昨日と一昨日は中断してしまった『数字で読む日本経済』シリーズ、本日から再開します(といっても、順調にいけばあと数回で終わる予定ですが…)。本稿では『数字で見る、「日本人はどこの国に居住しているのか」』の続きとして、今度は「日本に住む外国人の出身国」について眺めておきたいと思います。本稿についてはとくに、「客観的な数字をベースとしつつ、これをどう解釈するか」が大きくわかれる部分でもありますが、本日は当ウェブサイトとしての見解をできるだけ抑えつつ、事実に即した数字の紹介に努めたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/11/25 11:11 追記

図表6と図表7が誤っていました。中国人、韓国人が在留外国人全体に占める比率について、修正します。

中断してしまいました

当ウェブサイトで今月初旬に開始した連載『数字で読む日本経済』シリーズ、例の「日韓GSOMIA騒動」を取り上げることに注力したため、昨日と一昨日は2日間連続で休刊してしまいました。

あらためて、『数字で見る、「中韓は日本経済にとって不可欠」の真相』と『数字で見る、「日本人はどこの国に居住しているのか」』では、「ヒト・モノ・カネ」という側面から、日本と外国との関係を眺めてみようとする企画ですが、それぞれにテーマが重いため、数回に分けて取り上げています。

このうち、「ヒト」という側面に着目すれば、

  • ①日本人がどの国に渡航しているのか(短期滞在)
  • ②日本人がどの国に居住しているのか(長期滞在)
  • ③日本に渡航する外国人はどこから来たのか(短期滞在)
  • ④日本に居住する外国人はどこから来たのか(長期滞在)

という4点について議論するのが正式ですが、このうち①については当ウェブサイトとして取り上げることはしません。その理由は、日本政府は日本国民がどこの国に渡航したか(日本人の海外旅行先など)についての統計を公表していないからです。

日本人が具体的海外旅行先については、諸外国が公表している「国籍別入国者数」のようなデータを集める必要がありますし、また、集めたとしても、集計されている基準やタイミングなどが異なるため、統一的な尺度で比較することが難しい、というのが実情でしょう。

(ただし、これについてはJTB総研がデータを集めたうえで、『アウトバウンド 日本人海外旅行動向』というウェブページで非常に見やすい形に集計し、公表してくれていますので、ご興味がある方はエクセルファイルをダウンロードしてみても良いかもしれませんね。)

一方で、③については日本政府観光局(JNTO)が毎月公表しているデータがあり、これについては本連載『数字で読む日本経済』でわざわざ取り上げなくても、普段から当ウェブサイトにて議論しています(今月に関しては『訪日旅客減少はむしろ観光客の中韓依存を是正する好機』で取り上げました)。

訪日旅客減少はむしろ観光客の中韓依存を是正する好機

もっとも、本連載を書籍化(?)する機会があれば、その論点についても収録しても良いかな、と思っていますが…(笑)

外国からやってくる人々

もうひとつの「長期滞在データ」

さて、『数字で見る、「日本人はどこの国に居住しているのか」』では、「ヒトの流れから着目した日本と外国との関係」という視点で、外務省が発表する『海外在留邦人数調査統計』のデータを紹介し、

  • 海外に住む日本人は2018年10月時点で約139万人で、うち過半数の約74万人が北米と西欧に居住している
  • とくに米国に居住する日本人は多く、米国だけで全体の3分の1近くに相当する約45万人が居住している
  • アジアに居住する日本人は40万人少々であり、米国一国に居住する日本人数を下回っていて、内訳は中国、タイ、韓国、シンガポールの順である

といった事実を確認しました。

日本の総人口の1%少々が外国に居住しているということですが、地理的に近いアジアだけでなく、地理的に遠い欧米諸国にも多数の日本人が居住しているというのは、非常に興味深い点です。なぜなら、日本社会が「近くのアジア」より「遠くの米国」を重視している証拠だからです。

おりしも『数字で見る、「中韓は日本経済にとって不可欠」の真相』では「カネ」の面から、日本の外国に対する投資残高を確認したところ、やはり金額で見れば、アジアよりも欧米の方が日本にとって遥かに重要だ、という状況になっていることが判明しました。

