当ウェブサイトでは昨年から「読者投稿」窓口を常設化しており、韓国在住日本人様による「在韓日本人が見た」シリーズを筆頭に、さまざまな立場の方による興味深い記事のご投稿を頂いて来ました。こうしたなか、とくに読者の皆さまの反応が良かったのが、現役のお医者さんから頂いた、『【読者投稿】新型肺炎、日本は「いつもどおり」で良い』という投稿です。こうしたなか、コロナウィルス騒動については収束の気配がなかなか見えないなか、厚かましくも「そろそろ『第二弾』をいただきたい」と思っていたのですが、ちょうど良いタイミングで昨日、寄稿をいただきました。ハッキリ申し上げて、この論考、有益です。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

読者投稿について

金融評論家にウィルスそのものの評論はできません

最近報じられるウィルスは、カッコ付きで何やら難しい名前がたくさんついていますし、「ウィルス性肺炎」などといわれてしまうと、素人発想からすればそれだけで思わず恐ろしくなってしまう人も多いでしょう。

実際、当ウェブサイトでも、コロナウィルス騒動の初期に、「とにかく中国出身者を全員水際でシャットアウトして入国を拒否すべきだ」、といったコメントを書き込んだ読者様が多かったと思いますし、なかには「感染が疑われる人間は片っ端から強制検査すべきだ」、といった主張もありました。

しかし、当ウェブサイトでは一貫して申し上げていますが、日本は自由貿易の原則を採用する法治国家であり、法律に規定がないことをやることはできませんし、また、外為法や入管法でヒト、モノの流れを制限することは可能ですが、基本的にこれらの制限は、それなりの根拠がなければ発動できません。

コロナウィルス蔓延で見えた、日本の入管法制の問題点』でも報告しましたが、安倍政権が中国・武漢を含む湖北省発行のパスポートを保有する中国人などの入国を拒否する方針を打ち出したこと自体、法的にはややグレーです。

もっとも、そもそも論として湖北省や近隣の重慶などで事実上の都市封鎖などが進むなか、今回の日本政府の入国拒絶措置に実質的な意味があるのかどうかは不明ですが…。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

さて、コロナウィルス騒動で、ひとつ、本当に困ったことがあります。それは、当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』を運営している私自身は、本質的に金融評論家であり、医学評論家ではない、という事実です。

このため、コロナウィルスの蔓延によりヒトの流れをシャットアウトする際の法的根拠、それをやることによる経済・金融面に与える定量的な影響の分析などについては自分自身の専門分野なのですが、コロナウィルス自体がどういう性質のものなのか、正直よくわかっていません。

というよりも、少し前までウィルスとバイキンの違いもよくわかっていなくて、「酵母菌を牛乳に混ぜればヨーグルトが出来上がる」というのは何となく知っていたのですが、知り合いから「ウィルスを牛乳に混ぜてもヨーグルトは出来上がらないよ」と言われて、それで初めて両者の違いを認識したほどの医学オンチです。

医師の立場から

こうした著者の欠陥を補って余りあるのが、専門知識豊かな読者陣です。

お知らせ:読者投稿を常設化します』でもお知らせしたとおり、当ウェブサイトでは昨年以来、「読者の皆さまからの記事投稿窓口」を常設化しており、その投稿要領、過去の読者投稿については、それぞれ次のページにまとめております。

必ずご確認ください(2019/12/16日版)
過去の読者投稿

そして、この読者投稿窓口を常設化するきっかけを作って下さった人物のひとりが、「りょうちん」というペンネームのコメント主様(本職はお医者さん)であり、先週は『【読者投稿】新型肺炎、日本は「いつもどおり」で良い』というご投稿を頂きました。

【読者投稿】新型肺炎、日本は「いつもどおり」で良い

個人的な感想を申し上げるならば、世の中のさまざまなニューズサイト、ウェブ評論サイトに掲載されたものを差し置いて、この論考が最も「すんなり腑に落ちた説明」だったと思います。

りょうちん様は、以前より当ウェブサイトのさまざまな記事にコメントをしていただいているのですが、これらのコメントはじつに理性的で科学的、合理的であり、コメントを読むだけで「科学的思考態度」の大切さを理解することができるのです。

