韓国側で自称元徴用工らが日本企業を相手取って次々と訴訟を起こしている問題を受けて、日本政府は現在に至るまで、確固たる対抗措置を講じていません。ただ、これについては、「アベが親韓派だから韓国に配慮するあまり何も対抗措置を講じていないだけだ」などと断定するのは尚早です。私自身、日本政府が対抗措置を講じないことを、これまでやや批判的に取り上げて来ましたが、4月中旬以降、韓国側の弁護士の動きなどを見ていると、少し違う考え方が思い浮かんできたのも事実です。それは、まさに「瀬戸際外交の戦略的放置」です。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

瀬戸際外交のインチキ国家

自称元徴用工問題で日本政府は動かず

韓国の自称元徴用工らが日本企業を相手取って起こした「徴用工訴訟」問題を巡っては、おそらく、当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』では、既存のマスコミ各社と比べても引けをとらないほど詳しく議論して来ました。

それにしても、振り返れば振り返るほど、この事件はいかにも「韓国らしい事件」です。というのも、韓国側の対応は「自分たちが国際法違反をしでかしておきながら、日韓関係を人質に取り、日本に対して理不尽な譲歩を求める」という姿勢で一貫しているからです。

ことに、昨年10月30日、大法院(最高裁に相当)が日本企業である新日鐵住金(現・日本製鉄)に対して原告1人あたり約1000万円の損害賠償支払いを命じたことを契機に、韓国国内では日本企業を提訴する事例が相次いでいます。

もちろん、日本企業としては、2つの理由によって、こんな損害賠償命令に応じるわけにはいきません。

1つ目の理由は、「徴用工問題は捏造の疑いが濃厚である」、という点です。日本企業を訴えている自称元徴用工らが「徴用され、強制的に労働させられた」と主張していること自体の信憑性が低く、いわゆる「慰安婦問題」と同様、おそらく韓国側による捏造の可能性はきわめて濃厚でしょう。

2つ目の理由は、日韓請求権協定です。万が一、本当に日本によって強制的に労働させられた者がいたとしても、彼らの日本政府や日本企業に対する一切の請求権は1965年の日韓請求権協定によって完全かつ最終的に解決しており、損害賠償責任は存在しません。

幸いなことに、少なくとも昨年10月30日以降に損害賠償を命じられた件を巡っては、大法院判決で敗訴が確定した日本製鉄と三菱重工業を筆頭に、日本企業は損害賠償に応じていません。おそらくこれらの企業は日本政府とも密接に連携しているのでしょう。

正体は「2+2」基金構想

こうしたなか、年明け前後から、韓国側では新たな動きも出て来ました。日本企業の在韓資産を差し押さえ、「損害賠償に応じなければ、これを売却するぞ!」と脅しているのです。

ただし、不思議なことに、差し押さえている資産は合弁会社株式(日本製鉄と不二越の場合)、商標権や特許権(三菱重工の場合)と、いずれも換金が非常に困難なものばかりですが、これはまことに不自然な話です。

資産を差し押さえるならば、換金が容易なもの(たとえば金銭債権)から手を付けるのが常識的な判断です。

とくに、日本製鉄と不二越については、合弁会社株式が韓国国内に存在していることが明らかなのですから、わざわざ株式そのものを差し押さえるのではなく、親会社の合弁会社に対する「剰余金の配当請求権」を差し押さえるのが手っ取り早いはずです。

また、三菱重工の場合は韓国国内に営業拠点が存在しないとされていますが、それでも同社が韓国国内の会社に対し、何らかの金銭債権(売掛金、特許権使用料など)を保有している可能性はありますし、日本製鉄も不二越も韓国企業とまったく取引していないとは考え辛いでしょう。

では、どうしてわざわざ換金が困難なものに絞って差押えを行っているのでしょうか?

