韓国政府「GSOMIAを3月まで暫定延長」

昨日、韓国メディア『東亜日報』(日本語版)に、「韓国大統領府は韓日GSOMIAを3月末まで継続すると決定した」、などとする記事を掲載しています。輸出管理等を巡って日本政府のさらなる譲歩がなければ、3月末で日韓GSOMIAを破棄してしまうつもりだ、と読めるのですが、もしその読み方が正しければ、これは典型的な「期日を切った瀬戸際外交」です。ただ、そもそも論として疑問なのですが、果たして国際法的に、そんなことは可能なのでしょうか。

日韓GSOMIA終了の法的位置付け

秘密軍事情報の保護に関する日本国政府と大韓民国政府との間の協定』(俗に日韓GSOMIA)は、2016年11月23日に日韓両国間で署名された秘密軍事情報の保護に関する協定です(この日付が重要!)。

日韓GSOMIAは1年間有効とされる一方、基本的には何もない限り毎年自動延長されることとなっており、実際、日韓GSOMIA第21条第3項を読むと、次のような規定が設けられています。

(参考)日韓GSOMIA第21条第3項

この協定は、一年間効力を有し、一方の締約国政府が他方の締約国政府に対しこの協定を終了させる意思を九十日前に外交上の経路を通じて書面により通告しない限り、その効力は、毎年自動的に延長される。

要するに、「終わらせるつもりなら、90日前に文書で通知してね」、というルールです。

実際、韓国政府は今年8月23日、日本の駐韓大使に対し、日韓GSOMIAを「終了する」と明記した文書を手渡し、これによって「日韓GSOMIAを終わらせる」という韓国政府の意思が日本に対して伝達されました。

ただ、実際に日韓GSOMIAが終了する6時間前になって、韓国政府は突如として、「8月23日付けの終了通知の効力を停止させる」と発表しました。

これについて、『【資料】GSOMIA等を巡る日韓両国政府の発表内容』でも触れた韓国大統領府の記者発表内容を、再掲しておきましょう。

GSOMIA関連 金有根NSC事務局長ブリーフィング(2019-11-22付 韓国大統領府HPより【韓国語】)

機械翻訳したうえで日本語表現を整え、便宜上、番号を振ると、次のとおりです。

  • ①韓日両国政府は最近の両国間の懸案を解決するために、それぞれ自国がとる措置を同時に発表することにしました。
  • ②わが国の政府はいつでも韓日軍事秘密情報保護協定の効力を終了させることができるという前提の下に、2019年8月23日付けの終了通知の効力を停止させることにし、日本政府はこれに対する理解を示しました。
  • ③韓日間の輸出管理政策の対話が正常に進行されている間は、日本側の3個品目輸出規制に対するWTO提訴手続を停止させる事にしました。

…。

この韓国政府の発表だと、まるで「日韓GSOMIA終了通知自体はいまでも有効であり、韓国政府がこの終了通知の効力を復活させれば、いつでも日韓GSOMIAを終了させることができる」、とでも思っているように見えます。

個人的な記憶で恐縮ですが、韓国政府関係者が「とりあえず年内いっぱいは日韓GSOMIAを延長するが、日本の態度次第では日韓GSOMIA終了通知の効力を復活させる(つまりその時点で日韓GSOMIAは即刻失効する)」、などと述べていた、という報道もあったように思います。

GSOMIAはいつでも終わらせられるのか?

しかし、そんなことが可能なのでしょうか。

これについて、『条約法に関するウィーン条約』第68条によれば、GSOMIAの終了通告も、「終了」という効力が発生するまではいつでも撤回できる、と読めます(なお、日韓GSOMIA自体、名前は「協定」ですが、同条約第2条にいう条約と考えて良いでしょう)。

しかし、同条約には、「終了通告の効力停止」などという規定は、存在しませんし、「いつでも終了通告の効力を復活させることができる」、などという規定もありません。これについて、「狐の手のおじさん」というハンドルネームの弁護士の考察が、かなりわかりやすいと思います

【読者投稿】GSOMIA「事実上の延長」の真否(2019/11/23 16:00付 当ウェブサイトより)

【読者投稿】GSOMIA[事実上の延長」の真否

「狐の手のおじさん」様の見解は、こうです(※表現については一部手直ししています)

  • 韓国はウィーン条約第68条の規定に基づいて『8月23日付けのGSOMIAの不延長通告』を撤回し、それによって日韓GSOMIAは1年間延長された
  • したがって、「韓国がいつでもGSOMIAを終了させることができる」などということはない
  • 韓国は「いつでもGSOMIAの効力を停止させることができることを前提とした」と発表した目的は、「無条件にGSOMIA終了を撤回して延長した」という批判を避けるため
  • 日本は「それは勝手にやらせておけば良い」ということで、その点には何も触れていない

