ロシアのウクライナ侵攻の目的は「キエフ公国回復」?

「プーチンは独裁者」=一般教書演説

「ウクライナ戦争は自由主義国対独裁国家の戦いに」――。バイデン大統領の一般教書演説を眺めていると、米国側のそんな決意が見て取れます。その一方で、『クーリエ・ジャポン』によると、ロシアの国営メディアは誤って2月26日付で「勝利記事」を公表してしまい、あわてて削除したものの、その内容からは今回のウクライナ侵攻におけるロシアの「真の目的」が「キエフ公国の回復」にある、との指摘が出てきました。

バイデン大統領の一般教書演説

現地時間の3月1日(日本時間の本日)、ジョー・バイデン米大統領は米議会で一般教書演説を実施しました。

Remarks of President Joe Biden – State of the Union Address As Prepared for Delivery

―――2022/03/01付 ホワイトハウスHPより

バイデン大統領の演説の前半は、基本的にウクライナ問題に充てられています。

具体的にはロシアのウラジミル・プーチン大統領を「独裁者」と呼び、そのウクライナ侵攻を「自由な世界の基礎を揺るがそうとしたもの」と断じたうえで、その侵攻がウクライナの人々の強い抵抗に遭っているという点で、「大きな誤算だった」と指摘。

そのうえで、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領が欧州議会の演説で述べたとされる「光は闇に打ち勝つであろう(Light will win over darkness)」という発言を引用し、そのうえで次のように述べているのです。

And now that he has acted the free world is holding him accountable. Along with twenty-seven members of the European Union including France, Germany, Italy, as well as countries like the United Kingdom, Canada, Japan, Korea, Australia, New Zealand, and many others, even Switzerland.

意訳すれば、「フランス、ドイツ、イタリアを含む欧州連合(EU)加盟27ヵ国、さらには英国、カナダ、日本、韓国、豪州、ニュージーランド、それからスイスすらも含めた自由主義社会全体は、彼に責任を負わせるであろう」、という決意表明のようなものでしょう。

このバイデン演説に含まれている国のすべてが「自由主義社会」なのかどうかはよくわかりませんが…。

いずれにせよ、バイデン演説からは、米国が今回の戦争を「自由主義国対独裁国家の戦い」と位置付けていることがうかがわれ、その意味では、ウクライナという局所戦ではなく、もう少し息が長い、「ロシアの封じ込め」というテーマにもつながって来るように思えてなりません。

プーチン大統領の狙いは「冷戦後秩序の変更」

その一方で、ロシアのウクライナ侵攻を巡っては、『クーリエ・ジャポン』が運営するウェブサイトに、こんな話題も掲載されていました。

ロシア国営通信が「勝利記事」の予定稿を誤送信! その署名記事でバレた「プーチンの真の狙い」

―――2022/03/01付 クーリエ・ジャポンより

これによると、ロシア国営メディアがウクライナ侵攻にあたり、あらかじめ準備していた記事を誤って配信してしまい、すぐ削除されたものの、これをインターネット上で誰かがいち早く保存しており、その内容についてNHK『国際報道』前キャスターの池畑修平氏が解説を加える、というものです。

全文は『クーリエ・ジャポン』に会員登録しなければ読めませんが(※会員登録のための条件などについては直接、同サイトをご参照ください)、幸いなことに、この内容が『Yahoo!ニュース』に転載されており、現時点では全文を読むことができるようです。

池畑氏の解説内容によれば、問題の記事はロシア国営のRIAノーボスチ通信が2月26日午前8時にウェブ上で誤配信した、『ロシアと新たな世界の到来』とする署名記事だそうで、その記事に書かれていた内容もさることながら、誤配信した日時が大きなポイントだと指摘します。

具体的には、この時間はロシアがウクライナに侵攻してからちょうど48時間ほどであり、言い換えれば、プーチン大統領自身は48時間以内に首都キーウを陥落させ、ゼレンスキー政権を崩壊させることができると踏んでいた証拠だ、ということなのです。

つまり、軍事作戦開始から48時間後に公表するよう「予定投稿」していた記事を、うっかりそのままにしてしまった、というわけですね。

しかもその記事の内容からは、プーチン大統領がウクライナ侵攻を決めた狙いが、「東部の親ロシア派の2地域の独立承認や平和維持」に留まらず、「冷戦終結以降の国際秩序を変えようとするものである」ことが見て取れるのだそうです。

