某有名人からのご要望「140字にまとめてほしい」

昨日、『新宿会計士』のツイッターを眺めていた方々は、ちょっとした異変に気付かれたのではないかと思います。百田尚樹氏、上念司氏という「ビッグネーム」でそれぞれ取り上げられたからです。このうち、誠に残念なことに、百田氏からは批判されてしまい、それで数人の人々からは結構な罵倒を受けてしまいました(※べつに罵倒されること自体は大した問題ではないのですが…)。ただ、その一方でツイッターのフォロワーが激増し、上念氏からは『【読者投稿】「安心より安全を」理系研究者の緊急提言』を絶賛していただき、「科学が風評に負けないようにしよう」というエール交換もしたという意味では思わぬ効果も得られたので、結果的にこの騒動は痛しかゆし、といったところでしょうか。

ツイッターの使用

ツイッターの仕様の特徴と限界

以前から説明しているとおり、私自身は当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』に軸足を置いてウェブ評論活動を行っているのですが、ツイッターにアカウントを持っていて、記事の更新などをフォロワーの方々にお知らせするなどの目的で、補助的にツイッターを利用しています。

ツイッターは思ったことをすぐに発信することができるなど、インターネット上のツールとしてはなかなか便利なのですが、その一方で、大きな欠点が1つあります。それは、発信できる情報が140文字に限られていることです。

当然、情報を読んだ人としては、そのわずか140文字をもとにすべてを判断しなければならないわけであり(※)、思っていることを多くの人々にうまく伝えるためには、とにかく140文字以内におさめて短く発信するという能力が求められます。

(※なお、返信ボタンなどを使えば、連投することもできるのですが、多くの人々は忙しいので、連投についてはすべてのツイート内容を読んでもらえないと思った方が良いでしょう。)

保守派論客を批判する、しない理由

こうしたなか、昨日は『ウィルス騒動で久々に見た「韓国の壮大なブーメラン」』のなかで、一部の保守論客の間から、最近のコロナウィルス騒動を巡って「安倍政権はなぜすぐに中国人の入国者をすべて排除しなかったのか」、といった趣旨のツイートが発信されている、という話題を紹介しました。

一部の読者の方からは、「政権批判をするという意味では百田尚樹氏が舌鋒鋭いが、なぜ百田氏のツイートを紹介しないのか」、という疑問を呈していただいたのですが、なぜ昨日の時点で百田氏のツイートを紹介しなかったのについては、特段の理由はありません。

いや、強いて言えば、わざわざ当ウェブサイトで取り上げる「理由」がなかったからでしょう。

当ウェブサイトでは、ツイートを紹介する際には、何らかの理由、目的などがあります。

たとえば、ドナルド・J・トランプ米大統領のツイートについては、アメリカ合衆国大統領という立場にありながら、記者会見ではなくいきなりツイッターで米国の方針を直接、全世界に向けて発信するという面白さがあるので、「情報源」として引用することがあります。

河野太郎防衛相、世耕弘成前経産相らわが国の政治家のツイートについても、当ウェブサイトでは好んで引用しているつもりですが、理由はそれと同じです。

また、有本香氏や門田隆将氏のツイートを取り上げたのも、普段の彼らの情報発信内容と比べて議論が少し稚拙ではないかと思ったからであり、裏を返せば、有本氏や門田氏の発信する情報は傾聴に値すると考えているということでもあります。

しかし、百田氏については、正直、大人気インターネット報道番組『真相深入り!虎ノ門ニュース』のレギュラー・コメンテーターでもありますが、個人的にはあまり彼の出演界を視聴しようとは思っていません(※もっとも、このあたりは個人的な好みということもあるのだと思いますが…)。

したがって、百田氏のツイートについても、「何か安倍政権を批判しているなぁ…」という思いで眺めていたのです。

百田さん、そのツイートはいくらなんでも酷いです

ただ、昨日は事情が違いました。

百田氏の次のツイートを読んで、「ちょっとこれは酷いのではないか」と思ったのです。

専門家というわけのわからん奴らが、「まだそんなに危険ではない」と言ってるわけか。
で、政府もそれを聞いて、「ああ、そうですか、よかった」と。
マジで頭くらくらしてきたよ。
―――2020年2月16日 11:49付 ツイッターより

百田氏は日々、たくさんのツイートを発信されていて、中には傾聴に値するものもあるのですが、「わけのわからん奴ら」などの言葉遣いにより、専門家会議の決定をこっぴどく批判しているのを見て、失礼ながら百田氏は科学的な知見をもって批判しているようには思えなかったのです。

おりしも私自身、「ケロお」様というハンドルネームのコメント主様からの『【読者投稿】「安心より安全を」理系研究者の緊急提言』という秀逸な読者投稿を読んだ直後でもあったので、僭越ながら、次のようなツイートを発信しました。

百田先生。科学が風評に負けてはならないと言いますが、あなたがやっていることは、科学的知見に基づかずにぎゃーぎゃー政府を批判しているという意味で、「反原発活動家」らとまったく同じですよ。
―――2020年2月17日 10:59付 ツイッターより

プチバズ

新宿会計士、百田氏のファンからの批判にさらされる!

最近、有名人の方々には積極的に絡んだりしないのですが、百田氏に関わって少し後悔することになります。というのも、百田氏自身から、こんなご返信を頂いたからです。

出た!「科学ガー」

私も科学を信じます。
ただ、今のところ、信じるに足るデータや情報が出揃ってないのが実情。
過去のインフルのデータなんか参考程度にしかならない。
―――2020年2月17日 11:18付 ツイッターより

科学を「信じる」って…。

この百田氏のツイート以降、賛否両論が渦巻き、ちょっとした「バズ」状態になってしまったのです。百田氏自身というよりも、百田氏のファンの方々から、いっせいに攻撃を受け、ちょっと疲れてしまいました(笑)

ただ、ツイッター上では当ウェブサイトを見て頂いた方々のうち、「百田ファン」と思しき方々が、百田氏の言葉をもとに、「数字は過去のデータ」だの、「科学は信じるに値しない」だの攻撃してきたという事例もありました。

(ちなみに当ウェブサイトでは、「数字」については議論を補強するのに使っているのであって、「数字を絶対視」したり、「未来を予測する」のに使ったりした記憶はありませんが…)。

百田氏自身の「140字にまとめて」

しつこく反論して来られる方には、失礼も承知のうえで、ケロお様の『【読者投稿】「安心より安全を」理系研究者の緊急提言』などのリンクを示し、「もしよければこれを読んでから、それでも反論があったら教えてくれ」などと返したこともあります。

ちなみに、やや感情的な人もいるにせよ、さすが保守系論客だけあって、議論自体が通じる人も多く、当初は批判的だった人が、当ウェブサイトの論考を読むなどして、途中から考え方を変えて、「参考になった」などとおっしゃって下さる方もいらっしゃいました。

もっとも、罵詈雑言を交え、最後まで感情的にかなり厳しく攻撃して来た方もいて、正直、辟易しました。まるで『「安倍総理は独裁者」と主張する方とツイッターで対話してみた』などでも紹介した、日本共産党の支持者の方々のようですね(といっても10人弱くらいでしたが…)。

ところが、もっと驚いたのは、この百田氏のツイートです。

140字以内で要約して。
―――2020年2月17日 17:35付 ツイッターより

もちろん、当ウェブサイトに掲載した1万文字前後の記事を読めと一般の方に要求するのは失礼ですし、また、当ウェブサイトではグーグルなどの広告配信システムを使用し、収益化していますので、「アフィリエイト狙いではないか」との批判があることは重々承知しています。

しかし、仮にも百田氏のような大作家(※)であれば、たかだか1万文字くらいの(しかも非常に簡単に書かれている)文章すら読まずに、「140文字に要約せよ」とは、ちょっと驚いてしまいました。

(※そういえば百田氏のツイッターによれば、百田氏は2019年に63歳で小説家を引退されているようですが…。)

また、しばらく百田氏の返信に反応せずに、その他のツイッター・ユーザーとやりとりをしていたところ、百田氏は次のようなツイートも発信されました。

なんで、私が見ず知らずのあなたの長文を読まないとあかんの?
140字以内で要旨をまとめてくれと言ったよね。
140字以内で結論を書けないようだと無意味。
―――2020年2月17日 19:27付 ツイッターより

これに対して、私自身が返したコメントが、これです。

百田先生、直々のメッセージありがとうございます。ですが、いきなり「140字にまとめてくれ」とは正直驚きましたよ。逆に、この程度の文章が読めないで安倍政権の対応を批判なさっているのには、正直、失望しました。
―――2020年2月17日 19:43付 ツイッターより

たしかに当ウェブサイトは一般のウェブ評論サイト、ブログサイトなどと比べて、1つの記事あたりの文字数が多いのは否定しませんし、「こちらに書いてあるからこれを読め」というのも失礼千万な話だというのはそのとおりだと思います。

しかし、本当に「この程度の」文章すら読もうとせずに、安倍政権の対応を批判されていたということであり、何だか脱力してしまった次第です。

「プチバズ」の結果…

ただ、この「ツイッター騒動」、最後までしつこく批判してくるツイッター・ユーザーも複数人いたものの、もっと大きな結果が、フォロワー数の激増です。具体的には、2月16日時点で2125人だった『新宿会計士』(@shinjukuacc)のフォロワー数が、一気に30人ほど増えたのです。

この増え方は、かつて日本共産党に対する批判ツイートを発信したときなどと同じくらいの大きなものであり、また、新たにツイッターのフォロワーになって下さった方々の中には、当ウェブサイトの主張に対する賛同意見も散見されました。

それだけではありません。

私自身も尊敬する経済評論家の上念司氏が、こんなツイートを発信して下さったのです。

@shinjukuacc さんのこのブログは必読です。政府の対策についての論評、今できることのまとめが秀逸。ちょっと長いですけどぜひお読みください。
―――2020年2月17日 12:59付 ツイッターより

