当ウェブサイトでは武漢コロナウィルスSARS-CoV-2蔓延を巡り、「その道の専門家」の皆さまから、非常に冷静で秀逸な論考の数々をご投稿いただいて来ました。こうしたなか、4週間ほど前に『武漢肺炎、なぜ日本で感染爆発』と題する論考を寄稿して下さった、「伊江太」様というハンドルネームの読者様から、今回、再び優れた論考をご投稿いただきました。本稿では伊江太様からいただいたメッセージとともに、それらについて掲載したいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/04/20 22:22追記

末尾の著者一覧に誤りがありました。イーシャ様、ご指摘ありがとうございました。

読者投稿

読者投稿要領等

昨年の『お知らせ:読者投稿を常設化します』でもお知らせしたとおり、当ウェブサイトでは読者投稿を歓迎しております。投稿要領や過去の読者投稿一覧につきましては『読者投稿要領と過去の読者投稿一覧(コロナ騒動等)』にまとめておりますので、ぜひ、ご参照ください。

さて、大変ありがたいことに、当ウェブサイトでは武漢コロナウィルスSARS-CoV-2の蔓延に関連し、専門家の方々からこれまでさまざまな読者投稿を頂いて来ました(過去投稿の一覧につきましては、本稿末尾に示しておきますので、是非、ご参照ください)。

なかでもこの「武漢肺炎」シリーズで、「なぜ日本では感染爆発していないのか」と題した論考を寄稿して下さったのが、元微生物関係研究室勤務者でもある、「伊江太」様というハンドルネームの読者様です。

【読者投稿】武漢肺炎、なぜ日本で感染爆発しないのか(2020/03/23 11:15付 当ウェブサイトより)

【読者投稿】武漢肺炎、なぜ日本で感染爆発しないのか

そんな伊江太様から、読者投稿とともに、メッセージを頂きました。

このメッセージ自体、が非常に示唆に富んでいるため、伊江太様の個人情報などを含んでいないことから、少し長いのですが、本稿ではあえてこの部分から紹介したいと思います(伊江太様、勝手に私信を開示してしまい、申し訳ありません)。

伊江太様からのメッセージ

4週間前、拙文『武漢肺炎、なぜ日本で感染爆発しないのか』を掲載いただいた伊江太です。

そこで論じたように、この疾患の日本での流行が落ち着いた様相で推移していれば、もうあれ以上ものをいう必要はないと思っていたのですが、皮肉なことに掲載直後から急激な感染数の増加が生じました。それで改めて、わたしが考えているこの国の武漢肺炎の流行像について、一文をしたためました。

本文中で述べているように、わたしはこの感染拡大がそれまで隠れていた市中のウイルス散布者によって引き起こされたものとは考えません。欧米での急速な感染拡大、これに追われるように帰国した人達、およびそれによって持ち込まれたウイルスが周囲に感染したものであり、その急激な感染増加は、これまで日本での感染爆発を抑えてきたメカニズムによって、徐々にではあるものの、すでに目に見える形で収縮する方向に向かっているというのが、わたしの判断です。

このような見方が当を得たものであるかどうか、検証できるまでにはまだ1ヵ月程度は必要であるとわたし自身思っております。しかし、どうも座視することのできない危急の問題が生じてきているように思います。

厚労省専門家会議の一委員が、放置すれば重症感染者85万、死者40万人以上などという、わたしからみれば途方もない数値を挙げて危機感を煽り、マスコミは挙げて無批判にこの話を垂れ流す。さらには自らの政治的存在感を示したいのか、国の政策に圧力を加えて、国民の自覚的抑制と言いつつ実質的都市ロックダウンを促す、小池東京都知事にような動きも見られます。国民の側からの検証もないまま、このような状況が進行していけば、この社会、経済に長期的に回復できない深刻な被害が発生する恐れなしとはしないと思えます。

もとより個人的な意見であり、いくらサイト主さんの意見とは異なるものであっても、自由闊達な議論のためにオープンな意見表明の場を用意するという立場をとられているとはいえ、世の風潮に逆らうこのような意見を掲載されれば、それなりのリスクが生じかねないことは承知しております。ご一読の上、それでも読者投稿欄への採択をお許しいただければ幸甚に存じます。

…。

非常に危機感に満ちた、しかし、非常に力強いメッセージでもあります。

そこで、本稿では伊江太様からの投稿を画像付きで、基本的には原文に沿って掲載させていただきたいと思います(ここから先が、伊江太様からの投稿本文です。ただし、大意を変えない範囲で適宜、日本語表現を変更している箇所や、小見出しなどを追加している箇所などがあります)。

日本では感染爆発は起きていない

それでも「わたし」が日本では感染爆発は起きないと言う理由

3月も残り少しとなった頃から国内の武漢肺炎患者の数が急増し始めました。これに伴い、「都市封鎖といった強力な感染防止策を執るべきだ」、といった議論が、勢いを得ています。

この「都市封鎖」、もともとは中国が1月から開始したものですが、いまやアメリカ、ヨーロッパの国々も追随している、一種の強力な感染防止策でもありますが、それと同時に社会の活力を大幅に減衰させるものでもあります。

それを実施したとき日々の生活に何が起きるか、皆様とうにご承知のことと思いますが、そういう状況下に実際に暮らす方の比較的冷静なレポートを見つけましたので、引用しておきます。

新型コロナ「ロックダウン」(都市封鎖)が起こるとどうなる?ドイツ首都ベルリンの現状から

新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、いわゆるロックダウン(都市封鎖※注)が日本でも行われるのではないかと、話題になっています。実際にロックダウンが行われると、どのような生活になるのか、不安の声も聞かれます。<<…続きを読む>>
―――2020/04/01 08:15付 Yahoo!ニュースより(※注:著者によると「『ロックダウン(都市封鎖)』という言葉には厳密な定義はないが、外出禁止など、対象とするエリアの人の移動を制限したり企業活動を禁じることを指す」との注記あり)

サラッと書かれていますが、これを1ヵ月、あるいはひょっとしたらそれ以上も長く続けたら、社会に何が起きるのでしょうか?

