日本政府が韓国に対する戦略物資等の輸出規制を強化する措置を発動し、本日でちょうど1週間が経過します。韓国を「ホワイト国」から削除する手続についてはまだ完了していませんが、経産省は先行して、行政手続で対応可能な部分から、すでに韓国を「非ホワイト国」に準じて取り扱っています(関連する報道についてはのちほど紹介します)。ただ、ここで興味深いのが、「野党、マスコミ、北朝鮮」のわかりやすい反応です。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

野党とマスコミ

枝野氏「なぜ輸出規制するのかわからない」

日本政府が7月1日に打ち出した、韓国に対する輸出規制を強化する措置が、党首討論で取り上げられたそうです。

次の時事通信の記事によると、7日に放送されたフジテレビの党首討論で、安倍晋三総理大臣は韓国に対する輸出規制の強化措置の理由について、「不適切な事案があった」とする従来に日本政府の説明を繰り返したのだとか。

安倍首相、韓国に「不適切事案」=輸出規制、正当性を主張(2019年07月07日11時48分付 時事通信より)

韓国に対する措置について、日本政府としては「(自称元徴用工の問題に対する)対抗措置ではない」と述べていて、自称元徴用工の問題とは関係ない、というのが公式な立場です(『官房長官「韓国がG20までに解決案持ってこなかった」』参照)。

そして、経産省が発動した措置は「外為法第48条」、「輸出貿易管理令」という、どちらも「民需品の軍事転用を防止するための規定」と密接にかかわる措置であり、経産省がこのような措置を発動するということは、日本から韓国に輸出された戦略物資が軍事転用されている可能性を示唆するものです。

もちろん、今回の措置の背景には、自称元徴用工らの問題や旭日旗騒動、昨年12月20日に発生したレーダー照射事件、さらには今年2月の韓国国会議長による上皇陛下侮辱事件など、相次ぐ事件によって日本政府の韓国に対する信頼が失われている、という要因があることは事実でしょう。

しかし、2017年秋口に北朝鮮が核実験や相次ぐミサイル発射を行ったことで、日本の安全保障環境が激変しているわけですから、北朝鮮の核武装を幇助するような動きを徹底的に封殺するのは、日本政府としては当たり前の責務です。

時事通信によれば、相変わらずこの「不適切な事案」の中身について安倍総理は言及を控えたとのことです(ただし、『日韓スワップは藪蛇スワップ?』などでも申し上げたとおり、おそらくこの「不適切な事案」とは、おそらく物資の横流しに関連するものでしょう)。

日韓スワップは藪蛇スワップ?

しかし、こうした安倍総理の説明に噛み付いたのが、立憲民主党の枝野幸男代表らです。

時事通信によると、枝野代表は「理由がよく分からない」、「徴用工問題に対する報復と受け取られても仕方がない」などと反論し、国民民主党の玉木雄一郎代表もこれに同調。さらに志位和夫・日本共産党委員長は「政治的な紛争の解決に貿易の問題を使うことは禁じ手だ」、などと批判したのだとか。

しかし、このインターネットの時代、いくら新聞やテレビがトンチンカンな報道をしていたとしても、日本政府が今回の措置を講じた理由が「貿易問題」ではなく、おそらく「安全保障問題」であるということくらい、すでに多くの日本国民が気付き始めています。

このインターネットの時代に、この手の浅薄な反論で「安倍不信」を煽ることができると信じているのだとしたら、まことに失礼ながら、枝野、玉木、志位の各氏は、あまりにも日本国民のことをバカにしていますし、危機意識のなさはあたかも前時代の化石のようです。

正直、「開いた口がふさがらない」とは、こういうことをいうのだと思うのです。

東京新聞と韓国メディアの「蚊帳の外」理論

一方で、北朝鮮に関していえば、新聞やテレビなどのオールドメディアを中心に、最近再び広まってきたのが「蚊帳の外」論です。

先週も『東京新聞の「蚊帳の外」論を嬉々として報じる中央日報』で触れたとおり、東京新聞が7月2日付で報じた「安倍外交蚊帳の外」とする記事を、韓国メディア『中央日報』(日本語版)が嬉々として転載するなど、ここにきて再び「日本蚊帳の外」論が、日韓メディアにより喧伝され始めているようです。

