日本に相手にされない韓国、「EUと通貨スワップを」

昨日、韓国メディアに「欧韓通貨スワップ構想」に関する記事が出ていました。これは、「ユーロと韓国ウォンの通貨スワップが必要だと駐韓EU大使が述べた」とする記事ですが、該当する記事を熟読すると、現時点では評価する限りは控えめに言って「単なる韓国メディアの期待先行」、きつい言い方をすれば「虚報」のたぐいだと結論付けて良いでしょう。ただ、EUや英国などが韓国との間でユーロ建て・ポンド建ての通貨スワップを締結する可能性は、絶対にゼロである、とまでは言いきれません。

欧韓通貨スワップ構想

虚報に近い?中央日報記事

昨日、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に、なにやら不思議な報道を発見しました。

駐韓EU大使「企業の流動性のために韓国とEUの通貨スワップ必要」

駐韓欧州連合(EU)大使が新型コロナウイルスによる金融セーフティネット確保に向け韓国とEU間の通貨スワップ締結が必要だと明らかにした。<<…続きを読む>>
―――2020.05.12 16:33付 中央日報日本語版より

中央日報によると、駐韓EU大使であるミヒャエル・ライテラー(Michael Reiterer)氏は12日、ソウルで開かれた朝食懇談会で

企業の流動性のため韓国とEU間の通貨スワップが必要だ。中小企業、零細企業の十分な流動性を確保しなければならない

と述べた、というのです。

この発言には大いなる違和感を覚えますし、また、腑に落ちない発言でもあります。

そもそも論として、EUの側が韓国との通貨スワップや為替スワップを必要としているとは思えません。なぜなら、韓国の通貨・ウォンは国際的な商取引や資本取引でほとんど使われていない「ローカル通貨」であり、EUの多くの企業が韓国ウォンを欲しがっているということは考え辛いからです。

一方で、韓国の企業は外貨(米ドル、ユーロ、日本円などの国際的なハード・カレンシー)を必要としていることは事実ですが、この場合、欧韓通貨スワップや欧韓為替スワップを求めているのは韓国の側であるはずであり、わざわざEUの側から「支援」に言及するというのも不自然です。

ただ、中央日報の記事をよく読むと、朝食会の主催者であろう「全経連」の「クォン・テシン副会長」(※漢字がわからないので、本稿ではこう表記します)は、ライテラー氏の発言に先立って、次のように述べたとも記載されています。

  • コロナ危機であるいまがまさにウォンとユーロの通貨スワップ締結を積極的に検討すべき時期
  • 世界2大基軸通貨であるユーロとの通貨スワップが韓国とEUの2大経済圏と双方に進出した企業ともに必要な金融セーフティネットであり、象徴的な経済協力装置

このことから、自然に考えるなら、ライテラー氏の発言は「みずから積極的に欧韓スワップの必要性に言及した」というよりも、韓国側の出席者からの発言に対応して、一般論として「たしかにそういうスワップがあっても良いかもしれないね」、などと言及した、という方が実情に近い気がします。

実際、中央日報によれば、ライテラー氏はこうも発言したそうです。

通貨スワップを締結する欧州中央銀行はユーロを管理する独立的機関。(締結と関連し)韓国が多くの関心を持っているならば韓国銀行総裁が欧州中央銀行総裁と直接話をするのが良い

この発言、何も不自然な点を感じません。ごく当たり前の発言ですね。

なぜなら、韓国の場合、通貨当局は中央銀行である韓国銀行ですが、EUの場合、通貨当局である欧州中央銀行(ECB)は特定の国に属する中央銀行ではなく、ユーロ圏に加盟している19ヵ国にとっての共通の中央銀行だからです。

それに、そもそも27ヵ国のすべてが同じ通貨・ユーロを使っているわけではありません。ユーロを使っているのは、あくまでもユーロ圏に加盟している国に限られます。EUとECBはまったく別の組織なのです。

だからこそ、EUという組織の大使であるライテラー氏がECBを代表して「ぜひ欧韓スワップを推進しよう」、などと述べるはずなのないのです。

聯合ニュースの仏語版記事では…

これについて、ほかにも情報源はないのかと思って探してみたら、同じく聯合ニュースのフランス語版(!?)に、こんな記事がありました。

La FKI appelle l’UE à autoriser des voyages d’affaires et à conclure un swap de devises