もちろん命を守るためには、必要ならやるしかないでしょう。でも本当は必要のない措置であったなら?

こんな大問題を市井の一個人に過ぎない私のような者が論じるのは、僭越極まりないのは確かです。しかし、それなら誰にその資格があるのでしょう。

安倍首相にしても、加藤厚労相にしても、さらには厚労省が招集した専門会議の方々にしても、予言者ではありません。私たち日本人の一人一人が真剣に考え、そして結論を出さなければいけない問題だと思います。

4週間前に、幸いにしてこのサイトでの掲載をお許し頂いた『武漢肺炎、なぜ日本で感染爆発しないのか』と題した拙稿。もうあれで止めておくつもりでした。しかしどうも状況が急変したようです。またも公開されている数値データだけでものを言おうというムシのいい話です。

前回は皆さまご興味をお持ちのはずで、多分不思議にも思っておられると考える、「いつまで経っても日本で感染爆発が起きないのはなぜか」という、そういう見方もあるかもね、で済まして頂けそうなものでしたが、今度のはかなり毒があります。

おかしいと思われたら遠慮なく叩いてください。反論できればいたしますが、安楽椅子探偵を気取っていたのが、あえなく床に転げ落ちることになるかも知れません。そのときはもって瞑すべし、潔く白旗を掲げるつもりです。

北海道の事例

私事ですが、札幌と名古屋にときどきメールをやりとりする友人がいます。最近ではやはり武漢肺炎の話題になりますが、つい先日まで北海道は全都道府県中最大の感染発生地、名古屋市も国内発生数の10分の1くらいを占めていた流行地でした。

友人にはあの数がドンドン増えているのは不気味だろうが、身の周りからウイルスをばらまく可能性のある人間を隔離して除いていった数と考えれば、見方も変わるだろうと話しています。それで、この2つの地域の感染発生の様子から始めたいと思います。

図表1は北海道放送のHPの新型コロナウイルス道内情報から採ったものです。

図表1 道内の検査人数、陽性累計、死亡累計(1月28日~3月25日)

(【新宿会計士注】著作権関係が確認できなかったので、当ウェブサイトでは北海道庁のウェブサイト『北海道 新型コロナウイルス感染者情報のグラフ』から取得しており、グラフに収録されている期間と本文で言及されている期間にズレがあります。また、図中、検査陽性者発生の波を示すⅠ~Vのローマ数字は投稿者記入を参考に新宿会計士が記入しています)

グラフに示されている期間中、北海道では4回の感染の増減があったことがわかります。1月28日にぽつんと1例、離れて発生しているのは中国人観光客の女性、以後は日本国籍の感染者のようです。

PCR陽性症例報告数の第Ⅰ波はさっぽろ雪まつり(1月31日~2月11日)関連とみていいでしょう、以後の波は順繰りに第2次、第3次の感染が繰り返されることで形成された塊み見なせると思います。

なかでも第Ⅱ波が最大で、ピークとなった2月26日には15人のPCR陽性者が見いだされ、2月28日にイベント、週末外出の自粛要請と休校措置を中心とした道知事の緊急事態宣言が出されるに至りました。

また3月4日から政府の要請による同様の措置が始まっていますが、このグラフはその効果を見る上でも興味深いものです。第Ⅰ波と第Ⅱ波、第Ⅱ波と第Ⅲ波の間の谷にはこれらの措置はかかわっていないはずです。

それでも感染の増加がその都度一旦は収束するかに見える理由は、先の投稿で提示した、集団内の感染の増加が、発症者の発見とその結果あぶり出された濃厚接触者の隔離・入院によってキャンセルされているとするモデルで、よく説明できると考えます。

感染増加のフェーズと隔離・入院のフェーズはウイルスの潜伏期を考慮すれば位相がずれるはずですから、増減の波として現われるのも当然といえるでしょう(この点は後でもう一度議論します)。

しかし、発症のサイクルが継続するなら観察されるはずの第Ⅴ波が現れなかったのは、緊急事態宣言発出の効果と言えると思います。

名古屋の事例

名古屋市のケースを見てみましょう。図表2は市のホームページに掲載されているものです。

図表2 新型コロナウイルス検査陽性件数(日ごと)

(【出所】名古屋市ウェブサイト『市内の新型コロナウイルス発生状況』より投稿者作成。伊江太コメント:3月末~4月上旬の増加が東京、関西圏に比べて小規模だったのは、中部国際空港の路線がアジア、オセアニアが中心で、米、欧米便が少ないことが理由と考える。)

こちらも増減の波らしきものは観察できるのですが、北海道のものほど分離は明確ではありません。名古屋では市内のデイサービス施設とスポーツジム発の2つの大きな感染クラスターが見つかっており、それらが重なったせいだと思われます。