そして、嬉しいことに、昨日は「コロナウィルス・第二弾」のご投稿をいただきました。

といっても、原稿をそのまま転載するのではなく、一部、当ウェブサイトの体裁にあわせている箇所があるほか、表現方法を個人的な好みに修正している部分や、勝手に前後の表現を加除修正している部分もあります。よって、意味が通じない箇所があるとしたら、それはりょうちん様の責任ではありません。

(※これ以降がりょうちん様からの投稿です。なお、当ウェブサイト転載にあたって私自身が勝手に修正した部分が間違っているようでしたら、どうかご指摘を賜ると幸いです。)

コロナウィルス・第二弾

いろいろ新情報が出そろってきたので、第二弾を企画しました。本稿は、

  • 戦況確認
  • 医学的考察
  • 今後の対策・医療者の裏話
  • 社会的パニック

でお送りしましょうと思います。

(※新宿会計士注:下記の小見出しには、オリジナルの原稿にないものを勝手に追加している部分があります)

戦況確認:海外での死亡例はほぼゼロ

今回のウィルス蔓延を巡っては、いろいろと統計のサイトがありますが、図表を多用していて、一般の方にも直感的にわかりやすいのが、次のウェブサイトでしょう。

Geographical distribution of 2019-nCov cases globally

Since 31 December 2019 and as of 5 February 2020, 24 530 laboratory-confirmed cases of novel coronavirus (2019-nCoV) infection have been reported and 493 deaths.<<…続きを読む>>
―――European Centre for Disease Prevention and Controlより

この統計を確認してまっさきに気付くのは、先日のフィリピンでの死亡例を除けば、海外での死亡例がほぼゼロである、という点です。

では、その「海外の死亡例」であるフィリピンの事例がどうなっているのか、その医学的情報を調べたところ、残念ながら現時点で公的機関の発表は見当たりませんでしたので、ここでは『まにら新聞』(英語版)に掲載された次の記事を紹介したいと思います。

Chinese man dies of coronavirus in Philippines, first death outside China

He said the Chinese man, who arrived from Wuhan, China through Hong Kong last January 21, was tested positive for the novel coronavirus. He died on Saturday after developing severe pneumonia due to viral and bacterial infections.
―――2020.2.3付 まにら新聞ウェブ英語版より

少なくともこの記事を読む限り、今回の事例ではウィルス感染単独ではなく、細菌感染との合併で重症肺炎になったようですが、この報道が事実だとすれば、これは通常の「ウィルス性呼吸疾患」のパターンです。この場合、どの細菌感染と合併したのかも重要なファクターですが、詳細は不明です。

この点、中国だけが他国と100桁違う死亡率を計上しているのですが、死因分析の情報がまったく聞こえてきません。意図的に隠蔽しているのでしょうか、それとも単に中国の医療レベルが低くてまともな分析ができていないだけなのでしょうか。

いずれにせよ、中国以外の世界の医学者は、ホンネでは「本物の重症患者をよこせ!」と思っているのではないでしょうか(※現時点では中国は重症患者の出国を禁止しています)。

医学的考察

さて、ウィルス性呼吸器疾患というのは、カッコ書きで難しく書いていますが、その正体は、なんのことはありません。

風邪」です。

「風邪をこじらせて肺炎」というパターンも、よく物語などで耳にしますが、逆にいえば、こじらせないと肺炎にはならない、という意味です。臨床的には、肺炎には、「院内肺炎」と、市民生活の中で感染する「市中肺炎」という大きな分類がありますが、市中肺炎の自然史をマメに研究した論文を紹介します。

成人市中肺炎におけるウィルス感染の関与―単一施設での前向き検討―

―――一般社団法人日本呼吸器学会HP『日呼吸会誌 49(1),2011.』より(※PDFファイル)

「ウイルス性肺炎の現状と治療戦略」

―――2017年2月1日付 ラジオNIKKEI『感染症TODAY』より(※PDFファイル)

これらの文献でわかるように、コロナウィルスは市中肺炎ウィルス「四天王」のなかでも最弱、という位置付けです(もともとコロナウィルスが最弱という位置付けだったからからこそ、コロナウィルス族のSARSやMERSが話題になったという一面があるともいえます)。

