ここ1ヵ月ほど、韓国のメディア、政治家などから、しつこいほどに日韓通貨スワップ待望論が出て来ています。それだけ外貨資金繰りに危機感を覚えているという証拠なのだと思いますが、こうしたなか、昨日は韓国メディア『朝鮮日報』(日本語版)に掲載された記事では、韓国の与党「ともに民主党」が、「日本が日韓通貨スワップを結んでくれないこと」自体を政治利用しようとしているらしい、という指摘がなされています。正直申し上げれば、本当に関わること自体がリスクですね。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

圧倒的既視感

ちょうど1年前、当ウェブサイトにはこんな記事を掲載しました。

やっぱり出た!通貨スワップを結んでくれない日本への逆ギレ(2019/03/27 10:00付 当ウェブサイトより)

やっぱり出た!通貨スワップを結んでくれない日本への逆ギレ

リンク先をあらためて自分自身で読み返してみて思ったのですが、「輸出管理適正化措置」、「コロナ騒動」、「米韓為替スワップ」などの記述がないという点はさておき、それ以外の部分に関しては、現在の状況とまるっきりそっくりです。

つまり、韓国メディアが

  • 韓国の外貨保有高は4000億ドルを超えているとはいえ、資本流出の発生を防ぐには十分でない
  • 景気がハードランディングしたり中国発の通貨危機が近づく場合に対応し、日本との通貨スワップを拡大することも検討する必要がある
  • 日本の政界における韓日関係悪化が韓日通貨スワップの実現を妨げている状況だ

…、といった論調で、「通貨スワップを結んでくれない日本」に対して恨みがましく逆ギレして見せている、という状況ですね。まさに既視感を覚えます。

実際、日韓通貨スワップは「古くて新しい論点」のひとつです。

たとえば、ちょうど先週の『日韓スワップ、あえて「日本のメリット」を考えてみる』でも報告したとおり、今から6年前の2014年の国会質疑で、日韓通貨スワップが中断したことを巡り、麻生太郎総理(財相ですが本稿では「麻生総理」と呼びます)が韓国側から

借りてくれといわれれば借りてやらないこともない

と言われた、ということを明らかにしています。

日韓スワップ、あえて「日本のメリット」を考えてみる

※ちなみに麻生総理は3月31日の国会答弁でも似たようなことを述べていますが、これについては『韓国の無礼な態度により麻生総理が席を立ったのは当然』でも取り上げていますので、ご参照ください。

朝鮮日報の「逆ギレ」

定期的に出てくる日韓スワップ待望論

さて、韓国側からの「日韓通貨スワップ待望論」には、一定の「周期」のようなものがあります。

当ウェブサイト自体を開設したのは2016年7月のことですが、それ以降、たとえば

  • 2016年9月頃…ブレグジットの後遺症に悩むなか、「500億ドルの日韓通貨スワップ」待望論
  • 2017年5月頃…日本がタイとの通貨スワップで合意したことに刺激された日韓通貨スワップ待望論
  • 2017年10月頃…中韓通貨スワップ失効による日韓通貨スワップ待望論
  • 2017年11月頃…韓国がカナダと為替スワップを成立させた際の日韓通貨スワップ待望論
  • 2018年5月頃…ASEAN財相会合などにあわせた日韓通貨スワップ待望論
  • 2018年10月頃…日中為替スワップ成立による日韓通貨スワップ待望論
  • 2019年3月頃…日韓関係改善論と絡めた日韓通貨スワップ待望論

といった具合に、だいたい春先に「日韓通貨スワップ待望論」を発症することが多いほか、世界経済の不安が高まったときや、何らかの危機(たとえばブレグジットなど)が発生したときに、スワップ待望論が出て来ることが多いようです。

朝鮮日報の逆恨み記事

そして、昨今のコロナ騒動の影響により、先月中旬ごろからふたたび日韓通貨スワップ待望論が出て来たのですが、今回のスワップ待望論はなかなか息が長いです。というよりも、韓国メディアからは連日のように、「韓日通貨スワップが必要だ」という、一種の悲痛な「叫び」のようなものが出て来ているようです。

韓国メディア『朝鮮日報』(日本語版)に、こんな記事を見つけました。

もう一つの安全弁「韓日通貨スワップ」再開は霧散(2020/04/02 20:11付 朝鮮日報日本語版より)

