気がついたら、今日で令和元年・2019年もお終いです。当ウェブサイトではいつか手を付けようと思っていたテーマのひとつが、「日本政府が韓国に対する経済制裁を適用するとしたら、どのような形態が考えられ、その発動の名目は何か」、というものです。これについては議論し始めると『日本経済を客観的な数字で読んでみた結果を総括します』でも報告した「数字で読む日本経済」のようなシリーズものにしなければならないほど膨大ですが、本稿ではそのごく触りとして、来年に向けた論点のたたき台を自分なりに提示しておきたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

年末の挨拶

早いもので、今年も今日でお終いです。

個人的には当ウェブサイトに書けないことも含め、怒涛のような1年が過ぎ去ったと思っていて、とくにこんな何もとりえもないウェブサイトであるにも関わらず、最大で月間400万ページビュー(PV)を頂いたのには驚きというほかないと思います。

最近でこそPV数は最盛期の半分くらいに落ちているものの、そのかわり、読者コメント欄には非常に秀逸なコメントが多数付くようになりました。ひとつだけ自慢させていただけると、当ウェブサイトにとっての最大の資産は、優れた読者コメントが大量に寄せられる点にあるのだと思います。

考えてみれば、類似のウェブ評論サイトには読者コメント欄がないケースもありますし、また、世の中の人気ブログサイト、まとめサイトなどにつく読者コメントを読ませていただいて「勉強になる」と思うことはほとんどありません。

しかし、『新宿会計士の政治経済評論』は、評論記事本文よりもむしろ、読者コメント自体に読む価値があるという意味で、非常に変わったサイトでもあります。この点だけは自慢したいと思いますし、また、日々読んで下さる読者の皆さま、コメント主の皆さまには御礼を言わずにはいられないのです。

韓国の不法行為

どうしても年内に始めておきたい

ただ、個人的には「今年を振り返る」「来年を展望する」といった気の利いたことができる人間でもありませんし、「ウェブサイトを運営することの意義」については、別稿で(おそらく明日あたりに)議論したいと思っているのですが、その前に、どうしても今年のうちに開始しておきたい議論が、ひとつあります。

それはズバリ、「韓国に対する経済制裁」です。

といっても、韓国に対する経済制裁について議論し始めたら非常に長くなってしまいますので、本稿ではそのごくさわりとして、来年に向けて、「日韓関係において見ておくべきポイント」を中心に検討したいと思います。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

もともと日韓関係は厳しい状況が続いていたのに、昨年秋口以降、韓国側から仕掛けられてきた「日韓友好に反した非合理な行動」については、結局、ほとんど解消されないままに年を越そうとしています。昨年秋口以降のものに絞っても、次のような事件がありました。

  • ①旭日旗騒動(昨年9月頃~)
  • ②自称元徴用工判決問題(昨年10月30日、11月29日)
  • ③レーダー照射事件(昨年12月20日)
  • ④天皇陛下侮辱事件(2月頃)
  • ⑤日本による韓国向けの輸出管理適正化措置(7月1日発表)
  • ⑥慰安婦財団解散問題(7月頃)
  • ⑦日韓請求権協定無視(7月19日)
  • ⑧日韓GSOMIA破棄通告(8月22日)
  • ⑨対日WTO提訴(9月11日)

このうち⑤を除く各項目については韓国が日本に対して仕掛けて来たものですが、⑤だけは例外的に日本が韓国に対し、積極的に講じた措置です。ただ、日本政府がこの措置を講じるきっかけを作ったのは韓国ですので、やはり究極的には韓国の行動がすべての原因であるといえます。

日本の全面勝利に終わったGSOMIA騒動

さて、上記①~⑨のうち、⑧と⑨については、『韓国の「GSOMIA瀬戸際外交」は日本の勝利だが…』などでも述べてきたとおり、すでに事実上の「日本の全面勝利」で終わっています(といっても、これは「勝ち負け」の問題でもないのかもしれませんが…)。

韓国の「GSOMIA瀬戸際外交」は日本の勝利だが…

もともとこの⑧と⑨は、⑤、つまり日本が韓国に対して講じた輸出管理適正化措置への対抗措置として取られたものです。おそらく文在寅(ぶん・ざいいん)政権の目論見としては、とくに⑧を打ち出せば、日本が慌てて輸出「規制」を撤回するに違いない、と勘違いしていたフシがあります。

