FRBテーパリングとウォン安・ビットコイン安の関係

本日のFOMCの影響でしょうか、韓国ウォンの動きが非常に不安定になっています。「心理的節目」となる1ドル=1200ウォンの大台を超え、日本時間正午時点で1203ウォン台で取引されているのですが、長い目で見て、FRBテーパリングが韓国の資本フローを脆弱にさせているという可能性は否定できないでしょう。

FOMC声明

米FRBの金融政策に関し、日本時間の今朝、FOMCの結果が公表されています。

Federal Reserve issues FOMC statement

―――2022/01/26 14:00 EST付 FRBウェブサイトより

今回の声明によると、「経済の進路は感染動向に依存し続けている」、「変異株動向がリスクだ」などとしつつも、「経済活動や雇用指標の改善傾向は続き」、「インフレ率が2%を大きく上回っている」として、FF金利の目標範囲を引き上げることが間もなく適切になる、などと指摘。

そのうえで、資産購入については米国債を200億ドル、エージェンシー債を100億ドルのペースにまで減速させたうえで、3月上旬には資産購入自体を終了させる、などと述べています。

これまでFRBの「テーパリング」(金融緩和政策の段階的終了)に関しては、もう少し長期的に行われるのではないか、といった観測も一般的でしたが、3月上旬に終了してしまうというのは、個人的想定と比べて早いな、という気がします。

韓国ウォンが売られている

もっとも、主要通貨(ユーロ、円、ポンドなど)については、一時的に米ドルに対して小幅売られたようですが、日本時間正午前後では前日比ほぼ横ばいであり、主要外為市場に関してみる限りにおいては、ショックはそれほど大きくなかったのかもしれません。

ところが、マイナー通貨の場合、FRBのテーパリング・ショックがとりわけ大きかったらしく、私たちの近隣国の通貨のなかには、売られているケースも見受けられます。

その典型例が、韓国ウォン(USDKRW)でしょう。

日本時間の正午前後で確認したところ、同国の通貨は1ドル=1200ウォンの「心理的節目」を超え、1ドル=1202~1203ウォン程度で取引されているようです。

このあたり、当ウェブサイトでかなり以前から提示してきた、「韓国の資産バブルを発生させてきたのはFRBによる金融緩和だった」という仮説と、ある程度は整合している流れに思えてなりません。これをフローチャートにすると、次のような流れでしょう。

韓国資産バブルFRB主犯説
  • ①FRB等、主要国中央銀行による金融緩和
  • ②為替市場で韓国ウォンを含めたEM(※)通貨高
  • ③韓国の通貨当局が「ウォン高になり過ぎれば輸出業者が困る」と判断
  • ④韓国のウォン売り・ドル買い介入(→外貨準備の増加)
  • ⑤市中のウォン流通量が増大(→マネタリーベースの増加)
  • ⑥金融機関の家計向けローンが増大(→家計債務の増大)
  • ⑦カネを借りた家計がリスク資産(株式、不動産、暗号資産など)に投資
  • ⑧韓国ウォンがビットコイン取引通貨の第3位に浮上

(【出所】著者作成。なお、「EM」とは “Emerging Markets” 、つまり「新興市場諸国」のこと)

このうち、③以外については、いずれも具体的な数値で検証可能な部分ばかりであり、かつ、韓国が為替介入を常態化させているという点については、米財務省も認めています(『米国財務省が「韓国は為替介入を行っている」と認める』等参照)。

もしかすると、本日午後あたり、「謎のウォン高」の動きが見られるかもしれません。

リスク資産の動向、そして為替の動向

そういえば、つい先日はビットコインの価格が急落したという記事もありましたが(下記参照)、これもFRBのテーパリングを受けた韓国でのポジション解消という動きとは無関係ではないのかもしれません。

ビットコイン時価総額が半減、2カ月で6000億ドル消えた

―――2022.01.24 10:48付 中央日報日本語版より

いずれにせよ、現在、韓国にはコロナ禍直後のウォン高を防ぐための為替介入で、外貨準備の「真水」が500~600億ドルは存在していると思われる反面、主要国との米ドル建ての通貨スワップ、為替スワップなどが存在しない状況でもあります。

為替市場の動向には引き続き関心を払う価値があるのかもしれません。

読者コメント一覧

  1. 豆鉄砲 より:

    これで債権の利率が上がれば・・楽心配ですね。

    1. 通りすがりの日本人 より:

      ドル売りで入手したウオンは債券だけでなく、
      株式市場、不動産市場に投入される。
      手元のドルが無くなったらどうなるのだろう。

  2. sqsq より:

    韓国ウォンは当局の介入で、1200近くになると急にドル売ウォン買が入る。あらかじめ動きが予想できるから相場を張る人にはおいしい通貨なのではないか。
    参加したいけど、ウォンを扱うFX業者ってほとんどない。

  3. だんな より:

    昨日(今朝)の1200の抜かれ方は、あまり見たことないパターンに思います(1195以下に戻す長い攻防戦が終わって、薄い所で1200抜けた感じ)。
    戻そうという動きも無いのが、不思議ニダ。
    今コスピは、2625ですので、2600割れるのは明日以降ですな。

    来週になれば貿易収支速報が出るでしょう。
    貿易赤字が、どれくらいか楽しみニダ。

    1. 世相マンボウ_ より:

      たしかにあっけなく抜かれてました。

      あっさり抜かれるよりはいったん迎撃して
      でもそのあと抜けたからと進撃の
      『売り』勢力を 1200から退却した
      『ウリ』 さんたちが一挙に
      殲滅しようとしてるのでしょう。

      なんせ外貨準備高水増しバレて
      アジア通貨危機の引き金引いた
      韓国の発表は貿易収支もなにも
      あてにならない 韓流数字のたぐいなのですが
      そうした報道がたくさんでて
      日本の韓流ゴリ押し提灯メディアにも
      あふれかえることでしょう

  4. しきしま より:

    今日は韓国はトリプル安だったようですね。
    為替は終わっておらず、欧州時間、アメリカ時間が続きますが。
    はたしてどうなることやら。

  5. 愛読者 より:

    先日のカラ売り宣言は冗談ではなくて,実際に目を付けておいた株価が上がりすぎた株に,チャートを見ながら指し値で信用売りを出す日が続いています。売っているのは日本株だけです。言いたいことは,韓国だけでなく日本も道連れですから,上手に立ち回らないとインフレや円安の被害だけを受けてしまいます。じっとしていると,ドルベース・購買力ベースで1~2割の財産を失うことになる気がします。信用取引は現物取引よりハードルが高いですが,この局面ではそれしかないでしょう。

    1. 福岡在住者 より:

      なんか大変そうですね。 ガンバッテ下さい。

      ビクビクのギャンブルは大きな確率で負けですよ(心配)。  株価が、イロイロ言われてる通り動くのなら皆様「大富豪」ですが・・・。 個人は餌場です(笑)

      ここは、遊び「ギャンブル」として遊んでいた方が、自己責任で楽しい。 でも、愛読者様は実際の企業名やら番号が無い。 何故?

      今は3Q発表時期ですよ。 こちらの方がオモシロイ! 

      1. タナカ珈琲 より:

        福岡在住者様。

        お久しぶりです。
        お変わり在りませんか?
        ワタシはオカワリ有ります。

        ギャンブルですもんね。ギャンブルは楽しいです。

        ワタシのココロのキズも4月にナッタラ癒えます。
        4月にナッタラ孫と柳川の本吉屋に行く予定です。
        4月にナッタラ本吉屋でお目にかかって一杯やりましょう。

        1. ちかの より:

          タナカ珈琲様
          こんばんは。
          今さっき見たら、ウォンドル1204~♪
          晩酌のお酒が美味しいでーす♡

        2. 福岡在住者 より:

          タナカ珈琲 様

          わざわの御返信有難うございます。  ダムへの返信には、ホント驚きでした(爆笑)。 あの辺の人々は、西日本ピーポーとは全く違う東日本ピーポーですね、、、。(笑)

          タナカ珈琲様は「タイの楽園」がありますが、私にには今の所「楽園」がありません。  地元(?)は福岡で、好きなのですが、祖母の出身地の金沢が何故か・・・? 気になります。 (企業人として、そこを捨てて福岡に戻ったのですがね)  

          ちとだけ戻る楽園はこの地域では難しい。

  6. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

    日本はしばらくしたら円高になるかもしれないかな

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。