日韓通貨スワップと安倍政権の説明責任

予定では本日(27日)、麻生太郎副総理兼財相が訪韓し、日韓財相会談を行います。これについて、おもに韓国側のメディアが、「日韓通貨スワップ協定の再開」に期待を寄せていますが、本日はこれについて考察しておきたいと思います。私自身は日韓通貨スワップの再開の可能性は高くなく、やるとしても朴槿恵(ぼく・きんけい)政権の任期が切れる2018年2月頃までの期間限定にすべきだと考えています。ただ、日韓関係全般にいえることは、安倍政権が国民に対する説明責任を果たしていないという点です。本日は、これについて、私自身の考えをまとめてみました。

通貨スワップとは「通貨の交換」

本論に入る前に、議論の前提です。「通貨スワップ協定」とは何でしょうか?

民間金融機関の間では、「通貨スワップ」(Cross Currency Swaps)とは、カウンターパーティ間で一定期間、相互に通貨を交換することを契約するもので、デリバティブの一種です。たとえば「5年間のドル円(USD-JPY)直先フラット型ベーシス・スワップ」の場合、カウンターパーティAとカウンターパーティBが、本日のスポットレート(2営業日後受渡の為替相場)でドルと円を交換し、5年後に同一レートで反対売買を行うことをあらかじめ契約してしまうものです。通常、スワップ契約期間中は、ドルを借りている方が相手方に「3か月ドルLibor金利」を支払い、相手方から「3か月円Libor金利」を受け取る、というもので、現在は「ドルの調達ニーズが強すぎる」ためでしょうか、「ドル・円ベーシス」がかつてないほど開いているのが実情です。

ただ、この話は本日の「国家間・中央銀行間のスワップ契約」とは直接の官憲はありませんので、省略します(ただしベーシスが開いているということは、世界的にドル供給が逼迫しているという間接的な証拠ですが…)。

国家間(あるいは中央銀行間)の通貨スワップは、多くの場合、「EM通貨」(EM=Emerging Markets、すなわち「新興市場」諸国)と「ハード・カレンシー」の交換です。そして、その目的は、そのEM通貨の「信用補完」にあります。

もちろん、「ハード・カレンシー国」の中央銀行同士でもスワップは存在しています。たとえば日本銀行を含めた世界の主要中央銀行(米FRB、ECB、スイスのSNB、英BOE、カナダBOCなど)は、リーマン・ショックの直後には、世界的なドル需要の高まりに備え、相互に無制限で通貨を供給し合う契約を締結しました。しかし、基本的に「ハード・カレンシー」同士の場合、通貨スワップ協定はあくまでも「国際的な市場の安定」にありますから、日米欧英加などの先進国同士のスワップは、日本とEM諸国とのスワップと、目的が全く異なると考えて良いでしょう。

喉から手が出るほど外貨が欲しい

前置きが長くなりましたが、日韓通貨スワップ協定とは、韓国にとっては「外貨準備」と並び、対外的な資本流出が発生したときの備えとして機能します。経済の対中傾斜を強め過ぎた韓国が、中国経済の成長鈍化の影響を、日本よりも遥かに強く受けていることは想像に難くありません。しかし、それだけではありません。韓国の通貨「ウォン」(KRW)は、国際的な商取引には不向きな通貨(つまりソフト・カレンシー)です。

もし外資系企業・投資ファンド等が韓国への証券投資等の投資資金を売却した場合、これらの企業・ファンド勢は株式や債券を韓国の証券市場で売却し、ウォンを外貨に交換して国外に引き揚げてしまいます。したがって、「トリプル安」(株安、債券安=金利上昇、通貨安)が同時に発生することでも知られており、「トリプル安」となれば外国人が「韓国への投資を引き揚げている証拠」となります。

得てして、これらの資金は「投機性」を持っていますから、流動性の高い株式や債券への外国人投資残高が高ければ高いほど、その国の資本構造は脆弱です。韓国の場合、自国通貨の「ハード・カレンシー化」の努力を怠ってきたっため、ここに来て外貨不足におびえる状況でもあるのでしょう。

