韓国経済に「弱者連合スワップ」で一息つく余裕はない

インドネシアと韓国が昨日、「弱者連合型の通貨スワップ」を締結したという話題については、『インドネシアと韓国のスワップ、リスクは「危機伝播」』でインドネシア側の視点で取り上げました。本稿ではその続きとして、インドネシアとの通貨スワップが成立したことに伴い、韓国側で出て来るであろう、「マイナス通帳」という話題について、その本当のところを考察しておきたいと思います。

韓国メディアが嬉々として報じるであろう金額は、1260億ドル

ついでに、韓国メディアがこれから嬉々として報じるであろう金額を予想しておきます。

それは、「1260億ドル」です。

その積算根拠は、韓国銀行が外国中央銀行と締結した通貨スワップ協定の一覧です(図表。なお、これには韓国銀行が「保有している」と自称している中国との通貨スワップを敢えて含めています)。

図表 韓国が「保有している」外国との通貨スワップ一覧
相手国と失効日金額とドル換算額韓国ウォンとドル換算額
中国(2020/10/13?)3600億元(約519.8億ドル)64兆ウォン(約539.7億ドル)
スイス(2021/2/20)100億フラン(約104.5億ドル)11.2兆ウォン(約94.5億ドル)
UAE(2022/4/13)200億ディルハム(約54.4億ドル)6.1兆ウォン(約51.4億ドル)
マレーシア(2023/2/2)150億リンギット(約35.9億ドル)5兆ウォン(約42.2億ドル)
オーストラリア(2023/2/22)120億豪ドル(約79.5億ドル)9.6兆ウォン(約81.0億ドル)
インドネシア(2023/3/5)115兆ルピア(約81.5億ドル)10.7兆ウォン(約90.2億ドル)
二国間スワップ小計875.6億ドル106.6兆ウォン(約899.0億ドル)
CMIM384.0億ドル
合計1,259.6億ドル相当額

(【出所】各国中央銀行ウェブサイト等を参考に著者作成。なお、換算額については米メディアWSJのマーケット欄に記載されている3月4日の引け値を使用)

「マイナス通帳」説、正しいのか?

この通貨スワップを巡って、韓国メディアが好んで使う表現は「危機のときに引き出せるマイナス通帳」、というものですが、この認識は正しくありません。

そもそもこの「1259.6億ドル」とは、あくまでも「米ドルに換算したときの金額」であり、「米ドルで1259.6億ドル」、という意味ではありません。「米ドルに換算した数値」に意味があるのは、米ドルとのペッグ制度を採用しているUAEディルハムくらいなものでしょう。

次に、スイスとオーストラリアの通貨は、それぞれ「ハード・カレンシー」であり、自由に市場で米ドルに交換することができますが、当然のことながら米ドルではありません。通貨危機の際に通貨防衛に使おうとしても、スイスフランや豪ドルの為替相場自体が動いている可能性はあります。

また、インドネシアやマレーシアとの通貨スワップについては、韓国から両国へ、あるいはマレーシアやインドネシアから韓国へ、それぞれ危機が伝播するという性質があるため、「安全弁」というよりは「地雷」のようなものでしょう。

これに加えてCMIMについては、IMFのデリンク割合が30%であるため、IMFを恐れる韓国がIMFの介入なしに引き出せる額は、実質的には384億ドルではなく、その30%の115.2億ドルに過ぎません。

そして最大の問題点は、中国との通貨スワップにあります。

3600億元といえば、米ドル換算で500億ドルを超え、韓国が主張する「1260億ドルのマイナス通帳」のうち半額近くを占めています。しかし、インドネシアのところでも触れたとおり、そもそも人民元で受け取ったところで、それをドルに両替できるのか、という問題が生じます。

いや、その前に、そもそも中韓通貨スワップについては存在するかどうかが疑わしい状態です。というのも、2017年10月10日でいったん失効していて、その後の中韓通貨スワップについては韓国側が一方的に口頭で「延長することで中韓両国が合意した」と述べているに過ぎないからです。

(※余談ですが、韓国はカナダとのあいだで金額無制限の為替スワップ(原文はbilateral liquidity swap agreement、当ウェブサイトなりに略すと「BLA」)を締結していますが、これは通貨スワップではありません。)

