【インチキ論説】日韓スワップ復活で相互信頼醸成図れ

読み手のリテラシーを試す記事

久しぶりに、頭をまったく使わないで文章を執筆してみたくなりました。正直、この手の文章を書くのは本当に楽です。ただし、読み手の皆さまにはそれなりの負担が生じますので、本稿を閲覧なさる場合には十分にご注意ください。

生活にちょっとした刺激を

最近、生活にハリがない。潤いがない。笑いがない――。

そんなあなたにおススメなのが、少し変わった視点から世相を斬るという論考かもしれません。本稿では久しぶりの「インチキ論説」です、頭をまったく使わないで文章を執筆してみたくなったからです。

なお、本当は「問題文」も設けようとしたのですが(たとえば「著者の意図として正しいものはどれか」、など)、自分でいうのも変ですが、本文を読んであまりにも脱力してしまったため、問題文自体も設けていません。

どこかの新聞社様、そのまま論説に採用していただいて構いません(※その場合は必ず『新宿会計士の政治経済評論』から転載、などと明示していただくことが必要です)。

※なお、「インチキ論説」シリーズは当ウェブサイトの編集方針と異なる可能性がありますので、ご注意ください。

関係改善には、まずアプローチの変化から

韓国の世論は性急な日韓関係改善に否定的

韓国の世論調査機関「韓国ギャラップ」が30日、とある調査を公表した。

「日本の変化優先」が6割 関係改善めぐる世論調査―韓国

―――2022年09月30日15時49分付 時事通信より

これは、日韓関係に関し、韓国側では「一部譲歩してでもできるだけ早く改善すべき」とする回答が26%にとどまる一方、「日本の態度変化がなければ急いで改善する必要はない」とする回答が64%にも達した、とするものだ。

いわゆる元徴用工問題で、日本政府は「韓国側が解決策を示すまでは正式な首脳会談にすら応じない」とする頑なな態度を取り続けているが、こうした姿勢が韓国国民から拒否感をもって受け止められている格好だともいえるだろう。

その一方で、韓国政府側は元徴用工問題で、資産現金化を巡って最高裁に意見書を提出したり、官民協議会を実施したりするなど、問題解決に向けて努力をしている。こうしたなか、韓国としては日本側が被告企業の賠償参加や謝罪表明などの前向きな対応がなければ動きようがない。

実際、時事通信の記事でも、今回の世論調査を巡っては、「日本の態度変化がなければ世論の支持を得られない」とする韓国政府の立場が、世論動向からも裏付が取れた格好となっている。

ただし、膠着した日韓関係を巡って、これを解きほぐすのは簡単ではないのもまた事実だ。

徴用工問題を巡っては、日本政府は判決やその後の現金化に向けた行動が「国際法違反だ」と主張しており、2019年7月には韓国に対する輸出規制措置にまで踏み込み、貿易戦争一歩手前の状況に陥ったこともあることからもわかるとおり、日本としては振り上げた拳の落としどころに窮しているのが実情だろう。

アプローチを変え、スワップで関係打開を!

こうした状況を打破するには、アプローチを変えることから始めればよいのではないか。

これにはちょうど良い「名分」もある。

日韓金融協力の復活、とりわけ「日韓通貨スワップ」の締結だ。

この通貨スワップとは、緊急時に通貨当局間がお互いに通貨を交換することなどを柱とした国際協定を言う。国により条件はまちまちだが、多くの場合、たとえば韓国が日本に対して通貨スワップの発動を要請すれば、韓国が日本に韓国ウォンを預け、それと引き換えに日本が韓国に通貨を提供する。

このように書いてしまうと、一部の「ネトウヨ」と呼ばれる人たちを中心に、「日韓通貨スワップは日本が一方的に韓国を助けるための協定であり、日本にはメリットが何もない」、などとする主張が提起されることがあるが、これは大きな間違いだ。

低レベルな「ネトウヨサイト」として知られる『新宿会計士の政治経済評論』なるサイトの『【資料】2014年4月16日の日韓スワップの議事録』という記事によれば、衆院予算委員会で山崎達雄・財務省国際局長(※当時)は、こんな趣旨の内容を発言した。

