駐韓公使、「韓国から日韓スワップ要請なし」と明かす

当ウェブサイトではここ数日、韓国側から一方的に日韓通貨スワップ待望論が強まっているという話題を取り上げる機会が増えているのですが、これに対する日本政府の公式的な立場が出てきました。韓国メディア『ソウル経済』(韓国語版)に、在韓日本大使館の西永知史公使の単独インタビュー記事が掲載されていたのです。そして、この記事からは、日韓通貨スワップに関する日本政府の公式の立場だけでなく、日韓の「今後の付き合い方」そのものについてもうかがい知ることができます。

理解に苦しむ「日韓スワップ再開論」

当ウェブサイトでは以前から継続的に取り上げているとおり、非常に不思議なことに、最近、韓国側から「日韓通貨スワップ待望論」が相次いでいます。

これまで当ウェブサイトで取り上げた話題に限定しても、中央日報や朝鮮日報、韓国経済といったメディアに加え、韓国の与党関係者や前首相、さらには首相自身などが日韓通貨スワップの再開に前向きな姿勢を示している状況です。

とくに『【速報】韓国首相、日韓通貨スワップ再開が必要と主張』でも触れたとおり、韓国メディアの報道によれば、韓国の丁世均(てい・せきん)首相は先週金曜日、日韓通貨スワップ協定を巡り、次のように述べたのだそうです。

かつて日本と長い間、通貨スワップを続けた歴史があり、それが外貨市場の安定に寄与した部分は大きい(が、)日本との通貨スワップは日本側の立場ゆえに延長されなかったのだから、日本側の立場が重要だ」。

このくだり、「日韓通貨スワップを再開するためには、日本が『立場』を変えることが必要だ」、という主張でしょうか。あえて彼らの心理を読むならば、

韓国側が『韓日通貨スワップは必要だ』と述べているのだから、日本政府はその『空気』を読んで、日本の側からスワップ再開を言い出してほしい

とでも言いたいのでしょうか。

あそこまで日本に対し、非友好的・非合理な行為の数々を仕掛けておきながら、よくぞいけしゃあしゃあと「日韓通貨スワップ待望論」を述べることができるものだと個人的には驚きますし、どうも彼らに私たち日本人の常識は通じないように思えてなりません。

この点、以前の『韓国メディア「五輪延期なら日本も韓日スワップ必要」』でも紹介した、韓国の学者が「五輪が延期されるならば日本経済にも打撃があるため、日本にとっても韓日通貨スワップは必要だ」、などと述べたとする話題と、支離滅裂さでは大した違いはないのかもしれませんね。

言った、言わないの問題はいつものこと

では、これに対して日本政府はどう考えているのでしょうか。

これについて参考になる記事が、韓国メディア『ソウル経済』(※韓国語)に昨日、掲載されていました。

【単独】西永・日本公使「韓国から通貨スワップ協議再開の要求はなかった」【※韓国語】

西永日本大使館経済公使単独インタビュー「感染拡大に企業など韓国発入国制限不可避」、輸出規制の問題は、政府間の協議に理解を深めるべき<<…続きを読む>>
―――2020/03/29 17:53付 ソウル経済より

これはソウル経済が西永知史・在韓日本大使館経済公使に対して単独インタビューを行ったものなのですが、内容がなかなか興味深いです。

リンク先は韓国語ですが、PCなどから閲覧している方であれば、翻訳エンジンなどを使って邦訳しながら読むことができると思います(※昨今はウェブブラウザの能力が飛躍的に向上していることもあり、とくにグーグルのクロームなどでは、精度は不十分ながらもブラウザ上で自動翻訳を行うこともできるようですね)。