このように考えると、結局のところ、韓国が何の制約もなしに使えるスワップは、次のとおり、約353億ドルに過ぎません。

  • スイスとの二国間通貨スワップ100億フラン(約104億ドル)
  • 豪州との二国間通貨スワップ120億豪ドル(約80億ドル)
  • UAEとの二国間通貨スワップ200億ディルハム(約54億ドル)
  • CMIMの多国間通貨スワップのうちデリンク額115.2億ドル

日本との500億ドルスワップの背景

さて、口を開けば「日韓通貨スワップの再開が必要だ」と主張するのが韓国メディアの常ですが、日韓通貨スワップ協定については朴槿恵(ぼく・きんけい)政権下の2016年8月、韓国側から再開要請がなされました。

結局、「釜山慰安婦像問題」で2017年1月に日本政府が協議を打ち切ってしまい、以来3年間、今日に至るまで、(少なくとも日本政府側は)日韓通貨スワップには公式に言及していません。

ただ、この協議打ち切りの前の一時期、韓国側では「新たに締結される日韓通貨スワップの規模は500億ドルになる」、という、出所不明の怪情報が流れたことがあります(『日韓スワップ「500億ドル」の怪』参照)。

では、なぜ韓国側で「500億ドル」という情報が流れたのでしょうか。

これについては2つ仮説があります。

1つ目の仮説は、中国との中韓通貨スワップの規模がドル換算して500億ドルを少し超えるくらいであるため、「中国に対抗する必要上、日本も500億ドル規模のスワップを韓国と結ぶに違いない」という勝手な期待を韓国側が抱いた、という仮説です。

そして、2つ目の仮説は、2008年のリーマン危機の際、韓国から流出した資金がちょうど500億ドルだったからであり、実際に韓国銀行が「通貨危機に際して500億ドルが必要だ」と考えている、という仮説です(『「日韓スワップ500億ドル」の本当の意味とは?』参照)。

日韓スワップ「500億ドル」の怪

おそらく、この2つの仮説はいずれもそれなりに正しいと思います。

そして、この2016年の「日韓スワップ500億ドル」という怪情報が流れたころと比べ、韓国銀行が公表する外貨準備高だけはやたらと増えているものの(『外貨準備高に関する韓国銀行の説明は正しいのか?』等参照)、それ以外の状況は、あまり変わっていません。

コロナ→金融危機?

こうしたなか、昨今の情勢に照らして懸念されるのが、「コロナショック」から金融危機、通貨危機に至る危機の経路です。これに関連し、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に数日前、こんな記事が掲載されていました。

韓経:「コロナ不況、金融危機に広がりかねない」=韓国(2020.03.02 10:31付 中央日報日本語版より)

これは、「新型コロナウイルスによる肺炎の衝撃が消費や生産など実体経済の萎縮を超え金融危機に広がりかねない」とする韓国経済新聞(韓経)の記事を中央日報が日本語訳して掲載したものです。韓経の指摘は、次のとおりです。

  • 新型肺炎(※武漢肺炎のこと)の衝撃が零細自営業者と中小企業、過度な家計貸付など韓国経済の「弱点」に集中し、金融危機を招きかねない
  • 新型肺炎で実体経済が委縮し、借入金利子費用に耐えられない延滞債務者が続出する
  • 不動産関連金融負債が昨年9月末に2000兆ウォンを超えており、これと並んで670兆ウォンを超える自営業者の負債が韓国経済の信管になりかねない

この点、国内債務をおもに自国通貨で賄っている日本と、外国の金融機関から借りている韓国には、大きな違いがあるのでしょう。韓経の記事では明確に触れられていませんが、

生産・消費萎縮→所得減少→延滞続出

という流れは、容易に通貨危機に転化しかねません。

この点、一時外為市場で1ドル=1200ウォンを超えていた韓国ウォン市場は、昨日深夜0時時点で1ドル=1188ウォン程度に戻していますが(※為替介入の影響でしょうか?)、いつまた韓国の通貨市場に売り浴びせが加えられるかはわかりません。