まったく、「なんだかなぁ」、と思ってしまう記事です。

全部で1200文字弱という、比較的短い記事ですが、なかなか強烈です。日本語表現を整えつつ、部分的に引用すると、厚かましく、かつ、事実誤認の塊のようなものです。いちおう、リンク先記事を要約しておくと、こんなことが書かれています(※日本語表現は整えています)。

  • 韓日通貨スワップは、先月締結された600億ドル規模の韓米通貨スワップに続き、経済危機の「もうひとつの安全弁」として認識されている
  • しかし、韓国の慰安婦合意破棄と徴用工判決、日本の輸出報復など、韓日関係が悪化しているため、この韓日通貨スワップの再開は困難な見通しだ
  • 政府と韓国銀行は「韓米通貨スワップでは、流動性危機が完全に解決されたと考えるのは困難」だとして、韓日通貨スワップ協定の締結を推進する意思を示してきたが、日本には公式な提案をしていないことが判明した

…。

つまり、朝鮮日報の取材によると、日韓関係の悪化を受けて、韓国政府側は日本に対してスワップの依頼すらしていない、ということなのだそうです。

なぜ「日本との」通貨スワップを求めるのか

この「コロナ騒動に伴う日韓通貨スワップ待望論」について詳しく触れる前に、そもそもの日韓通貨スワップの本質を確認しておきます。日韓通貨スワップは、まぎれもなく、「日本から韓国に対する一方的な金融支援」であり、それ以外の何物でもありません。

たとえば、一般に通貨スワップには貸し付けるおカネが自国通貨である「ローカル通貨建て通貨スワップ」(bilateral local currency swap agreement, BLCSA)と、「米ドル建て通貨スワップ」(U.S. dollar bilateral currency swap agreement, USD-BSA)があります。

韓国が現在、諸外国と締結している二国間通貨スワップ(BSA)は合計で6本ありますが(※ただし、中国との通貨スワップについては失効している可能性が濃厚です)、これらのなかに米ドル建ての通貨スワップは一本もありません(図表)。

図表 韓国が保有するスワップ(※自称も含む)
相手国と失効日金額とドル換算額韓国ウォンとドル換算額
中国(2020/10/13?)3600億元 ≒ 507.8億ドル64兆ウォン≒525.0億ドル
スイス(2021/2/20)100億フラン ≒ 103.7億ドル11.2兆ウォン≒91.9億ドル
UAE(2022/4/13)200億ディルハム ≒ 54.4億ドル6.1兆ウォン≒50.0億ドル
マレーシア(2023/2/2)150億リンギット ≒ 34.7億ドル5兆ウォン≒41.0億ドル
オーストラリア(2023/2/22)120億豪ドル ≒ 73.1億ドル9.6兆ウォン≒78.8億ドル
インドネシア(2023/3/5)115兆ルピア ≒ 70.5億ドル10.7兆ウォン≒87.8億ドル
二国間通貨スワップ  小計844.3億ドル106.6兆ウォン≒874.5億ドル

(【出所】各国中央銀行の報道発表等を参考に著者作成。為替換算は日本時間2020年3月31日夜10時ごろのWSJのマーケット欄を参照)

つまり、韓国が保有する二国間通貨スワップは、いずれも通貨スワップのなかでも「BLCSA」(ローカル通貨建ての通貨スワップ)です。

これらのうち豪ドル、スイスフランは国際的なハード・カレンシーであり、UAEディルハムはドルペッグを採用しているため、基本的にこの3つの通貨をドル転するのはさほど難しくありません。しかし、マレーシア、インドネシアの通貨については、数十億ドル規模の両替をすると、為替市場が壊れてしまいます。

また、中国との通貨スワップについては、そもそも人民元自体がソフト・カレンシーであることに加え、2017年10月に失効した際に、韓国側が一方的に「延長してもらうと口頭で約束してもらった」と主張しているに過ぎず、イザというときに使い物になるのかどうかは微妙でしょう。

これに対し、日本との通貨スワップについては、「ローカル通貨建て」の通貨スワップが円建てであり、円自体が国際的に通用度の高い通貨であることに加え、巨額の外貨準備を裏付に、米ドル建ての通貨スワップを結んでくれる相手国でもあります。