ここではリンク先記事を自動翻訳したものについて、日本語表現を整え、箇条書きにしたものを示しておきます。

  • 西永知史・在韓日本大使館経済公使は日韓通貨スワップを巡り、丁世均首相が「日本の立場が重要だ」と述べたことについては、「韓国政府が通貨スワップの協議を再開したいと要求してきたという事実はない」と否定した
  • また、日本が韓国からの入国制限措置を実施している点については、「新型コロナウィルスの感染症拡大を防ぐためにやむを得ない措置だ」と強調。制限解除の可能性についても即答を避け、「感染拡大を防ぐために最大限努力しなければならない」と述べるにとどめた
  • 西永公使は昨年2月に韓国大使館に赴任した人物であるが、昨年7月に日本が対韓輸出規制措置を講じたあと、日本大使館の経済統括責任者が韓国メディアと公式なインタビューを行うのは今回が初めてだ

(※なお、記事では日本政府が昨年7月1日に発表した対韓輸出管理適正化措置を「輸出『規制』」と誤記していますが、日本大使館の公使がこれを「輸出『規制』」と誤るとは考え辛いものの、いちおう、この誤記については原文のまま紹介しています。)

「協力すべきは協力するが」…

さて、このソウル経済に掲載された西永公使の発言の詳細については、さらに興味深いです。たとえば、通貨スワップを含めた日韓経済協力に関しては、

26日に開催されたG20首脳会議で合意されたグローバル対応の時点での日韓間の協力が期待される

と述べたほか、コロナ対策などを巡る保健協力を巡っても、

日本は日中韓3ヵ国の保健協力を最初から極めて重視している。日韓間でも防疫情報の共有、衣料品の輸出入協力などの協力は必要だ

との立場を示したそうです。

ちなみにソウル経済によると、韓国政府は「日本は当初、日中韓3ヵ国による保険強力には消極的だったが、最近になって立場を変えた」などと述べているそうであり、この西永公使の発言は「明らかにこの韓国政府の立場を正面から否定するものだ」と位置付けています。

さらに、韓国側が以前から強く求めている、日本の輸出管理適正化措置の撤回を巡っても、

「(輸出管理適正化措置を巡っては)日韓の輸出当局間における会議を通じて理解が深まることを期待している

と述べるにとどまったのだとか。

かつての密室外交からの脱却が加速

これらの発言をどう読むべきでしょうか。

あくまでもこのソウル経済の記事が正しいのならば、西永公使の発言は、極めて真っ当であり、「それはそれ、これはこれ」という是々非々の立場に基づき、「協力すべき点は国際社会の多国間協議の場で協力しよう」と、ごく当たり前のことを述べているに過ぎません。

ただ、「かつての日韓関係」を知る者からすれば、この記事の記載は正直、良い意味での驚きの連続です。韓国が主張する「道徳的優位性」、つまり、「日本は過去の植民地支配で韓国に酷いことをした」、「だから韓国は日本に対し、道徳的優位性を持っている」という価値観の否定でもあるからです。

過去の日韓関係は、韓国が主張する「道徳的優位性」に加え、日本の外務省独特の事なかれ主義が組み合わさって、私たち国民の監視の目が届かない「密室」で、日本が韓国に対して一方的に譲歩する、というパターンを繰り返してきました。

元官房長官である河野洋平が1993年に発した、自称元慰安婦に関する「河野談話」など、その典型例でしょう。つまり、ポイントとしては、

  • 韓国が主張する道徳的優位性を日本が認めること
  • 日韓2ヵ国間で重要な事項が密室で決められること

という2点にあったのですが、今回の西永公使の発言は、この2点を完全に否定しているという点で心強いものです。

西永氏の発言は、わかりやすくいえば、「日韓協力を巡っては、グローバルな場で是々非々で協力しましょう」ということです(「日韓」ではなく、「日米韓3ヵ国」や「日中韓3ヵ国」、「G20」などになっている点がその証拠です)。

かつての「非公開の密室の場で韓国が主張する『道徳的優位性』に立脚した日韓関係」からすれば、隔世の感がありますね。

そして、日韓通貨スワップ再開交渉のくだりについても、韓国側の「韓日通貨スワップ再開を日本の側から言い出してほしい」という暗黙裡のメッセージに対し、「日本はかつてのような水面下の道徳外交にはもうお付き合いしません」という明確な牽制でもあると見るべきでしょう。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

