【インチキ論説】日本は法に固執せず韓国に譲歩すべき

「綺麗事」では物事は進まない:日本は寛大な大人の態度を取れ」

「日本は寛大な大人の態度で韓国に譲歩せよ」。本日は、こんな立場から執筆してみたインチキ論考を紹介したいと思います。しかも、優れた韓国観察者である鈴置高史氏が執筆した論考を「批判する」という大変無礼な記事です。ただ、このインチキ論考を踏まえたうえで、あらためて鈴置氏の最新刊を読めば、「正義」だの「道徳」だのを持ち出すのは無法者の常套手段であると気付くでしょう。

鈴置氏の論考

鈴置氏が「アベなきキシダのチャンス狙う韓国」を警告』でも取り上げましたが、昨日はウェブ評論サイト『デイリー新潮』に、優れた韓国観察者である鈴置高史氏が、こんな記事を寄稿しています。

「アベなきキシダ」なら騙せるはずが… 韓国は安倍元首相死去で右往左往

韓国が一喜一憂する。安倍晋三元首相の死去で日本が再び言うことを聞く国になると喜んだり、岸田文雄政権は思いのほか右傾化すると怯えたり……。右往左往する様を韓国観察者の鈴置高史氏が報告する。<<続きを読む>>
―――2022年07月16日付 デイリー新潮『鈴置高史 半島を読む』より

普段の鈴置氏の論考と比べると、ボリュームはやや少なめですが、それでも読後感に関しては普段の論考とまったく同じか、むしろ鮮烈です。リード文にあるとおり、まさに「右往左往する姿」を観察すること自体が目的だからです。

とくに18日には朴振(ぼく・しん)韓国外交部長官が来日しますが、その意図を含め、かなり深いところまで抉り取った指摘は圧巻というほかありません。もしまだ読んでいないという方がいらっしゃれば、ぜひともご一読ください。

本稿も、この鈴置論考を踏まえた議論です(※ただしインチキ論説ですが)。

本日のインチキ論説

日韓歴史問題は道義的解決を図れ

日韓間には癒えることのない歴史問題があることは、読者の方もご存じのとおりだろう。

日韓間のすべての歴史問題をめぐって、日本政府は公式には1965年の日韓請求権協定で解決済みだと主張するし、強制徴用問題などの歴史問題をめぐっても「韓国側が解決策を持ってくる必要がある」と主張する。法的には、たしかにそうかもしれない。

ただ、それと同時に当たり前の話だが、過去の歴史は「加害者」よりも「被害者」の方が覚えているものであるし、人間社会においてはすべての問題を法で解決することができるものでもない。「条約で解決済みだ」、「法で解決済みだ」で済ませるのが「誠意のある行動」といえるのか、いま一度問いかけたい。

これに関しては、やはり「被害者」である韓国の側の意見が参考になろう。韓国メディア『中央日報』(日本語版)に3月23日付で掲載された『<危機の韓日関係、連続診断25>』という記事にあった、こんな趣旨の記述を読み返してもらいたい。

  • 韓日関係は水平的に変わったが日本の法曹界と交流してみるとまだ韓国の変わった地位が受け入れられていないと感じる
  • 日本も韓国に対する認識を再確立し関係改善の「宿題」をしなければならない
  • 慰安婦・強制徴用など過去の問題は法的手段が究極的解決策になれない

とくにこの「過去の問題は、法的手段が究極的解決策になれない」とする主張、非常に心に響くものだ。世の中は法律、国際法、国際合意だけで動くものではない。人間社会を動かすのは人間であり、人間を動かすのは感情だからだ。

そして、私たちは韓国には韓国の「正義」があることを知っているはずだ。日韓関係の特殊性に照らすなら、日本が韓国に対し、「法」だけを前面に押し出す議論が正しくないことは、今さら指摘するまでもない

韓国が日本を「騙す」?失礼な!