その理由は、おそらく「売却するぞ、売却するぞ」と日本企業を脅し、それに日本企業がそれに嫌気をさして、韓国側にとって、もっと簡単なソリューションを日本側から提案してくれることを期待しているからです。

その「もっと簡単なソリューション」とは、ずばり、「基金構想」でしょう。

やはり、いくら韓国国内のこととはいえ、自称元徴用工らがいちいち裁判で日本企業を訴えるのは面倒ですし、日本企業に勝訴したからといって、自動的におカネを払ってもらえるわけではありません。

そこで、韓国側では原告団の弁護士が、「和解交渉」として、日本企業などに対し「2+2財団」の設立を呼び掛けているのです。

その証拠が、日経電子版の次の記事です。

「三菱重工にも和解交渉要請」 原告代理人の崔鳳泰弁護士一問一答(2019/1/9 20:50付 日本経済新聞電子版より)

そして、タイトルの「崔鳳泰」(さい・ほうたい)という人名でピンとくる人は、立派な「サウス・コリア・ウォッチャー」です。そして、この「2+2財団」とは、日本政府・日本企業・韓国政府・韓国企業の4者が自称元徴用工らに補償するための基金を共同で設立するという考え方です。

崔鳳泰弁護士は今年1月時点の日経のインタビューに対し、

日本政府・企業と韓国政府・企業が参加する『2プラス2』方式の財団設立だ。個人請求権は残っている。韓国で法律をつくり、財団からお金を受け取ったら和解したとみなし、個人請求権を消滅させる。こうした法的な安全装置をつくったうえで、日本に参加してもらう

と答えているのですが、これこそがこの人物の目的でしょう。

この「2+2基金」を設立し、自称元徴用工らが「自分は徴用被害者だ」と名乗り出たら、自動的にその基金からおカネを貰えるようにする、というのが、この崔鳳泰弁護士の狙いではないでしょうか。

何度も揺さぶりを掛ける、これぞ「瀬戸際外交」

ところで、「崔鳳泰」という人名で検索すれば、この日経電子版の記事以外にも、いくつか関連報道を見つけることができます。

この人物は、たとえば先月22日に東京の日本記者クラブで記者会見に応じ、「日韓請求権協定に基づく政府間協議が実現するなら、協議継続中は被告企業の資産売却を留保できる」との考え方を示したのだそうです。

元徴用工、政府協議なら売却留保/記者会見で韓国弁護士(2019/4/22 21:18付 共同通信より)

差し押さえた資産をさっさと売却すれば良いのに、こういう発言をして日本企業や日本政府の「気を引く」のは、まさに北朝鮮とまったく同じ「瀬戸際外交」のようなものでしょう。

ただ、日本企業がこの記者会見でもまったく動かなかったためでしょうか、日本製鉄の原告は、いったんは資産の売却を裁判所に申請(『徴用工判決問題:非上場株式の換金はサラミスライスの一環?』参照)。

徴用工判決問題:非上場株式の換金はサラミスライスの一環?

しかし、『「売却するぞ、売却するぞ、今度こそ本当に売却するぞ」』などでも触れたとおり、「本当に売却するぞ」と言いながらも、「実際には売却するまでにさらに数ヵ月の時間が必要だ」「だからその期間は猶予が与えられている」、という理屈で、何としてでも日本企業と「2+2基金」交渉に臨もうとしているのです。

そういえば、昨年12月20日に発生したレーダー照射事件以降、韓国のことを「ウソツキ国家」「詐欺国家」などと堂々と呼んで良くなったのではないかと思います(『ウソツキ瀬戸際外交を続ける詐欺国家・韓国とどう対峙するか』参照)。

ウソツキ瀬戸際外交を続ける詐欺国家・韓国とどう対峙するか

ウソをつきながら瀬戸際外交を仕掛けてくるという意味では、やっていることは北朝鮮とまったく同じですね。

対抗措置を取らないことの意味

日本政府が対抗措置を講じていないことについて

ここで、視点を日本に戻しましょう。

日本政府はこの徴用工判決問題を巡り、いまだに韓国に対して何らかの断固たる対抗措置を講じていません。

日本政府が取り得る対抗措置としては、日韓請求権協定第3条第2項に基づく「仲裁委員会の設置」を韓国に要求することに加え、韓国の出方次第では「ヒト・モノ・カネの流れの制限」などに踏み切ることも可能ですが、不思議なことに、現時点においてこれらの措置を講じていません。

これを、どう見るべきでしょうか。

以前、『徴用工判決問題に対する仲裁手続移行の遅れ、なぜ?』でも触れたとおり、私自身は

  • ①日本企業などに韓国リスクを周知徹底するため
  • ②制裁に積極的な首相官邸と消極的な官僚が綱引きをしているため

の2つを仮説として考えていましたが、これに加えて最近では、

  • ③日本政府は経済制裁が韓国の政争の具に使われることを警戒している

という可能性も考えるようになりました。

日本政府が韓国に対して厳格な対抗措置を講じていないことについては、批判もあることも事実でしょう。なかには保守を装う者からの、「どうせアベは韓国好きだから、何も対策を講じないよ」という、不当な言い掛かりにも似た低レベルな指摘もあります。

