「韓国が公表する外貨準備高が怪しいのではないか」というテーマは、実は、私が当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』を運営する中で、かなり以前から取り組んでいる問題点の1つです。とくに、韓国銀行が公表する外貨準備高は約4030億ドル(2018年9月末時点)とされていますが、そのわりには、韓国の外貨需要の大多数を占めているはずの米ドル建て資産自体が絶対的に足りていないのです。また、今年3月には、「韓国はいざというときに1200億ドルの外貨不足に陥る」との報道もあるのですが、こうした報道について私は「さもありなん」と思ってしまいます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

基礎統計でウソをつく国

外貨準備高4000億ドルって本当?

当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』では、できる限り客観的に確かめられる情報やデータなどをベースに、政治、経済などについて議論するというスタンスを取りたいと考え、これまでウェブサイトを運営して来ました。

もちろん、なかには私自身の個人的な体験や主観、あるいは不確かな情報源などをベースに議論することもあるのですが、それでも、「客観的に確認できる情報」と「そうでない情報」については明確に分け、あくまでも事実をもとにした記述を大切にしたいと考えているのです。

ただ、ときとして、「客観的に確認できるデータ」を疑うことも必要です。

何のことを言っているのかといえば、私たちの隣国・中国や韓国の経済統計のことです。というのも、これらの国の経済統計を眺めていると、どうもかなりのウソが混じっているのではないかと疑ってしまうような、猛烈な矛盾が大量に含まれているからです。

その典型例は、韓国の外貨準備統計です。

韓国銀行のウェブサイトから判明する韓国外貨準備高は、2018年6月に史上初めて4000億ドルの大台を突破し、2018年9月末時点における外貨準備高は4030億ドルに達しているのだそうです(図表1)。

図表1 韓国の外貨準備高の推移

(【出所】韓国銀行データより著者作成)

ただ、これが事実ならば、韓国の通貨ポジションは非常に強いはずであり、米ドルに換算してわずか100億ドル前後に過ぎないスイスとの通貨スワップに狂喜乱舞する(『「中国・カナダと通貨スワップ」さりげなくウソつく韓銀総裁』参照)のは、とても不自然です。

「中国・カナダと通貨スワップ」さりげなくウソつく韓銀総裁

統計がお互いに整合していない

いや、そもそも通貨危機が発生するかどうかは、「①その国の通貨(韓国の場合はウォン)が世界でどの程度信認されているか、②その国が外国からいくらおカネを借りているか、③今まできちんとおカネを返してきた実績があるか」、といった観点から総合的に評価する必要があります。

しかし、韓国の場合は、「そもそも外国から借りているおカネはいくらなのか?」という基礎データすら非常に怪しく、「資金循環統計」と「対外資産・負債統計」などの基礎的な統計の相互間にさまざまな矛盾が紛れているのです。

たとえば、韓国銀行が公表する「資金循環統計(Flow of Funds)」上、2018年6月末時点における外国からの借入金は、ざっくり要約すれば、次のとおりです(図表2)。

図表2 外国人投資家の韓国への投資残高(2018年6月末時点)
項目兆ウォン億ドル
株式等5695,170
国内債1111,012
外債1391,265
借入金653
その他の外国債権債務1621,477
対外直接投資2562,324
その他73667
合計1,31611,968

(【出所】韓国銀行『資金循環統計』より著者作成。なお、ドル換算額は1ドル=1100ウォンとしている)

これを見ると、外国人投資家の韓国への投資残高のうち、多くを占めているのが株式等であり、次いで対外直接投資(つまり日本などの外国企業が韓国に工場などを立てた場合の金額)ですが、ここで注目すべきは「外債」と「その他の外国債権債務」と「借入金」の3項目です。

韓国が外国から債券の形で借り入れているのは139兆ウォン、すなわち1265億ドルですが、借入金の形で借りている金額は6兆ウォン、つまり53億ドルに過ぎず、両者を合わせても、韓国が国全体で借りている外貨建ての有利子負債は、せいぜい145兆ウォン(1318億ドル)に過ぎません。

つまり、韓国の対外債務は1318億ドルであり、韓国が保有している外貨準備高(4030億ドル)の方が圧倒的に多いため、韓国では通貨危機など絶対に発生しないことになります。

  • 外貨準備高:4030億ドル…①
  • 外貨建債務:1318億ドル…②
  • ①>②

ところが、先ほどの図表2には「その他の外国債権債務」という項目が含まれており、その金額は162兆ウォン(1477億ドル)に達しています。これはいったい何者なのでしょうか?

