韓国で日本企業に対し自称元徴用工らへの損害賠償を命じる判決が出て、もうすぐ半年が経過します。こうしたなか、日本政府は先週、韓国に対し、日韓請求権協定第3条第2項に基づく仲裁手続の付託を通告しました。当ウェブサイトとしては、自称元徴用工問題をかなり精力的に追いかけて来ましたが、ちょうど良い機会ですので、この半年間の当ウェブサイトなりの議論を振り返り、「何が論点なのか」、「日本政府が何をしなければならないのか」、「日本国民が何を覚悟しなければならないのか」について、改めてまとめておきたいと思います。

本文の前に:ウェブサイトからのお知らせ

当ウェブサイトからのお知らせです。昨年、当ウェブサイトに掲載した『数字で読む日本経済』シリーズを書籍化しました。株式会社ビジネス社より『数字でみる「強い」日本経済 』が刊行されます。発売は7月中旬を予定しおり、現在、予約受付中です。詳しくは『【お知らせ】数字で見る「強い」日本経済=ビジネス社』もご参照ください。


※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/05/27 15:55 追記

本文に次の誤りがありましたので修正しております。

  • (誤)日本企業の新日鐵住金(現・日本製鉄)が韓国の大法院(※最高裁に相当)で自称元徴用工らに敗訴したのは昨年10月30日のことですが、もうすぐ、半年が経過します。
  • (誤)日本企業の新日鐵住金(現・日本製鉄)が韓国の大法院(※最高裁に相当)で自称元徴用工らに敗訴したのは昨年10月30日のことですが、もうすぐ、7ヵ月が経過します。

大変失礼いたしました。

徴用工問題の振り返り

徴用工判決から半年:自称元徴用工問題の現状

日本企業の新日鐵住金(現・日本製鉄)が韓国の大法院(※最高裁に相当)で自称元徴用工らに敗訴したのは昨年10月30日のことですが、もうすぐ、7ヵ月が経過します。

この事件は、たんに日本製鉄1社だけの問題ではありません。日本企業と日韓関係全般に関わる問題です。なぜなら、この判決によって、今後、多くの日本企業が韓国国内で自称元徴用工らから訴えられるというリスクが生まれたからです。

実際、同様の訴訟で三菱重工が昨年11月29日に2件の確定判決を受けたほか、地裁・高裁レベルでも敗訴する日本企業が相次いでいて、事実上、日本企業が今後、韓国国内で自称元徴用工らから起こされている訴訟で勝つことは不可能でしょう。

ただ、昨年10月30日の判決は、明らかに1965年の日韓請求権協定に反しているものでもありますし、日本政府は韓国政府に対し、こうした日韓請求権協定違反の状態を解消するよう、強く求め続けています。

しかし、韓国側ではこの半年間で、李洛淵(り・らくえん)首相を中心とする韓国政府の責任者が何らかの対策を講じたという事実はありませんし、それどころか、この自称徴用工の問題を巡って「対応には限界がある」と言い放つ始末。

さらには、韓国政府が無為無策のままで時を過ごしている間に、日本製鉄と三菱重工、さらには大法院判決を待っている状態の不二越の、合計3社の在韓資産が差し押さえられ、原告側弁護士はこれらの資産の売却手続を開始したという状況にあります。

(※もっとも、当ウェブサイトでは、原告側弁護士らによる資産売却手続は単なるポーズに過ぎず、彼らの本当の目的は「2+2基金案」の実現にあると考えているのですが、この点については『徴用工と瀬戸際外交:放置すれば日本の選択肢が増えるのも事実』あたりをご参照ください。)

徴用工と瀬戸際外交:放置すれば日本の選択肢が増えるのも事実

日韓請求権協定第3条第2項措置

もちろん、この問題を巡って、日本政府も手をこまねいているわけではありません。

先ほども触れたとおり、日本政府は判決直後から、韓国政府に対し、①日韓請求権協定違反の状態を解消するように要求するとともに、②もし日本企業の在韓資産が強制売却処分を受けた場合には、日本企業に不当な不利益が生じたものとみなして何らかの対抗措置を講じる、と警告しています。

これに加えて、日本政府は動きが緩慢であるとはいえ、同協定第3条に基づく具体的措置を発動しているのですが、ここで、日韓請求権協定第3条(PDFファイルの9ページ目以降)には、次のような記載があります。