つまり、「日本から見て」、最も重要な外国は欧米諸国(とくに米国)であり、アジア各国(とくに中国や韓国)の比重は物理的な距離の近さのわりに小さい、ということがいえるのだと思います。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

ただし、「ヒトの流れ」という視点から無視できないのは、「日本に居住する外国人」です。

これについては、法務省が発表する『在留外国人統計(旧登録外国人統計)統計表』というウェブサイトで、2012年12月末以降、半年ごとに発表されている「在留外国人」のデータを確認することができます。

といっても、法務省のデータの公表方式が非常に稚拙であり、現時点で手に入る最新データが2018年12月のものと非常に古いうえ、これらのデータは『統計で見る日本』というウェブサイトに飛ばされたうえ、いきなり大量のファイルに直面するという、極めてユーザー・アンフレンドリーな作りです。

しかし、こうした非常に酷いウェブサイトから我慢していくつかのデータを取得してみると、非常に興味深いことが判明します。

在留外国人の定義

ちなみに本論とはあまり関係ありませんが、法務省の定義によれば、日本に滞在している外国人は、どうやら次の4つの概念で定義されるようです(図表1)。

図表1 日本に滞在している外国人
用語概要備考 
中長期在留者「出入国管理及び難民認定法上の在留資格をもってわが国に在留する外国人のうち、次の①~④以外の者。」

  • ①3月以下の在留期間が決定された者
  • ②短期滞在の在留資格が決定された者
  • ③外交または公用の在留資格が決定された者
  • ④台湾日本関係協会の本邦事務所、駐日パレスチナ総代表部の職員など
短期滞在者は観光・商用ビザなど
在留外国人中長期在留者+特別永住者特別永住者については後述
総在留外国人在留外国人+上記①~④外国人観光客などもカウントされる
在留資格を有しない者(法務省資料に定義なし)いわゆる不法在留者

(【出所】法務省、総務省ウェブサイトの資料等を参考に著者作成)

上記のとおり、「在留外国人」、「総在留外国人」など、さまざまな用語が入り乱れていて、かつ、定義も決してわかりやすくないため、データも非常に読み辛いのが難点です。

ですが、本稿で取り上げるデータはこのうち「在留外国人」であり、ざっくりいえば、

  • 観光・商用で短期滞在している外国人は含まれない
  • 外交官、大使館員などは含まれない
  • 特別永住者(※大多数は韓国・朝鮮人)は含まれる

ということです。

在留者のトップは中国人

さて、早速ですが、「在留外国人」の内訳を確認してみましょう(図表2図表3)。

図表2 在留外国人・地域ごとの区分
集計区分2018年12月時点構成比
アジア2,279,09783.47%
ヨーロッパ80,2212.94%
アフリカ16,6220.61%
北米73,6032.70%
南米265,2149.71%
オセアニア15,6600.57%
合計2,730,417100.00%

(【出所】法務省『在留外国人統計(旧登録外国人統計)統計表』より著者作成)

図表3 在留外国人・国籍別トップ10
国籍・地域2018年12月構成比
中国764,72028.00%
韓国・朝鮮479,19317.55%
ベトナム330,83512.11%
フィリピン271,2899.93%
ブラジル201,8657.39%
ネパール88,9513.26%
台湾60,6842.22%
米国57,5002.11%
インドネシア56,3462.06%
タイ52,3231.92%
その他367,31113.45%
合計2,731,017100.00%

(【出所】法務省『在留外国人統計(旧登録外国人統計)統計表』より著者作成。なお、「韓国・朝鮮」とあるのは、元データでは2015年12月から「韓国」「朝鮮」に分けられたが、ここでは両者を集計表示している)

いかがでしょうか。

これで見て頂ければ一目瞭然ですが、日本にやって来て、在留している人たちは、その圧倒的多数がアジア出身者です。辛うじて米国が8位に食い込んでいますが、米国以外の欧米諸国出身者といえば、

  • 英国…17,943人
  • フランス…13,355人
  • 豪州…11,406人
  • カナダ…10,713人
  • ロシア…8,987人
  • ドイツ…7,370人