しかし、とくに⑧(日韓包括軍事情報保護協定=日韓GSOMIA=の破棄)については、現実には日本政府は「残念だ」「韓国には賢明な対応を求めたい」の一点張りであり、待てど暮らせど「譲歩」しようとしませんでした(『GSOMIA破棄「残念」で終わらす日本に韓国逆ギレ』参照)。

それどころか、この措置が米国の極めて強い反発を招き(『もう日本は関係ありません、今後は米韓間で直接どうぞ』等参照)、最後には事実上の無条件撤回に追い込まれた格好です(『【読者投稿】GSOMIA「事実上の延長」の真否』参照)。

ちなみに『韓国政府「GSOMIAを3月まで暫定延長」』でも触れたとおり、韓国政府としては「日韓GSOMIAについては韓国側がいつでも破棄できる」と述べているようですが、非常に残念ながら、日韓GSOMIAを韓国がいつでも破棄できるという解釈は成り立ちません。

韓国政府「GSOMIAを3月まで暫定延長」

※余談ですが、この⑧や⑨については、「韓国や北朝鮮が仕掛ける瀬戸際外交には絶対に乗っかってはならない」という、非常に重要な教訓が得られたという意味では、間違いなく日本にとっては大きな収穫だったといえるでしょう。

軍事面では信頼関係が地に堕ちた

ただし、日本が韓国に対して講じた措置である⑤、それに対抗して韓国が講じた瀬戸際外交である⑧・⑨を除けば、ここに挙げた残りの問題については、未解決のままです。先ほどの9つのうち、⑤、⑧、⑨を除いたものを、改めて列挙しておきましょう。

  • ①旭日旗騒動(昨年9月頃~)
  • ②自称元徴用工判決問題(昨年10月30日、11月29日)
  • ③レーダー照射事件(昨年12月20日)
  • ④天皇陛下侮辱事件(2月頃)
  • ⑥慰安婦財団解散問題(7月頃)
  • ⑦日韓請求権協定無視(7月19日)

旭日旗騒動とは、私たちの国・日本で昔から使用されてきた旭日旗(真ん中の太陽から線が放射状に延びている意匠の旗)を巡って、韓国が「戦犯旗」だの、「ナチスの旗と同じ」だのと称して侮辱している問題のことです。

韓国政府は2018年10月の韓国海軍主催の観艦式で、日本の自衛艦にも招待状を発送しておきながら、自衛艦に旭日旗を下ろして航行するように要求し、日本は結局、観艦式に自衛艦を派遣しなかったというオチも付きました(『旭日旗騒動と観艦式の振り返り「全世界に恥をさらした韓国」』参照)。

旭日旗騒動と観艦式の振り返り「全世界に恥をさらした韓国」

一方、軍事面という観点からは、③のレーダー照射事件も無視できません。

これは、ちょうど1年前の2018年12月20日、石川県能登半島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内で、韓国海軍駆逐艦「広開土大王」がわが国の自衛隊機に火器管制レーダーを照射した事件のことです。

レーダー照射事件については、当ウェブサイトでは『レーダー照射事件がじつは「大した問題」ではない理由』など、さまざまな機会に議論して来たとおり、時と場合によっては明らかな戦闘行為見なされることもあるため、結論的には韓国を「準同盟国」と見なせなくなった事件だと考えれば良いと思います。

レーダー照射事件がじつは「大した問題」ではない理由

しかし、韓国政府がやらなければならなかったはずの、事件の全容解明と再発防止策の策定、責任者の処罰などについては、今日に至るまでいっさいなされていませんし、それどころか韓国政府は「むしろ日本が低空威嚇飛行を仕掛けてきた」というウソで日本に対抗している始末です。

ウソツキ国家の本領発揮

「ウソツキ」という意味では、④の国会議長による天皇陛下(現在の上皇陛下)に対する侮辱事件も無視できません。

これは、文喜相(ぶん・きそう)議長が当時の天皇陛下を「日王」、「戦犯の息子」などと侮辱したうえで、自称元慰安婦らへの謝罪を要求したという事件ですが、山東昭子参院議長から説明を求められ、結局は逃げたというオチも付きました(『やっぱりウソだった?文喜相国会議長「お詫びの手紙」』等参照)。

やっぱりウソだった?文喜相国会議長「お詫びの手紙」

ちなみに文喜相氏は先日、自称元徴用工に対する基金の創設を柱とした法案を国会に提出しましたが、韓国国内でも強い反発を受けているほか、「あの」岸田文雄氏からも「韓国は約束を守らない」と言われてしまう始末です(『韓国の迷走眺めつつ、日本は経済制裁の準備に入るべき』参照)。