もっとも、コロナショックが経済危機に発展するならば、私たち日本としても、国内経済の浮上に集中しなければならず、韓国のことに構ってはいられなくなるでしょう。

少なくとも日韓通貨スワップが存在していないことは、日本にとっては「韓国リスク」を低減することができるというメリットをもたらしていることは間違いないのです(もちろん、韓国が混乱すれば日本にもさまざまな面で迷惑が掛かることは避けられないのですが…)。

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    韓国とインドネシアが互いにスワップをドル転してダブルノックアウトになる構図

  2. 韓国在住日本人 より:

     SWAPとは関係ないのですが、とうとう韓国政府から泣きが入りました。
     
     韓国閣僚「日本が挙げた理由を全て解消」 輸出規制強化の撤回促す
     http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/06/2020030680060.html

     3位の貿易相手国・日本への出張断たれると韓国経済に大打撃…LCCの日本路線は中断の見込み
     http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/06/2020030680011.html

     韓国語版ではコメント欄が政府を嘲笑しているものばかりです。珍しいことに「日本がー」がほぼ見当たりません。

     これは、小生の予想を超えて、国会議員選挙の与野党逆転はあるかもしれません。ここまで、一般国民が怒っているのは朴槿恵政権時代の崔順実ゲート以来です。

     与党はコロナを理由に選挙を延期するかも知れません。可能性はかなり高いです。

     駄文にて失礼します。

    1. だんな より:

      韓国在住日本人さま
      選挙延期の可能性は、高くなっていると思います。
      しかしながら、良くなる予定も有りません。
      どうなりますかね。

      1. しきしま より:

        文在寅「そうだ!このままずっと選挙を延期し続ければずっと我々の政権だ!」

      2. イーシャ より:

        だんな 様

        人民が騒ぐようなら、戒厳令を出して憲法を停止するニダ。
        自ら永世大統領を宣言するニダ。

        あれっ、ちょっと前に同じことを言った気がする……

      3. だんな より:

        選挙しないと、改憲する勢力には足らないから、選挙はしたいんだと思います。
        イーシャさんの手を使うなら、何でも有り。

    2. 阿野煮鱒 より:

      > 「韓国のキャッチオール規制は正常に作動しているが、これに対する法的根拠をより明確にし、輸出管理の実効性を高めるための対外貿易法改正案がきょう、国会本会議で成立する予定だ」
      —-

      明日からは本気出す。だからコレまでのことは無かったことにしろ、ですかね。韓国内での実需を上回るフッ化水素の輸入量を説明できるんでしょうか? そこはうやむやにしたまま輸出「規制」強化の撤回だけを声高に求めるつもりでしょうね。

      1. だんな より:

        阿野煮鱒さま
        何もしなくても、元に戻せと言い張った実績が有りますので、それ位は、屁の河童では無いかと思います。

    3. イーシャ より:

      韓国在住日本人 様

      > 小生の予想を超えて、国会議員選挙の与野党逆転はあるかもしれません。

      それはいけませんねぇ。
      あれだけ熱狂的に支持した三冠王大統領を否定するなんて、とんでもない。
      許しがたいことです。

      韓国の存在意義は反日。
      これだけは忘れてはいけません。
      基本に立ち返ってもらうための燃料は何かありませんでしょうか ?

      1. 韓国在住日本人 より:

         イーシャ 様
         
         >基本に立ち返ってもらうための燃料は何かありませんでしょうか ?

         色々と起爆剤になるものを考えたのですが、なかなか難しいです。

         例えば李明博政権のように竹島上陸は「なんでこんな時期に日本を刺激するんだ」という世論が大きくなるでしょう。特に実業家などは日本との関係を断つことは死活問題につながります。国内で現政権の反対派を減らすような案件はほぼ見つかりません。

         外交に頼ると言っても、米中に擦り寄るのも小突かれて終わります。欧州は韓国などout of 眼中(なんと韓国でも日本をパックって아웃 오브 안주(アウト オブ アンチュウ)です)でしょうから、外交にも期待できません。

         経済は語るまでもなく、外交、内政がボロボロとなれば残された手は一つです。

         『日本に擦り寄る』

         背に腹は代えられないので、文在寅とその仲間達が政権の存続が本気でヤバいと感じたなら、日本に擦り寄る事も視野に入れておかなければなりません。それほど、韓国世論は悪化しています。

