怪しい通貨・人民元の真相や韓国経済の危ない実情など、金融規制の専門家が「本当のところ」を解説します

【お知らせ】コメント・転載等は自由です

最新記事+前文抜粋(※スクロールします)

2018/07/17: 文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? 

文部科学省の汚職事件を巡って、検察当局からいくつかのリークが出ているようです。ただ、冷静に考えてみると、今回問題になっている事件は、容疑者にとって、検察などから逮捕されるリスクを冒してまでも実行すべき価値があるのかと問われると、そこは大いに疑問です。

(さらに…)

2018/07/16: フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (3)

7月14日の「フランス革命記念パレード」に、わが国の自衛隊が日の丸と旭日旗を掲げ、威風堂々と行進して来ました。安倍総理は欠席しましたが、このことが悔やまれてなりません。

(さらに…)

2018/07/16: 不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3)

立憲民主党などの野党が内閣不信任案の提出を予定しているという、ある意味で予想どおりの記事を発見し、落胆しています。立憲民主党の幹部が、「集中豪雨の対策に政府が集中して取り組むべきだ」と述べてから、まだ1週間も経っていないからです。

(さらに…)

2018/07/15: 雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3)

雇用政策は重要であり、昨日の『失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり』や先週の『【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌』など、最近、当ウェブサイトでは「雇用」に注目することが増えています。なぜなら、雇用政策を間違えると、一国の経済が崩壊しかねないからです。

(さらに…)

2018/07/15: 客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5)

客観的な数値だけで確認する限り、今般の「米中貿易戦争」は、米国よりもむしろ中国にとって、一方的に不利な戦いであると痛感せざるを得ません。これに加えて、貿易戦争の「流れ弾」は韓国とドイツにも命中するおそれがあり、さらにはドイツ発での国際的な金融危機にも注意が必要です。

(さらに…)

2018/07/14: 失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5)

韓国の文在寅(ぶん・ざいいん)大統領は、実はかなりの経済オンチなのではないかとの疑念を、私は払拭することができません。とくに、最低賃金規制と失業率の因果関係を真逆に理解しているようにしか見えないのです。

(さらに…)

2018/07/14: 国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2)

河野太郎外相がチャーター機で米国を訪問したことで、4000万円近くもの国民の血税が使われました。もちろん、そうせざるを得ない事情を作ったのは立憲民主党をはじめとする野党であり、本来、彼らこそがそのおカネを負担すべきだと思います。

(さらに…)

2018/07/13: 経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12)

自分たちの経営が苦しいからといって、ライバル業態に課税をすればよい、というものでもないと思います。普通の業界の人がそんな主張をしていたら「そんなバカな」と一蹴されて終わりですが、書店業界の場合はそうとも限らないようです。

(さらに…)

2018/07/13: CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2)

米朝首脳会談から1ヵ月が経過しましたが、相変わらず隣の国の大統領はおかしなことを主張されているようです。

(さらに…)

2018/07/13: 勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3)

自民党の衛藤征士郎衆議院議員が会長を務める「日朝議連」なる団体が、どうやらとんでもない国会決議案を準備しているようです。

(さらに…)

2018/07/13: 前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5)

文部科学省の前事務次官である前川喜平氏が、順調に「暴走」しているようです。ことわざにある「小人閑居して不実をなす」の典型例を見る気がするのは、私だけではないと思います。

(さらに…)

2018/07/12: 真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ 

大臣を国会に拘束している人たちといえば、なんといっても野党(なかでも立憲民主党)ですが、その立憲民主党の参議院国対委員長が「大臣は連日国会に出席するな」と言い出したようです。その時点の思い付きでコロコロと主張を変える彼らの姿勢については、意味が分かりません。

(さらに…)

2018/07/12: 北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7)

日経ビジネスオンライン(NBO)に米国の「外交コンサルタント」を名乗る人物の、まことに奇妙なインタビュー記事が掲載されています。

(さらに…)

2018/07/12: 【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1)

読者の方々から頂いたコメントを読んでいると、いろいろと着想が出て来ます。昨日、コメントを読んでいて思うところがいろいろありましたので、当ウェブサイトの「人気コンテンツ」である日韓関係を巡って、その視点を取りまとめておきたいと思います。

(さらに…)

2018/07/12: 【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂! 

「赤坂自民亭」を巡り、またしても「蓮舫ブーメラン」が発動されたようです。

(さらに…)

2018/07/11: 【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1)

かの有名な「だんご3兄弟」などと並ぶ大ヒット…なのでしょうか?

(さらに…)

2018/07/11: 【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3)

中国で2015年に拘束された邦人男性に対し、昨日、懲役12年(!)などの厳しい実刑判決が下されました。これこそまさに「中国リスク」の1つといえるでしょう。

(さらに…)

2018/07/11: 【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3)

米中貿易戦争とは、純粋に経済学的に見れば、米国経済にある程度の打撃を与えかねないものですが、もう少し深い効果で見るならば、「ルールを無視した中国に対する鉄槌」という側面も見えてくるのではないでしょうか?