日韓請求権協定 第3条
  1. この協定の解釈及び実施に関する両締約国間の紛争は、まず、外交上の経路を通じて解決するものとする。
  2. 1の規定により解決することができなかった紛争は、いずれか一方の締約国の政府が他方の締約国の政府から紛争の仲介を要請する公文を受領した日から三十日の期間内に各締約国政府が任命する各一人の仲裁委員と、こうして選定された二人の仲裁委員が当該期間の後の三十日の期間内に合意する第三の仲裁委員との三人の仲裁委員からなる仲裁委員会の決定のため付託するものとする。ただし、第三の仲裁委員は、両締約国のうちいずれかの国民であってはいけない。
  3. いずれか一方の締約国の政府が当該期間内に仲裁委員を任命しなかったとき、又は第三の仲裁委員若しくは第三国について当該期間内に合意されなかったときは、仲裁委員会は、両締約国政府のそれぞれが三十日の期間内に選定する国の政府が指名する各一人の仲裁委員とそれらの政府が協議により決定する第三国の政府が指名する第三の仲裁委員をもって構成されるものとする。
  4. 両締約国政府は、この条の規定に基づく仲裁委員会の決定に服するものとする。

簡単にいえば、日韓請求権協定を巡って両国で何らかの紛争や問題が起こった場合には、

  • ①まずは外交の経路を通じて解決してください。
  • ②①で解決できなければ、まず30日以内に両国が1人ずつ委員を選び、その2人の委員が次の30日以内に日韓以外の第三国からもう1人委員を選び、その3人で仲裁委員会を組織して議論してください。
  • ③②の期間内に片方の国が期限内に仲裁委員を選ばなかった場合や、第三国をどこにするか合意できなかったときは、仲裁委員会の人選自体、第三国にお願いし、30日以内に選んでもらいましょう。
  • ④出た結論には従いましょう

ということが定められているのです。

日本政府は今年1月9日に、まず、日韓請求権協定第3条第1項に基づく外交的解決の協議を申し入れました。そして、韓国政府側からはこの4ヵ月間、ほぼ音沙汰なしという状況にあったことを踏まえ、今月20日には、今度は第2項措置(仲裁手続の付託)を発動し、韓国政府に通告しています。

「どうせ韓国は応じない」?

ただ、韓国がこの仲裁手続に応じるとは限りません。

現在、日韓のいくつかのメディアは、韓国がこの手続を無視するのではないか、と見ているようですが、私自身はそれ以外にも重大なリスクがあると考えています。それは、韓国が「時間稼ぎ」を目的に、仲裁手続を成立させるつもりもないくせに、わざと手続の引き延ばしを図ってくることです。

請求権協定第3条第2項によれば、とりあえず韓国政府が仲裁委員を選任する期日は6月19日ですが、この日までに仲裁委員の選任が行われない場合には、次は第3項措置(第三国への付託)に移行し、日韓両国は30日以内(つまり7月19日まで)に第三国を指名する必要があります。

また、6月19日に仲裁委員の選任が行われたとしても、次には30日以内(つまり7月19日)までに日韓両国の委員が30日以内に第三国の委員を選ぶ必要が出て来ますが、合意できなければ、やはり第3項措置に移行し、30日以内(つまり8月18日まで)に第三国を指名する必要があります。

予想される日韓請求権協定の日程(土日祝を無視)
  • ①2019/05/20 仲裁手続通告
  • ②2019/06/19 韓国政府による仲裁委員指名期日(①+30日)
  • ③2019/07/19 ②の期日に韓国政府が仲裁委員を指名した場合、第三国委員を指名する期日
  • ④2019/07/19 ②の期日に韓国政府が仲裁委員を指名しなかった場合、仲裁委員を出す第三国を指定する期日
  • ⑤2019/08/18 ③の期日に第三国委員が指名できなかった場合、仲裁委員を出す第三国を指定する期日

最悪の場合、韓国は8月18日まで、手続を最大限、引き延ばすことができるのです。

逆に言えば、韓国の国際法違反状態が確定するまで、さらに数ヵ月が必要であり、その間、韓国側が日本に対してさまざまな揺さぶりを掛けて来る可能性もある、ということでもあります。

経済制裁論

日本は経済制裁などの措置を講じるのか?

では、日本はこうした状態に、どう対処するのでしょうか?

おそらく日本政府は、「日韓請求権協定に基づく仲裁手続が実施されるならばそれに越したことはない」という考えとともに、「仲裁手続の実施が韓国側のサボタージュによって実現しない」という可能性を織り込んでいるのではないでしょうか。

そうなれば、次のステップとして、おそらくは国際的な裁判に加え、「日本による韓国に対する経済制裁」が選択肢として浮上してくるのではないかと思います。

そして、韓国に対する経済制裁については、当ウェブサイトでもこれまでずいぶん議論して来ました。

ざっくりといえば、韓国国民に対する入国ビザの発給制限や観光ビザ免除措置の厳格化・廃止、韓国への送金制限や輸出制限などが考えられるのですが、これについては「ヒト・モノ・カネ」という観点からは、

  • ①日本から韓国へのヒトの流れの制限
  • ②日本から韓国へのモノの流れの制限
  • ③日本から韓国へのカネの流れの制限
  • ④韓国から日本へのヒトの流れの制限
  • ⑤韓国から日本へのモノの流れの制限
  • ⑥韓国から日本へのカネの流れの制限