         駄文にて失礼します。

        1. 押入れ より:

          韓国在住日本人 さま
          イーシャ さま

          外野から失礼致します。

          徴兵制の即時撤廃はどうでしょうか?
          若者や今後家族が制度対象となる有権者には有効かと思います。
          ムン大統領も 「統一への大きな一歩です」と言い訳出来ますし。(本気かもですが)
          「そんな事したら 日本が攻めてくる!」の声のほうが大きいかな?
          お邪魔しました、失礼致します。

        2. だんな より:

          韓国在住日本人さま
          日本に擦り寄るとは、韓国在住日本人さんらしい、嫌な話ですね。それをすると、朴大統領と同じ事になるかもしれません。
          かと言って、具体的に擦り寄る方法は、思いつきませんけどね。
          韓国は、この前の3.1演説でも日本に擦り寄ったと考えているようですが、日本はまた反日の嘘を上塗りしているという認識でしょうし。
          日本の立場を変える擦り寄りは、無理なんじゃ無いですかね。

        3. 迷王星 より:

          別レスにも書きましたが、そうなれば正に我が国にとっては悪夢ですね。

          そうなれば馬鹿が3つ付くほどお人好しな日本国民の「お隣さんが困ってるんだから、やっぱり助けてあげないと」という声に支えられて対韓政策に関しては2Fのような韓国利権に群がる売国奴の発言力が復活してしまうのは確実です。

          特に安倍首相が今回の武漢肺炎で無能さを露呈してしまい、政権維持には政権内部の菅官房長官だけでなく党務のトップである幹事長である2Fの支えが重要となれば尚更、2Fの発言力は今以上に強まるでしょう。その2Fがお人好し国民の声に支えられて(そして自己の韓国利権からの実入りの復活を狙って)対韓融和を強力に打ち出せば、安倍首相も対韓融和に方針転換せざるを得なくなるでしょうね。

          もっとも、今や我々日本国民にとって首相に安倍氏をしておく価値は、韓国が我が国から生き血を啜るのを対韓強硬路線で防いでいることしか無くなってしまっているので、2Fに追従して対韓政策を融和路線へと転換すれば彼の首相としての価値はゼロになってしまいますが、当人はそのことを自覚しているかどうか。

        4. 迷王星 より:

          直前の私のレスは、13:27の韓国在住日本人様へのもの、特に

          >『日本に擦り寄る』

          に関してだと御理解下さい。

        5. 成功できなかった新薬開発経験者 より:

          冥王星様

          中韓を切れ、の主張には共感できるところ大ですが、
          「安倍首相が今回の武漢肺炎で無能さを露呈」は疑問です。

          何回か書いているのですが、新型インフルエンザについて、
          シナリオをいくつか用意していて、それに従っているだけかと。

          冥王星様の論旨に全く反対ではありません。
          すぐ断中していれば、なくならずに済んだ方もいると思います。
          しかし、全体では大差なく、マイナス面が多かったと思います。

          主義主張には賛成ですが、実務としては賛成できません。

    4. 伊江太 より:

      韓国在住日本人様

      >「日本が挙げた理由を全て解消」

      「よく頑張ったね.三年間の観察期間,満足できる成績残してくれたら,間違いなく元に戻すからね」
      ですね

      1. だんな より:

        伊江太さま
        最後に(棒)が、抜けてます(笑)

    5. 迷王星 より:

      韓国在住日本人様、興味深い記事情報、どうも有難うございます。

      >これは、小生の予想を超えて、国会議員選挙の与野党逆転はあるかもしれません。

      もしそれが現実になれば、我が国にとっては実に困った事態が発生しますね。勿論、冗談抜きの真面目な話です。

      韓国で保守派が国会の多数派を握り言葉の上だけでも反日を引っ込めて親しげに日本に抱き着いてきたら、馬鹿が3つは付くほどのお人好しの集まりである日本国民は韓国への警戒を簡単に解いて「隣人がピンチの時はやはり助けてあげねば」とか「お互い、危機に面したら過去の経緯は棚上げして助け合わねば」などという日本人同士でしか通用しない能天気なことを言い出しかねません。

