佳彦首相のイニシアティブにより400億ドルにまで増額されたものの、当時の李明博(り・めいはく)大統領らの不法行為の影響で、1年後には100億ドルに縮減。

2015年2月には失効してしまいました。

また、2005年に新設されたのが円建てスワップ(30億ドル相当)で、2008年のリーマン・ブラザーズの経営破綻に端を発する金融危機時に200億ドルに、2011年の「野田スワップ」では300億ドルに、それぞれ一時増額されたものの、結局は2013年7月に失効しています。

たしかに「なが~い話」ですね(笑)

なお、細かい話ですが、麻生総理が冒頭で「安倍内閣が再スタートしたときに、たしか150(億ドル)くらい残っていた」と述べた部分については、正しくは「(第二次安倍政権が発足した2012年12月の時点で)130億ドル残っていた」、です(つまり「150」ではなく「130」です)。

このうち、「日銀の50」が「日銀が韓国銀行と締結した30億ドル相当の円建てのスワップ」であり、「財務省の100」が「日銀が財務省の代理人として韓国銀行と締結した100億ドル相当のドル建てスワップ」のことでしょう。そのうえで、麻生総理が述べた

『日本が借りてくれと言えば韓国としては借りてやらないこともない』と(韓国側が)ぬかした

というのは、CMIスワップを巡って、「日銀の50がなくなって、最後の財務省の100になったとき」、つまり、円建てスワップが消滅した2013年7月頃からCMIスワップが消滅する2015年2月頃までの期間に(おそらく水面下で)行われた日韓交渉の際の韓国側の発言ではないでしょうか。

こんな無礼なことを言い放つ相手に対し、日本側が交渉の席を立つのは至極当然のことであり、韓国に対して同情の余地はありません。

日本側にも増長させた責任がある

ただし、この「借りてくれと言えば借りてやらないこともない」などと韓国側が増長した責任の一端は、日本政府側にもあります。これについて参考になるのが、2011年に総額700億ドルに拡充するという「野田スワップ」に関する報道発表です。

少し長いのですが、国立国会図書館のウェブサイトにアーカイブされている、当時の財務省の報道発表を、そのまま紹介しておきましょう。

日韓通貨スワップの総額700億ドルへの拡充について
  • 今般、欧州情勢等グローバル経済が不安定な中、日韓両国は、金融市場の安定のため、現行の日韓通貨スワップ拡充が必要であると認識した。
  • 金融市場の安定は、日韓両国経済の安定的成長に大変重要であり、今般の日韓首脳会談での合意を踏まえ、財務省(外為特会)と韓国銀行間で、金融市場の安定を目的とした日本銀行と韓国銀行の間の円ウォン通貨スワップを補完し、金融市場の安定化を目的とする期間1年のドル・自国通貨の通貨スワップ(限度額300億ドル)を新たに締結することとした。
  • また、本日、日本銀行と韓国銀行の間で円ウォン通貨スワップの増額(限度額30億ドル相当から300億ドル相当、2012年10月末まで)が決定された。
  • 以上の拡充と、現行のチェンマイ・イニシアティブの下での財務省(外為特会)と韓国銀行間の通貨スワップ100億ドルとを併せ、日韓間で、現行の総額130億ドルから、総額700億ドルの通貨スワップの締結となる。
  • 今回の日韓通貨スワップ拡充は、日韓における金融協力の強化の観点から行うものであり、これにより、金融市場の安定が図られ、もって日韓両国経済が共に安定的に成長していくことが期待される。
  • 【問い合わせ先】
    • 国際局為替市場課 清水 西畠(電話:03-3581-4111(内線2892、5989))
    • 国際局地域協力課 藤井 北村(電話:03-3581-4111(内線2917、5669))

