米国と日本が、それこそ国を挙げて北朝鮮に対する制裁を行っている中で、米国の同盟国である韓国において、国内の主力銀行が北朝鮮との取引拡大をにらんで専門家の採用が相次いでいる、といった報道がありました。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

北朝鮮に傾斜する韓国

韓国の銀行で、北朝鮮専門家の採用相次ぐ

韓国メディア『中央日報』(日本語版)に昨日、かなり衝撃的な記事を発見しました。

経済協力に期待…韓国の銀行が北朝鮮専門家採用へ(2018年07月16日15時49分付 中央日報日本語版より)

韓国の銀行業界において、「北朝鮮専門家」を採用する動きが広まっているのだそうです。たとえば「KB国民銀行」は本社戦略企画部で勤務する北朝鮮専門家を採用すると公表。「KB経営研究所」傘下の北朝鮮金融センターに人材を拡充する計画もあるそうです。

また、IBK企業銀行も北朝鮮経済研究センターで勤務する博士学位所持者を採用するほか、KEBハナ銀行は金融経営研究所で、韓国輸出入銀行も研究センターで、それぞれ研究員を新規採用したとしています。

もちろん、銀行といえども、多くの場合は民間企業ですから、「研究」する分には自由にやれば良い、というのも一面では事実です。しかし、それと同時に銀行は金融システムの一翼を担うことから、どの国でも許認可業とされています。もし銀行本体が北朝鮮に乗っ取られでもしたら、不正送金に加担しかねません。

AML(アンチ・マネロン)の動きに逆行する韓国

この点、日本では近年、本人確認などの金融規制が厳格化されているという事情に加え、メガバンク3行が「G-SIBs」 1)G-SIBsとは:「グローバルな金融システム上重要な銀行」(Global Systemically Important Banks)のこと。金融安定理事会(FSB)が毎年11月頃に、全世界で30程度の銀行・金融機関を指定して公表する。具体的なリストはFSBウェブサイトで閲覧可能。 に指定されているという事情もあり、とくに国際的な業務展開を行っている銀行の間では、「AML(アンチ・マネー・ロンダリング)」の機能を拡充する動きが続いています。

これは、日本国内では、おもに脱税の取締りやヤクザなどの組織を資金面から締め上げるという目的が重視されていますが、国際的にはISILやタリバンなどのテロ組織、さらには北朝鮮やイランなどの犯罪国家に対する資金源を規制するという動きに主眼が置かれています。

日本の場合、金融規制当局との関係で、「当行は北朝鮮との経済協力の拡大を見越して研究活動を続けています」などと言おうものなら、金融庁から直ちに報告を求められるに違いありません。

ところが、韓国には「G-SIBs」は1行もありません。国際的な金融規制当局の間で、北朝鮮がいかに問題視されているかという「空気」を、韓国自身がまったく理解していないという事情も、このあたりにあるのかもしれません。

ちょっと先走り過ぎじゃないですかね?

中央日報はこうした韓国国内の動きについて、「南北間経済協力の可能性が高まる中、銀行が北朝鮮関連事業の準備を進めている」ものだとしているのですが、どうも先走り過ぎな気がします。というのも、南北経済協力の前に、まずは米朝の緊張関係の緩和が必要だからです。

この点、史上初の米朝首脳会談が6月12日に行われたことは事実ですが、これをもって米朝が和解ムードに入ったと見るのは尚早です。

現在のところ、米国は北朝鮮に対する経済制裁を解除するとはヒトコトも発表していませんし、実際には『ポンペオ長官訪日の詳細を読む』でも詳述したとおり、今月、ポンペオ米国務長官の訪朝直後に、北朝鮮は米国を強く批判する声明を発したほどです。

また、日本政府も、北朝鮮の核開発問題では米国と足並みを完璧にそろえており、かつ、安倍総理、河野外相、菅官房長官らは、日本人拉致事件の完全解決などが図られない限り、北朝鮮に1円たりともカネを払うことはないと明言しています。

それなのに、中央日報によれば、「韓国輸出入銀行」の次長は「最近また南北経済協力の期待感が高まり、人員を増やしている」、「今後も追加採用や銀行内部の人事異動などで規模を拡大していく」と、実に能天気な説明をしたのだとか。

現在のところ、これらの銀行や関連会社が採用している「北朝鮮専門家」とは、「北朝鮮について研究した韓国人」のことだと思うのですが、これらの人材の中に北朝鮮の工作員が紛れていたら、いったいどうするつもりなのでしょうか?