ちなみに、日本国民のあいだでこのような不信感が出てくるのには、歴代日本政府(とくに外務省)に大きな責任があります。2015年7月にユネスコ総会で不要な発言を行った佐藤地(さとう・くに)のような者たちが、外務省には跋扈しているからです。

「瀬戸際外交は放置されると困る」のもまた事実

もちろん、私自身も日本政府が「ちゃんとした対策を検討している」、「いかなる場合にそれを発動するか、しっかりとした方針を定めている」と信じたいところですが、外務省の過去の不作為を知る者としては、「安倍政権だから」という理由で100%、全幅の信頼を置くのはためらわれる部分でもあります。

ただし、とくに韓国側の4月以降の動きを眺めていると、どうも安倍政権が韓国への対抗措置を講じていない理由は、先ほどの①~③のうち、①と③をミックスしたものではないか、と感じるようにもなったのです。

つまり、韓国側の弁護団の狙いが「日本企業の資産の強制売却による換金」ではなく、あくまでも2+2基金という、韓国側にとってまことに都合が良い解決策にある、ということを見抜いたうえで、あえて韓国側の自滅を待っている、というものです。

この点、たしかに日本政府の姿勢は一貫していて、

  • 日本企業に不当な不利益が発生したら、何らかの対抗措置を講じる(ただし、具体的にいかなる対抗措置を検討しているかについては、当方の手の内を明かすことになりかねないため、言及しない)
  • 日本政府としては韓国政府が李洛淵(り・らくえん)首相を中心に検討しているとされる韓国政府なりの解決策が出てくるまでは「次のステップ」(仲裁手続?)を踏むことを猶予してやる

というものです。

そして、確かに日本政府の姿勢はこの点から1ミリも動いておらず、日本企業も日本政府としっかり連携が取れているように見えます。

このため、韓国側がどんなに瀬戸際外交を仕掛けて来ても、日本政府、日本企業が泰然自若としており、まったく交渉に応じないことで、韓国側の崔鳳泰弁護士らは、間違いなく焦りを感じているはずです。

下手に資産売却を実現させてしまえば、日本政府から「何らかの対抗措置」を喰らいかねませんし、そのことにより結果的に韓国経済全体に深刻な打撃が生じてしまえば、崔鳳泰弁護士個人が日韓関係と韓国経済を破壊した張本人というそしりを受けることになりかねません。

次に、韓国政府からは、本件を巡って、どんな解決策とやらを考えているのか、いまだにその全容が見えていません(※といっても、単に何にも考えていないだけだと思いますが…)。

結局、韓国側弁護士らの「瀬戸際外交」は、日本政府、日本企業によって放置されることで、自分で自分をにっちもさっちも行かないところにまで追い込んでいるのです。

韓国政府さん、そのままじゃドツボですよ?

さて、そのうえで昨日も取り上げた次の話題を、改めて検討しておきましょう。

韓国首相、「政府対策には限界」=司法手続き進む徴用工判決(2019年05月15日14時31分付 時事通信より)

これは、韓国の李洛淵(り・らくえん)首相が15日、韓国・ソウル市内で行われた討論会で、自称元徴用工らの問題をめぐり、

司法手続きが進められている事案に対し、政府対策を打ち出すには、基本的に限界がある。さまざまな論議をしたが、結論は限界があるということ(※下線部は引用者による加工)

と述べた、というものです。

早い話が、「僕には解決策は出せません」と白旗を上げてしまった、ということです。

もちろん、今回の発言をもって、日本政府が李洛淵首相に「解決策を出せ」という要求を取り下げる可能性は皆無でしょうし、日本政府は「韓国政府が全責任を持って事態収拾に当たるべし」というスタンスを今後も維持するでしょう。