―――2011/10/19付 財務省報道発表(※国立国会図書館アーカイブ)より

…。

いかがでしょうか。

日韓通貨スワップは日本から韓国に対するほぼ一方的な支援であり、金融協力なのですが、残念ながら、このリンク先記事を何度読み返しても、「通貨スワップは日本が韓国を救済するという性格のものである」という説明は見当たりません。

先ほどの麻生発言にも出てきた「借りてくれと言われれば借りてやる」発言も、韓国側で「韓日スワップは韓日お互いのために必要なものだ」、という誤った認識が一般化している証拠であり、また、そうした認識を植え付けた責任は、日本政府(とくに財務省と民主党政権)にもあると言えるのです。

韓国の懐事情

なぜ韓国はさっそく為替スワップを引き出したのか?

ところで、昨日の『【速報】韓国がさっそく為替スワップの流動性枠を使用』でも速報しましたが、韓国は米FRBと締結した為替スワップに基づく流動性供給ファシリティに、さっそく手を付けました。FRBからの借入額は120億ドル(うち7日物が20億ドル、84日物が100億ドル)です。

ここに違和感を抱いた人は、なかなか鋭いと思います。

なぜなら、韓国銀行が毎月発表する外貨準備高は、最近、恒常的に4000億ドルを超えているはずだからです(『外貨準備高に関する韓国銀行の説明は正しいのか?』等参照)。

外貨準備高に関する韓国銀行の説明は正しいのか?

また、国際通貨基金(IMF)の推計値によれば、全世界の外貨準備の約6割は米ドル建てであるため、単純計算で、米ドル建ての資産(現金や有価証券など)は、この4000億ドルのうち2400億ドルを占めているはずです。

もっとも、「超えている『はずだ』」と述べる理由は、さまざまな推計の結果、どうも韓国が保有していると自称している金額と、米国財務省の対内証券投資に関する統計(TICレポート)との間に、大きな不整合が生じているからです。

もし韓国銀行に、本当に外貨準備高が4000億ドル(うち米ドルが2400億ドル)以上もあるのならば、こんな米韓為替スワップなどを使わずとも、韓国銀行が外貨準備から自国の金融機関に対してカネを貸してやればよいのに、と思いませんか?

喉から手が出るほど欲しいのはドル建ての通貨スワップ

これについては確たるデータが存在しないため、あまり迂闊なことはいえないのですが、それでも韓国銀行が米FRBとの為替スワップに基づき、韓国国内の金融機関に対し、120億ドルという流動性供給ファシリティを提供したというのは、厳然たる「事実」でしょう。

そして、麻生発言でも「韓国は中国との人民元建てスワップを保有しているが、これだと人民元から米ドルに両替する際にコストが必要だ」、といった趣旨の指摘が出て来るのですが、もう1つ抑えておきたい事実は、韓国は米ドル建ての二国間通貨スワップを、ただの1本も保有していないという点です(図表2)。

図表2 韓国が保有するスワップ(※自称も含む)
相手国と失効日金額とドル換算額韓国ウォンとドル換算額
中国(2020/10/13?)3600億元 ≒ 507.8億ドル64兆ウォン≒525.0億ドル
スイス(2021/2/20)100億フラン ≒ 103.7億ドル11.2兆ウォン≒91.9億ドル
UAE(2022/4/13)200億ディルハム ≒ 54.4億ドル6.1兆ウォン≒50.0億ドル
マレーシア(2023/2/2)150億リンギット ≒ 34.7億ドル5兆ウォン≒41.0億ドル
オーストラリア(2023/2/22)120億豪ドル ≒ 73.1億ドル9.6兆ウォン≒78.8億ドル
インドネシア(2023/3/5)115兆ルピア ≒ 70.5億ドル10.7兆ウォン≒87.8億ドル
二国間通貨スワップ  小計844.3億ドル106.6兆ウォン≒874.5億ドル
多国間通貨スワップ(CMIM)384.0億ドル
通貨スワップ 合計1,228.3億ドル
カナダ(期間無期限)※金額無制限
米国(2020/09/19)※600億ドル