とくに、中央日報が紹介している、大学教授らによる次のようなコメントを読むと、暗澹たる気持ちになります。

  • 専門家は銀行の北朝鮮専門家採用が本格化していくと見込んでいる
  • 最近、金融機関から『今が北朝鮮専門家を採用すべき時期か』という質問をよく受ける
  • 金融機関の中でも経済協力再開時にすぐに北朝鮮に行って営業を始める必要がある銀行が大きな関心を見せている

文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領自身が親北派と目されている点については仕方がないにしても、金融機関関係者までが親北に染まってしまっていて、他人事ながらも、思わず「本当に大丈夫か?」と不安になってしまうからです。

セカンダリー・サンクション

具体的に何が問題になるのか?

ところで、これらの動きはあくまでも韓国国内の話であり、北朝鮮に対して韓国の銀行からカネが流れたとしても、それは一見すると、韓国政府が規制すべき話であり、日本政府にはあまり関係がないように見えます。

しかし、話はそう単純ではありません。金融の世界でよくでてくる考え方が、「セカンダリー・サンクション」、あるいは「二次的制裁」です。これは、たとえばテロ組織などと付き合いのある銀行が金融規制当局から制裁を喰らうというもので、マカオの「バンコ・デルタ・アジア(BDA)」の事例が有名です。

これは、マカオに拠点を置くBDAに対し、2005年9月に米財務省が、北朝鮮の資金洗浄(マネー・ロンダリング)に関与した疑いが強い金融機関に指定(詳細は米財務省のページに残っています)。これを受けて、マカオ特別行政区政府がBDAの北朝鮮関連口座を凍結したという事件です。

直接、口座凍結を行ったのは、BDAの監督当局であるマカオ特別行政区政府ですが、きっかけは米財務省による「マネロン最懸念」指定であり、これによりBDAは米国のすべての銀行との取引を禁止されました。

ただし、この事件は北朝鮮当局がBDAのすべての資金をロシア極東部の商業銀行に移管したことで、いちおうの解決を見ています。

バンコ・デルタ・アジア、北朝鮮関連資金を送金=マカオ政府(2007年6月15日 07:42付 ロイターより)

しかし、米国のマネロン制裁は強力であり、かつてパレスチナのテロ組織などに資金援助を行っていると認定されたシリアの銀行に対しても、BDAと同じ制裁措置が課されたことがあります。それだけ、米国はテロ資金に関して厳しい措置を取るということであり、この意思については甘く見るべきではありません。

丹東銀行の事例

こうしたBDAなどに対する制裁措置は、決して「過去のもの」ではありません。昨年秋に、中国の丹東銀行に対しても同様の経済制裁が科せられました。

米財務省、トランプ米大統領歴訪控え「北朝鮮資金洗浄」で丹東銀行を制裁(2017-11-04 07:21付 ハンギョレ新聞日本語版より)

といっても、丹東銀行は中国・丹東地区にある小規模な商業銀行であり、BDAなどと違って米ドルによる取引を大々的に行っているわけではありません。とくに、地域柄、北朝鮮は丹東銀行との取引において、米ドルではなく人民元で決済しているであろうことは想像に難くありません。

このため、BDAの事例と異なり、丹東銀行にとっても今回の措置で実質的な影響はさほど大きくないと見るべきでしょう。

外貨依存の韓国の経済・金融システム

しかし、同様の制裁が、韓国の銀行、金融システムに対して課せられるとなれば、話はまったく変わってきます。

まず、韓国という国は、通貨・ウォンの国際的な信認がありません。自国通貨である韓国ウォンは、事実上、韓国国内でしか通用しておらず、韓国の企業が国際的な活動を行うためには、外貨(とくに米ドル、あるいは日本円)がどうしても必要です。

(※余談ですが、そんな韓国の外貨準備高を巡っては、その内訳がかなり怪しいのではないかとする仮説は『【準保存版】韓国の外貨準備統計のウソと通貨スワップ』で述べたとおりなので、ここでは繰り返しません。)

必然的に、韓国の民間銀行、民間企業は、外貨(米ドルや日本円など)で資金を調達する必要が生じて来ます。たとえば、日本の企業から日本円で原料を購入し、韓国国内で加工して中国や米国に米ドルで製品を売り上げる、というった流れです。

そんな経済体質において、主要な銀行がいきなり北朝鮮との取引の研究を強化しはじめれば、どうなるのでしょうか?