そして、今回の「2019-nCoV」がSARSやMERSに並ぶような脅威である、という証拠は、中国でしか見つかっていません(もちろん、だからといって現時点で「2019-nCoVはSARS、MERSに並ぶ脅威ではない」と決めつけることはできませんが…)。

それなのに、今回のコロナウィルスを巡っては、なぜか大騒ぎする人が多いです。

「コロナウィルスは一本鎖RNAウィルスだ」、「変異・抗原変化しやすい」、「ワクチンが作れなかったり、有効な抗体がちゃんと作れず、反復感染する」、といったものから、極端なアジテイターに至っては「強病毒性に変異する」などと煽っているほどです。

しかし、それらの特徴はその辺にいる既存のコロナウィルスでも同じなのですよ。

なぜ今だけ騒ぐんですか?注目を浴びて嬉しがりたいんですか?

今後の対策

いま、どこの国でも必死で「水際対策」を行っています。

防疫に携わる医療行政関係者は、決して言えない本音を持っています。

コロナウィルスの蔓延を完封するなんてチョッ無理でしょ

と(笑)。

それでも「水際対策」に血道を上げる理由は、感染被疑者の数を最小化するためです。現状、コロナウィルスを検出するには時間や費用や特殊な試薬が必要なPCR法しかありません。風邪症状を訴える患者が千単位・万単位で、医療機関に飽和攻撃した場合、まったくのお手上げです。

インフルエンザは長年の研究開発により、外来で短時間に結果の出る簡易検査キット、ウィルスの増殖過程を阻害する治療薬などが充実し戦えるようになりました。しかしコロナウィルスは陽性が出たとしても、ぶっちゃけ「栄養を取って暖かくして寝てください」以外に、特に有効な治療法はないのです。

「コロナウィルス+細菌感染」による肺炎になった場合も、人工呼吸器やECMOに繋ぐほかは、基本的には細菌に対する治療しかできません。

したがって、

コロナウィルスの侵入を防げるような心理的マジノ線やバトルオブブリテンのような鉄壁の対応を『演出』し、国民の厭戦感情を抑制しながら時間を稼ぎ、症例数が少ない内にがっちり情報を集めて蔓延後の体制構築までの冬戦争のごとく遅滞戦闘をする

というのが合理的な行動で、日本の行政の動きはこのとおりになっています。

マスクが払底してしまいましたが…

前稿で「日本はいつもどおりで良い」と書きましたが、その「いつもどおり」が不可能になってしまいました。まさかこんなに早く、市場からマスクが払底するとは思いもよらなかったからです。

もともと日本は「マスク大国」で、外国人が観光で冬から春に来日すると、日本人のマスク着用率に驚く、というのが様式美でした(そういえば、花粉症もマスク率の高さに寄与していましたね)。

この点、「ふだんマスクしていなかった人もするようになった」からといって、まさか売り場から消えるほどのことはないだろうと甘く見ておりましたが、「▼中国人の爆買い、▼50倍の値上げ、▼メルカリでのテンバイヤー」などのネットニュースを山ほど見かけるなど、「パニック」手前の狂想曲の様相を呈して来たほどです。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

さて、感染者がウィルス入りの飛沫を拡散する予防うえで、マスクが有効であることは議論を待ちません。

しかし、逆に、「非感染者がマスクをすることで感染を予防することができる」という効果を証明した論文は存在しません。あったとしても、医療者がN95マスクと不繊布のサージカルマスクを使用した場合の比較を行った研究だけで、しかも、統計的有意差は存在しなかったというオチも付きました。

というよりも、もちろんインフルエンザ患者に濃厚接触する医療者がマスクなしで対応すれば感染するのは自明ですので、「医療者がマスクの有無で感染を防ぐ効果に差があったかどうか」、などとする研究は、明らかに人道に反していて、倫理的に行えません。

実際、WHO(ケッと思った人もいるでしょう)もインフルエンザ対策に一般人の予防マスクは推奨に入れていません(もっとも、WHOが信用できなくてもCDCは信用してやってくださいw)。

インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?(2019年12月10日(火)19時45分付 ニューズウィーク日本版より)

よって、無症状の人が感染予防のためにするのは、普通の場所でマスクをするよりも、むしろ手洗いの励行が王道でしょう(※もっとも、「風邪かな」と症状を自覚する人がマスクするのは公益上の意味があるといえるかもしれませんが…)。