時間軸を合わせて北海道のグラフと比較してみると、北海道で現われなかった第Ⅴ波相当の波がここでは出現しているが、そのあとのものは出ていません(4月の波については次項以下で)。活動自粛や休校の効果があるとしても、その現われ方には地域差があるようにもみえます。

ともかく、この二つの自治体の事例は、感染源との接触の機会を自粛要請くらいの緩めの措置ででも制限すれば、効果はあることを示しているのではないでしょうか。休校措置の方は、効果が出るとしたら両方で同じでなければおかしいでしょうから、やや疑問かも知れません。

大阪府と兵庫県の事例

行動自粛や休校措置より一段強い、隣県との間の「移動制限」にまで踏み込んだ内容で注目された、大阪府知事の記者会見を記憶されている方は多いと思います。図表3は大阪府、兵庫県がそれぞれ発表している毎日のPCR検査陽性症例の推移を積み重ね棒グラフで示したものです。

図表3 新規PCR陽性症例の推移・大阪府と兵庫県の合算

(【出所】大阪府『新型コロナウイルスに関連した患者の発生等について』、兵庫県『新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況』に基づいて投稿者作成。休日の検査数減少の影響で7日ごと(矢印:月曜日)に極端に値が少ない日が出現する点に注意)

3月初めから14日までの2週間、両府県合わせての感染状況は一貫して増えていたことがわかります。

これを見れば自治体の長として、危機意識を持つのは当然でしょうし、大阪府知事にとくにその感が強く、通勤の足まで止めることは出来なくとも、3月20日から22日の3連休の期間くらいは両地域間の往来を控えましょうと呼びかけたことは理解できないではありません。

しかし、新聞報道によれば、この知事の判断にはどうも見逃せないミスリードがあったようなのです。

大阪知事「事態を重く受け止めた」、兵庫知事「大阪はいつも大げさ」…往来自粛

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、吉村洋文・大阪府知事と井戸敏三・兵庫県知事が19日に打ち出した大阪―兵庫間の往来自粛。決断の背景には、最悪の場合、2週間後には両府県の感染者が3300人に達するとの「試算」があった。<<…続きを読む>>
―――2020/03/20 10:48付 読売新聞オンラインより

これは非公開の試算のようですが、国が派遣した専門家は

大阪、兵庫両府県では19日までの1週間で感染者が約80人増加。試算では、このまま放置すれば今後の1週間で最悪の場合、感染者が586人に増え、さらに1週間後には3374人に達する

と知事に説明したようです。

図表3からは「80人増加!」の意味がくみ取れないと思いますので、ここで、図表3を書き換えた図表4をお示しします。

図表4 厚労省専門家会議が「最悪ケース」として示したとされる予測値

(【出所】投稿者作成。データソースは図表3と同じだが、縦軸の値が過去からの累積数になっている。3月末以来の感染者急増が一段落した後も、マスコミを通じて感染爆発の危険を喧伝し続けている識者のほとんどが、こちらの表示方法をもとに議論している点に留意いただきたい。)

図表3との違いは、縦軸が日々新たに見つけ出された感染者数ではなく、過去からの累積数になっている点です。これなら増えることはあっても減ることはありません。

ちなみに厚生労働省が毎日更新している国内の感染者数(PCR陽性症例数)についても、形式は累積数表示になっています(いちおう、前日比も併記されてはいますが…)。

実際がどうであったかはグラフにご覧いただけるとおり、「大阪はいつも大げさ」と言った兵庫県知事の現実感覚の方が正しかったことになりそうです。

ただし、今回については、責めは吉村府知事ではなく、国が派遣した専門家の方が負うべきでしょう。どうも国の専門家会議は、この疾患の流行は日本でも初期には指数関数的(ねずみ算式)なものになるはず(べき)だという牢固たる信念を持っているとしか思えません。

意地の悪い見方ですが、実際の流行が一向にそういう姿を見せない中、鬱々としていたところに、そうなるかもという例を大阪、兵庫に一時的に現われた感染者増加を見つけて、息せき切って駆けつけてきたなんて言ったら、言い過ぎでしょうか。

それについては後出しじゃんけん的な批判になっているかも知れません。しかしもし本気で感染爆発を心配しているなら、それを防ぐのに連休中の行楽を控えましょう程度のアドバイスで済ませた、そのセンスをこそ問題にすべきだと思います。

3月27日以降の感染者の急増については、次の東京の事例の項に譲ります。

東京の事例(プチ感染爆発?)

今般の武漢肺炎について、もっともホットな話題は東京都で急激に増加した感染数でしょう。

都のホームページに掲載されているグラフ(図表5)で見ても、これがいかに突発的なものであったかがわかります。

図表5 東京都新規PCR陽性者数

(【出所】東京都『陽性患者数』より投稿者作成。伊江太コメント:保健所を経由しないPCR検査の結果が1週間遅れで加わるようになって、東京での発生動向が掴みにくくなっているが、4月11日以降の感染拡大は頭打ち、ないし収縮に向かっていると判断する。少なくとも指数関数的増加がないのは確実である)

そのかなりの部分は、都下の4つの大型病院に由来する巨大感染クラスターのもので、こういう事態が生じるのは決して予期されていなかったものではないのですが、やはり疾患流行の際の病院発の感染拡大の怖さというのが実感されます。