(さらに…)

2018/07/11: 国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し 

マス・メディアによる世論調査が全面的に正しいと申し上げるつもりはありませんが、それでも、内閣支持率は放っておけば上昇してしまうように思えます。こうした中、かつては日本の政権を担っていたこともある民主党の成れの果てである「国民民主党」に対する支持率が1%台を割り込む惨状が続いています。

(さらに…)

2018/07/10: 【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1)

あの「放送法遵守を求める視聴者の会」が実施した世論調査が、いまさら、産経ニュースに紹介されたようです。

(さらに…)

2018/07/10: 【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4)

日経ビジネスオンラインの大人気シリーズ『早読み深読み朝鮮半島』の最新記事が更新されているようです。この記事自体、非常に読みごたえがある良記事ですが、少し違った角度から読むと、また違う興味深いことがらが浮かび上がります。

(さらに…)

2018/07/10: 【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1)

6月12日の米朝首脳会談から約1ヵ月が経過する中で、私が着目しているのは、2015年12月の「日韓慰安婦合意」の教訓です。韓国人、朝鮮人の行動パターンに照らし、国際合意とは破るためにあります。そうであれば、私たち日本としても、結論は決まっています。「絶対に北朝鮮のペースに乗らないこと」、です。

(さらに…)

2018/07/10: 安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3)

果たして安倍総理が海外出張を中止すべき筋合いなのでしょうか?

(さらに…)

2018/07/09: 【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7)

西日本を中心とする広い範囲で豪雨の影響により、河川の氾濫、土砂崩れなどが相次いでいます。被災地の皆様には心よりお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方々のご冥福、行方不明の方々のご無事と、被災地の一刻も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。

(さらに…)

2018/07/09: 【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち 

大人気YouTuberに「自民党の工作員」という疑惑が持ち上がったのだそうです(笑)。思わず笑ってしまいますが、こうした「疑惑」を主張する人は、いわば、自分たちがそれをやっているから、相手も同じことをしているに違いない、と勘違いしているのかも知れません。

(さらに…)

2018/07/09: 【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16)

先日、『文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ』で、文部科学省の現役の幹部が逮捕されたという衝撃的な事件を取り上げました。これについては続報がいくつかありますが、私はこれを「東京医科大」という単一の大学の問題と捉えるべきではないと考えています。むしろ、日本全体の官僚というエリート選抜試験そのものに、大きな欠陥がある証拠ではないでしょうか?

(さらに…)

2018/07/09: ポンペオ長官訪日の詳細を読む 

マイク・ポンペオ米国務長官が昨日、東京を訪れて日米韓3ヵ国首脳会談を行いました。これについて、米メディアのウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)に興味深い分析記事があったので、私見を交えながら、これをどう読むかについて解説したいと思います。

(さらに…)

2018/07/08: 【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する 

こういうのを「国民の敵」というのでしょう。立憲民主党などの野党が、安倍総理の海外出張を全力で妨害しようとしています。

(さらに…)

2018/07/08: 日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7)

マイク・ポンペオ米国務長官が1泊2日の北朝鮮訪問を終え、日本時間の昨日夜、東京にやってきました。本日はこの訪朝をめぐる「3つの違和感」とともに、日本が蚊帳の外ではないという事実についてもしっかりと再確認しておきましょう。

(さらに…)

2018/07/07: 【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4)

昨日の韓国経済新聞の報道によれば、韓国の外貨準備高は4000億ドルを超えたのだそうですが、そんなに潤沢な外貨準備があるのならば、どうして韓国は「日本との」通貨スワップ(BSA)を欲しがっているのでしょうか?

(さらに…)

2018/07/07: 尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6)

これを「麻生節」とでもいうのでしょうか、麻生副総理は「新聞を読まない若い人は自民党支持になる」と再度発言しました。さぁ、新聞社さん、あなた方は麻生副総理におちょくられっ放しで良いのですか?あなた方が反論しないのならば、「マスゴミ」と蔑まれても文句は言えませんよ?

(さらに…)

2018/07/06: 【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9)

朝日新聞の牧野愛博ソウル支局長が優れたスクープを連発しているという話題は、つい先日も『【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮』という記事で紹介したばかりですが、本日はその「続報」として、中国と北朝鮮が「在韓米軍撤退」方針で一致した、という話題にも触れておきたいと思います。

(さらに…)

2018/07/06: 【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃 

世間的には松本智津夫に対する死刑執行がニュースとして注目されているようですが、それよりももっと注目に値するニュースが、立憲民主党の「足を引っ張る」宣言ではないでしょうか?