と整理できます。

ただし、このうち①(日本国民に対して韓国への渡航を制限・禁止する措置)については、事実上、実施がきわめて困難です。なぜなら、日本国内には日本国民に対し、特定国への渡航を法的・物理的に禁止する措置を講じる手段が限られているからです(不可能とまでは言いませんが非現実的です)。

また、⑥の措置については、外為法などの規制を使えば適用可能ですが、もともと韓国から日本に対する資本フロー(直接投資、証券投資などの残高)は少なく、⑥の措置を導入したところで、韓国に対する経済制裁としてはほとんど機能しません。

その気になれば、韓国経済の息の根を止めることは可能だが…

そこで、日本が韓国に対して経済制裁を適用するとすれば、上記②~⑤の手段が中心とならざるを得ません。

ただし、②~⑤のうち、とくに②、③、④の措置は、韓国に対して絶大な影響を与えます。その理由は、『数値で見る日韓関係:ヒト・モノ・カネの交流状況とは?』で述べたとおり、韓国経済にとって日本の存在は死活的に重要だからです。

数値で見る日韓関係:ヒト・モノ・カネの交流状況とは?

たとえば、韓国の主力である半導体、スマートフォンなどの産業は、日本から資本財、素材、部品などを仕入れて組み立て、欧米や中国などに輸出するという、典型的な組み立て・加工産業です。日本から資本財が入って来なくなれば、それだけで、いくつかの産業は壊滅的な打撃を蒙りかねません。

また、韓国の金融は外国から外貨でおカネを借りることを前提としているのですが、外国の金融機関(とくに日米英の金融機関)が韓国におカネを貸してくれなくなれば、その瞬間、韓国という国は資金繰りが立ち行かなくなってしまいます。

韓国の中央銀行である韓国銀行は、「韓国には4000億ドルを超える外貨準備があるから(外貨資金繰りは)問題ない」、などと述べていますが、この点については『韓国とUAEが通貨スワップ協定が復活 「通貨危機遠のく」?』で申し上げたとおり、そもそも疑問に感じざるを得ません。

韓国とUAEが通貨スワップ協定が復活 「通貨危機遠のく」?

そして、以前から当ウェブサイトの、『「カネ」から眺めた日韓関係:日本にとって韓国は2%の国』や『通貨スワップと韓国経済の「黒字倒産」リスクについて考える』などで議論しているとおり、韓国は短期的な対外債務が1000億ドルを超えていて、「突然死」リスクと無縁ではありません。

「カネ」から眺めた日韓関係:日本にとって韓国は2%の国

つまり、日本はヒト・モノ・カネの制裁のうち、②と③を適用すれば、明日にでも韓国経済の息の根を止めることができてしまうのです。

これぞ、日本にとっては「伝家の宝刀」に違いありません。

伝家の宝刀、抜きどころを間違えると無意味に

ただし、日本が感情に任せてこうした「伝家の宝刀」を抜くと、方法によってはWTOルールに違反するものにもなりかねませんし、また、国際法で禁じられる過大な制裁になってしまう可能性もあります。

何より、日本政府が「抜くぞ、抜くぞ、今すぐ抜くぞ」と宣言してしまえば、韓国政府、韓国の産業界としても、これに対する備えを開始してしまいますので、結局のところ、その「抜きどころ」の見極めは、非常に難しいのです(『「伝家の宝刀」の欠陥 韓国に対する経済制裁を整理する』参照)。

「伝家の宝刀」の欠陥 韓国に対する経済制裁を整理する

それどころか、たとえば、半導体産業の製造工程における必需品であるフッ酸(フッ化水素)については、当ウェブサイトを含めたネット空間でかなり議論されてしまったため、すでに韓国に対する「カード」ではなくなっていると考えられます(『フッ酸禁輸は本当に韓国に対する制裁カードになり得るのか?』参照)。

フッ酸禁輸は本当に韓国に対する制裁カードになり得るのか?

私などは小心者ですから、自分で韓国に対する経済制裁カードを潰してしまったのかもしれないと深く思い悩んでおり、最近は眠りも浅くなり、睡眠時間も1日10時間くらいと極端に短く、食欲不振のあまり、夕食でもゴハンはおかわり3杯くらいしか食べられない状況が続いてしまっているのです。

経済制裁にはいろいろな種類がある

ただし、上で検討した「ヒト・モノ・カネ」の流れの制限という手段を巡っては、④の措置(韓国から日本へのヒトの流れの制限)を除けば、いずれも「今すぐ発動する必要がある」というものではありません。

いや、もう少し正確に言えば、とくに②、③の措置については、自称徴用工問題で発動するには力不足ですし、また、若干、もったいない気もするのです。

じつは、そもそも論として、日本が韓国に対して保持している経済制裁手段は、上で示した「積極的な経済制裁」だけではありません。

「サイレント型の経済制裁」、つまり、「これは経済制裁だよ」と明示せず、韓国だけをターゲットに行政手続を厳格化させるような対応ならば、極端な話、いつでも発動できますし、すでに発動しているかもしれません(※『「日韓首脳会談見送り」とサイレント型制裁の関係を考察する』参照)。

