怪しい通貨・人民元の真相や韓国経済の危ない実情など、金融規制の専門家が「本当のところ」を解説します
評論記事

政治

中国による「小出しの対韓制裁」の意味

在韓米軍へのTHAAD配備決定を受け、中国が強硬に反発しています。ただ、現時点までで確認できる中国による「対韓制裁」自体、それほど強いものは含まれていません。むしろ、中国は対韓経済制裁を小出しにすることで、韓国政府・財界・国民を震え上がらせる効果を最大にしようとしているのかもしれません。

尖閣有事のリスクにどう対処するか

尖閣周辺海域で公船を含めた中国船が多数出現するなど、東シナ海・尖閣諸島で緊張が高まっています。ただ、この問題は「日本が譲歩すれば解決する」「憲法第9条第2項を守っていれば良い」という単純なものではないことは事実ですが、だからといって直ちに日本が中国と「交戦状態に入る」ということも避けなければなりません。そこで、本日は「現在の日本が」、「何を」やるべきかについて、議論したいと思います。

絶対権力は絶対的に腐敗する

自民党総裁としての任期を、最長で3期・9年まで延長するという議論が報じられています。本日は、安倍晋三総理大臣が現在の政権を続けるべきなのかどうか、そこに問題があるのかどうかについて、持論を述べてみたいと思います。

悲劇を繰り返さぬよう「知恵を絞れ」

また8月6日がやってきました。今年は史上初めて、現職米国大統領による広島訪問が実現した年でもあります。広島での悲劇を決して忘れず、犠牲となられたすべての方々のご冥福をお祈りすること、そして二度と同じ悲劇が発生しないように知恵を絞ることが、現代に生きる我々日本人に課せられた使命なのです。

慰安婦像を「撤去しないこと」の意味

韓国国内で「慰安婦を支援する財団」が設立されたことにより、焦点は日本政府がいつ10億円を拠出するかに移ってきました。ただ、「在韓日本大使館前の慰安婦像が撤去されないかぎり、10億円は拠出すべきでない」とする意見が見られますが、私はそうは考えません。昨年12月の「岸田合意」自体は外交的な失敗だったかもしれませんが、それでも10億円の拠出が義務付けられた以上、日本側としてはさっさと資金を拠出してしまい、今後は韓国の不法行為を一方的 …

「国家戦略」の失敗事例を学習せよ

本日は、中国問題に詳しい米CSISのルトワック氏の手による2つの書籍や翻訳者のブログサイト等を手掛かりに、日本にとって何かと「厄介ごと」をもたらす国・韓国を考察してみました。「国家運営の失敗事例」を学習し、分析することは、実は我々日本人にとっても、きわめて有益なのです。

東京都知事選の総括

私自身、東京都民の一人として、日曜日に投開票が行われた都知事選で選挙権を行使して来ました。選挙結果は既に公表されている通りですが、これについて、いくつかのデータを用いつつ、現在の日本が抱える選挙に関する問題点と、それに対する私なりの現状を変えるための努力を紹介したいと思います。 ※【2016/08/02 7:45追記】 ①本文中、参議院議員通常選挙について「3年に1回、過半数が改選される」という下りを、「3年に1回、半数が改選 …

政治その他

時系列全記事一覧>政治>政治その他

中華思想を警戒せよ

常設仲裁裁判所(PCA)が中国による南シナ海での「九段線」の主張などを違法と認めた判決が7月12日に下されたものの、中国はこれに従う意向を示していません。日本としては、中国が周辺国と突発的な軍事的衝突を発生させる可能性を十分に警戒しつつ、アジア諸国との連携を深めていくべきです。

10億円と慰安婦像撤去は別物

いわゆる「慰安婦問題」を巡る日韓合意の履行に当たり、韓国の日本大使館前に設置された「慰安婦像」の撤去が条件だとする議論が出てきました。しかし、私自身は「慰安婦像」の撤去と無関係に、日本政府はさっさと10億円を「手切れ金」として韓国にくれてやるべきだと思います。

« 1 14 15 16 »

コメント・引用・転載等歓迎

当ウェブサイトは皆様方のコメントや引用、転載を歓迎します。なお、引用・転載・コメントに関する管理人の方針の詳細につきましては、こちらをご参照ください。

最近のコメント

スポンサーリンク・広告

著者略歴等

<資格・職歴等>

  • 都内の4年制私大出身
  • 国家Ⅰ種(経済職)合格
  • 2004年公認会計士開業登録
  • 監査法人で約6年勤務
  • 金融機関で約9年勤務
  • 2015年10月:都内で起業、現在に至る
  • 2016年7月:専門評論ウェブサイト「新宿会計士の政治経済評論」を立ち上げる

<専門分野と主著>

  • 【専門】金融商品会計・金融規制
  • 【著書】単著3冊/共著3冊(いずれも金融商品会計基準などの専門書籍)
  • 【活動】経理専門誌に記事を執筆

<知的好奇心の宝庫>

ウェブサイトのコンセプトは「知的好奇心を刺激する、無料で読めるクオリティ評論」です。どうかご愛読をお願い申し上げます。

スポンサーリンク・広告

外部リンク

スポンサーリンク・広告


過去に更新していた「ブログ」

  • 「新宿会計士のブログ(アメブロ側)」
  • 「新宿会計士のブログ(楽天ブログ側)」
  • PAGETOP
    Copyright © 新宿会計士の政治経済評論 All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.