La Fédération des industries coréennes (FKI) a souligné la nécessité d’assouplir les restrictions de voyage pour les entrepreneurs et de conclure un accord de swap de devises entre la Corée du Sud et l’Union européenne (UE).<<…続きを読む>>
―――2020.05.12 9:35付 聯合ニュースフランス語版より

聯合ニュースがフランス語版ウェブサイトを持っているという事実、不肖ながら初めて知りました。

それはさておき、記事について抄訳し、要点をまとめておくと、次のようなことを述べています( “Corée du Sud” について原文どおりに訳すと「南朝鮮」ですが、ここではあえて「韓国」と訳しておきます)。

  • 韓国産業連盟のクォン・テシン副会長は駐韓EU大使のミヒャエル・ライテラー氏を迎えた朝食会で、起業家の旅行制限の緩和と並び、韓国と欧州連合が通貨スワップ協定を締結する必要があると述べた
  • クォン氏はライテラー氏に対し、コロナ後の経済正常化過程において、韓国企業が欧州において差別されないように努力する必要があると要求した
  • クォン氏はまた、ウォン・ユーロの通貨スワップ協定について、「金融安全保障のネットワークであり、経済協力の象徴的な手段でもある」として、締結を積極的に検討するときが来たと強調した
  • これに対しライテラー氏はCOVID-19の経済的影響を最小限に抑えるために国際的な連帯と協力が必要であると応じた

…。

いかがでしょうか?

こちらの『聯合ニュース』(フランス語版)の記事を読むと、ライテラー氏の側が欧韓通貨スワップ(あるいは欧韓為替スワップ?)の必要性を述べたというよりも、むしろ韓国側の出席者が一方的に欧韓通貨スワップなどの金融協力を要求し、ライテラー氏が苦笑した、とも読めてしまうのですが…。

米ドルを欲しがる韓国

通貨は等価ではない!

さて、ここで基本的な「通貨スワップ」の考え方を確認しておきましょう。

国際金融協力の世界でいう通貨スワップとは、一般に

通貨当局同士がお互いに通貨を交換する協定

のことを指します(なお、民間のデリバティブの世界で通貨スワップとは、「カウンターパーティ同士が異なる通貨を交換する取引」であり、「金利の交換(ベーシス・スワップ)」を伴うことが一般的ですが、詳しくは『【総論】4種類のスワップと為替スワップの威力・限界』あたりをご参照ください)。

【総論】4種類のスワップと為替スワップの威力・限界

なぜ、そんな協定が必要なのでしょうか。

わかりやすくいえば、世界に存在するすべての通貨が「対等な関係」ではないからです。

たとえば、世界の基軸通貨といえば米ドルであり、米ドルは北センチネル島や南極などの限られた地域を除けば、およそ文明が存在する場所であればたいていは使えるというほど、非常に広範囲に通用している通貨です。

また、米ドルほどではないにせよ、ユーロや日本円、英ポンド、スイスフランなども、取引において制約が少なく、世界中の為替市場や債券市場、デリバティブ市場などで広く使われており、また、国債市場やスワップ市場なども発達している通貨です。

このように「その通貨の発行国・地域に留まらず、国際的に広く取引されている通貨」のことを、当ウェブサイトでは「ハード・カレンシー」と呼ぶことがあります(逆に、限られた国・地域でしか通用しないローカル通貨のことを、当ウェブサイトでは「ソフト・カレンシー」と呼んでいます)。

韓国ウォンは新台湾ドル、インドネシア・ルピア、インド・ルピーなどと並び、典型的な「ソフト・カレンシー」であると考えて良いでしょう。

一方中国の通貨・人民元は、最近でこそ少しずつ国際的な取引での使用も増えているものの、依然として規制が強すぎるなど、使い勝手が非常に悪く、残念ながら現状では「ソフト・カレンシー」の域を出ないと見るべきでしょう。