日韓通貨スワップを初めとする地域の金融協力は、為替市場を含む金融市場の安定を通じまして、相手国、日韓の場合は韓国だけじゃなくて、日本にとってもメリットはあります。というのも、日本と韓国との間の貿易・投資、あるいは日本企業も多数韓国に進出して活動しているわけでありまして、その国の経済の安定というのは双方にメリットがある面、それからまた通貨という面でいうと、むしろ通貨を安定させるという面、ウォンを安定させるという面もあるわけであります。そういうことで、私どもとしては、当時、日韓通貨スワップを拡大したのは、むしろ、韓国のためだけというよりも、日本のため、地域の経済の安定のためということがあったということだけ申し上げたいと思います」。

この山崎氏の発言、適切であると言わざるを得ない。日韓通貨スワップを締結すれば、韓国が通貨安を防ぐだけでなく、韓国銀行が金融政策の自由度を高め、もって韓国経済全体の安定に資するうえ、韓国が安定すれば、韓国経済と深く結びついている日本企業にも多大な恩恵があるのである。

なお、「日韓通貨スワップ」の定義にいう、「日本が韓国に提供する通貨」は、日本円の場合と、米ドルの場合があり、過去には両方の事例がある。このうち米ドルのスワップの場合は、日本が保有する外貨準備の有効活用という意味を持つし、日本円のスワップの場合、日本円の国際的地位の上昇にも資する。

すなわち、韓国にとっても支援になるうえ、日本にとってもメリットが計り知れない通貨スワップを持ち出すことで、日韓関係に異なる機運をもたらそう、というのが、本稿の提案の主眼である。

CMIスワップと円建スワップは終わってしまった

さて、日本はもともとは韓国との間で、通貨スワップを通じた金融協力を行っていた。これには「チェンマイ・イニシアティブ」(CMI)と呼ばれる国際的な金融協力の枠組みに従った米ドル建ての通貨スワップ取極と、日銀が締結する円建ての通貨スワップが存在していた。

便宜上、前者を「CMIスワップ」、後者を「円建スワップ」とでも呼ぼう。

このうちCMIスワップについては2001年7月4日、当初20億ドルを上限としてスタートしたが、2006年2月24日にはこれが100億ドルに拡充され、さらには2011年10月19日、ときの野田佳彦政権下で、李明博(リー・ミンボー)大統領(当時)との間で400億ドルにまで増額された(いわゆる野田スワップ)。

また、円建てスワップについても2005年5月27日に開始されたときは30億ドルだったが、2008年12月12日には一時的に200億ドルに増額され、この増額措置自体は2010年4月30日に終了したものの、上述の「野田スワップ」では、円建てのスワップの規模も300億ドルにまで増額された。

つまり、日韓関係が最も良好だったこの時代に、日韓通貨スワップの規模は700億ドルにまで増やされ、これによって韓国は欧州債務危機の余波を受けることを免れ、アジア金融市場の安定に寄与した。このことは、間接的に日本にも恩恵をもたらしていたことは言うまでもない。

しかし、その後の日韓関係の急速な悪化に伴い、せっかく700億ドルにまで増えた「野田スワップ」は、翌・2012年10月にはもとの130億ドル(円建て30億ドル、ドル建て100億ドル)にまで縮小。

2013年7月3日には日銀の円建てスワップ30億ドルが、2015年2月16日にはCMIのドル建てスワップ100億ドルが、それぞれ失効。以来、現在に至るまで、日韓通貨スワップ協定は再開されていない。

せっかく復活する兆しがあったのに…日本政府の子供じみた対応

もっとも、このスワップについても、一時、復活する兆しはあった。2016年8月27日にソウルで開かれた『日韓財相対話』で、韓国の当時の柳一鎬(リウ・イーガオ)副首相兼企画財政部長官が、麻生太郎副首相兼財相日韓通貨スワップの再開を申し入れたからだ。