…。

なるほど。

個人的には、世の中のさまざまな見解のなかで、この「狐の手のおじさん」様の説明が、いちばんすっきりしていると思います。

つまり、国際法的には韓国政府がやったことは「ウィーン条約」でいうところの「日韓GSOMIA終了通告の無条件撤回」にほかならないのですが、この「本当のこと」を言ってしまうと、韓国市民がろうそく片手に文在寅(ぶん・ざいいん)氏を引きずりおろしに押しかけかねません。

だからこそ、韓国政府は「終了通告の効力停止」という、非常に苦し紛れの報道発表をせざるを得なかったのであり、また、日本政府としてもこの点については何もコメントをせず、日韓GSOMIA延長という「貸し」を米韓両国に作るという意味で、「勝手にやらせている」というのが実情なのでしょう。

「年末まで有効」が「3月末まで有効」に?

こうしたなか、韓国メディア『東亜日報』(日本語版)に昨日、こんな記事が掲載されていました。

GISOMIA「条件付き延長」…規制交渉、時間稼ぎ用の解決方法(2019-12-23 08:12付 東亜日報日本語版より)

東亜日報によると、韓国大統領府は日韓GSOMIAを「暫定的に来年3月まで」継続する、と決定したのだそうです。

24日(つまり本日)の日韓首脳会談を控えたタイミングでこのような記事が出て来るというのは、日本に対する韓国なりのプレッシャー(?)のつもりなのでしょうか。

東亜日報によると、

「(日本政府は先週、日韓首脳会談を控えて)電撃的にレジストに対する輸出管理(※)を緩和したが、大統領府の内部は、『この程度ではGSOMIAの継続と対等交換できない』というムードが強い

としており、こうした記述からも、韓国政府内部では日本に対し、より強く妥協を迫るためには期限を切った方が良い、といった考えがあるようにも思えてなりません。

(※細かい話ですが、東亜日報は韓国メディアにしては珍しく、日本政府が7月1日に発表した対韓輸出管理適正化措置のことを、輸出「規制」ではなく、正しく「輸出管理」と表現しています。)

実際、東亜日報は、日韓GSOMIAを「来年3月まで継続する」と決めた狙いについて、韓国大統領府関係者の次のような発言を紹介しています。

  • (日本の輸出管理の厳格化が始まった)今年7月以前の状態に戻すことが目標だ
  • GSOMIAの条件付き延長を長く引っ張ることはできないため、来年3月までに日本の顕著な措置が出てくることを望んでいる

…。

いまだにこんなことを言っているとは、思わず呆れてしまいますね。

東亜日報に限らず、韓国メディアにはやたらと「韓日対立のキッカケとなった日本の輸出『規制』と韓日GSOMIAを対等交換すべきだ」などとする主張が掲載されるのですが、そもそも両者はまったく別次元の問題であり、混同すべき性質のものではありません。

日韓GSOMIA自体は、軍事同盟を締結していない日韓両国間での軍事情報共有を円滑化する狙いがあり、とくに米国政府は、この日韓GSOMIAを「日米韓3ヵ国連携をよりスムーズに機能させるためには欠かせない協定である」とみなしています。

「期日を切った瀬戸際外交」が無意味だと気付けない民族

個人的な印象では、この一連の騒動を眺めていると、どうしても北朝鮮のことを思い出してしまいます。

北朝鮮は現在、外貨収入がかなり途絶えているのではないか、とする観測もあります。というのも、2017年12月の国連安保理制裁決議から2年を経て、北朝鮮出身の出稼ぎ労働者の強制送還期限が到来してしまい、北朝鮮出身労働者が世界各国から続々と送還されている(らしい)からです。

北朝鮮が米国に対し、「年内」と期日を切った非核化交渉を要求していることと、米国に対してICBMの発射をチラつかせていることも、「期日を切った瀬戸際外交」という意味では、やっていることは韓国政府とまるっきりおんなじでしょう。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

さて、本日は中国・成都で安倍晋三総理大臣と李克強(り・こっきょう)中国首相プラスアルファの3名による日中韓3ヵ国サミットが開催されます。ただ、正直、韓国が「海洋同盟諸国」に留まる意思も覚悟もない以上、「海洋対大陸」の勢力は、いまや「2対1」ではなく「1対2」になってしまいそうです。

これについては少々長くなりますので、時間があれば、別稿にてあらためて議論したいと思います。

読者コメント一覧

  1. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    アレ?韓国は年末までと言って無かったっけ?何故か知らんが、自動的に「3月末に延長」になっている。片腹痛いが、好きにしとけ。別に夏まででも1年間でも構わない。

    こういう条件やらを付けることが「瀬戸際外交」です。いわば自分のクビを自分で締める(笑)。変わった民族だ。ほっときましょう!韓国の話題、最近ツマンネーノ!