今回のコロナウィルス騒動において、上念氏はかなり早い時期から「科学的知見」に基づく情報発信の重要性を強調して来た方であり、当ウェブサイトにおいて読者投稿でりょうちん様やケロお様、イーシャ様などが執筆して来られた「客観的な事実関係」を元にした考察の重要さを共有できた気がしました。

これに対し私自身は次のようなツイートを発信しました。

すると、上念氏からは、このようなご返答を頂いたのです。

ありがとうございます。私も科学が風評に負けてはいけないし、「安全より安心」なんて暴論がまかり通ったら日本は終わると思っております。今後ともよろしくお願いいたします。
―――2020年2月17日 13:07付 ツイッターより

体力を消耗する

以上、私自身が巻き込まれた、昨日のツイッター騒動について簡単に振り返ってみました。

正直、インターネット空間にはどんなユーザーがいるかわからないので(※この点についてはウェブ評論サイト、ブログサイトなどを通じた情報発信と同じかもしれませんが…)、とくにツイッターという場で迂闊な情報発信をすると、思わぬバズ騒動で精神的に疲れてしまいます。

とくに百田尚樹氏はフォロワー数が50万人近いという、大変な影響力を持つ人物であり、そのような人物と批判的な応酬を行ってしまうと、こちらのような弱小ユーザー(笑)としては、クルーザー船に翻弄される小舟のようなものでしょう。

ちなみに今回の騒動では、百田氏が発したツイートはほんのわずかでしたが、「百田ファン」と思しき方々からさまざまな批判にさらされ、なかでも酷いものには個別に反論したものの、最後には「朝鮮会計士」などと罵ってくるユーザーもいました。

ただし、相手がどんなビッグネームだからといって、相手が発信したツイートがおかしいと思うのならば、それに対しては敢然と指摘するという態度も、言論空間では必要でしょう。私はこの点、「その人の立場」ではなく、「その人が発信している内容」で勝負する、という態度を変えるつもりはありません。

というよりも、百田氏のような「メガユーザー」であっても、こちらがちゃんとした議論の姿勢を示していれば、しつこく絡んでくるユーザーはせいぜい10人もいないくらいだ、ということがわかったのは、非常に大きな収穫だったと個人的には考えています。

いや、むしろ30人もフォロワーが増え、百田氏の「ホームグラウンド」であるはずのツイッターで100件前後の「いいね」をいただいたということ、上念氏から直接メッセージを頂いたことなどから考えれば、それなりに精神を消耗した価値はあった…のかもしれません。

ただ、昨日の騒動で改めて思いましたが、私自身、ウェブ言論活動はあくまでも当ウェブサイトを「主」にしつつ、ツイッターはあくまでも「副」に留めるように努めたいと思います。やはり、コロナウィルス騒動を140文字でまとめろという百田先生の要求には答えられそうにありません(笑)

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

なお、くどいですが、百田氏が今回のコロナウィルス騒動で安倍政権を批判するときに、専門家を「奴ら」などと罵り、科学的知見を軽視するかのような意見発信をしたことが、私自身が最初に百田氏を批判したポイントです。

したがって、他の問題に対する百田氏の見解についても、もし当ウェブサイトで取り上げる価値があれば、是々非々で取り上げるつもりです(※もっとも、「取り上げる価値があれば」、ですが…)。

(※なお、百田氏が『虎ノ門ニュース』に出演されると、えてして他の出演者の話を妨害するという姿勢が目に付くので、個人的には百田氏の出演回を視聴することはないのですが、これはあくまでも「個人的な意見」です。)

無事、ブロックされました

以上で本稿を締めるつもりだったのですが、いくつかリンクを確認していて、異変を確認しました。なんと、「新宿会計士」が百田尚樹氏からブロックされてしまったのです(笑)

図表 ブロック

時間的に考えて、おそらく昨日の深夜か今朝未明のことだと思うのですが、いずれにせよ本稿で引用したツイートについては、すでに私が確認することはできません。

できれば「科学的見地に基づいた防疫」などについて、百田先生と議論を交わしたかったのですが、本当に残念です。まさか、保守系の論客として知られる人物がなさっていることが、某左派メディアの論説委員の方とそっくりだというのにも、正直、ちょっと驚いてしまった次第です。

やはり、左派、右派を問わず、「議論を拒絶する人」は存在するものなのですね(笑)。

読者コメント一覧

  1. 名無し宿無しろくでなし より:

    百田さんは多分「言論の自由」に強いこだわりがあって、煽ってるわけではなく国民保護意識に欠けた政府の対応を歯がゆく思ってるんだと思います。しかも関西の方ですから「ボケ」じゃないですが、あえて「突っ込みどころ」を作って、それを叩き台に議論をするのが好みなんだと思います。「専門家が表立って警鐘を鳴らしてこなかったから(あるいは声が小さかったから)COVID-19が蔓延しつつあるのに中国人渡航禁止すら為されてないじゃないか!」と言いたいのだと思います。あえて汚い言葉を使う事で相手の反応を引き出して「落としどころ」を探ろうとしたんでしょうね。あと「言論の自由」に対するこだわりは幕藩体制崩壊時のゴタゴタや大東亜戦争の反省に基づくものだと思います。しかし新宿会計士さんはスペリシャリストとしての態度で、百田さんは「言論のボクサー」のような態度で臨まれたようにお見受けできますんで、どちらも間違ってはいないと思います。個人的には成立しなかった「異種格闘技戦」を見ているような感じです。失礼しました。

  2. ちかの より:

    新宿会計士様
    おはようございます。
    新宿会計士様、スゴいですね。地道な営業活動?お疲れさま、です。
    百田尚樹氏にもケロおさんの投稿、読んでみて欲しかったですね。
    上念氏は読んでくれたようで、良かったです。

  3. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    コトの経緯を途中からギャラリーとして拝見しておりました。百田氏はやはり、アクの強い物言いと、ギャーギャー言うのが一部シンパに受けるのか、何十万というフォローワーが居ますね。

    ハッキリ関西人として言っておきますが、アレが正しい関西弁(大阪、神戸、京都、その他と違いは有りますが)ではありません。

    ○○かどっか(○○県民さん御免なさい)の地方の、汚い喋りです。少なくとも大阪、神戸であの喋りは聞く事ありません。

    読んでいて疲れるリツイの、その同調者(親衛隊)の、会計士さんへの罵詈雑言。見てて気分悪くなります。「科学的知見に立ってない」「この程度の文章で知識があるというフリするな」「貴方は朝鮮会計士」、、、酷すぎる!

    それで各個人のプロフィール見ると、教育者や高等教育受けた人が多いんです。だから上から目線で、相手をやっつけるつもり満々。

    正直「140字でまとめてんか」という百田氏もですが、その信奉者は酷い。奴ら、顔も実名も分からないのをいい事に、誹謗中傷しています。

    百田氏の新刊を昨年購入しましたが、何となく違うな、読むの面倒だなと思い、まったくページ開かず、積ん読のままです(笑)。もう次のゴミの日に捨てようか(笑)。

    結局、今回の武漢ウイルスの件で、日本の保守と言われる人達の中でも、「日本政府の対応は可能な限り数値の裏付け取って、一応スピーディーにこなした」という安倍政権を評価する派。

    そして何やら騒ぎまくって「対応が遅い」「科学よりも安全を重視しろ。なぜ後手後手か。中国に遠慮し過ぎだ」と政府の責任・行動を責める派が居ます。

    残念ですが、コレが事実。ワーワー騒ぐだけの人は、立憲民主党議員ら野党と変わらない頭の構造です。

  4. 嵐 千里 より:

    会計士さま、楽しく読めせていただきました。

    ところで、絡みの手法に自身のサイトに誘導するものがあります。
    そして、ブロックされると勲章にする。
    多分、百田氏は会計士さまのリツイートをそう読まれた(誤解された)と思われます。
    だから、お望みとおりブロックしてやった、とね・・・

    そうそう、私の絡みに会計士さまがなさったようにです。
    会計士さんは良心的ですからブロックはなさっておりませんが(笑)。

    他人のふり見て我がふり直せ。

    どうか、私の絡みにもお応えくださいまし。
    それがなければ、この記事は自慢話と受け取ります。

  5. Hiroshi.N より:

    おはようございます。
    ツイッターにもリプライしましたが、お疲れさまでした。
    左側からの罵詈雑言・誹謗中傷に晒されているせいでしょうか、鎧が厚すぎます。
    上念さんとつき合えるのですから、それなりの知性は有るはずですが、ツイッターでの態度を見ると、失礼ながら下品で偏狭な部分は「右の辻元」の印象を受けました。

    1. 阿野煮鱒 より:

      すみません、前後の文脈からも読み取れないので、Hiroshi.N様がご評価する対象者はどちらなのかお教えください。「右の辻元」とは、百田先生ですか、新宿会計士様ですか?

      1. Hirosi.N より:

        阿野煮鱒様
        何しろボケかかっている老人なものですから、拙い文章で申し訳有りません。
        下品・偏狭な「右の辻元さん」は百田さんへの感想でした。

  6. G より:

    保守論客?たちの「今から中国全土からの入国阻止」をやるのには、高度な科学的裏付けが必要です。

    科学的裏付けが取れて中国政府も納得させれば、日本が強権使わなくても中国自ら出国禁止をしてくれるでしょう。彼らも肺炎の蔓延は望みません。

    科学的裏付けなく勝手に入国禁止をすれば、中国政府と日本との深刻な対立がおきます。アメリカは中国に貿易戦争を仕掛けましたが、これは勝てば貿易環境の改善、トランプ支持率改善による大統領参戦など戦果が期待できます。戦争の価値はあるのでしょう。ただ、日本がコロナで中国にコロナ戦争でたとえ勝っても何も戦果は得られません。コロナそのものはすでに2次感染3次感染で拡がっています。無駄な戦争です。

    科学にはとりあえず全容がわかってなくても対応の指針を出せる力があります。私はそれをしっかり信じたいです。震災後の放射能パニックの二の舞にならないためにも。

    1. ななしさん より:

      木曜ドラマ「科捜研の女」御期待ください。

  7. 隠れファン より:

    初投稿です。会計士さん、実に明朗。応援してます!