(さらに…)

2018/07/06: 日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと 

読売新聞が一昨日、韓国の韓国日報社と共同で行った世論調査について報じていますが、どうも全容がよくわかりません。そこで、本日は韓国日報の記事(※朝鮮語)をベースに、この共同世論調査の概要について、きちんと眺めておきたいと思います。

(さらに…)

2018/07/06: 雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2)

当ウェブサイトの強みは読者コメントにありますが、これに対して、紙媒体で刊行される雑誌には、読者コメントを投稿するという機能が、そもそも存在しません。

(さらに…)

2018/07/05: 【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1)

先日、当ウェブサイトでは、『NEWSポストセブン』というメディアに掲載された、「朝日新聞の信頼度は日本の有力紙の中で最下位」とする記事を紹介しました。ところで、その記事に「続編」があったようなのですが、その「続編」の内容は、まことに残念な代物です。

(さらに…)

2018/07/05: 文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6)

文部科学省の現職幹部が受託収賄容疑で逮捕されました。案の定、野党側は「官邸の任命責任だ!」などと大騒ぎし始めていますが、これはこれで盛大なブーメランになりそうです。

(さらに…)

2018/07/05: 家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ! 

インターネット上で「ついにソニーがNHKの映らないテレビを発売した!」といった話題が盛り上がっていますが、これについて、よく調べてみると、必ずしも正しい表現であるとは言えないようです。ただ、このような話題が盛り上がること自体、NHKがいかに嫌われているかという証拠ではないでしょうか?

(さらに…)

2018/07/05: 韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3)

韓国が日本を「南北共通の敵」に設定しようとしています。韓国の文在寅大統領が自他ともに認める「親北派」である以上、韓国のこうした行動もある意味で予想どおりでもありますし、また、韓国が日本を敵視するのは、ある意味で韓国の自由でもあります。しかし、重要なポイントがあるとしたら、私たち日本国民が、韓国が日本を敵視しているという事実を冷静に受け止め、私たちなりに賢く判断することだと思います。

(さらに…)

2018/07/04: 【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3)

いま、インターネット上では、「日本の皇族の御尊名が中国で商標登録された」とする、ややゴシップ紙めいた記事が話題になっています。考えてみれば、中国が一時的に経済・軍事面で台頭することができたとしても、中国共産党一党独裁体制が続く限り、中国が世界から尊敬を受けることはあり得ないのではないでしょうか?

(さらに…)

2018/07/04: 【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2)

当ウェブサイトではこれまで、朝日新聞を「慰安婦捏造新聞」などと称して批判して来ましたが、ごくたま~には、朝日新聞を褒めてみたいと思います。朝日新聞のソウル支局長である牧野愛博氏が発信する優れたスクープ記事を発見したからです。

(さらに…)

2018/07/04: ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2)

本日の記事では、資産・負債の概念を巡る雑感を執筆しているうちに、朝日新聞の財務諸表分析をやってみたくなり、少し前半と後半で論調が異なっていますが、まぁ、あまり気にしないでください。

(さらに…)

2018/07/04: マス・メディアと野党議員の共通点 

先日、当ウェブサイトに掲載した『【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな』が、某大手オピニオン・サイトで大人気を博しているのだそうです。大した記事ではないのに、どうしてそこまで高く評価してもらえるのかといえば、「一般的な社会人の常識」が通用する記事に、人々が飢えているからではないでしょうか?

(さらに…)

2018/07/03: 【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3)

「もりかけ問題」を巡る「呆れるほどのウソ、まやかし」とは、朝日新聞や毎日新聞の自己紹介にほかなりません。ここでは「資料集」的に、サンデー毎日とNEWSポストセブンの記事を紹介しておきたいと思います。

(さらに…)

2018/07/03: 北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない 

本日の産経ニュースに、北朝鮮核問題を「マネー」面から分析した良記事が掲載されています。こうした記事が掲載されることは非常に素晴らしい話ですが、それと同時に、日本が北朝鮮復興に「どのように関わるか」についても、見逃せない論点です。

(さらに…)

2018/07/03: 韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1)

最近の韓国メディアにおける「ウォン安」警戒記事は、やや常軌を逸しているようにも思えます。この手の記事があまりにも多いので、本日は久しぶりに、日本の通貨ポジションと「国益」についての論点整理を行っておきたいと思います。

(さらに…)

2018/07/03: ジャーナリストとは気楽な職業だ (2)

「安倍夫妻には大事な何かが欠落している」と言ってのけるジャーナリスト様が出現したようです。

(さらに…)

2018/07/02: 【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1)

6月12日の「米朝首脳会談」から、すでに1ヵ月近くが経過しています。しかし、朝日新聞が「米朝両国は対話ムードに入った」などと主張している割には、米朝非核化交渉が具体的に進み始めているという形跡はありません。いや、それどころか北朝鮮が米国を騙し始めている兆候すら見えているのが実情です。

(さらに…)

2018/07/02: 【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3)

辻元清美議員こそが、国政を停滞させている「武装闘争路線」の真犯人なのでしょうか?

