関係改善望む韓国に「観艦式」突き付けた意地悪な日本

昨日は韓国で約6年ぶりに日韓防衛次官級協議が行われましたが、日韓双方の報道発表を見比べてみると、じつに多くの齟齬が発見できます。正直、予想通りの展開です。日本側が述べてもいないことを韓国側が勝手に発表しているという可能性もあるからです。ただ、韓国側は2018年12月のFCレーダー照射事件を「なかったこと」にしたいようですが、そうは問屋が卸しません。そして、日本側は意地悪なことに、改めて韓国を11月の観艦式に招待したのだとか。

解決しないFCレーダー照射

話が通じない「包括的解決」

韓国の国防部の申範澈(しん・はんてつ)国防部次官が日本の毎日新聞のインタビューに応じ、2018年12月の火器管制(FC)レーダー照射事件は『なかったというのが我々の立場』だが、『両国関係の改善と国防協力の観点で包括的に解決する意思がある』と述べた」――。

何度読み返しても、非常識かつ強烈というほかない話題です。

当ウェブサイトで「第一報」を取り上げたのは、先週の『レーダー照射を否定し「包括的解決」主張する韓国高官』ですが、その非常識さは、当該記事の読者コメント欄に「農民」様というコメント主の方からいただいたこんなたとえ話を読んでいただくのが大変にわかりやすいでしょう。

  • K国→「我々の立場はAです。Bは受け入れられません。」
  • J国→「我々の立場はBです。Aは受け入れられません。」
  • K国→「そうですか、困りましたね。ではAということで包括的に解決しましょう。」

…。

いったいなにが「包括的」、ですか。

まったく解決にも何もなっていません。単純に「自分たちにとって都合が悪いことは認めないけれども日韓防衛協力は元に戻してほしい」と言っているだけであり、まさに「食い逃げ」状態そのものです。

FCレーダー照射事件は「韓国の日本に対する軍事攻撃」

とても当たり前の話ですが、FCレーダー照射は、下手をすれば攻撃そのものであり、戦闘行為とみなされるおそれがあるものです。もっときつい言い方をすれば、FCレーダー照射は「韓国の日本に対する軍事攻撃そのもの」です。たとえ冗談であってもやって良いことと悪いことがあるでしょう。

ましてや事件が発生した海域は、日本の排他的経済水域(EEZ)内です。いや、そもそもこの韓国海軍駆逐艦「広開土大王」は、当該海域で何をしていたのでしょうか?「悪天候のなか、行方不明になった北朝鮮漁船を探索していた」という彼らの言い分は、果たして事実なのでしょうか?

正直、防衛省が動画サイト『YouTube』に投稿した動画を視聴すると、「悪天候だった」だの、「日本が低空威嚇飛行を仕掛けてきた」だのといった韓国側のさまざまな言い分がウソであることが、素人目にもはっきりと確認できます。

また、FCレーダー照射事件については公式には「なかった」というのが韓国の立場だそうですが、「レーダー照射があった」という証拠自体は、防衛省のウェブサイトでもさまざまな形で示されています(『韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案(最終見解)』参照)。

防衛省ウェブサイトで公開されているデータ以外にも、おそらくは防衛機密保持上の理由で公開されていないであろうさまざまなデータがすでに日本側により保持されていて、それらのうちのいくつかは日本の同盟国である米国とも共有されているであろうことは、想像に難くありません。

レーダー照射事件の解決は韓国の謝罪以外にあり得ない

つまり、韓国側が「やっていない」などといくら強弁したところで、そうした言い分にはかなりの無理があります。

よって、この問題を最終的に解決するためには、まずは韓国海軍駆逐艦「広開土大王」から日本の自衛隊P1哨戒機に対し、FCレーダー照射がなされたという事実を、韓国政府が公式に認めたうえで、日本に対し公式に謝罪することが必要です。

これに加えて現場海域で韓国側が何をやっていたかを含め、FCレーダー照射に至る経緯を調査して日本側に報告し、さらには事件にかかわった関係者をすべて処罰したうえで実効性のある再発防止策を策定し、日本側に約束することも求められます。

しかし、現時点においては、このFCレーダー照射がなされたという事実自体を韓国側が否認し、開き直っている状態にありますので、正直、「てんでお話にならない」という状態です。

このあたり、「文在寅(ぶん・ざいいん)政権の反日がFCレーダー照射の原因だ」、などと勘違いしている人がいるのも事実でしょう。2018年頃の韓国は、国を挙げて日本に対する国際法違反や不法行為を積み重ねていたからです(たとえば同年10月と11月の大法院による自称元徴用工判決がその典型例でしょう)。