  8. 匿名MK より:

    新宿会計士さん、負けるな‼️
    我らが付いている❗

  9. 愛読者 より:

    >「わけのわからん奴ら」などの言葉遣いにより、専門家会議の決定をこっぴどく批判している
    その種の会議に参加してみると,そういう感想を理解できるかも。東大教授といえども…
    > 私も科学を信じます。
    科学は研究するものと思っていました。学術誌に掲載された論文に,いろいろ間違いがあることが多いというのは常識なので。どこか間違ってないか,自分の頭で考えないといけないんですよね。自分で仮説を立てて検証して。
    いろいろな書き物を読んだり話をしていると,比較的信用できる人とか,その人の教養レベルや信条がわかりますから,それを尊重しながら上手につきあっていきましょう。

    1. 茶筒 より:

      愛読者様

      >科学は研究するものと思っていました。

      研究するのは、化学のほうですね。

      私見ですが、科学の方は「論理の積み重ね」だと思っています。
      根拠となる事実や現象をもとに、自分の推論を加えて「こうなるのではないか」という予想を立て、その予想に対して、事実や現象がどのようになったかを確認して、結果について考察を行う。その積み重ねかと。

      事実は一つですが、そこから発生する推論は人によって異なるものとなりますし、あるいは事実と思っていた事自体が、実は事実ではなかった(誤った見方をしていた)と言うこともあるかと思います。

      そういった意味で、専門家の結論自体を盲進するというのも違うと思いますが、批判するのであれば、その結論に至ったプロセスを理解した上で、「この部分が事実と違うのではないか」あるいは「この事実に対して、このような考察をしているが、私はそうではなく別の考察を主張する」というような、立脚点をはっきりさせたうえで、批判が必要ではないかと思います。
       
      仮に「本当に、何を言っているのかよくわからない」にしても「自分にとって、どの点の説明が不足しているのか」という事を考えて発言しないと、コミュニケーションが成立しない、ただの悪口になってしまうように思います。

      1. さめ大臣 より:

        ■ 茶筒さま

        主題からそれますし、些末なことで申し訳ないのですが、
        何となくもやっとしたので。

        >> 科学は研究するものと思っていました。
        > 研究するのは、化学のほうですね。

        研究とはおおざっぱに、①仮説・モデルを立て、②実験(試験・データ収集)し、③結果を解釈(解析)し、④それを説明できる新しい理論を組み立てる、の繰り返しだと考えています。

        化学に限らず、科学(=サイエンス)と名の付く分野では何らかの形でこのプロセスを経ているわけで、その行為は研究そのものです。

        なので、茶筒さまが仰る、

        > 予想を立て、その予想に対して、事実や現象がどのようになったかを確認して、結果について考察を行う。その積み重ねかと。

        これはまさに研究、ではないでしょうか。

        批判云々については、同意いたします。
        思い込みによる決めつけては、科学の大敵ですね。
        (とくに相手の言うことを自分の頭を通して考えないのは・・・)

        ■ 愛読者さま

        > その種の会議に参加してみると,そういう感想を理解できるかも。

        わかる気がします。
        私自身は縁がありませんが、恩師が文部省の委員会に参加していたときにいろいろ聞きました。当人は保身をあまり考えない方のため、委員会の議論の方向性(文部省のご意向?)に意見をいったあげく、一年で呼ばれなくなったそうですが。少なくとも多様な意見を活発に交わす感じではなさそうです。

        >> 私も科学を信じます

        科学は、先人たちの膨大な研究成果の積み重ねの上に研究をさらに重ね、絶え間なくアップデート(進歩)していくものだと思っています。
        その結果、過去の研究結果が間違っていたことがわかったとしても、それはその時々の裏付けがあって出した結論であって、消して意味のないことではありません。その研究があったからこそ、新しいことがわかったケースも多いでしょう。

        技術の発達によってこれまで見えなかったものが見えるようになり、科学の常識は絶えず更新されるので、その「進歩」が歩みを止めることなくこれからも続いていく、ことを「信じたい」ですね。

  10. ボーンズ より:

    データとその内容について理解した上で科学的に考えた者と、そうでない者との議論であったと私は理解しております。
    (今回の感染症のように、n次感染を起こす確率や遅延要素があると判断を誤りやすくなる)
    私も微力ですが新宿会計士さんを応援しております。

  11. ななしさん より:

    確かに科学を宗教化してるってその個人の知的限界の告白だし、科学が科学である意味がない気がする。木曜ミステリー「科捜研の女」のセリフに違和感感じるのもその点です。(笑)

  12. 名無Uさん より:

    更新、ありがとうございます。

    う~む、百田尚樹氏も少しは落ち着いて欲しいものです。
    国を思うあまりパニックになっているように、自分には思えます。
    百田氏が落ち着かないと、国民も落ち着かないでしょう。反対にパニックを誘発することになると思います。
    こういう時ほど、冷静になっていただきたいところですね。

  13. クロワッサン より:

    更新ありがとうございます!

    うーん、新宿会計士さんの絡み方は相手から見て挑発的に感じるところが無きにしも非ずでしょうが、百田氏が「営業右翼」ではない事を祈る、って感想です。

  14. ななしさん より:

    ファクトが神学論争になっちゃうのがバカ民族の常ですよね…どこの民族とか言ってませんよ。(笑)

  15. リャンピ より:

    百田さん、わりと好きですが、対応が残念でしたね。

    新宿会計士さん、いろいろ腹に溜まるものがあると思いますが、
    負けないでください。
    毎日、勉強になるこのブログ、最高ですよ。
    うちの会社の仲間たちと、会計士さんの書かれた内容でよく議論しています。
    ほぼみんな、貴方のファンです。
    毎回、「そーだよなぁ」って納得している次第です。

    応援しております!

  16. ななし より:

    南北朝鮮は世界の敵、中国共産党は人類の敵。

  17. 水谷 より:

    こりゃ完全に放射脳と同じじゃんとしか思えない醜態ですわ。
    有本さんもそうだけど、そういう相手をあれだけ舌鋒鋭く批判してきたのは何だったの?
    そしてこういうただの醜態を持ち芸だのなんだので擁護する方は、そういう態度はむしろ擁護しようとしてる本人へのヘイトを稼ぐだけだと理解したほうが良いと思う。
    罵倒芸ってのは中身が正論であってこそですよ。
    国を思ってのことだからという方もいますが、それは目的が正しいなら手段は問わないという左翼の態度と何が違うのか。
    もうなんか本当に幻滅としか言いようがない。

  18. 38 より:

    「アバー!アイゴー!」そんな声が聞こえてきます、これからもっと素敵な世の中にしていきたいですね。

  19. 柴犬 より:

    新宿会計士様
    いつも勉強させていただいてます!!
    百田氏の今回の騒動、見ている私もちょっとげんなりしました。
    百田氏のとりまきのコメントもすごいのなんの、汗
    情報の裏取りをできる限り細やかにやる事こそ大事な事だと思います!
    百田氏の書籍も結構読みましたが、情報裏付けあるのか怪しいと段々思って来ましたね。
    自分含めて誰しも気づかない内に簡単にフェイクニュースの発信源になりうる事を考えさせられますね。

    コロナ騒動について、私も科学的な冷静な判断は極めて重要だと思います!
    ただ下記の2点については政府の対応がまずいのではないかと思い、どうしても心配になってしまう点です。
    (私自身も浅い情報に煽られてるだけかもしれませんが、、、泣!
    ですが皆さん気になってる部分だと思います。)
    これ以外の部分はうまく対応しているんじゃないかと思います。長文の書き散らしすみません!

    1、中国全域からの入国禁止にしていない。武漢以外の地域から続々と感染者が来てるのではないのか?
    常に情報隠蔽の中国当局の説明は全くあてにならないから、感染者が中国全域に広がってる可能性が大だと仮定すべきではないのか。
    新型コロナウイルスが中国で人工的に作られた可能性が高い痕跡が見つかったとレポートしてる科学者への新唐人テレビのインタビュー記事がありました。
    https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51700.html
    こういうのを見ると中国は途方もなく色々隠蔽していると確信してしまいます!泣
    他の主要国は中国全域からの入国禁止しているのに、我が国がしていないのは変な「政治的配慮」が働いてるのでは?
    などとどうしても勘ぐってしまいます。
    今後は各国が日本を渡航禁止区域に指定しそうな雰囲気ですよね、、
    それはやはり中国全域からの入国禁止していない事が原因な気がします。

    2、クルーズ船や帰国者の宿泊施設での感染者激増の件
    隔離はかなり難しいでしょうし、スタッフも懸命に劇務をこなされてるとは思いますが、
    狭い建物や乗り物に感染者を混ぜてしまうとすぐに感染している様子が見て取れる。
    個別の隔離をするべきではないか?(今となっては人数多すぎて無理なレベルでしょうが。。。)
    救助隊や医療スタッフやその他スタッフが防護服着ないでマスクと手袋のみの軽装で働いてる写真など見てて、
    「大丈夫なのかなぁ」と思っていたら、スタッフが感染したというニュースが次々入ってくる。
    軽装は安全を装ってるように見えて返って逆効果な気がします。
    大げさに防護服を着ることで国民の不安も増大するかもしれませんが、
    危機感を持って人混みに出なくなる効果もあると思います!GDPは減るかもですが、、

  20. 農民 より:

    この一件だけで百田氏の評価をゼロにするとまではしませんが、残念ですね。ご意見は伺いたかった。どちらかというと「軽い神輿」に向く方なのでしょうか?影響力については疑問は無いと思いますが。

    上念氏などの方々も自分のコメントを見てくださってたらうれしいなぁ(便乗)。むしろ批判ツッコミ添削を頂きたい。

    などと色々含めてこういう場を設けてくださってる新宿会計士さんには感謝ですね。

  21. Y より:

    百田さんに、「お、そうか!ほなちょっと読んでみよか」と思わせられなかった時点で新宿会計士様の負けでは?
    すみません、そう感じてしまいました。。

    1. あいあい より:

      わたしは会計士さんの文章が好きです。
      でもって、百田さんの文章もキライではありません。いや、むしろ、好きな方かな。

      でも、どちらも是々非々です。
      私とは違うヒトなんですから、共感することもあれば、共感しないこともあります。
      それはむしろ当然のことでしょう。

      会計士さんも同じお考えではないかと思いますし、会計士さんを尊敬するところでもあります。

      「。。。と思わせられなかった時点で新宿会計士様の負けでは?」
      すごくいいご意見じゃないですか。
      ステキです。

  22. 匿名 より:

    単にウイルスが怖いのかもしれません。百田さん。御自身の体調に不安があるのでは。
    体調に不安があると、安全より安心を優先したくなるかもです。
    劇症化しやすい持病持ちの方々、体力の衰えたご高齢の方々にとっては、肺炎を起こす感染症(免疫無し、ワクチン、対処薬無し)は相当怖いと思うのです。

  23. 韓国在住日本人 より:

     百田氏の著書はいくつか読ませていただきました。

     小生はエンジニアであり、科学的思考と言うかPDCAサイクルという感じで自らの理論構築や原因の解明等を行います。次のような感じです(当たり前すぎてすみません)。

    ①観察や事象の確認
    ②仮説の構築
    ③実験・検証
    ④考察を行い次の過程に移行

     問題はこれらを遂行するにあたり、最初から先入観を持てば、偏った結論が導かれます。

     昨今の百田氏の発言は 韓国=100%悪 と小生は感じます。最初から偏っている気がしてなりません。

     無論、小生も韓国=悪にはある程度同意しますが、100%悪なのかどうかは、実際に住んでみないとわかりません。

     実際に小生が住んでいると書くと、「裏切り者」「スパイ」等の罵詈雑言が浴びせられます。しかし、「虎穴に入らずんば虎子を得ず」で、結局 韓国=100%悪 と規定するなら、実際に住んでみないと分からない部分もあります。(ただ、小生の場合は結果的に虎穴に入ったわけで、入りたくて入った訳ではありません)。

     しかし、韓国=悪 となったのは理由があるわけですし、それを一部の資料や論考で決めつけるのは、エンジニアである小生にはあまり馴染めません。自らの体験や実践によって語られる部分も多いかと思います。

     小生は別に韓国を擁護するわけではありませんが、一部の保守サイトのように、全てを否定すものでもありません。自らの体験に基づき、そこに色々な知識を重ね合わせ、小生の韓国観を構築しています。

     小生は駐韓大使でも新聞記者でもありません。そのような方々とは多少違う観点があり、そこを議論し考える事に小生は面白さと感じます。

     最後に、頭ごなしに「参考程度にしかならない」「140字以内に纏めよ」とか、小生からすれば「何様?」と思います。

     纏まりのない文章になったことをお詫びいたします。

     駄文にて失礼します。 

  24. りょうちん より:

    ツィッターは欠陥だらけのシステムで、バカッター・馬鹿検出器などの蔑称が実に相応しい代物だと思っています。
    賢い人が使う分には、有効な使い道を見いだすこともできますが、残念ながら利用者のほとんどは賢くありません。
    長文の読めない機能的文盲の傾向のある人間にaffinityが高すぎます。むしろ賢い人は使おうとは思わないでしょう。
    私が個人的に特にヒドイと思うのは、RTシステムです。馬鹿のリアルタイムPCRシステムですw
    RTを発明した人がこんな懺悔をしています。

    https://www.buzzfeed.com/jp/alexkantrowitz/how-the-retweet-ruined-the-internet-1
    リツイート機能の生みの親、後悔を語る
    ネット上にカオスを生んだリツイート機能。デマや憎悪を拡散しないためにできることは何か。

    高須院長の半世紀前の知識でのウィルス関連廃ツイに感染症の専門家のセンセイがコメントし、アカウントを消して逃亡しました。
    いくら優秀な臨床医でもネットリテラシがあるとは限らないという例です。

    1. おさ より:

      P(🌀ぱー)C(チェーン)R(リアクション)法ですかw
      ワンコやにゃんこのお馬鹿なら楽しめるけど
      人間様だと笑いにくいですね

      世の中いろんな人がいるから···
      パナ波も科学だそうですし
      新撰組も保守ですから

      りょうちん様のなるほどねぇ~な次回作も期待してます
      よろしくお願いします!

  25. とある福岡市民 より:

    そもそも数百ページに及ぶ小説を発表して読者に読ませておいて、人の意見を聞く時は「140字以内で結論を書けないようだと無意味」ってものすごい矛盾ですね。
    百田氏には失望しました。結局、この人は人の意見を聞く気はない、自分に理解できないものは全て切って捨てる、自分の思う通りにならないと暴言をまき散らすようなだったのかと。それじゃあ思考が極左と同じです。
    この人はそう遠くない未来に「老害」と呼ばれ、冷静な情報や議論を求める人はもちろん、一般の人からは敬遠されるようになるでしょう。
    「永遠の0」「海賊とよばれた男」「カエルの楽園」はおもしろかったです。でももう読むのやめます。「140字以内で結論を書けないようだと無意味」なんだから無意味なんでしょ?
    作者自ら価値を否定するような本など読む価値はありませんし、それに付き合う時間が惜しいです。

    1. とある福岡市民 より:

      ちょっと訂正します。
      暴言をまき散らすようなだったのかと→暴言をまき散らすような人だったのかと

  26. バイクおやじ より:

    いやなんかあれだなぁー、アインシュタインの相対性理論をゲーテが猛批判した実話があるけど、まんま、そっくり。
    まさか、今時の日本で事例が発生するとは思わなかった。
    話は変わりますが、アメリカのインフル猛威は実は新型コロナ(Sars Cov2でしたっけ?)の可能性が出て来て右往左往してる様ですね。
    WHOが問題なんでしょうね。

  27. 製造業SE より:

    なんか少し目を離している間に凄い騒動に発展していたのですね(笑)
    百田氏の発言については、少し前あたりから「?」と思うところがいくつかあったのですが、建設的な議論の提案を拒否して自身の意見だけを一方的に通そうとする様は、ご自分が虎ノ門ニュースなどで批判している野党・オールドメディア・中韓と全く同じですね。結局は同じ穴の狢でしかなかったと。
    140字以内の議論しか受け付けない!というならメディアの露出等せずに、ツイッターだけに専念するのが賢明かと思います。

  28. ポプラン より:

    固陋な官僚組織を超えて一君万民論で天皇中心に効率の良い組織に変更することを目指してテロへ走る。
    「1930年代を通じて、日本は石油消費量の90%を輸入に依存しており、その80%はアメリカからだった。」
    という事実を無視して某旭日新聞社等の煽情的記事に煽られ開戦へ昭和10年代の日本は戦争を選択する。
    官僚組織の迂遠な審議会を否定して内閣の独断を要求する。
    医療資源のほとんどを中国に依存している日本が、入国拒否という形で中国と紛争を起こして、医療材料の輸入を停止され医療が崩壊する。今回は今の所非論理的保守が言論界を制覇していないので良かったのですが、今後はどうなるのでしょう。
    非論理保守のせいで「軍靴の音が聞こえる」by旭日新聞
    医療の中国依存下げないといけませんね。
    第2次大戦中,ドイツ軍のUボートに阻まれてインドからイギリスへの綿の輸出がストップしてしまい,傷口のドレッシングをする素材がなくなり,困ったイギリスが代用品としてシェットランド諸島の漁師の経験的治療として使われていたケルプを二枚に割く方法からアルギン酸繊維を作って海草から線維からガーゼの代用として使ったのがカルトスタットの始まりと聞いていましたが日本にも何か知恵がありますかね。

    1. りょうちん より:

      病院の当直の検食で、「骨のない魚(サバとかシャケ)」が出てきてビックリしたことがあります。
      どんなマジックなんだと思ったら、中国で人海戦術でピンセットで骨を抜いていたんだそうですw。
      https://www.dai-rei.co.jp/qa/honenasi/

      今は、人件費が高騰して、ベトナム当たりに主力の加工工場は移転したのかもしれませんが、中国と絶縁したら、病院食から魚が消えそうです。

      1. ポプラン より:

        りょうちん様
        今はタイで抜いていると聞いています。次はビルマですかね。
        病院食よお前もかですね。

    2. とある福岡市民 より:

      ポプラン様

      > 1930年代を通じて、日本は石油消費量の90%を輸入に依存しており、その80%はアメリカからだった。

       「マスクの8割が中国製」という、今の日本の医療もこれに近い状態です。今、中国では地方政府同士でマスクの略奪が起きたり、広州市と深圳市がマスクだけでなく人民の財産を党が好きなだけ徴発してよいとの法令が出たりなど、混乱が起きてるようです。
       こんな状態で日本にマスクを始めとする医療資材(安価な物、使い捨ての物が多いですが)の安定供給がなされるかどうかは医療現場においては死活問題です。供給が止まれば日本の医療機関で資材不足が起き、全国で物資の取り合いと価格高騰、医療従事者の集団感染が起き、医療現場は数週間で武漢の如く崩壊します。現時点でマスクの在庫が2週間を切ってる病院すらあるのです。
       中共は心底大嫌いな私ですが、今ここで中国と無用の摩擦を起こして医療資材の供給が滞る事態を招くのは愚策中の愚策、大東亜戦争直前の石油禁輸の二の舞になると考えます。
       一般市民は知らない人も多いでしょうが、医療現場が崩壊したら一般市民にも犠牲者が続出します。
       百田氏は出光佐三の事を調べた時に大東亜戦争直前の石油禁輸を知っているはずです。日本からスマトラ島に至るシーレーンを封じられて多くの石油タンカーが沈められ、石油供給が滞って帝国軍が戦えなくなった事も知ってるはずです。だから歴史小説家であるはずの人物が歴史から何も学ぼうとしない姿勢に怒りさえ覚えました。80年前の石油事情と今のマスク事情が似てるのはちょっと調べればすぐにわかる事です。
       愛国心を振りかざすのは結構ですが、この国には自国の現状を正確に知ろうとせず、感情と思い込みだけで暴走して国じゅうを焼け野原にされたという苦い歴史があります。そういう歴史から何も学ばないのは本当の愛国ではありません。
       