(さらに…)

2018/07/02: 南北揃って悲鳴を発する (2)

韓国から米国に出ているメッセージ、そして北朝鮮から日本に出ているメッセージとは、「悲鳴」です。

(さらに…)

2018/07/02: 朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2)

考えてみれば、当ウェブサイトでは最近、朝日新聞について取り上げることがすごく増えて来ました。しかし、その理由とは、「朝日新聞の記事が最近になっておかしくなったから」、ではありません。「変な記事を読んでしまったらその違和感を打ち消す記事が読みたい」という、人々の当然の心理がその理由です。

(さらに…)

2018/07/01: 【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8)

昨日の朝日新聞に、少し気になる記事があったので、簡単にコメントしておきたいと思います。

(さらに…)

2018/07/01: 今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り 

本日からいよいよ7月です。当ウェブサイトも開設から2年が経過しますが、この節目において、少し「原点」を振り返っておきたいと思います。

(さらに…)

2018/06/30: 【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4)

朝日新聞の奇妙な「言い掛かり」に対して、ツイッター民の反応は意外なほど冷静でまともです。

(さらに…)

2018/06/30: ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4)

「もりかけ問題の追及」「徹底した審議拒否と20連休」「意味のない委員長解任動議などの連発」――。立憲民主党の国会戦略とは、何一つとして建設的なものではありませんし、立憲民主党自体、むしろ国政を停滞させる「テロ組織」のようなものだと思います。ただ、最近になって国民民主党が「立憲民主党の路線を踏襲すれば国民から見捨てられる」と気付いたような節があります。はたして国民民主党は「脱皮」できるのか――。私は生暖かく見守りたいと思います。

(さらに…)

2018/06/29: 【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2)

だから「マスゴミ」と呼ばれる――。そう痛感するツイートを発見しました。

(さらに…)

2018/06/29: ビジネスマンと育児 (16)

当ウェブサイトでは政治、経済、金融などに関する話題が多いのですが、ごくたまには、まったく系統の違う話題を紹介したいと思います。それが「現役ビジネスマンの育児体験記」です。

(さらに…)

2018/06/29: 「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1)

最近、韓国メディアには「韓国ウォンの為替相場次第で韓国経済が減速する」、といった記事が頻繁に掲載されます。ただ、韓国経済の危機の本質は、自国通貨の国際化を怠り、野放図な消費を繰り返してきたという意味で、「自業自得」ではないかと思うのです。

(さらに…)

2018/06/29: 読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1)

朝日新聞がだんだん先鋭化して来たようです。

(さらに…)

2018/06/28: 【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1)

最近、AIIBや一帯一路構想など、中国が主導する国際金融協力に関する話題を見かけることが増えています。これについて、少し気になった記事がありましたので、コメントしておきたいと思います。

(さらに…)

2018/06/28: 【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3)

すでに何度も当ウェブサイトで表明して来ましたが、私自身は「日韓ハーフ」です。しかし、サッカーW杯やユネスコ世界遺産登録などの話題を眺めていると、やはり、私にとってもこの隣国が理解の範疇を超えているのです。

(さらに…)

2018/06/28: 最新版・2018年5月の観光統計を読む (1)

日本政府・安倍政権は現在、2020年までに訪日観光客を4000万人にしようとする野心的な目標を掲げています。しかし、こうした目標に「落とし穴」はないのでしょうか?

(さらに…)

2018/06/27: 【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1)

日本では先月、自民党の政調が防衛計画の大綱見直しなどを安倍総理に提言しています。しかし、防衛予算の増大はもちろん大事ですが、それと並んで日本にとって重要なことは、米韓同盟が消滅し、対馬海峡が「最前線」となる覚悟を決め、「国内のゴミ掃除」をすることではないでしょうか?

(さらに…)

2018/06/27: 「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5)

自分たちの政治的主張を優先するあまり、不法行為をしても良い、ということではありません。民主主義社会においては節度を守った主張が必要です。それなのに、自分の主張を押し付けるために、他人の広告の上にシールを貼り付けたり、海岸を土足で踏み荒らしたりする連中がいるようです。最近では、彼らのことを「パヨク」と呼ぶそうですよ。

(さらに…)

2018/06/27: 産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報 

産経ニュースに産経新聞社の「官邸キャップ」を務める田北真樹子氏が、重要な記事を執筆しています。ただ、この記事を巡って、韓国メディア『中央日報』から、かなり悪意のこもった捏造・歪曲に満ちた記事が発信されているようです。

(さらに…)

2018/06/26: 【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7)

少しだけ時間が取れたので、ごく短く、この話題を紹介しておきたいと思います。

(さらに…)

2018/06/26: サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3)

本日2本目の記事は、サッカーW杯に関するものです。ある情報源によると、今回のW杯では、2試合が終わった時点で日本は反則が少ない方から2番目に位置しているのだとか。私は日本代表が試合で勝ってくれたら嬉しいと思いますが、「フェアプレイ」そのものを大切にする風土こそ、誇りに感じているのです。(※なお、本日は所要により、おそらくこれ以降の記事の配信はありません。)