当時の報道発表は次の通りだ(※ただし、財務省ウェブサイトからリンクはすでに削除されている)。

韓国政府は、二国間の経済協力を強化すること、及び、その証として双方同額の新しい通貨スワップ取極を締結することを提案した。本通貨スワップ取極は、地域金融市場の安定を高めるものである。両国政府は、本通貨スワップ取極の詳細について議論を開始することに合意した」。

先ほども指摘したとおり、この日韓通貨スワップは、地域金融市場の安定を高めるなど、日韓双方に恩恵をもたらすものだ。

ところが、驚くことに当時の安倍晋三政権はこの合意からたった4ヵ月少々しか経過していない2017年1月6日に、この日韓通貨スワップの再開に向けた協議を一方的に中断する措置を講じた。

その理由は、韓国南方の都市・釜山(フーシャン)に設置された日本総領事館前の公道上に、2016年12月30日、慰安婦を象徴する少女像が設置されたことにある。

この少女像は、韓国の首都・漢城(ハンチェン)の日本大使館前の公道上に設置されているものと同類のものだが、たかが銅像ごときで激怒してスワップ協議を打ち切るという日本政府の子供じみた対応のためだろうか、その後、この日韓通貨スワップについては、少なくとも日本政府の側から協議再開の声は聞こえてこない。

野田スワップの知見に学べ!

さて、先ほども触れた「野田スワップ」についても、少し補足しておこう。

当時の野田首相が通貨スワップの規模を一挙に700億ドルにまで増額した理由はさだかではないが、著者自身、この野田首相の行動は、2008年のいわゆる「リーマン・ショック」時の苦い記憶を踏まえ、危機に対しては予防的かつ迅速に動いたものと評価することもできると考えている。

じつは、上記のスワップのうち、麻生太郎政権下で行われた2008年12月の300億ドル(円建て200億ドル+ドル建て100億ドル)への時限的増額措置については、当時の尹増鉉(イン・ツェンシュアン)韓国企画財政部長官が2009年7月6日、日経新聞のインタビューで日本を厳しく批判している。

「韓国が厳しい時、日本が最も遅く外貨融通」

―――2009.07.07 08:07付 中央日報日本語版より

尹増鉉氏は自身の体験などをもとに、「韓国が最も厳しい時に外貨を融通してくれたのは、米中日の中で日本が最後だった」、「世界第2位の経済大国なのに、日本は出し惜しみをしている気がする」などと舌鋒鋭く日本を批判。

「日本は周辺国が大変な時は率先し、積極的に支援の手をさしのべてほしい」、「アジア諸国が日本にふがいなさを感じるゆえんだ」と注文を付けた。我々は良かれと思ってスワップを締結したのだが、韓国にを含めたアジア諸国にとっては、こうした日本の想いが独り善がりにすぎなかったという現実を、我々に突き付けている。

野田首相がこの尹増鉉氏の発言を覚えていたのかどうかはわからないが、少なくとも2011年10月の野田首相の行動は、韓国が危機に陥る前に、積極的に支援の手を差し伸べ、出し惜しみすることなく通貨を融通する行動だったと評価することができる。

どうして岸田文雄・現首相は、これを真似ることができないというのだろうか。

現在の韓国がいかにスワップを必要としているか

こうした野田首相の行動に学ぶべき理由は、ほかにもある。現在の韓国が、まさに危機の前夜という状況にあるからだ。

現在の韓国は、国内経済としては家計や企業の過剰債務体質に苦しむとともに、不動産バブル退治などの大きな政策課題を抱えている。こうした状況では、可能な限り金融緩和政策を行い、社会的な影響が最低になるように痛みを緩和しつつ、少しずつバブル処理をすることが望ましい。

しかし、もうひとつの困った状況があるとしたら、ポストコロナ時代における世界的な資源高・物価高だ。

この資源高・物価高は、たとえばロシアのウクライナ侵攻に加えて、米国におけるコロナ明けの空前の消費ブーム、さらには中国発のコロナ都市封鎖などによるサプライチェーンの混乱などによりもたらされている、非常に複雑な現象でもある。韓国や日本がコントロールできる話ではない。