東京新聞の「蚊帳の外」論を嬉々として報じる中央日報

朝鮮中央通信が伝えたとおり、周辺5国(日米中露+韓国)のうち、金正恩がいまだに首脳会談を行っていない相手国は、日本を残すのみとなりました(図表)。

図表 2018年3月~2019年6月の金正恩の動き(表中敬称略、数字は面会回数)
時点会談相手面会場所
2018年3月26~27日習近平と1回目の会談中国・北京
4月27日文在寅と1回目の会談板門店
5月7~8日習近平と2回目の会談大連
5月26日文在寅と2回目の会談板門店
6月12日トランプと1回目の会談シンガポール
6月19日~20日習近平と3回目の会談北京
9月18~19日文在寅と3回目の会談平壌(へいじょう)
2019年1月8~10日習近平と4回目の会談北京
2月27~28日トランプと2回目の会談ベトナム・ハノイ
4月25日プーチンと1回目の会談ロシア・ウラジオストク
6月20~21日習近平と5回目の会談平壌
6月30日トランプと3回目の会談板門店

(【出所】著者調べ)

これでもわかるとおり、金正恩は昨年3月以降、米中露3ヵ国の首脳とは延べ9回も顔を合わせています(内訳は、習近平(しゅう・きんぺい)中国国家主席と5回、ドナルド・J・トランプ米大統領と3回、ウラジミル・プーチン露大統領と1回)。

ちなみに韓国の文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領ですら、金正恩とはすでに3回首脳会談を実施していますし、6月30日の板門店米朝首脳会談でも控室に居合わせていたようですので、「会談」はしていないものの、「直接会った」のは4回目、といえなくはありません。

このように考えていけば、先月末の米朝首脳会談は、「日本だけが蚊帳の外」という、いわゆる「蚊帳の外」を再燃させるという効果があったことは間違いないでしょうし、日本の経産省の措置に狼狽する韓国メディアにとって、「日本の失敗」という議論は、非常に魅力的に映るのかもしれません。

北朝鮮が反応した!

北朝鮮「安倍は身の程を知れ」

こうした日韓メディアの「日本蚊帳の外論」に、さらに嬉々として乗っかってきたのが、北朝鮮のメディア『朝鮮中央通信』です。同メディアに土曜日、安倍総理に対して「身の程を知れ」とする論評が掲載されました(朝鮮中央通信の記事はうまくリンクを張ることができないため、丸ごと転載します)。

身の程を知れ 朝鮮中央通信社論評

【平壌7月6日発朝鮮中央通信】朝鮮半島と地域に和解と平和の機運が前例なく高まっている中でも、日本は対朝鮮制裁・圧迫の孤独な「曲調」をうんざりするほど吹いている。

去る6月28日、首相の安倍は大阪で行われた20カ国・地域(G20)サミットに参加した国々の元首を相手に対朝鮮「制裁決議」の完全な履行について出まかせにしゃべりながら、地域情勢緩和の流れにブレーキをかけてみようと奔走した。

ところが、世界をびっくりさせる朝米最高首脳の板門店(パンムンジョム)対面が電撃的に行われて、結局、言った甲斐が全くなくなった安倍は国際的な笑いものになってしまった。

これについて、一寸の先も見通せない間抜けだと言うべきであろう。

朝鮮半島情勢が良好に発展するほど、日本の孤立がさらに深化しているのが現実である。

これは、大勢はものともせず対朝鮮敵視政策をしつこく固執してきた日本の愚かな振る舞いがもたらした当然な結果である。

こんにち、わが朝鮮を中心として活発に展開される首脳外交の場にあえて介入できず、他国の手を借りて名前だけを引き続き注入する島国の哀れな境遇は現実判断能力がなく、政治感覚も鈍い日本の無能さをさらに刻印させている。

「東京新聞」(7月2日付け)は、周辺諸国の中で朝鮮との首脳外交を行われない国は日本だけだとし、安倍の外交がまた蚊帳の外に置かれたと慨嘆した。

実態がこうであるにもかかわらず、板門店で行われた歴史的な朝米首脳の対面直後、日本外相の河野が「制裁を維持する方針」という気抜けした言葉をまたもや並べ立てたのを見れば、失笑を禁じえない。