「日韓首脳会談見送り」とサイレント型制裁の関係を考察する

また、韓国が北朝鮮の核武装を事実上、幇助しているのではないかとの疑いは濃厚ですが、米国が北朝鮮に対する「セカンダリー・サンクション(二次的制裁)」を韓国に対して発動した場合に、日本がこれに便乗してしまう形での制裁もあり得るでしょう(諸外国との協調制裁)。

さらには、私自身が現在、個人的に注目している制裁は、2つあります。

1つ目は、「消極的な経済制裁」です。

これは、「韓国が金融危機などに見舞われた際に、わざと助けない」という形の制裁であり、上記の「積極的経済制裁」と異なり、日本としては諸外国からの批判を受けるいわれもありませんし、明示的な経済制裁と異なり、日本は徹底的に「知らんぷり」をするだけで良いという意味で、非常に楽な制裁です。

2つ目は、「セルフ経済制裁」です。

これは、韓国の自爆的な行動により、日本企業に対し「自主的に韓国から撤退する」、「韓国との信用取引を控え、現金決済主義に切り替える」、「韓国にカネを貸さなくなる」といった行動の変化をもたらすことで、結果的に日本が経済制裁を下したのと似たような経済効果を韓国にもたらす、というものです。

以上、経済制裁の類型をまとめておきましょう。

積極的な経済制裁

日本政府が自称元徴用工訴訟問題やレーダー照射事件などの個別懸案を巡り、韓国に対して個別・具体的な経済制裁措置を講じること。「ヒト・モノ・カネの制限」という観点からは、たとえば次のようなパターンが考えられる。

  • ①日本から韓国へのヒトの流れの制限
  • ②日本から韓国へのモノの流れの制限(外為法第48に基づく輸出規制など)
  • ③日本から韓国へのカネの流れの制限(外為法第16に基づく送金規制など)
  • ④韓国から日本へのヒトの流れの制限(入国ビザ制限など)
  • ⑤韓国から日本へのモノの流れの制限(関税引き上げなど)
  • ⑥韓国から日本へのカネの流れの制限

ただし、上記①については、現在の日本の法制度上、適用が困難であり、⑥については日韓のカネの流れに照らしてあまり意味がないため、事実上、機能するのは②~⑤である。

サイレント型の経済制裁

上記「積極的な経済制裁」と異なり、日本政府が「今から韓国に経済制裁を適用する」と宣言せずに実施する、韓国に関してのみ、わざと行政手続を厳格化するなどの実質的な経済制裁(あるいは嫌がらせ)。具体例としては、次のようなものが考えられる。

  • ①ヒトの流れの制限(韓国国民に対するビザ発給をわざと拒否する、厳格化するなど)
  • ②モノの流れの制限(外為法上の輸出許可手続を厳格化する)
  • ③カネの流れの制限(外為法上の送金許可手続を厳格化する)
  • ④その他の嫌がらせ(在日企業に対する税務調査の頻発、在留資格更新の拒否など)
諸外国との協調制裁

日本が積極的に音頭を取るのではなく、外国が韓国に対して経済制裁を掛けるタイミングで、日本もこれに便乗する形の制裁。たとえば、米国が韓国に対し、「北朝鮮の核開発を事実上、幇助している」と判断した場合に、日米で協調して韓国に対する経済制裁を適用することが考えられる。

消極的な経済制裁

韓国が何らかの困難な状況に陥ったときに、あえて助けないで見放すような形の制裁。具体例としては、次のようなものが考えられる。

  • ①韓国が通貨危機に陥った際、韓国側から日韓通貨スワップ協定待望論が出て来たときに、わざとその要望を無視する。
  • ②韓国以外の国(たとえばマレーシアや台湾、ニュージーランドやデンマークなど)と、これ見よがしに通貨スワップ協定や為替スワップ協定を締結する。
  • ③韓国・北朝鮮以外の国(ASEAN諸国や台湾など)とのハイレベル経済対話を常設化する。
セルフ経済制裁

韓国の日本に対する度重なる不法行為に嫌気して、自然と日本企業が韓国から距離を置くようになることで、結果的に日本が何らかの経済制裁を加えたのと同じような結果が生じること(具体例としては、『セルフ経済制裁の恐怖:「脱コリア」の流れは続くのか?』等を参照)

日本としての対策

日本が今すぐやるべきこととは?

