昨日の『【速報】昨年の訪日外国人が2%増加の3188万人に』で「速報」したとおり、日本政府観光局(JNTO)が発表した速報値によれば、昨年1年間に日本を訪れた外国人は3188万人で史上最高となりました。ただし、内情をつぶさに見ていくと、「特定国依存」という状況はさらに酷くなっています。具体的には、韓国人入国者が急減したことを受け、中国一国への依存度合いが深まったのです。ただし、「2020年4000万人」という観光目標の達成がほぼ不可能であると考えられるなか、味方を変えれば観光産業の政策目標を立て直す良い機会でもあります。

【PR】スポンサーリンク・広告


※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

目標を混同するな!

本末転倒な日本企業が多いのが気になる!

最近、個人的にとみに感じることがあります。

それは、何事も「着地点」をちゃんと見極めながら仕事しなければ、本末転倒になってしまうことが多い、ということです。

ビジネスの世界にいれば何となくわかるのですが、会社経営の最終的な目標は、「利益の獲得」にあります。したがって、会社で働く人であれば、大なり小なり必ず「その仕事が自分の勤務先企業の利益を最大化すること」に寄与していなければならないはずです。

ただ、人間というものは面白いもので、働いて切る企業が大企業であればあるほど、こうした「本来の目的」を見失う人が増えて来ます。

よく「窓際族」と揶揄される、第一線から干されたような人たちの場合、得てして働く目的は「自分が勤務する会社に利益をもたらすこと」ではなく、「いかに自分自身の雇用を守るか」、「いかに楽に過ごして800万円の年収がもらえる立場を守るか」、に転換されてしまいます。

これを会社からみれば「給料ドロボー」ということですが、個人的にはこの「給料ドロボー」はまだマシだと思います。

というのも、酷いケースになると、若手の従業員に対し「社内規則」などを守らせることしか考えていないような従業員が出て来ますし、このような従業員は若手のモチベーションを下げることを通じて、結果として会社に大きな損害を与えているからです。

さらに罪深いのは、日本企業にありがちな「無能な経営者」です。

経営者が無能だと、間違った指示を次々と出し続けるため、結果的に会社が傾いてしまうこともありますし、さらには日本全体に迷惑を掛けることもあるからです(今世紀初めに某大手金融機関の合併の際に生じた大々的なシステム障害などはその典型例でしょう)。

その意味では、「現場が優秀」「トップが無能」というのは、残念ながら日本という国の悪弊なのかもしれませんね。

売上至上主義という間違い

ところで、「トップがおかしな決断をする」という意味では、ありがちなのが「売上至上主義」です。

売上高は経営指標としては非常に重要ですが、あくまでも企業の目的は「毎年の売上高」ではありません。ちゃんと利益を出し、従業員に給料を支払い、仕入先に仕入代金を支払い、国や地方公共団体に税金を支払い、株主に利益配当を行うことです。

その意味で、会計的に見て重要なのは、売上高ではなく当期純利益(正確には連結損益計算書上の「親会社株主に帰属する当期純利益」)であるはずです。

わかりやすい事例を紹介しましょう。

Aという事業は売上高が100億円ですが、営業利益は50億円であり、売上高に対する利益率は50%です。一方、Bという事業は売上高が1000億円であるのに対し、営業利益は10億円で、売上高に対する利益率は1%に過ぎません。

  • A…売上高100億円、営業利益50億円、利益率50%
  • B…売上高1000億円、営業利益1億円、利益率1%

売上高で見て重要な事業はBですが、利益で見て重要な事業は間違いなくAでしょう。

この場合、企業経営者の立場としては、利益率が低いBという事業を効率化しなければなりませんし、すでに儲かっているAという事業に企業の経営リソースを振り向けるべきです(優秀な従業員をB事業からA事業に配置転換する、など)。

そういえば日本には「新聞社」を名乗る実質的な不動産屋さんがありますが、この新聞社の場合も、新聞事業をとっとと縮小し、数少ない優秀な職員は不動産事業に配置転換し、ついでに新聞事業に窓際族の従業員を配属させるべきでしょうね。

(※冷酷な経営者なら、新聞社と不動産会社を分社化し、新聞社の側に「使えない従業員」を配属したうえで、新聞社を計画倒産させるくらいのことはやると思いますが…。)