だからこそ、韓国が「日本との」通貨スワップを喉から手が出るほど渇望しているのでしょう。

(広告・スポンサーリンク)



スワップの政治利用

中銀の役割でも事実誤認

以上を踏まえて、朝鮮日報の記事をもう少し読んでおきましょう(※引用する際には日本語表現を整えています)。記事によると、韓国大統領府関係者は2日、朝鮮日報に対して次のよう述べたのだとか。

  • 中央銀行である日銀は他の先進諸国と異なり、中央政府から独立的ではない
  • 安倍政権の影響力に苦しめられている日銀のせいで、韓日通貨スワップ(協定の締結)は困難だろう

このあたり、かなりの事実誤認が含まれています。

まず、日銀が独自に結ぶスワップは、「ドル建ての通貨スワップ」ではありません。「円建ての為替スワップ」です。たとえば、先日も日銀がタイ中銀とスワップを締結しましたが、そのスワップは「通貨スワップ」ではなく「為替スワップ」でした(『タイと為替スワップも成立 日本中心に成長する安全網』参照)。

タイと為替スワップも成立 日本中心に成長する安全網

一方、日本がインドやインドネシア、フィリピンなどと結んでいる通貨スワップ(BSA)は、いずれも日銀が財務省の代理人として結んでいるものですが、米ドルの資金を相手に提供するのは、日銀ではなく、財務省の外為特会です。

日本では外貨準備を管理しているのは中央銀行ではなく財務省であり、だからこそ、日本政府(とくに財相である麻生太郎総理)の意向が色濃く反映されるのでしょう。

韓国側が自分の都合で潰してきたスワップ

それに、韓国側の態度にも、非常に大きな問題があります。

通貨スワップとは結局、「いざというときにおカネを貸してあげるという約束」であり、日韓通貨スワップを結んでやった場合、本来ならば韓国は国を挙げて日本に対し、頭を下げて感謝して然るべき立場にあります。それなのに、韓国は見事にさまざまな無礼、不法行為を働いてきたことを、しっかりと思い出しましょう。

このうち、たとえば2008年のリーマン・ブラザーズの経営破綻に端を発する金融危機の際、当時の麻生総理大臣のイニシアティブで、日本が韓国に対する円建て通貨スワップの上限を30億ドルから200億ドルに引き上げてやったのですが、その半年後に韓国の政府当局者から出てきた発言が、これです。

「韓国が厳しい時、日本が最も遅く外貨融通」

「韓国が最も厳しい時に外貨を融通してくれたのは、米中日の中で日本が最後だ」。尹増鉉(ユン・ジュンヒョン)企画財政部長官は6日、日本有力経済紙である日本経済新聞とのインタビューでこのように指摘し、「世界第2位の経済大国なのに、日本は出し惜しみをしている気がする」と語った<<…続きを読む>>
―――2009年07月07日08時07分付 中央日報日本語版より

何だか悲しくなりますね。

また、欧州債務危機の最中の2011年10月には、当時の野田佳彦首相のイニシアティブにより、日韓通貨スワップを総額700億ドルという破格の規模に拡大してやった際には、李明博(り・めいはく)韓国大統領自身を含め、韓国は国を挙げて日本にさまざまな不法行為を仕掛けて来ました。

  • 12月14日…市民団体がソウルの日本大使館前の公道上に慰安婦像を設置する
  • 12月18日…京都で行われた日韓首脳会談で李明博が野田佳彦に対し、いきなり慰安婦問題を蒸し返す
  • 8月10日…李明博がわが国固有の領土である島根県竹島に不法上陸する
  • 8月14日…李明博が天皇陛下(現・上皇陛下)を侮辱する発言を行う
  • 8月23日…韓国政府、野田佳彦が李明博に送付した親書を郵便で送り返す

(※文中敬称略)

日本が700億ドルスワップを予定どおり1年で打ち切ったのも、ある意味では当然のことでしょうし、あれから10年近くが経過するにも関わらず、韓国はいまだに当時の「落とし前」を付けていません。

それどころか、現在の文在寅(ぶん・ざいいん)政権は、自称元徴用工判決問題を筆頭に、旭日旗騒動、レーダー照射事件、慰安婦合意の一方的撤回、国会議長による上皇陛下への侮辱など、日本との関係をぶち壊す動きが度を越しています。

(※余談ですが、当ウェブサイトでは『真の親日派とは、文在寅氏その人だ』でも報告したとおり、文在寅政権は日韓関係を破壊することを通じて日本の国益に寄与しようとしているという意味で、「真の意味での親日派」ではないかと考えているほどです。)

いや、もう立派な「敵対国」では?