以上のとおり、じつは、日本から韓国に対する経済制裁には、さまざまな手段、さまざまな手法があるということがわかります。

インターネット言論空間を中心に、保守を自称する(あるいは「ネトウヨ」と呼ばれる)一部の過激な主張の持ち主は、「今すぐ韓国に対する経済制裁を適用しろ!」などと叫んでいるようですが、こうした主張は賢明ではありません。何でもかんでも経済制裁をすれば良い、というものでもないのです。

それよりも、私自身、昨年の徴用工判決以降、一貫して申し上げているとおり、日本政府が今すぐやるべきことは、

  • ①国際法に則った解決の努力
  • ②積極的経済制裁・諸外国との協調制裁を発動する準備
  • ③サイレント型経済制裁の部分的な実施
  • ④韓国国民に対するビザ制度の運用の見直し

です。

まず、①については、韓国が国際法を無視しているからといって、日本が韓国と同じことをしてよい、という話にはなりません。あくまでも日本は国際法に従い、解決に向けて「努力」しなければなりません(※ただし、努力すれば良いのであって、実際に解決する必要はありません)。

日本政府が請求権協定第3条第2項措置を講じたのは、ちょうど1週間前の5月20日のことですが、このこと自体、国際法に則った解決の努力であり、歓迎すべきものです(ただし、私個人的には、発動のタイミングは、あと2か月ほど早くても良かったのではないかと思いますが…)。

次に、②については、日本政府としては法制度の運用や日韓の産業構造に照らして、徴用工訴訟問題だけではなく、北朝鮮の核開発と絡めて、セカンダリー・サンクションの名目で、韓国経済の「息の根を止める」ような経済制裁についても、十分な準備をしているものと信じたいところです。

また、③については、すでに始まっているのではないかとの報道もあるようですが(『実は対韓制裁、始まっていた?韓国メディアの気になる報道』参照)、もしその報道が事実であれば、この動きについても歓迎したいところです。

実は対韓制裁、始まっていた?韓国メディアの気になる報道

ヒトの往来は少しずつ遮断すべき?

ところで、「積極的経済制裁」のメニューの④にあった、「韓国から日本へのヒトの流れの制限」については、前倒しで実施して欲しいと思います。

その理由は、自称元徴用工問題にあるのではありません。

ずばり、韓国が今後、雇用不安や金融危機などに見舞われる際、数多くの韓国国民が観光ビザで日本に入国してくることが懸念されるからであり、また、その先にあるかもしれない、北朝鮮との赤化統一などの大混乱では、さらに多くの韓国国民が難民として流入するかもしれないからです。

少なくとも、現在は滞在可能期間が90日間とされている韓国国民に対する観光ビザ免除プログラムについては、早急に15日程度に短縮し、かつ、年間入国回数制限を付すべきでしょう。

これは、「経済制裁」という観点から申し上げているわけではありません。むしろ、日本の安全保障という観点から、是非、今すぐにでも導入して欲しいと考えている内容です。

なお、観光ビザ免除プログラムをいきなり撤廃すると、日本の観光産業には大きな混乱が生じます。そこで、当ウェブサイトが提唱する「15日」という根拠は、圧倒的多数の善良な韓国人観光客の来日動機を損ねずに、日本の安全を守る、という点にもあるのです。

日韓関係修復?日韓断交?

現在のところ、日本政府が日韓関係を巡って、将来的には修復しようとしているのか、それとも日韓断交に向かっているのかは、よくわかりません。

いや、その方向性を決めるのは、日本政府というよりはむしろ、私たち国民世論だと思います。そして、国民世論が「日韓関係を修復すべき」に傾くなら、政府としても日韓関係修復の準備を始めるでしょうし、国民世論が「日韓断交」にあるなら、その準備ないし覚悟が必要です。

日韓関係においては、「韓国が日本を必要としているほどは日本は韓国を必要としていない」というのが実情に近いと思います。しかし、仮に日本国民が「日韓断交」を選ぶなら、現在のこの状態のままで、というわけにはいきません。然るべき準備が必要でしょう。

日韓断交した場合、日本全体のマクロとして見てみれば、日本にとっての損害は大きくありません。しかし、個別企業、ミクロの視点で見れば、少なくない日本企業が大きな損害を被りますし、現場ではさまざまな混乱が生じることは間違いありません。

よって、「日韓断交」という、本当の極論を日本国民が選択する前に、やはり、韓国とビジネス関係を持っている人たちは「メシのタネ」が消滅することに備えねばなりませんし、国際結婚や永住、長期在留などで韓国と個人的関係を持っている人たちには甚大な影響が生じることを無視してはなりません。

そのうえで、日本国民がどうしても「日韓断交」を選択するなら、日本は韓国経済の体力を削ぐという準備を始めなければならないでしょう(一種の「焦土化作戦」)。

(※なお、一応申し上げておくならば、私個人としては、将来の日韓関係については「日韓友好」が戻るとは思っていないにせよ、「日韓が最適な距離を探り、それを維持すること」を目的とすべきだと思いますし、さすがに「日韓断交」は行き過ぎだと思います。)

オマケ:金融危機迫る?韓国

こうしたなか、韓国メディア『東亜日報』(日本語版)に土曜日、こんな記事が出ていました。

米、中国に「為替爆弾」…韓国も射程圏に(2019/05/25 09:20付 東亜日報日本語版より)