ここがおかしい観光行政

観光行政の何が間違っているのか

さて、冒頭から少し話が脱線してしまいましたが、本稿で考えたいのは、「2020年までに外国人観光客を4000万人にする」という、日本政府の目標です。

これについては観光産業の振興という大きな目的があり、具体的な数字はあくまでも「めやす」として設定しているに過ぎません。つまり、「4000万人」という数字が独り歩きするのは非常に危険である、ということです。

その理由は簡単で、「とにかく4000万人、どこか外国から観光客が来てほしい」ということが政策目標だったとすれば、「とにかくたくさんの格安航空会社(LCC)をバンバン飛ばして、観光ビザ免除国もどんどんと増やすこと」が正解です。

何なら、政府が訪日外国人に対して、「税抜きで5000円以上の買い物をすれば、その買い物については消費税を返してあげましょう」という政策をすれば、日本国内に買い物目当ての観光客を招き入れることができます(国税庁『外国人旅行者等が国外へ持ち帰る物品についての輸出免税』参照)。

あるいは、極端な話、政府や地方公共団体などが財政支出をして、外国の航空会社に対して補助金(空港発着料の免除措置など)を出せば、それだけで多くの飛行機が日本に飛来してくれますし、外国人観光客を日本にもたらしてくれます。

ただ、外国人観光客を日本に招く努力は必要ですが、それと同時に、「4000万人」が独り歩きしてしまえば、そのことで「その国を怒らせたら観光客が減って困るから、その国に対しては言うべきことが言えなくなる」、というリスクも生じるのです。

中国人観光客が全体の30%に!

何の話を申し上げているのかといえば、昨日の『【速報】昨年の訪日外国人が2%増加の3188万人に』で報告した、日本政府観光局が昨日発表した『月別・年別統計データ(訪日外国人・出国日本人)』に関する話題です。

訪日外国人数の2018年から2019年の変化
  • 総数…3119万人→3188万人(前年比+69万人、+2.2%)
  • 中国…838万人→959万人(前年比+121万人、+14.5%)
  • 韓国…754万人→558万人(前年比▲195万人、▲25.9%)
  • 台湾…476万人→489万人(前年比+13万人、+2.8%)
  • 香港…221万人→229万人(前年比+8万人、+3.8%)
  • タイ…113万人→132万人(前年比+19万人、+16.5%)
  • 米国…153万人→172万人(前年比+20万人、+12.9%)
  • 英国…33万人→42万人(前年比+9万人、+27.0%)
  • フランス…30万人→34万人(前年比+3万人、+10.3%)
  • その他…501万人→572万人(前年比+71万人、+14.1%)

これによると、2019年における訪日外国人数は3188万人と、前年比で+69万人、割合でいえば+2.2%の伸びとなりましたが、内訳をみると全体を牽引したのが中国人観光客であり、2019年を通じて訪日外国人の実に30%が中国人、という状況になりました(図表1)。

図表1 2019年における訪日外国人の国別シェア

(【出所】JNTO『月別・年別統計データ(訪日外国人・出国日本人)』より著者作成)

しかも、シェア1位の中国、シェア2位の韓国をあわせれば、この二ヵ国だけで全体の半数近くを占めている格好です。

THAAD制裁が日本で発生しない保証はない

ちなみに中国といえば、私たちのお隣の国・韓国に対して「THAAD報復」の被害を与えたことでも知られています。ためしに韓国観光公社のデータをもとに、2017年2月から4月にかけて、何が発生したのかを数字で振り返っておきましょう(図表2)。

図表2 韓国を訪れた中国人の月次推移(過去4年分)

(【出所】韓国観光公社『韓国観光統計』より著者作成)

これでみていただければわかりますが、2017年2月をピークに、同年4月にかけて、訪韓中国人は露骨に減少しました。これは当時の韓国の朴槿恵(ぼく・きんけい)政権が2016年7月に決定した、高高度ミサイル防衛システム(THAAD)の在韓米軍への配備を契機とした、中国による嫌がらせです。

これと同じことが、なぜ「日本では発生しない」と言えるのでしょうか。

ここでもうひとつ思い出さねばならないのは、今からちょうど10年前の2010年に発生した、「尖閣諸島中国漁船衝突事件」です。

これは、中国「漁船」が日本領である沖縄県石垣市の尖閣諸島付近で発生した、日本の海上保安庁の船舶と衝突した事件のことです。

この事件は当時の菅直人首相を筆頭とする民主党政権関係者の事件のハンドリングが非常に稚拙だったという問題もさることながら、その後、中国当局による日本企業などに対するレアメタル類の輸出規制に日本企業が苦しんだことは忘れてはなりません。