(さらに…)

2018/06/26: 「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2)

当ウェブサイトでは以前から、トランプ氏の発言の「一貫性のなさ」を取り上げて来ています。この点私は、トランプ政権の方針を見極めるためには、トランプ氏の羽毛布団よりも軽い「発言」よりも、トランプ政権の「行動」で見る方が重要だと考えています。

(さらに…)

2018/06/25: 【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5)

本日4本目の記事は、ちょっとした雑感メモです。当ウェブサイトでは、サッカーW杯の話題にはあまり触れていませんが、隣国のメディアの報道を見ていて、「スポーツマンシップ」とはかけ離れた「歪んだ心理」に対する違和感を自分なりにまとめておきたいと思います。

(さらに…)

2018/06/25: 【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃 

本日『毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界』という記事を公表したばかりですが、もう1つ、日本経済新聞の報道で興味深い話題もありました。そこで、本日は「支持率ゼロ%の衝撃」などの話題を追加でお届けしたいと思います。

(さらに…)

2018/06/25: 開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10)

当ウェブサイトではこれまで、「ブログや評論サイトがアクセス数を増やすためのテクニック」についてあまり触れて来ませんでした。しかし、当ウェブサイトは今年に入ってからページビュー数が増えており、その背景について、自分なりに考えられる理由と工夫についてまとめておいても損はないと思うようになりました。

(さらに…)

2018/06/25: 毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2)

昨日、毎日新聞の6月の内閣支持率が発表されました。これを見て私は、新聞やテレビがいっしょうけんめい「もりかけ問題」の火を点けようとしていても、次第に人々がそれに騙されなくなりつつあるのではないかと思うようになりました。

(さらに…)

2018/06/24: 【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3)

新聞記者様は社会のエリートかもしれませんが、別にエロサイトを見てはならないと申し上げるつもりはありません。しかし、間違った認識で産経新聞社に対する名誉棄損を行ったのだとすれば、本来、真っ先にやるべきことは、言い訳ではありません。謝罪です。

(さらに…)

2018/06/24: 北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6)

「一見すると地味ながら、あとから振り返ってみると、実は非常に重要なニュースだった――」。そんなニュースになる可能性がある話題を発見しました。

(さらに…)

2018/06/23: 【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2)

本日2本目の記事は、普段と少しだけ趣向を変えて、ウェブサイトを運営していると悩まされる「コメント」や「スパム・コメント」の問題について雑感を綴っておきたいと思います。

(さらに…)

2018/06/23: 北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7)

北朝鮮に対する支援論については、昨日も『日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ』で触れたばかりですが、いくつか補足したい論点もあるので、本日は「条件付き人道支援論」などを紹介したいと思います。

(さらに…)

2018/06/22: 【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6)

昨日の『【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」』に続いて、本日も、NHK利権がらみの話題を紹介します。それは、NHKがテクノロジーを潰そうとしている、というものです。

(さらに…)

2018/06/22: 【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1)

韓国で、果たして「トリプル安」は発生するのでしょうか?

(さらに…)

2018/06/22: 押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1)

最近、当ウェブサイトの読者コメントなどでは、貴重な情報を提供下さる方が増えています。「押し紙、再販、記者クラブ」などに関して、J-CASTニュースというウェブサイトに特集記事が組まれていたそうです。しかも、今から10年前に、です。

(さらに…)

2018/06/22: 日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4)

やっぱり出て来ました。「北朝鮮が改革開放に踏み切れば、大規模な経済発展が見込める」、「だから日本は北朝鮮を敵視する政策をやめるべきだ」、という主張です。「日本蚊帳の外」理論の変形とでもいえば良いでしょうか?ただ、この手の主張をする人たちには、根本から欠落している視点がいくつかあります。

(さらに…)

2018/06/21: 【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12)

ソニー株式会社の株主総会で、株主側から貴重な提案が出たそうです。おそらく、人々のニーズ、経済合理性にマッチする行動を取らなければ、たとえNHKといえども、やがて崩壊することは免れないでしょう。

(さらに…)

2018/06/21: 【昼刊】金正恩訪中の2つの目的と日本批判の真意 

金正恩が昨日、3度目の訪中を終えて北朝鮮に帰国したそうです。おそらくこの訪中には、経済制裁の緩和ないしは解除を懇願するという狙いに加え、北朝鮮が米国と中国を両天秤に掛けようとしているという側面もあると私は考えています。それと同時に、北朝鮮が日本を厳しく批判している点についても、見逃せません。

(さらに…)

2018/06/21: 危なっかしい米国の北朝鮮外交 (1)

「時代は『米朝対立』から『米中対立』へ…」。最近、こんな議論をあちこちで見かける気がします。現在の米国が、本気で北朝鮮問題を片付けて中国問題に国力をシフトさせようとしている節がありますが、果たしてこうした姿勢は正しいのでしょうか?