こうした考え方に立てば、「文在寅氏が大統領を退任し、尹錫悦(いん・しゃくえつ)政権が発足したのだから、そろそろ日韓関係を『改善』すべきタイミングだ」、などとする主張が出てきても不思議ではありません(自称経済新聞の某編集委員の方あたりなら、そのようなことを言い出しかねません)。

しかし、FCレーダー照射事件に関していえば、この言い分は通用しません。

そもそも状況から判断する限り、2018年12月20日のFCレーダー照射事件は、おそらくは現場、すなわち「広開土大王」の乗組員が「実行犯」であると考えられるため、まさに「現場レベルの判断で」、韓国軍から日本の自衛隊機に攻撃が行われた事件だ、という可能性が濃厚です。

「政権が変わるたびに攻撃的になる」?むしろそちらの方が問題

ただ、こんなことを述べると、必ず、「やっぱり政権が変わったから問題を解決するチャンスだ」、などと再反論してくる人が出てきます。まるで、「政権トップが文在寅氏だったという事情で、軍の規律が緩み、日本に対して攻撃的になったのだ」、などといわんばかりです。

ただ、もしその指摘が事実だとしたら、これはこれで別の問題をもたらします。「韓国軍は政権が変われば日本に銃口を向けてくるような軍隊なのだ」、と述べているのと同じになるからです。

それに、「韓国で政権が変わったから日韓関係『改善』のチャンスだ」、などとする言い分が正しければ、まったく違う問題をもたらします。

万が一、尹錫悦政権下でその日韓関係の「改善」とやらに成功したとしても、遅くとも4年8ヵ月後に(場合によってはもっと早く)政権が変わってしまえば、その日韓関係「改善」の成果はひっくり返されてしまう可能性が非常に高いからです。

いずれにせよ、少なくとも「尹錫悦政権が発足したから(FCレーダー照射事件もなかったことにして)日韓関係を『改善』すべきだ」、という言い分自体、論理破綻しているのです。

日韓防衛次官級協議

日韓双方の発表の原文

さて、こうしたなかで少し興味深い話題があるとしたら、「ソウル・ディフェンス・ダイアログ」に参加するために訪韓していた岡真臣・防衛審議官が昨日、韓国の申範澈(しん・はんてつ)国防部次官と会談を行ったとするものではないかと思います。

これについては日韓双方のウェブサイトに概要が掲載されていました。

日韓防衛次官級協議の実施について

令和4年9月7日、第11回ソウル・ディフェンス・ダイアログへの参加のため韓国を訪問中の岡防衛審議官は、シン韓国国防部次官と約30分間協議しました。

協議では、北朝鮮の核・ミサイルをめぐる状況を含め、日韓両国を取り巻く安全保障環境が厳しさと複雑さを増す中、日韓・日韓米の連携がますます重要であることを確認しました。

両者は、6月の日米韓防衛相会談を踏まえ、先月、多国間ミサイル警戒演習「パシフィック・ドラゴン」において、海上自衛隊、米海軍及び韓国海軍によるミサイル警戒及び弾道ミサイル探知・追尾訓練が実施されたことを歓迎し、北朝鮮の課題に対応するための3か国協力を推進していくことを確認しました。

その上で、日韓防衛当局間の懸案の解決のため、日韓防衛当局間で引き続き意思疎通を図っていくことで一致しました。

―――2022/09/07付 防衛省HPより

2022ソウル安保対話を契機とする韓日両者会談開催【※韓国語】

シン・ボンチョル国防省次官は9月7日(水)、「2022ソウル安保対話(SDD : Seoul Defense Dialogue)」参加のため訪韓した岡真臣・日本防衛審議官と会い、韓日国防次官会談を行いました。

16年9月以後6年ぶりに開催された今回会談は未来志向的観点で韓日国防協力正常化が必要であると双方が共感したことによって成功しました。

双方は今回の会談で韓日国防協力正常化のために相互に努力して行くこととしました。このような努力は現下の安保の課題に対処し、域内の安保と平和にも寄与することが可能になると期待されます。

また、双方は朝鮮半島及び域内安保情勢について意見を取り交わし、特に北韓の核・ミサイルの脅威を抑制・対応するうえで韓米日安保協力が重要であるという点で共感し、関連する協力を持続して行っていくことにしました。

―――2022/09/07付 韓国政府国防部HPより

(※なお、韓国語の日本語への翻訳は当ウェブサイトによるものです。複数の翻訳エンジンを参考にしつつ、そのままでは意味が通じない部分や意味が通じ辛い部分を、とくに断りなく意訳している可能性がありますので、この点についてはご注意ください。)

日韓の報道発表にここまで大きな違いがあるとは…

一見するとどちらの文章にも「北朝鮮の核・ミサイル問題への脅威」、「日米韓3ヵ国連携の重要性」が含まれているなど、日韓双方の発表は大筋で似ているようにも見えますが、この短い2つの文章を見比べただけでも、明らかにわかるほどの大きな違いが数箇所あります。