      > 医療の中国依存下げないといけませんね。

       その一方で、中国も日本に依存している物品があったはずです。新宿会計士様の過去記事にあったと思いますけど。
       日本と中国の間でサプライチェーンに組み込まれてる物が多くなってます。これはもし戦争になればお互いに不利益を被る事になります。改革開放以降の40年間で日中で緊張関係が少なかったのは、アメリカ軍の存在だけでなく、経済的な結び付きが強いために争うと損してしまうから、というのも一因にあるのではないでしょうか?いわば、お互いの物資依存が平和の担保、人質ならぬ物質になってると思うのです。

      > 日本にも何か知恵がありますかね

       多分、何かは見つかると思います。戦中戦後の物資不足でも日本人はいろんな工夫を凝らしながら代用品を作り、リサイクルをやってきましたから。ただ、日本が開発した代用品がその後の標準になったという例は残念ながらわかりません。
       逆の例はあります。寒天培地です。
       生物学の実験や研究で寒天培地は欠かせないのですが、戦前の寒天培地には日本産のテングサが圧倒的なシェアを占めてました。大東亜戦争中、日本はテングサを輸出禁止とします。そのため欧米は粉末寒天を製造して代用し、今ではこれが標準となりました。日本はテングサの市場を喪失してしまい、二度と戻る事はありませんでした。

      1. ポプラン より:

        とある福岡市民様
        ありがとうございます。
        60歳近くなってから、開業を辞めて透析病院へ転職して驚いたのは、透析関係の資材が中国や東アジア諸国のサプライチェーンに支えられていることでした。整形外科ではあまり意識していませんでした。
        勤務する法人も知人の経営する法人も中国の医科大学や病院と友好病院の関係を結びたがるのは安定的な資材の調達とも関係があるのでしょうか、ひらにはわかりません。
        他で書き込まれていた、北一輝。あの人の包容力というか、身を捨てた透明な存在感は西郷隆盛みたいで不思議ですね。亡くなった父が大正15年生まれで昭和維新の時代からの北一輝ファンでした。戦後は大学でデモをやり日教組に加入して反社会党系でありながら共産党とは一線を引く。中国は好きだけど、ソ連韓国北朝鮮は嫌いという人でした。100田氏は北一輝には及ばんでしょうね。彼が国家転覆罪に巻き込まれはしないで逃げ出すと思いますよ140字以内の理屈付けて。

        1. とある福岡市民 より:

          ポプラン様

          お父様がリアルの北一輝ファンだったのですね。直に体験されたお話しはとても勉強になります。ありがとうございました。北一輝は何だか不思議な人ですが、お父様も不思議な人のように思えます。
          北一輝は包容力の大きい人だったのですね。ならば百田氏は足元にも及びませんね。西田税か磯辺浅一を思いついた方が良かったかもしれません。

        2. ポプラン より:

          とある福岡市民様
          またまたありがとうございます。
          申し訳ありませんが、226で処刑された人達に失礼かと思ってしまいます。
          貧困の中から勉強して士官学校出た人や部下の貧困を目の当たりにして立ち上がった人たちをあまり悪く言いたくありません。一番悪いのは彼らを利用しようとしていながら、昭和天皇の怒りを知るや切り捨てた人(複数)だと思うのでこの辺にしませんか。

        3. とある福岡市民 より:

          ポプラン様

          そうですね。この辺で止めます。失礼いたしました。

  29. hiwochan より:

    百田氏の主張はひどいと思いましたし、会計士様の言い分は尤もだと最初は思いましたけど、冷静に考えてみると百田氏の主張の問題点を指摘するのは140字くらいでできそうだと思いました。
    百田氏の主張の問題点と、ではどう考えるべきかは別々に考えるべきだと思いました。後者はとても140字では無理ですけど、前者だけなら140字もあればなんとかなるでしょう。
    ただ、正直なところ、百田氏にはガッカリです。

  30. 内燃原理主義者 より:

    大前提として、百田氏は「小説家」です。フィクションの作品を創る人です。
    そしてフィクション作品を商業的に成功させるには、読者の感情に訴えかけるのが一番です。そしてそういった作品を創るには、作者自身にも高い感受性があった方が有利です。

    私も火曜の「虎8」はよく見ていたのですが、百田氏の発言にいい加減さや適当さを感じたことは一度や二度ではありません。(元々が構成作家なので「番組を面白くするために話を盛る」 という意識も強いのかもしれませんが)。

    つまり百田尚樹という人は、理屈よりも感情で物事を判断する人なのだと考えたほうが良さそうです。有本香氏が百田氏を冗談めかして「65歳の5歳児」と評していたのも、あながち冗談ではなかったのだなと、今は思います。

    ちなみに小説家に限らず、クリエイターという人種は狂気を孕んでいることも多いですよね。宮崎駿氏や富野喜由季氏にもそういうものを感じます。それも感性のなせる業なのではないでしょうか。だから彼らは人の心を掴む作品が創れるのだと。

    そんな人種と会計士さんが議論が噛み合わないのは、当然と言えば当然ですね。

    1. オブ より:

      私も同感です。百田さんはそもそも作家であり直感的で良くも悪くも自分の思っていることを率直に言う方で、事実や根拠を積み重ねて議論しながら自身の考えを調整する方ではないと思っています。そもそもウェブ主様の考え方、こちらのサイトの運営方針とは相容れない方、噛み合わないのも当然なのだと思います。私は百田さんのキャラは何となく憎めず、著作は面白いものもあり、話の内容も一理あるなとも思うこともありますが、すべて同感するわけでもないと思い是々非々で聞いています(誰でもそうですが)。今回の件は、専門外と言うことなのでしょうね。

  31. H より:

    140字では細かいことは伝えられへん

    百田氏の過去ツイートより

    https://mobile.twitter.com/hyakutanaoki/status/821329065659416576

  32. momopi より:

    新宿会計士さん、百田さん、上念さん、日ごろからチェックさせていただいています。
    まさかの絡みに、どうなることかとワクワク(?)して見ていました!
    水と油な感じ?

  33. はぐれ鳥 より:

    百田氏といえば、著作の「日本国紀」を読んだことがありますが、率直に言って大した本ではなかったですね。多分彼は、「何を」主張するかではなく、「如何に」主張するかに才能を発揮するアジテーターなんだと思います。ですから、そういう人と何が真実か、正しいかなんて議論をしてもあまり意味が無いと思います。こういうと、なんか、どっかの国の人たちとの議論を思い出してしまいますが。(笑)

  34. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

     保守かリベラルかは、所詮、相対的なもので、ある人を保守と見るか、
    それともリベラルと見るかは人によって異なります。また、人が違えば
    その人と考え方が100%、一致することはあり得ません。そのため、
    百田尚樹氏を保守派と考えるのではなく、百田尚樹氏の考え方と見るべ
    きとの(当たり前の)結論になるのではないでしょうか。
     
     蛇足ですが、ネットの発達は(百田尚樹や朝日新聞も含めて)有名人
    の考えでも、正しいこともあれば、間違っていることもあるということ
    を確認できるようになったのではないでしょうか。

     駄文にて失礼いたしました。

  35. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

     保守かリベラルかは、所詮、相対的なもので、ある人を保守と見るか、
    それともリベラルと見るかは人によって異なります。また、人が違えば
    その人と考え方が100%、一致することはあり得ません。そのため、
    百田尚樹氏を保守派と考えるのではなく、百田尚樹氏の考え方と見るべ
    きとの(当たり前の)結論になるのではないでしょうか。
     
     蛇足ですが、ネットの発達は(百田尚樹や朝日新聞も含めて)有名人
    の考えでも、正しいこともあれば、間違っていることもあるということ
    を確認できるようになったのではないでしょうか。(所詮、いくら有名
    人でも、人は明日、何が起きるか知ることができない生き物なのですか
    ら)

     駄文にて失礼いたしました。

    1. 引きこもり中年 より:

       二重投稿、失礼しました。

  36. 匿名 より:

    会計士さんなりに頑張ったと思いますが、結局人様の論考なんですよね。

    そこがひと押し足りなかったところかと思います。

  37. 農民 より:

    イデオロギーは主に左右で規定されていますが、本記事、コロナ騒動での一連の議論から、「感情派」「論理派」にも分けられるのかなと感じます。
    中国人の締め出しの是非で紛糾しがちですが、どうも左右や親中反中によるのではなく、所謂保守・右派の中での議論で意見が二分しています。

    また古くは頭でっかちの理論的(経済論など多くは後年になって否定されますが)理想主義者が左派の主張に思えましたが、現在の左派は感情的理想主義者が増えて議論ができない。
    逆に古い右派は感情的、懐古主義的であったが、現在では中韓の横暴を見たり現実を知ってから理屈で右派的になる人達が増えてますね。

    で、こちらのコメ欄でも自分は右派に当たると思っていますが、理論的左派とは議論になるのに、感情的右派とは議論にならない…ツイでの朝鮮会計士というのは象徴的ですね。本気で日本語が通じてない。

    理論派が優れて感情派が劣るという意図は全くありません。理論派は冷徹で反発されて結局世のためにできないことが多いし、感情派は受け入れられやすく大切な面も持っています。
    また例えば朝鮮文化が劣っているとは思いません。とだけ書くと百田氏信者からは朝鮮農民扱いでしょう(笑)
    ただ事実を重ねて見て、現代人の主要な価値観にはそぐわない文化が多いとは思いますが。違いであって絶対悪ではありません。ただ、現実に相当な迷惑を被っているので反発批難しますけど。(まぁ結果として大体悪扱い)