対外資産負債残高データと突き合わせる

これについて、同じく韓国銀行が公表している「対外資産負債残高(External Assets/Debt)」と突き合わせると、正体が判明します。2018年9月末時点における韓国の対外債務は、次のとおりです。

  • 債券:2320億ドル…③
  • 借入金:1312億ドル…④
  • 企業内貸借:308億ドル…⑤
  • その他:554億ドル…⑥
  • 上記③~⑥の合計…4495億ドル

(情報源:韓国銀行データ)

データの時点と集計通貨が異なっているため、多少の誤差が生じることは止むを得ないのですが、それにしてもこれは酷いです。というのも、「借入金の金額が1312億ドル」とあるのは、資金循環統計上、確認できないからです。

ただ、金額的には、これが先ほど述べた、「正体不明の『その他の外国債権債務』」162兆ウォン(1477億ドル)と似ています。つまり、資金循環統計に出て来る「その他の外国債権債務」の正体とは、外貨建ての借入金1312億ドルのことではないかと思うのです。

ちなみに、債券2320億ドルは、図表2に示した国内債と外債の合計額(2277億ドル)とほぼ一致していますので、やはり、対外債権債務残高統計と突合すれば、韓国の対外債務は、上記②で述べた1318億ドルではなく、これに1477億ドルを足した2795億ドルと見るべきなのです。

とはいっても、この2795億ドルは、まだ外貨準備高(4030億ドル)と比べれば、十分に余裕があります。

  • 外貨準備高:4030億ドル…①
  • 外貨建債務:2795億ドル…⑦
  • ①>⑦

このため、韓国が資金循環統計などの基礎統計で多少のウソ、ごまかしをしていたにしても、①と⑦を比べる限りは、韓国で通貨危機が発生することはあり得ないはずです。

外貨準備統計、本当?

世界の外貨準備の最大構成通貨は米ドル

ただし、これはあくまでも、韓国が「外貨準備統計でウソをついていない」という前提の結論です。

では、韓国の外貨準備統計の詳細を調べるには、どうすれば良いでしょうか?

当ウェブサイトで好む手法は、大まかに、

  • (1)外貨準備の通貨構成の割合を予想する。
  • (2)最大通貨の相手国の統計を確認する。

という、2段階のアプローチです。

国際通貨基金(IMF)が公表する「公式外貨準備通貨別構成」(Currency Composition of Official Foreign Exchange Reserves, COFER)というデータを見てみましょう。全世界の外貨準備高のうち、内訳が判明する金額に占める米ドル建て資産の割合は、だいたい6割少々です(図表3)。

図表3 IMFのCOFER(2018年6月末)※内訳判明分のみ
通貨金額(十億ドル)構成比
米ドル6,55162.25%
ユーロ2,13220.26%
人民元1931.84%
日本円5234.97%
英ポンド4714.48%
豪ドル1791.70%
加ドル2011.91%
スイスフラン170.16%
その他の通貨2572.44%
合計10,523100.00%

(【出所】IMFデータより著者作成)

この通貨別残高構成については、全世界の国々が通貨発行国との関係やその通貨の使い勝手の良さなどに照らし、どの国でもだいたい同じような構成になります。

ただし、欧州諸国の場合は、非ユーロ圏の外貨準備の大部分がユーロで構成されていることが多く(とくにスイス)、ユーロ建ての外貨準備(2兆ドル少々)のうち、スイス1ヵ国だけで7000~8000億ドル程度を占めていると考えられます(『企業会計のセンスで中央銀行を議論するWSJ』参照)。

ということは、スイスなど欧州諸国がユーロ建て資産の割合を押し上げている可能性があるということであり、中国や韓国など、アジア諸国の外貨準備高の通貨構成を予測する上では、この要因を除外する必要があります。

そこで、図表3で示されているユーロ建て資産の金額から、スイスなど、非ユーロ圏の欧州諸国の外貨準備を控除してみます。ただし、厳密な金額はよくわからないので、ここでは仮に、1兆ドル分を除外してみましょう(図表4)。