韓国の迷走眺めつつ、日本は経済制裁の準備に入るべき

なぜなら、⑥、つまり韓国政府が日本の了解なく、慰安婦財団を解散してしまったからであり、これによって「韓国は約束を守らない国だ」というのは、もはや日本国民の共通認識のようになっていることは間違いないでしょう。

自称元徴用工問題のインパクト

ただ、これらの問題だけでも、通常の隣国関係であれば断交状態、あるいは交戦状態に陥っていても不思議ではありません。日本政府の我慢強さ、辛抱強さには驚きます(日本政府が辛抱強いということが「良いことだ」、という意味ではありませんが…)。

しかし、やはりインパクトが大きいのは、②と⑦です。

②については、細かい経緯などについて、いまさらもう一度詳細に議論する必要もないと思いますが、柱としては、次の2点です。

  • (1)日韓間の過去のすべての問題は、1965年の日韓請求権協定において法的に完全に決着が付いており、それをあとになってから蒸し返すのは国際法違反である。
  • (2)そもそも自称元徴用工問題を含めた「歴史問題」自体、その多くが韓国(や悪意を持った日本人)によるウソ、捏造のたぐいである。

もちろん、個人的には日本政府の対応には不満もあります。なぜなら、日本政府が問題視しているのはこのうち(1)の部分だけであり、(2)の部分についてはあまり触れていないからですが、それでも(1)の部分に関するハンドリングについては、歴代政権と比べればはるかに優れています。

安倍政権の主張は、こうです。

  • 旧朝鮮半島出身労働者問題を巡る昨年10月30日と11月29日の大法院(※最高裁に相当)判決は、国際法違反である。
  • 国際法は司法府自身をも拘束する。
  • この問題を作り出した韓国自身が、かかる国際法違反の状態を解消しなければならない。

これらの点については、大変重要な認識であり、完全な正論です。

日本政府がこういう正論をちゃんと主張してくれていることは、過去のグダグダな日本外交を知る者にとっては「隔世の感」があります。

ただ、意外と認識されていないのは、⑦の問題点の大きさです。

これについては『輸出管理の「緩和」を「対韓譲歩」と勘違いする人たち』で詳述したので本稿では繰り返しませんが、韓国側が非合理かつ非友好的な行動により、一方的に生み出した国際法違反の状態を、日本政府が合理的かつ友好的・真摯に解決しようとして失敗した、という事件だからです。

輸出管理の「緩和」を「対韓譲歩」と勘違いする人たち

その意味で、②よりもむしろ⑦の方が、日韓関係がまったく正常なものではなくなってしまった証拠なのです。

話してダメなら…

北朝鮮と戦争することができない国

さて、ひと昔前であれば、国同士で何かトラブルが発生したときには、得てしてすぐに「戦争だ!」などとなったものですが、当たり前の話ですが、現代社会ではなにか気に入らないことがあったからと言って戦争を始めるわけにはいきません。

改めて考えてみると、外国と何らかのトラブルになったとしても、わが国は軍事力を使ってそれらのトラブルを解消することが難しい、という事情があります。なぜなら、わが国には戦争や軍事力の保持を禁じた「日本国憲法第9条」などの規定が存在するからです。

ただ、日本が外国とさまざまなトラブルに巻き込まれる、ということは、わりと頻繁に発生しています。

1945年8月15日正午に「日本がポツダム宣言を受け入れる」とする玉音放送が流されたあとに限定しても、

  • 旧ソ連による千島への軍事侵攻(※占守島への軍事侵攻は8月18日)
  • 韓国による竹島の不法占拠と日本人漁民の不当拘束
  • 北朝鮮による日本人拉致事件
  • 中国公船による尖閣諸島周辺海域侵犯の常態化

など、いくらでも事例があります。

また、外国の政府や組織などの不法行為によって、日本人の生命や財産が脅かされるのは、これだけではありません。たとえば、海外で日本人がテロ組織、犯罪組織などに誘拐され、身代金を奪われるようなケースもしばしば発生しています。

さらには近年、新たなタイプの脅威も発生しています。米国や欧州などでは、外国人のテロリストが大都市でさまざまなテロ行為を発生させ、多くの人々に危害を加えるという事例も発生していますし、日本でも四半世紀前に、オウム真理教による地下鉄へのサリン散布テロが行われています。

わが国の場合は戦後体制のなかで、日本の方から戦争を仕掛けるということは非常に難しいのが実情です(といっても、日本政府には、日本国民を日本領土内から拉致・連行した北朝鮮に対しては、軍事侵攻し、金正恩を殺害してでも日本人を取り返す義務があるとは思うのですが…)。

経済制裁とは戦争に代わる紛争解決手段?