しかし、事前に予測がついていたとはいえ、やはり、韓国政府には事態収拾を図ることができなかった、という「中間結論」が見えたことは、非常に良かったと思います。

そして、昨年10月の大法院判決を契機として、これから日本企業を訴える自称元徴用工ら原告側の人数は、増えることはあっても減ることはありません。また、訴えられる日本企業のなかには、韓国側の営業拠点を持っている会社もあるでしょうし、そのような会社の資産も差し押さえを喰らうことでしょう。

つまり、時間が経てば経つほど韓国政府にとっての選択肢は減り、事態は悪化する一方なのに、韓国政府は何ら有効な解決策を打ち出せず、ただ時間が過ぎていくだけの状況なのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



放っておけば日本には選択肢が増える

言い換えれば、放置すればするほど、日本にとっての選択肢は増えます。

日本の韓国に対する制裁手段の1つが、「日韓通貨スワップをわざと結んでやらないこと」という行為であり、言い換えれば、これは「消極的制裁」の一形態です。

折しも外為市場では韓国の通貨・ウォンの下落が続いていて、昨日深夜11時半時点で1ドル=1190ウォン前後でした。

もちろん、これが通貨危機の前兆なのかどうかは、現時点では断定できません。

しかし、万が一、韓国が通貨危機に突入しつつあるのであれば、日本政府は麻生太郎総理あたりが「韓国とのスワップは結ばない」とわざわざ口に出して発言することも、韓国が日本の後ろ盾を失っているということを金融市場にメッセージとして発信する効果が得られます。

また、今年2月の米朝首脳会談の決裂を受けて、北朝鮮がかなりの苦境にあります。

北朝鮮が短距離ミサイルを発射したこと自体、瀬戸際外交の一種として理解すべきですが、興味深いことに、ドナルド・J・トランプ米大統領は、現在のところはこれをほぼ無視している状況にあります(『トランプ氏「ミサイルに反応せず」 瀬戸際外交には無視も有効』参照)。

トランプ氏「ミサイルに反応せず」 瀬戸際外交には無視も有効

そして、苦境にある北朝鮮が韓国を突破口に使おうとする動きを強めれば、ますます「瀬取り」などの活動を活発化させるでしょうし、場合によっては『北朝鮮の挑発と「日米の韓国外し」 静観と経済制裁強化が正解』などで触れたような拿捕事例も出て来るでしょう。

当然、韓国も北朝鮮制裁決議違反の煽りを喰らい、韓国の有力企業、あるいは韓国自体が米国からセカンダリー・サンクションを喰らうかもしれませんが、そのときに日本がそのセカンダリー・サンクションに同調する、という選択肢もあるでしょう。

さらに、韓国でのリーガル・リスクが高まり過ぎたと日本企業が認識すれば、『セルフ経済制裁の恐怖:「脱コリア」の流れは続くのか?』でも触れたフェローテックのように、韓国から事業の一部または全部を撤退する企業が増えてくるかもしれません。