なお、香港ドルやシンガポールドル、NZドルなどの場合、「ハード・カレンシー」に含めるという考え方もありますし、市場規模などに照らして「ソフト・カレンシー」だと位置付ける人もいるなど、この「ハード・カレンシー/ソフト・カレンシー」の考え方は絶対的なものではありません。

米ドルとの「二国間通貨スワップ」がない韓国

つまり、通貨スワップを結ぶ意味があるとすれば、ソフト・カレンシー国が自国通貨を担保に相手国からハード・カレンシーを受け取ることができるという点であり、その意味で、欧韓通貨スワップが締結された場合、それは純粋に韓国を救済するための協定と見るべきでしょう。

では、韓国は現在、いかなる国といかなる種類のスワップをどの程度保有しているのでしょうか。

これについてまとめたものが、次の図表1です。

図表1 韓国が外国通貨当局と保持している(と自称する)通貨スワップ
相手国と失効日金額とドル換算額韓国ウォンとドル換算額
中国(2020/10/13?)3600億元 ≒ 508.1億ドル64兆ウォン≒525.0億ドル
スイス(2021/2/20)100億フラン ≒ 103.2億ドル11.2兆ウォン≒91.9億ドル
UAE(2022/4/13)200億ディルハム ≒ 54.4億ドル6.1兆ウォン≒50.0億ドル
マレーシア(2023/2/2)150億リンギット ≒ 34.7億ドル5兆ウォン≒41.0億ドル
オーストラリア(2023/2/22)120億豪ドル ≒ 78.4億ドル9.6兆ウォン≒78.8億ドル
インドネシア(2023/3/5)115兆ルピア ≒ 77.2億ドル10.7兆ウォン≒87.8億ドル
二国間通貨スワップ  小計855.9億ドル106.6兆ウォン≒874.5億ドル
多国間通貨スワップ(CMIM)384.0億ドル
カナダ(期間無期限)※金額無制限
米国(2020/09/19)※600億ドル

(【出所】各種報道等を参考に著者作成。なお、カナダとのスワップ、米国とのスワップは通貨スワップではなく為替スワップ。また、CMIMは限度額の30%(いわゆるデリンク条項)を超えて引き出す場合にはIMFの介入がある)

韓国側は「多国間通貨スワップ」である「チェンマイ・イニシアティブ・マルチ化協定(CMIM)」やカナダ・米国との為替スワップを「通貨スワップ」に含めているようですが、「二国間通貨スワップ」に限定すれば、その金額のドル換算額は約855.9億ドルです。

しかも、この855.9億ドルには、次のような問題点があります。

  • これらのうち、国際的なハード・カレンシーと呼べるものは、豪州準備銀行(120億豪ドル)、スイス国民銀行(100億スイスフラン)の2つしかなく、米ドル建ての二国間通貨スワップは存在しない
  • 二国間通貨スワップのドル換算額855.9億ドルのうち、人民元とのスワップがその6割弱を占めているが、人民元自体、国際的な市場ではソフト・カレンシーであり、また、肝心の中国人民銀行は韓国との通貨スワップを延長したとは述べておらず、危機に際して発動できるかどうかが不透明である

だからこそ、韓国としては、できれば米ドル建ての通貨スワップ、それが不可能であってもユーロや日本円などのハード・カレンシー建ての通貨スワップを欲しているのでしょう。

米国以外に米ドル通貨スワップを提供できる国は…

さて、意外な話ですが、米国は外国との間で、通貨スワップをほとんど締結していません。米連邦準備制度理事会(FRB)のウェブサイト “Central bank liquidity swaps” によれば、現在、米国が外国と保有している通貨スワップは、

  • カナダとの通貨スワップ(上限20億ドル)
  • メキシコとの通貨スワップ(上限90億ドル)

の2つに過ぎず、それ以外の国とは通貨スワップを保有していません。

現在、米FRBは14ヵ国・地域の中央銀行や通貨当局に対して為替スワップを提供していますが、この為替スワップは「相手国の民間金融機関に対して短期資金(最長3ヵ月)を貸し付ける協定」であり、いわゆる「二国間通貨スワップ」ではないのです。