図表4 IMFのCOFERデータについて、ユーロを1兆ドル分減額した場合
通貨金額(十億ドル)構成比
米ドル6,55168.79%
ユーロ1,13211.88%
人民元1932.03%
日本円5235.49%
英ポンド4714.95%
豪ドル1791.88%
加ドル2012.11%
スイスフラン170.18%
その他の通貨2572.69%
合計9,523100.00%

(【出所】IMFデータより著者作成)

これでもまだユーロ建て資産の割合は10%少々ですが、この補正を加えることで、スイスが無制限の為替介入を開始した2011年9月以前の外貨準備高の通貨別構成に近づきます。つまり、図表4が、全世界の本当に実態に近い、外貨準備高の平均的な通貨別構成だと考えて良いでしょう。

韓国の外貨準備高の通貨別構成は?

そして、この図表4の構成比をベースに、合計欄を4030億ドルにしたうえで、韓国の外貨準備高の通貨別構成を勝手に予想してみましょう。これが図表5です(ただし、図表3、図表4と異なり、金額単位は「億ドル」ですのでご注意ください)。

図表5 図表4をベースに予想した韓国の外貨準備高(2018年9月末)
通貨金額(億ドル)構成比
米ドル2,77268.79%
ユーロ47911.88%
人民元822.03%
日本円2215.49%
英ポンド1994.95%
豪ドル761.88%
加ドル852.11%
スイスフラン70.18%
その他の通貨1092.69%
合計4,030100.00%

(【出所】IMFデータ、韓国銀行データより著者作成)

この構成比が正しいという保証はまったくありませんが、それでも、韓国経済が非常に米ドルに依存していることから、「もし韓国の外貨準備高統計が正しければ」、この構成はさほど実態と乖離しているものではないはずです。

ちなみに、先ほども引用した「対外資産負債残高(External Assets/Debt)」のデータによれば、韓国の民間セクター(銀行、企業、年金基金)も1873億ドルの外貨建債券を保有していますが、仮にこのうち半額の936億ドルが米ドル建て債券だったとします。

すると、韓国が国を挙げて保有する米ドル建ての債券は、3708億ドル(=外貨準備に含まれる2772億ドル+民間セクターが保有する936億ドル)であるはずです。

韓国が保有する債券、1908億ドルが行方不明!

つまり、本稿の仮定に基づけば、韓国が外貨準備として保有する2772億ドル、民間セクターが保有する936億ドル、合計3708億ドル分を、韓国という国が米国に債券という形で投資しているはずです。

これについて、米国財務省は発表する「米国財務省対外資本投資レポート」というレポートを公表しており(英語で “Treasury International Capital” で、その頭文字を取ってTICと呼ばれています)、国別に米国に対する有価証券投資残高を公表しています。

少し古いデータですが、2017年6月末時点における韓国が保有するドル建て有価証券の総額は2818億ドルで、うち債券に限定して言えば1799億ドル(うち長期債1696億ドル、短期債103億ドル)でした(図表6)。

図表6 TICレポートによる2017年6月末時点・韓国が保有するドル建て有価証券
通貨金額(百万ドル)構成比
株式101,82936.14%
長期債169,60260.20%
 うち米国債90,35632.07%
 うちエージェンシー債46,79116.61%
 うち社債32,45511.52%
短期債10,3233.66%
 うち米国債6,3002.24%
 うちエージェンシー債320.01%
 うち社債3,9911.42%
有価証券合計281,754100.00%

(【出所】米国財務省TICレポートより著者作成)

あれ?

単純計算しても1908億ドル足りませんよ?