私自身、日本政府が韓国に対し、待てど暮らせど断固たる措置を講じない点について、ストレスを感じていないといえばウソになりますが、状況だけを眺めていると、日本が現時点においてわざわざ対抗措置を講じていないことにも、それなりの効果があることは事実でしょう。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/06/26 15:00 【時事|韓国崩壊
    周回遅れどころじゃない、日韓通貨スワップ待望論 (10コメント)
  • 2019/06/26 10:30 【時事|韓国崩壊
    いまや北朝鮮以下の韓国 会談見送りは「マネージ」の一環? (20コメント)
  • 2019/06/26 05:00 【時事|外交
    「イラン攻撃中止に日本が関与」説を提示してみる (10コメント)
  • 2019/06/25 21:30 【時事|韓国崩壊
    「報復合戦」を韓国側がお望みならば、それもひとつの手だ (18コメント)
  • 2019/06/25 15:30 【時事|外交
    謎の上から目線 「米中首脳会談希望なら譲歩しろ」 (6コメント)
  • 2019/06/25 11:00 【時事|韓国崩壊
    日韓首脳会談見送り報道に「ざまみろ韓国」と言えない理由 (34コメント)
  • 2019/06/25 06:00 【時事|外交
    米中貿易戦争と日本、そして習近平の危うさ (54コメント)
  • 2019/06/25 05:00 【読者投稿
    【読者投稿】医療費抑制の試み、その課題(後編) (17コメント)
  • 2019/06/24 16:15 【時事|韓国崩壊
    武藤正敏氏、文在寅外交は「行き当たりばったり」 (22コメント)
  • 2019/06/24 11:00 【時事|韓国崩壊
    安倍発言を意訳すれば「文在寅氏と会う価値はない」 (19コメント)
  • 2019/06/24 09:30 【時事|国内政治
    経済をぶっ壊して増税する セイレーンの誘惑とは増税 (14コメント)
  • 2019/06/24 06:00 【時事|韓国崩壊
    周回遅れの韓国メディア、謎の「上から目線」 (24コメント)
  • 2019/06/24 05:00 【読者投稿
    【読者投稿】医療費抑制の試み、その課題(前編) (12コメント)
  • 2019/06/23 13:00 【読者投稿|政治|お知らせ
    お知らせ:読者投稿を開始します (31コメント)
  • 2019/06/23 07:00 【韓国崩壊
    「北朝鮮分割」と無責任国家・韓国の現実逃避 (34コメント)
  • 2019/06/23 05:00 【読者投稿
    【読者投稿】なぜ医療費は増えるのか (84コメント)
  • 2019/06/22 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年6月22日版) (39コメント)
  • 2019/06/22 07:00 【時事|国内政治
    消費増税はほぼ確定 それでも希望は捨てるな! (36コメント)
  • 2019/06/22 05:00 【読者投稿
    【読者投稿】なぜ国債発行額は増えるのか (40コメント)
  • 2019/06/21 23:45 【時事|韓国崩壊
    時事通信「現金化なら政府間で賠償請求」報道 (7コメント)
  • 2019/06/21 15:30 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアが日本からの経済制裁を気にし始める~観艦式招待見送りも~ (50コメント)
  • 2019/06/21 12:15 【マスメディア論|時事
    新聞の軽減税率は新聞業界のため (34コメント)
  • 2019/06/21 10:30 【時事|韓国崩壊
    勝手に首脳会談を日本の外交カード化してくれた韓国 (48コメント)
  • 2019/06/21 05:00 【時事|韓国崩壊
    首脳会談拒否が韓国への「最初の制裁」になるのか? (56コメント)
  • 2019/06/20 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】三菱重工の原告代理人が「売却するする」詐欺? (18コメント)
  • 2019/06/20 16:40 【時事|韓国崩壊
    日韓関係改善を安倍総理に求める毎日新聞社説の怪 (34コメント)
  • 2019/06/20 10:30 【時事|外交
    来週の大阪G20 安倍総理の会談相手を予想する (17コメント)
  • 2019/06/20 05:00 【韓国崩壊
    日韓関係が新たな時代を迎えたことを、素直に歓迎したい (71コメント)
  • 2019/06/19 22:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】火に油を注ぐ、韓国政府の厚顔無恥な提案 (15コメント)
  • 2019/06/19 16:45 【時事|韓国崩壊
    日本が第3項措置を通告 これに対し韓国は周回遅れの様相 (49コメント)
  • 2019/06/19 10:30 【時事|韓国崩壊
    仲裁手続の「次の議論」とは、韓国の経済的焦土化? (16コメント)
  • 2019/06/19 05:00 【時事|外交
    習近平の行動は安倍総理というフィルターを通せばよくわかる (16コメント)
  • 2019/06/19 05:00 【時事|韓国崩壊
    順調に無法国家と化す韓国 このままだと国交の維持も困難に (8コメント)
  • 2019/06/18 12:30 【時事|韓国崩壊
    「韓日列車」、正しくは「破局に向かって突き進め」、では? (45コメント)
