韓国紙「米財務長官訪韓時にスワップ締結もあり得る」

ジャネット・イエレン米財務長官が今月中旬、韓国を訪問するのですが、一部の韓国メディアでは「米韓通貨スワップの締結で合意されるのではないか」、といった観測記事が出始めているようです。やはり1ドル=1300ウォンを挟んだ通貨防衛が続くなか、韓国が外貨不足に直面し始めているという可能性もありそうです。もっとも、正直、米国が韓国と何らかのスワップを締結する可能性は極めて低いと考えられるのですが…。

1ドル=1300ウォン前後

金融市場が混乱するなかで、隣国の通貨・ウォンが1ドル=1300ウォン前後を挟んで激しく動く展開が続いています。この水準は2009年7月以来、およそ13年ぶりに安いものです。

韓国の通貨・ウォンは典型的な「NDF通貨」であり、現物通貨については24時間取引が行われているわけではないのですが、それでも最近では韓国時間終了後にも大きく相場が動くことが増えており、それだけ市場の「ウォン売り圧力」と通貨当局とのせめぎあいが激しい、という意味なのかもしれません。

こうしたなか、『「韓国は外貨準備高を倍増し危機に備えよ」=亜洲経済』などでも取り上げたとおり、最近、韓国メディアでは「通貨スワップ待望論」、とりわけ「米韓通貨スワップ待望論」のたぐいが掲載されることが増えてきたように思えます。

米国が外国とスワップを結ぶケースは限られている

ただ、『完全な勘違いに立脚した米韓通貨スワップ待望論=韓国』などでも指摘しましたが、現在の米国が韓国と通貨スワップ協定を締結する可能性は、ほぼ皆無と考えておいて良いでしょう。

その理由は、そもそも米国が外国と通貨スワップを締結しているという事例がほとんどない、という事実です。唯一の例外が「NAFAスワップ」、つまり「北米枠組協定」に基づくカナダ、メキシコとの3ヵ国の通貨スワップであり、現時点においてそれ以外に通貨スワップの事例は皆無です。

また、米FRBは通貨スワップではなく、「外国為替流動性スワップ」(いわゆる為替スワップ)ならば、日本、英国、カナダ、スイス、欧州の5ヵ国・地域の中央銀行と締結しています(これらは常設型であり、金額も無制限です)。

ただし、米国が締結しているこれらの為替スワップについては、米国内の銀行が外貨不足に陥った際に、円、ポンド、ユーロ、スイスフラン、加ドルの各通貨の流動性供給が受けられるという意味で、互恵的な協定です。その意味では米国にも恩恵がある、というわけです。

現在は完全に失効した時限為替スワップは「金融緩和手段」

もっとも、米国は為替スワップを、日英欧瑞加の5ヵ国・地域以外とも結んだことがあります。

為替スワップの一種である「ドル流動性スワップ」を、韓国を含めた世界9ヵ国の中央銀行・通貨当局と時限措置として提供していたことがありますが(リーマン・ショック後とコロナ禍直後)、どちらのスワップも「常設型」ではなく「時限型」であり、現在は完全に失効しています。

これらの時限的為替スワップは、米FRBから見れば「外国の銀行にドルの短期資金を貸し出す行為」であり、実質的な金融緩和を意味しています。FRBが金融引締局面にある以上、これらのスワップが廃止されるのは当然の話でしょう。

したがって、韓国が望む「米韓通貨スワップ」が締結される可能性はほぼ皆無とみておいて間違いなく、また、コロナ禍直後のような「米韓為替スワップ」が締結されるという可能性についても同様に非常に低いと考えられるのです。

勘違いに立脚した米韓通貨スワップ待望論

ただ、韓国メディアが「米韓通貨スワップの可能性がある」と勘違いしている根拠は、5月にジョー・バイデン米大統領が韓国を訪問した際、尹錫悦(いん・しゃくえつ)韓国大統領との発出した米韓共同声明に含まれていたこんな一文にもあります。

“To promote sustainable growth and financial stability, including orderly and well-functioning foreign exchange markets, the two Presidents recognize the need to consult closely on foreign exchange market developments. The two Presidents share common values and an essential interest in fair, market-based competition and commit to work together to address market distorting practices”.

これに対する著者自身の訳は、次のとおりです。

秩序ある、そして機能的な外国為替市場を含めた持続的な成長と金融の安定を促進するため、両大統領は外為市場の発展について、緊密に協議する必要性を認識した。2人の大統領は、公正な市場原理に基づく競争に共通の価値と本源的利益を共有しており、市場を歪める慣行に対処するため、協力することにコミットする」。

早い話が「韓国は為替操作をするな、マーケットメカニズムを歪めるな」、という米国からの強い牽制ですが、これがなぜか韓国メディアでは「韓米両国が為替相場の安定に向けて協力することで合意した」、という具合に、話がすり替えられてしまっているのです。

たとえば、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に5月23日付で掲載された次の記事などは、その典型例でしょう。

韓米共同宣言文に初めての登場した為替市場協力…「常設通貨スワップ」構築の土台か

―――2022.05.23 15:57付 中央日報日本語版より

「ジャネット・イエレン氏の訪韓で通貨スワップ」?まさか!