もちろん、時点がかなり違うため、最大で数十億ドルていどの誤差が生じることは許容できます。しかし、わずか1年で1908億ドルもの誤差が生じるのは、どう考えても不自然です。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



外貨準備統計のウソの裏付

自然な発想は「外貨準備でウソをついている」

このように考えていくと、韓国が「4000億ドルだ」と主張している外貨準備統計を巡っては、

  • A.米ドル以外の通貨建ての資産がやたらと膨らんでいる
  • B.そもそも外貨準備高が1908億ドル水増しされている

という2つの仮説があります。

しかし、私はどうしても「一番自然な発想」として、「韓国が少なくとも2000億ドル前後は外貨準備高を水増ししているのではないか」、と疑っています。

もちろん、この外貨準備高の水増し額は、図表4、図表5に示した通貨別構成割合の前提によっても変わってきますし、また、韓国の民間セクターが保有しているドル建て有価証券の比率によっても変動しますので、確定的な数字を出すことは不可能です。

韓国の外貨準備に占める米ドル建て資産の割合が7割でなく、8割だったとすれば、同じロジックで計算したときの外貨準備の水増し額は2300~2400億ドルに膨らみますし、また、民間セクターが保有している外債に占める米ドル建て資産の割合も8割なら、この水増し額は3000億ドル近くにも達します。

裏を返して言えば、韓国の実質的な外貨準備高は、4030億ドルではなく、多くて2000億ドル前後、下手すると500億ドル程度しかない、という計算になるのです。

すると、先ほどの①と⑦について、外貨準備高が2000億ドルだったと仮定して書き直すと、

  • 外貨準備高:2000億ドル…⑧
  • 外貨建債務:2795億ドル…⑦
  • ⑧<⑦

となり、外貨建債務の金額よりも外貨準備の方が少ない、という可能性が出てくるのです。

単純計算ですが、韓国を通貨危機が襲った時の外貨不足額は、仮に韓国が外貨準備高を2000億ドル水増ししていた場合は800億ドル、水増し額が3000億ドルだった場合は、実に1800億ドルもの外貨不足に見舞われてしまうのです。

中央日報「1200億ドル以上」

当ウェブサイトでは過去に何度か紹介しているのですが、今年3月、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に、こんな記事が掲載されました。

韓国、米利上げ時に通貨危機の可能性…日米との通貨スワップ必要(2018年03月19日13時47分付 中央日報日本語版より)

中央日報によると、韓国が通貨危機に陥った場合、外貨保有額が約1200億ドル不足する、という試算を、今年3月18日に「韓国経済研究院」が公表したそうです。

この1200億ドルの論拠については、記事だけではよくわかりません。しかし、韓国の外貨建ての対外債務が2800億ドルで、外貨準備が1600億ドルしかないと仮定すれば、韓国の外貨不足額は1200億ドルであり、この記事の「1200億ドル」という数字と、ドンピシャリと一致します。

さらに、同レポート上も

国内居住者の資本流出と海外韓国法人の現地金融のうち短期償還分、市場安定化のための韓国銀行による外国為替市場介入分などを考慮すると、不足額はさらに増えるだろう

などと記載されているとおり、本当に通貨危機が発生した場合のインパクトは予測が付きません。

外貨準備の補完手段は通貨スワップとCMIM

こうした状況にあるため、韓国としてはどうしても通貨スワップなどの仕組みを必要としているのでしょう。そのように考えると、韓国銀行総裁が、スイスとの、たかだか100億ドル相当の通貨スワップを狂喜乱舞せんばかりに喜んだのも当然と言えるかもしれません。

ただし、韓国が外国との間で保有しているスワップラインは、オーストラリア、スイスなど4ヵ国との間でドル換算して300億ドルにも満たない額であり(図表7)、しかもマレーシアやインドネシアとのスワップでは、相手国通貨を引き出してドルに両替すれば、相手国通貨の暴落すら招きかねません。

図表7 韓国が外国と保有する通貨スワップ
相手国と金額米ドル換算額韓国提供額
オーストラリア(100億豪ドル)約71.81億ドル9兆ウォン
スイス(100億スイスフラン)約100.76億ドル11.2兆ウォン
マレーシア(150億リンギット)約35.76億ドル5兆ウォン
インドネシア(115兆ルピア)約79.31億ドル11兆ウォン
合計約287.64億ドル36.2兆ウォン

(【出所】各国中央銀行のホームページなどを参考に著者作成。なお、為替相場は2018/12/18時点のもの)

また、韓国銀行はこれらの通貨スワップ以外にも、中国やカナダと通貨スワップを締結している(あるいは延長交渉を行っている)などと述べていますが、これは誤りです。図表7に示したスワップ以外に韓国が「保有している」と主張する通貨スワップ協定などは、図表8のとおりです。