  • 2019/06/18 11:00 【時事|金融
    基本に立ち返る:消費税と財務省の、いったい何が問題なのか (18コメント)
  • 2019/06/18 10:00 【マスメディア論|時事
    「上級国民論」と、なぜか詳しく報じられないNHK職員逮捕 (11コメント)
  • 2019/06/18 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の「食い逃げ外交」、そろそろ年貢の納めどき (31コメント)
  • 2019/06/17 12:30 【時事|外交
    資料:「日韓請求権協定第3条」の原文と解説 (28コメント)
  • 2019/06/17 11:45 【時事|韓国崩壊
    マトモな議員にとって、韓国の政治家と会うこと自体がリスク (24コメント)
  • 2019/06/17 06:00 【時事|韓国崩壊
    「仲裁委員任命期限」が近づく まずは観光ビザから始めよう (17コメント)
  • 2019/06/17 05:00 【時事|外交
    香港の自由を守るために、私たち日本には何ができるのか (15コメント)
  • 2019/06/16 17:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ファーウェイ問題で米中双方から脅される? (11コメント)
  • 2019/06/16 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の経済の「空洞化現象」、そしてなぜか低い失業率の謎 (20コメント)
  • 2019/06/16 05:00 【時事|雑感オピニオン
    大学で何を学ぶか、どこで何を学ぶか 結局は自分次第 (60コメント)
  • 2019/06/15 17:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅氏が日本の若者と直接会えば、いったい何が起きる? (35コメント)
  • 2019/06/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年6月15日版) (63コメント)
  • 2019/06/15 05:00 【時事|外交
    安倍総理のイラン訪問は成功?失敗? 長い目で見ることが必要 (23コメント)
  • 2019/06/14 12:00 【時事|韓国崩壊
    好きの反対は無関心 言論NPO調査に見る日本人の意識変化 (29コメント)
  • 2019/06/14 10:40 【時事|韓国崩壊|金融
    直接投資:そもそも日本にとって、韓国の重要性はとても低い (7コメント)
  • 2019/06/14 05:00 【マスメディア論
    ツイッターフォロワー1000人御礼と「議論拒否」の人たち (60コメント)
  • 2019/06/13 16:30 【時事|外交
    海外主要メディア、「イランと北朝鮮の関係」に触れず (28コメント)
  • 2019/06/13 14:30 【時事|韓国崩壊
    韓国の政治家、経営者に、もっと積極的に訪米して欲しい理由 (8コメント)
  • 2019/06/13 08:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国政府は仲裁手続に応じない方針」、これをどう読むか (35コメント)
  • 2019/06/13 05:00 【時事
    安倍総理のイラン訪問:真の政治リスクとは「消費税」? (11コメント)
  • 2019/06/12 12:30 【時事|韓国崩壊
    韓国にとっては「資産」でも日本にとっては「負債」です (46コメント)
  • 2019/06/12 09:30 【時事|韓国崩壊
    手遅れと思うが、あえて韓国に「耳の痛い忠告」をしてみたい (27コメント)
  • 2019/06/12 05:00 【時事|外交
    鈴置高史氏の重要な指摘 イランと北朝鮮、点が線でつながる (21コメント)
  • 2019/06/11 15:00 【時事|韓国崩壊
    二股外交する国のメディアに「日本は二股外交だ」と言われる (47コメント)
  • 2019/06/11 11:00 【時事|国内政治
    ふるさと納税悪用したアマゾンギフトの泉佐野市の自業自得 (21コメント)
  • 2019/06/11 08:30 【日韓スワップ|韓国崩壊
    「G19」と日韓スワップ待望論 過去と戦い自滅する韓国 (27コメント)
  • 2019/06/11 05:00 【時事|外交
    香港で今、何が起きているのか (14コメント)
  • 2019/06/10 14:30 【時事|韓国崩壊
    自称元徴用工の支援団体、三菱重工の株主総会でピケ張りか? (34コメント)
  • 2019/06/10 11:00 【時事|韓国崩壊
    慰安婦問題の解決責任は100%、韓国政府のみにある (11コメント)
  • 2019/06/10 05:00 【時事|外交
    米国防総省がやっと台湾を国と認めた!今こそ台韓交換が必要 (70コメント)
  • 2019/06/09 11:30 【時事|韓国崩壊
    わが目を疑う文在寅の行動 G20を前に「平和宣言」とは? (31コメント)
  • 2019/06/09 05:00 【時事|外交|金融
    米中貿易戦争と日米同盟、そして日本が果たすべき役割 (32コメント)
  • 2019/06/08 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年6月8日版) (105コメント)