そして、米国が物価上昇を抑え込むために、FOMCではこのところ毎回のように、0.75%ポイントという「ジャイアント・ステップ」による利上げが決断され続けており、こうした状況で、日本や韓国の通貨は連日のように、年初来最安値を更新し続けている。

当然、こんな状況下で、韓国が何らバックストップなしに金融緩和を行ってしまえば、韓国の通貨・ウォンが暴落し、韓国の企業や銀行がドル資金を借りることすらままならなくなってしまうおそれもある。韓国銀行がおいそれと緩和政策を講じることができないゆえんだ。

だからこそ、岸田首相は尹増鉉氏の金言を思い出してほしいのだ。

今はまだ、韓国からの目立った資本流出は発生していないし、家計・企業債務も何とか持ちこたえている状況だ。しかし、年末にかけてFOMCが再びジャイアント・ステップを踏むようであれば、韓国ウォンはリーマン時以来の水準である1ドル=1500ウォンの心理的節目を踏み抜く恐れもある。

いや、場合によってはFOMCを待たずに、この1500ウォンの大台に到達するかもしれない。

実際、米メディアWSJのマーケット欄などを眺めていると、先週の為替市場では、1ドル=1445ウォンを一時的に突破する局面もあったようだし、その後は韓国の通貨当局による為替介入と見られる動きも入ったにせよ、米国時間の終値は1ドル=1440ウォン少々という危うい状況のである。

日韓通貨スワップの大きな意味

以上でわかるとおり、もはや一刻の猶予もない。日本は韓国に対し、予防的に日韓通貨スワップの締結を呼びかけるべきであり、また、前回のリーマン時の「韓国が危機のときに日本が最も遅く外貨を融通した」という汚名を挽回する絶好のチャンスでもある。

しかも、韓国経済の規模は以前よりも大きくなり、いまやGDPで世界10位圏をうかがう規模の大国だ。万が一、金融危機ないし通貨危機により同国経済が混乱に陥った場合、金融、産業面を含め、世界中に非常に大きな影響をもたらすリスクは格段に大きい。

その意味では、過去の100億、200億ドルという規模では足りないことは当然のことである。

この点、韓国が外国と締結する通貨スワップ協定のうち、チェンマイ・イニシアティブ・マルチ化協定(CMIM)とカナダとの無制限スワップ協定を除いた二国間のスワップは、ドル換算ですでに1000億ドルを割り込んでしまっている(図表1)。

図表1 韓国が外国と締結している通貨スワップ
相手国と失効日相手通貨とドル換算額韓国ウォンとドル換算額
マレーシア(2023/2/2)150億リンギット ≒ 32.5億ドル5兆ウォン≒35.2億ドル
オーストラリア(2023/2/22)120億豪ドル ≒ 77.9億ドル9.6兆ウォン≒67.6億ドル
インドネシア(2023/3/5)115兆ルピア ≒ 75.9億ドル10.7兆ウォン≒75.3億ドル
中国(2025/10/10)4000億元 ≒ 557.8億ドル70兆ウォン≒492.7億ドル
スイス(2026/3/31)100億フラン ≒ 101.5億ドル11.2兆ウォン≒78.8億ドル
トルコ(2024/8/11)175億リラ ≒ 9.5億ドル2.3兆ウォン≒16.2億ドル
UAE(2027/4/12)200億ディルハム ≒ 54.5億ドル6.1兆ウォン≒42.9億ドル
二国間通貨スワップ  小計…①909.6億ドル114.9兆ウォン≒808.8億ドル
多国間通貨スワップ(CMIM)…②384.0億ドル
通貨スワップ合計(①+②)1,293.6億ドル

(【出所】各国中央銀行ウェブサイト等を参考に作成。なお、為替相場は国際決済銀行(BIS)が示す9月27日時点のものを使用。また、カナダとの常設の金額無制限のスワップは図表に入れていない)