日本こそ、大勢も知らず、身の程も知らない政治小人である。

現情勢と地域構図の下で日本ができることは何もなく、地域平和の邪魔者が介入する場はどこにもない。

日本は、無駄な対朝鮮「制裁決議」の孤独な見張りという身の程を知って分相応に行動すべきであろう。

(2019年7月6日付 朝鮮中央通信日本語版より)

瀬戸際外交の北朝鮮

このように、相手を不必要に罵るのは、朝鮮半島、あるいは中華の伝統なのでしょうか?

普通の日本人がこの文章を読めば、「腹が立つ」と思うケースも多いと思うのですが、逆にここで重要なのは、「なぜこのタイミングで北朝鮮がこんなメッセージを出して来たか」という点でしょう。

まっさきに考えられるのは、日本が参院選というタイミングに重なっているため、自民党の力を削いでおくための日本の世論工作、という可能性ですが、私自身がもっと深く考えたいのは、「瀬戸際外交」が大好きな北朝鮮なりの、日本に対するメッセージです。

参院選の結果次第ではありますが、仮に今回の参院選後も安倍政権が盤石な政権基盤を保持し続けるならば、北朝鮮に対する「安倍外交」がこれから本格化する可能性があると、北朝鮮側も考えているのではないでしょうか。

日朝首脳会談が行われるのであれば、それに向けた地ならしとして、日朝首脳会談の価値を高めておきたい」。

これこそが、いかにも北朝鮮の考えそうなことです。

要するに、仮に日朝首脳会談が実現するのであれば、「お前たち日本は困っているのだろう」、「だったら会ってやらないことはない」、などとして、うんと条件を吊り上げるために、罵詈雑言で日本を挑発するのは、彼らのいつものパターンです。

それに、本当に日本が「蚊帳の外」に置かれて「困っている」というのならば、黙っていれば良い話であり、それをわざわざ「蚊帳の外」、「日本の方が困っているに違いない」、などとわめきたてるのは、むしろ困っているのが北朝鮮の方である、という証拠に思えてならないのです。

それに、公称600万部弱の朝日新聞や公称250万部弱の毎日新聞ではなく、すでに公称部数が50万部を割り込んでいるほど社会的影響力がない東京新聞の報道をわざわざ朝鮮中央通信が引用するというくらいですから、朝鮮中央通信の記事は読んでいても説得力が感じられません。

(ただし、朝鮮中央通信の記事では韓国についてまったく言及していません。あれほど韓国を利用しておきながら、同族国である韓国の窮地に助け舟を出さないとは、さすが北朝鮮の首領様は違いますね。)

瀬取りと経済制裁:困っているのはむしろ北朝鮮の方では?

では、なぜ北朝鮮がここまで「日本が困っている」ことにしたいのか。

おそらくその理由はとても簡単で、北朝鮮こそが困っているからでしょう。

先ほどの朝鮮中央通信の記事に、

実態がこうであるにもかかわらず、板門店で行われた歴史的な朝米首脳の対面直後、日本外相の河野が「制裁を維持する方針」という気抜けした言葉をまたもや並べ立てたのを見れば、失笑を禁じえない。

とありますが、裏を返せば、北朝鮮は河野太郎外相が「日本は制裁を維持する方針だ」と述べたことに、心の底から困惑している、ということです。

じつにわかりやすい国ですね(笑)

その証拠の1つが、北朝鮮による公海上の「瀬取り」と呼ばれる違法な財貨の取引の取り締まりが強化されている、という点にあります。

外務省のウェブサイト『北朝鮮関連船舶による違法な洋上での物資の積替えの疑い』によれば、昨年1月20日以来、今年5月24日に至るまで、27件の記事が掲載されていて、北朝鮮の瀬取りの疑いや英仏豪など諸外国と共同での取り締まり活動などが紹介されています。

当ウェブサイトでも複数の読者の方がご指摘になられましたが、おそらく北朝鮮の瀬取り行為に英仏などが深い関心を寄せているのは、北朝鮮がイランとも繋がっていると噂されていることとも、密接な関係があるのかもしれません。