(さらに…)

2018/06/21: ブログの社会的役割と経済 

ここ数日、当ウェブサイトにはいくつかのご意見も賜り、それに対する反論の機会をうかがっていました。また、私自身が以前から書きたいと思っていたテーマもありました。そこで、両者を統合する意味で、そもそも当ウェブサイトを運営する目的、私自身が参考にしているブログサイト、そしてウェブの社会的な役割について、簡単に述べておきたいと思います。

(さらに…)

2018/06/20: 【夕刊】パフォーマンス政治家を許すな! (1)

パフォーマンス政治家を許してはならない――。思わずそうつぶやいてしまいそうな、酷い情報を発見しました。

(さらに…)

2018/06/20: 【昼刊】米朝会談に「中国ファクター」・福島氏の秀逸な論考 

「米朝首脳会談が終わった直後に米中貿易戦争」。この2つの流れを結びつけるならば、ドナルド・J・トランプ米大統領が「北朝鮮核問題など取るに足らない問題だ」、「これからは米中対立の時代だ」と考えている証拠ではないかと思うのです。本日は、日経ビジネスオンラインに掲載された福島香織氏の論考をベースに、これについて触れるとともに、「優れたジャーナリスト」の社会的意義について再確認してみましょう。

(さらに…)

2018/06/20: 「折込チラシ」という新聞業界の経営基盤が崩壊する! (4)

以前、『埼玉県民様から:「日本の広告費2017」を読む』という記事の中で、読者の方から教えて頂いた話題をベースに議論を展開しました。本日も「埼玉県民」様から貴重な情報を頂きましたので、「折り込みチラシ」という観点から、新聞業界の苦境を眺めてみたいと思います。

(さらに…)

2018/06/20: 記事評:説得力のない「筋論の日本、量の中国」という単純比較 (1)

大手オピニオン・サイトの1つである『日経ビジネスオンライン』といえば、優れた記事や優れていない記事が色々と掲載されるウェブサイトでもあります。このウェブサイトに昨日掲載された記事のなかで、少し「議論の仕方」に違和感のあるものを発見しました。

(さらに…)

2018/06/19: 【夕刊】米朝首脳会談の結果、安倍政権支持率が上昇した理由 (4)

昨日の『【昼刊】叩き続けなければ浮上する政権支持率』の続きとして、いくつかのメディアの支持率調査を追加したうえで、これらについて簡単にコメントしておきたいと思います。

(さらに…)

2018/06/19: 【昼刊】民間団体調査で日韓好感度逆転の衝撃 

民間団体の「言論NPO」が公表した日韓両国の共同世論調査結果によれば、「相手国に対して良い印象を持っている」と答えた比率が日韓で逆転。しつこすぎる韓国の「歴史問題」に日本国民が辟易している様子が浮き彫りとなっています。

(さらに…)

2018/06/19: ビジネスマンが読み解く「リテラシー」の重要性 (8)

最近、時事的な話題を眺めていると、どうも意図的に読者の誤解を招こうとするニュース記事や、明らかに誤読に基づくと思われるインターネット掲示板の書き込みなどが目につくようになった気がします。

(さらに…)

2018/06/19: 慰安婦問題の落とし前 (4)

韓国側が慰安婦合意を事実上、反故にする意思を、まだ捨てていないことがわかりました。ただ、これは私たち日本にとっては貴重なチャンスでもあります。

(さらに…)

2018/06/18: 【夜刊】菅官房長官の発言を曲解する輩 (5)

菅義偉官房長官が本日の国会で、「北朝鮮の非核化で恩恵受ける国が費用を負担するのは自然だ」と発言し、これについて一部では感情的な反発が出ているようですが、こうした「中身を読まない条件反射的な反発」は、冷静な議論をするうえで有害ですらあります。

(さらに…)

2018/06/18: 【夕刊】米韓同盟の消滅が見えてきた (1)

米韓合同軍事演習が「中止される」、あるいは「無期限停止される」、といった報道が、先週末からちらほら出始めています。これについてどう見るべきなのか、ですが、私は「米韓関係の悪化は北朝鮮問題とは独立である」と考えています。

(さらに…)

2018/06/18: 【昼刊】叩き続けなければ浮上する政権支持率 (1)

マス・メディアが安倍政権を叩き続けなければ、安倍政権に対する支持率は上昇してしまう――。この結果がくっきりと示されたのが、主要メディアによる世論調査だと思います。

(さらに…)

2018/06/18: 朝日新聞よ、また偏向報道か 

朝日新聞が仕掛けた「もりかけ問題」や、野党の皆さんが仕掛けた「20連休」という要因もあるのでしょうか、6月20日に会期末を迎える今国会が延長される見通しとなりました。しかし、野党も朝日新聞も、「どの口がそれを言うのか」と言いたくなるようなセリフを平然と吐いているようです。