日韓通貨スワップは天秤を「中国」から「日本」に傾ける

しかも、この「二国間通貨スワップ」の金額は900億ドル少々だが、このうち中国とのスワップがドル換算で約560億ドルと、全体の約61%を占めているのである(図表2)。

図表2 二国間通貨スワップの国別割合

(【出所】各国中央銀行ウェブサイト等を参考に作成。なお、為替相場は国際決済銀行(BIS)が示す9月27日時点のものを使用。また、カナダとの常設の金額無制限のスワップは図表に入れていない)

これは、考え様によっては日本にとっても大きなチャンスである。

ここで中韓通貨スワップを超える規模のスワップを日本が韓国と締結すれば、韓国の外交バランスが一気に日米の側に傾く。悪化していた日韓関係をも一気に好転させるきっかけともなるかもしれない。

なにより、相互協力の実績を積み上げ、お互いに信頼を醸成していくというのは、悪化した日韓関係を改善していくうえでも非常に良いアプローチである。

こうした点を踏まえ、著者としては、日本が韓国に対し、一気に1000~2000億ドル規模のメガスワップを締結することを提案したい。

日本政府の善処を期待する。

読後感

本稿の狙いは、「いちおうはそれっぽい(けれども冷静に考えたらやっぱり何か違う)理屈付けを散りばめて、どこまで説得力を持たせるかどうか」にあります。「いままでに信頼を壊してきた相手と相互信頼醸成など図れるはずがない」、といった「正論」についてはとりあえず脇において、純粋にエンタメとして読んでいただけると幸いです。

なお、自分で書いておいてなんですが、万が一、本稿を読んで「あぁ、日韓通貨スワップはやっぱり必要なんだね」、と思った方は、ちょっとリテラシーがなさすぎです。「解毒剤」として次の記事などもお読みください。

韓国債券市場で「利回り急騰」が意味する金融ショック

―――2022/10/01 09:00付 新宿会計士の政治経済評論より

なお、上記「論考」、いや、「論考っぽいなにか」は、次の過去論説とも密接に関わっています。

「とにかく時間が余って余って仕方がない」、「読む価値のない文章を一生懸命に読みたい」という方は、是非とも本稿と合わせて上記過去論説などもご参照くださいますと幸いです。

最後に感想をひとつ。

頭を使わないで書く文章は楽で良いですね」。

以上。

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    日本国の得る実利が何もないw

  2. 農民 より:

     ひどい、頭を使ってやっとほぼ同じ文章を書いて売っている子達も居るんですよ!

     ところで韓国の主流の主張は「スワップは全く必要ではないが必要だ」だと思っているのですが、日本のその子達が同じ文章を書いてお節介したせいで「Oh…South Korea is YABAI.」とか世界に広まってウォン下落が加速、とか無いですかね。

  3. 匿名 より:

    ゆうべの酒が残っているのか、読んでて気持ち悪くなって来ましたw

  4. 簿記3級 より:

    つい先日図書館で共生する生き物たちという本を読みました。自然界には食料をスワップ契約を結んだりする生き物はいないようでした。

    日韓の関係を例えるならハリガネムシとバッタの関係に近いかと。脳内で囁きのが好きみたいです。

    1. 赤ずきん より:

      本来 水生生物であるハリガネムシがいかにして 陸生生物であるバッタに寄生して繁殖できるかの詳しいメカニズムを「心を操る寄生生物 感情から文化・社会まで」(キャスリン・マコーリフ著)で読みました。まさに脳内で神経化学物質を生産しバッタに池や川に飛び込みたくなるように仕向けて繁殖のサイクルを回している。この神経化学物質に相当するのがハニトラ、賄賂だと思いました。

  5. アンド より:

    やっぱり半島は経済焦土にするのがいい
    その過程でどのように日本の利にできるかを考えましょう
    日本の安全保障のため、日清日露で先人が血を流して、半島を大陸から独立させてより120年ほど。
    日本はよく頑張ったと思います。
    日本が発展させたところは、周辺国から狙われ奪われます。満州、半島、台湾… 日本が、しっかり護れる武力と外交的参謀権術をもたないといけない。それまでは沖縄の経済発展は保留がいいのかも。かつて半島に棲む者がぼろをまといて大陸勢力から魅力なき地と認識させみじめではあるが身を守ったように。
    早く憲法改正、武力拡充、外交力アップ、外国からの工作に対する免疫力アップのための法整備を進めて欲しい。
    いずれ台湾と軍事的に連携、可能ならフィリピン、インドネシアなどとも連携し、地域安定に貢献出来る強き日本になって欲しい。
    半島は緩衝帯としての役すら出来んのか…。

  6. 元ジェネラリスト より:

    >「頭を使わないで書く文章は楽で良いですね」。

    脳内に快感物質が出てると思います。中毒にはお気をつけを。w

    そういえば、最近は陰謀論者の方にお目にかからなくなりました。
    こういう魔除け系の記事(と勝手に分類してますが)が効き始めたんでしょうか。

  7. たろうちゃん より:

    酷い文章だ!新宿会計士さんの信頼を揺るがす大問題の論証だ!このサイトは閉鎖するべきだ!、、、とわかっててオレも書いてみたが、なんの事はない。百田尚樹氏の「韓国に謝ろう」、、、あれの路線で、思いっきり韓国をバカにした、トンチの効いた文章だ。なにしろアタマのなかで、反対に変換すればよく、腹を抱えて笑う以外にない。韓国はやりすぎたのだ!我々日本人が彼らに出来ることは、笑って彼らの経済崩壊を見送る事だ。

  8. コジna より:

    こう言う論説や主張は、そのままではなくてもチラチラ見かけますよね、困ったものです。
    南朝鮮経済は小さくて脆弱であり、また発展途上だから助けれることが出来ると言う設定でしょうが、
    実際は世界でも10位付近の経済規模の国家です、根本的に南を馬○にしてると思います。
    また危機は積弊清算のチャンスですから、安易に救済すればその絶好の機会を奪うことになります。
    結果、国内・対外政策を均衡化し国際化を図るために必要な構造改革が全く実施できませんでした。
    97年の経済破綻、08年の危機において日米IMFなどのセイフティネットが作動してしまったため、
    南は対外政策における日米の庇護を前提とする自立できない国家となってしまします。
    行き着く先は現在のような深刻な国内経済での「モラルハザード・バブル」の謳歌でした。
    国家的な致命傷になる予定の土地不動産バブル・家計負債バブルはまだ無傷です。
    この2つが弾ければ国家存亡の非常事態に発展します。
    いまの危機的状況を作り出したのは南朝鮮国民ですが、原状維持のために奔走してきた人たちも
    責任があります、むしろ批判的な人たちこそ親身のアドバイスだったわけでした、とても残念です(笑

  9. 匿名 より:

    フーシャン→プサン
    ハンチェン→ソウル
    リーミンボー→イ・ミョンバク

    読み方が宗主国風になっとる

  10. 愛知県東部在住 より:

    一つの事象も、それをどちらの側から眺めるかによって、ずいぶんと違う光景になってしまうのだろうなぁと感ぜずにはいられない【インチキ論説】ですね。(笑)

    なるほど、日韓通貨スワップも韓国側に立脚すればこのような考え方もあり、ということなのでしょう。また、韓国人からすれば、日本政府の行動が「子供じみた対応」に見えてしまうのかもしれません。

    しかし物事には必ず原因がありそれ相応の理由もあるものです。韓国人からすれば「たかが銅像」かもしれませんが、日本人から言わせてもらうのであれば「されど銅像」なのです。

    約束は守る、協定は遵守する、条約は一方的に破らない、こうした「常識」すら身につけていない相手とは「悪友」になってはならない、なぜなら自分自身も「悪友」になってしまうからだ、と福沢諭吉先生は一世紀以上も前に仰っていました。