このように考えていくと、相手国からなにか非合理なことを仕掛けられ、それを解決しようにも相手が話し合いに応じないのならば、無理やりにでもそれを解決する(解決しないならば相手に償いを支払わせる)必要があります。

さて、日本は不法行為を仕掛けられています。しかし、日本がその不法行為を戦争という手段で解決することは非常に難しいです。そうなった場合には、いったい何をしなければならないのか――。

はなしは非常に簡単で、「経済的手段によって相手を締め上げる必要がある」のです。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

これに関連し、今年、当ウェブサイトでは「ヒト・モノ・カネ」という観点から、経済制裁についてはずいぶんと議論して来ましたが、「経済制裁」とは、いったい何でしょうか。

あらためて概要を申し上げておけば、「ヒト・モノ・カネ・情報」の流れを制限することにより、相手国に対し経済的な打撃を与えることであり、理論的には、たとえば次の7つの類型が考えられます。

  • ①自国から相手国へのヒトの流れの制限
  • ②自国から相手国へのモノの流れの制限
  • ③自国から相手国へのカネの流れの制限
  • ④相手国から自国へのヒトの流れの制限
  • ⑤相手国から自国へのモノの流れの制限
  • ⑥相手国から自国へのカネの流れの制限
  • ⑦情報の流れの制限

ただし、日本の場合、①については、「日本政府が日本国民に対し、相手国への渡航を制限・禁止する」、ということはできません(※外為法第48条第1項などに基づき、技術者が相手国で技術を提供することを制限することは可能ですが…)。

また、⑥については、とくに韓国の場合、もともと韓国から日本への投資(カネの流れ)は非常に少なく、これをわざわざ禁止するにしても、あまり効果はありません(効果が皆無というわけではありませんが、コストと効果のバランスが取れていません)。

さらに、⑦については、日本国内にスパイ防止法などがないため、情報の流れを完全に遮断することはできませんし、また、韓国のことが気にくわないからといって、インターネット回線を遮断してしまうということもできません。

必然的に、韓国に対する経済制裁として有効なものは、②、③、④、⑤に限られてくるのです。

それぞれの経済制裁について

さて、それぞれの経済制裁のパターンのうち、②、③、④については、当ウェブサイトではすでに議論しています。

(※余談ですが、その過程で、条文を思いっきり読み間違えた事実誤認記事を公表してしまうという失態を犯しましたが(『外為法第16条の研究:韓国に対するカネの流れの制限とは?』参照)、本件については大変にご迷惑をおかけしたことを、改めておわび申し上げたいと思う次第です。)

ちなみに日本政府が外為法第48条第1項に基づく輸出管理適正化措置を発表したのは今年7月1日のことですが、当ウェブサイトでは少なくとも3月の時点で外為法第48条に基づく措置(いわゆるホワイト国等を含む)について議論していたのはここだけの話です。

また、⑤(韓国から日本へのモノの流れの制限)については「関税の引き上げ」「通関手続の厳格化」などが考えられるのですが、残念ながら韓国の輸出産業にとって、日本の輸出先としての重要性はそこまで大きくありません。

したがって、日本政府が韓国経済に打撃を与えるつもりで④をやろうとしても、効果はかなり限定される、とだけ申し上げておきたいと思います。

経済制裁の名目とは?

さて、経済制裁としては、大きく②、③、④があることがわかりますが、もうひとつ重要なのは、それを発動するときの「名目」です。

わかりやすいのは「韓国の不法行為に対して経済制裁を発動する」と宣言する「(1)積極的経済制裁」ですが、これについては『「伝家の宝刀」の欠陥 韓国に対する経済制裁を整理する』などでも整理したとおり、自由貿易のルールに抵触しないようにしなければならないなど、なにかと制限があります。

「伝家の宝刀」の欠陥 韓国に対する経済制裁を整理する

このように考えていくと、仮に日本が韓国に経済制裁を適用するならば、「なにか他の名目」があった方がやりやすいです。そこで出て来るのが、次の3つの類型です。

  • (2)サイレント型経済制裁(なにか他の名目を見つけて来て、「経済制裁だ」と宣言することなく、実質的に経済制裁と同じ経済効果をもたらすこと)
  • (3)協調型経済制裁(日本だけが悪者になることを防ぐために、米国など第三国と協調して韓国に対して経済制裁を発動すること)
  • (4)消極的経済制裁(韓国が困っているときにわざと助けないことで、実質的に経済制裁を適用したのと同じ経済効果を達成すること)

