河村建夫氏に冷ややかな国民世論こそ文在寅政権の遺産

前衆議院議員で日韓議連幹事長だった河村建夫氏は現在、日韓親善協会会長に就任されています。その河村氏が先日、韓国を訪問し、「政権交代を機に日韓関係を改善しようとする気持ち」を韓国側に伝達したのだそうです。ただ、韓国メディアと異なり、日本の側のメディアはこの話題について冷ややかに見えますし、日本国民も醒めているように思えてなりません。じつはこれこそ、文在寅政権が日韓関係にもたらした、大きな「遺産」なのかもしれません。

河村氏の訪韓

韓国メディア『中央日報』(日本語版)に昨日、こんな記事が掲載されていました。

日韓親善協会会長、韓国次期大統領の秘書室長と面談…「日韓関係を改善しようという思いを感じた」

―――2022.04.13 11:46付 中央日報日本語版より

これは、11日から3日間の日程で韓国を訪問していた河村建夫・日韓親善協会会長が12日午後、尹錫悦(いん・しゃくえつ)次期大統領の秘書室長である張済元(ちょう・さいげん)氏と会い、「韓日関係」に関して意見を交わした、となどするものです。

中央日報はまた、河村氏が「韓日親善協会」の定期総会にも出席し、「一衣帯水の日韓関係だから、いがみ合う関係は互いにプラスにならない」、「(韓国の)政権交代を機に新しい日韓関係をつくる必要がある」と話した、とも報じています。

「一衣帯水の関係」!

なんだか、この表現、久しぶりに見た気がします。「一衣帯水の関係だから日韓関係を改善しなければならない」というロジック、一周回って却って斬新に見えてしまうのは、気のせいでしょうか?

いずれにせよ、この手の発言を読んで、当ウェブサイトの読者の皆さまなどであれば、「またか」とウンザリする方も多いと思います。

「韓国が」日韓関係を悪化させた』などでもしつこく議論してきたとおり、現在の日韓関係を「悪化」と呼ぶのであれば、その「関係悪化」という状態をもたらしたのは、ひとえに韓国側の約束破り、条約無視、国際法違反などの不法行為の数々だからです。

この手の「お互いに努力しなければならない」といった言説、韓国が日本に対してさまざまな不法行為を仕掛けたという事実を無視したものであるという点において、正直、不当であると思わざるを得ないのです。

日本の側では大きく報じられていない

ところで、この話題を巡って、非常に気になる点があるとしたら、日本の側で河村氏の動静がほとんど報じられていないように見える、という点です。

大手メディアのなかでは、朝日新聞や産経新聞、時事通信などが河村氏の訪韓について記事を出していますが、どの記事も扱いはそれほど大きくありません。

日韓は「一衣帯水」河村元官房長官が訪韓、尹次期大統領の側近と面会

―――2022年4月12日 19時45分付 朝日新聞デジタル日本語版より

河村元官房長官「日韓改善へ意欲感じた」 韓国次期大統領側近と面談

―――2022/4/12 19:08付 産経ニュースより

河村氏、尹氏側近と会談 関係改善へ意思共有―韓国

―――2022年04月12日19時59分付 時事通信より

河村氏の訪韓から一両日待ってみたのですが、大手メディアではこれら以外の記事はほとんど見当たらず、日本の側では河村氏の動静にあまり注意を払っている気配が見られません(※地方紙なども含めて検索すれば、もしかしたら「大きく取り上げている」という事例もあるのかもしれませんが…)。

ついて行かない国民の意識

冷静に考えてみたら、河村氏は昨年10月の衆院選で事実上の引退を余儀なくされ、ご長男の建一氏(46)も比例北関東ブロックで出馬したものの、次点で落選しています(ただし、夏の参院選に比例で再び挑戦されるようですが…)。

河村氏は長年、日韓議連の幹事長という立場から、日韓関係の「改善」を強く主張してきたというご経歴の持ち主ですが、それと同時に昨今の日本社会において、河村氏の主張が多数の日本国民に支持されるようには見えません。

その意味においては、文在寅(ぶん・ざいいん)政権が日韓関係に残した「最大の遺産」は、日本国民の意識の変化だったのではないかとも思う次第です。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

この点、韓国メディアの報道を眺めていて感じるのは、こうした日本社会の「」冷めた姿勢」があまり伝わっていないフシもあります。しかし、すでに議員ですらなくなった河村氏が韓国に出掛けてなにを話したとしても、それが私たち日本国民の意見を代表しているものではありません。

いずれにせよ、政権交代を機に韓国側で「韓日関係改善」に前のめりになっているフシもありますが、少なくとも日本国民の意識がそこについていこうとしているようには見えない、などと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. しきしま より:

    現議員でなくてもよいのなら、ワタミさんに行ってもらった方が面白かったのですが。

    1. nanashi より:

      しきしま様

      渡邉美樹ワタミ会長兼社長が自由民主党参議院議員(外交防衛委員会委員長)時代に、韓国から来日した国会議員団に一人で応対した「ワタミのワンオペ」の事ですね。
      これが面白かったのは、渡邊氏は外交防衛委員会委員長の肩書きがあったとは言え、参議院議員としての任期が間もなく終えようとしていた事ですね。
      実は、渡邊氏は2013年に訪韓した際に、韓国側から嫌がらせを受けていた為、これが伏線となって、あのワンオペに至ったのだろうと思います。
      つまり日本は、(韓国に)冷遇されたのだから、借りを返す為に(韓国にワンオペで)遣り返したのです。