そのうえで、朝鮮日報の記事に戻ると、こんな記述もあります。

この幹部はまた、『日本はこれ以上韓国を協力国とはみなさないようだ』、『とくに経済面ではライバル国として見るという認識が強い』と話したが、これは、日本が新型コロナウィルスによる世界的な経済危機の局面でも韓国を協力対象とみなさない、という意味だ」。

いや、むしろ日本に対して敵対的行為を仕掛けたのが自分たちでの側でありながら、「日本は韓国を協力対象とみなさない」とぼやくのも、たいがいにしてほしいものです。いや、韓国の日本に対する行動は、「協力対象ではない国」というよりも、むしろ「敵対国」としての行動です。

この点、朝鮮日報は、次のように述べます。

韓国側は丁世均首相、李柱烈韓国銀行総裁らが韓日通貨スワップを推進する意向を示していたが、日本政府が(韓日通貨スワップ再開に対し)強硬な立場を取っていることから、公式に韓日通貨スワップの再開提案をしていないことも明らかになった」。

ちょっと待ってください、と言いたい気持ちでいっぱいですね。

自称元徴用工判決問題の解決、慰安婦合意の履行など、やるべきことをやっていないのが韓国の側ですから、日韓通貨スワップの再開提案をしていないのも、結局は「日本政府の態度が強硬だから」、ではありません。韓国の側に全面的な落ち度があるからです。

そのうえで、最も看過できないのが、次のような趣旨の記述でしょう。

大統領府や政府は日本の『政治的態度』を問題視しているが、政府・与党も総選挙を前に反日ムードを助長しており、とくに与党『ともに民主党』は対抗政党である『民主統合党』を巡り『安倍政権を擁護し、日本には一言の批判も言えない』などとして反日マーケティングを隠していない」。

朝鮮日報は上記のように述べているのですが、この点、「ともに民主党」の本当の目的はおそらく、選挙前は日本に対する敵愾心を煽るだけ煽り、一気に選挙戦を制することにあるのでしょう。

つまり、なんということはありません。現在の韓国では、日韓通貨スワップすらも、反日マーケティングに政治利用しているに過ぎないのだ、という指摘です。

そして、この「コロナ局面で日韓対立を総選挙に利用する」という韓国の与党の動きには、なかなか興味深いものがあります。裏を返せば、総選挙が終わったら、さっそくに韓国政府は日本に対し、通貨スワップの再開を要求してくる、ということではないでしょうか。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

いずれにせよ、保守政権であろうが、親北政権であろうが、「反日を政治利用している」という意味では、彼らがやっていることはまったく同じだと言わざるを得ませんし、私たちとしてもできるだけ関わらないのが吉であることは間違いありません。

さて、以上までの議論は、先般より紹介しようと思っていた、韓国観察者である鈴置高史氏が先日、『デイリー新潮』に寄稿した最新論考のテーマともうまくつながります。

コロナ対策で「文在寅」の人気急上昇 選挙を控え「韓国すごいぞ!」と国民を“洗脳”

世界中の国が新型ウイルスと闘う中、韓国では国民が2つに分かれ争う。韓国観察者の鈴置高史氏が「肺炎と政争」を読み解く。
―――2020年3月31日付 デイリー新潮『鈴置高史 半島を読む』より