しかし、巨大な人口を抱えながら奇跡とも言うべき感染数の少なさを保ってきた東京で、いきなりその増加が来たのにはまたそれなりの理由があるはずであり、羽田・成田という国際空港の存在を考えれば、欧州、米国で感染爆発に理由を求めるのが自然でしょう。

欧米での感染者の激増を横目に入国規制を行う3月末まで、空港検疫だけの対応に留めた結果、多量のウイルスが東京に流れ込んだということだと考えられます。

とくに、3月23~25日に起きたアメリカからの入国規制を嫌った駆け込み帰国の影響は、新規PCR陽性者数が4月8日以後、一段と増えたパターンに対応していると思います。

ウイルスの出所が海外であるなら、既知の国内の感染クラスターとつながりがない、いわゆる市中感染が多数を占めるのは当然のことといえるでしょう。

ともあれ、これまで国内では観察されてこなかった巨大な感染塊の発生はようやく峠を越し、この後指数関数的増加は起こっていないように見えます。留意して頂きたいのは、時間的に見て今般の政府緊急事態宣言の効果は、直近の感染拡大の停止には関係していないはずだということです。

前の投稿で、

日本における新規感染者数が一定の値に収っている状態は、外部からのウイルス流入の増加によって破られる可能性はある

と、一応の逃げは打っておいたものの、この東京の感染報告数の急増を見て、しくじったと思わなかったと言えば嘘になります。とりあえずのピークアウトないしは頭打ちを見届けた上でなければ、この続編もお目に掛ける気にはなれなかったでしょう。

後出しじゃんけんだという自分への批判はここでも認めなきゃいけませんが、敢えて言うなら、今回の流行の波がひとまず鎮静化した事実は、流行の拡大を抑えている日本の防疫システムにまだかなりの潜在的余力があるはずだという、前回投稿中に記した推定の傍証になっており、極めてシビアであったストレステストに満身創痍となりながらも一応は耐えたことになっていると思います。

これまでの他自治体の事例で見たように、ある程度の規模の次の波が来ることはおそらく確実だとは思います。しかしそれはこれほど大きくなることなく収束するでしょう。海外からのウイルス流入という蛇口は、とりあえずは閉めたのですから。

市中感染の増加はなにを意味するのか

ウイルスの出所が知れないいわゆる「市中感染」が増加すれば、感染拡大が避けられないフェーズに入ったと考えなければいけないという、一見もっともらしい学説が以前から言われています。

ちょっと待ってください。

発症者が出たらその濃厚接触者を探す、保健所によっておこなわれるこのプロセスは、犯罪捜査のような徹底したものじゃありません。そこから漏れるのが一定数あるのは当たり前でしょう。その人が発症すればその時点で「市中感染例」として把握されるだけ、それがこれまでの姿だったはずです。

しかし、今回東京や大阪で観察されている「市中感染」割合の大幅な増加は、そんなものではないと「わたし」は見ます。

これは気づかれないうちに市中で拡がっていた感染を背景にしたものではなく、海外から入ってきた、つまり既知の国内の感染クラスターとはつながりがあろうはずのない感染、それが今回の感染増大の大きな部分であるとしか考えられないと思うのです

そうすると、あの「夜の街」云々の話も、また別の見方ができるのではないでしょうか。

つまり、そこで働く彼女(?)たちは、ウイルスの増幅者の役割を果たしてきたのではなく、欧米の武漢肺炎の流行に追われて安全な日本に逃げ帰れてほっとした開放感から、夜の街に繰り込んだ帰国者達の置き土産の犠牲者、そんな見方も可能ではと思うのです。

でなければ、多くの帰国者にとって単なる通過地である東京、大阪でだけ、これほど大量の「夜の街」の感染がいきなり発生するのは不可解です。少なくとも「夜の街」のウイルス汚染の影響が本当に出てくるとすれば、それはまだこれからのはずです。

わたしの考える日本の流行像・その楽観面と暗黒面

図表6がわたしの考える日本での武漢肺炎の流行の模式図で、このパターンが崩れない限り感染爆発は起こらないとする理由です。

図表6 武漢肺炎の流行の模式図

(【出所】投稿者作成)

これを文章にすると、つぎのとおりです。

  • ウイルス感染者の一部は潜伏期(5~14日)の後発症者として発見され、その濃厚接触者とともにPCR陽性症例の報告数を増加させる。
  • それは同時に集団からのウイルス感染者の排除に繋がり、感染者数は一時減少に向かうが、発見を免れた感染者から散布されたウイルスが再び集団中の感染数を増加させ始める。

文章にすると面倒ですが、図を見ていただけると直感的にニュアンスは伝わるかと思います。

北海道の例で見たように一定の地域で観察すると周期性が確認できますが、全国でバラバラにそれが繰り返されている感染の増減を総合すると、前回の投稿で言ったようなほぼ一定のペースで新規PCR陽性数が報告されるということになるだろうと推定するわけです。

こういう流行像が実現するためには、

  • ①ウイルスの集団中での伝播速度が十分に低い
  • ②集団の成員の医療へのアクセスが十分で発症は直ちに発見される
  • ③医師、保健師、検査技師など防疫システムにかかわる要員の質的量的能力が十分に高い