もっとも、西永公使の発言が日本政府の立場を完全に代弁しているのかどうかを巡っては、100%、安心して良い、という話でもないでしょう。

とくに日韓通貨スワップについては、先週の『日韓スワップ、あえて「日本のメリット」を考えてみる』などでも考察したとおり、結論的にいえば、韓国にとっては一方的に大きな恩恵が生じる反面、日本にはメリットを大きく上回るデメリットをもたらしかねないものです。

そのことについては、私たちは国民レベルで深く理解しておく必要があるのではないでしょうか。

Follow me!

駐韓公使、「韓国から日韓スワップ要請なし」と明かす” に対して24件のコメントがあります。

  1. ボーンズ より:

    おはようございます。

    通貨スワップについては、しれっと踏み絵を用意しているように見えます。
    この時期に踏んだら大変な事になるし、踏んだとしても対応できるような状況ではないので。

  2. だんな より:

    韓国の首相発言については、「助けさせてやるニダ」と偉そうな乞食の発言だと思います。
    公使の発言は「もう日本は、韓国を特別扱いしない。国際社会の枠組みの中で、対応する。」という事だと思います。
    韓国の妄想である、道徳性云々という差別には、付き合わないという事でしょう。
    韓国が破綻した場合、IMF送りになるでしょう(IMFが面倒みると思います)。
    その後には、日本政府が何らかの援助をする可能性が、有ると思います(必要性などの議論は、別にして下さい)。
    日本が韓国をまるっきり助けない事に、懐疑的な今朝の私です。

    1. 名無Uさん より:

      だんな様へ

      IMFの慈悲深さを信じているようで何よりです。(笑)
      IMFは最終的には面倒を見るでしょう。
      ですが、近い将来のことではありません。
      サムスンがアメリカの企業となり、韓国が北朝鮮によって滅ぼされ、その北朝鮮がクウェートを併合したイラクのサダム・フセインのように滅ぼされた後のことでしょう。
      その時に、朝鮮半島全体をIMFが面倒を見ることになるでしょう。欧州諸国に対するマーシャル・プラン、日本に対するガリオア資金のように。
      その間、日本はどれだけの被害を蒙ることになるのか、に対して自分は関心があるのです。

    2. 匿名希望 より:

      だんな様

      >その後には、日本政府が何らかの援助をする可能性が、有ると思います>

      日本政府ではなく、民間資本が、韓国の資産をハゲタカのように
      買い叩くのではないでしょうか?

      韓国が破綻した場合、ウォンは紙くず同然となります。
      家族にパンを買うにしても、リヤカー1台分のチリ紙交換同然で山盛りの
      ウォンを持っていかないと、買えないでしょう。

      ドルを持っていれば、韓国の不動産や固定資産などを10分の1以下の値段で、
      買い叩けるのではないでしょうか? 韓国は、価値のある資産を
      タダ同然で海外に売り渡せばよいのです。

  3. ハゲ親父🐧 より:

    姦獄側から「公式の通貨スワップ協議再開要請」があった後に、その条件として日本側から「各種懸案の整理・公式な謝罪」が求められると思うニダ。🐧

    そうなれば、条件交渉の段階で姦獄側が飲めない話(人類普遍の道義的問題解決及び、国家間の信頼回復)がエベレストより遥かに高く、日本海溝より遙かに深く横たわっているニダ。🐧

    そんな事位は、いくら姦獄の政権担当者でも理解出来ていると思いたいニダ。🐧

    それに、「死月十五日」は姦獄国会議員総選挙があるニダ。🐧
    日本側から、条件交渉の経過がだだ漏れになるのはわかりきっているから、とても姦獄側からは「日韓通貨スワップ再開協議」などは、選挙対策としても言い出せる筈がないニダ。🐧

    もし、「日韓通貨スワップ」が突然決まったりしたら、普通に考えてトランプの都合でしかないニダ。🐧
    それが一番怖いニダ。🐧

  4. イーシャ より:

    ついでに、「仮に要請されても戯言につきあう暇などない」と言って欲しかったですね。

  5. クロワッサン より:

    更新ありがとうございます。

    韓国側は今後も「正しい歴史認識」を基にした「道徳的優位性」を用いて日本に相対して来るのでしょうが、清算が済んでいる過去について日本側が相手にしない事は大事だと考えます。

    そして、清算が済んでいない過去、つまり韓国から日本に対して行われた加害行為については、在日コリアン含めきっちりと取り立てて清算せねばならない、と考えます。

    対馬の盗難仏像について、韓国側は「朝鮮半島から日本へ正規の手段で渡った証拠が無い以上は朝鮮半島側が保有する事が正しい」との立場に立っているので、日本側も在日コリアンらに対しては「朝鮮半島から日本へ正規の手段で渡った証拠を提示出来ない者は全て密航者と見做し、不法滞在者として朝鮮半島に強制送還する」との立場に立って摘発と強制送還を実施すべきと考えます。

    1. イーシャ より:

      クロワッサン 様

      在日コリアンの扱い、それがいいですね。

      1. もう手遅れ より:

        私も賛成です。

      2. ハゲ親父🐧 より:

        イーシャ様
        ケージに閉じ込めてPDS🪂で物投(重物投下)してやれば良いニダ。🐧

      3. クロワッサン より:

        イーシャ さん
        もう手遅れ さん

        賛同ありがとうございます。
        朝鮮戦争時の戦争難民として大目に見たりしたのが仇となり、今や「在日コリアンは強制連行の被害者とその子孫である」と大嘘ぶっこいて日本社会に寄生し続けようとしてますからね。
        まともなのは兎も角、腐ったものはサッサと除鮮して綺麗になりたいです。

        ハゲ親父 さん

        テポドンやノドンで輸送すれば良い、っとは書かなかったんですねw

  6. G より:

    「今のところ外交的になんら要請なし」これが現在唯一の受け応えの正解のように思います。

    従来ですと極秘に高官が来日してごにょごにょ言って、帰って数日後にさもまともに日本に要求したと報道。って技がありましたけど、今コロナでそれも封じられてます。とにかく「完封」で乗り切りたいところです。

  7. リャンピ より:

    今時点で、韓国が正式に日本にスワップのお願いをしてきて、日本側が受け入れない態度を示すと、選挙に影響すると思うので、お願いはしてこないのではないでしょうか。
    いくらなんでも韓国政府は、日本がすんなり受け入れると思っていないでしょう。
    輸出管理強化の件でも、交渉がうまくいっていないということもありますし。

    私は、文災害の応援してますので、そんな下手な手を打って、評価を下げないで欲しいと思ってます。
    4月の選挙で不正でもなんでもやって、勝利し、赤化一直線で、日本との関係、米国との関係が薄れていくことを期待しております。

  8. だんな より:

    中央日報のニュースです。
    麻生氏、韓日通貨スワップに言及 「誰が頭を下げて金を貸すか」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200330-00000002-cnippou-kr
    引用しながら進めます。
    日本の報道に出て来ないのが不思議です。
    27日午後4時50分から行われた記者懇談会だった。
    麻生氏は、実際に提案が今年のような場合にはどのように対応すべきかについてはひとまず言葉を控えた。だが、過去の韓国との交渉経験を紹介しながら「日本としては残念に思う部分はない」という趣旨で、否定的な内心を表わした。
    このあと、日韓スワップが消えて行った経緯を、麻生大臣が説明しています。
    その中に「韓国は『(どうか)借りてくださいと(日本が)言うなら、借りることもやぶさかではない』と答えた。(金を貸す側が)頭を下げて『借りてほしい』などという話は聞いたことがない。」という部分が有ります。
    これでスワップ交渉が終わったのは、至極当たり前の事ですが、韓国側はこれを不満に考えています。
    最後の部分です。
    「金を貸すほうが頭を下げるという話は聞いたことない」という発言も、今後物議をかもす見通しだ。両国間協定で、韓国だけに恩恵があり、まるで日本は一方的に恩恵を与えるような侮辱的な言葉に映りかねないためだ。
    麻生大臣は、当たり前の話をしていますので、韓国人が事実を言われて火病るというところでしょう。韓国人は、その頃から何も変わっていません。今更、スワップしようが、しまいが、韓国が文句を言って来る事に変わりは有りません。
    日本人は、韓国とスワップしない方が、日本に恩恵がある事を、理解しているでしょうか。