ただし、これについてはじっくりと触れたいと思いますので、別稿にて議論したいと思います。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2020/05/31 09:00 【時事|金融
    レバノンとゴーン、そして通貨スワップのチラ見せ外交 (33コメント)
  • 2020/05/31 05:00 【韓国崩壊
    「輸出『規制』回答期限は本日到来」、それがどうした (61コメント)
  • 2020/05/30 15:00 【時事|国内政治
    国民民主党であっても良い部分は是々非々で判断すべき (26コメント)
  • 2020/05/30 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/30(土) (89コメント)
  • 2020/05/30 09:00 【読者投稿
    【読者投稿】武漢肺炎「6ヵ国データ」を比較してみた (41コメント)
  • 2020/05/30 05:00 【韓国崩壊
    鈴置論考で読む「不毛な先進国論争」の果てにあるもの (64コメント)
  • 2020/05/29 15:30 【時事|金融
    【資料】米ドル流動性・FIMA為替スワップ最新残高 (4コメント)
  • 2020/05/29 12:00 【時事|経済全般
    米投資家「国境を閉じるな、これからは中国の時代だ」 (33コメント)
  • 2020/05/29 10:30 【時事|韓国崩壊
    普段は日本を批判する韓国、中国にはダンマリ決め込む (38コメント)
  • 2020/05/29 08:00 【外交
    価値と利益で読む外交 日本にとって「大切な国」とは (23コメント)
  • 2020/05/29 05:00 【外交
    どうせ法治国家でない中国、無理に法を作らなくても… (48コメント)
  • 2020/05/28 14:30 【時事|経済全般
    「韓国などの入国制限で2.3兆円損失」は正しいのか (24コメント)
  • 2020/05/28 13:15 【時事|経済全般
    4月の輸出高は1兆円以上減少し5.2兆円にとどまる (10コメント)
  • 2020/05/28 09:30 【RMB|時事|金融
    【速報】米「香港は中国からの高度な自治を喪失」認定 (38コメント)
  • 2020/05/28 08:00 【韓国崩壊
    不毛な机上の空論を17回も続けた「韓日フォーラム」 (34コメント)
  • 2020/05/28 05:00 【時事|金融
    【速報】人民元が急落~いまや、中韓通貨は一蓮托生? (16コメント)
  • 2020/05/27 17:00 【時事|国内政治
    東京都知事選と「ホリエモン新党」巡るストーリー (11コメント)
  • 2020/05/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/27(水) (103コメント)
  • 2020/05/27 11:30 【時事|韓国崩壊
    河村氏「徴用工基金法成立なら日本は輸出規制を解除」 (39コメント)
  • 2020/05/27 08:00 【時事|外交
    安倍総理に核心突かれ逆ギレ=中国のわかりやすい反応 (43コメント)
  • 2020/05/27 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    ソフトカレンシー国・韓国の財政出動が危険である理由 (14コメント)
  • 2020/05/26 14:30 【時事|国内政治
    産経ニュース「コロナで見えた立憲民主党3つの不徳」 (33コメント)
  • 2020/05/26 12:00 【時事|韓国崩壊
    日韓往来断絶が長期化で事実上の「日韓断交」論浮上も (53コメント)
  • 2020/05/26 11:00 【時事|金融
    コロナ防疫で見せた安倍総理の指導力で財務省解体を! (20コメント)
  • 2020/05/26 08:00 【時事|韓国崩壊
    コロナの最中でも「ノージャパン」だけは忘れない韓国 (27コメント)
  • 2020/05/26 05:00 【RMB|外交
    米国が「香港は金融センターの地位失う可能性」と警告 (24コメント)
  • 2020/05/25 16:00 【政治
    EPNは第2のTHAADか 米中板挟みで苦しむ韓国 (23コメント)
  • 2020/05/25 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/25(月) (95コメント)
  • 2020/05/25 11:45 【時事|経済全般
    ビジネス客の入国制限解除はTPP加盟国から順番に? (18コメント)
  • 2020/05/25 08:00 【時事|金融
    韓国など「脆弱ファイブ」に金融危機第2波は来るのか (9コメント)
  • 2020/05/25 05:00 【マスメディア論
    毎日新聞調査で「内閣支持率27%」の衝撃と「狙い」 (73コメント)
  • 2020/05/24 12:00 【読者投稿
    【読者投稿】SARSの経験で読む「武漢肺炎第2波」 (57コメント)
  • 2020/05/24 09:00 【日韓スワップ|金融
    アルゼンチン9度目のデフォルトとTPPスワップ構想 (36コメント)
