旭日旗騒動と観艦式の振り返り「全世界に恥をさらした韓国」

今朝方『旭日旗騒動 7ヵ国が韓国の要請無視、ボイコットは5ヵ国?』で旭日旗の話題を取り上げたばかりであり、何度も同じような話題を提供するのも気が引けるのですが、それでもこの騒動は、後世から振り返ってみたら「日韓関係の転機となった」という重要な事件になりかねないものでもあります。そこで、もう1つ、私が気になった記事を紹介しておきたいと思います。

朝日新聞・牧野氏の論考

朝日新聞・牧野愛博氏「影響は避けられない」

昨日、韓国の済州島(さいしゅうとう)にある海軍基地で行われた国際観艦式には、結局、日本の海上自衛隊は参加しませんでした。

もちろん、観艦式自体、儀礼的なものであり、これに参加しなかったからといって、ただちに日韓の外交が断絶するという短絡的なものではありません。しかし、それと同時に、今回の騒動を受けて、日韓の防衛協力への影響は避けられません。

これに関連し、朝日新聞のソウル支局長の牧野愛博氏が執筆した記事が出ていました。

旭日旗問題の中で観艦式 韓国大統領、海自不参加触れず(2018年10月11日17時59分付 朝日新聞デジタル日本語版より)

牧野氏によると、文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領は観艦式の演説で

海は我々の生命線だ。海洋強国は韓国の未来。海軍をさらに強化する

と語ったそうですが、それと同時に、海自の不参加について文在寅氏は触れなかったとしています(「触れなかった」というよりも「触れられなかった」という方が正確なのだと思いますが…)。

それはさておき、この牧野氏の記事には、1箇所、看過できない部分が含まれています。

韓国はシーレーン防衛を念頭に、周辺海域へ進出できる大洋艦隊の編成を急いできた。海上自衛隊がイージス艦や大型輸送艦を導入する度に、同じ装備を整えてきた。韓国の元国会議員は「自衛隊が持っているといえば、国会で予算が通りやすかった」と語る。防衛交流によっても海自の戦術や技術を学んできた。

要するに日本が導入したといえば韓国は「うちも欲しい!」と言い出す、という、いつもの「マネッコ」ですね。ただ、防衛装備品は導入しただけでは使い物になりません。牧野氏が指摘するとおり、防衛交流によって海自の戦術や技術を学ぶことにこそ、意味があります。実際、牧野氏は日韓関係筋の話として、

▼自衛隊の機雷掃海訓練の視察、▼P3C哨戒機による自衛隊の対潜水艦戦術への関心、▼新型潜水艦建造に際して自衛隊に建造技術や運用に関する情報提供を非公式に依頼」――

といった具合に、韓国が日本に対して戦術、技術、情報などを学んでいたという事例を紹介しています。

また、2016年11月には日韓包括軍事情報保護協定(GSOMIA)が成立しており、牧野氏は北朝鮮軍の潜水艦を探知する能力が弱い韓国軍にとって、日韓の新たな防衛協力に期待が高まっていたと指摘しています。

(余談ですが、牧野愛博氏はスクープ記事も多く、朝日新聞に置いておくにしてはもったいない人材だと思います。機会があれば、ぜひ、日経ビジネスオンラインで日本経済新聞社元記者の鈴置高史氏と対談をしてほしいと思います。)

教えてやるもんか

ただ、今回の旭日旗騒動を受けて、こうした防衛交流にも影響が生じることは間違いありません。

まず、海自艦の韓国寄港が、事実上、不可能となりました。

私自身、旭日旗騒動が持ち上がって以来、艦旗の意味について色々と調べていたのですが、海軍の軍艦が艦旗を掲揚せずに寄港することは、まずあり得ないそうです(ただし、国によっては国旗が海軍旗や艦旗を兼ねているケースもあるのですが、その場合は国旗が掲揚されます)。

自衛隊の場合は旭日旗が艦旗として制定されているわけですから、これを掲揚することは国際法、日本の国内法上も当然の話です。したがって、海自艦が今後、韓国の港湾に着眼することがきわめて難しくなった(いや、事実上不可能になった)、と断言して良いと思います。

一方、韓国側にしても、日本側にこれだけの非礼を働いたのですから、相応のペナルティを受けてもらう必要があります。具体的には、これまで日本が韓国に対し、好意で教えてあげていた技術や戦略、情報などについては、今後、交流を抑制すべきでしょう。

人間は感情の生き物であり、組織も人間が作っているものです。いかに日本の自衛官が紳士的であったとしても、さすがに今回の一件では、韓国に対して憤りを感じた人は多かったのではないでしょうか?