    1. G より:

      個人的には「ひとまず言葉を控えた」というところに注目します。既にトップ以下全員に「無視対応」が徹底されていると読んでます。だから出来るのは過去の話だけ。

    2. 韓国在住日本人 より:

       この記事のNAVAR版に面白いコメントがありました。

       大韓民国との関係に限られた場合は日本が主導権を握っているが、北朝鮮との関係が介入する場合には、植民地支配の賠償金とつながり、絶対的主導権は大韓民国にも存在する。 すなわち、南北通貨スワップは、南北、日本、台湾を網羅する単一圏経済のキーワードになる。 ビビるな!

       さすがにサムアップは0でした(笑)。

       駄文にて失礼します。

  9. リャンピ より:

    在日コリアンについては、いまだに日本人になろうとしていない奴らは、そろそろ帰国してもらってもかまわない次期でしょう。
    彼らは、強固な愛国心があるのですから、どうぞ祖国へ帰国していただければ、お互いハッピーです。
    気に食わない日本に居続けても不幸でしょう。

    私の仲良くしている親戚に、元在日の一族がいますが、もうとっくに日本人です。
    感情的でもなければ、嘘もつかない。紳士的で、そこらの日本人よりずっと日本を愛してます。
    先祖の出身が朝鮮で、元在日だったことについては、たまに会話に出ますが、もう20年以上も前のことで、今では笑いながら話をしています。
    私の親族との婚姻の際に、その一族の方々が一斉に帰化申請の手続きを取ったのが、もう昔話になっています。年老いた方から、「あの時、あの婚姻の際に、皆さんが日本人として受け入れてくださったのがありがたかった」って今でも言われます。
    おばあちゃんのその言葉を聴くたびに、いろいろ苦しんでらっしゃたんだろうなぁと感じています。

    日本人は、受け入れることのできる民族だと思います。
    たくさんの移民も昨今増えています。
    しかし、いつまで経っても、受け入れてもらいたいと思っていない在日は、帰国をしたらいいのです。
    お互いのためになりません。

    1. 匿名 より:

      在日「コリアン」っていう言い方が、拉致を認めたことによる日本人の対朝鮮感情悪化に対する偽装工作でしかありません。在日韓国人は日本でも自身を韓国人と呼ぶし、朝鮮人も本国に変えれば「誇らしい朝鮮人」ですから。

  10. 月長石 より:

    日本に物理的に来られなくなったらKの国お得意の「水面下」交渉も不可能でしょう。

    米中韓全土・欧州ほぼ全域から入国拒否へ 「厳しい措置を取らざるを得ない」
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20200330-00434766-fnn-pol

  11. はにわファクトリー より:

    月長石さま

    >Kの国お得意の「水面下」交渉も不可能でしょう。

    「日韓関係者」「関係筋」という特徴的なことば遣いをするジャーナリズムのふりをしたヒューミントさんたちの暗躍に目をこらしましょう。これら単語を目にしたら要注意です。

  12. 匿名 より:

    特別扱いをしない=差別と考える人たちとは話もしたくないですね。

  13. アレ より:

    世界は特別扱いをしてくれていないようです。ドルウォンレートがうなぎ登りに。

    1. イーシャ より:

      外貨準備高が史上最高を更新し続けるほどリッチーだったのに、どうしたんでしょうねぇ (棒)。

      1. りょうちん より:

        Lichだったんじゃ・・・。<<<ゴッドブロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。