USDKRWが13年ぶり安値水準、日本は「静観」を

ちょうど13年前の7月13日、韓国ウォンは日中最安値で1ドル=1315.00ウォンを記録しました。この記録はちょうど13年目に破られることになるのでしょうか。そして、韓国はなぜウォン安・ウォン高を嫌うのか、ウォン安を防ぐための利上げがし辛い理由がどこにあるのかについて、簡単に振り返っておきましょう。

「13年ぶりの安値水準」の記録更新なるか?

気付いたら、隣国の通貨が再び1ドル=1310ウォン台に乗っていたようです。

ウォン・ドル相場 7.1ウォン安 1311.0(寄り付き)

―――2022.07.12 09:01付 聯合ニュース日本語版より

韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)によると、韓国ウォンの対米ドル相場(USDKRW)は本日、寄り付きとしては1ドル=1311.0ウォンで取引を開始したのですが、これは先週水曜日に記録した1ドル=1311.00ウォンの最安値水準と同じです。

また、WSJのマーケット欄で確認すると、12日の午前中には一時、1ドル=1313.45ウォンを記録していたようです。

直近のUSDKRWの日中最安値は、今からちょうど13年前の2009年7月13日に記録した1ドル=1,315.00ウォンですが、はたしてこの水準は本日中に破られるのでしょうか?

通貨変動に極端に弱い韓国経済

さて、一般論として申し上げるなら、自国通貨の価値が下がれば輸出競争力が増えるため、日本のように外国から比較的安価な材料を仕入れてきて、それを国内で加工して高付加価値品にし、海外に輸出しているというケースだと、自国通貨安(=円安)は非常に歓迎すべき現象です。

ただ、韓国の場合だと、状況はそこまで単純ではありません。

なぜなら、韓国はサウジ・UAEといった産油国や豪州などの資源国から巨額の資源を輸入しているだけでなく、日本、ドイツから高付加価値の素材・部品・装備(韓国語でいう「素部装」)を仕入れているからです。

また、これに加えて韓国の通貨・ウォンは国際的な金融市場でほとんど取引がなされておらず、通用力が非常に弱いため、韓国企業としては外貨(多くの場合は米ドル)で資金調達をしなければなりません。このため、ウォン安が進めば、ウォン建てで見た自己資本比率が低下し、債務弁済負担が増えてしまうのです。

その一方で、ウォン高になれば解決する、というものでもありません。

韓国の場合、経済に対する輸出依存度が日本などと比べて非常に高いため、極端なウォン高になれば、輸出競争力が削がれてしまいます。また、円に対するウォン高が進めば、海外で日本製品と競合するうえでの競争力が不利になりかねません。

こうした観点からは、韓国ウォンという通貨は為替変動に極端に弱く、とりわけウォン安は韓国からの資金流出を伴うことも多いため、当局としてはかなりの警戒をしているフシがあるのです。

中央日報「1ドル=1370ウォン台も」

こうしたなか、このウォン安局面については、韓国メディア『中央日報』(日本語版)でも取り上げられています。

ドル高持続に貿易赤字まで…「ウォン相場は当分1ドル=1300ウォン台の予想」

―――2022.07.12 10:26付 中央日報日本語版より

USDKRWが2日連続で1ドル=1300ウォン台に乗っていることをめぐり、中央日報は「市場の不安が大きくなっている」、「専門家らはウォン相場が当分は1ドル=1300ウォン台を継続し、7-9月期まで下落が続くと予想している」と指摘。

「一部では下半期中に1370ウォン台まで下がるとの見通しまで出ている」、などと述べます。

これに加えてこんな記述もあります。

韓国が貿易収支赤字を継続するのもウォン相場に否定的な影響を及ぼす要素だ」。

この点、昨今の韓国の貿易赤字(たとえば上半期で103億ドルの赤字)は石油価格などの高騰にに起因するものですが、それと同時に外国人投資家の資金流出(株式市場では先月3.9兆ウォンの売り越し、半年で19.9兆ウォンの売り越し)も懸念材料でしょう。

「利上げすれば良いじゃない」→無理でした

ただ、通常の金融・経済の専門家であれば、「そんなにウォン安が気になるのであれば、利上げすればよいではないか」、などと言いたくもなりますが、そうは問屋が卸しません。