(【出所】各国中央銀行の報道発表等を参考に著者作成。為替換算は日本時間2020年3月31日夜10時ごろのWSJのマーケット欄を参照。なお、カナダ、米国とのスワップは通貨スワップではなく為替スワップ)

米韓為替スワップ以外の米ドル建てのスワップとしては、「チェンマイ・イニシアティブ・マルチ化協定(CMIM)」と呼ばれる多国間通貨スワップ協定があるのですが、引き出すとCMIM参加国すべてに負担が掛かるほか、30%を超えて引き出すとIMF介入条項が働く、という問題点があります。

結局、米ドル建ての通貨スワップを締結してくれる相手としては、

  • 米ドルそのものを発行する権限を保有している米FRB
  • 米ドルを発行する権限はないものの、豊富な外貨準備を保有する日本の財務省
  • 米ドル紙幣を印刷する機械を持っていると噂される北朝鮮

のいずれかしかないのでしょう。

日韓通貨スワップが欲しいなら…

さて、冒頭に紹介した麻生総理の発言には、

元はといえばそっちが断ってきた話だろうが。こっちが言ったのにそっちが断ってきた話なのに、なにをいまさら頼みに来るんだよ。ちゃんとそれ、然るべき仁義は踏んでもらおう

というくだりが出てきました。

これは、2016年8月27日の『日韓財相対話』では、朴槿恵(ぼく・きんけい)政権当時の柳一鎬(りゅう・いちこう)副首相兼企画財政部長官が安倍政権下の副総理兼財相である麻生総理に対し、日韓通貨スワップの再開協議を要請しことを指しているものと思われます。

韓国政府は、二国間の経済協力を強化すること、及び、その証として双方同額の新しい通貨スワップ取極を締結することを提案した。本通貨スワップ取極は、地域金融市場の安定を高めるものである。両国政府は、本通貨スワップ取極の詳細について議論を開始することに合意した。

そして、この報道発表以降、韓国メディアからは、「新しい韓日通貨スワップの規模は500億ドルになるだろう」、といった出所不詳の報道が相次ぐようになりました(『日韓スワップ「500億ドル」の怪』等参照)。あくまでも個人的な見解ですが、おそらくこの500億ドルには、

  • 2008年のリーマン・ショック時に韓国が実際に調達できなくなった短期資金がだいたい500億ドルだった(『「日韓スワップ500億ドル」の本当の意味とは?』参照)
  • 中国が締結してくれた(と韓国が勝手に自称している)中韓通貨スワップの規模が、ドル換算すると500億ドルを少し超える規模であり、中国との対抗上、日本も韓国と500億ドル規模の通貨スワップを締結するに違いないという観測が、韓国政府内で一方的に強まっていた

という、2つの意味があるのだと思います。

しかし、これについては麻生総理が

ちゃんとやってもらおうと言ったらいきなり例の銅像ができちゃうって話ですよね。全然話になりません。

と述べているとおり、2016年12月末、釜山の日本総領事館前の公道上に「例の慰安婦像」が設置され、韓国政府は日本政府の要請を無視し、撤去しませんでした(しかもこれは、文在寅(ぶん・ざいいん)政権下ではなく、「保守派」を騙る朴槿恵(ぼく・きんけい)政権当時の話です)。

もちろん、当時、朴槿恵大統領自身が職務権限を停止されていたため、大統領自身が政治責任で事態を収拾することは難しかったという事情もあるのでしょう(もっとも、もし職務権限停止状態でなかったとしても、朴槿恵氏に事態収拾ができたと思えませんが…)。

再開条件は満たされず

さて、日本政府が2017年1月に日韓通貨スワップ再開交渉を打ち切った最大の理由は、領事館前に日本を侮辱するヘンテコリンな銅像が設置されたからですが、では、領事館前の銅像が撤去されたら日韓通貨スワップ再開、となるのでしょうか。