図表8 通貨スワップ以外のスワップ等
相手国などと金額米ドル換算額備考
中国(3600億人民元)約503.47億ドル昨年10月10日で失効済みであり、中国側は「延長した」とは述べていない
カナダ限度額未設定カナダとのスワップは通貨スワップではなく為替スワップ
CMIM384億ドルIMFデリンク条項を発動させない引出限度額は115.2億ドル

(【出所】著者作成)

つまり、図表8に示した3つのスワップなどのうち、事実上、危機に際して使い物になるのはチェンマイ・イニシアティブ・マルチ化協定(CMIM)に基づくデリンク限度額(115.2億ドル)です。

ということは、図表7、図表8をあわせて考えるならば、韓国を通貨危機が襲った場合、

  • オーストラリアとの100億豪ドル(約71.81億ドル)
  • スイスとの100億スイスフラン(約100.76億ドル)
  • CMIMのデリンク限度額115.2億ドル

の合計額(約288億ドル)が、韓国を危機から救うための手段として使用可能ですが、やはり、「少なくとも1200億ドルの外貨不足額」と比べれば、正直、「焼け石に水」ですね。

来年は「日韓スワップ」が聞けるのでしょうか?

さて、日本は今年、中国との間で、3.4兆円・2000億人民元を限度額とする「円・元」の為替スワップを締結しました。

これについて、産経新聞社の田村秀男氏は、「中国を助けるための通貨スワップだ」として批判されているようですが、これに対する私なりの反論は『通貨スワップと為替スワップを混同した産経記事に反論する』にまとめていますので、ご参照ください。

通貨スワップと為替スワップを混同した産経記事に反論する

(※余談ですが、愛国的な論調であることを否定するつもりはないのですが、事実誤認はいただけません。通貨論について記事を書くなら、もう少し金融規制全般についての知見が必要だと思います。)

ただ、この「円・元スワップ」を巡っては、韓国側から「日本は中国と通貨スワップ(※原文ママ)を締結したくらいだから、韓国ともきっと通貨スワップを締結するはずだ」、といった、根拠のない思い込みが見られたことも事実です。

徴用工判決や慰安婦財団解散など、日本を散々、激怒させている韓国に対し、現在の安倍政権がよもや日韓通貨スワップ協定を提供するとは思いたくもありませんが、年末は期越えの資金が足りなくなる時期でもありますので、おそらく韓国側からはそのような報道が再び頻発するかもしれません。

ただ、そもそも論として、4000億ドルもの外貨準備を所有しているというのが事実であれば、そのような国に、日本国民の虎の子の共有財産である外貨準備から日韓通貨スワップ協定を提供する必要などないでしょう。