すなわち、「ロシアがその歴史的な基盤であるキエフ公国を失ったことの屈辱を晴らすこと」にある、ということです。

力による現状変更

正直、個人的にはこの『クーリエ・ジャポン』に掲載された記事を巡り、本当にロシアの国営メディアが配信したものであるかどうかについては判断がつかないのですが、あくまでもそうだと仮定するならば、ロシアの今回のウクライナに対する軍事侵攻はまさに「力による現状変更」そのものです。

いちおう、2014年のクリミア半島・セバストポリ市などの併合については、ロシア側は「歴史的にロシア領であり、旧ソ連時代にウクライナに移管されたものを取り返しただけだ」、といった「言い訳」をしていて、それを信じる人もいました。

また、今回のウクライナ侵攻も、プーチン大統領の言い分だと、あくまでもその目的は「ドネツク・ルガンスク両共和国の防衛」などにあったはずであり、その真の目的が「キエフ公国の回復」にあるのだとすれば、こうした当初の言い分が単なる言い訳に過ぎない、ということは明白でしょう。

というよりも、ロシアという国自体、国際社会に対する自国の立場の説明が上手な国であるとも思えません。

たとえば、ロシアの駐日大使館も、事実誤認に満ちたツイートを発しています。

一般のユーザーからは、「日ソ中立条約を一方的に破棄して軍事侵攻してきたこと」、「違法なシベリア抑留がなされたこと」などについて、一斉にツッコミが入ったようですが、このあたりがロシアの限界ではないかと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. より:

     プロパガンダも実力の内。
     日本も宣伝戦のノウハウを蓄えねば。
     この辺のセンスで先の大戦は負けた。

    1. ちかの より:

      甕 様
      まずスパイ防止法、そして陸軍中野学校以上の諜報部門の人材育成が必要、と思います。

  2. はにわファクトリー より:

    Archive.org が保存している複写はこちらで読めます。

    https://web.archive.org/web/20220226051154/https://ria.ru/20220226/rossiya-1775162336.html

    全文邦訳をされたかたのブログページは先だって投降した通りです。

  3. 駝鳥 より:

    新宿会計士殿、何時も論稿のアップ有難う御座います。

    プライムニュース2月28日には東郷和彦元外務省欧亜局長が出演していました。曰く、日本の外務省にはロシアに対する貴重な知見が蓄積され、日本がこう言えばロシアはこう反応するというのが分かる。だからこれらを披露すれば米国も耳を傾ける、との主張をしていました。

    LIVE動画の編集時に削除されていなければ、こちらの動画で東郷和彦氏の発言がご覧頂けるかもしれません。 https://www.fnn.jp/articles/-/322697

    日本とロシアとの外交の歴史は、特に第二次世界大戦中は米国との講和を仲介して貰おうと無邪気に期待し、その挙句日ソ中立条約を一方的に破棄され、満州に攻め込まれ、日本人居留民が虐殺され、多数の日本人兵士がシベリアに抑留されました。北方領土も奪い取られました。

    戦後も、最近では日本側が苦労して開発したガス田をロシアに奪い取られるなど、日本側が騙された経験しかありません。日本側が愚かに騙された歴史が「知見」と言うならばその逆をやればよいとの論法なのかも知れません。しかしこんな日本側がお人よし過ぎ、情報戦に負け、過去の反省もせずに騙され続けた経験などが、目の前のウクライナ問題の解決に役に立つ筈がありません。

    鈴木宗男氏と共に外務省を放逐された人物が、日本の外務省に「知見」があり、外交に於いてとてつもない力があるがごとく信じ込み、公共の電波で言うとは、本人がそう思い込みたいのでしょうが、私は呆れ果ててしまい視聴を止めました。

    在日本ロシア大使も酷いですが、一方日本側にもこんなポンコツが揃っているのだと思うと、外務省はまさに日本国に「害」を与えて来た害務省との思いを強くします。

    1. とほほ より:

      今こそ鳩ポッポに和平特使をお願いしてはどうだろう。

    2. 元ジェネラリスト より:

      その回のプライムを見ましたが、ロシア外交畑の東郷氏が冒頭で、ウクライナにも非があるし中立条約を結ぶべきだ、と述べたのに対し、軍事畑の森本氏が、主権国家として彼らが望まない限りそんなことはありえない、と全否定していたのが印象的でした。

      1. 駝鳥 より:

        元ジェネラリスト様、とほほ様、レス有難う御座います。

        私は冒頭を見逃していました。ご教授頂いた東郷氏の冒頭の発言を視聴していたら、その場でTVを切っていたかも知れません。

        東郷氏が主張する外務省の「知見」に対しては、森本敏拓殖大学顧問・元防衛大臣が「外務省にその知見があるのは認める」とお世辞なのか、所謂日本人の悪い癖の大人の対応なのかで心にもない返事をした上で「その知見を活かす政治家が居ない。」と言いました。

        それに対して東郷氏は名前を挙げなかったのですが、森元首相か安部元首相であれば、外務省の「知見」を生かせると言いたいようです。いや、もしかしたら東郷氏は、とほほ様が仰る、鳩ポッポを想定しているのかもしれません。

        1. 元ジェネラリスト より:

          東郷氏が「中立条約を結ぶべき」というのに対して、森本氏は「じゃあ誰が鈴付けるんだよ」と言っていたのだと思います。

          東郷氏はまた「最初は非軍事化なんて言葉は使わず、まずは交渉を始めて・・・」なんてことも言っていました。
          好意的に見れば、ことを収めるための知恵を絞っているのでしょうが、言ってることは米朝会談のときの文在寅と同じなんですよね。

          軍事畑の森本氏は普通のリアリストなんだろうと思います。また対等な主権国家の基盤を徹底的に考えの基本においているとも思います。

          当事者たちの意思を無視した議論は、ほとんど役に立たないというのは私もそう思います。
          日頃のビジネスでも同じですよね。

  4. 元ジェネラリスト より:

    駐日ロシア大使館のそのツイートですが、返信の中に、大使館の日本人職員の胃痛を慮って、「征露丸」の差し入れを申し出ている日本人がいました。
    ホッコリします。w

  5. はにわファクトリー より:

    べラルースのルカシェンコ大統領が閣僚に対して戦況説明する様子がライブ放送されましたが、番組のなかでウクライナの隣国モルドバへの軍事侵攻を示唆するような地図がばっちり映し出されてしまったのだそうです。つまりロシアの軍事プランをカメラに晒してしまったと。

    『Russia’s secret plot to invade second nation leaked』
    news.com.au 2022-3-2
    0:17 付近より
    https://www.youtube.com/watch?v=of61lW8VKhk

    1. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

      うっかりではないと思うよ
      力を誇示して小国を黙らせるのがロシアの外国戦略だから
      わざとやっていると思われる

  6. 駝鳥 より:

    件のミハイル・ガルージン駐日ロシア大使は、本日3月2日(水)配信予定のプライムニュース『ロシアの“正義”とは プーチン核発言の真意 停戦協議継続の裏舞台』
    https://www.fnn.jp/articles/-/323370
    に出演予定です。対するは、小野寺五典 元防衛大臣 自由民主党衆議院議員です。

    「事実誤認に満ちたツイート」は話題になるのでしょうか。

  7. 引っ掛かったオタク@プーチン氏は蒙古に東半分返すかい? より:

    ロシア大公国の頃もキエフ大公国の正統後継謳ってたような…
    てかキエフルーシは然程東に広がってナイから中央アジア以東手放す…ワケナイヨネ~

  8. がみ より:

    ロシアも帝政ロシアにしてツァーリにプーチンさんなるとか?

  9. がみ より:

    以前ここでのやり取りもあり強力に旧ソ連・現行ロシア擁護する方がいましたが、やっぱり世界は納得してるわけじゃ無かったんですね。

    https://gigazine.net/news/20220302-russia-illegally-unsc/

    もしかしたら現行ロシアは常任理事国どころか国連に加盟していないかも…という記事です。

    おいロシア!北方領土返せよ!