文在寅(ぶん・ざいいん)政権下の韓国では、2018年秋口以降に限定しても、さまざまな不法行為を日本に対して働いていますね。

文在寅政権下の韓国が日本に対して働いた不法行為の例
  • ①旭日旗騒動(2018年9月頃~)
  • ②自称元徴用工判決問題(2018年10月30日、11月29日)
  • ③レーダー照射事件(2018年12月20日)
  • ④天皇陛下侮辱事件(昨年2月頃)
  • ⑤日本による韓国向けの輸出管理適正化措置(昨年7月1日発表)
  • ⑥慰安婦財団解散問題(昨年7月頃)
  • ⑦日韓請求権協定無視(昨年7月19日)
  • ⑧日韓GSOMIA破棄通告(昨年8月22日)
  • ⑨対日WTO提訴(昨年9月11日)
  • ⑩日本人に対するビザ免除措置の停止(今年3月9日以降)

このうち⑧や⑨については、昨年11月の時点で韓国側が事実上の撤回に追い込まれたものの、依然として韓国側ではくすぶっている状況です(どうでも良いですが、「日本が輸出『規制』を撤回しなければ、韓日GSOMIAは3月末で破棄する」、などと言っていたのは、どうなったのでしょうか?)

問題をとっ散らかすだけ散らかして、まったく片づける能力がない国とは、下手に関わるべきではないことだけは間違いないといえますし、これらの問題を韓国が片付けない状態で、日本政府が日韓通貨スワップを再開しようとしたら、政権が揺らぎかねないでしょう。

その一方で、『気がつけば韓国に対する「意図せざる経済制裁」の数々』でも触れたとおり、日本が日韓通貨スワップを再開しないと宣言すること自体、タイミングを選べば、結果として韓国に対する経済制裁を発動したのと同じような経済効果をもたらすかもしれませんね。

気がつけば韓国に対する「意図せざる経済制裁」の数々

もちろん、隣国である韓国との国交断絶は非現実的ですが、皮肉なことに、今般のコロナショックのおかげで、「ヒト、モノ、カネ」の流れが滞り始めています。

こうしたなか、ひと昔前だと、日本政府や与党内から、「こんなときだからこそ、日韓金融協力を推進すべきだ」、といった意見が出て来ていたものですが、今のところは(表面上は)そのような話はいっさいありません(『駐韓公使、「韓国から日韓スワップ要請なし」と明かす』等参照)。

駐韓公使、「韓国から日韓スワップ要請なし」と明かす

もっとも、これが収束したあかつきに、日韓間でヒト、モノ、カネの流れが「コロナ以前」に戻るのか、戻らないのかについては、もう少し見極めが必要ですが…。

鈴置論考を読みましょう!

さて、その韓国ではまた、何やら不穏な空気が流れているようですが、これについて日本を代表する優れた韓国観察者である鈴置高史氏が、最新論考を公表されています。

コロナ対策で「文在寅」の人気急上昇 選挙を控え「韓国すごいぞ!」と国民を“洗脳”

世界中の国が新型ウイルスと闘う中、韓国では国民が2つに分かれ争う。韓国観察者の鈴置高史氏が「肺炎と政争」を読み解く。
―――2020年3月31日付 デイリー新潮『鈴置高史 半島を読む』より

本稿ではこの論考のうち、関連する論点について取り上げようとおも思ったのですが、少し長くなり過ぎますので、別稿にて改めてじっくりと紹介させていただきたいと考えています。

リンク先記事は、タイトルに「洗脳」というやや過激な文言が踊っていて、しかも長文ですが、文章としては非常に読みやすて説得力もあります。是非、ご一読ください。

Follow me!