    それましたが、上記が的外れでなければ、会計士さんと百田氏は違うイデオロギーに属してるに等しいので致し方なしかなという。
    こちらでは百田氏見そこなったわー、が多いでしょうが、フォロワーでは百田よく言った!でしょうからね。

  38. 匿名 より:

    豚もおだてりゃ木に登ると言うが、先生先生言われているうちにだんだんその気になってくるものなんだろうか?
    歳を取る毎に意固地になり柔軟性が失われやがて老害と言われる輩の典型に見える。
    右も左も自分に都合のいい妄想に浸って現実を見ていない人は多い。否定されればすぐに敵認定して攻撃するだけでは全く議論、話し合いが出来ない。
    有意義な議論をするには今の日本人は余りに精神的に幼稚であると感じる。

  39. 新宿会計士 より:

    自己コメント。

    ツイッター、百田尚樹さんからはブロックされたが、上念司先生からはフォローしていただいた模様。

    というか、どうでも良い人にブロックされるのはべつに気にしないのですが、むしろ尊敬している人からフォローされてしまうのは、光栄を通り越して緊張します(笑)。

    引き続き緊張感を持って、「知的好奇心を刺激する記事」の配信に努めます。

    1. クロワッサン より:

      新宿会計士 様

      世間の耳目を集めた時の読者掲示板のトップが私の替え歌で何だか申し訳ないですf^_^;)

      あ、恨死病脳をテーマにした替え歌は原曲探し中なのですが、お気に入りの曲ってあるでしょうか?( ̄∇ ̄)

      1. とある福岡市民 より:

        クロワッサン様

        横から失礼します。
        恨死病脳って恨んで恨んで狂い死にするくらい恨むって事ですか?
        それなら中島みゆき「うらみ・ます」か、西野カナ「会いたくて会いたくて」ではいかがでしょう?

        1. クロワッサン より:

          とある福岡市民 さん

          そです、恨んで恨んで死んじゃうくらい恨んじゃう脳味噌になっちゃってる病って感じです。

          中島みゆき「うらみ・ます」はホラー過ぎな歌詞になりそう。

          西野カナ「会いたくて会いたくて」は難易度高いですが嵌れば大きそうです。

          ひらめきが降りて来るまでちょっと掛かりそう。

        2. クロワッサン より:

          とある福岡市民 さん

          こうなりました(*^_^)ノ

          *****

          別のタブで曲を聴きながらお楽しみ下さい(*・ω・)ノ

          うらみ・ます 〜恨死病脳のテーマ〜


          恨みます 恨みます
          日本優しくなんか ないもの
          恨みます 良い国だと
          言いたくなんて ないもの

          恨んでるのは 韓国だけ
          台湾 なんて 泣いてない
          生まれたての国くらい
          騙し易いものはないんだってね
          私 誰に騙されたの
          私の歴史は妄想だったの

          恨みます 恨みます
          日本の事 死ぬまで


          赤が来る 赤が来る
          休戦 ラインの 彼方から
          赤が来る 赤が来る
          自由な 平和 見えない

          ドアが陰で 笑っているわ
          投票されてただ嬉しかったと
          あんた誰の 大統領
          私のしたのはリスカだったの

          恨みます 恨みます
          日本の事 死ぬまで

          生まれたての 国くらい
          騙し易いものはないんだってね
          ドアが陰で 笑っているわ
          投票されてただ嬉しかったと

          恨みます 恨みます
          日本の事 死ぬまで
          恨みます 恨みます
          日本の事 死ぬまで

      2. カズ より:

        クロワッサンさま

        いつも楽しみにしてます。

        既出なのかもですが・・。

        T-BOLANの「離したくはない」改め「はなしたくはない」でリクエストさせてください。

        できれば、
        1番の締めは韓国視点で「離したくはない」
        2番の締めは日本視点で「話したくはない」

        って感じで、聴いでみたい気がしてます。
        m(_ _)m

        1. クロワッサン より:

          カズ さん

          T-BOLANの「はなしたくはない」ですね、分かりました。

          メモしたので曲を聴きつつ作詞してみます(*^_^)

        2. だんな より:

          クロワッサンさま
          140字以内で、お願いしますね。

        3. クロワッサン より:

          だんな さん

          140文字以内 www

        4. クロワッサン より:

          カズ さん
          だんな さん

          ちなみに、「Get Along Together」も別テーマで結構いけそうな感じがするんですよね。

          直ぐ出来上がる訳ではないですが、閃きが降りてきたら替え歌行こうと思います。

        5. H より:

          さすが、だんな様

          140字先に取られたニダ

        6. クロワッサン より:

          カズ さん

          こんな感じになりました(*^_^)ノ

          *****

          別のタブで曲を聴きながらお楽しみ下さい(*・ω・)ノ

          離したくはない 改め はなしたくはない


          今「助けさせてやる」と言いたくて Oh たまらないよ
          言えない時の苛立ち晴らしたくて 問い掛けてた
          GSOMIAの破棄ならば今直ぐに Oh 言いに行くよ
          遠ざかる二国の距離詰めたくて リスカした

          働く事無く 強請り集りで生きて行く
          日常 抱き締めていたい

          今後も 謝罪と 賠償
          貰い続けられる
          永世 被害者
          離したくはない


          約する程にこぼれるため息が Oh また一つ
          いつも嘘吐くばかりの彼奴らに もううんざりサ

          溢れる想いを 何度も投げ掛けてみても
          全てが 変わらないなんて

          今後も 謝罪と 賠償
          貰おうなんてもう
          レイシズム レイシズム
          話したくはない

          溢れる想いを 何度も投げ掛けてみても
          全てが 変わらないなんて

          今後も 謝罪と 賠償
          貰おうなんてもう
          レイシズム レイシズム
          話したくはない

          今後も 謝罪と 賠償
          貰おうなんてもう
          レイシズム レイシズム
          話したくはない

        7. カズ より:

          クロワッサン さま

          リクエストに応えていただきありがとうございました。

          噴飯ものの出来栄えですね。ごはん時でなくて良かったです(笑

          推敲中のGet Along Together の方も気になっています。

          贈りたいものは、愛なのか?I(私)なのか?哀なのか?・・それとも???

          *****

          *雑談記事の方に返信させていただいてたのですが、クローズされてたみたいですのでこちらに再掲させていただきました。

          「はなしたくない」にこれだけの意味を込めながら「はしたなくない」内容にまとめられたのは流石だと思いました。

          替え歌もけっこう難しいんですよね。

          元歌とのギャップを楽しむものなのでしょうから、語呂合わせしながらも一線を越えない内容に留めないと笑えなくなっってしまいます。

          タイトルだけだと「あの素晴らしい哀をもう一度」とか長渕剛の「good-by青春」改め「good-by青瓦台」とか思い浮かばなくもないのですが、元歌の内容があまりにもハマりすぎていると却って替え歌妙味が損なわれてハードルが高くなってしまったりしてしまうんですよね・・。

          *次回作も楽しみにしてます。

        8. クロワッサン より:

          >「はなしたくない」にこれだけの意味を込めながら「はしたなくない」内容にまとめられたのは流石だと思いました。

          思いの外高評価頂けて良かったです(*^o^*)

        9. クロワッサン より:

          カズ さん
          だんな さん

          こんな感じで仕上がりました(*^_^)

          *****

          別のタブで曲を聴きながらお楽しみ下さい(*・ω・)ノ

          Get Along Together 〜K-version〜


          想えば ただ傷付け 泣かせた 時代だったね
          そんな時代で あるからこそ 今でも反省 し続けてる 
          李朝の 奴隷階級 白丁 開放して
          汚物まみれの 暮らしからの 開放なんて拷問だった

          もう二度と正さない 君の暮らし 僕は君とずっと距離を置く
          違う時間の中 違う道を歩き 丁寧 な無視をして


          今、君がしている 事はヘイトなんだけど
          そのヘイトを していないと 君は生きて いけないんだし
          反日 無罪だらけ 真人間 生きていけない
          だってこれ迄 いつも君は ヘイトが正義だから

          ヘイトの雨の中傘もさせずに 僕が人権侵害受けた頃
          これからはずっと 違う道 歩き続けたいから・・・

          もう二度と話さない 君は乞食 僕は君とずっと距離を置く
          これからもずっと 違う道 歩き続けたいから・・・
          歩き続けたいから・・・

          Forever…we can’t get along together

      3. 伊江太 より:

        クロワッサン様

        変なレスを付けたら,どんだご負担を掛けてしまったみたいですね.申し訳ありません.
        しかし,すぐに多数のコメントが付くあたり,皆さんの期待大であることが分かりますね.

        ところで,ハンシヤ ノー〽 ハンシヤ ノー〽 とつぶやいてたら,
        ありの~ ままの~ という,あのメロディーが出てきちゃいました.
        松たか子さんはお好きですか?

        1. クロワッサン より:

          伊江太 さん

          いえいえ、ありがとうございます。

          「Let It Go」は知りませんでしたが、松たか子さんは好きで、前に替え歌をひとつ作ってます。

          〜〜〜

          別のタブで曲を聴きながらお楽しみ下さい(*・ω・)ノ

          明日、春が来たら 改め 明日、破棄決めたら

          火病る文を見てた 輸出管理 規制だ
          GSOMIA破棄した 頭のネジ飛んで
          青瓦台の階段 駆け上がり見えた
          国の終わりと共に 夢の中で脳内勝利

          そして米国要人相手に 破棄を告げたあの日
          嗚呼火病 あれは多分 亡国の前の日
          明日、破棄決めたら 文に言ってあげよう
          GSOMIA切れて国が 終わる事分かってる?

          長い冷戦の終わり 火病る文のシルエット
          頭イカれて狂ってた ロウソクの灯火(ともしび)
          傍に居た日米 何故か距離を取って
          傍に居ればもっと 集りまくれた筈なのに

          火病る文を眺め 渡された文の交渉ボール
          嗚呼火病 言えなかった 「付き合い切れないよ」
          明日、破棄決めたら 文に言ってあげよう
          GSOMIA切れて国は 中国の冊封国

          そして米国要人相手に 破棄を告げたあの日
          嗚呼火病 あれは多分 亡国の前の日
          明日、破棄決めたら 文に言ってあげよう
          GSOMIA切れて国が 終わる事分かってる?