日韓通貨スワップの政治的意味

もちろん、日本としては、近隣諸国と友好関係を結ぶに越したことはありません。そして、韓国は隣国であり、万が一、アジア通貨危機やリーマン・ショックのような危機が再来したとして、韓国が投機筋の攻撃を受けたならば、韓国と貿易をしている企業にも韓国向けの売掛債権が回収不能になるなどの被害が生じます。さらに、日本の資本市場で債券を調達する韓国の銀行や企業も多いのが実情です。その意味で、韓国に金融危機が発生したら、少なからぬ日本の企業や銀行に貸倒損失や債券の減損などの被害が発生します。実は、韓国政府が「日韓通貨スワップは日本にもメリットがある」と主張する論拠は、ここにあるのです。

ただ、日本は自由主義国ですから、韓国企業の債券を購入しようが、韓国企業と商取引を行おうが、それはそれぞれの日本企業が「韓国というカントリー・リスク」を取っているに過ぎません。韓国と通貨スワップ協定を締結していたとして、韓国ウォンと引き換えに提供される日本円や米ドルが結果的に返ってこなかったとすれば、それは最終的に日本国民の損失となります。この理屈だと、いわば「韓国に投資している日本企業を国費で救済している」のと同じです。したがって、韓国政府側の「日韓通貨スワップ協定は日本にもメリットがある」とする主張には、私としては全く同意できません。

それよりもむしろ、仮に日本が韓国との間で通貨スワップ協定を締結してやるとすれば、第一義的にそれは韓国を救済するためです。言い換えれば、日韓通貨スワップとは「日本国民の負担で韓国を救済してやる」という代物です。このことをまずしっかりと理解しておくことが重要です。

通常の国であれば、その国の政府も国民も、「わが国が危ない時に日本が通貨スワップで助けてくれた」と「感謝」してくれます。そして、国際社会で日本のことを「日本のおかげで助かった」と宣伝してくれます。究極的には、軍事的にも経済的にも、日本の味方になってくれるかもしれません。日本国民の税金を使う以上、タダで他国を救済するのではなく、「何らかのメリット」がなければならないのは当然のことでしょう。しかし、韓国は通常の国と異なり、国際社会で反日行為に明け暮れています。「虚偽の慰安婦像」を世界各地で建立し続けているのがその一例です。

「日韓通貨スワップ協定を締結することで韓国が金融危機を免れ、経済的に生きながらえた韓国が、日本を貶める「慰安婦像」を建立し続ける。これによって日本の名誉が世界中で傷つけられる。」

こんなことになってしまったら、元も子もありません。

安倍政権は「日本国民に」説明せよ

もちろん、昨年冬の「従軍慰安婦合意」のように、安倍政権が「高度な政治的判断として」韓国に譲歩する形で何らかの合意を締結することは、ある意味で仕方がありません。

日韓通貨スワップの場合、たとえば朴槿恵(ぼく・きんけい)政権が任期満了を迎える2018年2月頃までの期間限定で締結してやれば、結果的に朴政権だけでなく、次期政権の反日を防ぐなどの効果が期待できます。なぜなら、「前任の朴政権が残した日韓合意を反故にするならば、通貨スワップ協定を撤回する」と脅すことができるからです。

ただ、こうした行為は「政治的・外交的には有効」かもしれないにせよ、やはり私は、日韓通貨スワップ協定の再開は基本的に、「日本国民に対する背任行為」だと考えます。もちろん、どこの国と通貨スワップ協定を締結するかを含めた「政治的な判断」を行う権限は安倍政権にありますが、だからといって日本国民を不安にさせるような行為を行うべきではありません。

もちろん、一般論で言えば、日韓関係も「悪い」よりは「良い」ほうが望ましいに違いありません。しかし、だからといって、日韓友好は「日本国民の一方的な忍耐」を前提としたものであって良いはずはないのです。