では、米国以外で、米ドル建ての二国間通貨スワップを提供できる国といえば、どこでしょうか。

パッと思いつくのは「米国以外で唯一米ドル紙幣を印刷する設備を持っている」とされる北朝鮮ですが、残念ながら北朝鮮は現在、青色吐息です(個人的には、冗談を抜きにして「南北通貨スワップ」でも結べばよいのに、と思ってしまいますが…)。

そうなると、「外国と米ドル建ての通貨スワップを締結してくれる米国以外の国」とは、結局のところ140兆円にも達する外貨準備を保有している国・日本くらいしか見当たらないのです。

実際、日本は巨額の外貨準備を裏付にして、インドに対して750億ドル規模の通貨スワップを提供しているほか、インドネシアに227.6億ドル、フィリピンに200億ドルなど、大規模な通貨スワップを保有しています。

日本との信頼をさんざん踏みにじり、日本との関係をさんざんぶち壊してきたわりに、韓国が臆面なく「真の友人ならば韓日通貨スワップを!」などと主張する理由は、結局のところ、韓国にとって都合がよいスワップを提供してくれる相手が日本くらいしかいないからなのだと思います。

スワップ外交

西側諸国対中国

もっとも、欧州中央銀行が外国中央銀行とスワップを締結するとしたら、それはいったいいかなる協定なのでしょうか。

個人的な調査で恐縮ですが、いろいろと調べたところ、日米英欧瑞加6ヵ国は常設型・金額無制限の為替スワップで繋がっていて、この6ヵ国にぶら下がる形でさまざまな通貨スワップ、為替スワップが存在しています(図表2)。

図表2 日米英欧瑞加6ヵ国・地域がスワップを締結する相手
主体為替スワップその他のスワップ
欧州中央銀行(ECB)日米英瑞加デンマーク、ラトビア、ポーランド、スウェーデン、中国との通貨スワップ
イングランド銀行(BOE)日米欧瑞加中国との通貨スワップ
米FRB日英欧瑞加メキシコ、カナダとの通貨スワップ
カナダ銀行(BOC)日米英欧瑞+韓国米国との通貨スワップ
スイス国民銀行(SNB)日米英欧加中国、韓国との通貨スワップ
日本銀行(BOJ)英米欧瑞加+豪州、中国、シンガポール、タイインド、タイ、インドネシア、フィリピン、シンガポールとの通貨スワップ、CMIM

(【出所】著者作成。なお、日本の通貨スワップは日銀が財務省の代理人として締結しているもの)

また、この6ヵ国・地域の中央銀行に対抗するかのように、旺盛な「通貨スワップ外交」を仕掛けている国が、中国です(図表3)。

少し古い情報で恐縮ですが、昨年12月末時点において、おそらく現在でも有効な人民元建てのスワップが、少なくとも15本あります(図表3)。

図表3 中国が締結している通貨スワップ・為替スワップ
相手国上限(人民元)上限(相手国通貨)
ニュージーランド(2017年5月)250億元50億NZドル
香港(2017年11月)4000億元4700億香港ドル
タイ(2018年1月)700億元3700億バーツ
オーストラリア(2018年4月)2000億元400億豪ドル
ナイジェリア(2018年5月)150億元7200億ナイラ
パキスタン(2018年5月)200億元3510億Pルピー
マレーシア(2018年8月)1800億元1100億リンギット
日本(2018年10月)2000億元3.4兆円
英国(2018年11月)3500億元ポンド(上限不明)
スイス(2018年11月)1500億元210億スイスフラン
インドネシア(2018年11月)1000億元ルピア(上限不明)
アルゼンチン(2018年12月)1300億元ペソ(上限不明)
シンガポール(2019年5月)3000億元Sドル(上限不明)
欧州連合(2019年10月)3500億元450億ユーロ
マカオ(2019年12月)300億元350億パタカ

(【出所】表中にリンクで示している。なお、日本とのスワップは通貨スワップではなく為替スワップ。また、図表1に出てきた韓国との通貨スワップについては、公式なリンクが確認できないため、ここには含めていない)

欧韓スワップの可能性は全否定できない!