1つめは、日本側の発表にある「パシフィック・ドラゴンにおける日米韓3ヵ国の訓練の実施を歓迎する」といった具体的な表現が、韓国側の発表には存在しない点。

2つめは、「韓日国防協力正常化が必要であると双方が共感したことによって成功した」、「韓日国防協力正常化のために相互に努力して行く」とする韓国側の記述が、日本側の発表には含まれていない点。

3つめは、「日韓防衛当局間の懸案の解決」という日本側の記述が、韓国側の発表には含まれていない点です。

とくに2番目と3番目については、看過できる違いではありません。

韓国側は「韓日防衛協力の正常化」のために「お互いに努力する」、などと明言していますが、日本側は「懸案の解決」としか述べておらず、この時点で日韓双方の発表に、本当に大きなズレが生じているのです。

こんな短い記述でここまでのズレがあるというのも、驚きですね。

このあたり、当ウェブサイトとしては、どんなに敵対している関係にあったとしても、対話の努力を続けることの重要性を否定するつもりはありませんし、あくまでも「一般論」ですが、むしろ事務レベルでは、普段から積極的に対話を積み重ねておくことは大事です。

ただ、まるで「日韓防衛協力の正常化」のために「日本も努力する」と述べたかのような発表を韓国側が行っている実例を見せつけられると、やはり、普段からの日韓対話自体も、「韓国側があることないこと勝手に捏造して発表してしまうのではないか」、といった不信感を、日本側が抱くに至るのも、ある意味では当然です。

「レーダー照射」を「哨戒機問題」と言い換える韓国メディア

ちなみにこれに関する韓国メディアの報道には、さらに大きな問題点があります。

韓日国防次官が6年ぶり会談 哨戒機問題の解決向け「実務的に議論へ」

―――2022.09.07 15:35付 聯合ニュース日本語版より

記事タイトルの時点ですでにおかしいでしょう。「哨戒機問題」って、いったい何なのでしょうか?なぜ事実に即して「レーダー照射事件」などと書こうとしないのでしょうか?

しかも、聯合ニュースの記事の本文にも、極めて大きな問題があります。記事分中には(おそらくは韓国国防部関係者が明らかにしたであろう)韓国国防部の公式発表以上の情報が掲載されているのですが、こんな記述を読むと、思わず頭が痛くなります。

地域の安全保障問題をはじめ、韓国軍の日本哨戒機への対応や日本の国際観艦式招待などの懸案を話し合った」。

2018年末に韓国海軍の艦艇が海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射したと日本側が主張している問題に関しては、『両国国防当局間の協力・発展のため、(この事案の)解決の必要性に共感し、問題を実務レベルで議論することを決めた』と説明した」。

どうして「韓国海軍駆逐艦が日本の哨戒機にFCレーダーをロックオンした問題」と事実関係を正確に書けないのでしょうか?韓国ではメディア報道も国民情緒法の影響で歪むのでしょうか?

まったく意味がわかりません。

ただ、日本側の発表内容から判断するに、韓国側が当初目論んでいた「FCレーダー照射問題を『なかったこと』にして包括的解決を目指す」という目論見は、おそらくは一蹴されたのでしょう。したがって、「問題を実務レベルで議論することにした」という表現に、韓国側の苦しさが凝縮されているのかもしれません。

GSOMIA問題で勘違いする韓国

こうしたなか、ほかにも韓国国防部の発表にない情報が2つあるとしたら、それぞれこんな記述でしょう。

日本からは11月に開催を予定する海上自衛隊創設70年記念の国際観艦式に韓国海軍の出席を希望するという話もあった。これに対し『内部で検討している』と伝えたという」。

韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の正常化についてはこの席で取り上げられなかったとした」。

この記述が事実だとしたら、今回の会談、日韓間の防衛協力の正常化が遥かに遠いということを如実に示してしまった格好だともいえます。

このうちGSOMIA(秘密軍事情報保護に関する日韓協定)については、韓国が作り出した、純然たる韓国国内の問題です。

そもそも「GSOMIA運用問題」は韓国側が自称元徴用工問題と日本の対韓輸出管理適正化措置を勝手に混同し、これらへの対抗措置としてGSOMIAの破棄を日本側に申し入れたことが、ことの発端です。

韓国側がGSOMIA破棄を日本側に通告した狙いは、米国が日本に対して「輸出『規制』を撤回しろ」などと圧力をかけることを期待していたフシもあるのですが、結果的に米国は日本にそのような要求を一切行わず、それどころか韓国に対してGSOMIA破棄の翻意を促すために、次々と政府高官を送り込んできました。