すぐに出てくる問題

約6万人の在韓日本人の安全問題にも直結

ところで、私自身がもう1つ、個人的に気にしている論点があります。

それは、朝鮮半島有事の際に、日韓の往来をどうコントロールするか、です。とくに、韓国に在留する邦人の安全確保は重要な課題です。

では、韓国にはいったい何人の日本人がいるのでしょうか?

まず、永住者や長期在留者のように、韓国国内に住所を持っている人は、日本の外務省としても人数を把握しています。具体的には、外務省が公表する『海外在留邦人数調査統計』によると、昨年10月1日時点で、韓国に長期在留する邦人は39,778人です。

  • 永住者:11,957人…①
  • 長期在留者:27,821人…②
  • ①+②:39,778人…③

これに対し、観光旅行や商用などで短期訪問する日本人の正確な人数については、日本側の統計ではわからないため、相手国の統計を見るしかありません。この点、韓国観光公社の統計によれば、韓国に入国する日本人の人数は、昨年1年間で2,311,447人だったそうです。

日本でよく売られている韓国旅行パッケージだと、「2泊3日」、「3泊4日」といったパターンが多いと思いますが、仮に1人当たりの滞在日数が3日間だったとすれば、逆算して1日当たりの日本人短期在留者は18,998人(≒2,311,447人÷365日×3日間)と計算できます。

  • 短期滞在者:18,998人…④
  • 滞在者合計:58,776人…⑤

このうち、③の人々は、大使館に居所を届け出ているはずであり、朝鮮半島有事に際して、日本大使館としても所在を把握することが比較的容易です。しかし、④の人々は、それこそホテルだの、民宿だの、さまざまな場所にいるはずであり、有事に際して所在を確認する有効な手段はありません。

助けに行けませんよ

さらに重要なのは、仮にソウルが北朝鮮の砲撃に晒され、日本人を含めたソウル居住者の身の安全に危険が迫ったときであっても、日本の自衛隊が助けに行くことは非常に困難である、という点です。

一説によると、日本政府内では、朝鮮半島有事に際し、何とか釜山まで自力でたどり着いてもらい、そこから自衛艦などで対馬ないし福岡まで邦人をピストン輸送する計画がある、という話を聞いたことがあります(※実際、そのような報道もときどき目にします)。

しかし、自衛艦がそもそも釜山港に入港できないとなれば、民間フェリー業者に委託するしかありません。しかも、朝鮮半島有事で混乱しているなかで、民間フェリーが正常に運行できるのかという問題もありますし、韓国側のパスポート・コントロールなども正常に機能していない可能性があります。

つまり、

  • 約6万人の日本人が、常に韓国に永住、長期在留、短期滞在している
  • これらのうち約4万人については、大使館としても所在を確認するのは容易である(はず)
  • しかし約2万人の短期滞在者については、そもそも所在すら確認できないかもしれない
  • 日本への避難については、自力で何とか釜山にたどり着いてもらう必要がある
  • よしんば釜山にたどり着けたとしても、自衛艦は邦人救護に出動できない可能性が高い

ということです。

(※余談ですが、フェリーが運航していたとしても、日本人に紛れて大量の韓国人難民が日本に入国して来る可能性があります。そうなれば、1950年代の朝鮮戦争時に済州島などから大量の韓国人が入国して来たことの再来ともなりかねません。)

私たちへの教訓

善隣外交の行き詰まりと有事への備え

以前からの繰り返しですが、私自身はこんなウェブサイトを運営しているものの、自身を「嫌韓主義者」ではないと考えています。

だいいち、私自身、母親(故人)が在日韓国人二世でしたし(※生前に日本に帰化済み)、親戚には韓国人もいますし、個人的な友人、信頼できるビジネス上の知り合いなどにも在日韓国人、在日朝鮮人(あとついでに在日中国人)もたくさんいます。

普段から、インターネット上の嫌韓サイトで「日韓断交!」とか叫んでいるのを見ると、決して嬉しくはありません。

ただ、非常に残念なことに、日韓の友好関係をぶち壊してきたのは、常に韓国の側でもあります。

よく思春期の子供が親に反抗し、暴言を吐くことがあるように、韓国が日本に対して反発するのも、いわば、自力で日本から独立したわけではないというルサンチマンからくる行為でもあります。