このように考えていくと、米国が韓国と為替スワップを結んだのも、旺盛な通貨スワップ外交を進める中国への牽制だ、という見方も成立しなくはありませんし、また、ブレグジットで仲違い中の欧州と英国が相互牽制の目的で韓国との通貨スワップを開かないとも限りません。

その意味では、欧州が少額の「欧韓通貨スワップ」ないし「欧韓為替スワップ」を締結する可能性や、英国が少額の「英韓通貨スワップ」ないし「英韓為替スワップ」を締結する可能性については、「絶対にあり得ない」と断言するのは行き過ぎでしょう。

もっとも、ECBやBOEが韓国と通貨スワップないし為替スワップを結ぶことができたとしても、それはユーロ建て・ポンド建てであって、米ドル建てではないとは思いますし、「韓日通貨スワップ待望論」がますます強くなるだけのことかもしれませんが…。

読者コメント一覧

  1. 匿名希望の平民 より:

     もっとも重要なことは、韓国あるいは韓国人が約束を守らない存在で
    あるということ。差別的な意味合いでこのようなことを述べると、批判
    を受けるかもしれないが、日本人や欧米人の常識や論理ではそのように
    見えるのは事実。

     韓国は儒教的な国であるらしいが、勝手に儒教の教えを自分たちに都合
    のよいように悪用改竄し、差別的社会をつくりあげた。すべては「権力」
    で仕分けされる差別社会。相手の地位が自分より上なのか下なのかという
    ことで、相手を判断する。だから、相手より自分が上なのか下なのかが
    最大の関心事。上であれば、相手を見下し、横柄な態度となる。
     そのような差別社会から、権力者は何をやってもかまわない、法律など
    関係ないという文化が生まれた。要は、異常な権力社会なのである。

     このような文化圏では、欧米社会の「契約」という概念は存在しない。
    彼らにとっては、契約とは、相手と自分が対等(平等)であり、どちらも
    約束を守らなければならないというコンセンサスがあった時のみに成立
    するのだ。

     彼らの論理を理解せずに、韓国人を信用し、契約など締結しようとすると
    大変な目にあうことになる。

  2. 凱方楠 より:

    今のところドルウォンレートが高止まりながら落ち着いてはいますが、自動車関連でいい材料のない韓国ウォンとスワップに乗り出すのはハイリスクローリターンですね。あっちの観点からは互恵的なんでしょうが。
    溺れる者は、なんて言いますが、とりあえず藁にでも縋るのは結構ですがそれを振り回してこっちを見るのはやめてほしいです。

  3. だんな より:

    EU大使が、韓国に抱きこまれている可能性は、有るのかなぁ。まあ、食事会に出て来て、それは違うとは言わないでしょう。
    それよりも韓国人の話
    全経連のクォン・テシン副会長はあいさつを通じ「コロナ危機であるいまがまさにウォンとユーロの通貨スワップ締結を積極的に検討すべき時期。世界2大基軸通貨であるユーロとの通貨スワップが韓国とEUの2大経済圏と双方に進出した企業ともに必要な金融セーフティネットであり、象徴的な経済協力装置」と話した。
    韓国は、2大経済圏じゃねえし。
    韓国が、何大という時は、何番目と同じ。
    EUに得は無いので、与太話で終わると思います。

  4. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    日本に相手にされない韓国、EUと通貨スワップ?無いでしょう。絶対無いとは言い切れ無いですが。通貨スワップを結んでもメリットが無い。

    クォン韓国産業連盟副会長が「一方的に欧韓通貨スワップなどの金融協力を要求し、ライテラー氏が苦笑した」のが事実で、体良くEU側から話があったと、逆発言を仄めかす等、何時もの韓国ーー嘘の方程式です。

    何らかの都合で、欧韓スワップのECBやBOEが韓国と通貨スワップないし為替スワップを結ぶことができたとしても、ユーロ建て・ポンド建てであって、米ドル建てではない。