日韓関係に限定して言うならば、他にも島根県竹島を韓国が不法占拠している問題、日本大使館前の慰安婦像が撤去すらされていない状況で韓国に「事実上の損害賠償金」である10億円を支払った問題、そもそも朝日新聞社と植村隆の捏造だと判明している慰安婦問題を正面から否定していない問題など、日韓関係を巡っては、安倍政権は日本国民に対する説明責任を一切果たしていません。

私個人的には、昨年の「慰安婦合意」についても、安倍政権が敢えて竹島問題を放置している点についても、「安倍総理なりのご判断があるに違いない」と(敢えて肯定的に)見るようにしているのですが、圧倒的多数の国民の目には、安倍政権が対韓融和的であるようにしか見えないのです。いずれにせよ、安倍総理は昨年12月の「慰安婦日韓合意」の真意について、いまだに日本国民に対し、ご自身の口で説明をしていません。日韓スワップラインの再開を政治決断するということであれば、まずはその前に、日韓合意の意味を、きちんと国民に説明する責任が、安倍政権にあるのです。

2016/10/14追記:もっと読みたい方は…

日韓スワップや人民元、ハード・カレンシーなどの過去の記事や「用語集」などについては、次のリンクもご参照ください。

人民元、日韓スワップ等に関する関連記事

  • 2020/09/08 05:00: 中国は人民元スワップで韓国を支配しようとするのか?
  • 2020/08/05 05:00: 「時流を読み誤りAIIBに乗り遅れた日本」の末路
  • 2020/07/18 05:00: 「発売記念」あらためてスワップについてまとめてみる
  • 2020/07/15 11:11: 香港ドルペッグ問題と「人民元の国際化」という空論
  • 2020/07/06 08:00: 中国は香港「金融セルフ経済制裁」で自滅に向かうのか
  • 2020/06/30 05:00: 「減税」が結果として中国に対する経済制裁となる理由
  • 2020/05/28 09:30: 【速報】米「香港は中国からの高度な自治を喪失」認定
  • 2020/05/26 05:00: 米国が「香港は金融センターの地位失う可能性」と警告
  • 2020/05/15 05:00: 中国は「使えない中韓通貨スワップ」で韓国を支配へ?
  • 2020/04/20 17:00: 金融大国でもない韓国が多額のスワップ借入を実行する
  • 2020/04/19 12:00: 日中は通貨スワップを通じて今後、陣地争いをするのか
  • 2020/04/17 05:00: IMFから垣間見る、ポストコロナ時代の米中通貨戦争
  • 2020/04/14 06:00: 日本にできることは、「友好国とのスワップ網の拡充」
  • 2020/04/05 05:00: 「為替スワップ」対「医療支援」:米中覇権争いと日本
  • 2020/03/31 05:00: 【資料】リーマンショック時に実行された為替スワップ
  • 2020/03/23 05:00: 【総論】4種類のスワップと為替スワップの威力・限界
  • 2020/03/22 05:00: 米FRB為替スワップの解説と「中国へのメッセージ」
  • 2020/03/12 11:00: WSJ「FRBは外国中央銀行と為替スワップ拡張を」
  • 2020/02/20 17:00: 中国向けに調査するなら与信より「パンダ債」では?
  • 2020/02/09 10:00: 弱小通貨同士の通貨スワップの「融通手形」説
  • 2020/01/25 10:00: 国際通貨の円、ローカル通貨の人民元と韓国ウォン
  • 2020/01/24 10:30: 日本がAIIBに参加する「機は熟した」、本当?
  • 2020/01/24 08:00: いったいなぜ、IMFは人民元をSDRに加えたのか
  • 2020/01/22 06:00: 通貨スワップの季節が到来?日本をチラ見する中央日報
  • 2020/01/16 05:00: 人民元の台頭の本当のリスクは米国の金融制裁の無効化
  • 2019/12/18 05:00: 行き詰る人民元国際化 中国の通貨スワップ戦略の限界
  • 2019/12/15 10:00: 怪しい通貨・人民元と「北朝鮮制裁の実効性」の関連性
  • 2019/12/11 06:00: デジタル人民元と犯罪資金、そして最新BIS統計
  • 2019/11/30 08:00: スワップは信頼と友好の証 最も重要な隣国と締結を!