          明日、破棄決めたら 文に言ってあげよう
          GSOMIA切れて国は 中国の冊封国

        2. クロワッサン より:

          新宿会計士様の好きなラブソングでも教えて貰えれば、それを「魔改造」するのですが(チラッ)

        3. クロワッサン より:

          伊江太 さん

          三部作、仕上がりました(*^_^)ノ
          宜しければ口遊んでお楽しみ下さいです(*^o^*)

  40. つくし より:

    毎日ブログ拝見させて頂いており、感謝いたします。
    今回の件は、会計士さんが百田さんにツイートしたのを見て、あちゃ〜やっちゃったぞい。嫌な予感しまくりでした。笑
    案の定その後の展開は…

    虎8はアーカイブ交えて毎日見ています。百田のオヤジは本能と感性を前面に出し、理性的な部分は敢えて見せない様に振る舞っていると感じています。
    ちなみに好きなコメンテーターは上念さんと藤井さんかな、他の方も良いと思います。どうでもいいか。笑

    Twitterは絡む人間違うとひで〜めにあいますので。経験済み。

    今後とも知的好奇心をくすぐって下さい。
    雑文、失礼。

  41. 禹 範坤 より:

    科学云々は、この流れだったのですねw
    個人的な観点から言うと、高須先生の防疫第一主義も理解できるし
    そこまでビビる事ないよって話も判らない訳ではない
    ですが、現行法の行える範囲内で最大限の警戒をするのは、間違いではないと考えます
    現行法で防疫出来ないなら、法改正と行きたいのですが、野党がアレですしねぇ
    感染源が大挙して押し寄せる事を想定した、法整備が望まれますとか言うと
    人権侵害言われるかな?

    もう一つ
    福島の風評被害と中共疫一緒にする人が居るけど、放射能は歩いて私の傍に来ませんし
    他の人の体内に感染し増殖伝染する事もない
    科学的ではないと思う

  42. 奇跡の弾丸 より:

    ・私は、同じような主張をしている高須克弥先生の意見は受け入れられるんですよね。
    (今回の件は、今のところ当サイトや上念さんの意見が最も説得力があり何より「知的好奇心を刺激する記事」ではありますが)

    ・もっとも私は、武田邦彦先生の考え方が好きです。
    (前提条件で??ていうのも多々ありますけどねw)

    ・韓国在住日本人の意見に賛成です。

    ・また聞きではありますが、上海に帰っている中国人(飲み屋のねーちゃん)談では上海はいたって通常だそうです。

    何のまとまりまない・・・(*´з`)以後発言を控えます

    1. 奇跡の弾丸 より:

      あ!私もちろん入国禁止派ではないですよ^^;

      多様な意見が大切だと考えるだけです。
      (/o\)言いたいこと書くの苦手

  43. 伊江太 より:

    >出た!「科学ガー」
    >ただ、今のところ、信じるに足るデータや情報が出揃ってないのが実情。
    >過去のインフルのデータなんか参考程度にしかならない。

    百田さんのコメントは,上の文章に関する限り間違いではないですよ,少なくともこの恐ろしく多様な諸々の社会的ファクターが絡み合った問題を,「科学的に」白黒付けられるなんて考えるのは,科学に対する盲信でしょう.

    多くの方々がご存じなほど有名な問題で,「科学的」議論でおおよそ片が付いたものと言えば,最近の例では「STAP細胞」あたりが挙がられるでしょう.週刊誌やテレビのワイドショーが騒いだ,O氏の経歴や人間性がどうだの,対人関係がどうなどといったはなしじゃないですよ.Nature誌に掲載された論文の問題点の指摘から始まって,実験条件と結果の検証,全くのでっち上げでなかったとしてああいう結果が観察されたとしたら他の解釈があり得るかなど,STAP現象という明確に定義される極めて限定されていて紛れる余地のない事案についての「科学的」論争が,それをやれるだけの実力のある人達の間でかなりの期間行われたのです.相当著名な利害関係の無い研究者でSTAPを支持した人も初めのうちは居たんですよ.それで,今はこの分野の研究者でSTAP現象に手を出そうとする人はもう居ないと思います.新型コロナウイルスへの対応で,どう対処するのが正しいのか,というかよりましなのかを,そういうレベルで論じられると考えるのがそもそもナンセンスだというのは,初めから分かった話です.

    りょうちんさんにしても,ケロおさんにしても,無論上で言ってるような意味での「科学的」議論を展開されたおつもりはないでしょう.卑見では,あれは関連分野で長年仕事をされる中で養われた観察眼というか,嗅覚というか,それがどういうまだ明確になっていない現状ないし直近の未来を指し示しているかということを,述べられた過ぎないと言ってもいいでしょう(敢えて言うならばですが).そして,これはわたしが勝手に推察することですが,お二人とも,好き嫌いはひとまず置いて,中国というファクター抜きで日本がやっていけることなどあり得ないという認識も共有されておられるんではないでしょうか.百田さんのツイッターなど見たこともない身として,こんなことを言うのもなんですが,氏がこの機会に中国なんて邪悪な存在を日本から切り離してしまえなんて底意をお持ちなら,新宿会計士さんのサイトがお気に召さないのは当然かも知れません.

    あちらからブロックされた以上,新宿会計士VS.百田尚樹のバトルはもう無いのかも知れませんが,対立の本質が科学対反科学という具合に捉えて対応しようとするなら,思わず足元を掬われることなきにしもあらずと危惧します.最後の方,屋上屋を重ねる推論で,全然科学的でない点はお詫びします.

  44. G より:

    これがTwitterはじめSNSによる情報過多の弊害なんだと思います。
    本来情報を集めてじっくり考えて自分の意見を公表すべきなのに、もうそんなことしていては時代に取り残されるし誰も注目してくれない。だからどんどん感性で打ち返していくしかない、誰を信じて誰を疑って誰を、どこの国を攻撃してって決めておいて全ての事項に脊髄反射する。時間がないんです。なぜか強迫観念に囚われてるんです。

    それを象徴するのが「140字にまとめて」

    案外ですけど、怒らず140字以内にまとめてあげたら支持して貰えたかもしれません。そもそもの論調は近いかれにとっては「仲間」なはずですから。まあ、考えない人と仲間になってもあまり嬉しくないでしょうが。

    で、面白かったのが反論する取り巻きたち誰も本文を読んでないこと。読んだら新宿会計士さまが何も意見表明してないのに気付くはずなのに「論破」しようとする。論じてない相手を論破しようとするってなんなの?と思っちゃいました。

  45. クロべー より:

    今夕、百田氏のツィートに返信したところ、本人からのリプライに加え、驚いたことに信奉者からのメッセが何件かきました。なにせ初めてのことで考えも纏まらず、ろくな返信も出来ませんでしたが、非常に礼を失した言葉に驚きました。
    カスは消えろだの、恥をさらすなだとか、、ビックリです。

    本当にツィッターは不毛ですね。疲れます!!

    1. 名無Uさん より:

      クロベー様へ

      はぁ~~~…
      深刻な内容ですね…
      メディア側の本音を述べておきましょう。
      メディアとしては、メディアの主張に与そうとしない『いわゆる保守側』の主張は、多くの些細な違いを広げて、バラバラに分裂させておきたいのでしょう。
      保守的な主張を、けして一致団結させないように持っていく。
      保守的な主張なんて、あるところからの司令に一様に従うわけではないのですから、最初から千差万別であることは当たり前なのです。
      その考え方の違いを大きく広げて、大きな溝と対立関係を作るように持っていく。保守的な主張が、けして団結できないように保ち、革命的・リベラル的な主張が優位を保つように持っていく。
      そのためには、百田氏が落ち目であると睨んだコメントマンが、(これは百田氏の元からのアンチであったコメントマンのことです)が、クロベー様(及び新宿会計士様など)が百田氏に怨みを持つように罵声を浴びせかけるコメントを連発するわけです。
      ここは、朝鮮式の離間計(イガンヂル)ですよ。
      (新宿会計士様も、ここのところはよくよく気をつけて欲しいところです。ブロックごときで、変に動じることがないようにお願いしたいところです)

      百田尚樹氏のツイッターにおける昨今の主張は、『このままでは日本は滅ぶ。終わりだ、終わり!』と、さも日本を呪うかのようなものに変わって来ておりました。
      自分も、さも日本を呪うかのような悪魔の戦略を立てることがありますから、百田氏の主張も理解できないわけではありません。
      ですが、最後まで希望を捨てない、という従来の心得とは反対のものでありました。
      百田氏の小説も『日本国記』も熟読した上で述べますが、百田氏の論旨は最後には大きな希望を残しておくことに特徴があります。
      百田氏が何故にここまで変わって来たかの理由は、わかりません。ただ、昨今の百田氏に余裕がなくなって来ていることだけは伝わって来ます。

      1. とある福岡市民 より:

        名無しUさん様

         歴史ネタですみませんが、名無しUさん様の百田氏の評価を見てぱっと思い出した人物がいます。
         北一輝です。
         この人も大日本帝国の社会の矛盾や理不尽さに怒りと嘆きを抱き、国家改造を主張しました。それが帝国陸軍の皇道派青年将校に影響を与え、ニ・二六事件を招きました。
         ただ、当時の日本社会は北一輝や青年将校が呪う程に酷い社会だったのか、は謎ですね。そして私は今の日本の将来もさほどは悲観してません。

        1. 名無Uさん より:

          とある福岡市民様へ

          返信、ありがとうございます。
          とある福岡市民様が、自分を『危険人物』であるとみなして、追っかけをしているような印象は受けていました。(笑)
          北一輝ですか~(笑)
          北一輝は社会主義と日蓮宗のドッキングですね…
          自分は、社会主義などこれっぽっちも指向しているつもりはありませんが、創価学会など日蓮系の教学には目を通しております。
          その知見がはしばしに出ることもあるでしょう。