    本音はドル、円が欲しくて堪らないんだろうが、夜店・縁日のアテモンと同じで、1等賞は「韓国には当たらない」ようになっています(笑)。

  5. G より:

    間違いなく為替スワップでしょう。韓国メディアは最初から最後まで通貨スワップと言うでしょうけど。

    実際締結したとして、ユーロとのスワップは基本放置されるでしょう。望めばドルが得られる状況でわざわざユーロを欲しがらない。

    まあ、日韓ドル通貨スワップまでたどり着く布石みたいな位置づけなのでしょうね

  6. ボーンズ より:

    この期に及び食い逃げする気満々ですね。
    とはいえ、このタイミングで動き出すのは安直かつ相手国からはミエミエの行動なので、成功率は平時より悪くなるようにしか考える事ができません。

    韓国の近視眼的な行動がここにも現れております。

  7. タナカ珈琲 より:

    (日韓は)真の親友で有れば通貨スワップを締結…。
    そらぁ、そうでしょう。正論です。

    ふと、思ったのですが、(ワタシ貧乏性なのでしょうか)日本が通貨スワップを締結して居る金額がデカすぎる。せめて、1兆円100億ドル以内にね(根拠は有りません。ワタシ肌感覚です。)。

  8. G より:

    アメリカか通貨スワップをほとんど締結してないというのは面白いですね。カナダとメキシコに対しても金額としてはごくわずか。本当に緊急に市中金融機関の担保を確認するいとまもないとき用といった感じですね。

    アメリカはスワップで通貨防衛することをいっさい認めないというのが明確ですね。韓国もそのことを明確に言われてたのでコロナで突然為替スワップが降ってくるまではアメリカに対しては諦めモードでしたもんね。

    結局韓国にとって必要なスワップというのは、ただ一つ日本とのドル通貨スワップのみなんです。他のスワップはそれに至るまでの道筋でしかない。

  9. かえる より:

    締結すればいいと思う。
    どうせ「食い逃げ」で終わるんだろうし、欧州への「Kの法則」広報の良い機会だと思う。
    正しいこと言っている側が嘘つきに見えるほどの非常識は、実際に味わってみないと分からない。
    日本が広告費払うわけじゃ無いしね。

  10. 農民 より:

    >コロナ後の経済正常化過程において、韓国企業が欧州において差別されないように努力する必要がある

     ここがイマイチよくわかりません。これまた一般論としてはそうですねとしか言いようのない要求なのですが。具体的に何か心配しているのでしょうか?
     民生品は安物製造国として妥当な評価を受けているでしょうし、兵器は要らないし、重工業ではむしろダンピングでねじ込んでいっていたのは韓国側ですし。EU内各国の反感を半島流に解釈すれば羨望からの差別となるかもしれませんが。

     そもそも世界中でK防疫が手本と賞賛され、各国首脳が文在寅と会いたがっていると聞きましたから、コロナに関連して差別など受けようはずもないのですが。

    >これに対しライテラー氏はCOVID-19の経済的影響を最小限に抑えるために国際的な連帯と協力が必要であると応じた

     うん、一般論の実質ゼロ回答ですね。一般論vs一般論。
     これをもって対日本での「安倍が膝を屈して韓国に助けを請うたぞ!」みたいに報道するのかな?

  11. ブルー より:

    北朝鮮謹製のスーパー偽金Kとの通貨スワップはいいですね。アンドレ・ジイドの小説並みに実験的。ただ北朝鮮にしたら交換されるのが韓国ウォンじゃ贋金にかけたコストに見合わないか。

  12. イジワルばあさん より:

    韓国の狙いはただひとつ、「日韓通貨スワップ協定」の締結でしょうね。EUとのスワップは実現性か極めて低いことは韓国も解っていると思います。単純な二国間スワップとは違って、EU加盟国の利害調整や意思統一が必要なので締結できるとしても時間が必要ですもの。もし本当にEUとスワップ協定を結ぶつもりならこんな記事を出す必要もないし、通貨政策に関して何の権限もない駐韓EU大使から韓国に都合のよい言葉を引き出しても意味がありませんからね。さっさと両国の中央銀行間で交渉を進めればいいだけですもの。おまけにEU大使は当たり障りのない一般論しか言ってないのに、日本語版の記事では盛り盛りです。
    韓国政府としては、昨年から日韓通貨スワップを再開したいと、秋波を送って来たけれど、我が国には華麗にスルーされているばかりが、国会答弁で麻生財務大臣が、「金を貸す方が頭を下げて借りてくださいなんて話は聞いたことがない。」とまで言いましたから。つまり日本の政府の立場は「スワップを締結して欲しければ頭を下げて来い。話はそれからだ。」ということです。韓国政府としては、それはとてもできない相談なわけです。韓国政府が頭を下げたら日本に白旗をあげたことになり、数多ある懸案事項の解決を迫られることになりますし、
    韓国政府が我が国に頭を下げたら、ここまで強硬な反日政策で支持してきた政権の支持基盤が瓦解してしまいますからね。そこで、韓国政府は、国民の反日感情を煽って政権に都合のよい世論を作ってきたように、我が国の国民に対して、日本がコロナで滅ぶとか、日韓スワップは日本を助けることになるから締結に反対などの記事を書き散らして、日本国民の不安を煽って、国民世論が日韓通貨スワップを締結すべきと言い出すように世論操作をしているのだと思います。そして国民世論がそちらに傾けば、国民情緒法によってわが政府から通貨スワップを提案せざるを得なくしようという狙いです。そういう視点で見ると矛盾した主張ではあるけど、何とかしてスワップをという行動としては一貫しています。それにしてもしつこい。
    何か彼氏を何とかして振り向かせようとしている悪女の手練手管のようです。でもこの悪女、頭が悪いので、邪悪な目的が見え見えです。無視するのが一番よいと思います。(笑

  13. 福岡在住者 より:

    「通貨スワップを締結する欧州中央銀行はユーロを管理する独立的機関。(締結と関連し)韓国が多くの関心を持っているならば韓国銀行総裁が欧州中央銀行総裁と直接話をするのが良い」

    分かりやすく言えば「俺に言われても知らんがな」

    理解できないのは「企業の流動性のため韓国とEU間の通貨スワップが必要だ。中小企業、零細企業の十分な流動性を確保しなければならない」の「中小企業、零細企業」の部分。 零細企業? 為替レートが不安定になるので、これからはドル建てでなくユーロ建てでやる ということでしょうか?
     

    1. G より:

      一般にスワップは中央銀行同士で交渉して締結するものです。
      ですから、国同士での会話てはどうしようもない話なのです。
      「俺しらね、中央銀行の間で話して」はごくごく当たり前の返答です。お互いに中央銀行には高い独立性を認めてますから。

      ただ、通貨スワップでごくごくまれな例外があります。両国の中央銀行が発行する通貨以外が絡むスワップ。CMIや日本とASEAN諸国との通貨スワップ、かつて日韓で結ばれていた日韓ドル通貨スワップ。

      麻生さんが出てきて苦言を言ったとき、中央日報が逆ギレして「中央銀行間の話なのに財務相出てくるな」な反応だったのには笑っちゃいました。なんだ、「普通の」スワップが中央銀行管轄なこと知ってるんだ。ただ、麻生さんが言及したのは、かつて結んでた財務相が管轄するドルスワップの話だけでしたよね。

  14. 酒が弱い九州男児 より:

    新宿先生、詳細情報ありがとうございます!
    納得できました。

    考察を読んでて、もう怒りを通り越して苦笑ですね。

    フランス語と日本語とで、記事の内容が全然違うところを見ると、この記事は日本への当てつけであり、本命はやはり日韓スワップか…orz

    最初は、親戚(日米)に借金(スワップ)を無心してたが、断られたので、お友達(EU)に借金のお願いに行った、くらいに思ってましたが、どうも違うようですね。

    個人的には、この記事を読んで、EUに厄介ごとを押し付けられたらそれが一番いいと思ってましたが。
    (そして、貸した金は帰ってこない)

  15. 心配性のおばさん より:

    >結局のところ、韓国にとって都合がよいスワップを提供してくれる相手が日本くらいしかいないからなのだと思います。

    せっかく、韓国が日本を諦めてくれるかと、しめしめと淡い希望を持ちましたのに、戻らないでいただけます(怒)?

