ウォン安の韓国 なぜ日本とのスワップにこだわるのか

昨日の『【速報】USDKRWが1250の大台を突破』でも報告しましたが、昨日は日本時間深夜時点で、韓国の通貨・ウォンの対米ドル相場が1ドル=1250~1260ウォン程度と、じつに11年ぶりの安値水準を付けました。本日以降、ウォンが買い戻されるのか、さらに売り進まれるのかはわかりませんが、それと同時に韓国が現在、外貨ポジションに苦しんでいるのではないかという仮説を裏付けた気がします。本稿ではそもそも論として、なぜ韓国が日本との通貨スワップに拘るのか、そして日本がこれにどう対処するのが正しいのかについて、確認しておきたいと思います。

昨日は11年ぶりの安値に!

正直、まさかここまで展開が早いとは思っていませんでした。

何の話かといえば、隣国の通貨安です。

日本時間の昨日夜10時過ぎの時点で、韓国ウォンの対米ドル相場は1ドル=1260ウォン前後であり、1260ウォン台を付けるのは1ドル=1265.7ウォンとなった2009年7月16日(木)以来、じつに11年ぶりのことでもあります。

2009年7月といえば、リーマン・ブラザーズの経営破綻に端を発する金融危機が収束するかどうかというタイミングであり、また、韓国ウォンは同年3月2日(木)に1ドル=1570.30ウォンという今世紀最安値を記録したばかりでした。

ただ、その前年の2008年12月に韓国は日本銀行とのあいだで円建てのスワップを30億ドルから200億ドルに増額してもらった(後述)ほか、米FRBとのあいだで300億ドルの米韓為替スワップ協定(ドル流動性供給プログラム)を提供してもらうことで、なんとか危機を乗り切った格好です。

(※ちなみに、為替スワップや通貨スワップには、韓国銀行が通貨危機の際に相手国から外貨を引き出すという機能に加えて、基本的に投機筋に対し、「わが国にはこれだけの外貨の準備があるよ」と牽制する、という意味合いもあります。)

日本の対韓支援の歴史

過去に存在していた通貨スワップ協定

さて、少し視点を変え、今度は日本がこの通貨スワップを使って、どのようにして韓国に対する事実上の「信用補完」をしてきたのかを振り返っておきます。

日本が過去に韓国との間で締結していたスワップとしては、大きく①米ドル建ての通貨スワップ(図表1)と、②日本円建ての通貨スワップ(図表2)があります。

図表1 過去に存在していたドル建ての日韓通貨スワップ
締結日概要日→韓の上限額
2001年7月4日CMIに基づく日韓通貨スワップ開始20億ドル
2006年2月24日CMIスワップの増額100億ドル
2011年10月19日「野田佳彦スワップ」開始400億ドル
2012年10月19日「野田佳彦スワップ」終了100億ドル
2015年2月16日CMIスワップが失効

(【出所】日銀、財務省、国立国会図書館アーカイブ等より著者作成。なお、日銀、財務省が一部過去データを抹消しており、国立国会図書館アーカイブも不完全であるため、誤っている可能性もある)

図表2 過去に存在していた円建ての日韓通貨スワップ
時点概要日→韓の上限額
2005年5月27日円建て通貨スワップ開始30億ドル
2008年12月12日リーマン・ショック後のスワップ増額200億ドル
2010年4月30日リーマン増額措置終了30億ドル
2011年10月19日「野田佳彦スワップ」開始300億ドル
2012年10月31日「野田佳彦スワップ」終了30億ドル
2013年7月3日円建て通貨スワップ終了

(【出所】日銀、財務省、国立国会図書館アーカイブ等より著者作成。なお、日銀、財務省が一部過去データを抹消しており、国立国会図書館アーカイブも不完全であるため、誤っている可能性もある)

(※なお、図表2に示した「日本円建ての通貨スワップ」については、厳密には「為替スワップ」ではないかという気もするのですが、確認する限り、日銀の過去資料など「為替スワップ」という用語は用いられていないため、当ウェブサイトでは、一応は「通貨スワップ」として取り扱っています。)

李明博政権時代に恩を仇で返してきた韓国

このうち、韓国が「親米派」の李明博(り・めいはく)政権だったころに、日韓通貨スワップは2回、大幅な増額措置を受けました。

まず、2008年12月、麻生太郎総理と故・中川昭一元財相が主導した2008年のスワップ増額(図表1、図表2あわせて300億ドル)は、韓国をリーマン・ショック後の危機から救うのに威力を発揮しました。

ちなみにこれによって韓国が日本にどう感謝してくれたのかをうかがい知るうえで重要な記事が、今から約11年前の2009年7月7日付で、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に掲載されていますので、必読です。