じつは、韓国は家計債務(家計信用)が過去最大規模にまで膨張しており(図表)、この状況で韓国銀行が利上げに踏み切れば、韓国全体で貸し剝がしなどが発生するなど、大きな混乱が生じかねません。

図表 韓国家計債務の推移

(【出所】韓国銀行資金循環統計)

だからこそ、現在の韓国では、国際投機筋に対する一種の「見せ金」としての通貨スワップを必要としているのでしょう。また、日本に対しても「韓日関係『改善』」を積極的に演じることで、あわよくば500~1000億ドル規模の日韓通貨スワップの締結を狙っているフシもあります。

💰 💰 💰 💰 💰 💰 💰 💰

もっとも、正直に述べるならば、韓国の通貨危機で日本が困る、ということはあまり考えられません。

身もふたもない言い方ですが、通貨制度運営はその国の責任においてなされるべきものであり、韓国が自国の通貨政策の運営に失敗したとしても、それはある意味では自己責任です。

むしろ、私たちの国・日本が「助けてあげる」というのはおこがましい話ですし、なにより日韓両国は自立した国家同士であり、しかも基本的価値すら共有しない、あくまでも「他人」でもあります。

したがって、本件を含め、基本的には自国で何とか対処していただくというのが基本形であり、私たちの国・日本としても、万が一、韓国で金融混乱が生じたとしても、その混乱の影響が日本に及ばない限りは静観せざるを得ないと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. sqsq より:

    昔、社会科で「日本は加工貿易」と習った。資源を輸入して製品まで加工して付加価値をたっぷりつけて輸出する。韓国は日本をまねたのだろうが加工貿易というより「組立貿易」になってしまった。日本から部品、半製品、さらには機械を輸入して製品に組み立てて輸出する。
    今般のように原油その他の資源価格が急騰するとすぐに外貨繰りが悪くなる。
    悪いことは重なるものでアメリカが利上げを始めた。アメリカに資金を戻せば国債で運用しても2%以上の金利が取れるのに韓国に金を置いておく理由はない。これもウォンが安くなる理由だ。アメリカには新興国株で運用する投信があるはずだ。KOSPIのパフォーマンスの悪さにウォン安が重なり、ファンドマネージャーは韓国から資金を引き揚げ始めているだろう。
    さらに、格付機関が韓国の格付を下げたら大きな資金流出があるはずだ。

  2. 匿名 より:

    2009年3月6日 1ドル= 1,597ウォン

    1. aazeus より:

      ブルームバーグの2009年3月2日 日本時間19:50 付けのネット記事には
      1ドル = 1,597ウォンまで下落したと書かれています。ご参考までにどうぞ。

      https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2009-03-02/KFVIRV07SXKX01

  3. より:

    USDKRWの為替レートが面白い展開を見せ、エンタメ通貨の本領を発揮してますが、何と言っても、所詮KRWはローカル通貨なので、為替レートがどう変動しようが、世界経済への影響はあまり考えなくてもいいでしょう。
    しかし、こちらはちょっと大事になるかもしれません。EURUSDの為替レートが20年ぶりにパリティを割り込みそうです。12:55現在でのレートは、1EUR = 1.0026USDで、ほぼパリティになってます。現在のドルインデックスが108.305と、これまた20年ぶりの値になっていることを反映していると思われますが、他の主要通貨もUSDに対してダダ下がりになってます。
    そんな中、円も137円台前半と円安には振れているのですが、他通貨に較べると下落幅は大きくありません。ゆえに、USD以外の多くの通貨に対しては、むしろ円高の方向に動いています。

    要するに、USDの独歩高と言えるような状況であり、KRWの対USDレートも下がるのはむしろ当然なのですが、韓国としては平然とそれを見送るような余裕は多分ないでしょうね。よって、韓銀は断続的に市場介入しているだろうと想像されますが、これほどUSDが強くなってしまっているので、介入の効果もあまり期待できないかもしれません。KRWだけが下がっているというわけではないので、たとえ米韓為替スワップがあったとしても、あまり効かないような気がします(元来、為替スワップは通貨防衛には使えませんけれども)。
    イェレン財務長官が来日し、その後韓国も訪問するようですが、さて、何か市場にインパクトを与えるような発表があるでしょうかね。

  4. JJ朝日 より:

    日中、1315.09KWR/USDを記録。
    これは1350が見えましたね・・。

  5. 迷王星 より:

    日本円と韓国ウォンとのレートを「JPYKRW」をキーワードとして検索すれば分かりますが,韓国ウォンは日本円に対しては寧ろ強くなってますね.