ちなみに、当ウェブサイトではかなり早い時期から「(5)セルフ経済制裁」、つまり、「韓国の自業自得により、結果的に韓国が経済制裁を喰らったような状態に陥ること」という概念を提唱して来たのですが、面白いことに、最近、こうした「セルフ経済制裁」の事例は頻発しているようですね。

その典型例は『【速報】セルフ経済制裁?日本企業が韓国からの事業撤退発表』や『セルフ経済制裁?「韓国航空業界が輸出規制で危機に」』、『韓国訪問日本人の急減は「セルフ経済制裁」の可能性』ですが、具体的にはそれぞれのリンクをご参照ください。

輸出管理適正化措置の本当の意味

こうしたなか、日本政府がこれらの経済制裁を、①果たして発動するのかどうか、②発動するならばいつ、どのような名目で発動するのか、については、来年以降、当ウェブサイトが追いかけたいと思っている重要なテーマのひとつです。

ただ、韓国政府や韓国メディア、あるいは日本の一部メディア、一部の国民は、日本政府が今年7月に講じた措置を、(おそらくは自称元徴用工問題に対する)「経済報復」だの、「貿易報復」だのと呼んでいますが、これについてはどう考えるべきでしょうか。

結論的に申し上げれば、『自称元徴用工問題巡る、日韓両国の絶望的な認識の差』で詳述したとおり、そもそも輸出管理適正化措置自体、とうてい「経済制裁」や「報復」と呼べる代物ではないうえ、輸出管理適正化措置については、自称元徴用工問題とは、おそらくまったく無関係です。

自称元徴用工問題巡る、日韓両国の絶望的な認識の差

ただ、それと同時に、日本政府が7月1日に輸出管理適正化措置を打ち出したところ、これに対して韓国政府がどういう反応を示したかについては、日本政府としては良い勉強になったのではないでしょうか。

というのも、南北揃って得意技とする「4つのインチキ外交」を使って、全力で揺さぶって来たからです。

韓国と北朝鮮の「4つのインチキ外交」
  • ①あることないこと織り交ぜて相手国を揺さぶる「ウソツキ外交」
  • ②国際社会に対してロビー活動をして、ウソを交えつつ「相手国の不当性」を強調する「告げ口外交」
  • ③国際協定や国際条約の破棄、ミサイル発射などの不法行為をチラつかせる「瀬戸際外交」
  • ④主要国間でバランスを取る「コウモリ外交」

その意味で、日本政府が7月1日に発表した措置は、経済制裁の予行演習として役だったのではないでしょうか(※日本政府がそれを意図していたかどうかは知りませんが…)。

やるなら(2)~(4)で

以上より、仮に日本政府が来年以降、韓国に対して何らかの経済制裁を適用するのだとしたら、その発動名目は、

  • (2)サイレント型経済制裁
  • (3)協調型経済制裁
  • (4)消極的経済制裁

のいずれか(あるいはそれらのミックス)であるべきだと考えます。

いちばん極端なものは、「韓国は北朝鮮を支援する国である」という名目で、米国などと協調し、北朝鮮に対するヒト、モノ、カネの経済制裁を韓国にも拡大適用する、ということですが、これは同時に韓国の経済的焦土化を念頭に置いたものです。

もちろん、日米両国が現段階で韓国の「経済的焦土化」までに踏み切ると断言するつもりはありません。

しかし、冒頭に掲げた「韓国の日本に対する不法行為」と、文在寅政権が「反日」ではなく「反米」である、という考察を組み合わせるならば、やはり北朝鮮の「CVID」方式による非核化を達成するためには、いずれ韓国に対する経済制裁が選択肢に上がってくる可能性はあると思います。

※「CVID」は「完全な、検証可能な、かつ不可逆な方法での廃棄」(Complete, Verifiable and Irreversible Dismantlement)の略。

もちろん、来年は米大統領選であるため、米国がどこまで決断するかはわかりません。

しかし、それと同時に、トランプ氏ならば「東京オリンピック(7月24日~8月9日)・パラリンピック(8月25日~9月6日)」が終了した直後から大統領選(11月3日)までの短い期間で、北朝鮮攻撃を決断することもあり得なくはありません。