というか、寒空の中、マスクを求めて店を探し回り、風邪を引いては本末転倒です。

社会的パニック

さて、「社会的パニック」といえる状態にあるのは、現状では中国本土のみです。

そして、この「社会的パニック」は、次の要素で成り立っています。

  • 医療機関に「感染疑い」の患者が殺到していること
  • 武漢の市民の市外への外出禁止
  • 人民解放軍の動員

これに加えて中国独特の要素として、中国人が政府発表など誰も信じていないという特性もありますが、これなどはデマが蔓延しやすい背景でもあります。

当初、武漢市は新型肺炎疑いの患者の受診施設を制限しました。まずこれが悪手だったと言えるでしょう。

そもそも頼みの病院に行って、「診察まで10時間」、「具合の悪い患者も廊下で寝させられている」、「医療者は過労で倒れる」といった光景を見れば、そりゃパニックになりますよ。そのうちどれだけが本当の感染者だったのかは知るよしもありませんが…。

もちろん、2009年豚フルの時も似たようなことを日本の厚生労働省が行おうとしましたから、中国だけが愚かだとは言いません。

しかも、「人民解放軍が動員された」との情報から、「俺たちをスターリングラードのように攻囲して見殺しにするつもりなんだ」と怯えるのも無理はありません(実際のところ、中国お得意の突貫工事で収容施設の建築にかり出し、軍医を派遣したという穏当なものだったようですが…)。

あと、とあるコメントで、「日本は生物兵器に『極端に』弱い」と主張する方がおりました。

正確に引用すると

今回、人民解放軍が学んだ事は、『発病前に感染力を有するウィルスで攻撃すれば、日本は極めて脆弱だ。』という事でしょう。

でしたが、「発病前に感染力を有するウィルス」の下りは本質的ではないので「生物兵器」に丸めさせていたきます。

確かに人口密度が高く、交通機関が発達している日本という先進国は伝播という点では不利な要素を持っています。しかし、人口密度が高く、交通機関が発達している先進国・中進国はたくさんあるので、ことさら日本が弱いと言うことはありません。

(※ちなみにこのコメント主様に「極めて」の意味を問いただしてみたのですが、これについてはまったく合理的な説明がなされず、失望しました。)

最大の利点は日本人の性格

さて、日本が生物兵器に脆弱であるという仮定に対して考察してみるといくつかの反論する余地があります。それは、「国民皆保険制度により医療のフリーアクセスがあり、極めて早期に病気を発見できる」、「早期予防策を打つことができる」、という利点です。

医療行政も正直言って「うぜえ」くらいに充実しており、それこそ「箸の上げ下ろし」にまで文句を付ける勢いのマイクロマネジメントが染みついています。感染症サーベイランスも熱心です。

医療も充実していますが、医学も世界のトップレベルであり、各都道府県でPCRによる検査が迅速にできるなんて国は日本を含めたG7くらいじゃないでしょうか。

後ろめたい過去ですが、化学兵器使用の実戦は山ほどあるのですが、歴史上、実戦で細菌戦を行ったのは確実視されているのは旧日本軍のみで(米軍もやったのかもしれませんが隠蔽されています)、自衛隊ができた直後から、NBC部隊をこっそり再建しています。

現在でもその系譜は受け継がれ、先進国中でもNBC対策の軍備は整っていると言えます。

また、世界で最初に化学兵器テロ(1995年の地下鉄サリン事件)を経験したことで、警察・消防系にも自衛隊の指導の下、NBC対策部隊が整備されるなど行政も学んでいるのです。

そして最大の利点は日本人の性格です。

私は2011年3月11日の東日本大震災における被災地区に居住しており、当時は基幹病院勤めでしたが、あんな激甚災害で社会インフラが毀損した状態でも、人々は助け合いました。コンビニや給水に日本人が並ぶ光景の写真が、世界中の人に驚きを持って受け止められました。

私自身、「性善説」については、日本人という集団に限っては信じて良いと思っています(もっとも、そう思わない人もいるでしょうし、おそらくそんな人を説得しようとしても無駄なんだろうとも諦念を持っていますが…)。