    愚考を巡らせるに、韓国人は未だに李氏朝鮮時代の思考回路を引きずったままなのです。

    今朝の朝鮮日報にこんなコラムがありました。

    朝鮮日報 【コラム】朱子が死んでこそ韓国が生きる

    https://news.yahoo.co.jp/articles/217fed904d969e396aa2d0078d95d7c0ec5bc608?page=1

    https://news.yahoo.co.jp/articles/217fed904d969e396aa2d0078d95d7c0ec5bc608?page=2

    コラムの筆者朴正薫(パク・チョンフン)論説委員は「孔子ではなく朱子が死んでこそ国が生きる」としています。また、結びのことばとして「中国をあがめ慕う集団が、日本の話が出さえすると土着倭寇うんぬんと言って見下し、敵意を隠さない。朝鮮王朝の士林の小中華意識と異なるところがない」とまで踏み込んでいます。

    近頃迷走気味の朝鮮日報にしては珍しく、直球勝負のコラムのように思えました。

    果たしてコラム主の思いがどこまで韓国人の心に届くかどうか、今後の反応を見てみたいと思いますが、あまり期待はしておりません、というのが正直なところです。

  11. クロワッサン より:

    「〜が困っているから、私達日本は助けるべきだ」という主張が出て来た場合に、日本にとって仮想敵国である中露朝韓は対象外ですね。

    今の状況だと、ロシアと北朝鮮は擁護する声がほぼ無く、安心していられます。

    中国は、林外相を筆頭とする“上級国民”内の媚中派が心配です。

    韓国は、“上級国民”は韓国のやらかしで身動きが取れない状況になっておりさほど心配は要らなさそうですが、“一般国民”の政治に興味の無い層の親韓意識がちょっと心配ですね。

  12. カズ より:

    「スワップ結べ!」と書いた観測気球を飛ばすだけじゃ風向きは変わらないのです。

    北:風船も気球も飛ばすなと言っただろう!(怒)
    北:ん!?、・・米ドルなら持ってこい!! (にまっ)
    南:・・。

  13. 匿名 より:

    読んでいてクラクラ頭痛がし、途中で読むのをやめました。
    嫌な気分で具合が悪くなり、朝から最悪です。
    読んで損しました。
    本当に読まなきゃ良かった!
    1日の始まり、日曜の爽やかな朝を返して下さい。

  14. 伊江太 より:

    経済崩壊の足音が間近に迫っているような、うそ寒い思いに駆られかねない昨今である。
    こうした状況は、これまで何度も経験し、それを克服して更なる国力の充実を実現してきたにもかかわらず、国の経済にわずかな否定的傾向が現われようものなら、反射的にと言って良いほど湧き出てくる、「今は隣国に対する敵意は胸の奥にしまい、関係改善を、そして何より通貨スワップの締結を急ぐべきだ」の声。これをどう考えるべきだろうか。

    確かにわが国の通貨は、未だ十分な国際的信用を得るには至っていない。ドル、円などの信用度の高い通貨の裏打ちを確保したならば、わが国通貨の脆弱性が補われ、経済への安心感は大いに増すことは確かに期待できよう。

    しかしちょっと待って欲しい。こうした安易な処方箋は、せっかく我々が捨て去ろうと努力を重ねてきた、属国根性、植民地意識を、結局のところ無意識のうちに復活させることに繋がるのではないだろうか?

    忌まわしい日帝強占期に、近代的諸制度や諸種のインフラが整備され、識字率、所得が大きく向上し、人口も2倍にまで増えた。等々の、数字の上に現われた表面的事象を以て、その罪業をあたかも恩恵の如くに言いくるめようとする言説に接することがある。また。あの誇るべき「漢江の奇跡」が、日本からの賠償があって初めて可能であった、IMF事態やその後にあった通貨金融危機の際。日本の支援がわが国を支えた、などの他力本願的発想は、必ずしも払拭されているとは今でも言いがたい。

    歴史的事象は、その時点で取り得る様々な選択肢のうちのたった一つを選んだ結果であって。それ以外の途がどう続いていくはずかだったは、我々には知りようがない。歴史にIFはない以上、幾ら言い張っても、そこが泣き所となる状態が未だに続いているのである。