しかし、それと同時に第二次世界大戦の終結から70年以上も経過しています。普通の人間、70年も思春期が続くことはありませんし、70年といえば、1910年から45年までの「日帝支配」期間である35年間の倍です。

もし韓国が真に日韓友好を望むなら、いい加減、自力で歴史を克服すべきでしょう。しかし、韓国に「自力更生」は望めません。

私が見たところ、韓国における反日は、終戦直後と比べ、時間が経てば経つほど酷くなっていく傾向にあります。いわば、歪んだ反日教育により反日感情が拡大再生産されているわけであり、ここまでくれば韓国は「思春期の少年・少女」ではなく、「恫喝、ゆすり、タカリ」をする単なるヤクザと同じです。

結局は日本の国内問題

このように考えていけば、日本は日本としてできることをしなければならない、ということです。

まず、日本人の身の安全を確保するうえで、韓国政府が一切協力してくれないというのであれば、日本政府は日本国民に対し、少なくとも韓国への渡航延期勧告を出すべきでしょう。

次に、「教えない、助けない、関わらない」を徹底することです。

私などは、むしろ牧野愛博氏の記事を読んで、「いまだに自衛隊は韓国軍に技術や情報を教えていたのか!」と驚いたくらいですが、今回の旭日旗騒動を奇貨として、自衛隊内でも韓国と関わらないという動きが広まれば、結果的には日本外交の勝利といえるでしょう。

さらに、平和安全法制の充実が急がれます。安倍政権は安保関連法を2014年に成立させていますが、それだけではなく、やはり日本の自衛権の発動に強い制限を加えている「諸悪の根源」である憲法第9条第2項の問題に斬り込まねばなりません。

いや、もっと言えば、結局のところ、日本が中国や韓国、北朝鮮との外交で辛酸を舐めさせられている根本原因は、憲法第9条第2項であり、この「諸悪の根源」を改めない限りは、似たような問題は続くはずです。

このことから、今回の旭日旗騒動も結局のところ、日本外交の在り方、日本の国としての姿勢が問われたものであり、最終的には日本の国内問題なのだと思うのです。

オマケ:旭日旗騒動まとめ

昨日の観艦式について、私は「りょうちん」様からの情報提供に基づき、『旭日旗騒動 7ヵ国が韓国の要請無視、ボイコットは5ヵ国?』という記事を執筆したのですが、これに対してコメント欄に「りょうちん」様がさらに有益な情報を多数書き込んで下さっています。

りょうちん様、大変ありがとうございます。

また、「韓国案件担当」様からの情報によれば、韓国の大統領が搭乗する艦に「秀吉と戦った将軍象徴の旗」を掲げたそうです(※そういえば、昨日りょうちん様から紹介していただいた動画に、そんなシーンありましたね…苦笑)。

これらの情報をまとめておくと、だいたい、次のとおりです。

  • 韓国が観艦式に招待状を発送していた相手国は14ヵ国(15ヵ国、との報道もあり)
  • 日本と中国は事前に観艦式への出席をキャンセル
  • マレーシアとフィリピン(と英国?)は当日欠席
  • 観艦式に参加したのはインドネシアを除く9ヵ国
  • うち7ヵ国は韓国政府の事前要請を無視して艦旗を掲げる
  • シンガポールは韓国国旗を半旗にし、タイは韓国国旗のサイズを小さくする
  • いくつかの国はメインマストに艦旗を掲げる(「戦闘中」の宣言とも受け取れる)
  • 韓国の艦船は秀吉と戦った将軍を象徴する旗を掲げる

いやはや。実にお粗末ですね(笑)

旭日旗憎しのあまり、感情で暴走し、その結果がこれです。まさに世界中の海軍関係者から物笑いの対象となっていて、気付かぬは韓国国民ばかりなり、といったところでしょう。

読者コメント一覧

  1. ken より:

    いつも興味深く拝見しております。

    おまけのほうへのコメントで恐縮ですが
    この黄色の旗は「帥字旗:英語表記Sujagi」といって、総大将の本陣を示す、李朝時代の一般的な軍旗のようですが
    19世紀末、辛未洋擾という朝鮮がアメリカとの軍事衝突で敗北したときに
    アメリカが戦利品として持ち帰った帥字旗と同じデザインのようです。