  • 2020/05/24 05:00 【マスメディア論
    日本新聞協会「NHKは受信料削減と業務抑制が必要」 (42コメント)
  • 2020/05/23 14:00 【時事|経済全般
    入国制限論②中韓との制限長期化で「中韓離れ」促進も (27コメント)
  • 2020/05/23 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/23(土) (52コメント)
  • 2020/05/23 09:00 【経済全般
    入国制限論①ヒトの移動の制限はいかにしてなされたか (6コメント)
  • 2020/05/23 05:00 【時事|韓国崩壊
    市場は韓国を「中国と一蓮托生」とみなし始めたのか? (25コメント)
  • 2020/05/22 17:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係破壊に寄与した文喜相国会議長が退任 (14コメント)
  • 2020/05/22 10:30 【時事|韓国崩壊
    米国の「中国孤立」ネットワークに参加求められる韓国 (53コメント)
  • 2020/05/22 08:00 【金融
    安易に「多国間通貨スワップ」に応じるべきでない理由 (23コメント)
  • 2020/05/22 05:00 【金融
    「飛ばし報道」だけでトルコリラの暴落を防いだ日本円 (26コメント)
  • 2020/05/21 16:30 【時事|韓国崩壊
    慰安婦団体に強制捜査、「ウソツキの末路」静観が正解 (63コメント)
  • 2020/05/21 12:00 【金融
    トルコとの100億ドルスワップ報道に「驚いた」日本 (10コメント)
  • 2020/05/21 08:00 【時事|経済全般
    訪日外国人99.9%減は「人数ありき」を見直す好機 (16コメント)
  • 2020/05/21 05:00 【韓国崩壊
    コロナと輸出管理適正化で日韓関係消滅は加速するのか (38コメント)
  • 2020/05/20 17:00 【時事|経済全般
    【速報】2020年4月の訪日外国人は2900人 (15コメント)
  • 2020/05/20 12:00 【時事
    中韓との出入国制限、もしも長期化したらどうなるのか (14コメント)
  • 2020/05/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/20(水) (88コメント)
  • 2020/05/20 08:00 【時事|経済全般
    ポストコロナ時代は「人類対中国」?科学よ負けるな! (21コメント)
  • 2020/05/20 05:00 【韓国崩壊
    鈴置論考が解く、韓国が「輸出規制撤回」を求める理由 (92コメント)
  • 2020/05/19 14:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    「G20スワップ」提唱の韓国こそトルコとスワップを (32コメント)
  • 2020/05/19 12:00 【時事|金融
    日本とトルコの通貨スワップがロシアに対する牽制に? (19コメント)
  • 2020/05/19 08:00 【時事|国内政治
    検察庁法改正案で大騒ぎした挙句に自爆した立憲民主党 (56コメント)
  • 2020/05/19 05:00 【韓国崩壊
    入国規制解除に失敗すれば日韓関係「自然消滅」実現も (40コメント)
  • 2020/05/18 15:30 【時事|韓国崩壊
    米中対立局面で日韓関係をあまり「放置」できない理由 (55コメント)
  • 2020/05/18 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 COVID-19編~8~ (78コメント)
  • 2020/05/18 11:11 【時事|金融
    日米為替スワップは「日本が米国を助ける手段」なのか (22コメント)
  • 2020/05/18 08:00 【時事|外交
    中央日報「日本がコロナ経験共有を韓国に求めて来た」 (25コメント)
  • 2020/05/18 05:00 【外交
    時事「政府、中国などへのビジネス渡航解禁」記事の怪 (23コメント)
  • 2020/05/17 15:00 【時事|外交
    産経「日本政府がWHOのコロナ対応検証を提案へ」 (18コメント)
  • 2020/05/17 09:00 【読者投稿
    【読者投稿】武漢肺炎で中国はわざとウソを流したのか (44コメント)
  • 2020/05/17 05:00 【韓国崩壊
    韓国メディア「約束破りは韓国の文化。日本は理解を」 (116コメント)
  • 2020/05/16 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/16(土) (199コメント)
  • 2020/05/16 09:00 【時事|韓国崩壊
    米中コロナ対立の折、日韓関係決める「3つの守り神」 (61コメント)
  • 2020/05/16 05:00 【マスメディア論
    新聞崩壊?「押し紙」認めた判決契機に訴訟ラッシュも (51コメント)
  • 2020/05/15 16:30 【時事|外交
    トランプ氏「米中断交すれば5000億ドル節約」 (26コメント)