つまり、国際的なルールを守らない中国という国に、訪日外国人旅客の3割を握られてしまうという状況は、いかにも困った問題なのです。

特定国依存のリスク

韓国人観光客の急減

さて、2019年12月までの日本政府観光局の統計を読んでいて気付くのは、韓国人入国者の急減です。昨年7月1日に日本政府が対韓輸出管理適正化措置を導入したことを契機に、韓国がこの措置に「逆ギレ」し、「ノージャパン運動」として日本旅行を控える動きが広がったからです。

これについてはグラフで確認するのがわかりやすいでしょう(図表3)。

図表3 日本を訪れた韓国人の月次推移(過去4年分)

(【出所】JNTO『月別・年別統計データ(訪日外国人・出国日本人)』より著者作成)

これで見ると、とくに昨年8月以降の落ち込みが顕著であることがわかります。実数で示しておくと、次のとおり、とくに10月以降は前年同月比60%以上の減少が続いていることがわかります。

各月の訪日韓国人と前年同月比(※11月と12月については速報値)
  • 7月…561,675人(▲7.61%)
  • 8月…308,730人(▲48.02%)
  • 9月…201,252人(▲58.05%)
  • 10月…197,281人(▲65.46%)
  • 11月…205,000人(▲65.15%)
  • 12月…248,000人(▲63.61%)

仮に――あくまでも「仮に」、ですが――、この傾向が今年7月まで続いたとしたら、韓国人の入国者はさらに激減することが予想されます。ここで、2019年の実績データをもとに、訪日韓国人数が

今年7月までは前年同月比▲60%、8月以降は昨年並み

で推移したとしたらどうなるかについて計算したものが、次の図表4です。

図表4 訪日韓国人の減少が続けばどうなるか
2019年2020年
1月779,383311,753
2月715,804286,322
3月585,586234,234
4月566,624226,650
5月603,394241,358
6月611,867244,747
7月561,675224,670
8月308,730308,730
9月201,252201,252
10月197,281197,281
11月205,000205,000
12月248,000248,000
合計5,584,5962,929,996

(【出所】JNTO『月別・年別統計データ(訪日外国人・出国日本人)』のデータを著者が一定の前提を置いて加工)

つまり、今年(2020年)を通じた訪日韓国人数は300万人を割り込み、2014年以来6年ぶりの低水準となってしまう、ということです。

訪日韓国人はどうなるのか?
  • 2010年…2,439,816人
  • 2011年…1,658,073人
  • 2012年…2,042,775人
  • 2013年…2,456,165人
  • 2014年…2,755,313人
  • 2015年…4,002,095人
  • 2016年…5,090,302人
  • 2017年…7,140,438人
  • 2018年…7,538,952人
  • 2019年…5,584,596人
  • 2020年…2,929,996人?

(【出所】2019年まではJNTO『月別・年別統計データ(訪日外国人・出国日本人)』、2020年については図表4参照)

韓国人観光客の急減が意味するもの

ただし、正直なことを申し上げれば、韓国人の観光支出は諸外国と比べて群を抜いて低く、日本の観光産業全体で見て、韓国人入国者数の激減は、むしろプラス効果をもたらすかもしれません。

まず、観光庁が10月16日付けで公表した『訪日外国人消費動向調査』(※PDFファイル)によると、「訪日外国人1人当たり旅行支出」(2019年7-9月期・速報値)によれば、韓国人の1人当たり旅行支出額は、主要国と比べても明らかに低いことがわかります。

訪日外国人1人当たり旅行支出(2019年7-9月期・速報値)
  • 韓国…85,421円
  • 台湾…116,876円
  • 香港…155,690円
  • 中国…209,168円
  • 英国…177,330円
  • フランス…252,117円
  • 米国…197,979円
  • 豪州…215,419円

(【出所】観光庁『訪日外国人消費動向調査』P3)

1人あたり旅行支出が高い国(つまり単価が高い国)を「質の高い客」、単価の低い国を「質の低い客」と安易に決めつけるのも不適切かもしれませんが、混雑している日本の主要空港の発着枠は、それこそ「単価の高い国」の航空会社に明け渡すのが経済合理性にかなっています。