…、といった状況です。

つまり、外国に居住する日本人の圧倒的多数(約45万人)が米国に住んでいるのに、日本に住む米国人はその12%程度に過ぎない、ということです。

減少する一方の「特別永住者」

次に、日本に滞在している外国人のなかには、「特別永住者」と呼ばれる人たちがいます。

これは、『日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法』という法律に基づき、「平和条約国籍離脱者」とその子孫は、基本的に日本に永住できるとする制度のことです。

(※なお、本稿は「特別永住許可を受けたい」と思う人に向けて執筆している記事ではありませんので、細かい条件などについては居住している市町村の役所などに問い合わせてください)。

この内訳について眺めてみると、図表4のとおり、ほぼ全体の99%近くが「韓国・朝鮮」で占められています。

図表4 特別永住者の国籍別内訳

(【出所】法務省『在留外国人統計(旧登録外国人統計)統計表』より著者作成)

逆にいえば、先ほどの図表3で示した、2018年12月末時点で日本に在留する「韓国・朝鮮」の人々479,193人のうち、161,495人(つまり全体の3分の1強)は、「特別永住者」ではなく「ニューカマー」だ、ということです。

ためしに、2012年12月末以降でその人数の推移を取ってみましょう(図表5。なお、この図表は縦軸がゼロで始まっていませんので、表示には十分、注意してください)。

図表5 「韓国・朝鮮」籍の特別永住者数の推移

(【出所】法務省『在留外国人統計(旧登録外国人統計)統計表』より著者作成。なお、2015年12月以降は「韓国」「朝鮮」の合算値)

いかがでしょうか。

この図表を見れば、国籍・地域が「韓国・朝鮮」となっている特別永住者の数は一貫して減り続けていることがわかります。年によってバラツキはありますが、ざっとみて、毎年3%程度、人数にして1万人弱ほど減り続けている計算であり、グラフに示した6年間でも20%近く減少しています。

「特別永住者」数が減り続けている理由は定かではありませんが、やはり、「特別永住者」は特別立法に基づくものであり、「特別永住者に子供が生まれた場合」などを除いて基本的に新たに承認されることはないと考えられることから、少なくとも増加に転じる可能性はないと考えて良いでしょう。

※余談ですが、特別永住者数がこのまま年間数千人単位で減り続ければ、あと一世代(約30年)も経過すれば、特別永住者は数えるほどしかいなくなるのではないかと思います。

中韓出身者は増加しているが…

ちなみに、在留外国人のうち、中国(図表6)、「特別永住者を除く韓国・朝鮮」(図表7)の推移についても示しておきましょう(※なお、この2枚の図表も、グラフの縦軸がゼロから始まっていません。読み方には注意してください)。

図表6 中国籍の在留外国人と在留外国人全体に占める比率の推移

(【出所】法務省『在留外国人統計(旧登録外国人統計)統計表』より著者作成)

図表7 「韓国・朝鮮」籍(特別永住者除く)と在留外国人全体に占める比率の推移

(【出所】法務省『在留外国人統計(旧登録外国人統計)統計表』より著者作成)

いかがでしょうか。

たしかに中国、韓国の出身者の絶対数自体は増えているのですが、日本に在留する外国人が増え続けていることと照らし合わせると、全体に占める割合自体は減っている、ということも確認できます。

このことから、日本には中韓からも多くの人々が在留するようになっているということに加え、中韓以外の国からも、多くの外国人がやって来て日本に定住し始めている、という事実が浮かび上がってくるでしょう。

(広告・スポンサーリンク)



グローバル化

さて、外国から日本に多くの人々がやってくることについて、どう考えるべきでしょうか。

よく、一部の過激な主張をする人からは、「外国人は排斥しろ」という意見を聞きますが、基本的に「外国人」というだけで自動的に「排除すべきだ」という考え方は間違いです。優秀な外国人やおカネ持ちの外国人に日本に来ていただけるのは、基本的に日本の国益に資することでもあります。

もちろん、経済がグローバル化すれば、なかには好ましからざる国から「経済難民」などの形で日本にやってくる、というケースもあるでしょうし、実際、日本国内には積極的に経済難民を受け入れて定着させようとしている勢力もいるようです。