「韓国が厳しい時、日本が最も遅く外貨融通」

「韓国が最も厳しい時に外貨を融通してくれたのは、米中日の中で日本が最後だ」。尹増鉉(ユン・ジュンヒョン)企画財政部長官は6日、日本有力経済紙である日本経済新聞とのインタビューでこのように指摘し、「世界第2位の経済大国なのに、日本は出し惜しみをしている気がする」と語った<<…続きを読む>>
―――2009年07月07日08時07分付 中央日報日本語版より

日本が韓国を助けたとしても、こうやって後になって「支援が遅かった」などと逆ギレされるという事実については、私たち日本国民全員がきちんと認識しておくべきではないかと思う次第です。

次に、野田佳彦前首相が主導した「野田スワップ」(図表1が400億ドル、図表2が300億ドル、あわせて700億ドル)は、ちょうど欧州債務危機のさなか、韓国ウォンの市場を安定させるのに威力を発揮しました。

李明博元大統領自身がその直後の2011年12月に慰安婦問題を蒸し返し、翌8月には島根県竹島に不法上陸したうえで当時の天皇陛下(現在の上皇陛下)を口汚く侮辱した件については、私たち日本国民としては忘れてはならないでしょう。

要するに、韓国を通貨スワップで助けても、逆ギレされるか、恩を仇で返されるのがオチなのです。

CMIMから引き出せるものでしょうか

それはさておき、図表1にある「CMI」とは「チェンマイ・イニシアティブ」のことですが、現在は多国間通貨スワップ協定である「チェンマイ・イニシアティブ・マルチ化協定」(CMIM)に発展的に解消しており、厳密にいえば、現在でも日本は韓国に対して通貨スワップを提供しています(図表3)。

図表3 CMIMによる支援
拠出額引出可能額
日本768億ドル384億ドル
中国(※)768億ドル405億ドル
韓国384億ドル384億ドル
インドネシア、タイ、マレーシア、シンガポール、フィリピン各 91.04億ドル各 227.6億ドル
ベトナム20億ドル100億ドル
カンボジア2.4億ドル12億ドル
ミャンマー1.2億ドル6億ドル
ブルネイ、ラオス各0.6億ドル各3億ドル
合計2400億ドル2400億ドル

(【出所】財務省『CMIM 貢献額、買入乗数、引出可能総額、投票権率』。ただし、中国については香港との合算値。中国以外のIMFとの「デリンク」割合は30%。また、香港はIMFに加盟していないため、中国の引出可能額に占める「IMFデリンク」割合は他の国と異なる)

つまり、韓国がCMIMに基づいて米ドルを引き出そうとしたら、貢献割合に応じて日本も一部を拠出しなければならないため、厳密にいえば韓国の危機を救うための資金の一部を日本が負担しなければならない、ということではあります。

もっとも、韓国がCMIMから資金を引き出そうとすれば、日本だけでなく中国、香港、ASEAN諸国にも負担が掛かるとともに、限度額384億ドルのうち30%(115.2億ドル)を超えてCMIMからドルを引き出そうとすれば、国際通貨基金(IMF)が介入して来ます。

このため、CMIMは「見せ金」としては機能するかもしれませんが、国際社会(アジア諸国)に大きな迷惑を掛けることになるため、現実にCMIMからの資金の引き出した可能なのかどうかは微妙なところです(もっとも、韓国のことですから躊躇なく資金を引き出すのかもしれませんが…)。

苦しい韓国の事情

現在の韓国のスワップライン

このCMIMを含めて、韓国が保有している(と自称している)スワップをドル換算した金額は1234億ドル少々なのですが、これを図示しておくと図表4のとおりです。

図表4 韓国が保有している(と自称している)スワップ
相手国と失効日金額とドル換算額韓国ウォンとドル換算額
中国(2020/10/13?)3600億元 ≒ 511.7億ドル64兆ウォン≒507.9億ドル
スイス(2021/2/20)100億フラン ≒ 103.4億ドル11.2兆ウォン≒88.9億ドル
UAE(2022/4/13)200億ディルハム ≒ 54.5億ドル6.1兆ウォン≒48.4億ドル
マレーシア(2023/2/2)150億リンギット ≒ 34.3億ドル5兆ウォン≒39.7億ドル
オーストラリア(2023/2/22)120億豪ドル ≒ 70.4億ドル9.6兆ウォン≒76.2億ドル
インドネシア(2023/3/5)115兆ルピア ≒ 75.6億ドル10.7兆ウォン≒84.9億ドル
二国間通貨スワップ 小計849.9億ドル106.6兆ウォン≒846.0億ドル
多国間通貨スワップ(CMIM)384.0億ドル
通貨スワップ 合計1,233.9億ドル
カナダとの為替スワップ期間、金額無制限

(【出所】韓国銀行、各国中央銀行等ウェブサイトを参考に著者作成。なお、米ドル換算額は日本時間昨日夜10時半時点のWSJのマーケット欄を参照)