結果的にはGSOMIA破棄の効果が生じる直前の11月22日夕刻になって、韓国政府はこのGSOMIA破棄の事実上の撤回に追い込まれました。その際、韓国政府は「終了通告の効力を停止する」、など、わけのわからない主張をする、というオマケまで付きました。

(※なお、「終了通告の効力停止」という韓国政府の言い分が国際法の根拠を欠いているという点については、『あれから1年:いまだにGSOMIA破棄できない韓国』なども説明していますので、ご参照くださると幸いです。)

国際観艦式への対応

その一方で、国際観艦式出席「問題」については、もっと深刻です。

国際観艦式への韓国海軍の参加に関しては韓国内で論争がある。自衛隊旗に日本の軍国主義の象徴である旭日旗が使われていることが問題視されている」。

そもそも、自衛隊旗を「日本の軍国主義の象徴」と決めつけている国は、地球広しといえども韓国くらいなものでしょう。日本にとっての最大の「仮想敵国」である中国でさえ、「旭日旗=戦犯旗」などと問題視していません。2019年には中国・青島で行われた国際観艦式で旭日旗を掲げた自衛艦が堂々と入港しているほどです。

そして、韓国が2018年秋に主催した国際観艦式で、日本に対し自衛艦旗を掲揚しないように要求し、激怒した日本が自衛艦の派遣を見送るという騒動がありましたが、こうした騒動自体、「韓国の特殊性」を「西太平洋海軍シンポジウム(WPNS)」加盟国に知らしめる効果をもたらしました。

しかも、今回の国際観艦式では、日本はWPNS諸国のうちロシアを除くすべての国に招待状を発送したのだそうです(『日本、国際観艦式にロシア除くWPNS全加盟国を招待』参照)。

もしも韓国が「旭日旗」を理由に今回の観艦式への参加を見送れば、主要国はまったく問題視していない旭日旗に対してヘイトを剥き出しにする韓国の異常性が際立ちますし、また、「ロシアとともに韓国が不参加」という事態ともなれば、韓国は「西側諸国の結束を乱す国」とも受け取られかねません。

国際的な立ち位置を考えるならば、韓国にとって今回の国際観艦式に不参加を貫くという選択肢はあり得ない話です。

しかし、逆にこの観艦式に韓国が参加してしまえば、韓国政府は「旭日旗=戦犯旗」というウソが社会の隅々にまで浸透してしまっている韓国の世論を敵に回すおそれがあります。場合によってはまた「ろうそく」を持参した人たちが押しかけてくるかもしれません。

その意味では、観艦式への参加打診は「韓国に選択させる」という妙手なのです。

すべては韓国次第

そして、こうした韓国の苦しい立場を理解したうえで、それでも敢えて韓国を国際観艦式に招待したのだとしたら、防衛省も相当に「意地悪」です(※褒め言葉です)。韓国にとっては参加しても困るし、参加しなくても困るからです。

いずれにせよ、もしも韓国政府が本気で日韓防衛協力を「正常化」したいと思っているのであれば、もちろんレーダー照射事件に関する日本への謝罪などが必要であることは間違いありませんが、その前に、まずは旭日旗がはためく相模湾の国際観艦式に堂々と参加してみるべきでしょう。

話はそれからではないでしょうか。

読者コメント一覧

  1. 簿記3級 より:

    猫よけにペットボトル、ドラキュラにニンニク。
    特定動物に効く獣害対策のようですね。

    1. イデ より:

      簿記3級さま
      発作を起こすその【薬剤】は自ら提示してくれるという何ともご丁寧なことでございますね。しかも効能のある【薬剤】は一つや二つではない!…という所がおくゆかしくさえあります。

      1. 簿記3級 より:

        イデ様
        防衛省の意地悪の効能はどれほどか。
        彼らはただで参加するほど慎ましくないので反応で楽しまさせてくれると思います。
        テロリストの名の潜水艦を連れてきたり奇抜な発想を期待しています。

  2. ロム専 より:

    レーダー照射事件は自衛隊員の命が危ぶまれた大きな問題です。
    政府は日本国民の命を守るためにも韓国に対し追求の手を緩めることなく対処しなければいけない問題だと思っています。
    ただ短い公式発表ですらここまでの差異があるのなら、日本もアメリカ式に韓国の発表と齟齬があれば即否定して正しい情報を発信するべきでしょう。
    でなければ、あの粘着気質のある国は嘘を何度も繰り返して自分たちには自己暗示を、他国にはマインドコントロールをしかねません。
    日本はきちんと韓国の間違いを世界に向けて発信していくべきだと思います。