また、「日本経済が衰退している」などと言われながらも、以前として日本を目指す人々が多いというのは、いまだに日本経済がアジア圏から見て魅力的だと思われている証拠でもあるため、痛しかゆし、といったところでしょうか。

もちろん、「好ましくない外国人もやって来てしまう」というのは、グローバル化の負の側面であり、これは何も日本だけの問題ではありません。しかし、今後の日本は、いかにして経済難民の流入を避けつつ、いかにして優秀な外国人に来てもらうかというのが、大きな課題であることは間違いないでしょう。

参考:過去リンク

2019/12/07 05:00: 韓国「ノージャパン運動」の日本経済への影響は限定的 (11)
2019/12/05 05:00: 日韓往来の「一千万人時代」、あっけなく1年で終了へ (13)
2019/12/04 05:00: 数字で検証する、「対韓輸出規制が日本経済に打撃」説 (18)
2019/12/03 05:00: 貿易統計をじっくり読むと浮かぶ、日本経済の意外な姿 (18)
2019/12/01 05:00: いま話題の日韓関係、「数字」でじっくりと読んでみた (28)
2019/11/29 05:00: 日本経済を客観的な数字で読んでみた結果を総括します (14)
2019/11/28 05:00: 貿易統計に見る「意外と貿易依存度が低い日本」の現状 (8)
2019/11/26 13:15: 「消費税20%」で日本をぶっ壊す!悪の組織・財務省 (22)
2019/11/25 05:00: 数字で見る、「在留外国人数」とわが国のグローバル化 (6)
2019/11/22 05:00: 数字で見る、「日本人はどこの国に居住しているのか」 (10)
2019/11/21 05:00: 数字で見る、「中韓は日本経済にとって不可欠」の真相 (8)
2019/11/20 05:00: 外貨準備と通貨スワップ 通貨危機を防ぐための仕組み (13)
2019/11/19 05:00: 「国際収支のトリレンマ」に逆らった国・スイスの末路 (13)
2019/11/18 05:00: 欠陥通貨・ユーロとギリシャ問題を日本に当てはめるな (15)
2019/11/17 05:00: 通貨の機能と外貨準備統計から見た日本円の実力とは? (4)
2019/11/16 05:00: 日本は世界最大の債権国だが、手放しに喜べない理由も (13)
2019/11/15 05:00: 金融機関を苦しめているのはマイナス金利政策なのか? (10)
2019/11/14 05:00: 金融機関が「リスクマネー」の供給主体になり辛い理由 (16)
2019/11/13 05:00: 日本の家計はおカネ持ち 金融資産だけで1860兆円 (25)
2019/11/12 05:00: 通貨と国債 「国の信用」という意味で究極的に同一物 (24)
2019/11/11 05:00: 国債を圧縮する王道とは、インフレと経済成長の達成だ (20)
2019/11/10 05:00: 国の借金を問題視するわりに、なぜ資産を無視するのか (17)
2019/11/09 05:00: 新シリーズ「数字で読む日本経済」と「国の借金」理論 (27)
2019/11/08 05:00: 増税から1ヵ月 数字で読む「財政再建論の大間違い」 (15)