また、4000億ドルの外貨準備がウソだというのであれば、基礎的な統計でウソをつくような不誠実な国にスワップを提供するなど言語道断ではないかと思うのです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/01/16 22:00 【時事
    【速報】韓国は非公開の約束破り、しかもウソの情報を公表? (6コメント)
  • 2019/01/16 20:30 【時事|韓国崩壊
    空虚に響く、呆れた発言 韓国外相が「日韓悪化回避に努力」 (10コメント)
  • 2019/01/16 11:30 【時事|国内政治
    日刊ゲンダイの「冒頭解散」説も、あながち荒唐無稽でない? (9コメント)
  • 2019/01/16 05:00 【韓国崩壊
    大切なことは日韓関係崩壊の「回避」でなく「影響の最小化」 (25コメント)
  • 2019/01/15 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】時事「韓国が回答期限拒否」、ただし大勢に影響なし (8コメント)
  • 2019/01/15 15:30 【時事|韓国崩壊
    韓国「日本と価値共有せず」 「日本は無礼で非紳士的」とも (34コメント)
  • 2019/01/15 12:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射巡り、そろそろ日韓二国間協議を打ち切る局面か (16コメント)
  • 2019/01/15 10:45 【時事|外交
    「世界よ、これが中国だ」 中国、ロシアとどう付き合うか (6コメント)
  • 2019/01/15 05:00 【韓国崩壊
    レーダー照射事件巡る日韓協議と「日米英仏豪加連合」の成立 (19コメント)
  • 2019/01/14 22:15 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決問題の節目は4月12日か 日本政府の狙いとは? (8コメント)
  • 2019/01/14 08:00 【外交
    外交とは、人間関係の延長 「価値」と「利益」で理解すべき (22コメント)
  • 2019/01/14 05:00 【韓国崩壊
    日本国内から日本の足を引っ張る奇妙な人たち (35コメント)
  • 2019/01/13 12:00 【マスメディア論|時事
    まとめサイトの社会的役割、『もえるあじあ』の興味深い記事 (15コメント)
  • 2019/01/13 08:00 【金融
    資金循環分析:6月の「消費税増税法廃案」解散に期待したい (36コメント)
  • 2019/01/13 05:00 【時事|韓国崩壊
    いまや「日本が考える韓国の位置付け」は北朝鮮、中国と同じ? (19コメント)
  • 2019/01/12 15:30 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「日本で反韓世論拡散」 皮肉ながら韓国に感謝します (25コメント)
  • 2019/01/12 09:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第2回:独自サイトか、大手ブログか? (4コメント)
  • 2019/01/12 05:00 【時事|韓国崩壊
    日米英などの海洋同盟が成立しても、そこに韓国の姿はない (12コメント)
  • 2019/01/11 14:00 【時事|韓国崩壊
    協議申入は日本政府の「時間稼ぎ」?そしてその真の狙いとは (89コメント)
  • 2019/01/11 11:11 【金融
    基礎資料「日本全体の資金循環(2018年9月末)」の公表 (10コメント)
  • 2019/01/11 10:15 【韓国崩壊
    「関係悪化は双方に原因」の無責任 日韓の本当の「正常化」 (28コメント)
  • 2019/01/11 05:00 【韓国崩壊
    読者様のコメントより:「韓国の迂回貿易」について考える (23コメント)
  • 2019/01/10 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国首相「日本の指導者が政治目的で反韓感情利用」 (16コメント)
  • 2019/01/10 13:30 【時事|韓国崩壊
    正気の沙汰とは思えない、韓国大統領の「年頭会見」 (54コメント)
  • 2019/01/10 11:00 【韓国崩壊
    日韓請求権協定の手続と「韓国社会の崩壊」という嫌な予感 (21コメント)
  • 2019/01/10 05:00 【マスメディア論
    「国益」と「愛国者」、そして「国民の敵」について考える (13コメント)
  • 2019/01/09 17:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】日本政府、請求権協定に基づき韓国に協議申し入れへ (19コメント)
  • 2019/01/09 11:45 【時事|経済全般
    自由貿易と「ウィン・ウィン」を否定するかの韓国経済新聞 (12コメント)
  • 2019/01/09 05:00 【時事|韓国崩壊
    株式差押えは「日本企業に実損出ていない」の屁理屈のため? (28コメント)
  • 2019/01/08 21:45 【時事|韓国崩壊
    【速報】新日鐵住金の在韓資産差押えを韓国地裁が認める (6コメント)
  • 2019/01/08 14:30 【時事|韓国崩壊
    日韓の「情報戦」が開戦したなら戦力の逐次投入はタブー (33コメント)
  • 2019/01/08 10:30 【韓国崩壊
    あまりに惜しい鈴置説の「最終回」 鈴置先生に感謝します (21コメント)
  • 2019/01/08 05:00 【マスメディア論
    すぐれたウェブ評論サイトが新聞、テレビを駆逐する! (29コメント)