(さらに…)

2018/06/17: 【夕刊】非核化コストと北朝鮮に対する経済支援を同一視する愚 (4)

「安倍(総理)が北朝鮮にカネを払うと言った!」。こういう意見を言い放つ輩のことを、「短絡的なバカウヨク」とでもいえば良いのでしょうか。

(さらに…)

2018/06/17: 「不誠実」という意味では南北同じ (6)

北朝鮮は「日本人拉致問題は解決済みだ」と言い放ち、韓国では「戦時賠償問題は解決していない」と言い放つ…。朝鮮半島は南北に別れていますが、どちらの国も、法と正義を守らないという共通点があります。彼らとお付き合いするうえで重要なのは、「粛々と、法と正義に則って対応すること」ではないでしょうか?

(さらに…)

2018/06/16: 【夕刊】ライダイハン問題――韓国に突き刺さる、盛大なブーメラン 

「ライダイハンとは、大韓民国がベトナム戦争に派兵した韓国人兵士による現地ベトナム人女性に対する暴行により生まれた子供である」――。この「闇」は、しかし、現代の韓国では「なかったこと」にされているようです。こうしたなか、韓国には現在、盛大なブーメランが突き刺さりつつある――のかもしれません。

(さらに…)

2018/06/16: 大好評・「朝鮮半島の将来シナリオ」2018年6月版 

当ウェブサイトの「大人気コンテンツ」の1つが、「朝鮮半島の将来シナリオ」です。米朝首脳会談も終了したタイミングでもあるので、本日は、「朝鮮半島の将来シナリオ・2018年6月版」を更新しておきたいと思います。

(さらに…)


それ以前の記事

スポンサーリンク



価値あるビジネス評論をお楽しみください

日韓スワップ特集

日韓スワップ特集日韓スワップ特集
  • 【夕刊】韓国が絶対に呑...
  • 韓国側の日韓スワップ待...
  • 「韓国のジレンマ」:ウ...
  • 「利上げしても地獄、利...
  • 日韓スワップ論に関する...
  • 【夕刊】韓国の外貨準備...
  • 【夕刊】アフリカ諸国「...
  • 【準保存版】韓国の外貨...
  • 日本のスワップ問題を振...
  • 【昼刊】それって「通貨...
  • 往生際の悪い韓国メディ...
  • 【昼刊】日中スワップと...
  • まったく予想通りの日中...
  • 【昼刊】中央日報で辿る...
  • (追記あり)【夕刊】呆...
  • 【昼刊】「外貨準備高最...
  • 通貨スワップ(BSA)...
  • 韓国で猛威を振るった「...
  • 韓国紙「韓国の外貨不足...
  • 日韓スワップ:スイスで...
  • スイスは韓国の通貨危機...
  • 「外交カード」で見る日...
  • 中国の対韓サラミスライ...
  • もう日本とのスワップは...
  • 【速報】カナダ・韓国間...
  • 人民元 狂喜乱舞も落ち...
  • 毒まんじゅうを食らい、...
  • 【速報】聯合ニュース・...
  • また一歩、自滅に近付い...
  • まぁ多分ウソでしょうね...
  • 中韓スワップ延長報道の...
  • 中韓スワップ失効前夜、...
  • そんなスワップ延長して...
  • 財務省の日韓スワップロ...
  • 業務資料集:日韓スワッ...
  • 中韓スワップの本当のと...
  • ウォンの急落は、突然に...
  • 為替介入についての基礎...
  • 久しぶりに読む韓国統計...
  • 韓国経済は外貨不足で自...
  • 金融リーダーシップを狙...
  • AIIBと通貨スワップ...
  • またぞろ復活!日韓スワ...
  • 日韓スワップ再開論
  • 北朝鮮情勢の緊迫化:「...
  • スワップに苦しむ韓国の...
  • インドネシアとのスワッ...
  • 韓国を待ち受ける「ギリ...
  • 韓国は為替操作国だ―外...
  • インドネシアとの通貨ス...
  • 豪ドル・スワップは「焼...
  • 【速報】韓国、オースト...
  • スワップ協定全般アップ...
  • 日韓スワップ再開は潰え...
  • そろそろ韓国経済破綻へ...
  • 韓国経済、あと1年が勝...
  • 慰安婦問題を巡る本当の...
  • 【速報】中途半端ながら...
  • 新春ネタ「三つの経済爆...
  • あれほど「為替介入と量...
  • 「約束を破る国」の通貨...
  • 日韓スワップ再開はペン...
  • 日韓スワップ巡る「麻生...
  • 韓国の外貨準備の75%...
  • 速報【産経報道】日韓ス...
  • 深刻化する韓国経済危機...
  • 片山さつき氏の日韓スワ...
  • 老獪な菅官房長官の「日...
  • 「韓国経済崩壊論」と韓...
  • 専門家が見る、韓国が「...
  • 韓国から見た日韓スワッ...
  • SDRとは?
  • 「日韓通貨スワップ協定...
  • 日韓スワップ「500億...
  • 専門知識解説:「日韓通...
  • <保存版>ハード・カレ...
  • 日韓通貨スワップ協定巡...
  • 日韓通貨スワップと安倍...
  • 人民元国際化特集