当たり前の話ですが、これらの記事自体がたんなる勘違いに立脚するものであるという事情もあってか、現時点において米韓通貨スワップという話題は、すくなくとも米国側からは一切出てきていません。

ただ、ジャネット・イエレン米財務長官が今月、G20財相・中央銀行総裁会合に参加するためにインドネシアを訪問するのですが、その際に日本と韓国に立ち寄ることから、こうした「米韓通貨スワップ構想」が再び、ごく一部のメディアで盛り上がり始めているようです。

同じく中央日報に先月28日付で掲載されたこんな記事が、それです。

U.S. Treasury Secretary Janet Yellen to visit Korea in July

―――2022/06/28付 中央日報英語版より

中央日報の英語版によると、イエレン氏がバリ島でのG20会合を終えたのち、7月15日から16日にかけて韓国を訪れる際、「2021年末で失効した米国との間の通貨スワップ協定について再び締結される可能性がある」、などと述べているのです。該当する記述は次のとおりです。

“A currency swap with the United States has been a possibility since the last swap expired at the end of 2021”.

そもそも米国が締結していたスワップは “bilateral currency swap agreement” (つまり通貨スワップ)ではなく “US dollar liquidity swap line” (つまり為替スワップ)ですが、こうやってナチュラルにウソをつくのは英語版でも日本語版でも変わりません。

この中央日報の記事でもやはり、米韓共同宣言に含まれていた、「韓国は為替介入をやめろ」とする趣旨の記述が引用されているのですが、それを通貨スワップの話題と絡める趣旨がよくわかりません。

いずれにせよ、昨日は夜間セッションで再び1ドル=1300ウォンを超える局面もあったようですが、為替チャート上、ドル円など他の通貨ペアと比べて不自然な動きが多々見られるなど、やはり為替介入が常態化しているのではないかと疑われる状況はあまり変わっていません。

こうしたなか、おそらく月曜日以降のどこかのタイミングで公表されるであろう韓国の6月末の外貨準備高がどうなっているのかについては、興味深く見守る価値がありそうです。個人的には、「現金預金+有価証券」の部分が、やはり数十億ドル程度は減少しているのではないかと予想しているのですが、はて、結論やいかに。

読者コメント一覧

  1. sey g より:

    イエレンさんの今後を想像すると。
    おそらく、韓国に行ったあと言った言わないともめます。
    そして、スワップを約束するまで出国出来ないかも。
    そして、拒否すればリッパードされるかも。
    直前で寄らない可能性も。

    1. よっしー より:

      イエレンさんは女性なのでリッパ―トされたらかわいそうです。
      無事に出国(出獄?)して欲しいです。
      その後にK国は後頭部を殴られたと騒ぎ立てるでしょう。

  2. 裏縦貫線 より:

    えっと、可能性が0%でもあるなら賭けてみる価値がある、ということですかね….

    1. 引きこもり中年 より:

      東スポをみれば、可能性がゼロでない限り、どんな記事でも書ける、ということでしょうか。

      1. 裏縦貫線 より:

        「可能性≧0%」で宜しいようで…

  3. 匿名 より:

    そこまで困ってんのか。。。

    中国とのスワップ協定で満足しとけよ

  4. 伊江太 より:

    なんだか、駄々こねれば、結局言うこと聞いてもらえる、
    そんな風に思い込んでるみたいですね。

    独立以来80年にして、4~5歳児並にまで育ったってことか。
    中二レベルまで行くのに、あと何年かかるんでしょうね(笑)。

    1. クロワッサン より:

      伊江太 さん

      まさに「泣く子は餅をひとつ余計に貰える」って言動ですね。

      自分が欲しい物をエアリプすれば、観た何処かの誰かが其れを買ってくれる、という価値観でもありそう。

      色褪せて魅力の欠片もない老婆が、若かりし頃のチヤホヤよもう一度!と必死で若作りや整形をしてるような感じ?

      周囲からすれば「年齢相応になれよ」「鏡見ろよ」ってところですね。

  5. マイナンバー より:

    世界が羨む最高のK通貨でどうか頑張ってください。

  6. クロワッサン より:

    >早い話が「韓国は為替操作をするな、マーケットメカニズムを歪めるな」、という米国からの強い牽制ですが、これがなぜか韓国メディアでは「韓米両国が為替相場の安定に向けて協力することで合意した」、という具合に、話がすり替えられてしまっているのです。

    何故かもなにも、韓国が相手ならはっきり言わないと脳内の希望的観測回路をフル回転させて「韓国の為替介入は正しい介入であり、マーケットメカニズムを歪めない介入だと認めた」と受け止めるのが当然なんじゃないですかね?