しかし、集団して秩序を保ち、国家や機関の発表を信じやすい国民性はもし生物兵器による攻撃を受けても「極めて」脆弱な姿をさらすことはないと考えます(というような建設的な議論にしたかったのになあ…)。

最期に陰謀論

流行している陰謀論は、今回のウィルスが生物兵器説というものですが、その騒動については、次のサイトによくまとめられています。

【注意】「新型コロナウイルスにHIVタンパク質が挿入」というインド論文の信憑性

―――2020-02-02付 『事実を整える』より

インド論文著者が撤回表明「新型コロナウイルスにHIVタンパク質が挿入」はフェイク・デマ

―――2020-02-02付 『事実を整える』より

同サイトの解説によれば、この生物兵器説は、査読(※)前の論文を集めたサイトのうち1本の論文を、英語圏と日本の非常に評判の悪いデマサイトが拡散させた、というのが筋です。そのおかげで、もとの論文の執筆者は論文を撤回してしまいました。

(※「査読」とは:有識者が学術論文誌に掲載するに堪える水準かどうかを審査すること。)

ちなみに、この短期間で査読前の2019-nCoVに関する論文は300以上投稿されているそうですが、自戒を込めて申し上げるならば、自分で妥当性を判断する能力に自信がなければ読むだけ無駄です。

また、武漢の研究所にコロナウィルスをコウモリに感染させる研究をしていた研究者がいますが、これは感染性に関する研究だったので、生物兵器としての特性がまったく欠けていることも説明が可能です。

また、「感染させたコウモリを逃がしてしまって、野生のコウモリの間にこの人造ウィルスが蔓延して、海鮮市場の食堂で感染して」…という絵図も描けますが、元の研究者の作っていたウィルスとの類似性が証明できなければ、真実はわかりません。

以上、「まだあわてるような時間じゃない」でお送りしました。<了>

(広告・スポンサーリンク)



読後感

…。

いかがでしたか?

不肖ながら『感染症TODAY』なる番組があるというのは初めて知りましたが、世の中まだまだ知らないことだらけ、ということですね(ちなみに本文中、太字に変えてある部分は、オリジナルの投稿にはない部分であり、私が勝手にやりました。不都合があれば修正しますのでお申し付けください)。

前稿の『【読者投稿】新型肺炎、日本は「いつもどおり」で良い』から1週間近くが経過しましたが、りょうちん様が「まさかマスクが市場から払底するとは思わなかった」と書かれているのは、「いつもどおり」じゃないパニック的な対応をとった人が多かっただけの話でしょう。

それよりも、「感染者がマスクをするのは有意義だが、非感染者がマスクをして感染を予防することができるという研究結果はない」という指摘については、まさに目からウロコですね。冷静で科学的な議論こそが重要であり、いたずらにパニックを煽るような言説は百害あって一利なし、です。

いずれにせよ、今回の論考につきましては、注意喚起も兼ねて、しばらくの間、当ウェブサイトの冒頭の目立つところに掲載しておきたいと思います。

りょうちん様、本当にありがとうございました。

参考リンク:【読者投稿】新型肺炎、日本は「いつもどおり」で良い(2020/01/31 10:30付 当ウェブサイトより)