    日本の衣の裾に縋る途を選ぶことで、あるいは近い将来の経済的被害を軽減する可能性を否定することはできない。しかし、それでは世界の国々のうち十指に入るほどまでに国力を増進させ、ようやくにして得ることができた我々の誇りを、一瞬にして水泡に帰すことにもなりかねないのではなかろうか。今我々は、敢然と自力の側を選択し、それで以て事態を解決する能力を示す、絶好の機会に直面していることを自覚しなければならない。

    あたかも今日、隣国で常日頃からわが国への誹謗中傷を撒き散らしている『新宿会計士の政治経済評論』なるウェブサイトに、「日韓スワップ復活で相互信頼醸成図れ」などと唱える陰謀記事が掲載されている。このサイト主のこれまでの言説を知らぬ人には、極めてわが国に友好的な議論と映ってしまうかも知れない。しかし、その見方は根本的に誤りである。その意図するところは、我々が目指すべき、形而下のみならず形而上の領域に於いても完全なる自立を果たす、その機会を摘もうとすることなのだ。

    敢えて言おう。今我々に求められているのは、「周の粟を喰らわず」の伯夷叔斉の精神を高々と掲げることなのだと。(完)

    新宿会計士さんのインチキ論説に対抗して出てくるかも知れない(まずあり得ないでしょうけど)、アチラ側のカウンター論説を考えてみました(笑)。

  15. はるちゃん より:

    > 「頭を使わないで書く文章は楽で良いですね」。

    ◯経新聞や、◯日新聞など日本を代表するクオリティーペーパーに対して余りにも失礼な発言です。
    謝罪と賠償を要求します、と言いたいところですが、当たっている所が何ともです。

  16. ねこ大好き より:

    今回の記事はいつになく、違った意味で読み応えがありました。岸田首相が読んだら、泣いて喜んであのノートに転記しそうですね。
    私は岸田首相が日韓スワップを締結すると思っています。国内世論や自民党内の激しい反発が予想され、岸田首相はどんな大義名分を立てようか、今悩んでいると思います。そんな時にこんな助け船を出されるなんて!新宿会計士さんは岸田首相のブレーンの地位を狙ってるのですか?記者会見では官房長官(名前が出てこない)が、新宿会計士さんのこの記事をそのまま読み上げそうですね、固有名詞は中国語読みで。
    これからも面白く為になる記事を楽しく読ませていただきます。

  17. パヨクのこーさくいん より:

    今回も全く世界からの賛同に満ちた素晴らしいご講説ありがとうございました。

    この世界は無限大に分岐する並行世界がまとまっている可能性があるそうです。
    こういった世界を1セットとして千の3乗いわば10億セットで現れる三千世界の頂点に立つ存在がご講説で出てくるこの世界の指導者たる韓国「様」です。

    平等なんて露とも存在しない「序列こそが絶対的真理」であるこの三千世界において序列の頂点からのお言葉こそが「あらゆるモノより優先されるべき神託」であり、事実なんて考慮ナッシングな

    土下座しながら有難く頂戴するべき至高の栄誉

    ということが「並行世界の韓国を含めた」序列2位以下引の愚かな愚民どもには理解不能なのだと思います(笑)。

    猫に小判という言葉があります。猫はどんだけがんばっても小判の価値を永遠に理解不能と思います。

    そういった中で至高の栄誉を少しでも当方達愚民どもに「論理というオブラート」に包んで受け入れを試みる、このようなご講説に触れることは当方に取って胸熱でありシビアコであるのです。

    今後も愚民どもを操縦するご講説を賜り、できれば

    「韓日スワップなんてチンケなモノでなく、日銀の外貨準備金全てを無償で韓国にお布施(笑)する」

    様に導いていただきたいと思います。

    以上です。駄文失礼しました。

  18. HNわすれた より:

    「読み手の負担」が大きすぎて読みません。読者投稿だけ読むようにしています。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です