  10. イーシャ より:

    COURRiER の記事、Yahoo!ニュースで全文読めたのですね。
    私は解説よりも原文の方に興味があったので、原文(のアーカイブ)へのリンクをたどって、翻訳しながら読みました。

    ロシアの猛攻と新世界” (ロシア語です)
    これが本物なら、当然、プーチンの意志を反映しているはずです。

    以下、DeepL で翻訳したものを見てみましょう。

    ロシアはその統一性を取り戻しつつある。1991年の悲劇、我々の歴史におけるこの恐ろしい大惨事、その不自然な混乱は克服されたのである。

    プーチンが、1991年のソ連崩壊を深く恨んでいることが、よくわかります。

    記事は続きます。

    そう、大きな犠牲を払って、そう、実際の内戦という悲劇的な出来事を通して、今なお、ロシア軍とウクライナ軍に分かれて、互いに撃ち合う兄弟がいるのですから–しかし、反ロシアとしてのウクライナは、もはや存在しないのです。ロシアは、ロシア世界、ロシア人、つまり大ロシア人、ベラルーシ人、小ロシア人の総体を集めることによって、その歴史的全体性を回復しているのである。

    ウクライナがロシアと対立する存在であってはならない、そんなことは本質的にないはずだという世界観が伺えます。
    だからこそ、ロシアが侵攻すれば(プーチンにとっては「解放すれば」でしょうか)、ウクライナが諸手を挙げて歓迎するという妄想を、プーチンは抱いていたのかもしれません。

    国家安全保障の問題、つまりウクライナを反ロシアにし、欧米の圧力を受ける前哨戦にすることは、その中でも2番目に重要な問題に過ぎない。

    プーチンが言っていた
    「ウクライナが NATO 入りすることは、ロシアにとっての脅威である」
    というのは、口実に過ぎないことがわかります。
    では、最も重要なことは何でしょうか。
    記事は続きます。

    第一は、常に分裂した国家のコンプレックスであり、国家の屈辱のコンプレックスである。ロシアの家庭がまずその基盤の一部(キエフ)を失い、次に、もはや1国ではなく2国の存在と折り合いをつけなければならなかったときである。つまり、「ウクライナだけが本当のロシアだ」という狂ったバージョンに同意してその歴史を放棄するか、あるいは「ウクライナを失った」時代を思い出して無力に歯噛みするか、どちらかである。

    この部分、東ヨーロッパの歴史に詳しくない私には難しいのですが、Wikipedia の “キエフ大公国” によると、

    ベラルーシ、ロシア、ウクライナの現代国家はいずれもキエフ大公国を文化的祖先とし、ベラルーシとロシアはそれに由来する名称である。

    とのことです。
    「ロシア文明の起源はキエフニダ」という意識があるのかもしれません。
    あの半島国家が、対ロシア経済制裁に非協力的だったのも、「コンプレックスに基づく恨み」に、本能的に共感しているからかもしれません。

    この記事が、本当に予定稿を誤送信したものなのか否かは、確認できません。
    ただ、この記事が本当だとすると、一つだけ腑に落ちることがあるのです。

    ウクライナに対するロシアの侵攻は、(ウクライナに対しては申し訳ない表現ですが)西側諸国にとっては代理戦争に過ぎません。一方、ロシアは戦争の当事国です。
    長引けば、西側諸国よりもロシアのダメージが大きくなるのは明らかです。
    (残念ながら、ウクライナのダメージは、もっと大きいでしょう)
    にもかかわらず、何故ロシアが直接前面に出る選択をしたのか、ずっと疑問でした。
    しかし、文化的祖先を共にするロシアが先頭に立てば、ウクライナも好意的に応じるに違いない。
    そんな妄想が背後にあったとすれば、プーチンの選択も説明できる気がするのです。

    そして、この記事がプーチンの意志を反映した予定稿の誤送信だとすれば、ロシア軍の行動には大きな制約があることがわかります。
    ロシア軍は、それほど大切なキーウ (ロシア語読みはキエフ) に対して、破壊し尽くすような、大量破壊兵器の使用や大型火器による集中砲火は、できないことになります。
    そういう意味でも、この文書が本物であればよいのですが。

    1. はにわファクトリー より:

      イーシャさまが翻訳されたなかった箇所で当方が重要と感じる文章を
      個人ブログ『ブーバチカの呟き』
      https://buu245.blog.fc2.com/blog-entry-160.html
      に掲出された翻訳文からの引用してみます。