    1. JJ朝日 より:

      単に、国を挙げて日本を敵対国としている影響が、個々の軍人にも染み渡り、勝手にレーダーを当ててしまった。その恐ろしさを隠すために、後付けで「日本だけには、このような手順でFCレーダーを照射しなさい」といいう政府指針を現場に呑ませようとしたのでは?実は軍のシビリアンコントロールができていないことが国際社会にばれてしまった事件。攻撃された日本は軽視できるわけがないでしょうね。

      1. oinko より:

        >シビリアンコントロールができていない

        逆だと思いました。
        2013年南スーダンPKOの時は
        韓国軍も 「日本は友軍だから銃弾を貸してくれるかなぁ?・・・」
        程度の空気はあったんでしょうね。
        これが韓国政府の逆鱗に触れた・・・その結果シビリアンコントロールを強化して
        レーダー照射事件になったのではないか?と思います
        韓国政府は 日本を敵国としてシビリアンコントロールしていると思います

        1. 農民 より:

           軍の方が現実的で、シビリアン、文民国民の方が暴走するというのは、稀有な恐ろしい国ですね。

          1. 門外漢 より:

            そーかなー?
            現場は現実が判って居るけど、デスクワークしかやったことが無いヤツが方針を誤る、と言うのは珍しくないと思うんですけど・・・

          2. 農民 より:

             ……?そうですね?
             軍と国の関係は企業等一般的な組織のそれとは違うと思いますが……シビリアンコントロール、無い方が良いですか?

          3. 門外漢 より:

            シビリアンコントロールの是非を言ってるんじゃなくて、馬鹿なシビリアンがトンデモ判断をすることは、韓国に限らないなあと思ったのです。軍隊・企業を問わずです。
            我が国の最高シビリアンは聞く力が売り物だから、間違っても変な判断はしない・・・でしょう・・・か?

      2. パーヨクのエ作員 より:

        >勝手に火器管制レーダーを当ててしまった。

        そうそう。だから練度が低い韓国はと言えれば楽ですが、軍隊等の武装組織の統制原理にはやってはいけない事を羅列した『ネガティブリスト』というモノが有ります。
        その中には

        『命令が無い状況で緊急避難や自衛の反撃を除きこちらから戦闘を実施してはならない』

        というモノが有ります。
        勝手にロックオンして銃爪引いて他国の軍人さんを殺す事は某宗教団体に恨みがあるから警護状況を把握する謎組織の支援を受けて武器持参で某元首相を個人的恨みを転嫁して暗殺できてしまうくらいありえないと思うのですよ。
        官僚として「個人を抑え無いと組織として責任が取れ無い。」のです。

        でも実際はロックオン事案が起きました。
        数式で言うと

        (当時の状況)+ネガティブリスト(ロックオンにマイナスの効果)>ロックオン

        ですね。
        このあと韓国は日本国限定で対応規則を変えてロックオンを正当化したのです。
        個人のエラーではなく、必然的に実施に至った正当なプロセスのアウトプットがロックオンと思います。

        コレを踏まえて管理人様の以下発言はスゴク知的好奇心をソソルのです(笑)。

        >そもそもこの韓国海軍駆逐艦「広開土大王」は、当該海域で何をしていたのでしょうか?「悪天候のなか、行方不明になった北朝鮮漁船を探索していた」という彼らの言い分は、果たして事実なのでしょうか?

        以上です。駄文失礼しました。

  3. 通りすがり より:

    レーダー照射問題は絶対に韓国の謝罪以外に落とし所がないと思っています、が
    韓国(政府)が未だかつて他国に正式に謝罪した事例ってあるのでしょうか?
    日本(他国)に謝罪を要求することが多すぎて私の目が曇っているのでしょうか?それとも韓国(人)は謝ると死んじゃう病か何かでしょうか?
    今世界で大人気らしい韓国の男性グループもTシャツ問題で最後まで日本には謝罪しなかったですよね?

    1. 匿名 より:

      韓国には「奴隷」か「主人」しか人間関係上のスタンスがない。謝罪=敗北=奴隷決定なので死んでも謝らない。
      って事なのかなとにわかウォッチしてて思いました。

  4. いっそく より:

    いつも拝見させていただいてます。
    私は教育の現場にいますが、本当に欲しい答えは本当のことを伝えないと得ることは出来ない、とよく学生に伝えてます。
    自己都合やその場しのぎで得れる答えは、自分本意や辻褄が合わない内容になります。
    また、日本や隣国その他の国も多くの国々と関係性を持って生活しています。もし鎖国をして自国だけで生活している国ならば国民情緒を優先していいと思います。しかし多くの国々と関係性を持っているならば相手がいるので相手のことも考えなければならない、というのは倫理面で基本的なことだと思います。やっぱり基本的な教育を変えないと変わらないのではないかと思う次第です。

  5. たろうちゃん より:

    しかし凄いな!経済崩壊の危機に瀕していながら、日本との対立がテンコ盛り状態とは。だけども、例えば竹島問題などは、歴とした領土侵略なのに、先のディフォルトのさいには最後まで韓国に資金調達をしたりして助けようとしている。実際に、支援が遅いだの、日本は度量が小さいだの随分な云われようだった。おれには、北朝鮮の暴発は韓国有事を含む極東有事で想定される被害は同リスクだと思う。韓国がGSOMIAをオモチャ扱いしているなら、日米で対処のほうが余程精神衛生には良いと思う。あの国は後ろから弾をうちかねないからね。弾薬をアフリカで貸した時も自分達で要請しておいて、迷惑だった、、だもんなぁ。そろそろ我が国も厳しく韓国には対処するべきだ。次官級会議など韓国の謝罪とレーザー照射の事実認定が行われない限り、開催拒否ではだめなのだろうか。

    1. 匿名 より:

      アメリカが韓国を完全に損切りしてくれない限り無理っぽい。対北ではまだ韓国を使おうとしてるみたいだし。

  6. 匿名 より:

    海上自衛隊て日本の軍国主義の象徴である旭日旗以外にも
    その軍国主義の時代から連綿と続いてる艦名に対しては何も言わないんだな。
    大戦期に主力として戦っていた艦名を冠した護衛艦ばかりやぞ。

    1. 村人B より:

      匿名にレスするのも無駄かと思いますが、世界各国の艦名の歴史を調べてから書き込んでください。

      1. 匿名 より:

        何を勘違いされてるのか知りませんが、
        私は日本の護衛艦の艦名について話してるのです。旭日旗に文句付けるなら、日本の護衛艦の艦名にも文句付けるべきだと思っただけです。
        何故韓国は文句付けないのでしょうね?旭日旗には過剰反応するくせに。

        1. 匿名 より:

          なぜ旭日旗だけに反応するのか
          おそらくそれは旭日旗が非常にカッコいいから
          欧米人にも大人気なので嫉妬しているのだと思われます

    2. ヤン・アッカーマン より:

      米海軍では空母の艦名に人名を充てるようになってから久しいですが、ジェラルド・フォード級空母にエンタープライズの名が復活するようですね。
      空母としては三代目。
      軍艦の艦名はどこの海軍でも代々受け継がれるものですが、
      韓国世論も「大戦期に主力として戦っていた艦名を冠した護衛艦ばかり」
      に気が付いて、やがて批判対象にすることと予想します。
      あくまでもまだ気が付いていないだけです。

      1. 門外漢 より:

        >気が付いて、やがて批判対象にする

        ここのスレを見ていた朝日の社員がご注進して・・・反応は来月くらいでしょうかww

  7. sqsq より:

    室谷克実氏の「韓国人の経済学」の中に出てくる話。マイルドセブンが200円だったころ、語るのは日本駐在から韓国に戻った韓国人記者;「日本の一流企業の部長に会うとマイルドセブンを吸っている人が多い。理由を聞くと軽いからという。しかし同じ系統のタバコで220円のマイルドセブンセレクトがある。それなのに部長は200円のマイルドセブンを人前で吸っている。20円ぽっちケチしているとみられて恥ずかしく内にだろうか。」
    室谷氏はこれを「日本人には容易に理解できない見栄の感覚」と評している。

    韓国人のトンデモ言動にはこのあたりの感覚の違いがあるのか?

  8. j より:

    ヤフーの記事で、韓国人の梨花大学の教授が言ってました。
    「前政権の約束を守れというのなら、前政権の謝罪も守れ。」
    経済でもそういうこと言っているのかと言えば、言ってないと思います。契約違反ですから。
    根本には、日本と日本人を下に見ている。見なければならない。そうしないと、同調圧力で命までの危険がある。原理主義、宗教的なものを感じます。
    無視か、対抗措置か、どちらかで答えるしかないと思います。

    1. 農家の三男坊 より:

      >前政権の謝罪も守れ。

      斯様に”条約・合意を守らない、嘘つき、コソ泥推奨”国 と 日本国では、同じ単語を使っても、意味が全く違う。

      謝罪は、リセット又は補償するモノ。続けるものではない。

      悪さをしない様に焦土化した後、早急に朝鮮半島とはテーパリングが必要。

      其れと並行して
      ”条約・合意を守らない、嘘つき、コソ泥推奨”の各案件について、全て謝罪と再発防止を要求し続けるべし。

    2. G より:

      謝罪を守れって意味不明です。謝罪はその時一時のものです。どんなに真心がこもっていようと。

      どちらかというと、問題を先送りしないためにギリギリの表現で「謝罪」しておわりにしようとしたのです。

      もし、過去の政府による表明を謝罪と受け取ったならもう話は終わりです。あれは謝罪じゃない、ちゃんと謝罪をしなさいとかいうならギリギリわかるのですが。

      もう日本には謝罪すべき事柄はなにもありません。心にもない謝罪までして韓国のご機嫌を取らなきゃいけない懸案がないのです。だから、会談だけは求められればするけど、ただ一方的に話を聞くだけ。うんうんとうなずいただけ。