こうした私たち日本人が持つべき贖罪意識を無視した、大変に無礼な記事を発見した。

「アベなきキシダ」なら騙せるはずが… 韓国は安倍元首相死去で右往左往

韓国が一喜一憂する。安倍晋三元首相の死去で日本が再び言うことを聞く国になると喜んだり、岸田文雄政権は思いのほか右傾化すると怯えたり……。右往左往する様を韓国観察者の鈴置高史氏が報告する。<<続きを読む>>
―――2022年07月16日付 デイリー新潮『鈴置高史 半島を読む』より

執筆者は韓国観察者の鈴置高史氏という人物らしいが、記事を読んでいただければわかるとおり、「安倍晋三元首相の暗殺により、韓国が宏池会の岸田文雄首相を騙そうとしている」、など、大変に無礼な記述をするものである。こんな記事が、一部の日本人には大変に受けているというから、世の中困ったものだ。

いちおう、鈴置氏の主張の要点を紹介しておこう。鈴置氏は論考の1ページ目で、さっそく、こんなことを言い出す。

  • 佐渡金山の世界遺産登録の件でもわかるとおり、「自民党の宏池会は言うことを聞いてくれる」というのが中国と韓国での定説だが、外務省はしきりに「日韓関係改善を求める米国から怒られる」とリークしていたが、岸田文雄首相が佐渡金山の登録申請を決めた後もそんな現象は起きていない
  • 厳密に言えば、韓国政府とつるんだ日本の外務省に騙された部分が大きい

外務省が長年、日韓関係の重要性にかんがみ、日韓関係を良好なものに維持しようと腐心してきたという事実に照らすと、こうした記述自体、外務省の努力を無に帰させようとする、大変に無礼なものである。

佐渡金山の件も、強制徴用という負の歴史に蓋をしようとする日本の一部右翼勢力の声が大きかったものであり、その意味では、近隣国との和解がまだ終わっていない日本にとって、過去の清算という動きをますます遠のかせることにつながりかねないのである。

日韓関係の重要性

こうした鈴置氏の主張の続きを読む前に、ひとつ、大事な事実関係を指摘しておきたい。

それは、日本にとって韓国との関係は、切っても切れないものであり、日本自身にとっても韓国との関係性は非常に大切である、という点だ。

そもそも日本にとって韓国は3番目の輸出相手国であり、産業面ではサプライチェーンを通じた密接な結びつきがある。

日本政府が強制徴用判決の意趣返しとして、2019年に韓国に対する輸出規制を導入した際には、当時の文在寅(ウェン・ツァイイン)大統領の旗振りもあってか、韓国で素材・部品・装備の国産化が進み、却って日本企業が輸出先を失うという事態が生じたことは、記憶に新しい。

また、日韓の人的往来もかつては非常に多く、2018年には日韓双方で合計1000万人を超える人々がお互いの国を訪れたが、2019年の輸出規制で日韓間の往来は激減し、2020年のコロナ禍以降は往来がほぼ停止してしまった。大変に残念なことである。

日本では若い女性を中心に韓流ファンも多く、韓国大使館前には韓国への渡航ビザを求める人がひっきりなしに訪れているとも聞く。日本にとって韓国は基本的価値を共有する、かけがえのない友人であり、パートナーだ。一刻も早い相互往来の自由化が求められるゆえんでもある。

そのうえ、地政学的な要因で見ても、日本にとって韓国との関係は大変に重要だ。

北朝鮮の核問題に加え、日本にとっての積年の課題である日本人拉致事件の解決を図るうえでも、韓国との協力は欠かせないし、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が続くなか、価値観を共有する日韓両国が深く結びつくことは、将来的な台湾有事のリスクを減らすうえでも重要だ。

歴史を直視しない日本に改憲を議論する資格はあるのか

このように考えていくと、厳しさを増す国際環境は、日本が日韓関係の改善をためらううえでの時間的な余裕を与えてくれていないことは、明白だろう。

韓国側もその事情を理解しているからこそ、日本に対し日韓歴史問題での早急な日本の譲歩と一括妥結を求めているのであり、韓国側が差し出してくれている手を握らないのは理解に苦しむ。

しかも、日本の側の問題点は、ほかにもある。憲法改正だ。

前述の鈴置氏は問題の記事で、次のような主張を展開する。

  • 憲法改正に前向きな「改憲勢力」が、国会発議に必要な3分の2を参院で維持したことを受け、岸田首相は「できる限り早く発議に至る取り組みを進める」と表明した
  • 驚いた韓国各紙は、社説で一斉に日本の改憲を批判し牽制した

このあたりの指摘、鈴置氏はなにか勘違いをしているのかもしれないが、歴史問題の被害者である韓国が加害者である日本の改憲の動きに重要な関心を持つのは、当然のことだ。なぜなら、日本はまだ韓国側が納得するかたちでの謝罪を行っていないからだ。