そうなれば、韓国のLCCの便数が減れば、発着枠の関係上、タイや台湾などの親日国からのLCCが成田や関空などに就航しやすくなる、という効果も得られます(『韓国のLCCの大幅減便と「発着枠のU/Lルール」』参照)。

韓国のLCCの大幅減便と「発着枠のU/Lルール」

本当のリスクは「中国依存が高まること」

しかし、大きなマイナス影響も懸念されます。

それは、「中国人観光客のシェアが今よりもますます高まること」です。

ここでは先ほどの図表1で示した「入国者の国籍別シェア」のデータを少し加工し、

  • 2020年における韓国以外の国からの入国者数は2019年とまったく同じである
  • 韓国人の入国者数は図表4で示した数にまで減少する

という前提を置いて書き直したものが、次の図表5です。

図表5 シェアの変化のシミュレーション
2020年入国者(仮)シェアの変化
中国9,594,309人30.1%→32.8%
韓国2,929,996人17.5%→10.0%
台湾4,890,631人15.3%→16.7%
香港2,290,748人7.2%→7.8%
タイ1,318,976人4.1%→4.5%
米国1,723,870人5.4%→5.9%
英国424,220人1.3%→1.5%
フランス336,382人1.1%→1.2%
その他5,718,356人17.9%→19.6%
総数29,227,488人100.0%→100.0%

(【出所】JNTO『月別・年別統計データ(訪日外国人・出国日本人)』のデータを著者が一定の前提を置いて加工)

いかがでしょうか。

仮に今年の韓国人の入国者数が300万人を割り込んだ場合、入国者全体に占める中国人の割合は30.1%から32.8%に高まります。そうなれば、ますます日本の観光産業の中国人依存が高まってしまう、ということでもあります。

しかも、2020年における入国者数が昨年とまったく同じだという想定を置くことは非現実的であり、実際には東京五輪などの影響で入国者数はもっと増えるでしょうから、場合によっては中国人のシェアも32.8%以上に高まることを想定しなければならないかもしれません。

観光目標の立て直しを!

ただし、韓国人入国者数の激減という傾向がいつまでも続くのかどうかはわかりませんし、欧州や米国、アジア(特定アジアを除く)などの親日国からの入国者数が期待以上に増えてくれるかもしれませんので、図表5の想定はあくまでも単なるシミュレーションに過ぎないという点はご承知おきください。

それよりも、韓国人入国者数の激減は、考え様によっては日本の観光産業の目標を立て直しうえで良い機会といえるかもしれません。

この際申し上げますが、「2020年4000万人」という観光目標の達成が出来なくても、気にすることはありません。むしろ観光行政の目標とすべきは、「人数」ではなく、「旅行収支」であったり、「観光客の出身国の多様化」であったりすべきです。

個人的な経験で恐縮ですが、最近は物価が高い国(たとえば英国や豪州)の人から見て、「日本は物価も安いしメシもうまい、さらには治安も良い」ということで、日本が長期滞在に適した国と見られているようです。

ちょうど日本で引退した人たちが物価の安い東南アジア諸国に移住するような感覚で、欧州や豪州などの高物価諸国出身者に対するリタイアメントビザ(退職者ビザ)プログラムを拡充させても良いかもしれません。

(もっとも、外国と比べて日本の物価が安いというのは長年のデフレの影響でもあるため、あまり嬉しい話ではありませんが…。)

さらには、たとえば韓国の場合、観光・短期商用の場合、90日間までノービザで滞在可能ですが、これらも含め、現在、日本が観光ビザを免除している相手国についても、今いちど洗い直す良い機会ではないかと思う次第なのです。

いずれにせよ、観光産業についても、私たち日本国民は「自分たちに関わる話題」として関心を持ち、議論すべきではないでしょうか。

※本文は以上です。

【おしらせ】人生で9冊目の出版をしました!