東亜日報によると、米国商務省が23日、ドルに対して自国通貨の価値を切り下げる国々に対して相殺関税を課す予定だと明らかにしたことを受け、韓国が直接・間接の被害を受ける可能性が高まっている、としています。

東亜日報の引用によると、米紙ニューヨークタイムズ(NYT)は、今回の相殺関税は為替操作による値下げ分を補助金とみなして課税されるもので、米国内の輸入品に課せられる関税は年間2100万ドルに増えると報じたのだとか。

もちろん、年間の輸出額が数千億ドルに達する韓国にとって、数千万ドル程度の関税であれば、さしたる影響を受けるとは考えられません。

ただ、こうした報道が出ること自体、韓国銀行に対しては「為替介入をすること」への委縮を招きかねないものであり、今週以降の為替相場にも何らかの影響を与えるのかどうかには注目したいところです。

※本文は以上です。

ウェブサイトからのお知らせ

当ウェブサイトからのお知らせです。昨年、当ウェブサイトに掲載した『数字で読む日本経済』シリーズを書籍化しました。株式会社ビジネス社より『数字でみる「強い」日本経済 』が刊行されます。発売は7月中旬を予定しおり、現在、予約受付中です。


【PR】スポンサーリンク・広告

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2020/07/05 05:00 【韓国崩壊
    「韓国とは交渉するな、叩き潰せ」=慰安婦問題の教え (1コメント)
  • 2020/07/04 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/04(土) (76コメント)
  • 2020/07/04 09:00 【時事|経済全般|外交
    日本企業は中韓との往来制限が続く可能性を覚悟すべき (10コメント)
  • 2020/07/04 05:00 【韓国崩壊
    対日WTO提訴が韓国経済の終焉を意味するとしたら… (43コメント)
  • 2020/07/03 15:00 【時事|外交
    初動としては歓迎したい「習近平訪日中止要請」=自民 (35コメント)
  • 2020/07/03 12:00 【時事|韓国崩壊
    【為替操作の賜物?】韓国の外貨準備高が史上最大に  (17コメント)
  • 2020/07/03 08:30 【時事|韓国崩壊
    言外に「価値共有しない国にはG7資格なし」=茂木氏 (48コメント)
  • 2020/07/03 08:00 【マスメディア論|時事
    イラネッチケー控訴:テレビ業界をNHKがぶっ壊す! (26コメント)
  • 2020/07/03 05:00 【数字で読む日本経済
    消費税ゼロと国債400兆円増発で日本経済が大復活! (11コメント)
  • 2020/07/02 16:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国の努力に日本が答える番だ」=韓国経済副首相 (38コメント)
  • 2020/07/02 11:30 【時事|金融
    韓国が外貨準備高のうち1573億ドルを「積極投資」 (11コメント)
  • 2020/07/02 08:30 【時事|韓国崩壊
    韓国さん、政策対話を滞らせてしまって大丈夫ですか? (27コメント)
  • 2020/07/02 08:00 【数字で読む日本経済
    インターネットによる情報発信が日本を変えていくのか (3コメント)
  • 2020/07/02 05:00 【韓国崩壊
    歴史問題にエサを与えないでください!=自滅する韓国 (22コメント)
  • 2020/07/01 16:00 【数字で読む日本経済
    【お知らせ】数字でみる「強い」日本経済=ビジネス社 (26コメント)
  • 2020/07/01 15:30 【時事|韓国崩壊
    「資産売却」騙る弁護士のインタビュー=自称元徴用工 (39コメント)
  • 2020/07/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/01(水) (90コメント)
  • 2020/07/01 11:55 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「輸出規制で安倍破産」 (7コメント)
  • 2020/07/01 08:00 【時事|韓国崩壊
    対韓輸出管理適正化措置は「意図せざる経済制裁」に (7コメント)
  • 2020/07/01 05:00 【金融
    香港国家安全法を受けた「対中経済制裁」発動パターン (18コメント)
  • 2020/06/30 17:00 【時事|経済全般
    「日豪などからの入国を容認」、EUの苦しい台所事情 (12コメント)
  • 2020/06/30 12:00 【時事|外交
    「日本は破廉恥水準が全世界最上位圏」=韓国政府高官 (79コメント)
  • 2020/06/30 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓経「日本は脅しただけでアクションを取らなかった」 (28コメント)
  • 2020/06/30 08:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「破綻を避けるためには日韓両国が努力せよ」 (20コメント)
  • 2020/06/30 05:00 【RMB|金融
    「減税」が結果として中国に対する経済制裁となる理由 (28コメント)
  • 2020/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    共同通信「韓国の反発は必至」→本当に反発して来た (29コメント)
  • 2020/06/29 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/29(月) (104コメント)
  • 2020/06/29 11:00 【時事|韓国崩壊
    日本経済にとっての「韓国洗濯機」、今こそ買い替え時 (20コメント)