という3要件が必須で、これを満たせるのは多分日本くらいだろうというのも、前回論じたとおりです。

この流行の抑制効果が今でも生きているなら当面大丈夫と言えるかとなると、そうはいかないでしょう。図表6は、発見された感染者をとりあえず医療セクターに移し、ウイルス散布者として市中に残さないことを意味するに過ぎません。いわば問題の棚上げないし先送りです。

感染症指定病院への移入速度が治療によって退院する速度を大きく上回っている現状では、患者は溜まる一方になっています。すでに大都市圏では患者数は収容能力を上回る状況になっていると聞きます。

さすがに軽症患者をホテル等の隔離施設に移すといった措置が執られることになりましたが、予測されるその効能については、わたしなんかがどうこう言うより、もっとふさわしい知識をお持ちの方々がこのサイトのコメンテーターの中に大勢いらっしゃるでしょう。

さらに問題になると思われるのが、すでに欧米で深刻になりつつある医療従事者への感染です。

武漢肺炎の治療の最前線で精力的にはたらいている人ほどそのリスクが高く、感染によって生じる損失がそれだけ大きいわけですから、それを防ぐ対策が現在もっとも緊急度が高い課題のはずです。また感染者と医療機関をつなぐ保健所職員の負担も限界に近づいています。

感染爆発のような事態が来なければ、だらだら先延ばししても大丈夫とは言えないのです。今求められるのは、まだ余裕のある地方から東京への医師、保健所要員の短期集中的な応援派遣ではないでしょうか。

厚労省専門家会議に言いたいこと

専門家会議は武漢肺炎の流行パターンは感染症論の基本通り、初期には指数関数的な拡大になると決めてかかっているようです。先日の東京都知事の緊急会見の際にチラッと出てきた今後を予測した数値を見てもこれは間違いないでしょう。

わたしが正しくって専門家会議の方が間違っているなんて不遜なことは申しません。

指数関数的拡大にしたところで、y = ae^kt(y:感染者数、t:時間、e:自然対数の底、a, kは係数)の式でkを極度に0に近い値に設定すれば、なかなか感染爆発にならないように(つまり先頃までの日本の状況に合うように)形の上でもっていくことは出来ます。

まあ嫌みを言わして頂ければ、大阪や東京の時のように、直近に報告数の急増があれば、それに合わせて係数をいじっているらしいのが透けて見えるところなんですが。

わたしがもっと問題だと思っているのが、図表7で表されている専門家会議の感染爆発防止策です。

図表7 「接触を避けることによる流行拡大抑止効果」

(【出所】厚生労働省『新型コロナウイルス感染症対策専門家会議』)

赤色の線が市中で発生している目に見えない感染数、青色の線がその結果遅れて観察される発症者の数です。

点線は感染拡大の抑止策を講じた場合の予測値です。放っておけば歯止めがかからない状況になるから、途中で介入をおこなって大事にならないうちに収束させるという、まあなんとなく納得させられるようなはなしではあるんですが、さて、急激に立ち上がった感染拡大をあるポイントで一気に逆転させるって一体どういう措置なんでしょう。

わたしには、これを実現するにはテレワークの推進、不要不急の外出自粛なんて生やさしいものじゃない、強制力を伴った全住民の終日外出禁止くらいしか思いつきません。首尾良く感染が下火になるほどに、抑制措置も段階的に緩めていくようなニュアンスの曲線になってはいます。

しかし、効果が見えてくるのは対策を始めて2週間近くも経った後、それまで発症者数は増え続けなきゃいけません。発症者の増加が止まったのに気づいても、身の周りに患者が大幅に増えた状況で、もうそろそろ対策を緩めようなんて意見が通るでしょうか。

「わたし」の現状認識に立つならば、今の日本でそこまで強力な措置を執るのは、良性腫瘍の患者に、もっとも強い、それだけ副作用も大きい抗がん剤を処方するようなものだと思えます。

不可解なのは、どう考えても今次の感染急増の大きな原因であるはずの欧米からの帰国者によるウイルス持ち込みについて、政府も専門家会議もほとんど触れない点です。

入国規制が遅れたとの非難を恐れているとするなら、それは責める方が間違っています。この感染症は拡大に気づいた時点で「当たり前の国」なら、すでに対策が手遅れの段階に至っているのですから。

やれコロナ疲れだ、三連休で浮かれ歩いただ、夜の街だなどと、ここまで感染爆発を不断の努力で抑えこんできた国民に、あたかも愚か者であるかのごとき物言いで責任転嫁を図るのは、お門違いだと「わたし」には思えます。

本文を人目にさらすのは時期尚早であるのは百も承知です。自分自身でさえここで論じた事柄の当否について自信をもって言えるようになるには、なお1ヵ月程度の観察は必要だと思っています。

それでも、政府に緊急事態宣言の自粛要請を超えたさらに強硬な措置を求める声がある中、一国民としての立場で言うだけのことは言っても罰は当たるまいと考え、この文をしたためた次第です。<了>

(広告・スポンサーリンク)



読後感

…。

以上が、伊江太様からの投稿です。

本文中で伊江太様が何度も言及されているとおり、これはあくまでも現時点における伊江太様の考察に基づく論考であり、今後、この論考と矛盾する事象が発生するという可能性があることには、十分な注意が必要である、という点については、伊江太様のおっしゃるとおりでしょう。

しかし、あくまでも「科学的なアプローチに基づく観察と考察」をベースにした議論であれば、その考察が結果として誤っているかどうかは問題ではありません。現在進行形の事象については、さまざまな仮説なり、考察なりが提示され、それらのすべてが正しいわけではないことは当たり前だからです。