使い物にならないスワップ

しかし、この図表でもわかるとおり、韓国が保有している(※と自称している)通貨スワップの合計額の「1233.9億ドル」と記載している金額については、あくまでも「為替換算したらその金額になる」というだけの話であり、1233.9億ドルのドル現金が手に入るわけではありません。

しかも、この1233.9億ドルのうち約40%を占めている中国との通貨スワップ(3600億元)については、2017年10月10日にいったん失効しており、韓国当局者が一方的に「口頭で延長に合意した」と主張しているに過ぎません。

よしんば中国との通貨スワップ協定が「生きていた」としても、「オンショア人民元」で引き出したところで米ドルに換算する手段は限られています(究極的には中国の通貨当局である中国人民銀行が中国の外貨準備高から米ドルを提供することに合意するかどうかという問題でしょう)。

また、「オフショア人民元」として引き出したとした場合、それを一気に米ドルに両替すれば、オフショア人民元の市場規模だとマーケットが「ぶっ壊れて」しまうため、事実上、米ドル転は困難です(というか、中国が許さないでしょう)。

よって、事実上、中国との通貨スワップについては「死んでいる」と考えて間違いありません。

それ以外の通貨スワップについては、たとえば「弱者連合」であるマレーシアやインドネシアとの通貨スワップについては、発動した瞬間、危機がマレーシアやインドネシアに波及するおそれもあるため(『インドネシアと韓国のスワップ、リスクは「危機伝播」』参照)、発動は困難でしょう。

また、「引き出した相手国通貨を米ドルに転換しても相手国通貨の市場を破壊しない可能性がある」ものといえば、豪ドル、スイスフラン、UAEディルハムとのスワップですが、ディルハムの場合はドルペッグが破壊される危険性もあるほか、最近だと豪ドルも米ドルに対して下落傾向にあるため、微妙です。

米ドルに対して価値が下落して喜んでくれる唯一の例外はスイスですが、金額的には100億フランに過ぎません。

また、カナダとのスワップは民間金融機関に流動性供給するための為替スワップであり、通貨スワップではありませんので、「通貨危機の際に引き出して為替介入などに使えるか」という点からすれば、まったくの論外でしょう。

のどから手が出るほど欲しいのはドル建てスワップだが…

結局、かつての「麻生・中川スワップ」や「野田スワップ」のように、地球上最強の通貨である米ドル、米ドルに次ぐ強力な通貨である日本円と交換できる巨額のスワップは、韓国にとっては危機を未然に防ぐのに役立っていたのです。

実際、2016年8月に日韓間で通貨スワップの再開交渉が始まった際には、韓国メディアからは「韓日通貨スワップは規模が500億ドル、米ドルで引き出せるものになる予定」、といった飛ばし報道が相次ぎました(『日韓スワップ「500億ドル」の怪』参照)。

ちなみに当ウェブサイトの勝手な観測ですが、この「500億ドル」の根拠は、おそらく次の2点でしょう。

  • 中国が韓国と締結した人民元建て通貨スワップの規模がドル換算で500億ドルを少し上回っていたことから、「中国との対抗上、日本も同じ規模のスワップを結ぶに違いない」という勝手な期待感
  • 実際に2008年の金融危機に際して韓国から500~600億ドルの外貨が流出した経験を踏まえ、短期流動性としての実需が500億ドルていどであるため(『「日韓スワップ500億ドル」の本当の意味とは?』参照)

ちなみにこの日韓通貨スワップ再開交渉については、韓国側で慰安婦像を総領事館前に設置されるなどのわが国に対する侮辱行為を受けて、日本側が2017年1月に交渉を中断して現在に至るのですが、もしそのまま再開されていたならば、実際に資金が拠出される可能性は十分にあったかもしれませんね。

スワップ待望論

米・日・G20との通貨スワップ論

こうしたなか、私たちの隣国でここ数日、「スワップ待望論」が生じていることを巡っては、当ウェブサイトでもリアルタイムで取り上げて来た話題のひとつですが、いくつかの韓国メディアはくどいほど、「韓米通貨スワップ」だ、「韓日通貨スワップ」だ、と繰り返してきました(たとえば次のような記事で触れています)。

WSJ「FRBは外国中央銀行と為替スワップ拡張を」(2020/03/12 11:00付 当ウェブサイトより)
中央日報「米韓通貨スワップ待望論」に見る事実の歪曲(2020/03/13 18:45付 当ウェブサイトより)
KRW売られる一方で朝鮮日報は「米日とスワップを」(2020/03/17 17:00付 当ウェブサイトより)
韓経も日韓スワップ待望論の一方、副首相が軽率な発言(2020/03/18 06:00付 当ウェブサイトより)