  • 2019/06/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    放っておけば勝手に自滅 自称元徴用工代理人のホンネとは? (36コメント)
  • 2019/06/07 22:00 【時事|韓国崩壊
    鈴置氏「米国が北朝鮮を先行攻撃できる体制は整った」 (38コメント)
  • 2019/06/07 11:11 【時事|韓国崩壊
    日本の安全保障に対する本当の脅威は「韓国のコウモリ外交」 (67コメント)
  • 2019/06/07 05:00 【時事|国内政治
    朝日新聞が日韓首脳会談を要求したこと自体が答えになっている (51コメント)
  • 2019/06/06 11:30 【時事|韓国崩壊
    「日韓協力」「日韓首脳会談」 日本の世論が許さない状況に (54コメント)
  • 2019/06/06 10:00 【時事|韓国崩壊
    「習近平訪韓」報道は正しいのか、そして事実ならその狙いは? (37コメント)
  • 2019/06/06 05:00 【時事|韓国崩壊
    経常赤字の衝撃 韓国の「貿易危機」は続くのか (10コメント)
  • 2019/06/05 16:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国の経常収支が7年ぶりに赤字」の意味を考えてみる (7コメント)
  • 2019/06/05 13:45 【時事|韓国崩壊|金融
    「為替変動」だけでは説明がつかない、韓国の外貨準備の減少 (9コメント)
  • 2019/06/05 12:00 【マスメディア論|時事
    マスコミが叩かれるのは「不寛容」のためではなく自業自得 (20コメント)
  • 2019/06/05 11:15 【時事|国内政治
    安倍晋三氏の総理大臣在任日数が歴代3位に (9コメント)
  • 2019/06/05 05:00 【時事|金融
    欧州発の金融危機?インチキ会計基準IFRSと欠陥通貨ユーロ (18コメント)
  • 2019/06/04 16:45 【時事|経済全般
    霞ヶ関はスーパーブラック企業もびっくりのブラック職場? (34コメント)
  • 2019/06/04 12:00 【時事|韓国崩壊
    米韓未来連合司令部の創設と「米韓同盟消滅」の足音 (24コメント)
  • 2019/06/04 06:00 【時事|韓国崩壊
    「ネットの岩屋叩き」、日韓首脳会談見送り要因の1つに? (69コメント)
  • 2019/06/04 05:00 【韓国崩壊
    経済制裁論は経済戦争なのか 何より大事なのは日本の国益 (22コメント)
  • 2019/06/03 16:45 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    USDKRWの攻防続く?一時1180割れも再び売られる (18コメント)
  • 2019/06/03 15:00 【時事|金融
    髙橋洋一氏と朝日新聞論説委員の討論は「大人と子供の勝負」 (12コメント)
  • 2019/06/03 12:00 【時事|外交
    北朝鮮の強がりは想定内 相手を弱らせるのが敵対外交の鉄則 (10コメント)
  • 2019/06/03 06:00 【時事|国内政治
    ネット「無能な岩屋はさっさと辞めろ」 常軌逸した岩屋叩き (101コメント)
  • 2019/06/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    週末の韓国メディア 何かと理解の範疇を超える記事の数々 (17コメント)
  • 2019/06/02 12:00 【時事|韓国崩壊|外交
    岩屋氏、シャングリラ会合で「開かれたインド太平洋」を強調 (45コメント)
  • 2019/06/02 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    東アジア共通通貨に対抗し得る円の国際化と通貨スワップ拡大 (13コメント)
  • 2019/06/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年6月1日版) (234コメント)
  • 2019/06/01 07:00 【時事|外交
    安倍総理のイラン訪問の「真の狙い」を考察する (33コメント)
  • 2019/06/01 05:00 【雑感オピニオン
    明らかに不合理な言語・英語 学習するなら目的に応じて (47コメント)
  • 2019/05/31 14:15 【時事|外交
    中国漁船?南シナ海で豪州ヘリに漁船がレーザー照射か (24コメント)
  • 2019/05/31 10:00 【時事|韓国崩壊
    LAの学校の壁画が修正へ 被害者でなく加害者としての韓国 (87コメント)
  • 2019/05/31 05:00 【韓国崩壊
    韓国への対抗手段は経済制裁ではなく、経済焦土化作戦なのか (45コメント)
  • 2019/05/30 12:45 【時事|韓国崩壊
    遅まきながら韓国産水産物の検査強化、ほかの分野にも及ぶのか (37コメント)
  • 2019/05/30 10:30 【時事|韓国崩壊
    中国が「一帯一路」で韓国に揺さぶり?自業自得の韓国外交 (35コメント)
  • 2019/05/30 06:00 【時事|外交
    外相・防衛相2+2会談の相手国が増えるのは良いことだが… (14コメント)
  • 2019/05/30 05:00 【マスメディア論|時事
    なぜ「マスゴミ」と呼ばれるのか その取材手法の腐敗ぶり (15コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。