          これだけは言っておきましょう。
          自分は『革命』というものが大嫌いなのです。
          たとえば、新宿会計士様は『罪務省』を『国民の敵』として滅ぼそうとまで責めていますが、これは間違えば革命を引き起こしかねないと、警戒しているような具合です。(笑)

        2. とある福岡市民 より:

          名無しUさん 様

          > 自分を『危険人物』であるとみなして、追っかけをしているような印象は受けていました。(笑)

          ご冗談を(笑)
          単に歴史ネタが好きなだけの一般市民です。この前はロシアの話と即身仏の話を書いてたくらいですし。医学ネタは実は疲れます(笑)

          > 自分は『革命』というものが大嫌いなのです。

           革命家に取っては、国家が何よりも大切なのでしょう。今のままでは国が滅ぶ、自分の命をかけてでも国を救いたい、変えたい、と寝ても覚めても思う程に。その志は立派であり、敬服します。

           でも、例えば私のような庶民には「今日の晩ご飯は何にしよう」「今度の休みは本でも読みながら一日中ごろごろしたいな」という俗な思いや、「今日はやな事ばっかり。早く帰って寝たいな」「仕事だるーい」というグチが真っ先に浮かんじゃうのです。そういうタイプの人の願いは「現状維持」、「未来は今よりちょっと良くなってくれたらいいな」なのです。どうしたって革命とは相性が悪いですね。

  46. 匿名 より:

    Twitterにおいて熱しやすい人への対応は、
    丁寧な無視で宜しいのではないでしょうか。

  47. きゃん より:

    ご執筆ありがとうございます。
    私事で恐縮です。政治経済をはじめ、国史や国体について真面目に考えるようになったのが2017年前後、その契機となったのが、正に本ブログとの出会いでありました。時を同じくしてyoutubeという媒体を通じて虎ノ門ニュースから発信される情報に触れる事で、従来の歴史観を見直す契機となりました。会計士様、百田先生、ご両名ともフォローさせていただいており正直複雑な思いでおりますが、「科学的知見に基づく正確な情報発信」に加えて、「客観的事実から情報を取捨選択すること」を重視して参ります。引き続きのご執筆楽しみにしております。

  48. 匿名 より:

    少しでも長文は不可能、過去の投稿は古くなるほどひどく見づらくまともに読みこむのは不可能
    ツイッターはそもそも運営者が利用時に頭を使わないことを推奨しているといえます

  49. ケロお より:

    お手数かけて申し訳ないです。

    まあ、当事者(?)みたいなものですし、一言。

    140字にまとめろ?
    「別に読みたくないなら読まなくてもいいですよ」
    シロウトがちょちょっと書いた文章。作家先生様に読んでいただかなくても、なんにも困りません。

    わたしはツイッターやってないけど、ブロックしたほうが負けっていうか、逃げたような感じがするのは気のせい?

    1. H より:

      ケロお様

      気のせいではないと思います
      ただの卑怯ものでしょう

      今後も様々な投稿、楽しみにしています

  50. パーヨクのエ作員 より:

    管理人様

    色々災難だった様ですね(笑)
    ご苦労様でした。

    当方は理系でも文系でもなく愚系ですので百田先生のご要望には当方なら以下の狂歌を返すと思います(笑)

    ケロお様の記事を読んで狂歌二首。

    網の目の
    水路を一本
    遮れど

    濁れる水は
    我に来るなり

    遮った
    水路の向こう
    怒鳴り声

    国益利なし
    私利に益無し

    1. パーヨクのエ作員 より:

      ↑の大意

      世の中は網の目のように張り巡らした水路その様に繋がっている。中国から日本への一つの水路の流れを停めても他の水路から濁った水が自分に流れ込んで来るのだ。

      水路を遮った向こうで相手が怒っている。
      国益にもならないし、自分の利益にもならない。
      (ああ無駄な事をしたものだ)

      こんな意味ですよ(笑)

      1. H より:

        パーヨクの工作員様

        140字内です
        ブロックされない(笑)はず

        1. パーヨクのエ作員 より:

          H様

          当方の駄文にコメントを賜りありがとうございました。

          当方のコメントも今回のプチバズも平安貴族から見れば

          相手に想いを三十一文字で伝えなければいけない自分たちより140文字も使える「ついったー」なるものは凄く便利(笑)

          と思うのではないでしょうか(笑)

          以上です。駄文失礼しました。

  51. ケロお より:

    「科学」は信じちゃあいかんでしょう。
    まず、疑わないと。そして、考える。
    最後は、自分の頭で判断する。

    1. じゃん より:

      >「科学」は信じちゃあいかんでしょう。
      ほんこれ。
      「信じる」という行為は思考停止そのもの。
      信じるに足りる根拠を求め続ける姿勢が科学なわけで。
      それには終わりが無いちゅうことも判っているわけでして。
      社会に於いてモノやヒトを動かすには、何等かの判断をし、決断しなきゃならない。
      でも結局、科学的信じるに足りぬ中途半端な根拠で判断し決断しなきゃならない。
      これが現実だって。
      でも、その時点では最善を選択したい。
      だからこそ、だからこその「科学的思考」なのに。

      ところで、この項現時点でコメント83件とあるのに、2件しか表示されてませんが…..
      他の記事では正常なようです。

      1. 匿名 より:

        じゃん様

        上のケロお様の投稿の上に

        <<古いコメント

        というリンクがありますので、そこを踏めば
        非表示となっている前のコメントに飛びますよ。

  52. 韓国駐在って難しい より:

    一連の騒ぎを見ていて、彼の方は日本人はパニックになりやすいの典型例なのかなと少し感じました。

    因みに、私は、現在韓国駐在中で、やや客観的に日本の報道を見ているのですが、日本政府の初動対応は韓国に比べても悪いなという印象はあります。ここらの不満が彼の方のように冷静な分析よりも感情が上回り、パニック的に「わーっ」となるのかもしれません。

    韓国でも本格的にヤバいという雰囲気になったのは、旧正月くらいからだったように私は感じているのですが、そこからの対応は早く、旧正月明けには明洞周辺では7~8割の人がマスクをし、明洞にはコロナ用の緊急テントが張られ、毎年おこわなれる市庁前のアイススケート場のような公共のイベントは前倒しで終了になりました。(日本ではつい先日、青梅マラソンが~とかやってましたね。。。遅すぎです。)
    他にも午前中にコロナ患者が見つかった百貨店は、その日の午後から緊急閉鎖され、大学病院では、住所、氏名、国籍を書かなければ病院内に入れないというほど厳重な体制が敷かれました。
    また、外国人が多く泊まるホテルや多くの人が出入りするビルでは、ロビーにサーモグラフィが置かれ、今でも検査が行われています。
    日本のテレビを見ると、水際作戦、水際が~と散々言われていましたが、私から見ると日本の水際は一重(入国時の自己申告)なのに対し、韓国では、効果のほどは別にして上述の通り、二重、三重に敷かれており、雰囲気としては安心できます。そのおかげなのか、韓国内に不安はあるものの日本ほど「わーっ」とはなっていません。
    ここら辺は、SARSやMERSの戦訓が生かされているのかと感じました。日本も今回の経験を次に生かすようにしてほしいです。
    尚、最近韓国でも感染源がわからない感染者がぽつぽつ出始めており、今後どうなるか予断を許さない状況なのは日本と同じです。
    頑張って、乗り越えましょう。

    1. 韓国在住日本人 より:

       韓国駐在って難しい 様

       お仲間発見です。

       お互い頑張りましょう。

       駄文にて失礼します。

  53. searcher より:

    新宿会計士様

    お見事❗️

  54. りちゃ より:

    百田氏の『「まだそんなに危険ではない」というのは間違い』
    的な意見は、推測、憶測ですよね。

    具体的にどういうデータを百田さんが入手していて、
    それはどういう理由で信じるに足りないのか全く分からない。

    百田氏は言葉は並べているが、その思考過程は全く闇の中

  55. 匿名 より:

    スカッとしました。これからも頑張ってください。

  56. 匿名 より:

    まぁ百田氏は敵も多いので、特に左翼的な手合いから
    「自分の意見に文句をつけたかったらこの本(左翼学者が書いた辞書みたいな分厚い本)を読め」
    とかいうのも多いでしょうから、ああいう態度が基本になるのも致し方ないかなとは思います。
    好ましいこととは思いませんが。

  57. コアラのデスマーチ より:

    最近思うのが、一昔まえにあったようなスルースキルでやり過ごすのは時には悪手で、根気よく論と根拠をもった主張をしていかないと、議論の出発点が動かされる、声の大きいものの既成事実化されるリスクの大きさですね。いわゆるプロパガンダというものへの巻き込まれ。プロパガンダ戦、平壌もとい平常運転の中韓や、何がしたいのか意味不明な国内左翼染まりのメディアだけでなく、ネットで相当数、色々見かけるようになった。
    自分にとっては当ブログのような、こうした立証と考察をおこなう御仁をたくさんお見かけできるようになったのは大きいと思う。同時に不当な口撃に主張しきるのには時間や労力が必要ですが、新宿さんはよく対応されたと思う。

  58. 愚塵 より:

    百田さん、そのツイートはいくらなんでも酷いです
    .
    https://shinjukuacc.com/20200218-01/#i-4
    .
    を読んで、百田尚樹氏に悪印象を持ったのですが、

    同氏の4月16日付けツイッター
    .
    https://monqu.web.fc2.com/hyakta.html#hyakta0416
    .
    を読んで共感しました。

    1月に政府が同氏の意見に耳を傾けていたら、この悲惨な状況にならなかったのでは…と残念に思う次第です。

    如何でしょうか?

    1. 匿名 より:

      なお、過去のすべてのコメントを読む場合は、『過去コメント一覧』のページをご参照ください。
      https://shinjukuacc.com/comments/
      は「リンク切れ」ですか?

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。