  • 2019/09/27 09:00: 韓国問題は日本問題 まずは経済の復活が大事
  • 2019/09/04 05:00: 米国は中国と韓国を「通貨安」でどう追い込むのか?
  • 2019/08/06 10:00: 米財務省、中国を為替操作国に認定
  • 2019/06/02 05:00: 東アジア共通通貨に対抗し得る円の国際化と通貨スワップ拡大
  • 2019/05/29 10:45: 米国の為替監視レポート詳細 中国とドイツを問題視する米国
  • 2019/05/21 12:00: AIIBの総裁来日と債券発行 いったい何に使うのですか?
  • 2019/05/19 05:00: 中韓通貨は「大台」目指す?「通貨暴落」の意味を考える
  • 2019/05/17 05:00: 朝鮮半島統一費用は1兆ドル?AIIBさん、出番ですよ!
  • 2019/05/09 05:00: AIIBの現状と人民元 日本が「バスに乗らなかった」結果
  • 2019/05/05 12:30: 麻生総理、中国念頭に「借り手卒業」を促す 当然すぎる発言
  • 2019/05/04 05:00: 「CMIMローカル通貨化で人民元が基軸通貨化」報道の怪
  • 2019/04/25 05:00: 中国の国際金融戦略の現状は鳴かず飛ばずだが、警戒は必要だ
  • 2019/04/10 05:00: 日中関係の重要性は意外と低かった!中国の有効な使い方とは?
  • 2019/04/07 07:00: じつは中星為替スワップが失効?事実なら、「大ニュース」だ
  • 2019/04/06 07:00: ASEAN「ローカル通貨」スワップ構想の続報と検討課題
  • 2019/04/05 14:45: 毎日新聞英語版「日中韓とASEANが新たなスワップ検討」
  • 2019/04/04 05:00: 通貨・為替スワップに関する雑学:人民元建てスワップの伸長
  • 2019/03/25 05:00: 通貨スワップのメッセージは「誰と結ばないか」がむしろ重要
  • 2019/03/11 11:11: 語るに落ちる中国人民銀行総裁発言 資本自由化できない中国
  • 2019/03/08 05:00: 「バスに乗り遅れた日本」と鳴かず飛ばずのAIIBの現状
  • 2019/03/01 05:00: 日印通貨スワップ協定成立の意味と予想される某隣国の反応
  • 2019/02/28 21:40: 【速報】インドとの750億ドル規模のスワップを締結
  • 2019/01/28 05:00: 日韓スワップ「持ち上げて、落とす」のも立派な「経済制裁」
  • 2018/11/29 08:00: 河野太郎外相の個人ブログの「為替スワップ」、行間を読む
  • 2018/11/14 08:00: 総論:国債のデフォルトと通貨の関係について考えてみる
  • 2018/11/04 08:00: 通貨スワップと為替スワップを混同した産経記事に反論する
  • 2018/10/31 05:00: 日中スワップと日印スワップ、性質も目的もまったくの別物
  • 2018/10/26 21:30: 【速報】やはり中国とのスワップは「為替スワップ」だった!
  • 2018/10/24 05:00: 通貨スワップと為替スワップについて、改めて確認してみる
  • 2018/10/21 05:00: パンダ債と日中スワップ、そしてとても残念な読者コメント
  • 2018/10/13 05:00: 怪しい通貨・人民元の下落が意味するもの:窮地に陥る中国
  • 2018/10/10 08:00: 米国の利上げと新興国不安 中国と韓国に危機は波及するのか?
  • 2018/08/29 12:15: 日中スワップの「不都合な事実」、要点は「円・元」の交換
  • 2018/08/23 05:00: 日中通貨スワップを必要としているのは、残念ながら日本の側
  • 2018/08/06 14:00: ラオスのダム決壊、遅まきながら事故調査委が立ち上がるか?
  • 2018/07/11 07:00: 【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌
  • 2018/06/28 16:00: 【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか?