  • 2019/01/07 11:30 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアの「喧嘩両成敗」的な主張はもう聞き飽きた (56コメント)
  • 2019/01/07 05:00 【韓国崩壊
    今週の焦点は防衛省の再反論と安倍総理の「毅然とした措置」 (23コメント)
  • 2019/01/06 16:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】安倍総理、NHKで韓国に対する「具体的措置」に言及 (15コメント)
  • 2019/01/06 15:45 【マスメディア論|時事
    「あじあにゅーす2ちゃんねる」が長尾敬議員の主張を歪曲 (12コメント)
  • 2019/01/06 07:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第1回:「人生」と「使命」について考えてみる (4コメント)
  • 2019/01/06 05:00 【時事|韓国崩壊
    もういちど考える:そもそも韓国海軍は何をやっていたのか? (34コメント)
  • 2019/01/05 14:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、そろそろ韓国に対する制裁が必要ではないか (45コメント)
  • 2019/01/05 08:00 【雑感オピニオン
    読者の皆さま:個人ブログをお持ちの方は是非教えてください (9コメント)
  • 2019/01/05 05:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件を含め、国民は安倍政権の対応を見ています (25コメント)
  • 2019/01/04 17:15 【時事|韓国崩壊
    韓国政府・国防部の動画をどう見るか? (36コメント)
  • 2019/01/04 15:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国政府が動画を公表 (19コメント)
  • 2019/01/04 14:30 【韓国崩壊
    北朝鮮に理解示して日本には逆ギレする韓国政府の支離滅裂さ (8コメント)
  • 2019/01/04 11:00 【時事|外交
    無法国家・中国への渡航を警告した米国政府を日本政府も見習え (3コメント)
  • 2019/01/04 06:00 【時事|韓国崩壊
    「仕事始め」の安倍政権、支離滅裂な韓国にどう対応するか? (23コメント)
  • 2019/01/04 05:00 【時事|雑感オピニオン
    天皇陛下を戴いていることを、日本国民の1人として誇りに思う (8コメント)
  • 2019/01/03 06:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件巡り、韓国が歩み始めた「自滅の道」とは? (29コメント)
  • 2019/01/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工「差押え」の不思議 非上場株の換金処分は著しく困難 (10コメント)
  • 2019/01/02 15:15 【時事|韓国崩壊
    徴用工差押え報道が事実なら、政府は速やかに対抗措置講じよ (15コメント)
  • 2019/01/02 08:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工差押えとレーダー照射はどうなる?正常化する日韓関係 (26コメント)
  • 2019/01/02 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    金正恩の「新年の辞」と、私たち日本国民に求められる覚悟 (6コメント)
  • 2019/01/01 05:00 【マスメディア論
    新年にあたり、「社説のブログ化」について考えてみる (6コメント)
  • 2019/01/01 00:00 【雑感オピニオン
    新春のご挨拶 (27コメント)
  • 2018/12/31 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアが「安倍が政治利用」「カミカゼ攻撃」と逆ギレ (21コメント)
  • 2018/12/31 10:00 【マスメディア論
    年末の「恥知らず」特集 やっぱり朝日新聞は国民の敵 (13コメント)
  • 2018/12/31 05:00 【韓国崩壊
    やはり韓国を「日米韓3ヵ国連携」から追い出すのが正解か? (22コメント)
  • 2018/12/30 15:30 【時事|外交
    台湾加油!戦略的互恵関係に基づく日中関係構築を目指すべき (16コメント)
  • 2018/12/30 08:00 【経済全般
    朝日新聞が消費税を論じるなら、軽減税率を返上するのが筋だ (6コメント)
  • 2018/12/30 05:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件 現時点で「落としどころ」探るのは尚早だ (45コメント)
  • 2018/12/29 10:00 【雑感オピニオン
    今月も100万PV ウェブ評論サイトの「使命感」とは? (15コメント)
  • 2018/12/29 05:00 【時事|韓国崩壊
    さらば密室外交 防衛省による動画公開を歓迎すべき理由 (66コメント)
  • 2018/12/28 21:00 【時事
    防衛省が公開した動画をどう見るか? (24コメント)
  • 2018/12/28 17:07 【時事
    【速報】防衛省が動画を公開 (20コメント)
  • 2018/12/28 11:30 【時事|金融
    金融政策と為替介入をごっちゃにする韓国銀行のデタラメ報告書 (10コメント)
  • 2018/12/28 10:30 【時事|外交