  2. ピークを過ぎたソフトエンジニア より:

    言葉が軽いのは約束を守らないことの裏返しなので、空気並みに軽い期日指定だと思います。
    というより、GSOMIAは交渉カードにできないっていうのに。
    3月が来ても、何かあったっけ? という反応でしょうね。

    1. 伊江太 より:

      ピークを過ぎたソフトエンジニア様

      >3月が来ても、何かあったっけ? という反応でしょうね。

      でしょうね。
      都合が悪い事実はきれいに忘れて、ねつ造した「事実」で上書きしちゃうのが、彼らが「自尊心」と「道徳的優秀性」を保つ唯一の手段。GSOMIA破棄云々に言及するのも、多分これが最後?

      1. ピークを過ぎたソフトエンジニア より:

        伊江太 様

        >多分これが最後?

        韓国「GSOMIA破棄するぞ、恐ろしかろう!」
        日本「…………」
        これがずっと続きます。たぶん、きっと。

        1. だんな より:

          次は、6月末に延長するニダ。GSOMIAカードは、最強ニダ。
          お騒がせしましたm(__)m

        2. 匿名 より:

          韓国「ずっと俺のターン!」

  3. G より:

    今日の興味は安倍総理がどれだけなにもしゃべらないかですね。
    まあ、儀礼的な発言だけはせざるを得ないので、それを最大限膨らませるのが韓国側の精一杯でしょう。何ら事前協議出来てないんだから、何らかの実質的な動きがあるわけがないのです。
    中国も日韓関係に今現在なにも言わないでしょうし。

    3月末期限で日本が何かするとは思えませんから、また延期するんでしょうね。

  4. 元祖通りすがり より:

    様々な見解があるかと思いますが、実態として破棄は不可能では無いと考えます。
    その場合、「合意の上の終了」又は「予め定められた手順に則っての終了」ではなく、「一方的な破棄」という事になるかと思います。
    当然、破棄をする側にはリスクが存在していると言えます。

    「合意によらない一方的な破棄」であると見た場合、直瀬的に関係する日本としては、報復措置を行う根拠にする事が出来るのではないでしょうか。
    間接的に影響を受ける米国も同様の措置を取る根拠になりえるかもしれません。

    当然、国際的な評価(信用等)にも影響してくるのは間違いありません。

    このリスクを許容できるかどうかがポイントでしょう。

    私としては、国内向けのポーズだと見てますが、選挙まで引っ張って「破棄」をやらかす可能性も若干あるかもしれませんね。

    まぁ、一人で勝手に踊らせておけば良いのです。

    プロセスはどうあれ、破棄したら報復。この一択です。

  5. カズ より:

    >「年末まで有効」が「3月末まで有効」に?

    事態の膠着が見込まれる中で、「政権に突き付けられる決断」を回避するための予防線なのでしょうね。きっと。

    *決断をするのなら、和解にしても決裂にしても総選挙前のタイミングにしたかったのかもですけどね。

  6. 福岡在住者 より:

    >いまだにこんなことを言っているとは、思わず呆れてしまいますね。
    まさにその通り。ため息しかでない。

    金有根氏 この方ですか、、、。
    https://www.google.co.jp/search?q=%E9%87%91%E6%9C%89%E6%A0%B9&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=2ahUKEwjEoPOFoc3mAhW4y4sBHTDgDbcQ_AUoAXoECAwQAw&biw=1162&bih=720#spf=1577155260538

    もう これしかないですね。この動画を上げるのは不謹慎かもしれませんが(アウトだったら削除して下さい) もう2年以上経つのですか、、、。懐かしい(笑)
    https://www.youtube.com/watch?v=vOWQvoBC9D4

  7. 自転車の修理ばかりしている より:

    韓国がそう言うのなら、3ヶ月ごとの見直しでいいんじゃないですか。

    もちろんGSOMIAだけではありません。
    対韓輸出管理も3ヶ月ごとに厳密に評価、過去から現在に至る管理実績が揃っていれば許可し、一つでも欠けがあれば禁輸。
    偽徴用工についてなにか動きがあれば3ヶ月以内に金融規制。
    日本へのビザは復活させ、ビザは最長3ヶ月。
    国交を維持するか断交するかも3ヶ月ごとに判断。

    ああトランプさん、米軍の駐留費については3ヶ月複利で増やすのはどうでしょう?

  8. だんな より:

    日韓首脳会談に向けて、韓国側が譲歩したニダ。
    日本も、譲歩しなければならないニダ。
    違うかな。

  9. H より:

    韓国国内向けのホルホル
    GSOMIAがまだ交渉カードと
    見せかけているだけ

    頭がお○しい、き○がい達
    日本は無視で良い

    1. H より:

      自己スレ

      刀の刃の方を持ちながら
      地雷源を行く恨逃人
      早く消滅しろ!