      冷静に考えて、今のところ日本はなにも提示してないですよね。

      多分代位弁済など韓国が頑張ってやっても、日本は報告を聞くだけです。ありがとね位は言うかも知れませんが、それで何かをしてあげるということはありません。それで韓国が勝手にぶち切れてもとに戻る。そんな流れでしょう。

      1. 門外漢 より:

        彼の国の論理では、謝罪をする奴=格下の奴です。
        なので、一度謝罪したのなら格下であることを忘れるな、ってことですね。政権が代わっても執拗に謝罪を求める(再確認する)のはその為です。
        このセンセも謝罪を引き継げ=格下を再認識しろって言ってるんです。
        格下は格上の仰ることを「ご無理御尤も」と承れば良いので、自分から格下ですって言っておきながら、条約がどーの、協定がどーのなんて、どの口で言えるのか、この白丁めっ!ですわ。

        だから謝罪なんてしてはダメなんです。

  9. Naga より:

    韓国は、朝鮮半島の有事では、もしかしたら当事者意識に欠ける可能性があるし、台湾有事では見方の振りをして後から撃ってくる可能性が更に大だと思います。
    さっさと仮想敵認識しておかないと大変なことになると思う。

  10. しおん より:

    韓国:ピコーン!観艦式に参加しても、旭日旗に対する敬礼をせずにスルーすればOKじゃなくね。これで国内ではろうそくがともらないはずだ!

    1. 門外漢 より:

      自衛艦旗に敬礼しないで横向いてる写真を世界中にばらまいてやれば良いし、敬礼してる写真なら韓国内にばらまいてやれば良いのです。
      どちらでもお好きなように、です。

      どちらか選ぶなら前者ですかねエww

  11. 匿名 より:

    「哨戒機が検知した電波はFCレーダーではないんですか? 分かりました、であればデータを公開しても支障ないですね?」
    とはいかないんでしょうねー。

    1. しおん より:

      軍事データーを公開しないのは、国際的慣習(もしかしたら法規制があるかも)ですのでよほどの事がない限り無理だと思います。

      ただ、軍事同盟をしている国にはすでに情報公開していると思います。

  12. WindKnight.jp より:

    中国の人民解放軍を招待したのだから、韓国軍を招待するのは、常識として正しいでしょう。

    ま、国内世論と国際常識が相反していると、政府は苦労するということで。
    特に、レームダック化しつつあると。

  13. 通りすがり より:

    いちばん近くにいても
    いちばん判り合えない
    あんなに(経済的に)助けた君の
    すべてが言い訳になる

    いちばん近くにいても
    いちばん判り合えない
    いちばん大事なもの(通貨スワップ)が
    いちばん遠くへいくよ

    1. 徳永英明が好きな人 より:

      ネタ振りがこんなに辛いものだとは
      今落ちたお金はウォン札だね
      君(アメリカ)が出ていく夜明けをまって
      ウォン安がこわいウリのことだから

      で、Aメロいかがでしょうか。

      1. 通りすがり より:

        ブラボー!

  14. ちょろんぼ より:

    対日本向けで軍隊を養成している国であり
    自国の観艦式で自衛隊の艦艇に対し
    国旗を掲揚するなら来るなといった国が
    いくら日本と表面上仲良くしようとするフリをする為に
    日本の観艦式に来るかな~。
    来たら南国の乗員皆発狂するのではないでしょうか?
    今でも中心撰模様を見たら、発狂するように教育されているので。

    1. 匿名 より:

      日本に対して発狂してレイシスト丸出しになったところを世界中の海軍の皆様にご覧いただければ良いかも。

  15. 名無しの権兵衛 より:

     海上自衛隊による「2022年 国際観艦式」は、海上自衛隊創設70周年を記念し、航空機も参加して開催されるそうです。
     仮に、韓国海軍の軍艦(例えば「広開土大王」)が参加した場合、海上自衛隊P1哨戒機が低空威嚇飛行を行って熱烈歓迎するというのはどうでしょうか。

    1. トカチェフ より:

      あ、それ良いアイデアだと思います。
      かの国艦が日本側旗艦の横を通過する瞬間に、
      かの国側が主張する「150メートル上空・500メートルの距離」で
      P-1を通過させるなり何かしらのヘリを随行飛行させて、
      かの国側主張の荒唐無稽っぷりを旗艦に乗るメディアにアピールさせましょう。
      パトロール目的の哨戒機がそこまで近寄るなんて、あり得ませんって。