当ウェブサイトからのお知らせです。昨年、当ウェブサイトに掲載した『数字で読む日本経済』シリーズを書籍化しました。株式会社ビジネス社より『数字でみる「強い」日本経済 』が刊行されました。詳細につきましては『【宣伝】いよいよ『数字でみる「強い」日本経済』発売』などもご参照ください。また、もし当ウェブサイトを通じてすでに本書をアマゾンなどでご注文いただいたという方がいらっしゃれば、ぜひ、レビューを執筆して下さると助かります(高評価をつけていただく必要はありませんが、忌憚のない意見、ご感想などを寄せて下さる方がありがたいです)。


【PR】スポンサーリンク・広告

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2020/08/05 15:30 【時事|韓国崩壊
    韓国外交部報道官「GSOMIAはいつでも終了可能」 (7コメント)
  • 2020/08/05 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/08/05(水) (22コメント)
  • 2020/08/05 11:50 【マスメディア論|時事
    日テレのスポットCM37%減~コロナ第2波にも注目 (10コメント)
  • 2020/08/05 06:00 【時事|韓国崩壊
    自称元徴用工問題で日韓両国が相互入国制限の可能性も (29コメント)
  • 2020/08/05 05:00 【RMB|金融
    「時流を読み誤りAIIBに乗り遅れた日本」の末路 (22コメント)
  • 2020/08/04 13:15 【金融
    【総論】経済制裁「7つの類型」と「5つの発動名目」 (31コメント)
  • 2020/08/04 11:00 【時事|韓国崩壊
    1発だけなら誤射かも~韓国の経済焦土化に備えるべき (49コメント)
  • 2020/08/04 06:00 【時事|韓国崩壊
    公示送達の期日が到来:注目される日本政府の対応 (27コメント)
  • 2020/08/04 05:00 【政治
    輸出「規制」を巡り、米国がWTOと韓国に強く警告か (35コメント)
  • 2020/08/03 17:17 【時事|韓国崩壊
    【資料編】7月29日に開催されたWTO会合の議事録 (19コメント)
  • 2020/08/03 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/08/03(月) (72コメント)
  • 2020/08/03 11:30 【時事|韓国崩壊
    語るに落ちる:韓国側の狙いは「資産売却」ではない! (68コメント)
  • 2020/08/03 06:00 【時事|韓国崩壊
    「現金化で韓日関係悪化必至」と韓国メディアが警戒 (22コメント)
  • 2020/08/03 05:00 【外交
    中国共産党が恐れる「シックスアイズ」こそ日本の進路 (42コメント)
  • 2020/08/02 13:00 【時事|韓国崩壊
    日韓GSOMIA破棄と撤回は新たな風物詩になるのか (31コメント)
  • 2020/08/02 10:00 【時事|外交
    トランプ「10月サプライズ」は北朝鮮攻撃? (26コメント)
  • 2020/08/02 05:00 【韓国崩壊
    8月4日が到来しても、恐らく「現金化」は実現しない (62コメント)
  • 2020/08/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/08/01(土) (104コメント)
  • 2020/08/01 09:00 【マスメディア論
    ウェブ評論家が新聞・雑誌に進出する時代が到来した (19コメント)
  • 2020/08/01 05:00 【韓国崩壊
    経産相発言から読む:韓国のWTO提訴は悪手中の悪手 (35コメント)
  • 2020/07/31 16:45 【マスメディア論|時事
    公共放送論とNHKが公共放送騙れるかどうかは別問題 (28コメント)
  • 2020/07/31 10:00 【時事|韓国崩壊
    日本の国民感情を積極的に傷つけることで墓穴掘る韓国 (89コメント)
  • 2020/07/31 05:00 【数字で読む日本経済
    「国の借金・財政破綻」論は天動説と同じトンデモ論だ (39コメント)
  • 2020/07/30 12:30 【時事|韓国崩壊
    韓国のWTO提訴は成績不良な学生の裁判のようなもの (38コメント)
  • 2020/07/30 10:10 【時事|金融
    米FRBが9中銀との為替スワップを来年3月まで延長 (11コメント)
  • 2020/07/30 06:00 【時事|韓国崩壊
    裏目に出るか?WTOがパネル設置=対韓輸出「規制」 (42コメント)
  • 2020/07/30 05:00 【数字で読む日本経済
    3要件で見る、「日本国債は絶対にデフォルトしない」 (39コメント)
  • 2020/07/29 22:22 【雑感オピニオン
    ビジネス社様、正論編集部様、ありがとうございました (3コメント)
  • 2020/07/29 13:45 【時事|韓国崩壊
    日本の対韓輸出「規制」、本日にもWTOパネル設置か (26コメント)
  • 2020/07/29 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/29(水) (152コメント)
  • 2020/07/29 10:45 【時事|経済全般
    消費税減税こそ、衆院選の争点として相応しい (59コメント)
  • 2020/07/29 05:00 【韓国崩壊