ただ、上記記事を読んでいただければわかるのですが、不思議なことに、かつての「日韓通貨スワップ再開待望論」と違って、今回の局面では、おもに「日本との通貨スワップ」ではなく、「米日との通貨スワップ」という論調が中心です。

やはり、昨今、韓国側の一方的な不法行為によって日韓関係が極度に悪化しているなかで、さすがに韓国側としても「日韓通貨スワップ」という「ホンネ」が口に出せないのかもしれません。いや、それどころか、最近はさらに「G20とのスワップ」という話題も出てきました(たとえば次の記事参照)。

G7緊急会議とドル為替スワップを韓国が強く意識か?(2020/03/16 13:05付 当ウェブサイトより)
韓国メディアがまた「G20と通貨スワップ締結を」(2020/03/17 11:15付 当ウェブサイトより)
なぜ韓国は突然「G20スワップ」と言い出したのか?(2020/03/18 13:15付 当ウェブサイトより)

つまり、あらためて振り返っておくと、スワップ待望論には次の3つのパターンがあります。

  • ①日韓通貨スワップ待望論
  • ②米韓為替スワップ待望論
  • ③G20スワップ待望論

おそらく、韓国側の「ホンネ」は「①日韓通貨スワップ待望論」ですが、①を大っぴらに口に出すのがはばかれるがために、②や③をかぶせて来ている、という可能性が濃厚でしょう。

ただ、昨日の『なぜ韓国は突然「G20スワップ」と言い出したのか?』でも触れましたが、G20といってもいろいろあります。メキシコ、ブラジル、トルコ、アルゼンチン、インドなどに加え、すでに韓国が通貨スワップを締結している相手国であるインドネシアなど、韓国と同じくらい資本フローが脆弱な国もあります。

したがって、G20とのスワップといっても、一歩間違えれば「弱者連合スワップ」をさらに拡大することにもつながりかねず、危険です。

日本がG20スワップに参加する意味はない

もちろん、これは日本から見ても、G20とのスワップは非常に危険です。

G20といっても、G7諸国(日米英仏独伊加)とそれ以外にわかれ、EU、準先進国である豪州を除けば、ロシア、中国、インド、インドネシア、ブラジル、南アフリカ、トルコ、サウジ、アルゼンチン、メキシコ、韓国はいずれも「先進国」ではありません。

日本はこれらのうち、豪州、中国と為替スワップを、インドネシア、インドと通貨スワップを締結していますが、それ以外の国ととは、たとえば昨今の原油価格下落により財政危機に陥る可能性の高いロシアやサウジアラビアと通貨スワップを締結するのは危険です。

というか、地域的に見て、トルコは欧州に、メキシコとアルゼンチンとブラジルは米国に委ねるのが妥当ですし、北方領土を不法占拠し続けているロシアを日本が貴重な外貨によって助けてやるいわれなどありません。

あるいは、北方領土(あるいは千島列島+樺太)を日本に割譲するというのであれば、それと引き換えに日露通貨スワップを検討してやっても良いかもしれませんね(※この点は余裕があれば別稿にて議論したいと思います)。

大法院判決の事例

さて、2018年10月30日といえば、韓国の最高裁に相当する「大法院」が、日韓請求権協定(1965年)の規定を無視して自称元徴用工らの訴えを認め、日本企業に対して損害賠償を命じた「自称元徴用工判決」が下されたときでもあります。

これについて、韓国側では「三権分立だから、韓国政府にはどうしようもできない」という、わけのわからない主張を続けているのですが、このロジックが通用するのならば、韓国の裁判所が「日韓基本条約は無効だ」といえば、本当に日韓基本条約は無効になってしまうことになりかねません。

これについて昨日、『なぜ韓国は突然「G20スワップ」と言い出したのか?』に、「凡人」様というコメント主様から、こんな読者コメントを頂きました。

韓国は大丈夫です。大法院に「日本は韓国とスワップを結ばなければならない」という判決を出してもらえば、何も心配はいりません(笑)

たしかに!(笑)

韓国政府が自国の大法院に対し、「日本が通貨スワップを韓国と結ばないのは不当だ」として、「日本政府は今すぐ通貨スワップを締結せよ」とする訴訟を起こして勝訴すれば、日韓通貨スワップ協定は復活するのです(笑)

おあとがよろしくないようで。

読者コメント一覧

  1. ボーンズ より:

    おはようございます。
    踏み倒す気満々ですので、宗主国に三跪九叩頭の礼でお願いして借りたらいかがでしょうか。

  2. 動脈硬化進行中 より:

    助けるとそれを屈辱に思い、感謝するどころか、却って反日するような国を助ける必要はない。

  3. たけ より:

    UAEとも更新されてないと思う。

    1. 新宿会計士 より:

      たけ 様

      UAEの通貨ディルハムはドルペッグですからね。逆に下手に韓国からスワップを発動されるとペッグが壊れるかもしれませんね。

  4. 豆鉄砲 より:

    裏を返せば、数々の日本に対するの不法行為を韓国が認めたことになりますね。

    1. アメンボー より:

      唯一の命綱である日本の広告業(すなわち「報道」全部も含めたメディア)がハラの底では認めてない以上、
      反省したフリするのは連中にとって造作もないことでしょう。(その上メディアも同調に走れますし)

      だからこそ、キャピタルフライトという実弾を浴びせない限り、(理論立った)自己言及の必要性を毛頭も感じますまい。

  5. 愛読者 より:

    ウオンばかりを観察していると近視眼的になり,大局を見失うので,他の通貨も確認しておきましょう。韓国とのスワップ国のうち,インドネシアルピー,マレーシアリンギット,オーストラリアドルも,ウオンと同じように日本時間で昨日の午後3時くらいから下落していることに注意しましょう。タイバーツも下落しています。チャートと見るとスイスフランにも仕手筋の攻撃が入ったようですが,こちらは防衛しています。UAEディルハムは半ば固定相場ですし,仕手筋にはオイルマネーも入っていると思われるので,これは無傷です。
    でも,ある時刻からはウオンが集中的に売られています。いわゆる提灯(ある仕手筋が仕掛けたのを見て追随してくる他の仕手筋やファンド)が多かったのかもしれません。
    韓国は昨日の政府会見で「韓国はドルがショートしている」と白状するのに等しい会見を行ってしまったので,仕手筋の格好の餌食になったのでしょう。保守時代に採用された優秀な官僚を追い出して,学生活動家上がりの投資に疎い人達を幹部に採用してしまったツケを払わされています。仕手筋にも,ウオンは操作しやすい,ということを証明してしまったので,今後もいろいろ仕掛けられてきそうな気がします。
    ところで,最近からの参加者のために,新宿会計士様から,KIKOと,1200とか1250のラインが何故大切だったのか,もう一度説明していただいたほうがいいかもしれません。

    1. 匿名 より:

      あ、それ助かります。
      昨日のコメント欄からして「売り浴びせの兆候・シグナルだからかな?」と思いましたが、同時に「勝手な思い込みかもしれないし・・・どうなんだろう?」とも思ってましたので。

  6. 匿名 より:

    ICJには当事者能力のない韓国政府ではなく韓国司法をお招きすればいい。

    1. アメンボー より:

      >匿名様
      ぶっちゃけ、(最適解とあらば)もはやソレに尽きますよね。
      まだ見識も視野も足らないと自覚しますわ。

  7. イーシャ より:

    スワップを頻繁に必要とするのは、脳みそ、もとい、メモリーが足りないからです。
    サムソンの倉庫に転がっているでしょうに。

    おあとがよろしくないようで。

    1. ボーンズ より:

      イーシャ 様
      最近はページングと呼ぶように…
      (自分は、メインメモリを潤沢に実装して、ページファイル無しで使うのが基本…)

      1. イーシャ より:

        ボーンズ 様

        はい、そうしております。
        予備の古い Laptop で 16GB、メインの Laptop で 32GB 積んでいます。

  8. ミナミ より:

    助けても逆恨み、助けなくても逆恨み
    ならば助ける理由は全く無いですね

    韓国は日米中と自国を同一視したい様ですが、
    日米中は重傷を負っても死ぬ事は無いですが、同じダメージを受ければ韓国経済は死にます

    せいぜい、前のIMFの時の欧米ハゲタカの様に、焼け野原になった後に、
    サムスン等の優良物件を買い叩くという「救済事業」を行えば良いんじゃないでしょうか

    1. ボーンズ より:

      ミナミ 様
      大陸勢力の役に立たなくなった以上、回収できるものは回収しましょう。

  9. 製造業SE より:

    長年韓国ウォッチしてきましたが、最近「この大変な世界情勢で韓国なんてどうでもいいよ~」って感情に支配されることが大きくなってきました。
    本件も大事件なのに、一方でかつてのように盛り上がらず、無感動で客観的に見ている自分もいます。誰かが好きの反対は嫌いでなくて無関心と言ってましたが、自分の中の韓国がだんだん石ころ帽子のようになっていきそうです。

    1. 自転車の修理ばかりしている より:

      製造業SE様

      >この大変な世界情勢で韓国なんてどうでもいい
      まったく同感なのですが、韓国は自分が国際的メインプレイヤーの一人であると思い込んでいるので、「助けられるべきである」として日米にやいのやいのと言ってくると思われます。
      各国が自国の問題で忙殺されている時に身勝手に騒ぐことで、どういう共感が得られることでしょうかね。

      1. 製造業SE より:

        自転車の修理ばかりしている様

        >やいのやいのと言ってくると思われます。
        >どういう共感が得られることでしょうか
        おっしゃる通りだと思います。
        前回とは違い、日米共に「約束を守れ」「分担金払え」カードがあるので、そのカードをどんなウルトラCで突破しようとしてくるかは楽しみではあります。第三者(国際社会)がどう評価するかも含めて。

  10. めたぼーん より:

    関わらない、距離を置く、が大事ですね。

  11. だんな より:

    スワップが欲しいのは、本当に使えるドルに困って来ているんだと思います。
    まあ、誇らしい世界第9位の外貨準備高の国が「もう使えるドルが無いニダ」と言っても「はあ?」と言われると思います。
    今週のウォンを見ると、欧米時間で下がるという、ウォンの下がる時のパターンになりました(それまでは、欧米時間で戻してました)。また、1225攻防戦以降、強い介入が見られないと思います。
    動きを見ると、1250までには売りが置かれてますので、強い介入をしないと、1240台に戻す事は有りません。
    上は、1270が抵抗線として、存在するようですが、いつまで持つか分かりません。
    KIKOの話は、新宿会計士さんにお願いしましょう。

    1. だんな より:

      一気の昇竜拳で、1273まで行ってます。
      1270は、たまたま止まっていただけでしたね。
      何処で止まるかは、分かりませんが、韓国人のドル買いも有ると思います。

      1. だんな より:

        1290超えました。
        流石に1300は、抵抗すると思いますが、アッサリ抜かれる様だと、本当にドルが無い可能性が高いと思います。

        1. タナカ珈琲 より:

          だんな様

          1300Wが目前ですか?
          私は嬉しくなって来ました。
          1300Wは今週中に願いたいものです。

    2. 原住民 より:

      だんな 殿
      KIKOの論考はすでにこのサイトにあります。
      https://shinjukuacc.com/20180403-01/
      韓国で猛威を振るった「KIKOオプション」

    3. イーシャ より:

      KIKO よりも、様々な金融商品を生み出す元になった、ブラックショールズモデルがわからないニダ。
      特に「伊藤の定理」を使った導出はわからないニダ。
      二項モデルは量子力学の概念に近いから、なんとなくわかるけど、未来のボラティリティを過去のボラティリティで代用する根拠が理解できないニダ。

  12. れんげ草 より:

    皆様おはようございます。
    ハピタプルゾーンから軌道離脱してしまいましたね!
    彼の国の願望は、ここから遠心力に逆らい軌道を元に戻すにはかなりの燃料が必要になる!…からでしょうか?
    ところで、日米が彼の国を救済しない…などということが有り得るのでしょうか?
    個人的には彼の国がハピタプルゾーンからの軌道離脱により水が凍結し生命を育むに敵さなくなることに吝かではないのですが米国がむざむざと中国にくれてやるようなことはしないだろうと思えるのです。
    以前に新宿会計士様が唱えられていた(?)ように米国が安全保障条約を北朝鮮と締結し彼の国とのそれは解消するといったウルトラC級の超絶技巧的な外交でも展開されない限りは結局日米が救済に乗り出さざるを得ないのではないでしょうか?
    となれば、日米共に彼の国にキツい付帯条件を課して欲しいところです。
    助けたところで恩義にも感じず恨むような彼の国をやむなく助けなければならないのなら、どうせ恨まれるのであれば、最低限、竹島の無条件返還を付帯条件にして欲しいものです。
    それで彼の国が火病って蹴ってくれれば儲け物です。
    あとは米国がどうするかです。

    1. イーシャ より:

      れんげ草 様

      り地域を見捨てるときは、経済的に焦土化する。
      これが鉄則ですね。
      物理的に焦土化してもいいですけど。

    2. 一国民 より:

      日米で救済することになるのかどうか、とても考えの及ぶところではありません。

      が、その上で、いくら「キツイ付帯条件」を付けたところで、かの国がそれに真摯に応えるとはとても思えません。

      これまで何度もやってきたように、反日・貶日、朝鮮民毒優越主義等々の観点から、嘘やねつ造、言い訳、告げ口、プロパガンダ等々駆使して、また反故にしていくのではないでしょうか。

      あっ、上の文字、民毒ではなくて民族でした。まぁ、どっちでもよいですが。

    3. りょうちん より:

      >ハピタプルゾーン

      原語は、Habitable zoneなのでピでなくてビです。

      天文学的には、Habitable zoneが変化するのは恒星のガンマ線バーストだとか、矮星化などによるものが考えられますが、戦争SFだと恒星ミサイル(主星恒星にブラックホールをぶち込んだり、核融合反応をどうにかする)なんてのがよくありますね。

      1. アメンボー より:

        りょうちん様、横槍ながらおじゃまします。

        「ハビタブルゾーン」は天文学が初出だったのは知りませなんだ。(調べ行ったら、なお納得)

        「特○ジンの我欲はブラックホールさえ引き込もうとするよ」とよく他所さまにて
        書いちゃったりなんかしちゃったりしてるんですが、(←古典的表現)
        ヒトの理が物理を捻じ曲げるというか覆い隠してしまってた事実が、
        COVID-19という物理なモノで明るみになっただけでも、
        地球と云う惑星(物理)の意志めいた何かを感じざるを得ません。

  13. 韓国を助ける⇒韓国が反日、天皇陛下を侮辱
    =韓国を助けることは、天皇陛下を侮辱する行為に等しい

    という理解でOKですか?