      ▼ウクライナを取り戻す、すなわちロシアにもう一度振り向かせることは10年経つごとに困難になっている

      ▼西側によるウクライナに対する完全な地政学的・軍事的コントロールが固定化した場合、ウクライナをロシアに戻すことは不可能になる。そのためには大西洋ブロックと戦わざるを得ない

      ▼ウクライナはロシアに戻ってきた(※この箇所こそが、現実に起きていない事実に関する予定原稿と呼ばれる理由)
      〈中略〉いずれにせよ、ロシア民族の分断の時代は終わる

      ▼新しい世界秩序の建設(これは3つ目の次元だ)は加速する
      〈中略〉中国、インド、ラテンアメリカ、イスラム世界、東南アジア。誰も西側が世界秩序を司っているとは考えていない。ましてや西側がゲームのルールを定めていると考える人はいないだろう

      ▼新しい世界は西側とともに構築されるが、西側の条件や西側のルールによっては構築されない

      記事はこのように締めくくられています。世界秩序を再構築すると胸を張って声明しています。どうにも「どこかで」「誰かが」同じようなことを言っているような、聞き覚えもあるような気がしてなりません。

    2. ちかの より:

      イーシャ様
      なんというか、キエフ公国の回復というレベルじゃなくて、今回のウクライナ侵攻は、プーチンの聖戦、というか。
      プーチンの「レコンキスタ(国土回復)」だと思います。

    3. 匿名 より:

      なんかヘタリア思い出した。

    4. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

      ロシアはソ連時代のウクライナ飢饉に対して謝罪と賠償するニダ
      まで読んだ

  11. 世相マンボウ_ より:

    政治とは関係ないゲームのコメントでも
    NoWar! VIVA UKRAINE! が増えてます。

    なんせ永世中立国スイスや
    北欧スウェーデンからも
    これはアウトと宣告されたプーチンですが
    それを詭弁で誤魔化せばと頑張る
    ミスター民主党鳩ポッポさんや
    国会決議に反対した中核派れいわの姿勢は、
    言論には自由な日本だから普段なら
    「あほだなあ(笑)」と鼻で笑って上げるのですが
    ウクライナでの深刻な状況を鑑みると
    そうした横着でしかない主張には
    言ってる人たちのあまりに呆れた有り様などを
    知らしめる必要を感じます。

    特に鳩ポッポさんについては
    前回クリミア強奪の際に
    現地まで行ってロシアの肩を持った発言が
    国際社会で顰蹙がってましたが
    そうした発言の際に
    「日本の元総理」という肩書を
    恥ずかしがるどころか悪用なされています。
    騙して政権とってあっというまに
    叩き出されて中韓逃亡なされたあとなのにと
    今も暗に支持する民主党残党の少数を除き
    選挙結果でも明らかな日本を支える
    寛容な多数派国民良識層の我慢の限界を
    超えています。

    1. 世相マンボウ_ より:

      ミスター民主党御大将鳩ポッポさんについては
      ヤフコメ時事通信コメント欄で
      何にでも噛み付く民主党残党の人たちも
      実は支持していても スルーしています。(笑)

      そうした今の立憲民主党さんですが
      普通の日本の支持者は剥げ落ちて いまや 
      専従でおまんまと海の外ゆかりの支持者
      だと見透かされてしまっているのですから
      ここはむしろ正直に本来の
      「菅直人鳩ポッポ政治踏襲」掲げて
      正々堂々戦うほうが、いまのような
      欺瞞に満ちた主張より一定の好感が
      持てるのにと心配してさしあげます。

  12. 匿名 より:

    プーチン心の病説が本当だったとしても、さすがにこのニュースはフェイクじゃないですか?

    キエフ大公国:9世紀後半から13世紀半ば こんな大昔の帝国版図を持ち出すなんて
    イタリアが古代ローマの、モンゴルがモンゴル帝国の 再興を持ち出すに等しい話ですよ?

    1. はるちゃん より:

      習近平国家主席は、清朝乾隆帝の頃の版図を基準にしているようです。
      ウクライナの現状は、中国にすればチベットやウイグルがアメリカに接近しようとしている状態なのかも知れませんね。
      台湾の現状は当然受け入れ難いでしょうし、朝貢していた事もある沖縄に対する思惑は気になりますね。
      半島に関しては、当然中国に従うべきだと思っているでしょう。
      属国第1位が自慢だったようですので。
      属国根性が抜けない半島にお住まいの方々も、昔に戻った方が精神的に落ち着くのでは?