      ここは韓国が完全に破綻してしまうか北と一つになって消滅するまで反日全開のスタンスを韓国には続けて頂きたいものです。それでこそお人好しの馬鹿な日本国民も韓国を実は日本の敵国だと正しく認識し続けられるでしょうから。

    6. 心配性のおばさん より:

      思い付きですけど、横から失礼いたします。

      韓国大統領である文在寅氏が怖れるのは、韓国で全てに君臨する”民意”とやらだと思います。
      が、その”民意”とやらを自在に操つれるのが、金正恩氏の指令を受けた北朝鮮工作員ではないかと。

      たしか、あの国では、特定の事例を除いて、死刑がないと、聞いた覚えがあります。
      国益をかなぐり捨てた文在寅大統領の政策は、その特定の事例に抵触するとか。
      であれば、4月の選挙(できるのかしら?)の敗北は、氏にとって文字通りの生死にかかわる問題です。
      再度のであればになりますが、その北朝鮮工作員様に泣きついても、コロナウイルス様にお縋りしてでも、選挙には勝たなくてはならないと存じます。

      北朝鮮様というより、世界中がそうですが、ウイルス対策で韓国どころではありません。
      ということで、しきしま様のおっしゃるように、コロナウイルス様にお縋りして選挙の延期というのはありうると思います。コロナウイルス様におかせられては、長いご逗留とお見受けします。

      その間で体制を立て直すか、それがムリであれば、東南アジアの国に亡命するのではありませんかしら?
      久々の陰謀論でございました。(笑)

      1. 心配性のおばさん より:

        というより、韓国在住日本人様。日本はコロナウイルス対策で事実上の入国禁止(正確には違います。)を発表しました。
        韓国も対抗措置を講じるとか(対抗措置って・・・)、これが瀬戸際なんとかでなければ、韓国在住日本人様の出国も難しくなるのでは?というか、感染大丈夫ですの?

        1. 韓国在住日本人 より:

           心配性のお姉さま 様

           レス有難うございます。

           小生は日頃から実施しているアルコール消毒のお陰なのか、今のところ症状は全く出ておりません。

           実は、今月末に帰国を目論んでいたのですが、今回の日本側の措置の対抗策を韓国が選択する可能性が高くなりました。そうなると、日本から帰国した後、隔離生活を強いられます。

           さすがに、会社に迷惑をかけるので、日本へ帰る事は断念しました。
           
           駄文にて失礼します。
           

    7. 丸に違い矢 より:

      >韓国在住日本人様
      現地からの生情報ありがとうございます。

      そうですか?
      泣きが入りましたか?
      日本が挙げた理由を全て解消って、本気ですかね?
      彼等の事ですから、「斯く斯く然々、約束しますから日本が先に発表して頂けませんか」と、例の如く日本に発表させた後に「『日本が悪かったと』言って来て輸出規制を解く事になった」と言い出すのではないかと危惧致しますが…

  3. だんな より:

    弱小国同士のスワップは、世界的な不況時に、役に立たず足の引っ張り合いになるんでしょうね。
    韓国不動産関連負債に、家計負債(1600兆ウォン)が含まれるのかどうかが分からないんですが、私は、別だと考えています。>この辺分かる方居たら。
    韓国が中国のスワップを使う時(中韓スワップが存在しているかどうかは不明)は、日米に助けて貰えない事が分かった時だと思います。その時韓国は、安全保障を中国に完全に取り上げられるのでは無いかと思います。
    困った韓国を助けてくれたのは、運命共同体である中国様だった。中国様について行くのが、韓国の正しい道だと文大統領が言っても驚きません。

    1. H より:

      だんな様

      >韓国不動産関連負債に家計負債が
      含まれるのかどうか

      「伝貰」という韓国特有の制度が、
      どう、どこに含まれるのか怪しい
      ですね。私は会計上ごまかしている
      のではないかと推測しています
      (ごまかしても負は負ですが)

      たしか会計士様の投稿や韓国在住
      日本人様の投稿で取り上げていたかと
      記憶があります
      (すみません、探せていません)

      いずれにせよ、韓国に明るい未来は
      ありませんね。崩壊した後を考えて
      日本は有事として準備をする必要が
      あると、今回のコロナへの対応を
      みて強く思います

  4. 匿名 より:

    ウォン高は米利下げの影響では?

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。