【読者投稿】新型肺炎、日本は「いつもどおり」で良い

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2020/02/17 06:00 【時事|国内政治
    「独裁者アベの悪行の数々を絶対に許すな!」(笑) (3コメント)
  • 2020/02/17 05:00 【時事|経済全般
    ウィルス騒動で久々に見た「韓国の壮大なブーメラン」 (6コメント)
  • 2020/02/16 21:55 【読者投稿
    【読者投稿】理系研究者の提言「安心より安全を!」 (75コメント)
  • 2020/02/16 10:00 【時事|韓国崩壊
    自民党・山田宏参議院議員が「日韓断交」に言及? (21コメント)
  • 2020/02/16 05:00 【韓国崩壊
    コロナウィルス騒動を利用した韓国による東京五輪潰し (79コメント)
  • 2020/02/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/02/15(土) (94コメント)
  • 2020/02/15 05:00 【外交
    北朝鮮の物価はいったんは安定か?それが意味するもの (12コメント)
  • 2020/02/14 15:50 【時事|外交
    ジャーナリスト・篠原常一郎氏の金正恩「危篤」説 (46コメント)
  • 2020/02/14 11:40 【時事|国内政治
    時事通信「安倍首相答弁、目立つ嫌みと挑発」 (19コメント)
  • 2020/02/14 06:00 【時事|金融
    日本3大奇祭「義務的贈答品」祭りがやってきた! (49コメント)
  • 2020/02/14 05:00 【金融
    韓国ネームのサムライ債残高「3000億円割れ」も? (16コメント)
  • 2020/02/13 15:15 【時事|国内政治
    野党はコロナより桜が大事 いまこそ国民の信を問え (48コメント)
  • 2020/02/13 11:00 【時事|韓国崩壊
    日韓GSOMIA、「破棄するする詐欺」の副作用 (22コメント)
  • 2020/02/13 06:00 【時事|経済全般
    コロナウィルス騒動で訪日客3000万人割れも視野に (23コメント)
  • 2020/02/13 05:00 【韓国崩壊
    GSOMIA、いつでも破棄してええんやで! (28コメント)
  • 2020/02/12 12:30 【時事|韓国崩壊
    自称元徴用工問題巡る換金処分、どうなった? (18コメント)
  • 2020/02/12 11:35 【時事|経済全般
    さかなクンさんを巡る重要な話題 一層のご活躍を! (14コメント)
  • 2020/02/12 10:45 【時事|韓国崩壊
    中央日報「青瓦台で日韓GSOMIA破棄論が再浮上」 (29コメント)
  • 2020/02/12 05:00 【韓国崩壊|金融
    「日本の対韓輸出規制で貿易黒字急減」説の大ウソ (19コメント)
  • 2020/02/11 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/02/11(火) (127コメント)
  • 2020/02/11 11:30 【時事|外交
    総理、いっそ習近平さんと靖国神社に共同参拝しては? (30コメント)
  • 2020/02/11 05:00 【経済全般
    コロナウィルス騒動が産業に与える影響をどう見るか (35コメント)
  • 2020/02/10 12:00 【読者投稿
    【読者投稿】理系研究者の新型コロナウイルス考察 (123コメント)
  • 2020/02/10 08:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    「日韓スワップ500億ドル」の本当の意味とは? (8コメント)
  • 2020/02/10 05:00 【韓国崩壊|金融
    経済は、ほんの些細なきっかけで突然死することもある (8コメント)
  • 2020/02/09 10:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    弱小通貨同士の通貨スワップの「融通手形」説 (13コメント)
  • 2020/02/09 05:00 【マスメディア論
    テレビの三重苦:視聴者、広告主、クリエイター離れ (29コメント)
  • 2020/02/08 13:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見た、「韓国の美味いもの」 (26コメント)
  • 2020/02/08 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/02/08(土) (143コメント)
  • 2020/02/08 10:00 【日韓スワップ|金融
    雇用統計が堅調なのに、なぜか中韓通貨が下落 (5コメント)
  • 2020/02/08 05:00 【時事|経済全般
    コロナウィルス蔓延の結果、インフル患者が激減した! (83コメント)
  • 2020/02/07 14:25 【日韓スワップ|韓国崩壊
    豪韓通貨スワップ増額更新、だが米ドル換算したら…? (17コメント)
  • 2020/02/07 12:00 【韓国崩壊
    日韓関係「3点セット」巡る韓国外相の絶望的な発言 (41コメント)