韓国の無礼な態度により麻生総理が席を立ったのは当然” に対して27件のコメントがあります。

  1. 東北魂2 より:

    鈴置さんのコラムを読みました。
    韓国人は文政府の明らかな嘘(自画自賛)に喜び、日本と比較することで自我を保っているのですかね。
    見た目は近いがか、日本人と同じ考え方はない方々だと、ここ最近になって初めて認識しました(汗)←レーダー照射事件辺りでしょうか。

    これ程までに日本を下に見ている韓国を通貨スワップにて助ける意味はあるのかな?
    仮想敵国は日本らしいと考えている国に支援する?恐らく真の敵国でしょう。

    証言のみを証拠として、物理的な証拠は見ない韓国人を日本は信用しないよね(笑)あとフィクションの映画もですね(笑)
    韓国国民がもっと成熟しないと日本は関わるべきではないでしょうね。
    あと何十年待てば良いだろが!

  2. 匿名 より:

    園田外相「韓国では嫌いな相手からカネを借りたり、技術を教えてもらう社会習慣でもあるのか?」「私の常識から言えばですねえ、金を借りる方が『ビタ一銭まかりならん』ということは、日本の常識ではなかなか通用できないことでありまして、ほとほと困っているところでございます。」(1981年)

    変わんないですねえw

  3. イーシャ より:

    > 日本側にも増長させた責任がある
    裏返せば、韓国が無法者であることを世界に知らしめたのは日本の功績ですね。

    > 喉から手が出るほど欲しいのはドル建ての通貨スワップ
    多額の外貨準備があるはずなのに変ですねぇ。
    足が出そうなんでしょうか。(棒)

  4. だんな より:

    日韓スワップの経緯に関しては新宿会計士さんが、書いてある通りだと思います。
    金寄越せと言っている強盗と同じ事。国内にも居座り強盗も居ますし。日本が持って居る物は、全部取り上げてやると、思っているんです。

  5. クロワッサン より:

    更新ありがとうございます。

    朝鮮半島に関しては、知れば知る程…の法則ですね。

    自己評価が高過ぎるリスカブスが勘違いし続けるのであれば、自身にとって不都合な未来が待っていたとしても仕方ないとしか言いようがありません。

    日本としては、葬儀費用などの後始末に巻き込まれない事を願うばかりです。

  6. 国際駝鳥金融 より:

    新宿会計士様、お早う御座います。毎日更新お疲れさまです。私も極力毎日拝読しています。

    日韓通貨スワップで韓国が騙し盗った税金が返済されているのか等々不信感を抱いていました。そこに日本が韓国に未だに13兆円も貸し返済されていない旨の明細を見付けました。

    Yahoo!ニュースに掲載された記事へのコメント欄の一番最初に投稿されていた記事を転載し、ご参考迄に御報告致します。

    【コラム】韓国経済、慢性病にコロナまで押し寄せ…「はるかに恐ろしく強い奴が近づいている」(1)に対する、cob*****氏の投稿から:

    国が亡びる前に日本から借りた13兆円を返してください。
    戦後補償とは全く関係なく、きちんと契約書を交わしてお貸ししているお金も一切返済もしないまま、更に日本にスワップを求めるなんて、盗人猛々しいにもほどがあります。
    日本の韓国への資金援助:8億ドル+α(経済協力金)
    1965年:40億ドル(特別経済協力金)
    1983年:100億ドル(通貨危機救済)
    1997年:200億ドル(ウォン高救済)
    2006年:300億ドル(ウォン安対策IMF、韓国に2.8兆円融通)
    2008年:その他、2002日韓ワールドカップのスタジアム建設費の融資した300億円は未返済
    韓国は日本のIMF援助の84億ドルとその前の140億ドル、
    さらに以降の120億ドルとODAの有利子負債の利子全てを払っていません。
    総額約1070億ドル、13兆円が貸し出されたままですが、いつまで偉そうにするのか?日本人が納めた税金を返せ!