    中国漁船による犯罪に「撤収」しかできないタテ割り日本 (7コメント)
  • 2018/12/28 05:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、韓国による謝罪と責任者の処罰が最低ライン (35コメント)
  • 2018/12/27 12:15 【時事|韓国崩壊
    徴用工訴訟:あれ?結局差押えはしないのですか? (10コメント)
  • 2018/12/27 11:30 【時事|外交
    中国漁船や韓国海軍の蛮行は日本が舐められている証拠 (8コメント)
  • 2018/12/27 10:30 【時事|金融
    専門家の視点で、ゴーン氏の「スワップ契約」報道を検証する (10コメント)
  • 2018/12/27 05:00 【時事|韓国崩壊
    南北鉄道着工式をやってしまった韓国と「チキンレース」仮説 (23コメント)
  • 2018/12/26 13:30 【時事|韓国崩壊
    読者コメントに感じる、「日韓の特別な時代」の終焉 (23コメント)
  • 2018/12/26 11:30 【時事|国内政治
    ウェブサイト恒例「歴代内閣在任期間比較」 (3コメント)
  • 2018/12/26 10:30 【時事|外交
    「外交に関する世論調査」2018年最新版レビュー (5コメント)
  • 2018/12/26 05:00 【韓国崩壊
    正論に慌てふためく韓国 徴用工判決の強制執行はどうなる? (23コメント)
  • 2018/12/25 21:45 【時事|韓国崩壊
    徴用工巡る韓国の「日本専門家」見解、てんでお話にならない (13コメント)
  • 2018/12/25 14:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】防衛省が韓国側言い分に再反論、その重要な意義とは? (32コメント)
  • 2018/12/25 10:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、韓国メディアは日本に責任転嫁し逆ギレ (18コメント)
  • 2018/12/25 05:00 【韓国崩壊
    韓国との外交では、「道徳外交」「密室外交」を完全否定せよ (13コメント)
  • 2018/12/24 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】やっぱり逃げた!韓国側弁護団、強制執行日時明言せず (7コメント)
  • 2018/12/24 15:00 【時事|韓国崩壊
    やっぱり出てきた!「威嚇飛行をした日本の方が悪い」の詭弁 (19コメント)
  • 2018/12/24 08:00 【雑感オピニオン
    今年もあと1週間 年末年始の雑感 (7コメント)
  • 2018/12/24 05:00 【時事|韓国崩壊
    自業自得の無責任国家・韓国の末路 「北の共犯者」を許すな (17コメント)
  • 2018/12/23 08:00 【時事|韓国崩壊
    このタイミングでなぜ米国が北朝鮮への人道支援を見直すのか (14コメント)
  • 2018/12/23 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国軍のレーダー照射は「瀬取り」と関連付ければ説明が付く (74コメント)
  • 2018/12/22 08:00 【韓国崩壊
    下條教授の正論に喝采を送りたいが、「時すでに遅し」か? (41コメント)
  • 2018/12/22 05:00 【韓国崩壊|外交
    韓国は日本に宣戦布告でもするつもりなのか? (49コメント)
  • 2018/12/21 22:10 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国駆逐艦が自衛隊機に向けて火器レーダー照射 (20コメント)
  • 2018/12/21 13:25 【時事|金融
    ゴーン容疑者再逮捕と「売建オプション」、核心は特別背任罪 (9コメント)
  • 2018/12/21 11:00 【時事|韓国崩壊
    日本の外務省高官が訪韓 外務省は韓国に変な譲歩をするな (14コメント)
  • 2018/12/21 08:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国はレッドチーム」、韓国メディアはそろそろ現実認めよ (7コメント)
  • 2018/12/21 05:00 【時事|国内政治|外交
    防衛大綱見直しは「国民の敵」発見器 敵対国はどこだ? (13コメント)
  • 2018/12/20 14:30 【時事
    宜野湾市でも県民投票拒絶の「民意」が示された (2コメント)
  • 2018/12/20 11:30 【時事|韓国崩壊
    「韓国政府相手取った徴用工訴訟」は歓迎すべき?まさか! (15コメント)
  • 2018/12/20 07:00 【日韓スワップ|金融
    総論:外貨準備の虚実 韓国の外貨準備の額は信頼できるのか (14コメント)
  • 2018/12/20 05:00 【マスメディア論|時事
    河野外相会見で勝手に国民の代表名乗るマスコミ記者の傲慢さ (4コメント)
  • 2018/12/19 16:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    「中国・カナダと通貨スワップ」さりげなくウソつく韓銀総裁 (5コメント)
  • 2018/12/19 11:00 【時事|韓国崩壊|金融
    「日韓海底トンネル?お断りします」苦境に立つ韓国経済・他 (15コメント)
  • 2018/12/19 08:00 【国内政治|金融
    まだ早い?妥当?「河野太郎次期総理待望論」について考える (9コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。