いずれにせよ、日韓問題とは、米韓問題、北朝鮮核問題、米中貿易戦争などの従属変数でもあるため、これらの動向については来年以降も目が離せない展開が続きそうです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2020/07/02 11:30 【時事|金融
    韓国が外貨準備高のうち1573億ドルを「積極投資」 (5コメント)
  • 2020/07/02 08:30 【時事|韓国崩壊
    韓国さん、政策対話を滞らせてしまって大丈夫ですか? (17コメント)
  • 2020/07/02 08:00 【数字で読む日本経済
    インターネットによる情報発信が日本を変えていくのか (2コメント)
  • 2020/07/02 05:00 【韓国崩壊
    歴史問題にエサを与えないでください!=自滅する韓国 (18コメント)
  • 2020/07/01 16:00 【数字で読む日本経済
    【お知らせ】数字でみる「強い」日本経済=ビジネス社 (25コメント)
  • 2020/07/01 15:30 【時事|韓国崩壊
    「資産売却」騙る弁護士のインタビュー=自称元徴用工 (34コメント)
  • 2020/07/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/01(水) (58コメント)
  • 2020/07/01 11:55 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「輸出規制で安倍破産」 (7コメント)
  • 2020/07/01 08:00 【時事|韓国崩壊
    対韓輸出管理適正化措置は「意図せざる経済制裁」に (7コメント)
  • 2020/07/01 05:00 【金融
    香港国家安全法を受けた「対中経済制裁」発動パターン (18コメント)
  • 2020/06/30 17:00 【時事|経済全般
    「日豪などからの入国を容認」、EUの苦しい台所事情 (12コメント)
  • 2020/06/30 12:00 【時事|外交
    「日本は破廉恥水準が全世界最上位圏」=韓国政府高官 (79コメント)
  • 2020/06/30 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓経「日本は脅しただけでアクションを取らなかった」 (28コメント)
  • 2020/06/30 08:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「破綻を避けるためには日韓両国が努力せよ」 (20コメント)
  • 2020/06/30 05:00 【RMB|金融
    「減税」が結果として中国に対する経済制裁となる理由 (28コメント)
  • 2020/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    共同通信「韓国の反発は必至」→本当に反発して来た (29コメント)
  • 2020/06/29 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/29(月) (104コメント)
  • 2020/06/29 11:00 【時事|韓国崩壊
    日本経済にとっての「韓国洗濯機」、今こそ買い替え時 (20コメント)
  • 2020/06/29 10:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「米、WTOでの紛争解決を支持」記事の真相 (7コメント)
  • 2020/06/29 08:00 【マスメディア論|時事
    「衰退産業」で振り返る、「武漢コロナの半年間」 (15コメント)
  • 2020/06/29 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    朝鮮日報の珍説「韓日スワップは日本に円安もたらす」 (35コメント)
  • 2020/06/28 16:00 【時事|韓国崩壊
    共同通信「日本がG7拡大に反対、韓国の反発は必至」 (31コメント)
  • 2020/06/28 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「韓日は最悪の事態避けるため知恵絞れ」 (37コメント)
  • 2020/06/28 09:00 【マスメディア論|時事
    民放各社こそ「NHKに初勝訴」を全面的に歓迎すべき (12コメント)
  • 2020/06/28 05:00 【マスメディア論
    NHKは日本に必要か~最新財務諸表分析から考察する (13コメント)
  • 2020/06/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/27(土) (121コメント)
  • 2020/06/27 09:00 【数字で読む日本経済|金融
    科学的アプローチで理解する、「国の借金論の間違い」 (43コメント)
  • 2020/06/27 05:00 【韓国崩壊
    金与正の瀬戸際外交による最大の成果は「韓国の掌握」 (30コメント)
  • 2020/06/26 16:30 【時事|金融
    米ドル為替スワップ、残高は2263億ドルにまで減少 (4コメント)
  • 2020/06/26 11:00 【時事|外交
    イージス・アショア配備中断、河野太郎氏が丁寧に説明 (41コメント)
  • 2020/06/26 08:00 【時事|韓国崩壊
    「蚊帳の外」にいたはずの日本に「逆ギレ」か?=韓国 (49コメント)