  16. 農家の三男坊 より:

    確か当該FCレーダーは欧州製で、詳細を公開されると、使用各国が迷惑をこうむる。
    喜ぶのは、中共、北鮮、ロシアぐらいか。
    という話だったと思います。

    従い、公開はしないが、内密には米豪英仏に照会して確認を取るのと同時に事実を知らせていると思います。

    なので、分かる人からは、”条約・合意を守らない、嘘つき、コソ泥推奨”国は笑いものなのです。

    1. 農家の三男坊 より:

      上記は  匿名(2022/09/08 10:06)様 へのレスでした。

  17. 陰謀論者 より:

    在日韓国人の知り合いが、自分の非を認めるくらいなら、相手を殺すか、自殺するほうがマシといってましたのでそういう価値観だと思います。

  18. かかし より:

    先日ポストしたように、旭日デザインは江戸時代には使われており
    旧軍の象徴というより、「日出る国」の象徴と思います。
    さて、今日はサンフランシスコ講和条約調印の日だそうです。
    その署名国でもない国に、戦犯呼ばわりされても「なんだかなぁ」
    と思うのは、私だけでしょうか?

  19. 匿名2 より:

    >関係改善望む韓国に「観艦式」突き付けた意地悪な日本

    以下、韓国さんが望む日本の対応

    韓国が関係改善を望んでいるのだから、日本は韓国のレーダー照射問題は水に流しましょう。
    そして韓国の国民感情が許さないなら、旭日旗の掲揚も観艦式の時は止めることに致します。
    ですから観艦式にお越しください。

    どうでしょうか? 言ってみては?

    1. 匿名 より:

      想定韓国さんの望みが低すぎます。
      何の案件にしても「日本の謝罪」はマスト要素です。
      「戦犯国の前科を持ちながらレーダー如きでグダグダ文句言って申し訳ございませんでした。私めのような戦犯国は偉大なる韓国様に疑われてレーダー当てられて当然でございます。ははあm(_ _)m」
      が、真の望みですよ。

      1. 匿名2 より:

        なるほど

        日本は何をさておいても謝罪はMustなのですね。

  20. 匿名にさせて より:

    サッカー日韓戦で、朝日新聞の社旗をもって行き、観客席から振ります。期待してください。

    1. 門外漢 より:

      それは良い(^^♪

  21. 世相マンボウ_ より:

    今回の記事は、そのタイトル
    「関係改善望む韓国に観艦式突き付けた意地悪な日本」
    だけを見たら、
    インネンつけに失敗して窮地に陥る
    青瓦台関係者と韓流メディアが
    小躍りしてしまうようなタイトルです。

    おおっ!臆病風に吹かれた我らが同志
    朝日新聞がやっと立ち上がってくれたか?
    ・・・とヌカ喜びするのもつかの間、
    続く本文の公正冷静な新宿会計士さまの論説に、
    さぞやがっかりしたことでしょう(笑)

  22. ラスタ より:

    記憶が定かでないのですが。確か、、、
    ナントカ大王は軍旗を掲げていなかった。

    無線の呼びかけに応答せず、軍旗も掲揚していない不審艦が何かやっている。
    海自哨戒機が見に行ったら(哨戒機だから、哨戒するに決まってる)、いきなりロックオンされた。

    私は国際間の軍隊同士のルールにほぼ無知なのですが、
    国家の軍艦が軍艦旗を掲げるって、大航海時代からの常識じゃないんですかね。
    昔の映画じゃないですが、海賊でさえドクロの旗を立てて自らの立場を示すのが海のルール、
    ひいては国際法の基本でなかったかと。

    たとえば、海自の軍艦が旭日旗を掲げず、無線にも応答しなければ、
    それは海上自衛隊の船ではない不審武装艦と見なされて攻撃されても文句は言えない。
    そういうものだと思っているのですが。
    (潜水艦ならどうなのか、とかいう話はとりあえず措くとして)

    「Show the flag」という言葉を思い出します。
    コウモリ外交以前に、自らが何者であるかというアイデンティティが無いのかもしれない。
    いま、フトよぎったインスピレーションなんですが、
    もしかすると、彼らは韓国という自分たちの国家のありよう、
    そしてまた自分が韓国人であることに、強烈なコンプレックスがあるのじゃなかろうか。

    で、えーと、

    ・韓国はあの場所で、国家として絶対にバレちゃいけない致命的な何かをしてた。
    ・軍艦が軍艦旗を掲げないような国は、国際法に違反しているのではないか。
    ・国際法を守らないことを信条としている国ならではの行動として一貫性はある。
    ・統一教会の指輪のエンブレムは、どう見ても旭日旗にしか見えない。

    というハナシでした。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。