現状では、さすがに北朝鮮にダイレクトに送金する、ということはやっていないようですが、金融機関の場合は送金以外にもさまざまな業務を行っています。たとえば、北朝鮮の関係者がその銀行に口座を持っていただけでも、その銀行が米FRBから取引停止処分を喰らう恐れもあります。

このように考えていけば、韓国の銀行の皆さんは、本当にリスクテイカーだなぁ、と思ってしまうのです。

(広告・スポンサーリンク)



自国通貨の通用度が低い国の悲哀

さて、私などは本業で金融機関の自己資本比率規制や金融商品会計、デリバティブ規制などの事情にも詳しく、必然的に、銀行システムや送金システムなどについても専門分野の1つです。

こうしたなか、日本経済は公称では今や中国に抜かれてしまいましたが、通貨に対する信認、外国為替の店頭取引での通用度、外貨準備の利用通貨など、さまざまな指標において、米ドル、ユーロ、英ポンドなどと並ぶ有力通貨の1つです。

これに対して、中国の場合は人民元、韓国の場合は韓国ウォンを自国通貨として使っていますが、アジアの中では通貨の通用度という意味では、いずれの通貨も日本円の足元にも及びません。その理由は非常に簡単で、中国、韓国ともに、債券市場やスワップ市場などが成熟していないからです。

たとえば、通貨スワップという金融商品がありますが(※通貨スワップといってもBSAではなくCCSの方です)、これらは、エコノミーとして見れば、直物外国為替取引と先物外国為替取引の組合せにベーシス・スワップなどを組み合わせた金融商品である、と見ることができます。

(※余談ですが、通貨スワップと為替スワップなどの厳密な定義・分類については『総論:通貨スワップと為替スワップとは?』あたりをご参照ください。)

ただ、通貨スワップはお互いの通貨においてベーシス・スワップが成立していないと、そもそも取引として成立しません。米ドル・日本円(USD/JPY)やユーロ・日本円(EUR/JPY)などの通貨スワップが存在していても、人民元・韓国ウォン(CNY/KRW)の通貨スワップは存在のしようがないのです。

このように考えていけば、韓国や中国の企業は、自国の通貨で国際的な生産活動を行うことはおろか、為替ヘッジ手段すら限られているというのが実情です。いわば、「おカネ」という最もベーシックな部分を、米国などの外国に握られてしまっている格好です。

逆に言えば、日本や米国が北朝鮮を締め上げる手段は、なにも軍事的手段に限られません。極端な話、中国と韓国のすべての金融機関にセカンダリー・サンクションを適用すれば済む話なのです。