    鈴置論考が示唆する「日韓関係破綻」の在り方 (51コメント)
  • 2020/07/28 14:14 【時事|韓国崩壊
    安倍総理謝罪像巡り官房長官「日韓関係に決定的影響」 (82コメント)
  • 2020/07/28 10:30 【時事|国内政治
    旧民主党系の政治家に政権担当能力なし=アエラドット (33コメント)
  • 2020/07/28 05:00 【韓国崩壊
    Q&Aで読む、「韓日は対話で破局を避けよ」の間違い (36コメント)
  • 2020/07/27 17:00 【時事|外交
    「我々はG11やG12を必要としていない」=独外相 (24コメント)
  • 2020/07/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/27(月) (96コメント)
  • 2020/07/27 11:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報「日本が対韓金融制裁カードを検討」 (26コメント)
  • 2020/07/27 07:00 【韓国崩壊|国内政治
    政党名大喜利~韓国編~ (29コメント)
  • 2020/07/27 05:00 【マスメディア論
    イメージダウンするのは被告企業ではなく新聞社では? (18コメント)
  • 2020/07/26 05:00 【韓国崩壊
    韓国に対する経済制裁?共同通信の「ビザ厳格化」報道 (71コメント)
  • 2020/07/25 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】「政府が韓国のビザ厳格化を検討」=共同通信 (11コメント)
  • 2020/07/25 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/25(土) (103コメント)
  • 2020/07/25 09:00 【時事|韓国崩壊
    三菱重工で新たな訴訟…感情に訴えるのは理がない証拠 (55コメント)
  • 2020/07/25 05:00 【外交
    食い逃げ、ウソツキ…中国もしょせんインチキ外交の国 (81コメント)
  • 2020/07/24 05:00 【マスメディア論
    「大物司会者のテレビ降板」はCM激減と関係あるのか (30コメント)
  • 2020/07/23 12:00 【時事|金融
    韓国シンクタンク「通貨スワップ資金を証券会社にも」 (20コメント)
  • 2020/07/23 05:00 【読者投稿
    【読者投稿】あまりに不自然な東京都のPCR検査結果 (84コメント)
  • 2020/07/23 00:00 【雑感オピニオン
    コロナ関連読者投稿一覧 2020/07/23版 (1コメント)
  • 2020/07/22 15:00 【時事|韓国崩壊
    改めて思い出したい「韓国のベネズエラ化」という議論 (42コメント)
  • 2020/07/22 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/22(水) (95コメント)
  • 2020/07/22 11:30 【時事|国内政治
    「政策は後回し、さっさと合流を」=立憲民主・福山氏 (12コメント)
  • 2020/07/22 07:00 【時事|金融
    デタラメ判決出す国が金融センター?冗談もほどほどに (20コメント)
  • 2020/07/22 05:00 【雑感オピニオン
    早いもので、ウェブ評論を始めて10年が経過しました (41コメント)
  • 2020/07/21 16:30 【時事|韓国崩壊
    日本企業撤退と日韓関係崩壊は韓国経済崩壊への道 (40コメント)
  • 2020/07/21 10:30 【時事|国内政治
    買い物10%アップ署名運動で商店街は再生するのか? (30コメント)
  • 2020/07/21 07:00 【時事|外交
    全方位にケンカを売る中国の外交 (48コメント)
  • 2020/07/21 05:00 【韓国崩壊
    イラン外務省が韓国に対して「約束を守れ」と要求 (29コメント)
  • 2020/07/20 17:30 【時事|韓国崩壊
    敵基地攻撃議論を「爪を見せ始めた」と批判=中央日報 (30コメント)
  • 2020/07/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/20(月) (80コメント)
  • 2020/07/20 11:30 【時事|外交
    製造業の脱中国が加速しても日韓関係は深まらないのか (25コメント)
  • 2020/07/20 07:00 【マスメディア論|時事
    亡くなった方の実家に押し掛けるから「マスゴミ」 (20コメント)
  • 2020/07/20 05:00 【金融
    非上場株式の売却、「法治国家では」とても難しい (28コメント)
  • 2020/07/19 12:00 【マスメディア論|時事
    毒水流すインフラ屋、法で裁けずとも社会的制裁は可能 (32コメント)
  • 2020/07/19 05:00 【外交
    入国拒否:日本育ちでも「帰化していなければ外国人」 (48コメント)
  • 2020/07/18 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/18(土) (95コメント)
  • 2020/07/18 08:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    韓国が人民元経済圏に入れば日韓通貨スワップは不要に (21コメント)