  • 2020/05/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 COVID-19編~7~ (82コメント)
  • 2020/05/15 11:11 【時事|経済全般
    鈴置論考「韓国は反面教師」説を裏付ける安倍発言 (17コメント)
  • 2020/05/15 08:00 【経済全般
    コロナとは経済問題 無駄な既得権を飼う余裕は消える (28コメント)
  • 2020/05/15 05:00 【RMB|日韓スワップ|韓国崩壊
    中国は「使えない中韓通貨スワップ」で韓国を支配へ? (21コメント)
  • 2020/05/14 15:00 【時事|金融
    【速報】ネコと和解せよ (26コメント)
  • 2020/05/14 11:11 【時事|経済全般
    特別定額給付金で「ミス頻発」は「歳入庁」実現の好機 (20コメント)
  • 2020/05/14 08:00 【時事|金融
    米国の対中輸出管理強化と「コウモリ国家」の命運 (20コメント)
  • 2020/05/14 05:00 【韓国崩壊
    慰安婦問題は韓国を滅ぼす「ブーメラン」となり得る! (75コメント)
  • 2020/05/13 15:30 【マスメディア論|時事
    朝日新聞「コロナを日韓関係のリセットの契機に」 (46コメント)
  • 2020/05/13 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/13(水) (121コメント)
  • 2020/05/13 11:00 【マスメディア論|時事
    ひとりの医師の誠実な気持ちを踏みにじったテレビ朝日 (52コメント)
  • 2020/05/13 06:00 【時事|韓国崩壊
    韓国政府「日本は5月末までに輸出規制の答えを出せ」 (69コメント)
  • 2020/05/13 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    日本に相手にされない韓国、「EUと通貨スワップを」 (22コメント)
  • 2020/05/12 14:30 【読者投稿
    【読者投稿】パチンコ「三店方式」と不都合な真実 (34コメント)
  • 2020/05/12 10:30 【マスメディア論|時事
    ハッシュタグ事件は世論操作手段をネットに移しただけ (72コメント)
  • 2020/05/12 08:00 【時事|経済全般
    インドガス漏洩事故の続報の少なさと「信頼」のもろさ (34コメント)
  • 2020/05/12 05:00 【韓国崩壊
    納得の鈴置論考、安倍発言の真意は「韓国は反面教師」 (59コメント)
  • 2020/05/11 16:30 【時事|韓国崩壊
    慰安婦問題「内ゲバ」:日本は現時点で距離を置くべき (49コメント)
  • 2020/05/11 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 COVID-19編~6~ (138コメント)
  • 2020/05/11 11:11 【マスメディア論
    サザエさんはどこに行く?コロナ禍が変えるテレビ業界 (22コメント)
  • 2020/05/11 09:00 【国内政治
    共同通信の調査でも維新と立民の政党支持率が「逆転」 (26コメント)
  • 2020/05/11 05:00 【韓国崩壊
    「韓日関係雪解け」演出に見え隠れする韓国の「邪心」 (33コメント)
  • 2020/05/10 12:00 【読者投稿
    【読者投稿】アビガン解禁で、医療崩壊危惧は遠のいた (72コメント)
  • 2020/05/10 09:00 【数字で読む日本経済|金融
    日米為替スワップ「本当の意味」と国債372兆円増発 (7コメント)
  • 2020/05/10 05:00 【外交|金融
    米国の雇用崩壊と大統領選、「公共事業」としての戦争 (33コメント)
  • 2020/05/09 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/09(土) (95コメント)
  • 2020/05/09 09:00 【韓国崩壊
    韓国メディア「輸出規制で韓国はまったく困ってない」 (44コメント)
  • 2020/05/09 05:00 【経済全般
    「なぜ繰り返される?」…インドで悲惨なガス漏れ事故 (82コメント)
  • 2020/05/08 23:06 【時事|経済全般
    【速報】米国の失業率が14.7%と戦後最悪を記録 (11コメント)
  • 2020/05/08 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 COVID-19編(5) (95コメント)
  • 2020/05/08 11:00 【日韓スワップ|金融
    【資料】コロナショックによる為替スワップの実行状況 (4コメント)
  • 2020/05/08 06:00 【韓国崩壊
    韓国の外貨準備「不自然なリバウンド」と為替介入疑惑 (25コメント)
  • 2020/05/08 05:00 【時事|外交
    米中冷戦なら日本はどっち側に着くのか-答えは明白だ (32コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。