  • 2020/06/26 05:00 【金融
    いまこそ確かめたい、「財政再建=増税」論の大間違い (69コメント)
  • 2020/06/25 17:00 【数字で読む日本経済|金融
    【速報】家計が相変わらず一千兆円超の現金預金を保有 (18コメント)
  • 2020/06/25 12:15 【時事|金融
    韓国政府が外国為替平衡基金債券発行へ=韓国メディア (15コメント)
  • 2020/06/25 08:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    CMIMでなぜか「支援受ける気満々」=韓国メディア (7コメント)
  • 2020/06/25 05:00 【マスメディア論
    産経記者「共同通信は毒水を流すインフラ屋」と苦言か (25コメント)
  • 2020/06/24 12:30 【時事|韓国崩壊
    韓国が「輸出規制」と騒ぐこと自体、日本の脱韓を促進 (23コメント)
  • 2020/06/24 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/24(水) (98コメント)
  • 2020/06/24 10:30 【時事|外交|金融
    日本が香港の金融業を誘致:課題もあるが着眼点は秀逸 (15コメント)
  • 2020/06/24 08:00 【時事|経済全般
    「PCR検査を全国民に実施せよ」を数学的に論破する (53コメント)
  • 2020/06/24 05:00 【金融
    多国間通貨スワップ「CMIM」増額などは見送られた (12コメント)
  • 2020/06/23 16:30 【金融
    トルコが中国との通貨スワップを実行し人民元を引出す (14コメント)
  • 2020/06/23 11:11 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が写真で見る「現在のソウル」 (30コメント)
  • 2020/06/23 10:00 【時事|国内政治
    安倍総理は消費税と憲法争点に解散総選挙に打って出よ (23コメント)
  • 2020/06/23 08:00 【韓国崩壊
    意識だけ先進国?信頼を踏みにじる韓国が払う「対価」 (27コメント)
  • 2020/06/23 05:00 【時事|経済全般
    産経「日中往来制限の長期化により中国で不良品頻発」 (15コメント)
  • 2020/06/22 17:45 【時事|国内政治
    入管への抗議デモは筋違い 「出国の権利」を行使せよ (18コメント)
  • 2020/06/22 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/22(月) (81コメント)
  • 2020/06/22 11:45 【時事|韓国崩壊
    日韓関係「自然消滅」論を裏付ける韓国メディアの記事 (20コメント)
  • 2020/06/22 08:00 【マスメディア論|時事
    河井夫妻逮捕という「不祥事」なのに支持率が上昇の怪 (22コメント)
  • 2020/06/22 05:00 【韓国崩壊
    韓国メディア「日本の対韓制裁は殴るフリだけで効く」 (34コメント)
  • 2020/06/21 12:00 【経済全般
    「戻ってきてほしいトップは台湾」=訪日外国人観光客 (38コメント)
  • 2020/06/21 05:00 【韓国崩壊
    なぜ「日本は韓国に一本取られた」と勘違いするのか (65コメント)
  • 2020/06/20 15:00 【時事|韓国崩壊
    【補遺】韓国で国産化したフッ化水素は5Nに過ぎない (69コメント)
  • 2020/06/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/20(土) (78コメント)
  • 2020/06/20 09:00 【マスメディア論
    世論調査不正問題、むしろ焦点は「他社の対応」では? (27コメント)
  • 2020/06/20 05:00 【経済全般
    韓国メディア「日本の輸出規制で対日貿易赤字幅縮小」 (26コメント)
  • 2020/06/19 11:30 【時事|経済全般
    入国制限の緩和は4ヵ国からスタート 台湾・香港は? (24コメント)
  • 2020/06/19 09:00 【金融
    日欧韓で全体の8割占める=米FRBドル為替スワップ (8コメント)
  • 2020/06/19 08:00 【時事|韓国崩壊
    WTO提訴する韓国は「グループB」にすら値しない (19コメント)
  • 2020/06/19 06:00 【経済全般
    テレビ局「今すぐ事業をやめて解散した方が儲かる」? (17コメント)
  • 2020/06/19 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓銀「韓米通貨スワップ延長は市場状況を見て決める」 (11コメント)
  • 2020/06/18 12:12 【時事|韓国崩壊
    運転席理論は幻想!この難局を韓国はどう乗り切るのか (55コメント)
  • 2020/06/18 11:00 【時事|国内政治
    「ネズミも逃げ出す泥の船」と化しつつある立憲民主党 (13コメント)
  • 2020/06/18 08:00 【時事|経済全般
    米系投資ファンド「日本の地上波テレビに将来性なし」 (7コメント)
  • 2020/06/18 06:00 【韓国崩壊
    日本政府、韓国に輸出規制など経済制裁の発動は可能か (15コメント)