その意味で、やはり中央日報が報じた韓国の銀行の動きは、みずから制裁を喰らいに行っているようにしか見えないのです。もっとも、韓国は他国ですから、私たち日本国民のなかには、「そんなことは知ったことではない」、という感想を持つ人も多いかもしれませんが…。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/09/15 12:00 【時事|韓国崩壊
    「加害国」の高官が「日本は高圧的で一方的」と逆ギレ (39コメント)
  • 2019/09/15 06:00 【韓国崩壊|金融
    ムーディーズが韓国企業13社に「格下げ」警告 (19コメント)
  • 2019/09/15 05:00 【韓国崩壊
    常識を疑え 「朝鮮半島は日本の生命線」、本当か? (35コメント)
  • 2019/09/14 12:30 【韓国崩壊
    絶対譲るな!旭日旗騒動は韓国のウソ崩壊の第一歩 (77コメント)
  • 2019/09/14 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年9月14日版) (66コメント)
  • 2019/09/14 05:00 【韓国崩壊
    鈴置論考の重要な指摘は「文在寅の問題ではない」 (51コメント)
  • 2019/09/13 16:45 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    韓国の新金融委員長から日韓スワップ待望論、なぜ? (28コメント)
  • 2019/09/13 11:00 【時事|韓国崩壊
    輸出管理適正化に関する高安雄一教授の優れた論考 (12コメント)
  • 2019/09/13 06:00 【時事|金融
    ECBの中途半端な緩和政策にトランプ氏が噛み付く (9コメント)
  • 2019/09/13 05:00 【マスメディア論
    韓国、財務省、NHK、共産党の共通点は議論の拒否 (39コメント)
  • 2019/09/12 16:00 【マスメディア論
    朝日新聞さん、内閣改造に承服していただく必要はありません (19コメント)
  • 2019/09/12 12:45 【時事|韓国崩壊
    「米韓同盟は成り立たない」といい加減気付いたら? (38コメント)
  • 2019/09/12 12:00 【時事|韓国崩壊
    もう聞き飽きた、「日韓双方が努力すべき」論 (24コメント)
  • 2019/09/12 06:00 【マスメディア論|時事
    「最初から朝日に刺さるブーメラン」 ほか (14コメント)
  • 2019/09/12 05:00 【韓国崩壊
    韓国のWTO提訴はセルフ経済制裁への近道 (18コメント)
  • 2019/09/11 11:11 【時事|韓国崩壊
    WTO「日本が実質勝利」に気を抜いてはならない理由 (27コメント)
  • 2019/09/11 09:40 【時事|外交
    トランプ大統領がボルトン氏を解任 北朝鮮問題は? (16コメント)
  • 2019/09/11 05:00 【国内政治
    閣僚人事、日本共産党が批判している時点で大成功? (54コメント)
  • 2019/09/10 17:00 【時事|韓国崩壊
    「日韓議連総会、今年も」 いったい何のために? (25コメント)
  • 2019/09/10 09:30 【時事|韓国崩壊
    ウソツキは長文が苦手 韓国政府が河野外相に反論 (58コメント)
  • 2019/09/10 06:00 【時事|韓国崩壊
    タマネギ男の法相就任:混乱する韓国からは距離を置け (56コメント)
  • 2019/09/10 05:00 【読者投稿
    【読者投稿】パパママショップの消費税 (9コメント)
  • 2019/09/09 16:45 【時事|韓国崩壊
    河野太郎氏、またしても「やらかす」 (33コメント)
  • 2019/09/09 11:00 【時事|韓国崩壊
    法を守らぬ韓国政府 リセットできない日韓関係 (44コメント)
  • 2019/09/09 09:09 【金融
    財務省「消費増税で日本経済をぶっ壊す!」 (17コメント)
  • 2019/09/09 05:00 【外交
    内閣改造を前に、日本外交の現状を簡単にまとめてみた (16コメント)
  • 2019/09/08 11:30 【国内政治
    「河野太郎防衛相」という観測記事をどう読むか (28コメント)
  • 2019/09/08 10:15 【時事|国内政治
    「ヘイトをやめろ」?まずは韓国に言って下さい (52コメント)
  • 2019/09/08 05:00 【マスメディア論
    「日本社会が在特会化」、公正な議論といえるのか? (55コメント)
  • 2019/09/07 14:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人は相容れない、韓国の生活 (44コメント)
  • 2019/09/07 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年9月7日版) (171コメント)
  • 2019/09/07 05:00 【国内政治
    【内閣改造】野党・マスコミ総崩れ 緊張感欠く自民党 (34コメント)
  • 2019/09/06 17:30 【時事|韓国崩壊