その鈴置氏自身、記事のなかで、いみじくも韓国メディアのこんな指摘を引用している。

日本の軍事強国化は、周辺国の警戒心を刺激するほかない。帝国主義侵略の歴史を持つ日本が、第2次世界大戦の敗戦後に経済的繁栄を成し遂げることができたのは、憲法9条が象徴する『非武装平和』を受け入れたからだ。過去の反省と謝罪がない日本が再び軍事大国に浮上することに対して、周辺国が懸念するのは当然だ」。

ご自身で引用しておきながら、どうしてこの韓国側の当然の懸念を理解しようとしないのだろうか。

「日本は歴史を直視するどころか回避することに汲々としている」、「右傾化への疾走の前に平和に対する信頼から築かなければならない」とする韓国紙の指摘を、鈴置氏、あるいは同氏の議論を喜々として読むすべての日本人こそ、もっと噛み締めなければならない。

原理原則にこだわり続けるのはいかがなものか

さて、くどいようだが、日韓歴史問題をめぐっては、ややもすれば韓国側が「被害者利権」を振りかざしているフシもみられるし、なかにはそれらがやや行き過ぎているというものもないわけではない。ただ、もしそうであったとしても、それらの原因を日本の側が作ったという点については、我々も直視しなければならないだろう。

なにより、日本がいつまでも国際法の原理原則にこだわり続け、日韓歴史問題の解決から逃げ続けようとするならば、長い目で見て日韓関係を損ね、却って日本の国益に反するという事実については、改めて指摘しておきたい。

もちろん、法的に見れば、現在の日韓歴史問題の多くは、たしかに日本の方に軍配が上がる側面もあるかもしれない。しかし、「法的にはこうだから韓国が全面的に悪い」、だと、進むものも進まなくなる。物事は綺麗事だけでは動かないのだ。

いずれにせよ、日本には、「寛大な大人の態度」に基づく決断が必要な局面である。

幸い、18日には朴振(ピャオ・チェン)韓国外交部長官が訪日し、林芳正(リン・ファンチョン)日本外相との会談が予定されている。尹錫悦(イン・シーユエ)政権の対日関係改善に向けた覚悟が示されるかどうか、そして韓国が差し出した手を日本が握り返すかどうかについて、注目したい。

お詫びと宣伝

いちおう付記しておきますが、上記の「論考」(?)は当ウェブサイトのオリジナルのものであり、引用も転載も、出所さえ示していただければ自由です。大手新聞社の方であっても、どうかご遠慮なくそのまま転載していただいて結構です(※出所は示してくださいね!)。

なお、パロディ目的のインチキ論説とはいえ、大変無礼な引用の仕方をしたことにつきまして、鈴置氏に心より謝罪申し上げます。お詫びがてら、ついでにもうひとつ勝手に宣伝しておきます。

正義は対立する双方にある。だからこそ話し合って妥協点を見つけ、それを守ろうと約束する。これが条約だ。『正義は韓国にある』と言い出して条約を破るのなら今後、韓国とは一切、約束できないことになる」(『韓国民主政治の自壊』P118)。

これは、鈴置氏が先月刊行した『韓国民主政治の自壊』という書籍に含まれる記述です。

今回のインチキ論説でも「正義」だの「無礼」だの、「道徳」だの、はたまた「法的手段では解決できない」だのといった表現を多用してみましたが、こうした「礼儀」に関する単語を多用して相手を批判するのは、法を破る無法者が理屈で反論できない場合の常套手段である、とだけ指摘しておきましょう。

読者コメント一覧

  1. アッキー より:

    いつもながら、隣国、韓国の幼稚さ、欺瞞、たかり根性を暴くご指摘、誠にありがとうございます。
    彼の国は、いつか独立自尊の気概を持った先進国になる日が来ると思ってたら、間違いでしょうねえ。
    日本は、きっぱりと手を切ることが最上なのでしょう。

  2. 匿名 より:

    イムさんw

    今回の鈴置さんの論考って、観察者の立場を離れて外務省に対する怒りが結構あからさまになっている感じ。

  3. 匿名 より:

    人名が宗主国風になってますよー。リン外相って。

    1. 名無しの権兵衛 より:

      匿名 様へ
       韓国では「林」を「イム」と読みます。よって「イム外相」です。

  4. 雪だんご より:

    残念ながら?最近は朝日も毎日も東京も、こういう「日本が譲歩しろ!」と言う記事は
    書いていないみたいですね(それ程厳密にチェックした訳ではありませんが)。

    安倍政権終了を切っ掛けとして、親韓派達は自信を失い随分大人しくなった印象があります。
    あまりにも「韓国側が悪い、韓国が間違っている」”証拠”が強すぎて、
    それをくつがえそうとしたら藪蛇になるのが怖くて、何も出来ないのでしょうか?