    人民元/日韓スワップ人民元/日韓スワップ特集
  • 【朝刊】米中貿易戦争は...
  • 【夕刊】AIIBと中国...
  • 【夕刊】アフリカ諸国「...
  • 【昼刊】日中スワップと...
  • まったく予想通りの日中...
  • 危険なパンダ債と「日中...
  • 成果に乏しい日中金融対...
  • AIIBの現状整理・2...
  • 金融庁よ、AIIBにゼ...
  • 為替介入についての基礎...
  • AIIB格付問題と銀行...
  • 華々しいAIIB、実態...
  • 日本は通貨スワップでA...
  • 【逆説】日本がAIIB...
  • ドイツと中国の意外な類...
  • 今週の振り返り:朝日捏...
  • 成果に乏しい一帯一路フ...
  • AIIB巡る時事通信の...
  • AIIB「参加意思表明...
  • 【速報】AIIB加盟論...
  • 専門家が見る、中国金融...
  • ADBとAIIBの「役...
  • AIIBと通貨スワップ...
  • 人民元のお寒い現状
  • 金融から見た中国の「3...
  • AIIBとISDAマス...
  • 「AIIBにカナダが加...
  • AIIBと人民元―失敗...
  • 中国の外貨準備統計は信...
  • 鳴物入りのAIIB、ど...
  • 「人民元、カナダドルに...
  • AIIBの参加国は約6...
  • 人民元やAIIB巡るダ...
  • オフショア人民元市場で...
  • インドネシア高速鉄道案...
  • 中国人民網から見える「...
  • 日本はAIIBに参加す...
  • AIIBの現状整理
  • 銀行経理的に見た中国の...
  • SDRとは?
  • SDRと人民元と「国際...
  • 人民元「主要通貨」報道...
  • <保存版>ハード・カレ...
  • 人民元のハード・カレン...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加    

    評論記事30件表示(※スクロールします)

  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか?
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (3コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 当ウェブサイトについて

    知的好奇心を刺激する独立系ビジネス評論メディア

    「新宿会計士の政治経済評論」とは、金融専門の公認会計士である「新宿会計士」とが、金融、国内政治、経済、外交などについての評論を掲載するビジネス評論メディアです。毎日1~2回、更新しています。

    当ウェブサイトの引用・転載について

    当ウェブサイトの内容は引用も転載も自由であり、事前許可は必要ありません。ただし、引用・転載に際しては、内容が曲解されないように、必ずリンク元を明示してください。

    当ウェブサイトからのお知らせ

    著者とのコンタクト

    コンタクトにつきましてはメールにて受け付けております。
    info@shinjukuacc.com
    なお、当ウェブサイトのコンテンツを他のウェブサイトへ引用・転載等することは自由であり、特段、著者の許諾を取る必要はありませんが、印刷物に転用するなど、商業利用される場合には事前にご連絡をください。

    スポンサーリンク

    • Facebook
    • Hatena
    • twitter
    • Google+

    当ウェブサイトについて

    当ウェブサイトは独立系ビジネス評論サイトです。コメント、引用、転載は自由です(詳しくはこちら)。

    スポンサーリンク・広告

    外部リンク

    著者略歴等

  • 新米パパとして日々奮戦中!
  • <資格・職歴等>

    • 都内の4年制私大出身
    • 国家Ⅰ種(経済職)合格
    • 2004年公認会計士開業登録
    • 監査法人で約6年勤務
    • 金融機関で約9年勤務
    • 2015年10月:都内で起業、現在に至る
    • 2016年7月:専門評論ウェブサイト「新宿会計士の政治経済評論」を開設
    • 2017年1月:月間PV数10万件を達成

    <専門分野と主著>

    • 【専門】金融商品会計・金融規制
    • 【著書】単著4冊/共著3冊(いずれも金融商品会計基準や金融規制などの専門書籍)
    • 【活動】経理専門誌、金融業界紙に記事を執筆中

    <知的好奇心の宝庫>

    ウェブサイトのコンセプトは「知的好奇心を刺激する、無料で読めるクオリティ評論」です。どうかご愛読をお願い申し上げます。
    著者近影 詳しくは『このサイトについて』のページもご参照ください。

    最近のコメント

    • twitter

    スポンサーリンク・広告




    スポンサーリンク・広告




    過去に更新していた「ブログ」

  • 「新宿会計士のブログ(アメブロ側)」
  • 「新宿会計士のブログ(楽天ブログ側)」