  2. ナニガシ より:

    政権の移行中に邪魔だと思わないんですかね。
    実際、尹氏の秘書室長としか会えなかったようですが。
    韓国議員のように、ノーアポ、ノープランで訪韓したんでしょう。

  3. 元ジェネラリスト より:

    >「一衣帯水の日韓関係だから、

    キモい。やめてくれ。
    としか思いません。w
    用日メディアの必死さが伝わってきます。時計は戻らないと思いますが。

  4. HNわすれた より:

    慰安婦合意や日韓請求権協定に立ち戻り、自衛隊哨戒機に火器管制レーダーを謝罪し、仏像の返還をし、 ... などを具体的に要求し説得するのではなく、「お互いに仲良くしようね」とかなんとか言ってきたのでしょうね、河村さん。 女子高生みたい。 可愛い 💛

  5. WindKnight.jp より:

    河村氏については、韓国にむけて、
    しっかり、合意や条約を守ることの重要性を説いてきていただきたいものです。

    それだけですね。
    すでに、日本に向けて、韓国の話をする段階は終わってますし。

  6. んん より:

    愛、愛、愛、愛
    歓待のようです
    ポロッと歓待であれぐらい?
    シレッとリーク、こりゃそうです

  7. 宇宙戦士バルディオス より:

     河村健夫は、現役時代韓国からの電話があると、日本の官邸内の情報を伝えていたそうですから、立派なスパイ。日本国家に対する反逆行為。
     親善協会会長就任どころか、自民党から除名の上、名誉剥奪して当然でしょう。

  8. 雪だんご より:

    昨今の日本の対韓感情の冷めっぷりを突き詰めていくと、
    「もう日本は韓国と友好関係じゃなくても良いと割り切った」と言う結論が
    避けられなくなりますからね。

    「反日」と言う”正義”の下に国が成り立っている韓国としては、そんな結論は
    絶対に受け入れられない。だから韓国メディアもそんな結論は絶対に報じないのでしょう。
    単純に見て見ぬふりではなく、本当に気付いていない、理解できない可能性もありますが。

  9. クロワッサン より:

    >いずれにせよ、政権交代を機に韓国側で「韓日関係改善」に前のめりになっているフシもありますが、

    政治家も国民もGG大好きって事で、「前のめり」というか「前かがみ」というかw

  10. 匿名 より:

    河村さんははじめ、

  11. 迷王星 より:

    今回もとても興味深い話題の提供を有難うございます.

    >河村氏の訪韓から一両日待ってみたのですが、大手メディアではこれら以外の記事はほとんど見当たらず、日本の側では河村氏の動静にあまり注意を払っている気配が見られません

    この理由は簡単だと思いますよ.
    要するに,河村さんの訪韓に国民の注目を集めたくないということでしょう.

    河村さんが岸田政権の事前了承も得ずに訪韓したとは考えられませんからね.(つい先日,岸田さんが河村さんが所属していた派閥ボスの二階さんと関係を修復したという報道もありました)

    つまり河村さんが訪韓することを韓国に対する拒否感が募っている我が国民が注目するということは,岸田さんに対して国民の批判や嫌悪感が強まる可能性が高いということです.これは中身(=政策)ゼロで内閣支持率だけが頼りの岸田さんとしては何としても避けたいし,共産チャイナや韓国のPR機関と化している我が売国マスゴミにとっても,共産チャイナや韓国べったりの岸田・林・茂木という売国トリオは最優先で守らねばならない訳です.

    という訳で,売国マスゴミにとって岸田さんが国民からの批判を浴びるのを防ぐためには,国民からの批判を浴びるリスクの大きい河村訪韓の事実は最小限の報道で可能な限り国民の関心を惹かないように済ませることが不可欠ということです.

    そしてこんなタイミングで河村氏を訪韓させたという事実が,日韓関係改善のためのワーキングチームを作ろうという提案を岸田さんから次期韓国政権に対して行ったという一部の報道に対する信憑性を与えていると私は判断しています.

  12. 世相マンボウ . より:

    私は 河村健夫に関しては
    新宿会計士さまとみなさんとは
    ちょと違った評価をしてるかな?
    と思います。

    もちろん河村健夫の主張自体は
    韓流脱糞派そのもので
    支持などできないものですが
    河村健夫のようなものも擁していて
    でもきっちりそれを取り上げない枠組みの
    自民党政権の寛容さを大切と考えるものです。

    世間の非難を一身に背負って
    『韓日ビジョンフォーラム(?)』なるものに
    渡韓した河村氏を韓国側とともに出迎えたのは
    ミスター民主党御大将と支持者が呼んだ
    鳩ポッポさんだと知られています。

    コントロールが効いた元での河村氏は
    私はまだ認めるのですが、
    いくら世間に相手にされてないとはいえ
    半島で土下座で倒日の同志ともてはやされる
    その性根からも売国の鳩ぽっぽさんとは違って
    私は一定の条件で認めて上げてもいいものと
    寛容に考えています

  13. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

    この人はまだ生きてたのか

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です