むしろ、私たち一般国民が必要なのは、「判断するための材料」であり、「唯一絶対の正解」ではありません。

というよりも、普段から当ウェブサイトで展開しているさまざまな議論についても、

現時点では(A)は発生しない可能性が高いと考えられる

と主張しておきながら、結果的には(A)が発生してしまった、という事例など、いくらでもあります。

たとえば、当ウェブサイトでは3月18日ごろまで、「米国が韓国などと為替スワップを結ぶことは考え辛い」などと主張していましたが、実際には『速報:米FRBが9つの中央銀行と為替スワップを締結』で報告したとおり、米FRBは3月19日に韓国と為替スワップを締結すると発表しました。

したがって、当ウェブサイト的には「知的好奇心を刺激するような仮説」であれば大歓迎ですし、伊江太様の今回の論考でも、「根拠なしに断定している」と思しき箇所はいっさいありません。

いずれにせよ、伊江太様には今回もすばらしい論考を寄稿して下さったことに感謝申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

【参考】コロナ関連読者投稿

コロナに関連する過去の読者投稿の一覧を掲載しておきます。

これらの執筆者は、次のとおりです。

  • ①、②、⑥、⑪は現役医師の「りょうちん」様
  • ③、④、⑧、⑩は理系研究者の「ケロお」様
  • ⑤、⑭は工学研究者の「イーシャ」様
  • ⑨は現役医師の「とある福岡市民」様
  • ⑫、⑮は元微生物関係研究室勤務者の「伊江太」様
  • ⑦、⑬は大人気『在韓日本人が見た』シリーズでも知られる「韓国在住日本人」様

これらの投稿はおしなべて冷静であり、「これを1月~3月の時点で主張していたのか」と感動するような論考も多く、現在読み返してみてもきわめて有益です。

また、これらの論考のなかには、『某有名人からのご要望「140字にまとめてほしい」』などでも触れたとおり、科学的知識も考察も無視し、ひたすら不安を煽っている自称保守系の某論客が「140字以内で要約して」とキレたものも含まれています。

(※もっとも、この「140字でまとめて」と注文を付けたご本人が、過去に「140字で言いたいことは言えない」とつぶやいていたという、まことにお粗末なオチがついているのがおもしろいですね。)

【参考】「細かいことは140字では語れません」&「140字で要約して」(クリックで拡大)

(【出所】ツイッターの画面キャプチャを合成)