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/12/11 06:00 【RMB|金融
    デジタル人民元と犯罪資金、そして最新BIS統計
  • 2019/12/11 05:00 【韓国崩壊
    朝鮮半島8つのシナリオと「韓国の軍事クーデター説」 (8コメント)
  • 2019/12/10 13:00 【金融
    麻生総理が「対韓金融制裁」に言及したことの意味 (25コメント)
  • 2019/12/10 12:00 【国内政治
    麻生太郎総理、「憲法改正なら4選覚悟せよ」 (27コメント)
  • 2019/12/10 06:00 【韓国崩壊|金融
    対韓輸出管理、今後さらに厳格化される可能性を考える (31コメント)
  • 2019/12/10 05:00 【マスメディア論
    御礼 いつの間にかツイッターフォロワー2000人に (8コメント)
  • 2019/12/09 10:45 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    日韓通貨スワップ待望論は韓国経済「危険水域」の証拠 (26コメント)
  • 2019/12/09 06:00 【外交
    「非核化交渉離脱宣言」は北朝鮮自身が困っている証拠 (28コメント)
  • 2019/12/09 05:00 【時事|韓国崩壊
    梶山弘志経産相「輸出管理が議題になることはない」 (21コメント)
  • 2019/12/08 14:45 【マスメディア論|時事
    テレ朝は朝生を終了し、田原総一郎氏を降板させるべき (29コメント)
  • 2019/12/08 05:00 【韓国崩壊
    外国に支配される韓国市場 鈴置氏の警告をどう読むか (44コメント)
  • 2019/12/07 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/12/07(土) (158コメント)
  • 2019/12/07 10:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見たGSOMIA騒動既視感 (51コメント)
  • 2019/12/07 05:00 【数字で読む日本経済
    韓国「ノージャパン運動」の日本経済への影響は限定的 (11コメント)
  • 2019/12/06 15:15 【時事
    韓国メディアの「逆ギレ」と北朝鮮の突然の体制崩壊 (36コメント)
  • 2019/12/06 11:40 【時事|外交
    米政府が中東への兵力増派を示唆 (6コメント)
  • 2019/12/06 06:00 【韓国崩壊
    「日本は韓国に譲歩するべきである」論の盛大な勘違い (59コメント)
  • 2019/12/06 05:00 【マスメディア論
    不動産の稼ぎで「科学否定の硬派な新聞」発行しては? (26コメント)
  • 2019/12/05 16:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報「韓日首脳会談前に輸出規制解決策も?」 (25コメント)
  • 2019/12/05 12:12 【時事|経済全般
    フランス革命から230年目にして衝撃の真実が発覚? (28コメント)
  • 2019/12/05 10:00 【マスメディア論|時事
    元俳優で韓国籍の朴慶培被告の実名を報じない理由は? (26コメント)
  • 2019/12/05 06:00 【韓国崩壊
    「日韓ゼロサムゲーム」からの脱却には何が必要なのか (24コメント)
  • 2019/12/05 05:00 【数字で読む日本経済
    日韓往来の「一千万人時代」、あっけなく1年で終了へ (13コメント)
  • 2019/12/04 17:00 【時事|経済全般
    対馬・釜山航路乗客が95%減少 (25コメント)
  • 2019/12/04 13:15 【日韓スワップ|金融
    韓国の外貨準備高の増減の動向分析と「為替介入疑惑」 (7コメント)
  • 2019/12/04 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/12/04(水) (49コメント)
  • 2019/12/04 11:30 【マスメディア論|国内政治
    桜を見る会の「もりかけ問題」化にどう対抗するか (38コメント)
  • 2019/12/04 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で検証する、「対韓輸出規制が日本経済に打撃」説 (18コメント)
  • 2019/12/03 22:00 【時事|韓国崩壊
    USDKRWが再び1190ウォンの大台超過 (16コメント)
  • 2019/12/03 12:30 【時事|韓国崩壊
    順調にデフレ化する韓国経済 (32コメント)
  • 2019/12/03 10:00 【マスメディア論|時事
    流行語大賞と「表現の自由」と「批判の自由」 (23コメント)
  • 2019/12/03 06:00 【時事|韓国崩壊
    ネセサリーロスで読む 日経世論調査と日韓関係の未来 (14コメント)
  • 2019/12/03 05:00 【数字で読む日本経済
    貿易統計をじっくり読むと浮かぶ、日本経済の意外な姿 (18コメント)
  • 2019/12/02 12:30 【時事|韓国崩壊
    上皇陛下侮辱の国会議長が「ゴミ法案」を強行するわけ (32コメント)