ただし、重要な事実があるとしたら、「瀬取りを許さない」、「国連安保理決議違反を許さない」という点では、国際社会(とくに西側諸国)が一致団結している、という点にあります。

また、国際社会は現在、北朝鮮に対してさまざまな経済制裁を課しており(たとえば日本の経済制裁の一例としては、財務省ウェブサイト『経済制裁措置及び対象者リスト』には具体的な制裁対象者が掲載されています)、こうした取り組みが北朝鮮経済を追い詰めているであろうことは想像に難くありません。

だからこそ、「北朝鮮制裁」の最強硬論を掲げる日本の安倍晋三総理大臣こそが、北朝鮮にとっては邪魔で仕方がないのでしょう。

(広告・スポンサーリンク)



経済制裁マトメ

本来、経済制裁は「ヒト・モノ・カネ・情報」

さて、当ウェブサイトではずいぶん以前から、経済制裁が行われるとしたら、現行法の枠組みでは「ヒト・モノ・カネ」という観点の制裁が基本になると考えて来ました。つまり、

  • ①日本から相手国へのヒトの流れの制限
  • ②日本から相手国へのモノの流れの制限
  • ③日本から相手国へのカネの流れの制限
  • ④相手国から日本へのヒトの流れの制限
  • ⑤相手国から日本へのモノの流れの制限
  • ⑥相手国から日本へのカネの流れの制限

という6つのパターンがその基本形です。

しかし、以前から当ウェブサイトでたびたび提唱しているとおり、この6つのパターンのうち、①については、適用が非常に困難です。なぜなら、日本の国内法上、「日本国民に対し、特定地域に渡航することを禁止する法律」はないからです。

外務省の『海外安全ホームページ』上、北朝鮮は「渡航を自粛してください」というカテゴリーに指定されていますが、「北朝鮮への渡航を禁止します」になっていない点にご注意ください。これは、北朝鮮に渡航することを法的に禁じる規定がないための苦肉の策と見るべきでしょう。

また、旅券法第19条第1項では、外務大臣や領事官が特定の個人に対し、旅券(パスポート)の返納を命じることができるとされていますが、これはあくまでも個別に個人を特定しなければならないため、「北朝鮮に渡航することを禁止する措置」としてはきわめて不十分です。

さらに、複数の読者の方からは、経済制裁としてもう1つ、

  • ⑦日本から相手国への情報の流れの制限

も必要ではないか、とのご指摘を受けています。

この点についてはそのとおりなのですが、残念ながら日本には「スパイ防止法」に類する法律が存在しないため、この手の制裁を適用することが困難です(※まったく無理というわけではありませんが…)。このため、必然的に「日本から相手国への経済制裁」は、②~⑥の手続に限定されてしまうのです。

このあたり、日本のあらたな法制度の整備が必要であり、安倍政権にはぜひとも参院選後に「スパイ防止法」の制定をお願いしたいところです。

経済制裁の動機・種類

ただし、経済制裁の種類は、「日本が特定国を名指しして、積極的に制裁を加える」という意味の「積極的経済制裁」だけではありません。

「日本政府が行政手続を強化し、結果的に経済制裁を加えたのと同じ効果をもたらす」という「サイレント型経済制裁」や、「相手国が困っているときに日本がわざと相手国を助けない」という「消極的経済制裁」という形態もあります。

さらに、「諸外国や国連に主導権を取らせる形で国際社会が協力する」という「協調的経済制裁」、そして極端なケースでは「相手国が勝手に自滅し、結果的にわが国が経済制裁を加えたのと同じ効果をもたらす」という「セルフ経済制裁」があります。

これをまとめておきましょう。

  • (1)積極的経済制裁
  • (2)サイレント型経済制裁
  • (3)協調的経済制裁
  • (4)消極的経済制裁
  • (5)セルフ経済制裁

余談ですが、日本は相手国に対する軍事制裁を加えることが非常に難しい国です。本来であれば、日本人を拉致した犯罪国家である北朝鮮に対しては「経済制裁」だけでなく「軍事制裁」を加えなければならないのですが、この点については継続的な検討課題であることは間違いないでしょう。