    やっと米CSISも「米韓同盟消滅」の可能性に言及 (43コメント)
  • 2019/09/06 13:00 【韓国崩壊
    「用日派」論考にこそ「あるべき日韓関係」が見える (56コメント)
  • 2019/09/06 10:15 【時事|金融
    イランがウラン20%精製を見送り、なぜ? (30コメント)
  • 2019/09/06 05:00 【韓国崩壊
    日本に「ドーバートンネル」がないのは僥倖 (49コメント)
  • 2019/09/05 21:45 【時事|韓国崩壊
    【速報】文在寅氏、ダムに言及せず? (14コメント)
  • 2019/09/05 17:30 【時事|韓国崩壊
    もう1度言う、韓国は「加害国」だ! (44コメント)
  • 2019/09/05 11:11 【経済全般
    【速報】カレーメシvsねるねるねるね問題 (26コメント)
  • 2019/09/05 10:00 【国内政治
    河野太郎外相の交代論、いったいどこから? (33コメント)
  • 2019/09/05 06:00 【時事|外交
    香港の混乱を私たち日本人はどう見守るべきか (15コメント)
  • 2019/09/05 05:00 【マスメディア論|国内政治
    朝日「ブーメラン社説」が却って丸山議員の追い風に! (40コメント)
  • 2019/09/04 17:00 【時事|外交
    コーノ・タローの英文論考 史上最も仕事をする外相 (48コメント)
  • 2019/09/04 12:20 【時事|金融
    韓国の外貨準備「行方不明の10億ドル」 (11コメント)
  • 2019/09/04 09:45 【時事|韓国崩壊
    日韓関係の復元が難しい理由 (48コメント)
  • 2019/09/04 05:00 【RMB|韓国崩壊
    米国は中国と韓国を「通貨安」でどう追い込むのか? (15コメント)
  • 2019/09/03 17:45 【時事|韓国崩壊
    GSOMIAとホワイト国、「交換条件」ではない! (51コメント)
  • 2019/09/03 12:00 【時事|韓国崩壊
    告げ口外交の落とし前 「曲がり角」迎えたのは韓国の方だ (41コメント)
  • 2019/09/03 06:00 【金融
    韓国の輸出不振と通貨危機のつながり (16コメント)
  • 2019/09/03 05:00 【マスメディア論
    オールドメディアの硬直性 ウェブに無限の可能性 (33コメント)
  • 2019/09/02 16:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅氏の現実逃避と「数合わせのGSOMIA」 (50コメント)
  • 2019/09/02 11:00 【時事|外交
    対独90兆円請求も?ポーランドの戦後処理問題 ほか (24コメント)
  • 2019/09/02 06:00 【時事|韓国崩壊
    竹島侵入の韓国国会議員6人こそ犯罪者として裁け (27コメント)
  • 2019/09/02 05:00 【時事|国内政治
    日本政府は「日韓交流おまつり」後援を国民に説明せよ (14コメント)
  • 2019/09/01 21:30 【時事|韓国崩壊
    「韓日葛藤は独断的民族主義」?具体的提言を欠く悪文 (17コメント)
  • 2019/09/01 08:00 【韓国崩壊
    日韓関係悪化の1年を振り返る (59コメント)
  • 2019/09/01 05:00 【国内政治
    インターネットで健全な民主主義が実現する! (41コメント)
  • 2019/08/31 14:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国政府が米軍基地返還要求 (62コメント)
  • 2019/08/31 14:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見る「韓国の宗教」 (52コメント)
  • 2019/08/31 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年8月31日版) (101コメント)
  • 2019/08/31 05:00 【韓国崩壊
    「文在寅の真の野望」に見るリスク (42コメント)
  • 2019/08/30 12:00 【韓国崩壊
    「日韓関係悪化は中国を利する」、その何が問題なのですか? (75コメント)
  • 2019/08/30 06:00 【時事|韓国崩壊
    「日本は永遠に謝れ」からの脱却 (68コメント)
  • 2019/08/30 05:00 【マスメディア論
    なぜ自社の不祥事は実名報道しないのですか? (17コメント)
  • 2019/08/29 15:00 【時事|韓国崩壊
    日本よ、これが韓国だ (88コメント)
  • 2019/08/29 11:45 【時事|韓国崩壊
    【輸出管理】韓国政府が勘違い 外務省は管轄外  (38コメント)
  • 2019/08/29 11:00 【時事|韓国崩壊
    日韓GSOMIA破棄問題、米国の「逃げ得」を許すな (44コメント)
  • 2019/08/29 06:00 【時事|韓国崩壊
    経産省が韓国に即日反論 日本政府の変化を歓迎する (66コメント)
  • 2019/08/29 05:00 【マスメディア論|国内政治