  • 2019/12/02 10:45 【時事|金融
    韓国政府「人員の5割増」だけでは問題は解決されない (28コメント)
  • 2019/12/02 06:00 【マスメディア論
    社会が健全ならウソツキは淘汰される それだけのこと (16コメント)
  • 2019/12/02 05:00 【韓国崩壊
    中国向け輸出低迷 韓国の輸出が12ヵ月連続で不振に (5コメント)
  • 2019/12/01 08:00 【時事|韓国崩壊
    土曜日の「鈴置論考」と金融市場の急変の怖さ (31コメント)
  • 2019/12/01 05:00 【韓国崩壊|数字で読む日本経済
    いま話題の日韓関係、「数字」でじっくりと読んでみた (28コメント)
  • 2019/11/30 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/30(土) (117コメント)
  • 2019/11/30 08:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    スワップは信頼と友好の証 最も重要な隣国と締結を! (19コメント)
  • 2019/11/30 05:00 【韓国崩壊
    韓国が輸出規制と誤る限り、措置撤回は不可能 (47コメント)
  • 2019/11/29 16:30 【マスメディア論|時事
    朝日新聞社、単体の中間決算は営業赤字に転落 (17コメント)
  • 2019/11/29 12:10 【時事|韓国崩壊
    時事通信「文喜相案巡り日本政府内に期待」、本当に? (29コメント)
  • 2019/11/29 06:00 【時事|金融
    香港人権民主主義法の本質は「対中輸出管理の強化」? (33コメント)
  • 2019/11/29 05:00 【数字で読む日本経済
    日本経済を客観的な数字で読んでみた結果を総括します (14コメント)
  • 2019/11/28 17:30 【時事|韓国崩壊
    ついに対韓ビール輸出がゼロに!そのインパクトとは? (28コメント)
  • 2019/11/28 11:15 【時事|韓国崩壊
    文喜相氏の「解決策」を絶賛する中央日報社説 (39コメント)
  • 2019/11/28 06:00 【韓国崩壊
    硬派メディア、「安倍総理が文喜相氏の基金案に共感」 (21コメント)
  • 2019/11/28 05:00 【数字で読む日本経済
    貿易統計に見る「意外と貿易依存度が低い日本」の現状 (8コメント)
  • 2019/11/27 18:30 【時事|国内政治
    立民、桜を見る会に対抗しシュレッダーを見る会を開催 (40コメント)
  • 2019/11/27 14:00 【時事|韓国崩壊
    輸出管理の本質は「政策対話から3年半逃げる韓国」 (35コメント)
  • 2019/11/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/27(水) (80コメント)
  • 2019/11/27 10:15 【時事|韓国崩壊
    韓国国会議長による自称元徴用工問題「解決」策が判明 (27コメント)
  • 2019/11/27 05:00 【韓国崩壊
    オプション理論から見る米韓関係 (36コメント)
  • 2019/11/26 17:40 【時事|韓国崩壊
    鈴置氏「GSOMIA後の米韓関係」に関する最新論考 (23コメント)
  • 2019/11/26 13:15 【数字で読む日本経済
    「消費税20%」で日本をぶっ壊す!悪の組織・財務省 (22コメント)
  • 2019/11/26 10:45 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「感情対立煽るな、韓日お互い自制せよ」 (49コメント)
  • 2019/11/26 05:00 【韓国崩壊
    韓国「日本が輸出規制を1ヵ月で撤回すると言った!」 (49コメント)
  • 2019/11/26 05:00 【雑感オピニオン
    お詫び:「数字で読む日本経済」シリーズについて (3コメント)
  • 2019/11/25 12:36 【時事|韓国崩壊
    菅官房長官、「政府として韓国に謝罪した事実はない」 (43コメント)
  • 2019/11/25 10:30 【時事|韓国崩壊
    月曜の韓国メディアの反応と「ウソツキ国家への対応」 (50コメント)
  • 2019/11/25 06:00 【韓国崩壊
    GSOMIA後の文在寅氏は「水に落ちた犬」なのか? (26コメント)
  • 2019/11/25 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で見る、「在留外国人数」とわが国のグローバル化 (6コメント)
  • 2019/11/24 21:45 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、「安倍は良心の呵責はないのか!」と逆ギレ (49コメント)
  • 2019/11/24 13:15 【マスメディア論|時事
    朝日出身者「支持率下がらないのは国民の側にも問題」 (64コメント)
  • 2019/11/24 05:00 【韓国崩壊
    土曜日の鈴置論考とGSOMIA騒動の「本当の教訓」 (75コメント)
  • 2019/11/23 16:00 【読者投稿
    【読者投稿】GSOMIA[事実上の延長」の真否 (45コメント)