経産省令上は、先行して韓国はホワイト国から除外

さて、最後に韓国の現状について、簡単にまとめておきましょう。

日本政府が韓国に対する輸出管理の厳格化措置を打ち出してから、ちょうど1週間が経過しました。先ほども申しあげたとおり、日本政府の公式見解は、「これらの措置は(自称元徴用工問題に対する)対抗措置ではない」というものであり、したがって、「積極的経済制裁」には該当しません。

しかし、先ほどの区分でいえば、「②日本から相手国へのモノの流れの制限」であることは間違いなく、また、行政手続の厳格化であることから、当ウェブサイト的な分類でいえば、「(2)サイレント型経済制裁」に該当していると言って良いでしょう。

フッ酸輸出規制と「対韓セカンダリー・サンクション」論』でも紹介しましたが、どうも現在、日本政府は韓国を北朝鮮と同列、あるいはそれ以下の扱いにしようとしているフシがあります。

フッ酸輸出規制と「対韓セカンダリー・サンクション」論

現在のところ、韓国は外為法第48条・輸出貿易管理令別表第3の「ホワイト国」に指定されていますが、これについては今後のパブコメを経てホワイト国指定から除外されるとみられます。

しかし、それだけでなく、すでに経済産業省の行政上は、韓国はこれまでとは異なる区分に分類されているようです。

経産省のホームページ上、『別表3 国及び地域区分の対照表』という表を見ると、現時点で韓国は「と地域①」に加え、7月1日にあらたに創設された「り地域」に該当しています(「と地域」「り地域」とは、貨物の仕向地の区分のことで、「いろはにほへとちり」の「と」、「り」のことです)。

ちなみに「い①」地域は

アイルランド、アメリカ合衆国、アルゼンチン、イタリア、英国、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、チェコ、デンマーク、ドイツ、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、ルクセンブルク

だそうですが、これは韓国を除き、輸出貿易管理令別表第3上のホワイト国と完全に一致しています。

そして、「り地域」に該当していた場合、品目・技術によっては、非常にたくさんのフォーマットの文書を提出しなければ、輸出許可がなされない、ということでもあります(ちなみに「TA」の場合と「TC」の場合で、あきらかに提出書類の数が異なることがご確認いただけると思います)。