いずれにせよ、「科学的知見に基づく冷静な議論が必要だ」というのは、今回の武漢コロナ騒動に限られず、およそ自由・民主主義社会を運営するためには絶対に欠かせないものでもありますし、左右を問わず、科学を無視して大騒ぎする者が有害であるという点については、改めて確認できたのではないでしょうか。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2020/06/03 08:00 【韓国崩壊
    韓国に対する輸出管理はむしろ「厳格化」もあり得る!
  • 2020/06/03 05:00 【マスメディア論
    新聞記者「自分の出世が大事だから、訂正できません」 (8コメント)
  • 2020/06/02 21:30 【時事|韓国崩壊
    それカードやない、地雷や! (20コメント)
  • 2020/06/02 14:40 【時事|韓国崩壊
    韓国の対日提訴は「グループC」に格下げする契機か? (41コメント)
  • 2020/06/02 14:02 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国、対日WTO提訴再開 (14コメント)
  • 2020/06/02 11:45 【日韓スワップ|韓国崩壊
    日韓通貨スワップは日本が締結「してはならない」協定 (7コメント)
  • 2020/06/02 09:15 【時事|外交
    対中包囲網形成ならはG7拡大よりG20縮小が有効? (24コメント)
  • 2020/06/02 08:00 【時事|国内政治
    最大野党がアレだから、政権支持率が落ちても大丈夫! (22コメント)
  • 2020/06/02 05:00 【韓国崩壊
    セルフ経済制裁?本日午後2時に韓国政府が重大発表か (38コメント)
  • 2020/06/01 14:30 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「韓国政府、日本をWTO提訴する方針」 (45コメント)
  • 2020/06/01 12:30 【時事|経済全般
    「4ヵ国の入国制限先行解除」は産業構造の変革好機に (3コメント)
  • 2020/06/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/01(月) (81コメント)
  • 2020/06/01 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が求める輸出規制撤廃のカギは対日入国制限の継続 (35コメント)
  • 2020/06/01 08:00 【マスメディア論
    マスコミ報道はカルト誌の予言と似たようなものでは? (22コメント)
  • 2020/06/01 05:00 【時事|外交
    ロシア、インド、韓国がすんなり拡大版G7に入るのか (45コメント)
  • 2020/05/31 09:00 【時事|金融
    レバノンとゴーン、そして通貨スワップのチラ見せ外交 (42コメント)
  • 2020/05/31 05:00 【韓国崩壊
    「輸出『規制』回答期限は本日到来」、それがどうした (80コメント)
  • 2020/05/30 15:00 【時事|国内政治
    国民民主党であっても良い部分は是々非々で判断すべき (26コメント)
  • 2020/05/30 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/30(土) (106コメント)
  • 2020/05/30 09:00 【読者投稿
    【読者投稿】武漢肺炎「6ヵ国データ」を比較してみた (41コメント)
  • 2020/05/30 05:00 【韓国崩壊
    鈴置論考で読む「不毛な先進国論争」の果てにあるもの (65コメント)
  • 2020/05/29 15:30 【時事|金融
    【資料】米ドル流動性・FIMA為替スワップ最新残高 (4コメント)
  • 2020/05/29 12:00 【時事|経済全般
    米投資家「国境を閉じるな、これからは中国の時代だ」 (33コメント)
  • 2020/05/29 10:30 【時事|韓国崩壊
    普段は日本を批判する韓国、中国にはダンマリ決め込む (38コメント)
  • 2020/05/29 08:00 【外交
    価値と利益で読む外交 日本にとって「大切な国」とは (25コメント)
  • 2020/05/29 05:00 【外交
    どうせ法治国家でない中国、無理に法を作らなくても… (48コメント)
  • 2020/05/28 14:30 【時事|経済全般
    「韓国などの入国制限で2.3兆円損失」は正しいのか (24コメント)
  • 2020/05/28 13:15 【時事|経済全般
    4月の輸出高は1兆円以上減少し5.2兆円にとどまる (10コメント)
  • 2020/05/28 09:30 【RMB|時事|金融
    【速報】米「香港は中国からの高度な自治を喪失」認定 (38コメント)
  • 2020/05/28 08:00 【韓国崩壊
    不毛な机上の空論を17回も続けた「韓日フォーラム」 (34コメント)
  • 2020/05/28 05:00 【時事|金融
    【速報】人民元が急落~いまや、中韓通貨は一蓮托生? (16コメント)
  • 2020/05/27 17:00 【時事|国内政治
    東京都知事選と「ホリエモン新党」巡るストーリー (11コメント)
  • 2020/05/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/27(水) (103コメント)
  • 2020/05/27 11:30 【時事|韓国崩壊
    河村氏「徴用工基金法成立なら日本は輸出規制を解除」 (39コメント)
  • 2020/05/27 08:00 【時事|外交
    安倍総理に核心突かれ逆ギレ=中国のわかりやすい反応 (43コメント)
  • 2020/05/27 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    ソフトカレンシー国・韓国の財政出動が危険である理由 (14コメント)
  • 2020/05/26 14:30 【時事|国内政治
    産経ニュース「コロナで見えた立憲民主党3つの不徳」 (33コメント)
  • 2020/05/26 12:00 【時事|韓国崩壊
    日韓往来断絶が長期化で事実上の「日韓断交」論浮上も (53コメント)
  • 2020/05/26 11:00 【時事|金融
    コロナ防疫で見せた安倍総理の指導力で財務省解体を! (20コメント)
  • 2020/05/26 08:00 【時事|韓国崩壊
    コロナの最中でも「ノージャパン」だけは忘れない韓国 (27コメント)
  • 2020/05/26 05:00 【RMB|外交
    米国が「香港は金融センターの地位失う可能性」と警告 (24コメント)
  • 2020/05/25 16:00 【政治
    EPNは第2のTHAADか 米中板挟みで苦しむ韓国 (23コメント)
  • 2020/05/25 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/25(月) (95コメント)
  • 2020/05/25 11:45 【時事|経済全般
    ビジネス客の入国制限解除はTPP加盟国から順番に? (18コメント)
  • 2020/05/25 08:00 【時事|金融
    韓国など「脆弱ファイブ」に金融危機第2波は来るのか (9コメント)
  • 2020/05/25 05:00 【マスメディア論
    毎日新聞調査で「内閣支持率27%」の衝撃と「狙い」 (73コメント)
  • 2020/05/24 12:00 【読者投稿
    【読者投稿】SARSの経験で読む「武漢肺炎第2波」 (57コメント)
  • 2020/05/24 09:00 【日韓スワップ|金融
    アルゼンチン9度目のデフォルトとTPPスワップ構想 (36コメント)
  • 2020/05/24 05:00 【マスメディア論
    日本新聞協会「NHKは受信料削減と業務抑制が必要」 (42コメント)