    「韓国がいついつを過ぎても為替介入を続けるならば経済制裁を課す」とか言わないと駄目なレベルだと米国が理解していないのか、理解しているけど外交の場で其れを言わない自制心を働かせているのか分かりませんけど、自制心を働かせてるなら悪手だと考えます。

  7. ムッシュ林 より:

    相手の話を勝手に勘違いして国内に説明するのは自由だが、それによって結果や現実は何も変わらないのに、なぜ嘘の説明するのでしょうね。ほんのひととき夢が見れればいいのでしょうか。

    1. カオナシ より:

      いつもの韓国しぐさですね。
      韓国の相手国は、常に「そんなことは言っていない」を
      準備して会談すべき。

  8. 通りすがり より:

    同盟国を小馬鹿にしているクセに自分が困った時は超他力本願…。
    国が丸ごと頭がおかしいとしか思えない非常識な国家。
    デフォルトにでも何でもなればいい。

    1. 匿名 より:

      「自己愛性人格障害」でネット検索すると、韓国の行動の一覧表が出てきます。

      1. sqsq より:

        検索しました。
        自己愛性パーソナリティ障害の方との付き合い方の一番に

        「距離を保つ」

        日本政府はこれを読んだのかも。

      2. 赤ずきん より:

        ウィキペディアで調べました。障害者の症例を述べたのではなく 韓国の振る舞いを分析した結果 これらを「自己愛性人格障害」と名付けたに違いないと確信しました。ww

  9. 世相マンボウ_ より:

    それにしても半島メディアさんは
    寝ても醒めても明けても暮れても
    スワップクレクレニダ だとか、
    捏造ロンダリングテンコ盛りでの
    謝罪と賠償要求するニダ だとか、
    世界が称賛する韓国ニダ だとか
    そんな記事ばっかりですなあ~(笑)

    およそモロモロ韓流というものの
    ありようと息遣いが伝わってくるようで
    思わず鼻を摘んでしまいます。

  10. マスオ より:

    よくわからんが、スワップってFRBと交渉するんじゃないの??
    米財務長官と交渉するんだっけ??

    前者の場合は、
    「通貨スワップの件ですが・・・」
    「その話はパウエルさんに言ってください」
    で終わりじゃないかな。

    間違えてたらゴメンナサイ。

    1. 匿名 より:

      為替スワップはFRB、通貨スワップは財務省だったと記憶。

  11. M1A2 より:

     絶対ないわ、100%有り得ない。
    アメリカが常態的に為替介入してる韓国と通貨スワップなんて締結するわけないじゃん。
    飛ばし記事にしても酷い。
    どうして韓国メディアは願望優先で記事を書いちゃうんだろう?

    1. 匿名 より:

      あの国特有の易地思之(ヨクチサジ)の考え方でも作用しているのでは?

      一応、ご存じない方のためにも書きますが、易地思之とは韓国では相手のことを思い相手が望むことをしてあげるという意味です。
      ただし、日本人の考える思いやりとは真逆です。
      韓国人にとっては、これは他人は自分のことを何も言わずとも配慮すべきという意味になります。
      あるいは、序列の上位者に対しては先んじて媚びを売るという真似となります。

      韓国にとって、アメリカもまた日本と同様のたかり相手なんですよ。
      何故なら、韓国は共産党陣営に対する防波堤であり、それ故に朝鮮戦争で助けた血盟同盟である。そんな認識が今もあの国にはあるみたいですから。

      そんな血盟同盟のアメリカが、重要な韓国を助けないはずがない。故にたかり続けるし、何も言わずとも無償で助けてくれる、メンツを立ててくれるのが当たり前だと。
      なので、こういう記事を出して、自分からは言い出しにくい希望を催促しているのだと思われます。

      1. はるちゃん より:

        仰る通り、韓国は韓米同盟で、対中国でアメリカに恩恵を与えている。
        因って、アメリカは韓国に相当の見返りを与えるのは当然である、と思っているでしょう。
        属国になったやっているのだから、当然見返りがあって然るべきだと考えています。
        なので、見返りが無いと、米中綱引きの結末が見通せるまで面従腹背を続けると思います。
        中国優位となれば、間違いなく後ろ足でアメリカに砂をかけるでしょう。
        元々中国の属国である事に居心地の良さを感じていますので、中国が対米政策で持ち堪える事が出来れば離米従中は避けられないと思います。
        特に、ウクライナでアメリカがベトナム、イラン、イラク、シリア、アフガニスタンやその他諸々の轍を踏むのでは無いかと危惧していますので、東アジアの情勢も混沌としていると感じています。

        対米追従思考停止路線が伝統の宏池会岸田首相で大丈夫なのか大きな不安があります。
        憲法改正、核による抑止、原発再稼働、長期的な国力向上対策など、腹の据わった政策を期待するには甚だ心許ないと言わぜるを得ません。
        マスコミからの批判を避けるため勇ましいことは言わずに無言でどんどん政策を進めて頂けるなら有難いのですが・・・。

  12. G より:

    そもそもアメリカは「FRBに直接言え」と言って終わりでしょう。さらに付け加えて「為替介入を前提にした動きには断固反対する」でしょうね。
    韓国は介入の足しに、かその見せ金にスワップを欲しているわけで、介入を容認しないアメリカが導入を言い出すわけがない。

    まあ、実際は何事もなく、スワップのすの字もなく韓国訪問は終わるでしょう。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。