もちろん、現時点では韓国と北朝鮮はまったく異なる区分です。

しかし、経産省のウェブサイトを眺めていると、今回の「り地域」の新設は、今後、韓国を北朝鮮並みの管理(あるいは別枠管理)の対象とするための布石ではないか、との邪推も働いてしまうのです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/11/21 17:40 【時事|韓国崩壊
    GSOMIA終了前提?聯合ニュース、続々記事配信中 (25コメント)
  • 2019/11/21 12:00 【時事|韓国崩壊|金融
    「GSOMIA後」、大量格下げと金融不安も焦点に (37コメント)
  • 2019/11/21 10:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「安倍総理が徴用工財団案評価」、本当? (27コメント)
  • 2019/11/21 06:00 【経済全般
    訪日旅客減少はむしろ観光客の中韓依存を是正する好機 (20コメント)
  • 2019/11/21 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で見る、「中韓は日本経済にとって不可欠」の真相 (8コメント)
  • 2019/11/20 12:22 【時事|国内政治
    「裏取りを軽視」?ここまで来ると怪文書の類いでは? (28コメント)
  • 2019/11/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/20(水) (79コメント)
  • 2019/11/20 10:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅氏「GSOMIA巡り最後の瞬間まで努力する」 (48コメント)
  • 2019/11/20 06:00 【韓国崩壊
    土曜日以降の焦点はGSOMIA破棄より米韓同盟消滅 (41コメント)
  • 2019/11/20 05:00 【数字で読む日本経済
    外貨準備と通貨スワップ 通貨危機を防ぐための仕組み (13コメント)
  • 2019/11/19 18:30 【時事|外交
    安倍総理を「度量が狭い」と決めつける人物が知日派? (42コメント)
  • 2019/11/19 14:00 【時事|国内政治
    史上最長の安倍政権、次なる焦点は「来年8月24日」 (22コメント)
  • 2019/11/19 11:45 【時事|韓国崩壊
    韓国「韓日が水面下で協議」、「米国が対日圧力」 (28コメント)
  • 2019/11/19 05:00 【韓国崩壊
    米韓同盟消滅、「大きく変わるときはあっけないもの」 (50コメント)
  • 2019/11/19 05:00 【数字で読む日本経済
    「国際収支のトリレンマ」に逆らった国・スイスの末路 (13コメント)
  • 2019/11/18 15:30 【マスメディア論|時事
    NHKの肥大化を巡る東洋経済の特集記事に対する雑感 (25コメント)
  • 2019/11/18 12:00 【時事|韓国崩壊
    GSOMIA終了まであと4日半:ご都合主義的な主張 (41コメント)
  • 2019/11/18 06:00 【韓国崩壊
    GSOMIA消滅目前で韓国メディアから悲鳴が上がる (52コメント)
  • 2019/11/18 05:00 【数字で読む日本経済
    欠陥通貨・ユーロとギリシャ問題を日本に当てはめるな (14コメント)
  • 2019/11/17 13:45 【時事|国内政治
    「アベの陰謀、許すまじ!」 著名人逮捕もアベのせい (46コメント)
  • 2019/11/17 06:00 【韓国崩壊|国内政治
    GSOMIA問題は「省益の抑え込み」に成功した好例 (46コメント)
  • 2019/11/17 05:00 【数字で読む日本経済
    通貨の機能と外貨準備統計から見た日本円の実力とは? (4コメント)
  • 2019/11/16 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/16(土) (135コメント)
  • 2019/11/16 06:00 【時事|韓国崩壊
    そもそもなぜ、米国は「韓国にだけ」圧力を掛けたのか (99コメント)
  • 2019/11/16 05:00 【数字で読む日本経済
    日本は世界最大の債権国だが、手放しに喜べない理由も (13コメント)
  • 2019/11/15 17:15 【時事|外交
    マイケル・グリーン氏、「日本が譲歩すべき」の無責任 (38コメント)
  • 2019/11/15 14:15 【時事|国内政治
    五千円で国会を潰す野党とオールドメディアは国民の敵 (66コメント)
  • 2019/11/15 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国紙「自称元徴用工側が2+2基金を初提案へ」 (22コメント)
  • 2019/11/15 06:00 【韓国崩壊
    読売「日韓亀裂リスク顕在」、むしろ焦点は日中関係だ (33コメント)
  • 2019/11/15 05:00 【数字で読む日本経済
    金融機関を苦しめているのはマイナス金利政策なのか? (10コメント)
  • 2019/11/14 17:00 【時事|韓国崩壊
    果たして日本にとって韓国は「信頼できる友邦」なのか (42コメント)
  • 2019/11/14 15:00 【時事|国内政治