    韓国がいよいよ「もうダメだ!」状態になった時、彼らはどうするのやら……?

    1. 匿名 より:

      安倍氏のご遺体が自民党本部を回ったとき、親韓派の代表格の2F氏の隣に(おそらく)今は民間人のk村元議員がいましたネ。いやいや親韓派は死んでいない、まだまだ油断は禁物ですね

  5. カズ より:

    >韓日関係は水平的に変わったが日本の法曹界と交流してみるとまだ韓国の変わった地位が受け入れられていないと感じる

    *先進国入りを自負するのであれば、それに見合った責任(遵法意識)も果たさないとですね・・。

  6. 元ジェネラリスト より:

    日韓にまたがる用日一派が見たら、嫌な記事でしょうね。
    今回は日本のメディアというより、韓国メディア風ですね。日本のメディアは客観的風を装うせいか(客観的だとは言ってない)、あまり「無礼」とか書かないですね。

    鈴置論考ですが、韓国側で何度も何度も代位弁済案が出てくるのも、日本の外務省内に誤ったメッセージを送る人間がいるから、と考えるとスムーズなんですよね。
    ネット世論で政治が動く局面が増えた今は、彼らの古いやり方が通用しなくなってきているとは思います。
    楽韓さんやシンシアリーさんで、韓国側で流される韓国に都合の良い情報が、日本で紹介されるようになったのも嫌でしょうね。

    何の脈絡もなく(ありますけど)この記事を思い出しました。

    姜昌一氏へのアグレマンは昨年末に出ていた=韓国政府
    https://shinjukuacc.com/20210912-01/

    青山繁晴氏ブログ: 韓国をめぐって護る会が岸田総理に提言その2
    https://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=4168

  7. しおん より:

    インチキ論説、とてもおもしろいですが、、、
    ここの読者なら、ジョークとわかっていますが、そうでない人たちには「正しい主張」と誤解される恐れがあると思います。
    ちょっと手直しして朝〇新聞や毎〇新聞の社説や識者のコメントとして使えそうで怖いです。

  8. すみません、匿名です。 より:

    ガイム省に「大鳳会」というグループがあり、ある宗教団体の目指す「総体革命」の一環として活動している。
    ガイム省で「ある宗教団体」の意思で動いていて、「国」や「ガイム省」以外の意思で外交が壟断されている可能性があるのではないでしょうか?

  9. はにわファクトリー より:

    【独自】と読み間違いそうで、うひゃひゃです。
    ほかに【特報】とか【配信加工記事】とか【とくだね】とか、記者自らどうどう冠をつける風潮が広まると、ジャーナリズムっぽくてより価値が高まると思います。

  10. 匿名 より:

    道徳には道徳を
    恨みには恨みをぶつけるのが効果的です
    さぁ、いまこそ統一教会問題を日韓問題に昇華させるべき時がきました
    隠したり誤魔化すよりも、積極的に政治問題化するほうがお得です

  11. 名無しの権兵衛 より:

     林外相は5月、韓国大統領就任式出席のため訪韓した際に朴振外相候補(当時)と会談し、「日韓関係改善は待った無しで、悪化した日韓関係をこれ以上放置してはならず、日韓間の懸案の早期解決に向け、ハイレベルなものも含め、両政府間でスピード感をもって協議していく」ことで合意しました。
     自称元徴用工問題の解決策については、韓国政府が官民協議会で協議中であり、今回の会談で具体的な解決策が韓国側から提案されることは無く、林外相と「候補」が取れた朴振外相との間で、改めて5月の合意を確認して終わると思います。5月の合意に「ハイレベルなものも含め」とあるのが何を意味するのか(通貨スワップか?)が気になりますけど。
     また、外務省ホームページには日韓外相によるワーキングディナーも実施予定とありますから、林外相(ピアノ)と朴外相(ギター)の「釜山港へ帰れ」共演もあると予想します。新聞は「日韓外相による美しいハーモニーが奏でられ、日韓関係改善の予感が感じられた」などと報じることでしょう。
     その後の展開ですが、韓国では対日外交の「切り札」とするため「自称元日本軍性奴隷」を神格化した結果、その発言が大統領発言以上の重みを持つようになりましたが、「自称元徴用工」についても、文在寅大統領が対日外交の「切り札」とするため何度も「被害者中心主義」を強調したため、神格化に近づき、その発言を無視できなくなりつつあり、日本政府に提案できる解決策がいつまで経っても出てこない可能性も十分に有ると思いますし、無理やり解決策を出してきたとしても、箸にも棒にもかからないものになってしまう可能性が大きいと思います。本当に楽しみで仕方がありません。

    1. 匿名 より:

      >5月の合意に「ハイレベルなものも含め」とあるのが何を意味するのか(通貨スワップか?)が気になりますけど。

      特に何も決まっていないような気がしますよ。
      決まっているなら、何を話すのか情報が既に出てきそうなものだというだけの、根拠にもならない漠然とした思いでしかないですが。

      韓国側が諸々の問題に対して何か現実的な案をまとめ、持ってくることが出来たら、そのときは議題に乗せて話しあいましょうくらいの意味じゃないでしょうかね。
      (出せるわけ無いと思うけど)宿題の提出急いでねという意味も含めて。

      それこそ、仰るとおり解決策がまとめられない。仮にまとめても、箸にも棒にもかからないのでいつまで経っても門前払い。
      そんな結果が現実なのではないかと思いますね。

  12. パーヨクのエ作員 より:

    いつも知的好奇心を刺激する記事の配信ありがとうございます。
    パヨクの工作員です。

    インチキ論法として秀逸と思いますが、日韓の関係性を無限大対ゼロ若しくは無限大対マイナス無限大と捉える当方は韓国の歴史的優越性を以下の点でも指摘可能であることを記述します。

    ・日本経済の復興のキッカケとなる朝鮮戦争特需は朝鮮民族の「血と命」との引き換えの「キタナイ」金であり、下賤たる日本人が幾らお金を持っていてもキタナイ原罪に塗れたお金が増えたものでしかない。
    ・今やウリ達朝鮮民族は核兵器を所持しており、「別記事で韓国人法関係者が言う『地位が変わった』」のである。日本人は「核保有国が序列の上位に立つ」国際序列というモノを正しく認識しなければならない。
    要は「聯合国常任理事国」に相応しいのは南北朝鮮なのである。
    ・東洋の国際外交プロトコールである朝貢に於いて江戸時代に対馬が倭人代表として支配者の代替わりを報告し、李氏朝鮮が「答礼使」を派遣した朝鮮通信使から明らかなように歴史上の日本は代々朝鮮の優位性と朝鮮による被支配を認める関係である。
    歴史的改ざんを行う下賤たる行為は日本が行ってきたのである。え、「水車」?そんなモノを作れなくても世界初の軍用機である飛車や、現代で実証検証された世界初の沈水艦である亀甲船を持っていたウリナラが日本より技術的に優位であるニダ。
    ・「聯合国常任理事国」たるウリナラとしては日韓対等で合邦した1910年の条約に対して1919年に設立された上海臨時政府が1945年9月3日に聯合国の一員として勝利したのである。
    合邦国家である以上皇室一族が侵略行為という大罪によって統治の正統性を消失した結果、当然対等の地位で公爵の地位である李王室か上海臨時政府が合邦国家全体を引継ぐのが当然である。したがってサンフランシスコ講和条約とそれに準じた日韓基本条約自体が無効。
    ・本来の正統性を持つ国家がソウルに存在する以上国際的序列で下の日本はさっさと「一兆5千万ドル以上の外貨準備」共々あらゆる主権と財産を「タダ、無償で」ソウルの正当な主権保持者に全部譲渡する必要がある。
    それが日韓諸問題の「一括解決」の唯一無二のソリューションである事は明白である。

    以上です。ハンネ通り、売国的文章が良くここまでスラスラ書ける当方自身にビックリです(笑)。
    駄文失礼しました(笑)(笑)。

  13. 匿名にしときます より:

    ここ数年、老化により脳みそが半減してますので文意を読み取ったり、シャレや皮肉が解らなくなってるせいか、今回の「論説」を読んでる途中にはらわたが煮えくり返り、脳内血管がプッツンしそうになりました。何か起きたら責任を取ってください。

  14. sey g より:

    朴外相が来ても弔問以上の話し合いをしないと思います。
    もし、向こうからしてきても3年の喪に服すのでその間は実務的協議はしませんとピシャリと言うべきです。

  15. トシ より:

    >韓日関係は水平的に変わったが日本の法曹界と交流してみるとまだ韓国の変わった地位が受け入れられていないと感じる

    これがこの先どうなるのか韓国の人口動態より考察する。

    https://money1.jp/archives/82975

    まず出生数推移

    1971年 約100万
    2002年 約49万
    去年約26万で今年約25万まで落ちる。

    きれいに半減していることがわかる。
    現在の韓国の経済、金融、雇用の状況からこの先も増加は見込めない。

    次に合計特殊出生率推移

    2019年 0.92
    2020年 0.84
    去年0.81で今年0.7台に落ちる。

    人口維持水準(2.1)を大きく下回る。
    この先多少出生率が上がっても女性の数自体減っているので出生数は減少する。

    韓国はおよそ日本の2倍のスピードで高齢化が進んでいる。
    2040年前後で日本の高齢化率を上回る。

    イーロン・マスクは日本について「このままでは日本人が絶滅する」とした。
    韓国については「この出生率が続けば3世代で人口が6%(330万)になる」とした。

    鈴置氏の言葉通り、少子高齢化と人口減少において韓国は正常な分配ができない。
    その結果、韓国社会はさらなる分断、葛藤、闘争に見舞われ自壊していく。

    結局、韓国についてのすべての矛盾は人口問題に帰結する。

    一刻も早い「超汚染人」の絶滅を望む。

  16. 普通の日本人 より:

    いつものクレクレ民族ですね。
    大したことは言ってない。聞くだけ時間の無駄。
    日本はやる事はやった。あとのやることは韓国だけだ。
    約束守れ。金はやらない。
    たかり国家とは韓国の事

  17. 世相マンボウ_ より:

    いやはや。
    善悪正邪真実嘘をどっかよそに置いておくと
    とても素晴らしいインチキ論説で
    VANKを通じて国家資金投入しても
    今や通用せずほぞを噛む半島政府から
    高額ヘッドハンティングオファーが来ないかと心配です。

    ところで私は自宅に未だに固定電話引いてますが
    掛かってくるのは悪質勧誘電話と振り込め詐欺さん
    ばかりで困ってます。

    広く固定電話に限らずですが、
    いわば 回線を引いてしまっていて
    それがたとえばもし朝日新聞回線の場合、
    そこからかかってくるのは
    「感日関係正常化(?)」だの
    「良識派日本人(?)」だの 
    「日本の大学教授がだの
    (・・といってもいつも法政のあのドブサヨさん(笑))
    「韓日鳩ぽっぽピジョンフォーラム」だの
    「海外出羽の守では」だの
    手を変え品を変えの劇場型でも
    所詮は韓流振り込め詐欺電話でしかありません。

    回線を切ることができないなら、
    韓流振り込め詐欺的画策の電話に対しては
    相手にしない、電話に出ないとの対策が
    あたりまえに適切と感じます。

  18. 月長石 より:

    いつの間にかこんな博物館ができていたとは。。。
    このニュースを読むまで知りませんでした。
    https://www.theguardian.com/world/2022/jul/18/utoro-is-my-identity-can-a-museum-heal-the-scars-of-korean-migrants-in-japan
    ウトロは私のアイデンティティ」:博物館は在日韓国・朝鮮人移民の傷を癒せるか?

    >>「日本の極右の声が大きくなり、歴史の真実を否定する動きが出てきている」と、戦前・戦中の日本は慰安婦と呼ばれる性奴隷や朝鮮半島の強制労働者を使っていなかったと主張する保守派の政治家や活動家のことを指して言った。<<

    この基準だと私も極右の範疇に入るみたいです(*_*)
    K国のジャパン・ディスカウント・キャンペーン侮りがたし。。。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。