怪しい通貨・人民元の真相や韓国経済の危ない実情など、金融規制の専門家が「本当のところ」を解説します
評論記事

韓国崩壊

時事評論:「ツートラック外交」の愚

最近、時事ネタを「夕刊」で取り上げる機会が増えているのですが、それでも取り上げ切れない状態が続いています。そこで、本日は朝から時事ネタを取り上げてみたいと思います。テーマは「韓国によるツートラック外交の愚」です。

【夕刊】外交を政府任せにしない

本日は、最近の報道から2つ、私が気になる話題を紹介しておきたいと思います。これらの話題は異なりますが、共通点が1つあります。それは、「外交という大事な議論を政府任せにしないことが重要である」、という主張です。

【夕刊】壊れゆく日韓関係の現状整理

先週から当ウェブサイトでは、日韓関係が現在進行形で壊れ始めていると申し上げています。日本時間の本日夜から明日未明にかけて、カナダで日韓外相会談が行われる可能性がありますが、そのまえに、現状の日韓関係について、ごく簡単にまとめておきたいと思います。

【夕刊】読売調査は日本国民変化の象徴

本日も「夕刊」として、少し気になった話題を提供します。

【夕刊】朝鮮日報の「てのひら返し」

日曜日ですが、ちょっと時間が空いたのに加え、珍しい「社説」を発見したので、ちょっとした記事をお送りしたいと思います。

【夕刊】都合が悪いと「お互いが悪い」

韓国は自国の立場が非常に危うくなると、決まって、「ある行動」に出ます。それは、「日韓お互いが悪い」とする詭弁です。

【夕刊】慰安婦問題は根本から叩き潰せ!

昨日からためしに「夕刊」の配信を始めてみました。本日も、ちょっとした「小ネタ」を紹介してみたいと思います。

【夕刊】韓国メディア「米国が南北対話を歓迎」のウソ

当ウェブサイトではここ数日、連続で朝鮮半島の話題を取り上げていて、いいかげん、読者の皆様も辟易しているかもしれません。ただ、そうこうしているうちにもダラダラと続報が入ってきてしまっています。そこで、本日以降は開き直って、徹底的にこの問題をフォロー・アップしたいと思います。

慰安婦合意という「地雷」を踏んだ韓国大統領

連日の「慰安婦合意破棄事件」シリーズの総仕上げとして、本日は、「そもそも日韓慰安婦合意自体が毒まんじゅう、もしくは地雷だった」という点について、深く解説をしたいと思います。

平昌の欺瞞:赤化統一に一歩近づいた韓国

昨日は慰安婦合意に関する報道が注目されましたが、それ以外にも今後の朝鮮半島情勢を占ううえで、重要な出来事がありました。それが「平昌の平和」という欺瞞です。

1 2 3 13 »

コメント・引用・転載等歓迎

当ウェブサイトは皆様方のコメントや引用、転載を歓迎します。なお、引用・転載・コメントに関する管理人の方針の詳細につきましては、こちらをご参照ください。

スポンサーリンク・広告

著者略歴等

  • 新米パパとして日々奮戦中!
  • <資格・職歴等>

    • 都内の4年制私大出身
    • 国家Ⅰ種(経済職)合格
    • 2004年公認会計士開業登録
    • 監査法人で約6年勤務
    • 金融機関で約9年勤務
    • 2015年10月:都内で起業、現在に至る
    • 2016年7月:専門評論ウェブサイト「新宿会計士の政治経済評論」を開設
    • 2017年1月:月間PV数10万件を達成

    <専門分野と主著>

    • 【専門】金融商品会計・金融規制
    • 【著書】単著4冊/共著3冊(いずれも金融商品会計基準や金融規制などの専門書籍)
    • 【活動】経理専門誌、金融業界紙に記事を執筆中

    <知的好奇心の宝庫>

    ウェブサイトのコンセプトは「知的好奇心を刺激する、無料で読めるクオリティ評論」です。どうかご愛読をお願い申し上げます。
    著者近影 詳しくは『このサイトについて』のページもご参照ください。

    最近のコメント

    • twitter

    スポンサーリンク・広告

    外部リンク

    スポンサーリンク・広告


    過去に更新していた「ブログ」

  • 「新宿会計士のブログ(アメブロ側)」
  • 「新宿会計士のブログ(楽天ブログ側)」
  • ツールバーへスキップ