  • 2020/07/18 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    「発売記念」あらためてスワップについてまとめてみる (7コメント)
  • 2020/07/17 17:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    細かいミス目立つデイリー新潮「韓国とスワップ」論考 (8コメント)
  • 2020/07/17 11:00 【時事|韓国崩壊
    WTO事務局長選で韓国人候補が日本の支持確保に自信 (46コメント)
  • 2020/07/17 07:00 【政治
    韓経「日本の輸出規制で今月末にWTOパネル設置へ」 (26コメント)
  • 2020/07/17 05:00 【時事|国内政治
    「速やかに回答せよ」立憲民主党の高圧的で無礼な提案 (43コメント)
  • 2020/07/16 11:30 【時事|外交
    出版しただけなのにキャンキャン吠える中朝韓 (30コメント)
  • 2020/07/16 11:00 【マスメディア論|時事
    もりかけ問題で倒れるのは、安倍政権でなく新聞業界か (12コメント)
  • 2020/07/16 07:00 【時事|国内政治
    民主党復活?立憲民主党が「両党解散・新党結成」提案 (24コメント)
  • 2020/07/16 05:00 【韓国崩壊
    韓国メディア「日韓の戦略的利害はもはや一致しない」 (38コメント)
  • 2020/07/15 17:00 【読者投稿
    【緊急速報】読者投稿特別編 ネコの動画を観るネコ (23コメント)
  • 2020/07/15 15:15 【時事|韓国崩壊
    【二股外交】中央日報「懸案ごとに米中を選択すべし」 (24コメント)
  • 2020/07/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/15(水) (127コメント)
  • 2020/07/15 11:11 【RMB|時事|金融
    香港ドルペッグ問題と「人民元の国際化」という空論 (11コメント)
  • 2020/07/15 07:00 【マスメディア論
    新聞と新聞紙は別物:「インクなし新聞紙」の衝撃 (30コメント)
  • 2020/07/15 05:00 【数字で読む日本経済
    【宣伝】いよいよ『数字でみる「強い」日本経済』発売 (14コメント)
  • 2020/07/14 15:30 【時事|外交
    防衛白書、「韓国との防衛協力と連携」をバッサリ削除 (41コメント)
  • 2020/07/14 11:00 【時事|韓国崩壊
    「徴用工は韓国政府が補償すべき」の真意をどう読むか (58コメント)
  • 2020/07/14 08:00 【マスメディア論
    朝日新聞ですらメディア部門が営業赤字に転落する時代 (20コメント)
  • 2020/07/14 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    「為替スワップは長期支援に不適」と今さら気付く韓国 (6コメント)
  • 2020/07/13 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/13(月) (94コメント)
  • 2020/07/13 11:30 【マスメディア論|時事
    民放の5月のスポットCMが4割減の衝撃=東京新聞 (27コメント)
  • 2020/07/13 08:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「韓日関係悪化の責任の大部分は安倍政権に」 (53コメント)
  • 2020/07/13 07:00 【国内政治
    立・国両党合流、政策そっちのけで「党名」でもめる? (25コメント)
  • 2020/07/13 05:00 【時事|外交
    「北のウラン濃縮」で気になる日本産フッ化水素の行方 (10コメント)
  • 2020/07/12 05:00 【韓国崩壊
    「韓国企業による書類偽造・不正輸出」は氷山の一角? (21コメント)
  • 2020/07/11 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/11(土) (156コメント)
  • 2020/07/11 09:00 【時事|外交
    みずから敵を作って自滅する中国 (67コメント)
  • 2020/07/11 05:00 【韓国崩壊
    「8月4日に日韓全面戦争が勃発」という議論への反論 (41コメント)
  • 2020/07/10 17:15 【時事|国内政治
    どういう風の吹き回し?山尾志桜里氏の正論は支持する (21コメント)
  • 2020/07/10 11:30 【時事|外交
    北朝鮮「年内米朝会談はない」とわざわざ発言した意味 (23コメント)
  • 2020/07/10 07:00 【時事|韓国崩壊
    日本政府、「韓国は協議に応じない国だ」と世界に宣言 (22コメント)
  • 2020/07/10 05:00 【金融
    香港に対する制裁は「ドルペッグ外し」だけでは不十分 (22コメント)
  • 2020/07/09 16:00 【時事|国内政治
    野党が正しい政策を掲げるならば、全面的に歓迎すべき (12コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。