    森裕子氏の個人情報漏洩事件と国会議員の「見える化」 (14コメント)
  • 2019/11/14 10:15 【時事|韓国崩壊
    中央日報、「韓国は永遠の歴史的債権者で優位に立て」 (43コメント)
  • 2019/11/14 06:00 【韓国崩壊
    米韓同盟消滅が実現した場合に懸念される日本への実害 (45コメント)
  • 2019/11/14 05:00 【数字で読む日本経済
    金融機関が「リスクマネー」の供給主体になり辛い理由 (16コメント)
  • 2019/11/13 14:45 【時事|韓国崩壊
    朝鮮半島の核武装は全力で阻止しなければならない (35コメント)
  • 2019/11/13 13:15 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「米国民は在韓米軍の必要性に疑問」 (30コメント)
  • 2019/11/13 12:00 【時事|国内政治
    カツカレー、パンケーキと来て、今度は桜で政権追及! (39コメント)
  • 2019/11/13 06:00 【韓国崩壊
    GSOMIA破棄、いよいよ米韓同盟が崩壊の瀬戸際に (42コメント)
  • 2019/11/13 05:00 【数字で読む日本経済
    日本の家計はおカネ持ち 金融資産だけで1860兆円 (25コメント)
  • 2019/11/12 15:10 【時事|国内政治
    文藝春秋「失敗が安倍晋三を育てた」に見るリーダー論 (24コメント)
  • 2019/11/12 11:00 【時事|韓国崩壊
    セルフ経済制裁?「韓国航空業界が輸出規制で危機に」 (28コメント)
  • 2019/11/12 06:00 【時事|韓国崩壊
    「民族の核」に関する鈴置論考と「米韓同盟消滅」 (55コメント)
  • 2019/11/12 05:00 【数字で読む日本経済
    通貨と国債 「国の信用」という意味で究極的に同一物 (24コメント)
  • 2019/11/11 14:30 【時事|韓国崩壊
    売却するなよ、売却するなよ、絶対に売却するなよ~! (40コメント)
  • 2019/11/11 11:11 【時事|金融
    【速報】「いらすとや」から見えるカップヌードル問題 (19コメント)
  • 2019/11/11 10:00 【時事|韓国崩壊
    茂木敏充外相が「日韓交渉に含み」?断じてありません (16コメント)
  • 2019/11/11 06:00 【韓国崩壊
    GSOMIA破棄 韓国は本当に「苦悩」しているのか (32コメント)
  • 2019/11/11 05:00 【数字で読む日本経済
    国債を圧縮する王道とは、インフレと経済成長の達成だ (20コメント)
  • 2019/11/10 12:00 【金融
    米著名投資家「日本人は自動小銃で武装せよ」 (36コメント)
  • 2019/11/10 07:00 【時事|韓国崩壊
    もしも日本で鳩山政権が5年続いていたら…? (89コメント)
  • 2019/11/10 05:00 【数字で読む日本経済
    国の借金を問題視するわりに、なぜ資産を無視するのか (17コメント)
  • 2019/11/09 14:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見る「韓国人の日本観」 (29コメント)
  • 2019/11/09 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年11月9日版) (226コメント)
  • 2019/11/09 07:30 【時事|外交
    韓国メディア報道から見える「これからの日本の役割」 (25コメント)
  • 2019/11/09 05:00 【数字で読む日本経済
    新シリーズ「数字で読む日本経済」と「国の借金」理論 (27コメント)
  • 2019/11/08 17:30 【時事|韓国崩壊
    アメリカファーストと米韓同盟から見るGSOMIA (35コメント)
  • 2019/11/08 12:25 【マスメディア論|時事
    ネットがあっても新聞が必要と思う人に欠けている視点 (77コメント)
  • 2019/11/08 10:30 【時事|韓国崩壊
    突如浮上の「GSOMIA延長」は米国にとっても悪手 (52コメント)
  • 2019/11/08 07:00 【韓国崩壊
    韓国保守系メディアの危機感と「GSOMIA延長論」 (33コメント)
  • 2019/11/08 05:00 【数字で読む日本経済
    増税から1ヵ月 数字で読む「財政再建論の大間違い」 (15コメント)
  • 2019/11/07 17:00 【時事|外交
    韓国首相、日韓首脳「歓談」を無視する日本に不快感? (40コメント)
  • 2019/11/07 16:30 【時事|韓国崩壊
    やっぱりウソだった?文喜相国会議長「お詫びの手紙」 (35コメント)
  • 2019/11/07 12:30 【マスメディア論|時事
    相変わらず恣意的な流行語大賞の正しい楽しみ方とは? (44コメント)
  • 2019/11/07 11:15 【時事|韓国崩壊
    「安倍・文ソファ歓談写真」は「ウソツキ外交」の象徴 (16コメント)
  • 2019/11/07 07:00 【時事|韓国崩壊
    GSOMIAからTHAADへ?米韓「ドミノ倒し」論 (54コメント)