  • 2019/11/23 14:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見た、韓国の教育の実態 (28コメント)
  • 2019/11/23 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/23(土) (75コメント)
  • 2019/11/23 10:10 【時事|韓国崩壊
    さっそくGSOMIA問題を曲解報道する韓国メディア (55コメント)
  • 2019/11/23 05:00 【韓国崩壊
    韓国の「GSOMIA瀬戸際外交」は日本の勝利だが… (42コメント)
  • 2019/11/22 22:41 【時事|韓国崩壊
    【資料】GSOMIA等を巡る日韓両国政府の発表内容 (40コメント)
  • 2019/11/22 18:38 【時事|韓国崩壊
    韓国政府の「GSOMIA条件付き延長」をどう見るか (84コメント)
  • 2019/11/22 17:15 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、GSOMIA破棄を「条件付き撤回通告」? (49コメント)
  • 2019/11/22 16:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国「GSOMIAパッケージディール」提案 (18コメント)
  • 2019/11/22 14:30 【時事|韓国崩壊
    GSOMIA特集 「困ったら逆ギレ」の黄金パターン (22コメント)
  • 2019/11/22 11:22 【時事|韓国崩壊
    中央日報「韓日両国首脳が目を覚ますことを望む」 (28コメント)
  • 2019/11/22 09:45 【時事|韓国崩壊
    米国防総省、「朝鮮日報は米軍一部撤収報道の撤回を」 (20コメント)
  • 2019/11/22 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で見る、「日本人はどこの国に居住しているのか」 (10コメント)
  • 2019/11/21 17:40 【時事|韓国崩壊
    GSOMIA終了前提?聯合ニュース、続々記事配信中 (35コメント)
  • 2019/11/21 12:00 【時事|韓国崩壊|金融
    「GSOMIA後」、大量格下げと金融不安も焦点に (41コメント)
  • 2019/11/21 10:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「安倍総理が徴用工財団案評価」、本当? (27コメント)
  • 2019/11/21 06:00 【経済全般
    訪日旅客減少はむしろ観光客の中韓依存を是正する好機 (21コメント)
  • 2019/11/21 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で見る、「中韓は日本経済にとって不可欠」の真相 (8コメント)
  • 2019/11/20 12:22 【時事|国内政治
    「裏取りを軽視」?ここまで来ると怪文書の類いでは? (28コメント)
  • 2019/11/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/20(水) (97コメント)
  • 2019/11/20 10:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅氏「GSOMIA巡り最後の瞬間まで努力する」 (48コメント)
  • 2019/11/20 06:00 【韓国崩壊
    土曜日以降の焦点はGSOMIA破棄より米韓同盟消滅 (41コメント)
  • 2019/11/20 05:00 【数字で読む日本経済
    外貨準備と通貨スワップ 通貨危機を防ぐための仕組み (13コメント)
  • 2019/11/19 18:30 【時事|外交
    安倍総理を「度量が狭い」と決めつける人物が知日派? (42コメント)
  • 2019/11/19 14:00 【時事|国内政治
    史上最長の安倍政権、次なる焦点は「来年8月24日」 (22コメント)
  • 2019/11/19 11:45 【時事|韓国崩壊
    韓国「韓日が水面下で協議」、「米国が対日圧力」 (28コメント)
  • 2019/11/19 05:00 【韓国崩壊
    米韓同盟消滅、「大きく変わるときはあっけないもの」 (50コメント)
  • 2019/11/19 05:00 【数字で読む日本経済
    「国際収支のトリレンマ」に逆らった国・スイスの末路 (13コメント)
  • 2019/11/18 15:30 【マスメディア論|時事
    NHKの肥大化を巡る東洋経済の特集記事に対する雑感 (25コメント)
  • 2019/11/18 12:00 【時事|韓国崩壊
    GSOMIA終了まであと4日半:ご都合主義的な主張 (41コメント)
  • 2019/11/18 06:00 【韓国崩壊
    GSOMIA消滅目前で韓国メディアから悲鳴が上がる (52コメント)
  • 2019/11/18 05:00 【数字で読む日本経済
    欠陥通貨・ユーロとギリシャ問題を日本に当てはめるな (15コメント)
  • 2019/11/17 13:45 【時事|国内政治
    「アベの陰謀、許すまじ!」 著名人逮捕もアベのせい (46コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。