  • 2020/06/29 10:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「米、WTOでの紛争解決を支持」記事の真相 (7コメント)
  • 2020/06/29 08:00 【マスメディア論|時事
    「衰退産業」で振り返る、「武漢コロナの半年間」 (15コメント)
  • 2020/06/29 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    朝鮮日報の珍説「韓日スワップは日本に円安もたらす」 (35コメント)
  • 2020/06/28 16:00 【時事|韓国崩壊
    共同通信「日本がG7拡大に反対、韓国の反発は必至」 (31コメント)
  • 2020/06/28 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「韓日は最悪の事態避けるため知恵絞れ」 (37コメント)
  • 2020/06/28 09:00 【マスメディア論|時事
    民放各社こそ「NHKに初勝訴」を全面的に歓迎すべき (12コメント)
  • 2020/06/28 05:00 【マスメディア論
    NHKは日本に必要か~最新財務諸表分析から考察する (13コメント)
  • 2020/06/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/27(土) (121コメント)
  • 2020/06/27 09:00 【数字で読む日本経済|金融
    科学的アプローチで理解する、「国の借金論の間違い」 (43コメント)
  • 2020/06/27 05:00 【韓国崩壊
    金与正の瀬戸際外交による最大の成果は「韓国の掌握」 (30コメント)
  • 2020/06/26 16:30 【時事|金融
    米ドル為替スワップ、残高は2263億ドルにまで減少 (4コメント)
  • 2020/06/26 11:00 【時事|外交
    イージス・アショア配備中断、河野太郎氏が丁寧に説明 (41コメント)
  • 2020/06/26 08:00 【時事|韓国崩壊
    「蚊帳の外」にいたはずの日本に「逆ギレ」か?=韓国 (49コメント)
  • 2020/06/26 05:00 【金融
    いまこそ確かめたい、「財政再建=増税」論の大間違い (69コメント)
  • 2020/06/25 17:00 【数字で読む日本経済|金融
    【速報】家計が相変わらず一千兆円超の現金預金を保有 (18コメント)
  • 2020/06/25 12:15 【時事|金融
    韓国政府が外国為替平衡基金債券発行へ=韓国メディア (15コメント)
  • 2020/06/25 08:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    CMIMでなぜか「支援受ける気満々」=韓国メディア (7コメント)
  • 2020/06/25 05:00 【マスメディア論
    産経記者「共同通信は毒水を流すインフラ屋」と苦言か (25コメント)
  • 2020/06/24 12:30 【時事|韓国崩壊
    韓国が「輸出規制」と騒ぐこと自体、日本の脱韓を促進 (23コメント)
  • 2020/06/24 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/24(水) (98コメント)
  • 2020/06/24 10:30 【時事|外交|金融
    日本が香港の金融業を誘致:課題もあるが着眼点は秀逸 (15コメント)
  • 2020/06/24 08:00 【時事|経済全般
    「PCR検査を全国民に実施せよ」を数学的に論破する (53コメント)
  • 2020/06/24 05:00 【金融
    多国間通貨スワップ「CMIM」増額などは見送られた (12コメント)
  • 2020/06/23 16:30 【金融
    トルコが中国との通貨スワップを実行し人民元を引出す (14コメント)
  • 2020/06/23 11:11 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が写真で見る「現在のソウル」 (30コメント)
  • 2020/06/23 10:00 【時事|国内政治
    安倍総理は消費税と憲法争点に解散総選挙に打って出よ (23コメント)
  • 2020/06/23 08:00 【韓国崩壊
    意識だけ先進国?信頼を踏みにじる韓国が払う「対価」 (27コメント)
  • 2020/06/23 05:00 【時事|経済全般
    産経「日中往来制限の長期化により中国で不良品頻発」 (15コメント)
  • 2020/06/22 17:45 【時事|国内政治
    入管への抗議デモは筋違い 「出国の権利」を行使せよ (18コメント)
  • 2020/06/22 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/22(月) (81コメント)
  • 2020/06/22 11:45 【時事|韓国崩壊
    日韓関係「自然消滅」論を裏付ける韓国メディアの記事 (20コメント)
  • 2020/06/22 08:00 【マスメディア論|時事
    河井夫妻逮捕という「不祥事」なのに支持率が上昇の怪 (22コメント)
  • 2020/06/22 05:00 【韓国崩壊
    韓国メディア「日本の対韓制裁は殴るフリだけで効く」 (34コメント)
  • 2020/06/21 12:00 【経済全般
    「戻ってきてほしいトップは台湾」=訪日外国人観光客 (38コメント)
  • 2020/06/21 05:00 【韓国崩壊
    なぜ「日本は韓国に一本取られた」と勘違いするのか (65コメント)
  • 2020/06/20 15:00 【時事|韓国崩壊
    【補遺】韓国で国産化したフッ化水素は5Nに過ぎない (69コメント)