      今日はなんかイライラする
      冷静になろう

  10. 雪国の会計士 より:

    〉GSOMIAの条件付き延長を長く引っ張ることはできないため、来年3月までに日本の顕著な措置が出てくることを望んでいる。

    補足してみます。こんな感じでは?

    GSOMIAの条件付き延長(だと国内的にごまかすこと)を長く引っ張ることはできないため、来年3月までに日本の顕著な措置が出てくる(と、条件付き延長がホントは何も根拠が無いことがバレないのでとっても助かっちゃう)ことを望んでいる。

  11. 新茶狼 より:

    反日種族主義、儒教思想に基づく「何でもあり」ですかね。

    下にみるべき相手には、恥と言う概念すらないのでしょう。

    輸出管理の運用見直しを輸出規制と言い張り(あるいは気が付かないフリをして)、今後の譲歩を引き出すために必要な延長という雰囲気を醸し出す努力は凄いです。

    で、結局はグダグダで気が付けば1年経過するんでしょうね。

  12. 匿名 より:

    その時にまた日本のオールドメディアが譲歩しろと騒ぐのでしょう。

  13. epicurian より:

    来年早々の衆議院解散、政権交代を夢想しているというのはいかが?

    1. 引きこもり中年 より:

      独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

      epicurian様へ
      >来年早々の衆議院解散、政権交代を夢想しているというのはいかが?

       この前の朝日新聞の「安倍総理への不支持が支持を越えた」との記事
      を見て、もうすぐ、安倍総理が辞任すると、確信しているのでしょう。

       駄文にて失礼しました。

  14. ダブルスタンダードは嫌い より:

    昨日昼夜仕事(警備員)今日、夜勤。GSOMIA 好きに破棄し、早く売り。瀬戸際すでに越えてると、思ってますが、(夜勤なのでちょっぴり飲んでまふ)超賤犯盗恨逃人。和をもって貴しとする優しい日本人。話せば解ると思う日本人。偉そうな乞食。白丁。国民情緒法が>大統領>憲法>国際法>反日。酔いがまわってきたので。とりとめのない話しになりそう+日本語乱れそうやし、夜勤なので寝ます

  15. んん より:

    3月が6月になり
    6月が9月になり
    9月が12月になって
    いつの間にやら
    1年間誤魔化したニダ

  16. 立ち寄り人 より:

    毎日の更新お疲れ様です。なんか偽証徴用工の売却するぞするぞの読み替えですかね。立案者が同じようで分かりやす過ぎ。

  17. 匿名 より:

    切る切る詐欺でチビチビ延長していくのって
    協定の約款?的な事に違反していないんでしょうか、
    また、アメリカはこんなやり方認めてるんでしょうか?
    まぁ、それどころでは無いのかも知れんけど。

    どっちにしろ何時また「延長しない!」って言いだして
    騒ぎ出すかわからない幼稚な国は相手にしたくないですよね・・・

  18. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

     本日の『プライムニュース』で、武藤正敏氏が「日韓GSOMIA破棄凍結
    の際に、韓国国内に向けに、日本が(いずれ)ホワイト国復帰を約束し
    たと宣伝していた」と言ってました。つまり、「それが嘘にならないよ
    うに、3月までに韓国をホワイト国に復帰させろ」と言いたいのでしょう。

     蛇足ですが、同じ『プライムニュース』で、松川るい参議院議員が、
    「韓国を日米韓の枠組みに留めておけなければならないが、時々、無理
    ではないかと感じることがある」と、恐らく本音を語っていました。ま
    た、質問コーナーで「韓国が日米韓の枠組みを出るにしても、日本がそ
    の口実を与えてはいけない」とも言ってました。どうやら、韓国に関わ
    る国会議員は、心理的に葛藤が多いようです。

     駄文にて失礼しました。

  19. よくわかってないジジイ より:

    はて? 3月まで継続するとしているのはGSOMIA自体ですか、それとも破棄宣言の一時停止ですか。

    それはさておき、前回の茶番劇をもう一度やろうというのだから、国際的にはあきれられて誰にも相手にされないでしょうが、韓国国内向けには一定の効果があるということですね。 国内向けのプロパガンダに日米を巻き込まないで、一人でやってほしいです。

    日本はともかくアメリカは本気で怒りだしまっせ。

  20. りょうちん より:

    韓国の半導体は純水35L、炭素20㎏、トンスル4L、石灰1.5㎏、リン800g、塩分250g、硝石100g、硫黄80g、フッ化水素7.5g、鉄5g、シリコンウェハ3g、その他照れ隠し五グラムに悪意九十七キロで錬成されるわ・・・。
    >等価交換

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。