  • 2020/06/18 05:00 【マスメディア論|時事
    不要なのはコメンテーターか、テレビ局そのものなのか (31コメント)
  • 2020/06/17 12:30 【日韓スワップ|時事|金融
    国際競争力で日本を上回る相手国に通貨スワップは不要 (27コメント)
  • 2020/06/17 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/17(水) (122コメント)
  • 2020/06/17 11:00 【時事|国内政治
    山尾志桜里議員:「肥溜め」→「三角コーナー」へ移籍 (32コメント)
  • 2020/06/17 08:00 【時事|外交
    北朝鮮による事務所爆破と金正恩危篤説はつながるのか (40コメント)
  • 2020/06/17 05:00 【経済全般
    【総論】経済制裁「7つの類型」と「5つの発動名目」 (3コメント)
  • 2020/06/16 22:30 【時事|外交
    【速報】「北朝鮮が開城連絡事務所破壊」は権力承継? (22コメント)
  • 2020/06/16 15:00 【時事|国内政治
    毎日新聞によると大串博志氏も「#」と発音したらしい (14コメント)
  • 2020/06/16 11:11 【時事|韓国崩壊
    非上場株式の売却を「時限爆弾」と呼ぶ韓国メディア (17コメント)
  • 2020/06/16 08:00 【韓国崩壊
    「約束破り」の常習国家が日本に「約束を守れ」と要求 (36コメント)
  • 2020/06/16 05:00 【時事|国内政治
    コロナ禍と不法滞在、そして「強制退去違反罪」の創設 (10コメント)
  • 2020/06/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/15(月) (72コメント)
  • 2020/06/15 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓国で「資産現金化でも日本の経済報復に耐えられる」 (105コメント)
  • 2020/06/15 08:00 【韓国崩壊
    相次ぐ韓国の自爆、日本が「エサ」与えなくなったから (34コメント)
  • 2020/06/15 06:00 【マスメディア論|時事
    NHKにとっては企業倒産よりも受信料収入の方が大事 (12コメント)
  • 2020/06/15 05:00 【時事|韓国崩壊
    北朝鮮の軍事行動示唆発言に感じる「不自然さ」の正体 (38コメント)
  • 2020/06/14 11:30 【時事|国内政治
    足を引っ張る野党とメディア、まったく休まぬ安倍総理 (37コメント)
  • 2020/06/14 09:00 【時事|韓国崩壊
    「輸出規制」巡る一般読者の反応のレベルは総じて高い (17コメント)
  • 2020/06/14 05:00 【国内政治
    テレビ見る人ほど安倍総理を「信頼できない」と考える (37コメント)
  • 2020/06/13 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/13(土) (88コメント)
  • 2020/06/13 08:00 【時事|経済全般
    まだ間に合う?中韓に対し「輸入国」に転落する前に… (42コメント)
  • 2020/06/13 05:00 【マスメディア論
    新聞社説のブログ化、そして相次ぐ虚報がもたらすもの (23コメント)
  • 2020/06/12 14:14 【時事|韓国崩壊
    毎日新聞社説「日韓両国指導者は失ったもの直視せよ」 (33コメント)
  • 2020/06/12 11:35 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    「真の友人」なら、もう日韓スワップを結んでいるはず (24コメント)
  • 2020/06/12 11:00 【時事|金融
    日本が6割、韓国が3位に浮上=米ドル為替スワップ (5コメント)
  • 2020/06/12 08:00 【時事|経済全般
    PBデザイン騒動は消費者がローソンを愛している証拠 (17コメント)
  • 2020/06/12 05:00 【経済全般
    中韓との往来断絶長期化なら日本経済にも影響は生じる (14コメント)
  • 2020/06/11 17:00 【時事|外交
    日本が入国を認める相手国に中韓台港米は含まれない? (15コメント)
  • 2020/06/11 11:30 【時事|外交
    そろそろ北朝鮮侵攻を真剣に議論すべきときではないか (92コメント)
  • 2020/06/11 09:00 【時事|韓国崩壊
    韓国がG7に入れるのは約束を守れるようになってから (32コメント)
  • 2020/06/11 08:00 【時事|韓国崩壊
    回線の切断「問題」で北の瀬戸際外交に引っかかる韓国 (25コメント)
  • 2020/06/11 05:00 【経済全般
    正論:入国制限の緩和「中国は念頭にない」=茂木外相 (17コメント)
  • 2020/06/10 17:00 【時事|経済全般
    「商品を普通に誤認する」と評判のコンビニ新デザイン (54コメント)
  • 2020/06/10 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/10(水) (76コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。