  • 2020/02/07 06:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    韓国企業が永久債のコールをスキップしたらどうなる? (10コメント)
  • 2020/02/07 05:00 【マスメディア論
    そもそも視聴率って信頼できるんでしたっけ? (15コメント)
  • 2020/02/06 12:00 【時事|外交
    北朝鮮経済の苦境は一時要因なのか、それとも…? (15コメント)
  • 2020/02/06 08:00 【マスメディア論|時事|韓国崩壊
    「安倍政権の強硬策で韓国の日本離れ」説への違和感 (21コメント)
  • 2020/02/06 06:00 【時事|国内政治
    「会費集めただけで収入」が簿記会計の基本?まさか! (11コメント)
  • 2020/02/06 05:00 【時事|読者投稿|経済全般
    【読者投稿】コロナウィルス、まだ慌てる時間じゃない (105コメント)
  • 2020/02/05 14:45 【外交|金融
    テレビで爆破されそうになったふなっしーさんの現状 (12コメント)
  • 2020/02/05 12:00 【時事|経済全般
    コロナウィルス問題の日本経済の影響をどう見るべきか (28コメント)
  • 2020/02/05 06:00 【時事|外交
    北朝鮮で物価が上昇し始めたことの意味をどう考えるか (16コメント)
  • 2020/02/05 05:00 【韓国崩壊
    鈴置氏、新型肺炎と南北朝鮮「連鎖倒産」リスクに言及 (18コメント)
  • 2020/02/04 16:15 【時事|経済全般
    ブラック企業の経営者がやっていることは、泥棒と同じ (18コメント)
  • 2020/02/04 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/02/04(火) (155コメント)
  • 2020/02/04 11:30 【時事|韓国崩壊
    好意を権利と勘違いする韓国に、日本はどう接すべきか (24コメント)
  • 2020/02/04 06:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    危機伝播 韓国・マレーシアのスワップはむしろ有害? (8コメント)
  • 2020/02/04 05:00 【金融
    通貨スワップはロシアに対する「武器」となり得る (8コメント)
  • 2020/02/03 14:00 【時事|韓国崩壊
    「ホモ・ソンタクス」?譲歩しない日本に韓国が逆ギレ (82コメント)
  • 2020/02/03 12:15 【日韓スワップ|韓国崩壊
    コロナウィルス発の韓国通貨危機説が排除できない理由 (14コメント)
  • 2020/02/03 10:30 【時事|経済全般
    コロナウィルス蔓延で見えた、日本の入管法制の問題点 (33コメント)
  • 2020/02/03 05:00 【数字で読む日本経済
    貿易赤字?現在の日本は「鵜飼いの鵜匠」のようなもの (10コメント)
  • 2020/02/02 10:00 【時事|韓国崩壊
    WTO提訴 韓国は「特別な関係」→「単なる隣国」へ (34コメント)
  • 2020/02/02 05:00 【時事|国内政治
    新型ウィルスは桜問題から目を背けさせる安倍の陰謀? (70コメント)
  • 2020/02/02 02:02 【時事|金融
    【速報】ビアンカ・フローラ問題の続報とトンヌラ問題 (20コメント)
  • 2020/02/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/02/01(土) (148コメント)
  • 2020/02/01 10:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    コベナンツで読み解く、韓国がウォン安を恐れる理由 (20コメント)
  • 2020/02/01 05:00 【韓国崩壊
    市場ではあたかも韓国が「一人負け」の様相を呈する (28コメント)
  • 2020/01/31 17:00 【時事|外交
    英国のEU最終日:生温かく英国を送り出すEU議会 (22コメント)
  • 2020/01/31 13:13 【時事|国内政治
    入国拒否などの政令前倒しの一方で台湾問題も浮上 (57コメント)
  • 2020/01/31 10:30 【時事|読者投稿
    【読者投稿】新型肺炎、日本は「いつもどおり」で良い (135コメント)
  • 2020/01/31 05:00 【日韓スワップ|金融
    ウイルス蔓延と韓国ウォンの急落、そして通貨スワップ (10コメント)
  • 2020/01/30 12:00 【時事|韓国崩壊
    南北経済協力で非核化努力を妨害する韓国政府 (16コメント)
  • 2020/01/30 11:00 【時事|韓国崩壊
    予想どおり韓国へのフッ化水素輸出が量・金額とも増加 (4コメント)
  • 2020/01/30 08:00 【韓国崩壊
    日本が対韓経済制裁を保留する理由は「米国」にあり? (14コメント)
  • 2020/01/30 05:00 【国内政治
    野党が新型コロナウイルス対策の合同チーム立ち上げ (53コメント)
  • 2020/01/29 16:15 【時事|国内政治