    上記記事とコメントは下記URLから御確認頂けます。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200331-00000015-cnippou-kr

    1. 阿野煮鱒 より:

      当時の経緯を述べた朝鮮日報の元記事がなく、コピーですが
      —-
      「日韓両国が共催する2002年サッカーワールドカップ(W杯)会場となる韓国内のスタジアム建設について、国際協力銀行(旧日本輸出入銀 行)が計画していた二億ドルの融資を韓国政府が断り、中止になったこと明らかになった。
      —-

      事の真偽は保留するとして、際協力銀行(JBIC)が韓国に幾ら貸してきたのか見てみました。
      https://www.jbic.go.jp/ja/information/annual-report.html

      2003年の年次報告書
      https://www.jbic.go.jp/ja/information/annual-report/pdf/2003_02.pdf

      2019年の年次報告書
      https://www.jbic.go.jp/ja/information/annual-report/pdf/2019_06.pdf

      韓国向け融資残高は大幅に減少しています。

      2003年 2,202億円(内アンタイドローン 1,354億円)
      2019年 132億円

      JBICは日本政府が全株を保有する政策銀行ですが、貸し付けの原資に税金が投入されているわけではありません。みずほ銀行など一般の銀行からの貸し付けもあるでしょうが、それも国民の税金を貸しているわけではありません。

      引用されたコピペの内容を全て検証したわけではありませんが、少なくともワールドカップの部分ははデマだと思います。よって私は他の部分も疑わしいと「思って」います。

      ご不満でしたらご自身でご検証ください。「ある」と主張する方が証拠を出す、悪魔の証明です。

    2. りょうちん より:

      全部検証するのは面倒くさいので一部だけ。

      >1983年:100億ドル(通貨危機救済)

      これはIMFの枠組みの中の日本が負担した額で、全額返済しています。
      その返済のために逆さにしてぶったたくような締め上げをしたので、韓国にとってIMFは映画にするほどのトラウマになったのです。

      ヤフコメは総じてレベルが低いので、ソースにすると恥をかきますよ。

  7. 通りすがり より:

    かの国を増長させた日本も悪い、という話が時々出るのですがね。
    子供の教育に関しては、そういう意見も一考の余地ありですが、相手は独立国家なわけですよ(一応はね)
    その場合に取れる施策として、相手を甘やかして国力を削ぐというのはかなり有効なものなのです。相手が国家として未熟である場合には特にそうです。
    戦後日本は、軍事力に関してかなりの制限を受けておりますので、取り得る施策はかなり限られている。その中で韓国を甘やかすというのは、それなりに良い手であります。
    どんな弱小国家であっても国ひとつ潰すというのは容易なことではない。そういった観点から、甘やかし政策を私は評価しています。

  8. はにわファクトリー より:

    鉄塔籠城おとこから「3度負けない発言」が本日あるのではないでしょうか。

  9. @¥@ より:

    彼らはことあるごとに「独島はわが領土」と言いふらします。おかげでその島が領土的葛藤下にあることを、これまでそんなことは知らなかった第三国に喧伝することになります。彼らはことあるごとに「外貨準備は潤沢で4000億ドル」と言いふらします。もし事実なら別にそれでいいではないか、こちらが尋ねもしないのに執拗に自慢する様が妙です。結局はその事実でないこと独島の帰属問題と同根です。

    「雉も鳴かずば撃たれまい」なのですが、彼らはウソがバレるのが不安でしょうがななくて鳴かずにはいられないないのです。強迫観念による挙動不審と「語るに落ちる」芸風は相も変わらず彼らの特技です。

  10. 酒が弱い九州男児 より:

    かの国は自分が困ったらなりふり構わず、といいますか、痴ほう症にでもなったように全て忘れて物乞いにきます(しかも偉そうに)。

    そんな彼らがまだ何も言ってこないということは、本当に何とかなると思っているか、何か別の確約でもあるのかと勘ぐってしまいます。

  11. 恋ダウド より:

    >>米ドル紙幣を印刷する機械を持っていると噂される北朝鮮

    天才大統領には愛しの黒電話がいるじゃないですか
    こっちを見ないでください
    印刷機が有るなら何の問題もないですよ、先は知りませんが
    麻生大臣は鉄壁のゴールキーパーだと思われますので期待しております

  12. 匿名 より:

    韓国の口コミ日本語翻訳見ると、彼らは本当に日韓通貨、為替スワップの意味が分かっていません。ハードカレンシーとか知らないようで、スワップは同等の立場、もしくは日本が一方的に恩恵受けると思っているようです😅

    1. 阿野煮鱒 より:

      彼等は日本円を基軸通貨と呼びますしね。円を過大評価と言うより、key currency と hard currencyの違いがわからないのです。

      何事によらず彼等は用語の定義や理解があいまいで混濁しています。文字と言語の違いや、国民、民族、人種の区別もあいまいです。私はこの問題を「隣接概念の混同 (Confusion of Adjacent Concepts)」と呼んでいます。

      1. じゃん より:

        阿野煮鱒 さま

        >「隣接概念の混同 (Confusion of Adjacent Concepts)」

        はっ!としました。
        彼らの思考を表すに、とっても良い言葉がまた一つ。

      2. りょうちん より:

        私は「類感呪術的思考」と呼んでいます。

        かの国はカーゴカルトのような事象が多すぎます。
        MMRはそれをネタにしたエンターテインメントでしたがw

  13. オブ より:

    韓国首相が「日韓スワップは正しい」旨、発言していましたがさすがにそれ以上は言えなかったようですね。こちら側の反応を見るためのアドバルーンだったと思いますが、こういったにじり寄りは気をつけないといけません。日本にも譲歩できるところは譲歩して良いと思う一定勢力はいるわけですからね。そういった勢力の反応を期待したのかもしれません。そういう意味でも麻生財務大臣の発言は釘を指す意味で良かった。断交や没交渉というわけにはいかないと思いますが、今後向こうに都合よいツートラックという屁理屈を聞かない事でしょうね。何につけむやみな反日行動を改めてから、「約束に対しての行動で判断する」の一点張りでいいと思います。

  14. はにわファクトリー より:

    オブさま

    >韓国首相が「日韓スワップは正しい」旨、発言していましたがさすがにそれ以上は言えなかったようですね

    見栄っ張りの強情大統領は、自分のメンツが確実に破壊される局面においては、代理に汚れ役をやらせるのです。そして予想通り失敗したら役者を取り替えますし、功を奏したらそのときは勝ち誇って自分の手柄にするのでしょう。

    1. 匿名 より:

      はにわファクトリー様、ありがとうございます。そういえばいつの間にか首相も変わっていましたね。権限もよくわかりませんね。

  15. 伊江太 より:

    新宿会計士さんの論理展開、日本人にとって、というかアノ国以外の人間にとって、全く至当であることは間違いないとは思うんですよ。一方で、それに初めはカチンときたとしてもとも、「そう言われてみりゃ、そうだな」と思い直せるくらいの頭をもった人間も、アチラにだってそこそこはいそうなもんじゃないですか。だけど、上から下までファビョ~ン(笑)。

    これね、アチラの外交文書で今更ながらに出てきたって騒いでる、例の日本外務省が天皇訪韓を水面下で持ちかけていたってお話。アレなんかと似た背景があるんではないかと思えるんですよ。つまり、間に入る人間、好ましかろうが、そうでなかろうが、少なくとも情報そのものは正確に伝えなきゃいけない立場の、在日大使館員とか、マスコミ関係の駐在員なんかが、自分勝手な見栄、願望、妄想を交えて、90度どころか180度ねじ曲げた挙げ句に、政府、国民に伝えてる。そういう側面もあるんじゃないでしょうか。