  • 2019/11/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    まるで幼児のような国 どう付き合っていくのが正解? (35コメント)
  • 2019/11/06 16:15 【時事|金融
    正社員不足は経営者の自業自得 デフレの原因は財務省 (39コメント)
  • 2019/11/06 11:00 【時事
    GSOMIA巡る米韓の激しい葛藤から距離を置く日本 (45コメント)
  • 2019/11/06 07:00 【マスメディア論
    19歳の読者の方からいただいた「見識あるコメント」 (32コメント)
  • 2019/11/06 05:00 【時事|韓国崩壊
    日韓議連会長さん、今すぐ韓国に抗議しないのですか? (33コメント)
  • 2019/11/05 17:00 【マスメディア論|時事
    「27時間テレビ」から漂う、テレビ業界自体の問題点 (25コメント)
  • 2019/11/05 12:00 【時事|韓国崩壊
    菅官房長官、食い違い理由は「韓国側に聞いてほしい」 (50コメント)
  • 2019/11/05 06:00 【時事|韓国崩壊
    今のところ「なかったこと」にされる日韓首脳「歓談」 (29コメント)
  • 2019/11/05 05:00 【韓国崩壊
    牧野氏の論考に見る、「韓国に譲歩しようとする勢力」 (25コメント)
  • 2019/11/04 15:30 【時事|外交
    【速報】日韓首脳が「歓談」 (31コメント)
  • 2019/11/04 13:45 【時事|韓国崩壊
    上皇陛下侮辱のあの韓国国会議長が「基金案」を提唱? (58コメント)
  • 2019/11/04 11:40 【時事|外交
    【速報】ASEAN+3と無関係に、本当に困ったゾウ (18コメント)
  • 2019/11/04 05:00 【韓国崩壊
    「不信の連鎖を断ち切れ」、突き詰めたら「日韓断交」 (52コメント)
  • 2019/11/03 08:00 【韓国崩壊
    「日本よ、無視するな!」 韓国保守系メディアが悲鳴 (60コメント)
  • 2019/11/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    やっぱり逃げた?「韓国国会議長が会議をドタキャン」 (42コメント)
  • 2019/11/02 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年11月2日版) (174コメント)
  • 2019/11/02 05:00 【韓国崩壊
    GSOMIA破棄で「反米」の正体を現した文在寅政権 (51コメント)
  • 2019/11/01 22:22 【時事|韓国崩壊
    安倍総理、韓日議連の表敬受けず (51コメント)
  • 2019/11/01 15:30 【時事|韓国崩壊|経済全般
    韓国の輸出不振は対中依存度を強めた結果の自業自得だ (17コメント)
  • 2019/11/01 12:00 【時事|韓国崩壊
    米戦略家が韓国に「日韓同盟」を提唱 なんと迷惑な… (45コメント)
  • 2019/11/01 07:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    ついに「あの韓国企業」が通貨危機への警戒を始めた? (31コメント)
  • 2019/11/01 05:00 【経済全般
    寝屋川の中学給食問題に見る「科学的な議論」の大切さ (56コメント)
  • 2019/10/31 17:30 【時事|韓国崩壊|短評
    雑感「加害者は被害者が納得するまで謝罪すべき」 (55コメント)
  • 2019/10/31 14:45 【時事|韓国崩壊
    韓国国会議長に容赦ない選択を突き付ける山東参院議長 (37コメント)
  • 2019/10/31 12:00 【時事|韓国崩壊
    反日により感覚がマヒ?今度は釜山に「抗日通り」出現 (18コメント)
  • 2019/10/31 10:00 【時事|国内政治
    閣僚辞任でも安倍政権の支持率が落ちない理由とは? (25コメント)
  • 2019/10/31 05:00 【韓国崩壊
    またしても「輸出規制は韓国に影響なく日本に打撃」論 (35コメント)
  • 2019/10/31 05:00 【経済全般
    未来なき新聞と経営者が語る「ウェブ広告の威力」 (23コメント)
  • 2019/10/30 17:25 【時事|韓国崩壊
    自称元徴用工:朝日が報じた「同額報復」構想の現実性 (28コメント)
  • 2019/10/30 15:45 【時事|国内政治
    毎日新聞「野党に活気、安倍政権終わりつつある」 (41コメント)
  • 2019/10/30 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「韓国人観光客減で日本観光地がため息」 (42コメント)
  • 2019/10/30 05:00 【韓国崩壊
    自称元徴用工判決から1年 破綻に向かう日韓関係 (33コメント)
  • 2019/10/29 12:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「もうすぐ判決から1年 日本が譲歩せよ」 (33コメント)
  • 2019/10/29 10:10 【時事|韓国崩壊
    改めて「日韓共同経済基金案構想」について考えてみる (38コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。