    政権交代から10年 ネットがマスコミをぶっ壊す (41コメント)
  • 2019/08/28 16:15 【時事|韓国崩壊
    オウム返しのウソツキ国家は「泳がせる」のが正解? (47コメント)
  • 2019/08/28 11:00 【韓国崩壊|金融
    ホワイト国からの除外が完了、日韓は新たなフェーズへ (42コメント)
  • 2019/08/28 06:00 【時事|韓国崩壊
    日本政府「韓国は歴史書き換えるな」「賢明に対処せよ」 (29コメント)
  • 2019/08/28 05:00 【韓国崩壊
    待望の鈴置論考、「米韓同盟はすでに終わっている」? (13コメント)
  • 2019/08/27 22:00 【マスメディア論|時事
    【速報】京アニ事件「実名報道」蛮行を批判する (75コメント)
  • 2019/08/27 14:10 【国内政治
    史上政権最長に王手 安倍内閣の改造をどう考えるか (17コメント)
  • 2019/08/27 12:01 【時事|韓国崩壊
    明日の「ホワイト国外し」をセルフ経済制裁化する韓国 (21コメント)
  • 2019/08/27 09:30 【時事|韓国崩壊
    「韓国パッシング」の先にあるもの (35コメント)
  • 2019/08/27 05:00 【韓国崩壊
    GSOMIAでまた瀬戸際外交 「相手にしない」が鉄則 (70コメント)
  • 2019/08/26 15:00 【時事|韓国崩壊
    韓国にはラオスダム決壊の加害者という意識があるのか (58コメント)
  • 2019/08/26 12:00 【時事|韓国崩壊
    日米韓連携破綻を視野に入れた国民的議論が必要 (61コメント)
  • 2019/08/26 09:05 【時事|外交
    天皇陛下の即位式に呼ばれていない国 (53コメント)
  • 2019/08/26 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    短期債務急増とセルフ経済制裁が第3次通貨危機への道? (14コメント)
  • 2019/08/25 17:00 【時事|韓国崩壊
    「日本が破棄するから先に破棄する」の支離滅裂さ (38コメント)
  • 2019/08/25 05:00 【韓国崩壊
    朝鮮日報「米高官が韓国政府の説明をウソと抗議」 (72コメント)
  • 2019/08/24 14:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見る「法を軽視する韓国人」 (59コメント)
  • 2019/08/24 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年8月24日版) (206コメント)
  • 2019/08/24 05:00 【韓国崩壊
    もう日本は関係ありません、今後は米韓間で直接どうぞ (117コメント)
  • 2019/08/23 17:10 【時事|韓国崩壊
    ナイスジョーク!(今日は疲れましたので…) (42コメント)
  • 2019/08/23 15:49 【時事|韓国崩壊
    【速報】日韓GSOMIA終了:対韓配慮の時代は終わった! (40コメント)
  • 2019/08/23 15:15 【時事|韓国崩壊
    米国政府が韓国を「深刻な勘違い」「強い懸念」と批判 (10コメント)
  • 2019/08/23 13:30 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、本気で書簡を本当に日本に伝達へ (11コメント)
  • 2019/08/23 12:30 【時事|金融
    「韓国で金利デリバティブ損失」の問題点 (9コメント)
  • 2019/08/23 10:10 【時事|韓国崩壊
    GSOMIA破棄巡るメディアの反応 (29コメント)
  • 2019/08/23 05:00 【韓国崩壊
    日韓GSOMIA破棄と「日本の覚悟」 (58コメント)
  • 2019/08/22 22:22 【時事|韓国崩壊
    日韓GSOMIA破棄と「南ベトナム・シナリオ」 (36コメント)
  • 2019/08/22 18:23 【時事|韓国崩壊
    【速報】日韓GSOMIA破棄、日韓新時代へ (174コメント)
  • 2019/08/22 12:30 【時事|韓国崩壊
    データで見る日韓関係 「日韓葛藤」説は正しいのか? (15コメント)
  • 2019/08/22 06:00 【時事|経済全般
    衝撃の事実 訪日観光客、大きく増えていた! (36コメント)
  • 2019/08/22 05:00 【韓国崩壊
    本日GSOMIA破棄なら、日韓関係清算のチャンス (42コメント)
  • 2019/08/21 17:05 【時事|韓国崩壊
    【明日発表】GSOMIAに「悩む」韓国高官 そこ悩むところ? (39コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

    注記   [ + ]

    1.G-SIBsとは:「グローバルな金融システム上重要な銀行」(Global Systemically Important Banks)のこと。金融安定理事会(FSB)が毎年11月頃に、全世界で30程度の銀行・金融機関を指定して公表する。具体的なリストはFSBウェブサイトで閲覧可能。