    野党さん、お得意の武漢視察旅行に行かないのですか? (47コメント)
  • 2020/01/29 12:00 【時事|外交
    中央日報が自衛隊中東派遣を「日本にも利益」 (5コメント)
  • 2020/01/29 08:00 【時事|国内政治
    コロナウィルスよりも桜を見る会の方が大事な特定野党 (52コメント)
  • 2020/01/29 05:00 【韓国崩壊
    「米中からの往復ビンタ」、過去の失敗に学ばない韓国 (12コメント)
  • 2020/01/28 12:12 【日韓スワップ|韓国崩壊
    日本は通貨スワップを武器にせよ (24コメント)
  • 2020/01/28 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/01/28(火) (83コメント)
  • 2020/01/28 08:00 【時事|韓国崩壊
    「3つのNOと7つの原則」は韓国に対する強烈な皮肉 (17コメント)
  • 2020/01/28 06:00 【時事|国内政治
    「桜を見る会」野党とメディアが一生懸命追及した結果 (23コメント)
  • 2020/01/28 05:00 【韓国崩壊
    前提条件を疑え!「朝鮮半島生命線説」論に潜む罠 (29コメント)
  • 2020/01/27 12:05 【日韓スワップ|韓国崩壊
    なぜ韓国は外貨準備や通貨スワップを強調するのか (8コメント)
  • 2020/01/27 08:00 【韓国崩壊
    現代ビジネス「日韓両国は大人になれ」の周回遅れ (31コメント)
  • 2020/01/27 06:00 【時事|国内政治
    コロナウィルスは入国管理の在り方を見直すチャンス (113コメント)
  • 2020/01/27 05:00 【韓国崩壊
    あらためて、日韓両国の経済的なつながりを確認する (7コメント)
  • 2020/01/26 10:00 【韓国崩壊|経済全般
    日本企業の資産売却なら韓国経済が崩壊の可能性も (21コメント)
  • 2020/01/26 05:00 【韓国崩壊
    「日韓Xデー」が到来しても、それは韓国の責任だ (47コメント)
  • 2020/01/25 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/01/25(土) (89コメント)
  • 2020/01/25 10:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    国際通貨の円、ローカル通貨の人民元と韓国ウォン (14コメント)
  • 2020/01/25 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    韓国とマレーシアの通貨スワップはどうなったのか (19コメント)
  • 2020/01/24 12:00 【時事|経済全般
    訪日中国人一千万人時代と新型コロナウィルスのリスク (75コメント)
  • 2020/01/24 10:30 【RMB|金融
    日本がAIIBに参加する「機は熟した」、本当? (14コメント)
  • 2020/01/24 08:00 【RMB|金融
    いったいなぜ、IMFは人民元をSDRに加えたのか (5コメント)
  • 2020/01/24 05:00 【韓国崩壊
    韓国へのフッ化水素輸出が再び増加する可能性もある (10コメント)
  • 2020/01/23 17:00 【時事|韓国崩壊
    ラジオ「韓国がイランに日本海でフッ化水素を横流し」 (32コメント)
  • 2020/01/23 13:00 【時事|経済全般
    中央日報「経済報復で日本の対韓輸出が減少」 (8コメント)
  • 2020/01/23 12:12 【時事|経済全般
    令和元年度の貿易収支が赤字 データで状況を確認する (7コメント)
  • 2020/01/23 05:00 【国内政治
    「領土・主権展示館」の閉鎖要求に応じない日本政府 (32コメント)
  • 2020/01/22 16:00 【時事|韓国崩壊
    「輸出規制で韓国の脱日本が進む前に韓国に譲歩を」 (50コメント)
  • 2020/01/22 11:30 【時事|外交
    中国が日本の世論に対し「圧力」のナンセンス (32コメント)
  • 2020/01/22 06:00 【RMB|日韓スワップ|韓国崩壊
    通貨スワップの季節が到来?日本をチラ見する中央日報 (28コメント)
  • 2020/01/22 05:00 【時事|韓国崩壊
    「安倍総理が日韓関係改善の意思」、釣り針が大き過ぎ (9コメント)
  • 2020/01/21 17:30 【日韓スワップ|韓国崩壊
    中央日報が「通貨スワップ延長推進」を話題に (7コメント)
  • 2020/01/21 15:45 【時事|韓国崩壊
    鈴置論考「権力私物化と政争で李朝時代に戻る韓国」 (38コメント)
  • 2020/01/21 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2020/01/21(火) (103コメント)
  • 2020/01/21 11:55 【時事|韓国崩壊
    韓国政府「北朝鮮への個人旅行は日本もやっている」 (14コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。