ツイッターのトレンド欄にて「不法占拠」が注目される

今日は、「竹島の日」です。こうしたなか、ツイッターのトレンド欄を覗いていると、「不法占拠」という単語が挙がっていました。これは非常に興味深い現象です。そして、ひと昔前だと「日米韓3ヵ国連携」を重視するとして、日本が「大人の態度」と称して日本が譲歩していたことも、最近だとあまり譲歩しなくなっているというのも面白い点です。

本稿は、ちょっとしたメモです。

本日は竹島の日です。

島根県竹島は、韓国に不法占拠されてから70年が経過しましたが、非常に不思議なことに、日本政府は「韓国による不法占拠」をあまり国際社会で大きく宣伝していません。

その理由はよくわかりませんが、邪推するに、これも日本なりの「配慮」なのでしょうか?

もしそうだとしたら、日本がいったい何に配慮しているのか、意味がわかりません。島根県竹島は国際法上、間違いなく日本の領土であり、また、その「日本固有の領土」が韓国に不法に占拠されているというのも事実だからです。

事実を事実として受け止めたうえ、日本の立場を国際社会に対し広く伝えることの、いったい何が悪いというのでしょうか。

ただ、こうした意味のわからない「配慮」にも、変化の兆しが出ているようです。

新聞、テレビなどのオールドメディアの社会的影響力が低下しつつあるためでしょうか、あるいはインターネットの社会的影響力が高まっているためでしょうか。

ツイッターの「トレンド欄」を覗いてみると、『領土・主権展示館』が、こんなツイートを発信していました。

このツイートのためでしょうか、ツイッター上では「不法占拠」という単語が大きく注目されており、また、本日の「竹島の日」に関わるツイートが多数出てきています。

これは、なかなか良い傾向でしょう。

そういえば、昨年11月には、韓国の警察庁長が竹島に不法上陸したことを受け、米国で行われた日米韓3ヵ国外務次官級協議後に、日本側が共同記者会見の実施を拒絶したことがありました(『日韓の「意見の相違」で日米韓共同記者会見取りやめに』等参照)。

ひと昔前だと、「日米韓3ヵ国」の結束を示すために、日本が「大人の態度」と称し、韓国に譲歩していたところですが、日本政府がこうした譲歩・配慮をしなくなったというのは、興味深い変化です。

いずれにせよ、結局のところ、日本は民主主義国家であり、たとえ日本政府といえども、あまり露骨に民意に背くことはできなくなっていることは間違いありません。そして、日本政府が最近になって、あまり韓国に「配慮」しなくなったのは、もしかするとネット世論の影響もあるのかもしれないと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. ちかの より:

    駐日米国大使のエマニュエルさんのメッセージ、まだー?
    2月7日「北方領土の日」にはいろいろ言ったんだから、「竹島の日」にも何かメッセージを出して欲しいですね。

  2. 引っ掛かったオタク@北方四島千島樺太忘るるべからずんでも先ずは竹島奪還さね より:

    ロシアがウクライナ東部に二か国新たな(棒)”国”を承認したそうですが、クリミアしかり彼らがどのような手段方法手練手管をもってウクライナを侵食してきた&している&していくのか、報道やら公器やらを自称するマスメディアは丁寧に粒さに詳細に我々一般ピープルに伝え続ける義務があんだろがヨ!
    ナンテ思うてしまいモウシタ

    アレ観たウエで「外国人に地方参政権を」なんつーコトを謡う輩はガイカンユーチを企図しとんじゃろ!!…と邪推してしまいますわい

    1. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

      ガイカンユウチ罪は多くの国で最高刑らしいね

  3. 匿名 より:

    これらもSNSのお陰でオールドメデアが隠してきたことが明るみに出てきたのでしょう。
    先ほどの新聞業界衰退しかり、フェイクニュースを隠すことが出来なくなった事もしかり。
    しかしながらメデアの韓国押しは隠すことをしなくなり激しさを増しています。
    中国共産党の浸食も激しくなってきています。
    特に国会議員の動きには注意と発信がひつようですね。

  4. 愛知県東部在住 より:

    「竹島の日」すっかり忘れてしまってました。

    というか、本日は「ネコの日」としか脳にインプットされていなかったのかもしれません。
    全く以て、いつまでたっても駄目な私ねぇ~♪な感じです。

  5. 匿名隊員 より:

    会社にかかっている取引先からいただいた今年のカレンダー、「北方領土の日」は書いてあるのに「竹島の日」は書いてなくて、見るたびもやっとしてます。「ネコの日」も書いてないですが(ΦωΦ)どちらも重みは変わらないのに何が違うのか。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。