    鹵獲された帥字旗は所有権はアメリカにあるものの、現在韓国に貸与されており、
    例によって、韓国はアメリカに返還請求しているようですがアメリカは応じていないようです。
    この旗は、敗北した将軍の名前をとって「General Uh Je-yeon flag/General Eo Jae-yeon flag」等
    英語で呼ばれているようです。

    秀吉と戦った将軍である李舜臣との直接的な関連は見つけられませんでしたが、
    報道したNHKの早合点という見方をしている人もいます。

    いずれにせよ、あの旗は日本かアメリカに対する当てこすりの可能性が高い代物です。

  2. 阿野煮鱒 より:

    いつもありがとうございます。

    済州島観艦式騒動の顛末は、産経新聞が本日の2面で報道するなど、完全隠蔽にはならなかったようです。他のメディアも詳細に報道すれば世間の耳目を集めたでしょうし、TVで取り上げれば視聴率を稼げたでしょうに、勿体ないことです。

    石破茂が(あえて呼び捨て)防衛大臣だった時、自衛隊の情報を人民解放軍に垂れ流していたと本人が自供していましたが、自衛隊は韓国軍にも甘々で対応してきました。自衛隊にも平和ボケな幹部が一定数いるのでしょう。今回の騒動を機に、国防情報の管理は厳重に行うように変化して欲しいものです。

    ところで、韓国が「世界中の海軍関係者から物笑いの対象となって」いるかどうかは疑問です。これまでにも韓国が国際的にやらかした非礼や恥さらしは枚挙にいとまがありませんが、それらが国際的に関心を集めたと認識したことはありません。ラオスのダム災害にしても、さほど韓国企業の問題としては認識されていないのではないでしょうか。

    少々陰謀論的に言えば、韓国という国は、日本国内のみならず、世界的にリベラル系メディアにとって匿うべき存在なのだと思っています。最近トランプの意向で俄に中国のウィグルやチベットへの人権弾圧が取り上げられていますが、米国政府の動きを報道機関が渋々報じているだけで、メディアが中国の人権弾圧に立ち向かったことはありません。つまり既存メディアは中共の工作によって支配下に置かれているわけです。これと同様の流れで、韓国の不始末も隠蔽されているはずです。日本のことになるとどんな些細な問題でも嬉々として報じるNYTなどが、韓国問題になるとダンマリになります。中共の反日プロパガンダ資金に韓国が便乗している構図だと思います。ただ乗りか一部負担かは知りませんが。だから、日本でTVしか見ていない情報弱者同様に、あるいはそれ以上に、世界的にも一般人にとって韓国はさほど問題のない国に位置していると思います。

    対中・対韓問題は、最終的に日本国内問題であるというのは、全く仰るとおりです。731部隊、靖国神社参拝問題、教科書問題、慰安婦問題、これら皆、日本から発せられたマッチポンプ問題です。朝日新聞を廃刊に追い込み、NHKを解体し、民法は電波オークションで自由化しない限り、日本人は国内の反日勢力によって苦しみ続けます。国内問題も片付けられない日本を。外国が理解し応援してくれるはずがありません。

    自分にできることは、周囲の人々に(ドン引きされないように穏やかに)問題を提起することだけですが、少しずつ理解してくれる人が増えている実感はあります。これもある意味韓国が非常識であるお陰です。

    1. りょうちん より:

      >ところで、韓国が「世界中の海軍関係者から物笑いの対象となって」いるかどうかは疑問です。
      >これまでにも韓国が国際的にやらかした非礼や恥さらしは枚挙にいとまがありませんが、それらが国際的に関心を集めたと認識したことはありません。

      いや、対象者が「世界中の海軍関係者」ですから、十分成立するエビデンスが揃っていたんじゃないでしょうか。
      一般にまで広がらないだろうというのは、その通りでしょうね。

      >少々陰謀論的に言えば、韓国という国は、日本国内のみならず、世界的にリベラル系メディアにとって匿うべき存在なのだと思っています。

      逆に、韓国がいかに嫌われているのかという報道も隠蔽されていますが、実際はどうでしょうね。
      BBCのGlobal Survey on Country Influenceあたりがよく引用されますが、定量性に欠けます。
      そもそも韓国が選択肢に出てこない。日本ですら年によっては外されるという調査って何の意味があるんでしょうね。

      1. 阿野煮鱒 より:

        > 対象者が「世界中の海軍関係者」ですから、十分成立するエビデンスが揃っていたんじゃないでしょうか。

        確かに、それは仰る通りですね。海軍関係者には、韓国の非常識について一定の認識はあったと思います。
        私が言いたいのは、証拠となるデータはありませんが、世界中のメディアは韓国の味方である、ということです。

    2. 阿野煮鱒 より:

      案の定というか、予想どおりというか、Nwesweekから韓国を庇うコラムが出ました。

      https://www.newsweekjapan.jp/glenn/2018/10/post-14_1.php
      「問題の解決策は単純だ。済州島の港湾や沿岸では旭日旗ではなく日の丸を掲げると宣言すればいい。」

      書いたのはグレン・カールという人物。元CIA諜報員、元米国家情報会議情報分析次官だそうで。ま、国際世論なんてこんなものです。国家の中枢にいた人物ですら、艦旗の掲揚を法律を曲げて諦めろと言うのです。

      多くの日本人が思うほど、海外の世論は日本に理解がありません。問題の背景をきちんと調べて発言することもありません。「自分たちが正しければ自ずと理解されるはず」などという考えは根拠のない幻想です。こちらから強く主張しない限り誰も耳を貸しません。世界中のメディアが中共のプロパガンダ工作によって蹂躙されているのですから、余程強く執拗に主張しない限り耳を塞がれてしまいます。

      ついでに深層国家について。CIAやFBIなどの米国のインテリジェンス機関には、一定数の深層国家(ディープステート)の一味がいます。彼らはかつての共産主義者のなれの果て、今でいう所のグローバリストです。国家を解体し無国籍(多国籍)企業の資本の移動を容易にし、世界中を食い物にしようという一味です。彼らはトランプを敵視します。なぜならトランプは国境を大切にするアメリカ・ファーストなナショナリストだからです。米国メディアから不定期にロシア・ゲートをはじめとしてトランプの足を引っ張るスキャンダル・ネタが発せられますが、これらはCIAやFBIの内部にいるディープステートが出もとです。

      さらにCIAの無能ぶりについて。まあ、「約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わ」り、国家情報会議情報分析次官まで務めたというグレン・カールにして、こんなお粗末なコラムを書くくらいです。CIA職員のインテリジェンスがどれ程お粗末かは推して知るべしでしょう。ホワイトハウス内部に「安倍は歴史修正主義者」などというガセを流すくらいの情報収集能力しかないのです。ハリウッド映画で描かれるCIAは、あくまでもフィクションです。霞が関の官僚と何ら変わりません。

      ともあれ、日本政府もそろそろ海外メディア対策に腰を上げ、予算と人員を確保しないと、国際世論はますます韓国に都合良く流れていきます。世界中のメディアが朝日新聞だと思って対処していただきたいです。

  3. 韓国在住日本人 より:

     「韓国は戦争を継続中である」。韓国を訪れるほとんどの日本人が忘れていると思います(驚くことに、韓国人も忘れています)。小生のような長期滞在者はある意味覚悟を決めていますが、旅行者の方々は実際に有事になるとほぼ助からないと思います。小生ですら助かる見込みはありません。韓国は首都が軍事境界線に近く、さらに鉄道の要所が太田にあり、すぐ横に第二庁舎があります。つまり、行政の中枢部が鉄道の要所と近いため、そこを攻撃されれば、行政と鉄道の両方を一度に破壊できます。高速道路は臨時滑走路となるため使用できなくなります。釜山までは到底たどり着けないでしょう。
     最近、韓国に旅行に来る若い方が多いですが、自分でリスクマネージメントが出来るようにならなければなりません。小生のような老人はあるていど諦めもつきますが、若い方々はまだこれからの長い人生があるので、よくよく考えて旅行に来ることをお勧めします。

     駄文にて失礼します

  4. りょうちん より:

    https://www.sankei.com/politics/news/181012/plt1810120018-n1.html
    国際観艦式で韓国「抗日」旗 日本政府が抗議

    >政府は12日、日本が自衛艦派遣を見送った韓国での国際観艦式で、韓国艦艇に「抗日」を象徴する旗が掲揚されたことについて、外交ルートを通じ韓国側に抗議した。韓国は参加各国に自国と韓国の国旗のみを艦艇に掲げるよう要請したが自ら矛盾する対応をとり、政府は在韓、在日両大使館を通じ「残念だ」と申し入れた。