      1. 匿名 より:

        匿名にわざわざお返事ありがとうございます。

         例の国辱地図ってやつですね。支那国内でも「公式には」何十年も前に廃止されていて、そもそも中華民国(現台湾政府)の作成ですし、半島人はともかく、現代支那人は見ても笑ってるだろうと想像してますが、、、確かにスターリンや毛沢東のやったことと、それに従った一般人のことを思えば、、、スタ・毛も古い歴史の中の人物のように私は思ってますが プーチンって意外と古い人間なのかもですね。

        1. 匿名 より:

          追記ごめんなさい。現在支那がやってることを見ると 国辱地図は生きているのでしょうね。 
           だとすると、それ人民中国じゃなくて中華民国(台湾)の領土だぜ!何勘違いしてるんだ! とも言ってやりたくなる。

          脱線
           ロシア・中華人民共和国 が国連常任理事国ってオカシイ。本来 ソ連・中華民国が常任理事国だろうに。。。 あ、ちなみに私、日本人のオッサンです。

  13. 月長石 より:

    ウクライナ関連のトピックがたくさんあって、ここにポスティングするかどうかちょっと迷ったのですが、
    プーチン氏の野心つながりでここにしました。

    先程、フランス時間で午後8時にマクロン大統領の国民向けのスピーチがありました。
    他国に頼らないエネルギー政策=原子力発電所の新規建築を明言されていました。
    興味深かったのは、来週ベルサイユ宮殿で欧州首脳会議を開催するというアナウンスメント。
    https://www.francetvinfo.fr/monde/europe/manifestations-en-ukraine/guerre-en-ukraine-ce-qu-il-faut-retenir-de-l-allocution-d-emmanuel-macron_4989744.html

    ご存知のようにここは第一次大戦でベルサイユ講和条約が締結された場所です。
    フランスにとっては非常に象徴的な場所ですが、普段は一般公開されていることもあって、めったに公的行事には使われません。私が知る限りではここでEUの首脳会議をするのは初めてのように思います。 
    今回のウクライナ事態に直面した欧州会議の気迫が伝わってきます。

    目をお隣のドイツに向けると、ここでもまた政策が一夜にして変更された印象です。
    https://www.foreignaffairs.com/articles/germany/2022-03-01/new-germany
    「新しいドイツ
    プーチンの攻撃性がベルリンをどのように変えつつあるのか」
    かなりの長文ですが特に印象に残ったのは最後のパラグラフです。
    Europe may finally become comfortable with German military power.
    ヨーロッパはようやくドイツの軍事力を安心して受け入れられるようになった

    これまでは敗戦国の負い目があって日本と同じく完全に腰が引けていたドイツが、
    ウクライナ情勢への対応で軍事力の増強に舵を切ったことを
    お隣のポーランドを含めた東ヨーロッパの国々が歓迎しているとしています。
    Ukraine may represent the moment when postwar Europe finally became comfortable with German military power
    「ウクライナ事態は、戦後のヨーロッパがようやくドイツの軍事力を受け入れた瞬間といえるかもしれない。」
    という言葉で記事の最後は締めくくられています。

    日本の場合、特ア三国が非常にうるさいので、ドイツと同じように堂々と再軍備ができるまでには
    まだまだ時間がかかるかもしれませんが、その日がやってくることは間違いないと確信します。

  14. はにわファクトリー より:

    どちらの記事へコメントするべきか判断に迷いましたが、こちらにします。

    現アメリカ大統領はラリっているのではないか。少なからずのひとびとが彼の演説に混ざる失言、
    言い間違いを通して疑念を抱いているところですが、またやったようです。

    Telegraph 紙 2022-3-2 投稿
    『Biden makes embarrassing gaffe by referencing ‘Iranian people’ in Ukraine speech』

    “In an embarrassing slip-up, the US President said: “Putin may circle Kyiv with tanks, but he will never gain the hearts and souls of the Iranian people.”

    向かって左背後の副大統領の居心地悪そうな表情にご注目あれ。
    https://www.youtube.com/watch?v=zB0W91E3XOU

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です