  14. 上、水虫専門 より:

    素人なので、ご教示頂ければ幸いです。

    IMF含め、世界各国が助けない場合、
    デフォルトは出来るものなのでしょうか?

    と言いますのが、
    仮にデフォルトを宣言しても、
    助けてくれる所が無ければ、
    デフォルトを宣言しても意味が無いのでは?

    と思いましたので・・

    素人の質問で、すみませんでした。

    1. 成功できなかった新薬開発経験者 より:

      上、水虫専門様

      デフォルトなんて、簡単なものでしょう。

      韓国の企業なり公社などが、
      「お金ない、返せない」

      戦争してでも取り立てるなんて乱暴はそうそうできないので、
      韓国は、借金を踏み倒して、その企業とかは倒産するのかな。

      文さんは、企業は嫌いだから、

      good jobと自画自賛するのではないでしょうか。

  15. 韓国在住日本人 より:

     本日も始まりました。出だしに韓銀の介入と思われる₩売りによって、1251まで下げたのですが、すぐに1255まで戻しました。
     KOSPIはさほど大きな動きは見られません。

     小遣い、小遣い(ルン♬)。

     駄文にて失礼します。

    1. タナカ珈琲 より:

      韓国在住日本人様

      私も立場が違いますが、同じです。
      私はタイバーツ、、、

      小遣い、小遣いルンルンルン、、、

  16. りょうちん より:

    看取るスレの

    「USDKRWとKOSPIが交差する時、物語は始まる」

    という書き込みが個人的に大受けしました。
    今日のKOSPIは開幕から凄いな・・・。

  17. Atsh より:

    ウォンドル、放物線を描き始めました…!自国民も売りにかけてるのか… これは……

    1. アメンボー より:

      >Atsh様:自国民も売りに

      自国”民”なら(自国事業体株は)基本持ち続けていたいモノでしょうねえ。
      そのクニで生活する・生活していく担保に成りうるものでもありますし。
      とはいえ、ブツとしての債券はシャレオツな紙切れたり得ないので、
      民間レベルの金融機関は十分やってるかと思われます。(両班(自称)の特権で)
      個人や中小の投資家が泣き寝入りは、かの国伝統の平壌運転ですね。

      ※:両班(自称)の特権で。……とすると、見せ金&口先介入命の大統領府&韓銀が
      ※:民間には売らせておいて政府系ルートでウォンなり米ドルなりを”密かに”回収はあるかも知れません。
      ※:(金融原理において大アウトなのは、自分でも多分級で解かるのですが、何分彼等だし…)

  18. 愛読者 より:

    本来ならプラハにいるはずの日ですが,コロナで渡航中止になって,在宅で仕事をしています。ただ,市場の動きが激しいので,そちらのほうが気になってしまいます。
    韓国の「ドルの調達コストが上昇している」という発言の分析を書き忘れていました。韓国の外貨準備高は,多少盛っている気もしますが,実際には公表値から遠くない程度の金額はあるものの,大半を債券で持っていて,それがかなり元本割れしているので,それを売ってドルの現金を調達しようとすると,損を表面化させることになって,それはそれで都合が悪い。調達コストというのは,その元本割れ分のことを言っているのかな,と思いました。ウオンは今日も売り込まれそうですね。
    日経平均は昨日までと同様で,ダウが下げたのて上昇もしにくいけど,大きく下げるのも無理,という状況に見えます。仕込める時間が長かったので,将来の戻しの速度もあまり速くないかな?あと,どうしても,まだダウは割高に感じてしまいます。でも,日本株は配当利回り(私の持ってる株で2~5%)でも買える水準なのと,売り手がだんだんいなくなってますから,やっぱり,ここから大きくは下げないかな。

  19. のぶくん より:

    いつも助けてもらう事を言っている韓国ですがインドネシアとかスワップを結んでいる国から求められた場合どうするのでしょうか、断ったりすると助けてもらえなくなるのでウォンを渡して、ドルに安値で交換されてさらに首がしまってしまうのでしょうか?