  • 2020/05/23 14:00 【時事|経済全般
    入国制限論②中韓との制限長期化で「中韓離れ」促進も (27コメント)
  • 2020/05/23 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/23(土) (52コメント)
  • 2020/05/23 09:00 【経済全般
    入国制限論①ヒトの移動の制限はいかにしてなされたか (6コメント)
  • 2020/05/23 05:00 【時事|韓国崩壊
    市場は韓国を「中国と一蓮托生」とみなし始めたのか? (25コメント)
  • 2020/05/22 17:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係破壊に寄与した文喜相国会議長が退任 (14コメント)
  • 2020/05/22 10:30 【時事|韓国崩壊
    米国の「中国孤立」ネットワークに参加求められる韓国 (53コメント)
  • 2020/05/22 08:00 【金融
    安易に「多国間通貨スワップ」に応じるべきでない理由 (23コメント)
  • 2020/05/22 05:00 【金融
    「飛ばし報道」だけでトルコリラの暴落を防いだ日本円 (26コメント)
  • 2020/05/21 16:30 【時事|韓国崩壊
    慰安婦団体に強制捜査、「ウソツキの末路」静観が正解 (63コメント)
  • 2020/05/21 12:00 【金融
    トルコとの100億ドルスワップ報道に「驚いた」日本 (10コメント)
  • 2020/05/21 08:00 【時事|経済全般
    訪日外国人99.9%減は「人数ありき」を見直す好機 (16コメント)
  • 2020/05/21 05:00 【韓国崩壊
    コロナと輸出管理適正化で日韓関係消滅は加速するのか (38コメント)
  • 2020/05/20 17:00 【時事|経済全般
    【速報】2020年4月の訪日外国人は2900人 (15コメント)
  • 2020/05/20 12:00 【時事
    中韓との出入国制限、もしも長期化したらどうなるのか (14コメント)
  • 2020/05/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/20(水) (88コメント)
  • 2020/05/20 08:00 【時事|経済全般
    ポストコロナ時代は「人類対中国」?科学よ負けるな! (21コメント)
  • 2020/05/20 05:00 【韓国崩壊
    鈴置論考が解く、韓国が「輸出規制撤回」を求める理由 (92コメント)
  • 2020/05/19 14:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    「G20スワップ」提唱の韓国こそトルコとスワップを (32コメント)
  • 2020/05/19 12:00 【時事|金融
    日本とトルコの通貨スワップがロシアに対する牽制に? (19コメント)
  • 2020/05/19 08:00 【時事|国内政治
    検察庁法改正案で大騒ぎした挙句に自爆した立憲民主党 (56コメント)
  • 2020/05/19 05:00 【韓国崩壊
    入国規制解除に失敗すれば日韓関係「自然消滅」実現も (40コメント)
  • 2020/05/18 15:30 【時事|韓国崩壊
    米中対立局面で日韓関係をあまり「放置」できない理由 (55コメント)
  • 2020/05/18 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 COVID-19編~8~ (79コメント)
  • 2020/05/18 11:11 【時事|金融
    日米為替スワップは「日本が米国を助ける手段」なのか (22コメント)
  • 2020/05/18 08:00 【時事|外交
    中央日報「日本がコロナ経験共有を韓国に求めて来た」 (25コメント)
  • 2020/05/18 05:00 【外交
    時事「政府、中国などへのビジネス渡航解禁」記事の怪 (23コメント)
  • 2020/05/17 15:00 【時事|外交
    産経「日本政府がWHOのコロナ対応検証を提案へ」 (18コメント)
  • 2020/05/17 09:00 【読者投稿
    【読者投稿】武漢肺炎で中国はわざとウソを流したのか (44コメント)
  • 2020/05/17 05:00 【韓国崩壊
    韓国メディア「約束破りは韓国の文化。日本は理解を」 (116コメント)
  • 2020/05/16 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/16(土) (199コメント)
  • 2020/05/16 09:00 【時事|韓国崩壊
    米中コロナ対立の折、日韓関係決める「3つの守り神」 (61コメント)
  • 2020/05/16 05:00 【マスメディア論
    新聞崩壊?「押し紙」認めた判決契機に訴訟ラッシュも (51コメント)
  • 2020/05/15 16:30 【時事|外交
    トランプ氏「米中断交すれば5000億ドル節約」 (26コメント)
  • 2020/05/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 COVID-19編~7~ (82コメント)
  • 2020/05/15 11:11 【時事|経済全般
    鈴置論考「韓国は反面教師」説を裏付ける安倍発言 (17コメント)
  • 2020/05/15 08:00 【経済全般
    コロナとは経済問題 無駄な既得権を飼う余裕は消える (28コメント)
  • 2020/05/15 05:00 【RMB|日韓スワップ|韓国崩壊
    中国は「使えない中韓通貨スワップ」で韓国を支配へ? (21コメント)
  • 2020/05/14 15:00 【時事|金融
    【速報】ネコと和解せよ (26コメント)
  • 2020/05/14 11:11 【時事|経済全般
    特別定額給付金で「ミス頻発」は「歳入庁」実現の好機 (20コメント)
  • 2020/05/14 08:00 【時事|金融
    米国の対中輸出管理強化と「コウモリ国家」の命運 (20コメント)
  • 2020/05/14 05:00 【韓国崩壊
    慰安婦問題は韓国を滅ぼす「ブーメラン」となり得る! (75コメント)
  • 2020/05/13 15:30 【マスメディア論|時事
    朝日新聞「コロナを日韓関係のリセットの契機に」 (46コメント)
  • 2020/05/13 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/13(水) (121コメント)
  • 2020/05/13 11:00 【マスメディア論|時事
    ひとりの医師の誠実な気持ちを踏みにじったテレビ朝日 (52コメント)
  • 2020/05/13 06:00 【時事|韓国崩壊
    韓国政府「日本は5月末までに輸出規制の答えを出せ」 (69コメント)
  • 2020/05/13 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    日本に相手にされない韓国、「EUと通貨スワップを」 (22コメント)
  • 2020/05/12 14:30 【読者投稿
    【読者投稿】パチンコ「三店方式」と不都合な真実 (34コメント)
  • 2020/05/12 10:30 【マスメディア論|時事
    ハッシュタグ事件は世論操作手段をネットに移しただけ (72コメント)
  • 2020/05/12 08:00 【時事|経済全般
    インドガス漏洩事故の続報の少なさと「信頼」のもろさ (34コメント)
  • 2020/05/12 05:00 【韓国崩壊
    納得の鈴置論考、安倍発言の真意は「韓国は反面教師」 (59コメント)
  • 2020/05/11 16:30 【時事|韓国崩壊
    慰安婦問題「内ゲバ」:日本は現時点で距離を置くべき (49コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。