    まあ在韓日本大使召還はやりすぎにしても、在日韓国大使を呼びつけるくらいはしてもよかったのでは。
    どうせ外務省が及び腰だったんでしょう。

  5. りょうちん より:

    こっちも貼っておきますね。
    http://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2018/10/12a.html
    防衛大臣記者会見
    日時 平成30年10月12日(11:17~11:37)

    Q:日本が参加を見送った韓国での国際観艦式ですけれども、軍艦旗を掲げたまま参加した国もあったようなのですが、防衛省として把握されていることと、この度の防衛省の対応について、改めて考えをお聞かせください。

    A:御指摘の報道については承知をしておりますが、他国軍の運用について私どもがコメントするのは適切ではないと思っております。結果として、参加できなかったことは非常に残念ですけれども、一方、同時に開催されているシンポジウムには、本日、海幕長も参加をして、日韓の防衛交流をしっかり進めさせていただいておりますので、今後とも、わが方としては、未来志向で韓国との関係の進展に努めてまいりたいと思っています。

    Q:同じ観艦式の一連の行事の中で、韓国軍の駆逐艦に昔の水軍の旗を掲げ、その駆逐艦で大統領が演説をしたと言う一場面があったようですが、そのことについてはどのように思われますか。国旗以外の旗を韓国軍の駆逐艦が掲げていたということについてなのですが。

    A:なかなかお答えし難いのですけれども、いずれにしても、日韓は未来志向で関係を進展していこうというふうに考えておりますし、特に北朝鮮をはじめとする朝鮮半島情勢の今後を考えると、日韓、日米韓の連携というのは非常に重要でございますので、今回のことは非常に残念でございましたが、それを乗り越えて更に韓国との防衛交流・安全保障交流を進めてまいりたいと思っています。

    Q:旗を掲げたこと自体は、未来志向に反して遺憾であるとお考えですか。

    A:コメントは控えたいと思います。
    ———————————————
    こっちをみると、韓国への抗議は、官邸筋から行ったものの様に思われますね。

  6. めがねのおやじ より:

    < 更新ありがとうございます。

    < 在韓邦人は悩ましいですね。1行目の『永住者』(!?)にはぶっ飛びます。かのアタマが逝った保坂教授などはこのリスト外ですね、帰化したから。でも永住となると、どんなヒトたちなんだろう。産経新聞の京城に長居し過ぎて、ずっとハマっている黒田記者などは「長期在留者」でしょうか。

    永住者:11,957人…①
    長期在留者:27,821人…②
    ①+②:39,778人…③
    短期滞在者:18,998人…④
    ③+④=⑤
    滞在者合計:58,776人…⑤

    < ほぼ、自分の意思でと思われる③の39,778人は良いとして(このコメント欄にホットな情報を紹介してくれる≪韓国在住日本人様≫ すみません)、旅行等の19,000人弱は保護し、日本に返さねばなりません。いや、極端に言うと、【なぜ、韓国に行くのか?旅行先としては間違ってるゾっ】と言いたいです。

    < 韓国の人口分布から言って、短期訪問者の7割以上が危険な京城付近に居るでしょう(他に行く所ないらしい)。釜山に行くなら、バス、鉄道、飛行機ですが、大混雑でしょうね。整理、コントロールできる警察、自治組織などありませんから。かと言って仁川空港、仁川港は逆方向で危険だし。

    < 幸い、釜山まで着のみ着のままで辿り付いたとしましょう。およそ2万人が帰国を望むなら
    ①釜山空港から福岡、北九州、山口、米子、関空行きを民間から徴発
    ②米軍輸送機に釜山に来てもらい、日本へ。
    ③釜山-小倉、福岡、対馬へのフェリー、貨物船、コンテナ船、高速艇のピストン輸送
    でしょう。民間船の航路には日本~済州島沖まで自衛艦が貼りつく。

    < 気が遠くなる作業です。でも、1日で1万人運べたら2日で片付きます。情報を得られない運の悪い方も1週間以内に日本に帰れる。但し入国審査を厳重にし、韓国人が入り込まないよう、この期間中は入国拒否発令できないでしょうか(笑)。あと日本経由で欧米、アジア等第三国に行く方には便宜を図らねばなりません。これをやり切ったら世界から称賛されます。妄想です。

  7. オレンジちょこ より:

    そもそも有事のときは港や空港は軍の統制下におかれ、
    民間の船や航空機は簡単に入出港、発着陸できないのではないでしょうか?
    攻撃を受ける可能性もありますし。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。