  20. Atsh より:

    1270突破、コメントが良いですね〜 ナウウォンセール←

  21. 匿名 より:

    韓国は日本とのスワップは現実問題絶望的とわかっていても、それでも所謂ハゲタカに「日本の支援があるかもしれない」と僅かにでも思わせないと、暴落が止まらなくなると考えているのだろうと思います。まぁ日本は知ったことでは無いですが。
    今見たら「1,273.60 +17.14 +1.36%」でした

  22. まだまだ子供の私! より:

    凡人様のコメント!たしかに!私もみました!この期におよんで韓国大法院はなにをやっているんでしょうね!一刻もはやく判決をださないと!時間的余裕がないので!訴訟をまってる場合じゃないでしょう!!!!!でも!日本が韓国に頭を下げて「日韓通貨スワップ」を復活しても、根本的には解決しないんでしょう?アメリカは、韓国にあるだけのドルを全部吸い上げる魂胆でしょう?だから、根本的に解決する為にはドルを諦めて元にすべきなのよ!韓国のドルがゼロになればアメリカも諦めるでしょう!いま、元は誰も欲しがらないから上手くいくよ!大丈夫!中国は完璧にウイルスを消滅させて!病気もなくなっているし!世界は中国に感謝しているところさ!アメリカなんか!もうふるいよ!

    新宿会計士様!「世界は中国に感謝すべき!」のタイトルで私に!論考をかかせてください!

    どうしよう!ほんとうに!会計士様から依頼がきたら!かけないよ!そんなの!だって!中身がカラッポだから!タイトルだけで!カラッポ!なんにもかいてない!会計士様!そんなので!いいですか!

  23. 愛読者 より:

    アメリカの政府関係者が「われわれが離れるとき韓国は焦土化する」と言っていたのが,目の前で現実化しているようで,ウオンもKOSPIも時々刻々崩壊していきますね。正直,恐ろしいものを見てしまった。1300も時間の問題か。

  24. epicurian より:

    国家が破産する日第2弾の仕込み中。
    http://kokka-hasan.com/

  25. 迷王星 より:

    新宿会計士様、
    >北方領土(あるいは千島列島+樺太)を日本に割譲するというのであれば、それと引き換えに日露通貨スワップを検討してやっても良いかもしれませんね(※この点は余裕があれば別稿にて議論したいと思います)。

    「北方領土(…略…)を日本に割譲する」だと現時点ではロシア領としての正統性を日本が認めることになるので、「北方領土(…略…)が日本領であることを認め日本の施政権を認める」ぐらいが必要でしょうね。まあこの辺りの微妙な表現については私のようなド素人が云々しても意味がないので国際法の専門家の御意見を賜れればと思いますが。

    本題に戻すと、エリツィン大統領の時代ならば現実的に経済的な対価を日本が支払うことで少なくとも北方四島は取り返せたでしょうね。日本側がロシア側に対する猜疑心(金をタダ取りされるのではないか?ロシアは約束を守るのか?)から、経済的対価で北方四島を取り返すという案を真剣に検討せず無駄に時間を浪費して千載一遇のチャンスを逃したのは返す返すも残念でした。もっとも流石にエリツィン相手でも日露通貨スワップだけでは無理でシベリアやサハリン(樺太の南半分を返してもらうことはエリツィン大統領の時でもまず不可能だったとは思いますが)の共同開発等に対して日本は相当多額な投資と技術協力とを求められたでしょうが。

    >(※この点は余裕があれば別稿にて議論したいと思います)

    それは是非読ませて頂きたいです。と申しましても新型コロナの流行からの日本経済のみならず世界経済の環境激変によって貴ブログで取り上げたいとお考えであろうテーマが溢れ返っていることと想像致しますので、北方領土返還に向けて我が国がとるべき戦略の論説記事は楽しみにして気長にお待ちおります。

    1. 迷王星 より:

      失礼しました: 「お待ちおります」→「お待ちしております」

  26. haduki より:

    そういえば、これだけ待望論の出ている韓国政府から日本政府にスワップ締結の要請ってあったんでしょうか?

  27. りょうちん より:

    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191008001400882?input=tw
    韓国の大企業 日系金融機関からの信用供与が3兆円超

    これはいつかネタにして欲しい。

  28. 団塊 より:

    ウォンでドルは購入できません。(ウォンはドルに交換不可)

    韓民国国会で国会議員が
    『NYのどこの銀行へ行って来ましたウォンをドルに交換してもら得なかった』

    喚いていた韓民国の記事←記憶です

    市場で紙屑(ウォン)を1億ドルと交換できた朝鮮人種は、1億ドルを手離して紙屑(ウォン)を受け取るなど絶対しませんよ。

    あ、ドルウォン相場は点棒使っているマージャンのようなもの。
    売り買いのたびにドルウォンの交換などせず、一日の終わりに勝ち負けをdollarで清算してるだけ。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。