    現在は1円≒9.55ウォンですが,日本円が韓国ウォンに対してこれほど安くなったのは約4年半ぶり(前2017年末~2018年初頭の時期以来)です.今年の3月上旬あたりまでは10.14ウォン以上(しかも殆どの期間で10.3ウォン以上)でした.

    無論,日本と韓国とでは経済的な体力が大幅に異なるので通貨安に対する耐性も大きく違いますが,日本もエネルギーや食糧の殆どを海外からの輸入に頼っており自分達の円が韓国ウォン以上に安くなっている現実がある以上,韓国ウォン安を「ざまあ見ろ」とばかりに嘲笑するのは日本国民として少し呑気過ぎるというか現在の外為市場での日本円の低評価に対する危機感が欠如しているのではありませんか.

    1. sqsq より:

      JPY/KRWは直接決まるわけではなく、USD/KRWとUSD/JPYの割り算で決まります。
      韓国ウォンが日本円に対しては寧ろ強くなっているのは、ドルに対して日本円の方が韓国ウォンよりも下落が急激だったということです。その理由は、韓国の金融当局は米国の利上げに対して追随利上げしていますが、日銀は今のところ追随していません。為替レートを決める最大の要因は米国との金利差という事です。
      >韓国ウォン安を「ざまあ見ろ」とばかりに嘲笑 しているのではなく、ウォン安の背後で何が起きているかを想像するのが知的好奇心を刺激するのです。例えば;
      ドルがなければ困るはずなのにドル売り介入でドル資金を溶かす。アジア通貨危機でIMFの管理下に入ったことは韓国にとって「国恥」と言われています。それを2度と起こしたくないはずなのになぜ為替介入でドルを溶かすのか。
      経済規模比で日本と比べて十分な外貨準備があると主張しているのに他国に対してしきりとスワップを持ちかける。過去に、胸を張っていた外貨準備が実はなかったという失態を起こしている。
      しばらくはウォン安のショーが続きます。Enjoy!

      1. 迷王星 より:

        >日銀は今のところ追随していません。為替レートを決める最大の要因は米国との金利差という事です。

        追随できないのは日本にとって追随するのは望ましくない(国内経済にとって利上げは円安の進行によるコストプッシュ型インフレのインフレ率アップより大きなマイナスになると日銀の黒田総裁らは考えている)からですよ.

        追随もやればできるけれども日銀の黒田さんの単なる趣味で追随しないというのではない,つまり日銀が追随しないのには日本国内の経済に基づく理由があるという点をお忘れなく.

        >しばらくはウォン安のショーが続きます。Enjoy!

        老婆心ながら御忠告申し上げると,そういうのは止めた方が良いと思います.
        日本の不幸(東日本大震災や今回の安倍総理暗殺)に喜びの声を上げる韓国の大衆と同レベルになってしまいますよ.

        私は韓国という国が大嫌いだし韓国民が集団として示す行動にも嫌悪感を覚えることが多いし,また韓国という国家を日本としてどういう手順で潰せば(つまり日米など西側の一員から日本自身の大失策である愚かしい朝鮮併合を行う以前の状態である中華の属国へと戻せば)良いのか思考実験としてしばしば考えたりしますが,韓国の不幸を楽しもうとは思わない.

  6. 西門の鬼 より:

    韓国人の優秀な頭でこの厳しい時代のかじ取りを参考にさせていただきます。思えばその優秀な
    民族としてのアピールはしばしば聞きますが、実際には日本の後追いに終始していると思われ、
    優秀さが発揮されていません。指摘すればオーム返しで返すだけなので、やっと本領を発揮する
    時が来たのです。お手並み拝見しましょう。海の向こうから生温かな視線で見つめることになりそうです。みんな期待してますよ。?

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。