  • 2020/06/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/20(土) (78コメント)
  • 2020/06/20 09:00 【マスメディア論
    世論調査不正問題、むしろ焦点は「他社の対応」では? (27コメント)
  • 2020/06/20 05:00 【経済全般
    韓国メディア「日本の輸出規制で対日貿易赤字幅縮小」 (26コメント)
  • 2020/06/19 11:30 【時事|経済全般
    入国制限の緩和は4ヵ国からスタート 台湾・香港は? (24コメント)
  • 2020/06/19 09:00 【金融
    日欧韓で全体の8割占める=米FRBドル為替スワップ (8コメント)
  • 2020/06/19 08:00 【時事|韓国崩壊
    WTO提訴する韓国は「グループB」にすら値しない (19コメント)
  • 2020/06/19 06:00 【経済全般
    テレビ局「今すぐ事業をやめて解散した方が儲かる」? (17コメント)
  • 2020/06/19 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓銀「韓米通貨スワップ延長は市場状況を見て決める」 (11コメント)
  • 2020/06/18 12:12 【時事|韓国崩壊
    運転席理論は幻想!この難局を韓国はどう乗り切るのか (55コメント)
  • 2020/06/18 11:00 【時事|国内政治
    「ネズミも逃げ出す泥の船」と化しつつある立憲民主党 (13コメント)
  • 2020/06/18 08:00 【時事|経済全般
    米系投資ファンド「日本の地上波テレビに将来性なし」 (7コメント)
  • 2020/06/18 06:00 【韓国崩壊
    日本政府、韓国に輸出規制など経済制裁の発動は可能か (15コメント)
  • 2020/06/18 05:00 【マスメディア論|時事
    不要なのはコメンテーターか、テレビ局そのものなのか (31コメント)
  • 2020/06/17 12:30 【日韓スワップ|時事|金融
    国際競争力で日本を上回る相手国に通貨スワップは不要 (27コメント)
  • 2020/06/17 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/17(水) (122コメント)
  • 2020/06/17 11:00 【時事|国内政治
    山尾志桜里議員:「肥溜め」→「三角コーナー」へ移籍 (32コメント)
  • 2020/06/17 08:00 【時事|外交
    北朝鮮による事務所爆破と金正恩危篤説はつながるのか (40コメント)
  • 2020/06/17 05:00 【経済全般
    【総論】経済制裁「7つの類型」と「5つの発動名目」 (3コメント)
  • 2020/06/16 22:30 【時事|外交
    【速報】「北朝鮮が開城連絡事務所破壊」は権力承継? (22コメント)
  • 2020/06/16 15:00 【時事|国内政治
    毎日新聞によると大串博志氏も「#」と発音したらしい (14コメント)
  • 2020/06/16 11:11 【時事|韓国崩壊
    非上場株式の売却を「時限爆弾」と呼ぶ韓国メディア (17コメント)
  • 2020/06/16 08:00 【韓国崩壊
    「約束破り」の常習国家が日本に「約束を守れ」と要求 (36コメント)
  • 2020/06/16 05:00 【時事|国内政治
    コロナ禍と不法滞在、そして「強制退去違反罪」の創設 (10コメント)
  • 2020/06/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/15(月) (72コメント)
  • 2020/06/15 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓国で「資産現金化でも日本の経済報復に耐えられる」 (105コメント)
  • 2020/06/15 08:00 【韓国崩壊
    相次ぐ韓国の自爆、日本が「エサ」与えなくなったから (34コメント)
  • 2020/06/15 06:00 【マスメディア論|時事
    NHKにとっては企業倒産よりも受信料収入の方が大事 (12コメント)
  • 2020/06/15 05:00 【時事|韓国崩壊
    北朝鮮の軍事行動示唆発言に感じる「不自然さ」の正体 (38コメント)
  • 2020/06/14 11:30 【時事|国内政治
    足を引っ張る野党とメディア、まったく休まぬ安倍総理 (37コメント)
  • 2020/06/14 09:00 【時事|韓国崩壊
    「輸出規制」巡る一般読者の反応のレベルは総じて高い (17コメント)
  • 2020/06/14 05:00 【国内政治
    テレビ見る人ほど安倍総理を「信頼できない」と考える (37コメント)
  • 2020/06/13 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/13(土) (88コメント)
  • 2020/06/13 08:00 【時事|経済全般
    まだ間に合う?中韓に対し「輸入国」に転落する前に… (42コメント)
  • 2020/06/13 05:00 【マスメディア論
    新聞社説のブログ化、そして相次ぐ虚報がもたらすもの (23コメント)
  • 2020/06/12 14:14 【時事|韓国崩壊
    毎日新聞社説「日韓両国指導者は失ったもの直視せよ」 (33コメント)
  • 2020/06/12 11:35 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    「真の友人」なら、もう日韓スワップを結んでいるはず (24コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。