    >米国が韓国と為替スワップを結んだのも、旺盛な通貨スワップ外交を進める中国への牽制だ
    >ブレグジットで仲違い中の欧州と英国が相互牽制の目的で、韓国との通貨スワップを開かないとも限りません。

    アメリカなら、その情報力と強直果断な手法で、かの国の危機の際、さっと手を引くことが可能だと思います。たしか、実績もありましたよね。
    が欧州はどうでしょう?かの国の危機にアメリカのように、素早い撤収ができるでしょうか?とてもそうとは思えない(笑)。

    中国もそうですが、韓国も金融面では、とてもリスキーな国です。そのリスクを覚悟、つまり、ユーロやポンドを捨てる覚悟がなくては、できない仕事じゃございません?

    そうそう、ともあれ、折角の申し出?なので、しばらく、あの国のいやらしい目を逸らしておいていただけません?日本は、コロナ対策もそうですが、それをきっかけとして剣呑な動きとなっている米中に気を配らなくてはなりません。お静かに願います。

  16. カズ より:

    状況を要約すると・・。

    駐韓欧州連合(EU)大使にそれとなく欧韓通貨スワップの実現を打診したら、「韓国が多くの関心を持っているならば韓国銀行総裁が欧州中央銀行総裁と直接話をするのが良い」との返答があった。

    *「自分で動け!」って、門前払いされたってことですよね。

    もしかしたら「あなたの望みが叶うといいですね!」って例の言葉をもらったのかもです・・。(もちろん社交辞令)

    1. 匿名 より:

       懇談会を主催した全経連のリリースによれば、全経連からライテラー大使に対し、ウォン・ユーロ通貨スワップの締結を検討すべきとの認識を示した上でライテラー大使からEU執行委員会に対しその必要性を上申するよう要請した、とのこと。この要請に対するライテラー大使の応答ぶりについては記載なし。
      http://www.fki.or.kr/fkiact/promotion/report/View.aspx?content_id=10a0ebd8-408f-4c17-9812-c7dfabf7c400&cPage=1

       ライテラー大使からは、冒頭、新コロナ対応での国際的な連携の必要性、EU韓の経済協力強化の必要性、EU韓FTAの改正の必要性について言及されたとのこと。FTA協定を守らない韓国(政府に間接話法で伝わるよう)にこれを言いに来たんでしょう、ライテラー大使は。

      1. カズ より:

        きっと「自国にとって相手の影響力は大でも、相手にとって自国の影響力は・・。」って視点が欠けてるんですよね。

        EUは韓国とのFTA協定を改定したいのですね。
        まさか「極東のかわいそうな小国」的な立ち位置でやや自国有利に締結してもらった条件を、それなりの経済に成長した今も改定のテーブルに乗せないことで死守してたりするのでしょうか?

        ①経済規模だけ見れば立派な「中進国」なのですから、相応しい負担を果さないとね。
        ②経済依存だけ見れば完全な「中進国」なのですから、相応しい負担を課さないとね。

        *②の中進国は赤くなりつつあるの意です。情報をありがとうございました。

  17. ミナミ より:

    韓国政府は一時支給金も渋っています
    国民一人当たり約2.5万円というところで、それなら総額でも1.3兆円ぐらいにしかならない筈です
    従北左派千年帝国の為に、何なら後先考えずにジャブジャブばらまきをしても良い筈です

    まあ、韓国は過去の痛手もあり、日本財務省とまた違った財政均衡至上主義が強いようですが。
    どちらかというとドイツに近い流派だと思います

    米国との間の為替スワップ6兆円枠も既に2兆円分を使ったとの事ですが、
    そんなに韓国経済の足腰って弱いのかと疑ってしまいます
    だって外貨準備高4000億ドルとか公称してる国でしょ
    我々が思うより遥かに張子の虎なんでしょうか?

    1. 福岡在住者 より:

      ん ふふふ(笑)
      日本をチラ見して大盤振る舞いの予算を通過させましたが、外国頼みの国債ですよね。誰か買ってあげるのでしょうか? 今の御時世、金利はそれなりに要求しますよね。

  18. 匿名 より:

    クォン・テシンは漢字だと権泰信らしいです
    ソース
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200428001400882

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。