  • 2018/06/03 12:00: 【夕刊】アフリカ諸国「人民元が基軸通貨」?どうぞご勝手に。
  • 2018/05/10 09:00: 【昼刊】日中スワップとQFIIと利権の匂い
  • 2018/05/10 00:00: まったく予想通りの日中韓会談と「最善のお付き合い」(追記あり)
  • 2018/05/07 00:00: 危険なパンダ債と「日中為替スワップ構想」
  • 2018/04/18 09:00: 成果に乏しい日中金融対話
  • 2018/04/11 00:00: AIIBの現状整理・2018年4月版
  • 2017/10/12 00:00: 金融庁よ、AIIBにゼロ%リスク・ウェイトを適用するな!
  • 2017/08/06 00:00: 為替介入についての基礎知識
  • 2017/07/01 00:00: AIIB格付問題と銀行規制を考える
  • 2017/06/19 00:00: 華々しいAIIB、実態は「鳴かず飛ばず」
  • 2017/06/04 00:00: 日本は通貨スワップでAIIBに対抗せよ!
  • 2017/05/29 00:00: 【逆説】日本がAIIBに入る「目的」とは?
  • 2017/05/24 00:00: ドイツと中国の意外な類似性
  • 2017/05/20 00:00: 今週の振り返り:朝日捏造、慰安婦、AIIB
  • 2017/05/17 00:00: 成果に乏しい一帯一路フォーラムとメディアの「虚報」
  • 2017/05/16 06:00: AIIB巡る時事通信の「虚報」?
  • 2017/05/14 13:30: AIIB「参加意思表明国」増加の真相
  • 2017/05/13 07:15: 【速報】AIIB加盟論「再浮上」報道を検証する
  • 2017/05/12 00:00: 専門家が見る、中国金融覇権の「無謀」
  • 2017/05/07 00:00: ADBとAIIBの「役割分担」の時代
  • 2017/05/06 17:30: AIIBと通貨スワップ・最新版
  • 2017/05/06 00:00: 人民元のお寒い現状
  • 2017/04/21 00:00: 金融から見た中国の「3つの夢」
  • 2017/03/31 00:00: AIIBとISDAマスター・アグリーメント
  • 2017/03/26 00:00: 「AIIBにカナダが加盟」?だからどうした!(追記あり)
  • 2017/03/04 00:00: AIIBと人民元―失敗しつつある中国の金融戦略
  • 2017/02/10 00:00: 中国の外貨準備統計は信頼に値するか
  • 2017/02/07 00:00: 鳴物入りのAIIB、どうなった?
  • 2017/02/04 17:00: 「人民元、カナダドルに追い抜かれる」産経報道の真相
  • 2017/02/03 17:45: AIIBの参加国は約60か国のままで全く増えていない!
  • 2017/02/03 00:00: 人民元やAIIB巡るダイヤモンド記事への反論
  • 2017/02/01 00:00: オフショア人民元市場でいま何が起きているのか?
  • 2017/01/26 00:00: インドネシア高速鉄道案件とAIIBの現状
  • 2016/12/26 00:00: 中国人民網から見える「ホンネ」
  • 2016/11/25 00:00: 日本はAIIBに参加すべきか?
  • 2016/11/21 00:00: AIIBの現状整理
  • 2016/10/24 00:00: 銀行経理的に見た中国の外貨準備の問題点
  • 2016/10/12 17:00: SDRとは?
  • 2016/10/09 00:00: SDRと人民元と「国際通貨」
  • 2016/10/02 00:00: 人民元「主要通貨」報道のウソ
  • 2016/09/14 00:00: <保存版>ハード・カレンシーとは?
  • 2016/09/07 00:00: 人民元のハード・カレンシー化という誤解
  • 経済・金融に関する用語集

    どうか引き続き、当ウェブサイトをご愛読ください。

    ※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

    コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。