    仮にそういう背景があってのことならば、まあお気の毒にという言い方も出来そうな気もしてきます。死者はことさらに鞭打たないという日本人一般の倫理感覚からして、ここは自業自得などと冷酷なことは言わずに、ご愁傷様と生暖かい目でお見送りさせていただくのが、礼にかなった作法かと愚考する次第。

    1. はにわファクトリー より:

      伊江太さま

      >少なくとも情報そのものは正確に伝えなきゃいけない立場の、在日大使館員とか、マスコミ関係の駐在員なんかが、自分勝手な見栄、願望、妄想を交えて、90度どころか180度ねじ曲げた挙げ句に、政府、国民に伝えてる。そういう側面もあるんじゃないでしょうか

      すばりこれが「日韓関係者、関係筋」の正体であり、そして朝日新聞社がやっていることだと。愛博さんあなたもそうですね。

      1. 伊江太 より:

        はにわファクトリー様

        意見を共有できて光栄です。

        「愛博さん」がよく分からなかったのですが、あの「ありえんナーレ」ってヤツのことでしょうか?

      2. はにわファクトリー より:

        >「愛博さん」がよく分からなかったのですが

        きっとご本人は彼の周囲も含めて毎日ここを読んでいるはずと判断して書き足しました。
        ジャーナリズムという職業集団は情報交換を取引材料にして生活費を稼ぎだしています。不発に終わった全世界キャンペーン「Panama Papers」に参加した各国メディアそれらが情報ブローカー業のある一面を克明に表している。彼らの各記事には気を付けたほうがいいですね。

  16. 一般市民 より:

    ほうっ、とても日本に提案できる雰囲気ではないと悟って、G20に訴える戦略にでたかぁ。
    でも、もうお前らも、発展途上国を助ける側だってことくらい分からんのかなぁ。

  17. 心配性のおばさん より:

    ご紹介の鈴置論考の最後の箇所ですが、

    ≫後世の韓国史家は「新型肺炎が起きなければ、韓国は崩壊しなかった」と書くことになるのかもしれません。

    中国の武漢に発する新型コロナの感染爆発は去年12月半ばにユーチューブなどの動画から唐突に伝えられました。たしかに、新型コロナのパンデミックは、韓国崩壊への強力なダメ押しとなるかもしれませんが、
    なにせ、平時であれば、韓国を助けようという酔狂な事情を有する個人や国が出てくる可能性がないとはいえませんでしたから。

    しかし、新型コロナのパンデミックという非常時は、全ての個人や国家から、その余裕をはぎ取ってしまいました。

    でもね、それ以前に、左派の文在寅政権は、支持母体である労組の暴虐により、その経済を崩壊に導いていましたし、親北、従中の路線で、本来、韓国の危機を助けてくれるハズの日米との外交を崩壊に至らせています。ですから、韓国崩壊はこの時点で既定路線ではありません?

    もっとも、内戦状態が常である韓国では、既定路線が既定路線でなく、いつ保守勢力が息を吹き返して、従来の従米反日国家に返り咲く可能性も皆無ではなく、日本の本来の国益(半島国家との縁切り)を渇望する私としては、本当の本当に韓国崩壊となる日まで一切の気は抜けないところではあります。

  18. 名無しの権兵衛 より:

     鈴置高史氏の最新論考によれば、今月15日の総選挙では左派が勝利し、文在寅政権の基盤が強化されるとの予想です。
     仮にそうなれば、我が国にとって最高の結果になると思います。
     文在寅政権が最終目標とする南北統一を実現しようとすれば、在韓米軍撤退と米韓同盟解消、GSOMIA破棄と反日路線の拡大強化などに突き進む以外の道は無いからです。
     我が国にとって、韓国は北朝鮮と同程度の扱いをすればよい国となり、デフォルトになろうが貧困化しようが助ける必要は無くなり、文在寅政権の我が国に対する数々の不法行為を経験している日本国民も、そうした外交方針を支持することになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。